fc2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ラピスラズリには紫外線ライト

ラピスラズリブーム中。

やや濃すぎるくらい色が濃くてサイズ小さめだったため、買ってそのままにしていたブレスレットを今頃手直し。
何通りか試して、シンプルな感じに落ち着きました。

F7V04qsaYAEkcfg.jpg


さて、このブレスレットは蛍光するのだろうか。

試してみると………

おお!?

uvlapis2.jpg

最初の夜空のように蛍光したラピスラズリは黄色く蛍光したけど、
こっちはオレンジに蛍光!

色違いに蛍光するとは!

黄色の蛍光はウェルネライトっぽいと思ったけど、オレンジの方はソーダライトとかハックマナイト系の蛍光だろうか。

ラピスラズリの魅力

ただいま、時ならぬラピスラズリ・マイブーム中

ラピスラズリは、パワーストーンとしてもメジャーで好きな人が多い石ではあるけれど、もちろんこれまでにも買っているけど、ブームというほど「すごいぞ!」と思う石ではありませんでした。

その私のラピスラズリブーム。

きっかけはUVライトでした。
これまでは小さくて可視光線が多いお安いライトしか持ってなかったのですが、少し前にしっかりしたUVライトを買って、いろんな石を照らしていたところ、ブレスレットのラピスラズリがわずかに蛍光するのを発見!

uv-lapis.jpg
※同じ部分で上が紫外線なし、下が紫外線あり。オレンジ色に見えるのが蛍光している部分


調べると、ラピスラズリで蛍光するものがあるとのこと(蛍光してるのは青のラピスラズリ以外の部分だけど)。

これは面白い。
さっそくライトを持ってミネラルイベントへ。

明るい会場では見にくいものの、探せばあるある、蛍光ラピスラズリ。
しかも蛍光するのはラピスラズリ以外の部分なので、混ざり物が多いB級品価格なのもうれしいところ」

しっかりしたUVライトで照らしたラピスラズリはこんなにきれい!

lapi (2)
(紫外線なし)

lapi2.jpg
(紫外線あり)

そしてさらに見つけたコレ!
普通に見ると青い部分が少なくて物足りないけれど
蛍光ラピス2

UVライト照射!
蛍光ラピス

まるで幻想的なイラストのよう。

この鮮やかな蛍光は、ユーパーライトとは色味が違う。
tigai.jpg

ユーパーライトは蛍光性のソーダライトでラピスラズリは成分の一つにソーダライトがあるけど、光ってるのは別だろうか。

この色味はウェルネライトに似てるんだけどなあ。
wernerite.jpg

さらに調べるとアフガニスタンの接触変成作用を受けた石灰岩からテネブレッセンスと蛍光を示す柱石(ウェルネライトは柱石の一種)が出ているし、ラピスラズリも接触変成作用を受けた石灰岩のところにできる。
やっぱりウェルネライトじゃないかなあ?

すっかりラピスラズリの蛍光にやられてしまった私は、再び出かけたミネラルイベントでラピスラズリのブレスレットを見かけて、UVライト照射!

見た目全体が青くて、青以外の部分がほとんどないので、蛍光しないかも……と思っていたのですが

yozora3.jpg

予想に反してしっかり蛍光!
yozora2.jpg

まるで、夜空だ。

ただいま愛用中です。











イリス・ハンティング

こっちもミネラルイベントは増えたけど、やはり東京圏にはかなわない。
てことで、ちまちまとアゲートのスライスを漁ってみたり。

インドネシア産じゃなくて、ブラジル産の、いわゆる「普通のアゲート」のスライスの中にも、けっこうイリスがあるとわかったので、もっぱら面白いアゲート&イリスアゲートを探します。

しかも、染アゲートにもイリスが見つかるとわかって、捜索範囲拡大!

some-iris.jpg

some-iris2.jpg


some-iris3.jpg

agate-iris13-2.jpg

agate-iris13.jpg

トライゴーニックの時もそうでしたが、実物を一つ手にすると、実際に触っていろんな角度から見て、「こんな風に見えるのか」と納得することで、見つけるときの「目のづけどころ」がわかってきます。
結果、見つける機会も増えるのです。

イリスアゲートを見つけるときは、強いライト必須。
裏から照らすときも、まっすぐではなく斜めに照らしてみたり、両面を照らしてみたり。
塊のアゲートのどの部分を切り出したかによって、アゲート層の角度が違い、意外に斜めから照らさないと見えない虹もあります。

My数珠大増殖7号

数珠大増殖7号!
作り始めたのはこっちが先だけど、いろいろ悩んで6号とほぼ同時に完成。

これだ!
lotus-juzu.jpg

主玉は蓮の実

二天玉は蓮カットの水晶

金ぴかの親玉&ボサには六字真言
六字真言とは「オン・マニ・ペメ・フン」というチベット文字で6文字になる真言で「おお、蓮の宝珠よ、幸いあれ」みたいな意味。
……ということで蓮尽くし

最初は親玉も蓮カットの水晶で作りたいと探してみたけど、見つからなかったので六字真言に。
蓮の実が地味すぎるくらい地味だから、親玉&ボサが金ぴかでもいいよね? ありがたい真言入りだし。

金ぴか親玉とバランスを取るために、房は金色多め。
蓮の実の間にも金色ピーズを挟んで、地味さと見た目の重さを軽減しました。

My数珠6号

増やしてどうすると自分に自分でツッコミしつつ、数珠、6号。

繰り返しますが、私はブレスレットを数珠とは呼ばない。
数珠はあくまでも親玉&ボサ、房、二天玉を備えた法事や葬式で使うアレ。

よって形の条件は順守。こっそり使えるように色や大きさは常識の範囲内(派手にしない)、
でも、石好き的こだわりや目立たない(だろう)組み合わせやデザインの遊びを仕込む。
それがMY数珠コンセプト


3,4,5号は縦に分割のハーフ&ハーフの2色合わせで遊びましたが、5号は主玉を一種類に。
二天玉、親玉・ボサ・房は黒で統一
全体的に潔くモノクロで

うん。
渋いだろう。色は派手ではないだろう。材質も全部カルセドニー系。一般的だ

ただし、主玉は三眼天珠(8ミリ)、ぐりぐり目玉模様だ!

今なら「なぜ三眼天珠? 三眼を仏教の三宝(仏・法・僧)に等らえたんですよー」…というこじつけの屁理屈をつけちゃうぞ!

3ju2.jpg

天珠を通しながら、「さすがに目玉ぐりぐりはヤバいかな?」なんて思っていましたが、房をつけて仕上げてみたら、あら、なんだかいい感じ。
紐房ではなく頭付きの房にしたために黒の分量が多くなり、全体をがっちりまとめてくれました。
房の頭にちらちら金色が覗くので、二天玉や親玉の脇に小さい金色ビーズを挟んでバランスを取っています。

1号(モリオン数珠)は、自分の好きなモリオンを使ってみたものの、数珠は喪服と一緒に持つことも多く、黒い服に黒い数珠は溶け込みすぎでした(それを考えて金色房にしたのですが)。
しかし今回は、見方によってはポップともいえる三眼模様が、喪服と合わせればアクセントに、普段着では不思議と厳かな感じを醸し出してくれます。

意外だわ。

10ミリにしようか……いや、女性用数珠としては8ミリまでだ、と8ミリにしたかいがあって、遠目には危惧したほど目玉模様が目立ちません。
手の中でだけ、目玉がぎょろぎょろしているのがなんだかかわいいぞ。



プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム