FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

追加。

オーラライトと天珠のブレスレットに天珠抜きのおそろいブレスレットを追加。

tow-eyes-dzi-2.jpg

オーラライトは、もともとブレスレットになっていたものをばらして2つ分のブレスレットに。
ただし、通粒分足りなくて、色味が似ているルチルクォーツをプラスしました。

間違い探しリメイク

以前作ったブレスレットをリメイク。

こっちがビフォー
sk.jpg

こっちがアフター
mit-2.jpg

ビフォーは、黒いビーズは全部ゴールデンオブシディアンだったけど、真っ黒じゃない分「締まり」にかける感じがしたので、半分をオニキスに交換。
一生懸命選んだけど、オレンジのカルセドニーがやっぱり浮いているように感じたので、ルチルクォーツに交換。
すかしの丸パーツの1つをチューブ型に交換。
それに伴って並べ方を変更。

これだけ変更したのに、見た目はほとんど変わらない。
でも、もともと「見えないところに凝ってます」がテーマなので、OK!

ルチルクォーツ、オニキス、ゴールデンオブシディアン、ガーネットレッドタイガーアイ、スモーキー。
見た目以上に多くの種類を使ってます。

久しぶりに天珠

久しぶりに天珠アクセサリー。

一つ目は天珠模様のエッチドカーネリアンでネックレス。

six-eyes-dzi_201809101736162c9.jpg

長さ約6センチの太め大ぶりな天珠です。
いくら何でもブレスレットには大きすぎるので、首に。

この図のように、両端に小さいCカンが出るように、中に糸を通して縛っています。
首にかける部分は、編んだ革紐の両端にカニカンをつけてあって、このカニカンをCカンに引っかけて、装着!
同じように作れば天珠を交換できます。
six-eyes-dzi-2.jpg

この天珠が古いものかどうかは分からないけど、伝統的なエッチドカーネリアンに見える技法で作られ、模様のかすれ具合もいい感じ。
模様は六眼……?
普通の「○」の眼に対して「◇」の金剛眼なので、金剛六眼ということになるでしょうか。
◇以外の三角模様も眼と数えることもあって、その場合は十八眼ということになります。

天珠を首回りにつける際、私は極力シンプルを心がけてます。
天珠だけでも十分すぎるほどインパクトがあるし、いかにも天珠……というかアジアンな感じにすると、服装に合わせにくくなります。
ブレスレットだったら小さいので、服装とのバランスはそんなにシビアではありませんが、首回りという目立つところにつけるとなると、あわせやすさは大きな問題です。


もう1つの天珠アクセサリーはブレスレット。
tow-eyes-dzi.jpg

二眼天珠に、一応オーラライトの名前で買った微妙な色合いの水晶とガーネットをあわせました。

この天珠も一種のエッチドカーネリアン系。
赤くない……薄い茶色のカルセドニーに白い線で模様を描いています。ゴビ砂漠出土とか。
やや古びた表情をした(本当に古いかどうかは不明)この天珠は、大きさは手頃なのですが、何とも半端な色。

オーラライトはブレスレットにあんったものをヤフオクで落札。スモーキーともシトリンとも言いがたい……なんとなく、思いっきり色褪せたアメトリンとても言うべきか……何とも半端な色。

この半端な色同士を並べてみると……何ともうり二つ色!
その瞬間、組み合わせて作ろう! と思い立ちました。
何とも半端で地味な色だけれど、これを活かせば逆に化ける。

そこで、ガーネットをアクセントにして、金属パーツで引き締めて、アンティーク名雰囲気に仕上げました。
これで、普通の淡いめスモーキーだったら、この雰囲気は出せません。



ちくちく、ぷちぷち3

ちくちくプチプチ、続いています.
やっぱり、基本は石好きなので、石を使ってみました。

フェルトの土台に、ラピスラズリのさざれをビーズと共に縫い付け。
らぴすらずり

最初はスパンコールのように縫い付けようかと思ったんですが、さすがに石は厚みがあるので、こんな縫い付け方になりました。
さざれだけに形がいろいろで、どうしても隙間が空いてしまうので、重なるようにしてみたり、どうしても埋まらない隙間はラピスラズリ色のガラスビーズで穴埋めしました。
それでも、さざれなのでそんなに重くありません。

小さい石があっち向きこっち向きいろんな角度で重なっているので、それなりに光の反射が異なって、身につけていても表情が出ます。

ただし、縫い付けて完成させた後になって、糸が緩んだのか、石がぐらぐらしてきたところが出てきて、後からもう一度補強する羽目に。

縫い付け方を工夫しないとなあ……と反省を生かして、ターコイズバージョン。
たーこいず
こっちは、さざれというより丸っこい「ミニタンブル」……かな?
石を縫い付けたら、次の石の前に一目入れて、緩まないようにしながら縫いました。
さざれ以上に石の厚みがあるので、なるべく重ねないようにしています。

実は、ラピスラズリの前に、ビーズショップ出やすく買った染め(練り?)のターコイズのさざれを使って作ってみたのですが、やはりというかなんというか、色が嫌な感じに派手で均一で、良い仕上がりにはなりませんでした。
やはり一粒ごとに色が違い、落ち着いた色合いの天然石がいいですねー。

ちくちく、ぷちぷち2

ちくちくプチプチ、続いています。
今度は……何がモチーフか、おわかりいただけるでしょうか。

アメトリン刺繍




アメトリンです。

ametrine_2018040622500374f.jpg
理想的なアメトリンのスライス図として紹介されていた、こんな感じの図をもとにつくってみました。

右側が最初に作った方で、やや色が濃すぎるように思えたので、左側第2弾。
写真にはうまく写っていないけれど、紫部分が二色の縞々になっていて、アメトリンがブラジル色双晶で、紫部分に現れるというブリュースターフリンジを再現してます。

ビーズ刺繍をするにあたって、普通の説明では土台はフェルト一枚の場合が多いけど、私は、大きさの違うフェルトを何枚か重ねて、全体が緩やかなドーム状になるように土台をつくってから刺繍してます。
その方が、できあがりにも厚みが出ていい感じ。

ビーズ刺繍では、かっちりシャープな形や、複雑な模様は難しいので、大まかな形と色/模様でできる石のモチーフがないか検討中。



プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム