FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

石屋はしごレポート

思い出したこと、最近見かけたこと。

某チェーン展開のビーズ&パーツショップにて。
ここは「石屋」と言うよりビーズ・ショップに近いところではありますが……。

インプレッション・ストーンサーペンティン表示。
この石は、いったい何かいまいちわからない石ではあります。
「タルクベースのステアタイトかソープストーン(海外サイト)」
「鑑別に出したが粘土鉱物で鑑別不能(国内ビーズショップ)」
「カオリン(l国内ビーズショップ)
※カオリンとは、カオリナイト、ナクライト、ディッカイトという3つの鉱物の総称で、磁器の原料でもある。……ということは「粘土鉱物」という鑑別結果と同じこと?
というさまざまな説が出てますが、サーペンティンではないでしょう。たぶん。

ちなみに、このインプレッション・ストーン、わざとらしい緑に染められているものもあります。

まだあります。
緑の繊維状の内包物を持つ水晶(石英)ビーズらしき物が「エピドート」
緑の繊維状の物が、エピドート(エピドートで繊維状になった物はビソライト)だったとしても、それをエピドートと言ってしまうのは誤解のもと
ルチル入り水晶を「ルチル」と略すのも、口語(会話)では許されても、商品名ではだめなのと同じです。

そして目が点の一品。
ジャパー(染)
……これ、ハイパーシーンですけど。もちろん染めではありません。
それに、ジャスパーではなく、ジャパーって何?
名前を間違い染めと言い、そのくせ並んでいる石の中では飛び抜けて高額!
わけわかりません。

そのうえ、石の説明パンフレットを出しているんですが、もちろん石の名前を間違ったまま。
店は天然素材のビーズくらいの認識でも、パンフレットに石の意味を書いている以上、パワーストーンとして買っていく人もいるだろうと思うと、これでいいのかと心配になります。


困った表示はまだあります。

ちょくちょく出かける御徒町は問屋街。小売りしてくれるところもあるけれど業者専用、小売り不可の店も多いです。
私は業者登録はしていない(できない)ので、そういう店では買えませんが、こっそり入り込んで眺めてくることはあります。

そういう卸の店にて。

パープル・ジェイド
……どう見ても、アメジスト(ラベンダー・アメジスト)。
同じような石をパープル・クォーツァイトとして売っている店あり

クラスター
水晶クラスターとして売っている中に普通のポイント
たぶん、ロット(箱売り)でまとめて仕入た中にクラスターもポイントも混じっていて、それをクラスターとして仕入れたのだから……とそのまま売っているのでしょうか。

骨董天珠・老天珠
これらは、天珠の中でも「古い時代の物」を表します。
どれくらい古いかは実はしっかり決まってないのですが、もっとも新しくても100年以上前2000年以上前に作られたものを指すのだとする説明もあります。
少なくとも大量生産品ではないもののはずです。
それが、どうみても現代の大量生産品に骨董天珠・老天珠。
まあ、あまりにもバレバレ過ぎてこれが本当に古い天珠だと間違える人はいないと思いますが(……と信じたい)、つまり全然わからずに売っていると言うことは確かです。

卸が鉱物や宝石などについて専門家であるべしとは思いませんが、わかってない店から買って、店の表示をそのままで小売りされると、間違いは広がる一方です。


一方、え? と思ったものの、私程度では見分けが付かなかった石も。
無色透明からブランデーカラーまで(グラデーションではなく)色とりどりの、大きさもさまざまの小さなタンブルカットのビーズ。

そこに「トパーズ」

いわれてみれば、水晶よりも輝きや照りがシャープな気がする。
形がそろった綺麗なビーズではないけれど、このつや加減はいいかもしれない。
心動きましたが、トパーズにしては軽くないか?
トパーズは水晶よりも比重が高い「重い石」。見た目が似ているので水晶のノリで手にすると、意外な重さにびっくりします。
小さいビーズだから重く感じないのかもしれないけれど、連を束で握っても重さがちょっと頼りない。
見た目はトパーズでもおかしくないけれど、重さが不安で判別できず。


違うのは明らかだけれど、何かわからなかった石も。
某ショップで見かけた「ストロベリー・クォーツ」
違うも何も、全く赤くない。クリーム色と飴色がまだらに混じった石で、よく見ると中に針状の内包がわずかに見えます。
これ……クォーツですらないかもしれない。
どこをどう見たらこれが「ストロベリー」なんだろう? 
針状の内包物があるから……なんて理由だったらどうしよう。
違うのは火を見るよりも明らかで、これにのせられて間違う人はいないと思われますが、では何の石かと言われると不明。
一番似ていると思ったのは、別の店で売られていた「ミックス・プレナイト」。


間違いや困った表示ではなく、こんなこともありました。
私が某ショップで石をみていると……ふらりと入ってきたお客さんが、店員さん(日本語ができる外国人)に「玉(ぎょく)ありますか?」と聞きました。

「ギョク? 鉱物の名前はなんですか?」と店員さん。
「えーと、中国の人がよく持っている石なんですけど」
どうやら石はあまり詳しくないようすのお客さん。
「名前がわからないと……チョット」
と、言いよどんだ店員さんと、思わず目が合ってしまい、無言でヘルプされました。
(なじみの石屋さんなので、たま~にそういうことがあります。特にパワーストーンが絡むと……)

げ。

玉(ぎょく)か!
思わず身構えました。

さっきから玉(ぎょく)と書いているように、玉(たま)、球体の話ではありません。
古来中国で好まれてきたある種の石の話なのです。

何がややこしいって……「玉(ぎょく)とは○○○(鉱物名)のことです!」と言いきれないことがまずひとつ。
玉(ぎょく)というのは、鉱物名に関係なく、中国の人が美しく徳(またはある種の霊力)があると感じた、半透明でやや緑がかったような淡い色合いで、磨くとしっとりとしたつやが出る石のことです。

「これが玉(ぎょく)」と言われた石を無理矢理調べれば、大部分がネフライトであると思いますが、じゃあ、ネフライトだったら全部玉(ぎょく)かというと、そうではないし、ネフライト以外でも半透明で……という先述の条件に合えば玉と呼ばれていたりする。

さらに翡翠と言えばジェダイトネフライトの二つの鉱物ですが、じゃあ玉は翡翠なのか? と言われると、これまた難しい。

そもそも玉(ぎょく)は、成分と結晶系で区別する鉱物とは違う分野のもの。
中国の長い歴史の中で、愛でられ、尊ばれ、その石を美しく思いそこに徳や霊力があると感じられる(霊力を感じるのではない)感覚を持っていて初めてわかるものではないかと思うからです。

玉(ぎょく)はネフライという石が多いですけど、ネフライトならば全て玉(ぎょく)かというとそうではなくて……。
玉は鉱物の分け方と違うので……。
……という話をしつつネフライトを探しましたが、幸か不幸か玉っぽいネフライトはそのお店にはありませんでした。

「中国でみたのに近いような気がするなー」
……と、お客さんはグリーンのアベンチュリンを手に取ります。
「玉(ぎょく)なら、まだしもこちらの方が……」
と、ビルマの翡翠(ジェダイド)を勧めてみましたが、アベンチュリンが1000円以下、ビルマ翡翠5000円。
「ずいぶん違う物ですねー。相場はどうなんでしょう」
「この店は、まだ安い方だと思いますけど、石の値段なんて需要と供給でどうとでもなるので、相場なんてあってなきがごとしですよ。パワーストーンというお守りのノリだと、占い師がいいと言った石は人気が出てあっという間に高くなったりしますし」
そばにたまたま金ルチル入り水晶のブレスがあったので、
「これ、金色の針のような物が入ってますよね、金色の線が入る、金銭が入るの語呂合わせで、金運の石と言われて、お守り石系のショップではここの倍、3倍してることもあります」
……と言ったら、
金運か……
と、興味津々。アベンチュリンとルチル入り水晶ブレスを買って行かれました。

……私、見ず知らずの人に「悪魔のささやき」しちゃったんじゃ……。

Comment

Secret

No title

こんにちは。少し前の記事へのコメント失礼します。
ストロベリークォーツについて調べていたらこちらのブログが検索にひっかかったので見ていたら、色々と知らないことが書いてあってとても楽しかったです。
12月頃、天然石ショップのパンフレットにモルガナイトが載っていたので探したのですが店頭に無かったので店員さんに聞くと、何やら英語の重そうな図鑑を取り出して「モルガナイトはクォーツなので、ローズクォーツとストロベリークォーツ、チェリークォーツが別名で同じ石ですね」と言われました。
モルガナイトがベリルという事は知っていたので買わなかったのですが、こういう事もあるんだなぁと思いました(笑) そしてチェリークォーツが人工だからストロベリーも人工なのかと勘違いしていたので、このブログを見て良かったです。
ではコメント失礼しました。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム