INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

迫力ガーデン

ビーズを見て回っていて、ふと気が付きました。
最近、ガーデンクォーツのビーズが妙に高くありませんか? 私の気のせい?
以前はもっとお手軽値段だったような……。いや、これまであまりガーデンクォーツのビーズは選んでなかったので、値段も詳しく覚えてないんですけど。

内包物水晶好きなので、当然ガーデン・クォーツも好き。
まず好きなのは原石ですが、ものが内包物なので磨きもOK、だったらビーズも興味をもちそうなものなんですが。
……ガネーシュ・ヒマールの緑泥入りなんかは買っていたりするのに、普通にガーデンクォーツのビーズは、あまり買ってませんでした。

理由は、やはりビーズでは小さくて、ガーデンのガーデンたるべきところが楽しみにくいこと。
見かけが以外に地味なのに個性的で、意外に使いにくいこと。

そして、ブレス作りをはじめてけっこう初期にこれを買ったこと。

ガーデン・b

ブレスレットだけれど自作でなくて買ったものなのでこちら。
……多分、ブラジル産のガーデン・クォーツです。

ガーデンや緑泥といわれて思い浮かべるものよりは灰色っぽい色合いで、灰緑色といいたい感じ。
ビーズであっても、緑泥がぱらぱらっと申し訳程度に入っているようなものはガーデン・クォーツとは言えないだろうと思っているので、選んだこれは緑泥たっぷり。
どれでもちゃんと透けているところもあって、その対比や緑泥のたっぷり具合が、ビーズとしてもガーデン!

ただ12ミリ弱と大きいサイズなので、なかなかこのままは着けられません。
10ミリのブレスは大丈夫なのに、それ以上となると1ミリの差は大きいのです。

でも、この大きさがあるからビーズでもガーデンの雰囲気が楽しめるわけで……。
実は、ばらしてポイント使いにするつもりで買ったんですが、全体で一つのガーデンクォーツのように思えてしまい、未だにそのまま。

ガーデンクォーツを使って作りたいブレスあるので引っ張り出してみましたが、やっぱり、ばらせない……。
仕方がないので、新しいガーデンビーズを探しにいったら、高くてびっくり。
ならばブレスでと見てみたら、(当たり前のことだけど)似たものは売ってませんでした。




二つの”エクリプス”

今日の石は、ネーミングの「ノリ」(センスよりもノリ)に乾杯!……という石。

「天然石」としてちまたに出回っている石の名前は、鉱物名、宝石名、現地の呼び名、ヒーラーが付けた名前、色や模様がいろいろあるので、区別と商品管理をかねて付けられた名前……など実は内訳がいろいろです。

全部の名前を一緒くたに「石の名前」として認識してしまうと、同じ石にあっちとこっちで違う名前が付けられていたり、色によって区別していたりしていなかったりで混乱必至。
ある程度石の名前を覚えたら、
「アメジストは紫色の水晶のことだが、紫と言っても色々ある。その中で淡いラベンダーカラーのものをラベンダー・アメジスとと言ってちょっと細分化しているんだな。ちょっとピンクがかっているように見えるのをピンクアメジストと言っていたりするらしい」
……という具合に、自分なりに名前の整理整頓をすることをおすすめします。

まあ、やたらにキラキラしい名前、カッコイイ系の名前はヒーラーが付けたか、パワーストーンとして付けられた商品名だと思えばいいかなと思うんですが。
言ってみれば芸名やリングネームみたいなもの?
「斑糲岩」と言われるより「ミスティックメルリナイト」と言われた方が、気分良くイメージを広げることができますよね。(個人的には「斑糲岩」「ミスティックメルリナイト」両方知っておきたいですが)

特にパワーストーンとして付けられた商品名(特に命名したヒーラーがいるわけでもない名前)は、見た目や発見された時のようすなどを「説明」していることが多いようです。
たとえば、縞馬柄に似ているからゼブラストーン、茶色と白っぽい茶色が混じるジャスパ-にカプチーノジャスパ-、氷河が溶けたところで見つかったからアイスクリスタル……など。

さて、今日の石も実はそういう「説明系ネーミング」?

ジャスパ-1

誰が呼んだか、エクリプス(ジャスパー)
※「エクリプス」で売られてましたが、海外サイトではEclipse Jasperだったので(ジャスパー)としておきます。

黒にも見える濃い緑の地に鮮やかな黄色の色合いが印象的な石です。

エクリプス(日蝕)というなら黒地に黄色の「輪」だけの方がそれっぽいですが、まあ、そこまでは言いますまい。
何にせよエクリプスと言われて思わず頷いてしまう、インパクトがあります。

同じ種類の石でも、黄色が丸い模様になっているのといないの(斑に黄色くなってる)があるので、できれば丸い模様のものだけをエクリプスと呼びたいところです。

紹介しているところは少ないですが、説明を拾い読んでいると、産地はインドネシア?
最近見つかったレアな石というふれこみですが、前からなかったっけ……? マスタード・ジャスパーと呼ばれて、ミネラルショーで売られていたような気がするんですが。

……と思って比べてみたら
ジャスパ-3
違うようです。

でも、去年とかの最近ではなく、何年か前から見かけているような記憶があります。

そしてさらにもうひとつ「エクリプス」を。
今度は何と「白いエクリプス」

ジャスパ-4

写真は、同じ石(カボション)の裏表。左が表(丸い方)、右が裏(平らな底面)です。
なるほど、丸い模様。

この石は何より、正体が秀逸です。
なんと、レインボー・クォーツの芯の部分。
池袋ショーでどっと流通した、あの虹内包のインド産水晶です。

ajanta7
短柱状アメジストの形状を示すレインボー・クォーツは、↑のような「こぶ」状になるものも多く、こういう形状の場合は、内部に「芯」のようなものがあります。
もちろん、レインボーは見えませんが、そんな「芯」まで磨いちゃうか!

しかもネーミングが「ホワイト・エクリプス」
もう、このノリに乾杯!

カクタス・クォーツのカクタスになってないドゥルージーの部分をスライスしたり、母岩だという石英部分を取り出して「ブッケンハート(地名)・ジャスパー」と呼んでるくらいナノで、レインボー・クォーツの芯磨きだってありなのか。

ここまでやるなんてある意味すごい。

二つのエクリプスを並べてみました。

ジャスパ-2


最後に、「商品名」について一言いいたいです。

パワーストーンで言う「ルチルクォーツ」は商品名(または流通名)だから、内包されているのがトルマリンやアクチノライトでも、ルチルクォーツでよい。

……という説明を耳に挟むんですが……。

そういういいかげんなことを言っちゃいけません。

ルチルは立派に鉱物名です。和名で金紅石。
ルチルと言えば、TiO2二酸化珪素が成分の鉱物のこと。
ちょっと譲って口語的に「ルチル入り水晶」「ルチル・クォーツ」を略して「ルチル」と言うにしても、ルチルという名前が示すのはルチル(金紅石)。そのはずです。

トルマリン入りがルチルの名前で売られてしまいことが多いのは、ルチルもトルマリンも針状で内包されることが多く、一見似ているので間違える……のは仕方がないけれど、見分けもせずにそのまま放置、ルチルと呼んだ方が売れるからルチルという、いい加減&商売意識のたまものです。

それを商品名(流通名)だから、とごまかさないでいただきたい。
少なくともトルマリン、アクチノライト……ルチルではないとわかっているものをルチルと呼ぶのは変です。

ルチルでないものをぬけぬけとルチルと呼ぶのは流通名ではなくて誤称です。

その方が通じるから……は、通じるのではなくて通じさせてしまった、売る側の落ち度です。
恥の上塗り、反対です。





星を集める

spheres

先日紹介したスター・ミルキー・クォーツの丸玉たちをころころと。
複数あると、単に白くて半透明なだけではなくて、
当メイトや色合いにもバリエーションがあることがわかる。

写真一番奥はマダガスカル産の、スター・ミルキー・クォーツ1号。
一番大きく、ほかのものと比べて飴色がかった色合い。
その手前もマダガスカル産。一番不透明でスターが確認しにくい。
一番左はイエロー・ジラソル。マダガスカル産。
左から2番目の大きい玉はブラジル産。ほかと比べると、
なんとピンクがかっている。……ローズ……ではないと思うのだが。

一番小さいものはマダガスカル産。ほぼ透明。でもスターが出る。
一番右のものが今回紹介した石。

ミルキーなだけに透過光で輝いて、まるで星のよう。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム