INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

渋ーく

np.jpg

シルバーリーフジャスパー、オニキス、ラルビカイト、ガーネット。
そろいもそろって渋い石でブレスレット。

シルバーリーフジャスパー(例によってグラデーションになるよう並べてる)とラルビカイト+オニキスでハーフ&ハーフはデザインにしているけれど、渋すぎてあんまりモダンに見えてないかも。
※写真ではシルバー利府ジャスパーが茶色っぽく写りすぎ.実物はもうちょっとモノトーンで若干明るめ

モノトーンで地味な色合いの中に一粒ガーネットをアクセントに入れましたが、本当はここにロードライトを使いたかった。
普通のガーネットの赤じゃなくて、紫がかったロードライトの方が映えると思うんだけど、売ってるところがない……どころか、タイガーアイとかローズクォーツとか、一般的な石しか売ってない。
通販だと少なくとも半連で多くて高い。

いっそのこと、フローライトで似た色合いのがあればと思ったら、それも売ってない。
かくなる上は、ガラスでも! と思ったら、欲しい色合いがない。

ということで今回のガーネットは仮配置。そのうちロードライトを見つけたら差し替えよう。

ブレスレットだけではものすごく渋くて地味だけど、実際はめるとその渋さがプラスに変わる。
それを確かめながら作れるのも、自作のメリットだと思う。

炎一点

続いています6ミリブレス。
並べてみると黒が目立つ。単純に黒い逃す木と言うこともあるけれど、細い分黒で締めないという点もある。

今回もやっぱり黒いブレスレット。
前回の黒が「無骨」を目指したのに対して、今回は、「見えないところに凝ってます」。
sk.jpg

使っているのはゴールデンオブシディアン、ガーネット、スモーキー、レッドタイガーアイ、カーネリアン(オレンジ)。
黒と赤と金(といっても真鍮色)で、渋くシックに、遠くから見ると黒だけど、近くで見ると細かいところにこだわってる……たとえば、男性のスーツで、飾り気がないように見えて、織り模様や裏地やちょっとしたシルエットの差でこだわってかっこよく見せてる感じかな?

なので、黒は金色の輝きを乗せたゴールデンオブシディアン、赤は深く赤く透けるガーネットと、黒みを帯びた赤のレッドタイガーアイ。これらはカットの入ったものを使って色味は抑えつつもきらきら感をプラス。
金は、ずばり金色のパーツを使うと、とたんに安っぽくなるので真鍮色で。透かしの入った薄い金属パーツは往々にして石の質感に負けてしまうので、ほとんど使いませんが、この編み目状の丸いパーツは、ゴムに通すだけなのに一手間かかって見えるので、時々使います。

一粒アクセントに入れたカルセドニーは、もっとクールな感じの黄色っぽい色合いにしたかったけど、ちょうどいい石がありません。
いつも使うシトリンでは淡すぎるし、これはルチルクォーツでは感じが違う。
緊急措置として使ってみるか……? とスワロフスキーガラスのビーズを当ててみたけど、やっぱりガラスでは「軽い
」。石と釣り合いません。

とりあえず、色むらありのカーネリアンで。
黒の中に一点、炎がともっているような感じのアクセントが欲しいんですよね。
黄色くていい石を見つけたらリメイクしよう。


天珠・マイルール

最初からずばり言っちゃうと、天珠は天珠という名前すら近年台湾の研究者がつけたもの、それぞれの天珠の模様の名前も同様で、
天珠そのもののルーツは古くても、名前や、ましてや意味や効果の説明は、新しいものです。

古い天珠についてでさえ、研究者によって呼び名が違っているくらいなので、「この模様名この名前」と定まってないのは当たり前といえば当たり前なんですが、「こういう名前」と覚えていたものがいつの間にか違う呼び名が主流になってしまっているのは困ります。
その名前の変化が、どうにも納得できない方向であればなおさら。

ということで、名前について、私の意見を一言

俎上にあげるのは、よく似たこれらの模様の天珠たち。

天珠の模様いろいろ2

それぞれネットで見かけた呼び方を図の下にあげてみました。
ひとつの天珠に複数の呼び方があり、しかもいろいろタブっています。
これじゃあ、不便だし、混乱します。

最初にいうと、ピンク色をつけてあるのが、私おすすめの呼び方。
理由があるので説明します。

まず、右。
如意とか如意樹とか呼ばれていますが、私は「如意」推し。
理由は、ずばり、「如意」に似ているから
「如意・法具」で画像検索すると出てきます。お坊さんが法要などの時に持ってる先端がぐにゃっと曲がった木です。
孫の手みたい……とおもうかもしれませんが、なんとルーツは同じ。

如意とは「思うままに」という意味で、孫の手があれば「思うままに」かゆいところに手が届く……から如意。
後にこれが威儀をただすために用いられるようになって装飾的になり、孫が背中をかくその親切な心を仏の慈悲や思いやりになぞらえる意味合いも生まれたようです。

次に右から二番目。
私はこれを最初「如意」と覚えました。右の「如意」を目にするようになったのは、こちらよりも後だったと記憶しています。
先端も曲がっているし、如意に似ていないこともありませんが、もっと似ているのは釣り針です。
右の如意を見かけるようになって、こちらの名前も変化したのか、呼ばれ始めたのは「如意鈎(にょいこう)」

鈎は「かぎ」供読み、釣り針のことです。
如意に似た釣り針。
「(思うがままに)釣り上げるぞ」という、如意より一段アクティブな意味合いが感じられます。

続いて右から三番目。
これは「如意樹天珠」が最初に知った名前です。
隣の如意鈎に似ていますが、なにやらぴょこぴょこ飛び出ています。
「如意樹」といわれれば、なるほど、これから双葉を開こうとする芽にも見えてきます。

さらに如意鈎は曲がった方が天珠の端の線にくっついていますが、如意樹は、その反対側が線にくっつきます。
模様として、ここが離れているものはありません。線を地面に見立てるならば、まさしく芽吹いた若芽のかたち。

一番右の「如意」も「如意樹」と呼ばれている例がありますが、私は賛成できません。
なぜなら、如意は、多くが両脇の線が描かれず、模様はどこにも接していないのです。これでは、樹木としては不自然です。
根を張れないものは、生きてはいけません。
よって、如意と如意樹を一緒にするのは変だと思います。
如意に似て、芽でもあるということは、思うままに願いが芽吹き、成長していく、発展系の意味合いというところでしょうか。

「緑度母」の名称は、林東廣 著の「西蔵天珠」に出てくる(ひとつだけ)ので、とりあえず(最近パワーストーン系でつけられた名称ではなく)由緒(?)ある名前ですが、知ったのは如意樹の名前の方が先で、模様としても納得できるので、こっち推し。
緑度母とは、観音菩薩の涙から生まれたといわれる美しいターラ菩薩(多羅菩薩)のうち、左目の涙から生まれたとされる緑ターラのことです。日本では「緑多羅菩薩」表記ですが、中国では「緑度母」のようです。

残るひとつ、左側のS字マークは、まさかのスーパーマンではなく「金銭鈎(きんせんこう)」という何とも物欲を曽於sられるおめでたい名前で知りました。
Sも逆Sも横向きSも見かけます。
覚えて、そのまま「そうなんだ~」で済ませていたんですが、最近右から二番目の如意鈎が金銭鈎と呼ばれている例が多いことに気づき、「いつの間に!? じゃあ、本来のS字金銭鈎は?」と調べたら「招財天珠」?

どうも如意鈎が思うままに釣り上げるのが金運だということになったらしく(どこで?)金銭鈎に、名前を摂られたS字がなぜだか招財になったみたい。
金運と財運ってどう違う?……と思って調べてみたら、「金運」は、どこからともなくお金がやってくるんじゃなくて、お金を手にするチャンス……受注だったり、人脈だったり、そういう動くチャンスに巡り会う運。財運は「財をなす」というように、「貯める力」だとか。
「チャンスをつかめ!」と「貯め込む」ではずいぶん違うように思うんだけど、しれっと変わってしまっていいんだろうか。
私は別に、どれがどういう名前か決まっていたら、話をするとき便利だというだけで、効果とか「あればラッキー」でしかありませんが、効果を気にする人には、結構重大な問題じゃないでしょうか。「招財天珠で売っていたからそうなんだー」ではすまないような気がします。

これまで述べてきた理由で、如意は形が如意、如意に似た鉤針だから如意鈎、如意に似た芽だから如意樹と、自分なりに理屈をつけてきたので、ここはS字天珠には元の金銭鈎でいていただきたい。

これだけはなぜS字がそういうことになるのか、理由らしい理由がつけられないんですけど、途中で名前が変わるより元の名前で。


私は天珠の模様については、「法相荘厳 管窺天珠 (張宏貫氏著)」「西蔵天珠(林東廣 著)」を参考にしています。
どちらも台湾の研究者の本で、古い天珠の写真がたくさん載っています。(内容は読めないのでわかりません)
どれも、ブームになってたくさん作られるようになる以前の天珠を載せているので、ここに載っている模様は、最近……ここ10年ほどでどんどん加わってきたものではなく、古くからあるものなのだろう……と思うわけです。(たまに、新しい模様だと思っていたら、こちらの本に載っていて、びっくりすることも)

今回話題にした4つの模様は、如意鈎が「法相荘厳 管窺天珠 (張宏貫氏著)」にひとつ、如意樹(緑度母として)が「西蔵天珠(林東廣 著)」にひとつ載っていただけで、意外なことに天珠としてはメジャーな模様ではないようです。如意と金銭鈎については載ってませんでした(見落としの可能性もあり)。

6ミリブレス

6ミリブレスが続いています。

6ミリビーズは、石の表情を楽しむには物足りないけれど、使う数が多いので、そこに工夫の余地があるわけで……今、それが楽しい。

dd.jpg

こちらは、オニキス、ハイパーシーン、ヘマタイト、ラルビカイト、スモーキー、ガーネット、ラヴァ(溶岩)、ヌーマイト……と意外に多種類の石を使っています。部分的にスモーキーでわずかに透明感をいれつつも、ほぼ黒いビーズばかりを連ねて一粒だけルチルクォーツをアクセントに入れています。

テーマは「無骨」

使っている黒いビーズはいずれも大粒であればかなり無骨なイメージの石。
これをそのイメージを残して華奢な6ミリでまとめられるかのチャレンジです。

たとえば、ラヴァ(溶岩)だけを連ねれば、無骨な感じは簡単に出せるかもしれないけど、それではブレスレットとして使用するにはちょっと。
そこでいろんな種類を連ねて微妙な色や輝きや透明度の違いで、身につけた時に楽しめるようにしています。

難航しだのが一粒のアクセント。イエロー系のアクセントを入れたかったので、シトリン、イエロークォーツ、カーネリアン(オレンジ)、染めのカルセドニーなどいろいろ合わせてみましたがなじまず、ルチルクォーツでも5.6粒色あわせをしてこの粒に落ち着きました。

ルチルの密度はさほど高くないけど、きらりと鋭く輝く金色がいい感じです。



使っている種類が多いと言えばこれも。
ot.jpg

パイライト、ブラウンジャスパー、ブロンザイト、スモーキー、ガーネット、ポピージャスパー、アフリカンストロベリー、エクロジャイト、カイアナイト、グリーンアベンチュリン、ヴァーダイト……使ってみようかなーとあまりビーズを適当に取り出して並べていたら、「グラデーションになりそう!」と思い立って.石をそろえて並べてみました。

なかなかスムーズなグラデーションになったんじゃないでしょうか。
一見地味ですが、味わい深い色合いです。

成り行きコンビネーション

hisui.jpg

買ったときからゴムが限界状態だったブレスレットを、ゴム交換ついでにリメイク。

たぶん翡翠。
ゴム交換前は、色の濃淡をばらばらに並べた普通のブレスレットでした。

こういうとき、私はたいてい色がグラデーションになるように並べてみます。
だって、濃淡ばらばら並びはどこにでもある感じなので、作るなら他にはなさそうなのがいいし、やってだめならばらせばいいわけで、一度はやってみるのです。

色の濃いビーズを1カ所にまとめると、どうしても色の濃い部分に比べて淡い部分の印象が弱く、単調な感じになります。
そこをなんとかすべく、違う石を入れたり、メタルパーツを組み合わせたりしてバランスをとるところから、アレンジが始まるのです。

今回は、ほぼ成り行きで、近くにあったルチルクォーツを一粒入れました。
成り行きですけど、ぱっと見たときに「これは、合う」と直感。
ルチルの色合いといい、密度といい、この翡翠に、合う。

果たして、合わせてみると予想通りぴったり!

ふつうは、この両脇に金属のビーズキャップやスペーサーを挟むんですが、今回はそれも無しの方がいい感じ。
ルチルクォーツの位置も、何カ所か試してこの場所に決めました。

一度は、翡翠とルチルクォーツだけで、珍しく「石だけブレス」にしようかと思ったんですが、白っぽい翡翠ビーズがたくさん並ぶあたりがものたりない。
よく使う筒状のメタルパーツもいまいち合わず、あれこれ試してこの透かしの入ったパーツに仮決定。
真上から見ると、濃い翡翠、ルチルクォーツ、メタルパーツがだいたい三角形を描く位置に入っています。
このおかげで安定するみたい。

ただ、このメタルパーツがベストとも言い切れないので、しばらく様子見です。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム