INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

氷ブレス

ここのところずっと、12ミリのモリオンを愛用していたのですが、突然同じくらい大粒のアイスクリスタルのブレスレットが気になりました。
普通の水晶ではなくて、アイスクリスタル
産地がマニカランでなければ「質が低い」と言われてるであろう、ミストやクラックたっぷりの水晶だけれど、この表情の豊かさが、いい。

まだまだ寒さ厳しいこの季節……でも暦の上では春になった(らしい)この時期に、モリオンとは対照的な明るいブレスレットを身につけたい気分。
透明と白濁の組み合わせで、霜が降りたような、そして溶けかけた氷のような、繊細な表情を活かせたらいいな。
ビーズをネットで見てみたら……なんてこった、値段がむちゃくちゃ高くなっている。記憶より倍になってるんじゃないか?
以前、安いときに買ったよなー、小さいサイズは使い切ったけど、大きいサイズは余ってたような気がする……そう思ってがさごそしたら、あった! 12ミリ。
ほぼ一連残っていました。
12ミリの大きさは、これまで一粒のアクセント程度にしか使ってなかったんだっけ。

クラックが少し入った比較的透明タイプとミストたっぷりで白濁しているタイプがあるので、それをやや意図的に配置して、一粒単位で入れ替え&移動させながらいったん様子見。

私は意味で石を選びません。
相性も気にしないし、左右対称だの使う種類の数の制限だの、金属パーツの使用だのといったパワーストーン的ルールも、私には関係ないことです。
残るのは、自分がどう思うか……「すてきなブレスレットができた!」と思えるかどうかという、ただ一点だけ。

一晩の様子見を経て一応完成したのがこれ。

icecryatal.jpg

アイスクリスタルだけしか使ってないのに、白濁ビーズと透明ビーズの割合や位置や、メタルビーズを使う使わないで10回近くゴムに通したり外したり。
一度は透明ビーズだけにしようかと思ったけど、通してみると、やはり白濁混じりも捨てがたい。

大きいメタルパーツをひとつ、小さいメタルパーツを二つ使っていて、大きい方は最初から使うつもりだったけれど、それ以外水晶ビーズだけでは若干収まりが悪かったので、最後に付け加えた。

このまましばらく身につけて、バランスを確認するつもり。

微妙なサイズ

先だっての翡翠+ルチルクォーツブレスレットを作り直し。
やっぱり、あのメタルパーツはベストではなかった。

外してしまった翡翠ビーズを戻し、色の濃い翡翠のなっかあら一粒だけ色味の違うのを真樽パーツがあった位置に配置。

hisui2.jpg

このままでいくと、自作ブレスレットではほぼ希有に近い、石だけブレスレットになる……はずなんだけど、別の問題発生。
いや、メタルパーツを使っているときからの問題で、サイズが絶妙にぴったりすぎる。
きつくて締め付けられるわけではないけれど、あまりにぴったりすぎて窮屈に感じるときがある。

かといって、一粒増やすとゆるくなりそう。

好んで作るパターンなし、左右非対称、ランダムにメタルパーツ使いだと、そのあたりは、調製がものすごく楽。
なんたって「こうしなければならない」……がないので、「ちょっときつい? じゃあスペーサー追加」がすぐにできる。

今回だって、普通だったらルチルクォーツの両脇にビーズキャップを入れたりしてるはずで、そうすればサイズもしぜんとうまくいっていたはずなんだけど、「このルチルクォーツは、ビーズキャップ無しで入れた方がいい!」と思ってしまったので、他の位置にメタルパーツを入れたくない気分になってしまって困ってます。

緩いのを承知でもう一粒増やしてみるかー。余ってたかなあ。

……あ、もう一つ問題。最近6ミリブレスレットばかりだったので、10ミリ翡翠が重い。

渋ーく

np.jpg

シルバーリーフジャスパー、オニキス、ラルビカイト、ガーネット。
そろいもそろって渋い石でブレスレット。

シルバーリーフジャスパー(例によってグラデーションになるよう並べてる)とラルビカイト+オニキスでハーフ&ハーフはデザインにしているけれど、渋すぎてあんまりモダンに見えてないかも。
※写真ではシルバーリーフジャスパーが茶色っぽく写りすぎ。実物はもうちょっとモノトーンで若干明るめ

モノトーンで地味な色合いの中に一粒ガーネットをアクセントに入れましたが、本当はここにロードライトを使いたかった。
普通のガーネットの赤じゃなくて、紫がかったロードライトの方が映えると思うんだけど、行動圏内の店では売ってるところがない……どころか、タイガーアイとかローズクォーツとか、一般的な石しか売ってない。
通販だと少なくとも半連で多くて高い。

いっそのこと、フローライトで似た色合いのがあればと思ったら、それも売ってない。
かくなる上は、ガラスでも! ……欲しい色合いがない。

ということで今回のガーネットは仮配置。そのうちロードライトを見つけたら差し替えよう。

ブレスレットだけではものすごく渋くて地味だけど、実際はめるとその渋さがプラスに変わる。
それを確かめながら作れるのも、自作のメリットだと思う。

炎一点

続いています6ミリブレス。
並べてみると黒が目立つ。単純に黒い逃す木と言うこともあるけれど、細い分黒で締めないという点もある。

今回もやっぱり黒いブレスレット。
前回の黒が「無骨」を目指したのに対して、今回は、「見えないところに凝ってます」。
sk.jpg

使っているのはゴールデンオブシディアン、ガーネット、スモーキー、レッドタイガーアイ、カーネリアン(オレンジ)。
黒と赤と金(といっても真鍮色)で、渋くシックに、遠くから見ると黒だけど、近くで見ると細かいところにこだわってる……たとえば、男性のスーツで、飾り気がないように見えて、織り模様や裏地やちょっとしたシルエットの差でこだわってかっこよく見せてる感じかな?

なので、黒は金色の輝きを乗せたゴールデンオブシディアン、赤は深く赤く透けるガーネットと、黒みを帯びた赤のレッドタイガーアイ。これらはカットの入ったものを使って色味は抑えつつもきらきら感をプラス。
金は、ずばり金色のパーツを使うと、とたんに安っぽくなるので真鍮色で。透かしの入った薄い金属パーツは往々にして石の質感に負けてしまうので、ほとんど使いませんが、この編み目状の丸いパーツは、ゴムに通すだけなのに一手間かかって見えるので、時々使います。

一粒アクセントに入れたカルセドニーは、もっとクールな感じの黄色っぽい色合いにしたかったけど、ちょうどいい石がありません。
いつも使うシトリンでは淡すぎるし、これはルチルクォーツでは感じが違う。
緊急措置として使ってみるか……? とスワロフスキーガラスのビーズを当ててみたけど、やっぱりガラスでは「軽い
」。石と釣り合いません。

とりあえず、色むらありのカーネリアンで。
黒の中に一点、炎がともっているような感じのアクセントが欲しいんですよね。
黄色くていい石を見つけたらリメイクしよう。


6ミリブレス

6ミリブレスが続いています。

6ミリビーズは、石の表情を楽しむには物足りないけれど、使う数が多いので、そこに工夫の余地があるわけで……今、それが楽しい。

dd.jpg

こちらは、オニキス、ハイパーシーン、ヘマタイト、ラルビカイト、スモーキー、ガーネット、ラヴァ(溶岩)、ヌーマイト……と意外に多種類の石を使っています。部分的にスモーキーでわずかに透明感をいれつつも、ほぼ黒いビーズばかりを連ねて一粒だけルチルクォーツをアクセントに入れています。

テーマは「無骨」

使っている黒いビーズはいずれも大粒であればかなり無骨なイメージの石。
これをそのイメージを残して華奢な6ミリでまとめられるかのチャレンジです。

たとえば、ラヴァ(溶岩)だけを連ねれば、無骨な感じは簡単に出せるかもしれないけど、それではブレスレットとして使用するにはちょっと。
そこでいろんな種類を連ねて微妙な色や輝きや透明度の違いで、身につけた時に楽しめるようにしています。

難航しだのが一粒のアクセント。イエロー系のアクセントを入れたかったので、シトリン、イエロークォーツ、カーネリアン(オレンジ)、染めのカルセドニーなどいろいろ合わせてみましたがなじまず、ルチルクォーツでも5.6粒色あわせをしてこの粒に落ち着きました。

ルチルの密度はさほど高くないけど、きらりと鋭く輝く金色がいい感じです。



使っている種類が多いと言えばこれも。
ot.jpg

パイライト、ブラウンジャスパー、ブロンザイト、スモーキー、ガーネット、ポピージャスパー、アフリカンストロベリー、エクロジャイト、カイアナイト、グリーンアベンチュリン、ヴァーダイト……使ってみようかなーとあまりビーズを適当に取り出して並べていたら、「グラデーションになりそう!」と思い立って.石をそろえて並べてみました。

なかなかスムーズなグラデーションになったんじゃないでしょうか。
一見地味ですが、味わい深い色合いです。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム