INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ホームページの更新ができません

最近、パソコンのHDを取り替えました。

で、再度ホームページビルダーをセットアップして、保存してあった別巻サイトのデータを読み込もうとしたら……「○○○個のファイルがあります。続行しますか」みたいな表示が出てきて、そこから先が進みません。
ホームページビルダーはデータから一度ソフト内でサイトのつながりを組み立ててから編集できるようになるのですが、ページ数が多いためか、うまく組み立てられないかんじです。

以前よりはメモリも増やしたけど、これはビルダーのソフトとしての問題なのか。
そのうち「応答していません」になっちゃうし。
でも、HD取り替え前は何とか動いていたんだよなあ……「サイトを開く」でかなり時間はかかっていたけど。

さあ、困った。

最終手段としては、石紹介ページと、用語集と、その他雑記などに分割して別ホームページにするか……めんどくさいぞ。

実は手触り重視?

石成分欠乏中! 
3月に石イベントがあったみたいなんですが、諸事情によりバタバタしていて、イベントの存在にすら気が付いていませんでした。
気が付いていたらいたで「行きたいぃぃぃ!」と悶えていたでしょうから、知らずにいて逆に幸いだったかも……。

石屋をのぞいてみるも、心惹かれる石には出会えず。

その反動なのか、なぜか木のビーズを買ってしまいました。

rajakayu.jpg

ラジャ・カユと言います。

ラジャはマハ・ラジャのラジャ、つまり王様、カユは木という意味なんだそうで、別名を帝王木

パワーストーン(石じゃないけど)的には、邪気や悪霊を払うとか、はては財運とか良縁とか才能の開花とか……まあ、たいていこの手ものは、これでもかとご利益説明満載なので脇に置くとして、興味を持ったのは、この木が光に透けると説明されていたから。

見た目、木目の目立つ……普通に杉か何かのビーズに見えるので、ドキドキしながら通販して、さっそくペンライトで照らしてみると……!

全部の粒ではありませんが、画像の左上のように透けるんです。(
画像ではペンライトで照らしています。透けないビーズは全く透けません(両脇)。もっと赤く透ける粒もあります。
検索すると、原木の輪切り、見た目一センチ以上の厚みがあるものでも透けてるみたい。

おもしろい!

とはいえ、ふつうにみている分には透けないので、見た目は当たり前の木のビーズ。
黒檀やリグナムバイタのように重くないし。

でも……、なんだか手触りがいいんですよ。これ。
単に磨いてワックスで仕上げたのとは微妙に違う……、なんだろう、これ。
とても硬くてビーズにするには熟練の技が必要だとも説明されていましたが、手触り的には硬いようにはかんじないんだよなー。

ラジャカユは世界で唯一透ける木だと説明されていましたが、検索しているとそうではないことがわかってきました。
肥松といって、松脂を特にたっぷり含んだ松は光で透けるらしいのです。
参考サイト様:http://blog.matu-taiju.com/?eid=161

そうか! 何となく覚えがあると思っていたら、松のジンだ。
実家の方の行事で、たいまつを使うことがあるんですが、その際、松脂をたくさん含んだ松のジン(どういう字を書くのかは知らない)を芯に仕込むと火が消えずに長く保つと言っていたっけ。
そのジンは見た目きれっぱしで、透けたとは思えないけど、どこかぬめっとしたような独特の手触りをしていたような気がする……それに似てる。

しかも、松脂をたっぷり含んでいることで粘りが強く、ろくろで挽きにくいとか。
参考サイト様:http://shikki.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
この木が削るのに熟練を要するのは、硬いからじゃなくてヤニというか脂分が多いせいではないか。

ブレスレットにしてみようと思ったけれど、今はまだ連のまま手触りを楽しんでいます。

田舎レシピ

(今頃ですが)あけましておめでとうございます。
大掃除に始まって、(ダンナ実家で)年末年始、(自分の実家に)帰省とバタバタしていました。
特に今年はダンナ弟さん夫婦が泊りに来られたので、掃除&準備を念入りに。

いつもはダンナ実家、自分実家と渡り歩くので年末に向けて冷蔵庫は空にするんだけど、今年はそうもいかず、準備していたら外食になり……と冷蔵庫をのぞいて唸りました。

そんなこんなで帰省していた実家でおいしい漬物を食べたので、近所の人に教わったというそのレシピをもらいました。
作ってみようと見てみると……

(1)ダイコン3キロ

 ……さすが田舎レシピ。ダイコン1本で作ったら、だいたい1キロ。
三本分も作ったら冷蔵庫がいっぱいになっちゃうよ。

今年は。

池袋の季節……今年は、予定が合わなくて行けない。
ああ、ミネラルショーが遠い。

紅葉

けものくん

久しぶりに写真に撮ってみました。

前回登場したのが2008年なので、8年ぶり!

「古玉獣」のけものくんです。
kogyoku.jpg

古玉とは、秦または漢以前の古い時代に作られた玉の装飾品のことですが、これが真実そこまで古いのかはわかりません。
古玉で検索して出てくる見事なものと比べると、あまりにも緊張感のない様子が逆にかわいいです。

kogyoku2.jpg

この顔!

稚拙な彫りですが、彫痕を見ると、ルーターなどの機械で彫った均一な彫りではなく、鏨の痕のような細かな傷がたくさんあります。
現代に作るんだったら、機械で昔のすぐれた作品をまねるだろうし、オリジナルで作るにもやっぱり機械を使うんじゃないか。
現代の人が、道具を使う練習の試作品という見方もできますが、そういうものだったら市場に出るだろうか。
もしかしてもしかしたら、逆説的にある程度古いものだったりするかもしれない。

そんな期待もちらり。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム