FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

不純な赤い石。

赤い石と天珠でブレスレット作りたいな-……なんて思いまして。

そういうブレスレットは、以前にも作ってるんですが、
天珠赤

これに使った石は、今の気分にはやや赤が足りない。

赤瑪瑙とかカーネリアンは、天珠に合わない(あくまでも好みの問題で)。

思い描くのは不透明(※)で赤い石。
※大きいために不透明なんじゃなくて、小さくても不透明で岩っぽい石
そんな石を探していたら、目にとまったのが「レッドファイアーアゼツライト」
かのH&E社のプロデュース石です。

「レッドファイア一アゼツライトは、ニュージーランドだけで産出される不透明なディープ・レッド色のアゼツライトです。」とか説明されてますが、見たところ、レッドジャスパーなんだよな、この石。

そうか、岩っぽくて赤というならレッドジャスパーもありか。
でも、連で買っても、たぶん全部使わない。
ブレスレットをそこらへんで売ってないかな-……探すのめんどくさい。

ところで、レッドファイアーアゼツライトはヤフオクで見つけました。
そのせいかなんなのか、レッドジャスパーのブレスレットよりは高いけど、探しに出かける交通費云々を考えたら、とんとん~許容範囲内のアゼツライトとは思えないお値段。

ま、いいか。 ポチッ。

レッドジャスパーだったとしても、レッドファイアーアゼツライトがレッドジャスパーだったとこの目で確認できるわけだし、ネタでギャランティーカードも手に入る。
そんな不純な理由で「まあいいや」……とやってきた、9ミリ レッドファイアーアゼツライト。

レッドファイアーアゼツライ

結果、レッドジャスパーでした。
少なくとも、私にはレッドジャスパーにしか見えません。

ニュージーランドでしかとれない云々というのは、ヒマラヤ水晶と同じで、水晶は世界各地で採れるけど、「ヒマラヤ山脈でとれた水晶=ヒマラヤ水晶」と規定すれば、「ヒマラヤでしか採れない」と言えないこともない……というか当たり前の屁理屈というか。

見たところレッドジャスパーなレッドファイアーアゼツライト。
ネットの写真では辰砂かというくらい赤く写っていたけど、背景の色味で加工してるか、カメラのホワイトバランス&露出が下手で、実物は煉瓦色系赤だろうとにらんでいたとおりの赤。
ただし、レッドジャスパーだろうとイメージしていたよりは若干赤みが強めかな?

安いなりの質のせいか、色混じりしているところもあって、逆にそれが私好み。
何粒か気になる色むらがあるけど、天珠とあわせる予定だから、気に入らない粒ははじけば良い。9ミリという半端なサイズも悪くない。

あわせる天珠もヤフオクで別の出品者から落札していたのですが……ここでトラブル
届いた-! と思って開封したら覚えのない天珠。
連絡が来て、別の落札者と取り違えて発送したとのことでした。

月曜日にでも返送せねば。正しい落札品が届けばいいけど。

ところで、この出品者は「本物の天珠しか扱いません」と書いている。
何を以て「本物の天珠」としているのかを聞いてみると「石製(老天珠・石製の現代天珠)が本物、プラスチックやガラスが偽物」とのこと。

うーん。
いちおう、異論はないけど、「絶対本物=石製」と強調しなければならないほど、プラスチックやガラス製は多くないと思う。
約15年の天珠好き歴の中で、プラスチック製を見かけたのはたったの2回。(そのうち一回はあえて買った)

ガラスも5回以下。
それ以外(骨?)も1、2回。
この中で、見た目だったら石製と間違うかも!と思ったのはプラスチック製(触ると即バレ)
ガラス製の中には骨董的にレア扱いされているものもある(ドイツ製で作りが綺麗で、かつ作られていた時期が短かったため)。

中には私は最初から「これは天珠じゃない」と無意識にはじいたものも、偽物天珠カウントされてるかも知れないけど、それにしても「うちは石製だけ」と強調するほど、石製以外を警戒する必要はないと思うんだよねえ。

ともあれ、出品者の考えを聞くことができたいい機会でした。


ビビッドグリーン

mogok_20141019230510813.jpg

もう5年以上も前、通販で石を買ったときに、おまけでいただいたもの。
ミャンマーはモゴック産のトルマリンです。

小指の爪ほどの小さい結晶です。

グリーントルマリンと聞いて思い浮かべる深緑系の色合いよりずっと鮮やかなグリーン。
小さいから、より明るく見えるんだろう……という分を差し引いてもビビッドな色合いと言えると思います。

この石を手にしてから数年後、やはりミャンマー産でクロムトルマリンというのを見せてもらう機会がありました。
普通、緑のトルマリンは鉄による発色ですが、クロムで緑になったトルマリンで、小粒で鮮やかな緑でした。

こちらの石の方が時期的には何年も早いけど、もしかしてこれもクロムだったりしないだろうか。
産地も小粒であることも、鮮やかな色合いであることも似ています。
(写真は結晶の形を写すため、光を反射させているので白っぽく写っていますが、実物はもうちょっと緑です)

密かな期待を込めて……パチリ。

キュート

nsw-agate2.jpg

オーストラリアのアゲートです。

よく見るとアゲートらしい縞模様ですが、全体的にみると赤と白が入りまじって、かわいい……というか、おいしそうというか。
単なるスライスではなく、角を落とした丸みのある感じに磨かれているのも、この石の雰囲気にピッタリです。

繊細な縞模様のアゲートというと、ボツワナ・アゲートが思い浮かびますが、
botuwana.jpg
やっぱり雰囲気は違います。

オーストラリアは、意外にきれいなアゲートの産地で、中にはキウィ・フルーツを思わせるグリーンのものもあります。
まだ持ってないので、機会があればぜひ!

水晶にピンク

pink-tourmaline5.jpg

綺麗なのになかなか見かけないピンクトルマリン入り水晶。

いや、石英母岩のはたまに見かけるんですが、水晶と言えるような結晶形のものにピンクトルマリンの取り合わせは少ないです。
緑や青や黒なら見かけるのに。
もしかして見かけているのに「高くてどうせ買えない」と無意識に目がスルーしてるんだろうか。

今回の石はなんと2008年のIMAGE2008の戦利品。
過去記事に坂のぼっって数えてみたら、これが5つめ。
一番大きくて水晶が結晶の形をしているものです。
トルマリン「入り」というか、「食い込み」というか微妙なところですが……。

色はちょっと鈍い……ピンク以外の色も混じっている感じです。
いやあ、この時はこれが複数買えちゃう価格帯だったんだよなあ。今はたぶんとても無理。

よく、「○○石の相場はいくらくらいですか?」という質問を見かけますが、石に相場なんてありません。
少なくともこういう種類の石だからいくらくらい、なんて言えるはずがない。

石の大きさも質も関係するし、買う場所(ミネラルショーか、大規模仕入れの店か、個人ショップか)でも違うし、なんといってもたまたまたくさん採れて出回れば安くなるけどそうでなければ高くなる、そういうものです。

おそらく私が買ったときは、運良くたくさん採れたのでしょう。
IMAGE展というミネラルイベントで、海外業者が持ってきた石であることもあるでしょう。
どちらかというとルース主体の店で、主力商品ではなかったというのも実はポイントだったのかも。

そういう石以外の事情も値段には大きく響くのです。

ミルキー・オパール

queensland2.jpg

ボルダー・オパールです。
金具なしで直接石に穴が開いているところにビニール系のコードが通された状態で、ペンダントになってます。
均一価格で売られていて、そんなに高いものではないけれど、同じ価格帯の石の中では、オパールの層も厚めで、色合いがきれいなものを選びました。

実は同じ店でいくつかオパールを買っていて(これとかこれとか)、こちらはビーズを合わせてリメイクしましたが、今回の石は、リメイクしようとおもいつつ、まだ手を付けていません。

リメイクした方は、母岩部分が多くて、その質感と色合いに合わせて六角形のブロンズ色のビーズを合わせたんですが、こっちは雰囲気が違います。

オパール部分が多く、なんだか遊色の上をミルキーな層が流れているような、柔らかくてとろりとした感じ。

queensland2-2.jpg


これでは固い感じのビーズは合いません。
むしろ今のままの柔らかいコードの方が合ってる感じ……だけど味気ないし、長さが半端。

革紐でも通そうか?
それともワックスコードか何かを編んで通そうか。

硬い感じではガラスビーズと似ているけど、ブラックスピネルの小さなカットビーズでも合わせてみようか。


プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム