INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ゴム交換&微調整

気が付いたらずいぶん長い間ゴム交換してなかったので、交換ついでにちょっとリメイクなブレスレット。

元はこれ。


蓮の実ビーズを使ったブレスレットです。
メインにストロベリークォーツ、それ以外にヒマラヤ水晶を使っていたんですが、蓮の実やストロベリークォーツより小さいので、バランスが悪いように思われたので、交換。

pema.jpg

ちょうど似た大きさ・形のナゲット型ローズクォーツがあったので、使ってみました。
ストロベリー・クォーツの脇のビーズキャップも、向きを逆にチェンジ。

うーん。
形としてはまとまったけど、まとまりすぎのような気もするなあ。
ローズクォーツの方が明るい色味なので、実は全体でみるとストロベリー・クォーツの方が沈んでしまう。

でも、着け具合は今の方がいいし、腕にはめてしまえばローズクォーツとストロベリークォーツが同時に見えることがないので、問題がないともいえるのですが。

この迷いに決着をつけるべく、ここ一週間ほど連続使用中。
結果、着け心地がいいのでこのままに……に落ち着きそう。
あとは、ビーズキャップとストロベリー・クォーツの間に小さいメタルビーズを噛ませるかどうかで悩み中。


秋色

急に涼しくなってきたので、気分は秋っぽい色合いのブレスレット……ということで、選んだのはコレ。

dragonbrood2.jpg
ドラゴンブラッドジャスパーとスモーキークォーツ。
ドラゴンブラッドジャスパーはわざと赤い部分が多いビーズを集めて配置しています。
ここで透明な水晶を使ったのでは雰囲気が合わないので、色の淡いスモーキークォーツを選び、キラキラ感と抜け感を補っています。

3dzi.jpg
三眼天珠にレッドタイガーアイ、ガーネットなど濃い赤のビーズを合わせました。透明度を補うために合わせたルチルクォーツも赤針入りを選んでます。一粒だけ入れたスモーキークォーツだけがバランスが悪いので、そのうち変更するかも。

dragonbrood2-2.jpg

ドラゴンブラッドジャスパーの赤ともう一つのブレスレットの赤が釣り合うので、二本一緒につけたりします。色合いはまさに秋。

実は、どちらもデザインは気に入っているのに、意外に着ける気分にならなかったブレスレットですが、ちょっとした気持ちの変化でかわるものです。

久しぶり巻き

久しぶりにワイヤーラップ。
マニカラン産の小さなクラスターを巻きました。

mani-1.jpg

表から見て欠けが見える部分は渦巻でカバー。

mani-2.jpg

裏側も、ざらざらが肌に触れないようにぐるぐるカバー(右下)。
巻きやすい形だと思ったのに、意外に手間取りました。

シンプル。

最近身に着けているブレスレットはコレ。

noir5.jpg

モリオン……といっても光に透けるので、実際は濃いスモーキー……をベースに、小さめのビーズはインドのアイスクリスタル、やや青白く写っているのがムーンクォーツ。
チューブ状の金属パーツが二つ。

最近は無地のTシャツとか、シンプルな服装がおおいので、ブレスレットもシンプルに……白っぽい服が多くなるので、アクセントとして黒。

こういう不透明に近い濃い色にアクセントと抜け感を補う意味で透明感のあるビーズを入れる場合、透明水晶は使いません。
パワーストーン的に水晶(この場合は透明水晶のこと)は必ず入れよう、みたいな意見がありますが、パワーストーン的意味合いで作ってないのでそこらへんは気にする点ではありません。

透明水晶では、ある意味「存在感」がなさ過ぎて、不透明ビーズの存在感との釣り合いが取れないように思うんですよね。
少しでも「何か」が中に入っている方がバランスがいいです。
そのため、ほんのり白濁しているムーンクォーツと、天然クラック水晶とも言うべきアイスクリスタルをもってきました。

これで黒ビーズが10ミリだったらほんのり白濁や天然クラックでは追い付かなくなるので、黒トルマリン入り水晶あたりを使いたくなります。
スモーキーでもいいけど、ある程度淡くないと合わないし、淡すぎると透明水晶と同じことになってしまうし、中間の色合いだと茶色で黒の色味と合わないし……と、意外に使うのが難しい。

こうやって黒と(ほぼ)透明な水晶だけだと、けっこうあっさりになってしまうので、それを補う意味で金属パーツ……という組み合わせです。

色は違った

先だってのルチルクォーツとガーネットのブレス、ルチルクォーツの(ぼんやり)キャッツアイの写真が取れないかと試してみたけど……

star-garnet9.jpg

ダメだった。
ガーネットのスターは撮れたけど。

蛍光灯の光で見ると、ルチルクォーツとガーネットは同じような色合いに見えているけど、太陽光や、こうやって強い光を当てるとずいぶん違う。

ちなみに着けてみるとこの通り。
star-garnet8.jpg

15ミリはさすがの大きさで目立つけど、色の渋さのおかげでまとまってる感じ……だと思う。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム