INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

キッチンパニック!

昨日の出来事。

虫話なので、苦手な方はここでストップ。



実家から送ってもらったインゲン豆をゆでようと袋から半分ほど取り出したとき、残りの豆の中に茶色い色が。
「あれ? 昨日届いたばかりなのに傷んでる?」
取り出しておかないと……と、もう一度手を突っ込もうとしたら。

動いた!

しかもそれは、全力でご遠慮申し上げたいイキモノでした。
G……ではありません。
ダイレクトに書くのも何なのでちょっとだけぼやかしますが、漢字表記を直訳すると「ハンドレッドレッグ(フット?)」になる、凶悪なアイツです、しかも、小さくない(←ぼやかし)。

私、田舎育ちですが、害虫系は普通に苦手です。
「○×△※▼!」
奇声をを上げながら、運良くシンクの中に逃亡したソイツを洗剤のボトルで押さえ込み!
見るのも嫌だけど、逃亡を許したら大変なことになる。

「何を騒いでんの」とダンナ君。(@リビングダイニングなので、すぐ近く)
こういうとき、ダンナ君は役に立ちません。
G…が出ても「はい」と私にバトンタッチするくらいなので。

「送ってもらった豆の中に×××(←漢字表記直訳「ハンドレッドレッグ」)がいた!」
「ふーん? ティッシュでくるんで捨てればいいじゃん」
と、危機感のないダンナ君。

「そんなことしたらかまれる!」
「そうなのー?」
動く気配のないダンナ君。

手伝って! といえばいいじゃんと思うかもしれませんが、G…ですら私に押しつける人で、たぶん×××は相手にしたことないし、下手にヘルプして逃亡されたり、万が一かまれたらその方が被害甚大。



※以下、害虫退治実況が苦手な方は回れ右。



頭の中を駆け巡る退治方法。
殺虫剤! ない! 
このままぐっと……意外に硬いしご遠慮申し上げたい。
頭を切る! 何使う? いや、しっぽの方が先だっけ?

うわあ、両端レス(←ぼやかし)なのに活動停止(←意訳)しないぃぃぃぃ!

洗剤! 最近のお肌に優しい洗剤は、害虫に対してもマイルドな効き目、停止せず!
(キッチン泡ハイターとかの方がよかったかも)
時間が経てば停止(←意訳)するんでしょうが、待てない!

やや活動量が減少(←ぼやかし)して、うまい具合に洗剤ボトル底面のくぼみに収まったので、そこでホールドしつつ、フライパンにちょっと水を入れて点火!(フライパンの方が底面が広くて早そう)
泡が出るのを待ちかねるように熱湯攻撃!

さすがに、即座に活動停止。

後始末のときも「うひぃぃぃぃ」と悲鳴(奇声)をもらす私に
「ティッシュでくるんで捨てるだけでしょー?」
と相変わらずスマホ片手なダンナ君。
「だからー、小さくない(←ぼやかし)だから、それでもMassive(←適当に英訳でぼかし)がわかっちゃうのよー!!」
「じゃ、新聞紙」

……おまえのすぐ隣にあるそれを持ってこい!(←内心で絶叫)

何とか後始末を終えて、シンクの中にお湯かけまくりでした。

翌日(今日)
「送ってもらったインゲンの中に×××(←漢字表記直訳「ハンドレッドレッグ」)がいたよ!」
と電話をしたら、
「えー? インゲン、手でつかんで袋に入れたんだよ?」
と母。
どこから入ったんだ?

ともあれ、最初にインゲンを出したときにかまれなくてよかった。

私自身は子供の頃、×××にかまれたことがあります。
そのときは、たしか知り合いの漁師さんからいただいた「秘伝の薬」をつけられたなあ……。
ずきずきしたけど、むちゃくちゃ晴れるまでには至りませんでした。
薬の効果だったのか、さほどひどく挿されたわけではなかったのか。
この「秘伝の薬」たしか、干し柿と酢と、あとひとつの材料が「秘密」だったっけ。

充血天珠再び

石との出会いがありません。
5月に東急ハンズの売り出しにもいって見たけど収穫なし。
出会いの機会が少ないのも悲しいのですが、見ても心惹かれる石がないのも切ないです。

そんな中でちょぼちょぼ天珠は増えてます。

増えた天珠のひとつがこれ。
d-3.jpg

一眼天珠です。

たぶん、雰囲気からすると、古いものではないでしょう。

ぱっと見、裏にも眼がある二眼のようですが、裏側は明確な眼になっていません。
瑪瑙の自然の縞を生かしたような、ちょっと変わった模様です。

目立つのは、赤いひび
最近の……1990年代以降の天珠ブームの中では、ひび割れ模様は「龍鱗」と呼ばれていますが、赤いひびには何か別の名前があったっけ?
あったとしても名前は統一されていないはずです。
赤いひびの天珠はもう一つ持っていますが、比べると、こちらの方が「眼」の部分に赤いひびが集中していて、より「充血度」が上。

この充血っぷりと、ややルーズな感じの模様が選んだポイントです。

実は手触り重視?

石成分欠乏中! 
3月に石イベントがあったみたいなんですが、諸事情によりバタバタしていて、イベントの存在にすら気が付いていませんでした。
気が付いていたらいたで「行きたいぃぃぃ!」と悶えていたでしょうから、知らずにいて逆に幸いだったかも……。

石屋をのぞいてみるも、心惹かれる石には出会えず。

その反動なのか、なぜか木のビーズを買ってしまいました。

rajakayu.jpg

ラジャ・カユと言います。

ラジャはマハ・ラジャのラジャ、つまり王様、カユは木という意味なんだそうで、別名を帝王木

パワーストーン(石じゃないけど)的には、邪気や悪霊を払うとか、はては財運とか良縁とか才能の開花とか……まあ、たいていこの手ものは、これでもかとご利益説明満載なので脇に置くとして、興味を持ったのは、この木が光に透けると説明されていたから。

見た目、木目の目立つ……普通に杉か何かのビーズに見えるので、ドキドキしながら通販して、さっそくペンライトで照らしてみると……!

全部の粒ではありませんが、画像の左上のように透けるんです。(
画像ではペンライトで照らしています。透けないビーズは全く透けません(両脇)。もっと赤く透ける粒もあります。
検索すると、原木の輪切り、見た目一センチ以上の厚みがあるものでも透けてるみたい。

おもしろい!

とはいえ、ふつうにみている分には透けないので、見た目は当たり前の木のビーズ。
黒檀やリグナムバイタのように重くないし。

でも……、なんだか手触りがいいんですよ。これ。
単に磨いてワックスで仕上げたのとは微妙に違う……、なんだろう、これ。
とても硬くてビーズにするには熟練の技が必要だとも説明されていましたが、手触り的には硬いようにはかんじないんだよなー。

ラジャカユは世界で唯一透ける木だと説明されていましたが、検索しているとそうではないことがわかってきました。
肥松といって、松脂を特にたっぷり含んだ松は光で透けるらしいのです。
参考サイト様:http://blog.matu-taiju.com/?eid=161

そうか! 何となく覚えがあると思っていたら、松のジンだ。
実家の方の行事で、たいまつを使うことがあるんですが、その際、松脂をたくさん含んだ松のジン(どういう字を書くのかは知らない)を芯に仕込むと火が消えずに長く保つと言っていたっけ。
そのジンは見た目きれっぱしで、透けたとは思えないけど、どこかぬめっとしたような独特の手触りをしていたような気がする……それに似てる。

しかも、松脂をたっぷり含んでいることで粘りが強く、ろくろで挽きにくいとか。
参考サイト様:http://shikki.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
この木が削るのに熟練を要するのは、硬いからじゃなくてヤニというか脂分が多いせいではないか。

ブレスレットにしてみようと思ったけれど、今はまだ連のまま手触りを楽しんでいます。

ゴム交換&微調整

気が付いたらずいぶん長い間ゴム交換してなかったので、交換ついでにちょっとリメイクなブレスレット。

元はこれ。


蓮の実ビーズを使ったブレスレットです。
メインにストロベリークォーツ、それ以外にヒマラヤ水晶を使っていたんですが、蓮の実やストロベリークォーツより小さいので、バランスが悪いように思われたので、交換。

pema.jpg

ちょうど似た大きさ・形のナゲット型ローズクォーツがあったので、使ってみました。
ストロベリー・クォーツの脇のビーズキャップも、向きを逆にチェンジ。

うーん。
形としてはまとまったけど、まとまりすぎのような気もするなあ。
ローズクォーツの方が明るい色味なので、実は全体でみるとストロベリー・クォーツの方が沈んでしまう。

でも、着け具合は今の方がいいし、腕にはめてしまえばローズクォーツとストロベリークォーツが同時に見えることがないので、問題がないともいえるのですが。

この迷いに決着をつけるべく、ここ一週間ほど連続使用中。
結果、着け心地がいいのでこのままに……に落ち着きそう。
あとは、ビーズキャップとストロベリー・クォーツの間に小さいメタルビーズを噛ませるかどうかで悩み中。


空の航路

12月の写真だけど、きれいだったので。

ビッグベース
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム