FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

好みがうるさい石

モス

モス・アゲートです。
ルースっぽく磨かれている薄い石です。

緑色の「モス(苔)」の部分は、まさか本物の苔ではなくておなじみクローライト(緑泥石)
クローライトがまるで苔のように、カルセドニーに内包されている石です。
これを模様と見なし、「模様がきれいなカルセドニー=アゲート」ということで、
モス・アゲートになるわけです。

モスアゲートといっても実は色々なタイプがあって、「モス」の部分がぎっしり内包されたもの、今回の写真では半透明な部分が白く不透明になっているもの、オレンジ~赤になっているもの(これは、オレンジの地に緑の「モス」なので、けっこう強烈なイメージ)、「モス」が緑以外のものもあるようです。

国によっては、「モス(苔)」なんだから緑のものがモス、それ以外は「モカ・ストーン」と区別するところもあれば、色に関係なく「モス」と見てしまう国もあるようです。

個人的には、モス(苔)なんだからやっぱり緑を希望。
そしてできれば今回の写真のように地が半透明のカルセドニーで、モスはぎっしりではなくて、石の中に無重力状態っぽくふわふわしているものを。

……と、細かい好みがあるので、探すのがなかなか難しい。
地の透明度とモスのふわふわ具合をきれいに見ようとすると、どうしても薄めのカボションやスライスになってしまいます。

今回の写真くらいきれいに見える丸玉かエッグがあったらいいのに……。
でも、大きくなれば透明度が落ち、たとえ透明度があったとしてもモスのおかげで光を通すのが難しくなるので、帯に短したすきに長し。

みずみずしくて、何とも言えない浮遊感のある、石らしくない石。
マクロ撮影に燃えます。

モス

Comment

Secret

No title

おはようございます。
モスアゲートもあまり興味の湧かない対象でしたが・・・これはしばし言葉もなく凝視。こんなに神秘的というか自然の摂理とでもいいたくなるような。デンドリックをようやく手に入れて喜んでいましたが、匹敵しますね。むしろ内包物の色味がさらに美しさグレードアップ。光に透かすことを教えていただきとりつかれたようにやってますが(・・・)まさかモスアゲートとは。常に新しい境地を見せてくださること、本当に訪れるたびに脳天落雷状態です(^^ゞ

Re: No title

私も最初は地味な石だと思っていたんですが、光に透かしてマクロ撮影するようになってから、ころりと宗旨替えしました。

なるべく薄いスライス状の石を選ぶのがコツみたいです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム