INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

いろいろルチル

先日作った12ミリアイスクリスタル・ブレス。
順調に愛用中です。
ちょっと言わせていただくと、私としてはアイスクォーツとアイスクリスタルは違います。
アイスクォーツは「氷のように透明な水晶」。もっと言えば「ちょっと溶けかけた氷のようなつるつるみずみずしい感じの水晶」を指して使いたい。産地に指定なし……というかんじ。

一方、アイスクリスタルは、インドはマニカランの溶け水晶のこと。
この名前で広まったのだから、それで統一しておきたいところです。
ちなみに名前の由来は「温暖化で氷河が溶けたその下から見つかった」という説明によります。

その後、マニカランは集積地で、産地ではないらしいことがわかって来たけれど、実際の産地がどのアタ地下がいまいち不明。
マニカランの北側には、氷河があることになっているけれど、「ここらへんで採れた」という話がちらほらするあたりは、氷河があったわけではないようす。
だから、実際に氷河が溶けた後から見つかったのかどうかは、実は不明。

最近、再び検索したら、「ぶつけると氷がふれあうような音がするから」とか、なぜかネパールのカンチェンジェンガ産水晶が「氷河がとけて……」という話と共に「アイスクリスタル」の名前で売られていました。

こういうネーミングは、しっかり決まっているわけではないから、いつの間にか変化してもおかしくないけど、売られ始めた初期から見てきた側としては、マニカランで、「氷河が溶けた下から」という話と共に売られた溶け水晶(溶けのダブルイメージ)こそがアイスクリスタルなのだといいたいです。
ちなみに、ブレスレットのビーズは、ショップが「この原石を仕入れて作りました」と写真を出していて、それがちゃんとアイスクリスタルだったので、個人的には堂々のアイスクリスタルです。

さて、私は普段、淡い色や透明感のある石のブレスレットを余り身につけません。
理由は、物足りない……せっかく身につけているのに存在感が希薄過ぎる感じ。

存在感と言っても、何も大きい石をがつんがつんと身につけたいわけではなくて、色の濃いものなら細身で、いろいろ組み合わせるなら共通項のあるもの……最近までつけていた12ミリモリオンは、大きいので極力シンプルに……という具合に、ちょうどいいアクセントが欲しいのです。
その点、12ミリアイスクリスタルは、透明だけど12ミリという大きさのインパクトがあるし、ちょっとメタルパーツをあわせたので、私としては珍しく透明石でもいい感じだったんですが、ほんのちょっぴり物足りない。

そこで、思わずあわせてしまったのがこれ。
multi.jpg

一粒一粒が微妙に色の違うルチル入り水晶のブレスレット。
淡い錦衣と、華やかな金色、若干オレンジがかったの、茶色がかったの、ブラックルチルといえそうなの……とさまざまです。
見ているのも楽しいブレスレットなんですが、これまでほとんど身につけていませんでした。

元々、ルチル入り水晶は色あい的に肌になじみすぎるような気がして、メタルパーツや他の色を加えないとバランスが悪い気がして、いつも手を加えていたんですが、このブレスレットは、ばらすには惜しいし、サイズもちょうどいいのでメタルパーツを加える余地もないし……とそのままだったのです。

これを12ミリアイスクリスタルと重ねづけすると、双方が物足りない部分を補い合っていい感じ。

……でも12ミリと8ミリ(若干大きい)の重ねづけだから、さらにボリュームアップしてしまうというわけで……。
長袖のシーズンだからいいということにしよう。

信じなければダイジョーブ(必要ないし)

turquoise4.jpg

ずいぶん前に買ったターコイズのペンダントヘッドです。
ひそかにパイライトの入ったマトリックスがいいかんじ。

これに似合うチェーンが欲しいなあ。
普通売ってる細いチェーンでは、ちょっと合わないような気がするのです。

ところで、ネットで見かけたことがあるんですが、私の星座のアンラッキーストーンはターコイズなんだそうで。

なんじゃそりゃ。


よく石の相性を気にする人がいますが、そういう人は、買った石がアンラッキーストーンだった、どうしよう?
と気にするんでしょうか。


この場合のラッキーストーンはエメラルドなんだそうですが、星座の石とされているのはエメラルドだけじゃないんですよねえ。
そういうものなので、私の場合は心配する以前に「関係ないし」って感じです。

個人的に、相性が気になるなら、とことん気にして、買う前に解決しておけばいいのにと思います。
買った後にそれを知ったのなら、無視しちゃえ。
心配しなければならないものならば、買ってから知るまでに何かトラブルがあるでしょう。
なかったのなら心配するまでもないということだと思うのです。

ちなみに、私の場合、星座のアンラッキーストーンはターコイズですが、星座に対応する惑星の石の中にもターコイズがあります。いったいどうしろと。

それより私は、このターコイズの産地が知りたい。
シルバーアクセサリーを売ってるお店で買って、そこでは産地も分かりそうだったので聞いてみたのですが、あいにく店長さんが不在で分からないと言われてしまったのでした……残念。

初石

2013年の初石はこれ。

初石

珪化木のビーズですから、一応は石。

パムテックは楕円とか◇のプレート状のものが売られていることがあるけれど、やっぱり伝統的な形・模様のものが好き。
きっとこれらの模様にはそれぞれ名前や謂れがあるのだろう。
そういうものもわかってくるといいな。

トクチャ

トクチャ

骨董市で買ったトクチャ。

トクチャというのは、チベットの金属製のお守りのようなもの。

天鉄ともいい、「稲妻とともに天から降ってきた」とか「隕石(隕鉄?)」が混じってると考えられているとか。
ペンダントのように身に着ける、根付のように使う、お経(細長い板のようなものを束ねてある)を縛っておく紐の留め金に使う……お経の上に乗っているからありがたい力がある……という話を聞きました。

形式も大型の物、ボタン型のもの、ぶら下げる形式のものなどがあるようす。

古い物は7世紀にさかのぼるとのことなので、この年代が正しければ、チベットに仏教が入ってきたころからのものということになります。
実際、トクチャにはバジュラや仏像系のものなど、仏教モチーフのものも多くみられます。
ただ、動物や馬具、矢じり型のものもあるので、トクチャとして成り立ったのは7世紀以後でも、その前身となるものは、より古い時代からあったのかもしれません。

私が買ったこれは、お店の人のいうことには、スノーライオンだそうです。
スノーライオンと言えば、チベットの旗にもあしらわれています。

ただ、これは、古い物ではありません。
古いものは、人の手にこすられ、角が取れ、細かい模様もすり消えているものが多いです。
古い物は、細かな違いがあるとはいえ、同じモチーフのものがいくつもありますが、スノーライオンでこの手のデザインのものは、海外サイトもみてみましたが、見当たりませんでした。

何より一度買おうか迷って、会場を一回りして戻ってきたらなくなっていて、売れたと言われたのに、次の機会に同じ店に行ってみたら、これがあったので、いくつも同じものがあったのかもしれません。
お店の人も「古い」「これはいついつ頃のものだ」とはっきり言わなかったし、言葉の濁し方からして、まあ、これは古い物ではないんだろうな……という印象を受けました。(値段もそんな感じだし)

それでも、ずんぐりした体躯のスノーライオン、なかなかに味わい深くて。
一度買い損ねて残念な思いをしたので、再び見かけて今度は捕獲と相成りました。

見たところ、真鍮と思われる色合いですが、古いトクチャはニッケル、亜鉛、鉄、錫、鉛、金、銀、銅、蒼鉛、アンチモン、硫黄など11種類の成分からなるものだった……とか。(このあたりはシンギングボールもそうで、7種類の金属から成る合金だとかいわれます)
まあ、逆に古代の金属は、厳密に精錬されていたわけではないでしょうから、不純物としていろんな成分が出てもおかしくないんじゃないかという気もします。

天珠にしろ、トクチャにしろ、時を経て人の手に触れられ大切にされてきたものは、何とも言えないいい雰囲気を持っているのですが、やはりというか値段も手が出ない雰囲気。
ここはひとつ、このスノーライオンを私の手でいい感じにしちゃおうじゃないか。

スノーライオンは、五行で言えば「土」で、清らかさと恐れを知らぬ心、勝利を意味するとか。
うん、このぶっとい足で大地を踏みしめ、雄々しく吠えてくれそうです。

鼻先からおしりまで4.7センチとペンダントヘッドにしてはかなり大ぶりですが、セーターの季節には、逆にいい感じです。

シルバー・dZi

先日、アンティークフェアをのぞいて、ブレスレットを一つ買ってしまった。

シルバー・dzi


バイシャジャグル(薬師珠/瑪瑙)と小さいジービーズ(三眼)、そして残りは全部カレンシルバー。
アンティークフェアといってもほとんどはヨーロッパ・アメリカもので、ジービーズはほとんどない。
使っていたのは2店くらいで片方の店はちょっと怪しかった。

このブレスを買った古美術店は、しっかりしたエッチドカーネリアンや古そうな天珠を扱っていたけれど、そういうのはガラスケースに入っていて、これは外に置かれていたから、古い天珠じゃないっぽい。

いちおう
「現代作ですか?」
とは聞いてみたけれど、
「以前に仕入れたもの」
とのこと。
まあ、こういうのは古いと言い切れないし、言い切るのは難しい……あるいはさほど古くないからかも。
私の見るところでは幅9ミリ、長さ13ミリのサイズ・形は、近年の規格ではないと思うので、10年単位で古い物ではないかと。
色もしっかりしみ込んでるし、作りは丁寧。
バイシャジャグルもやや古そうな雰囲気。

カレンシルバーもたっぷり使われているし、古いとは言えない(であろう)天珠ブレスでも、これならいいんじゃないかと決断しました。

お店の人は、
「古い仕入れの品を使って、こちらで組んでます。丈夫ですよ~。
最近は銀の値段も上がっちゃって、このお値段ではできないです!」

でも……このブレス、さっそく切れました。というか無理やり切りました。

ピッタリサイズだったので、サイズ調整すべきか否かとゴムを引っ張っていたら、どうやら結び目を接着剤で止めていたらしく、結び目の近くでゴムがすでにピンチ。
ゴムを接着剤で固めてしまうと、逆に切れやすくなるようで、結び目につけるなら、ゴムと一緒に伸び縮みしてくれるタイプがいいそうです。
即座に切って、カレンシルバーをちょっぴりプラスしてサイズ調整。

シルバーdzi2

バランス的には天珠の外側に一つずつバイシャジャグルを入れたいけれど、普通のめのうだと質感が合わないし、ちょうどいい古っぽい瑪瑙は持ってないし、しばらくはこのまま。
機会があればパーツを探しましょう。


同じ店に、ちょっとかわったdZiとターコイズ、珊瑚を使ったネックレスがあったけど、10諭吉超えでは、とてもじゃないが手が出ない。
変わってる……と思ったそのdZiは如意天珠だったのだけれど、普通如意は裏表2カ所に釣り針みたいな模様が入るところが、その天珠には、4か所入っていた。
初めて見るぞ、4か所如意。
※私は如意と覚えていたけど、「金銭鈎」と呼んでるところもあるかも。

このブレス、シルバーが武骨な感じでいいです。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム