INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水墨ガーデン

チベット水晶

チベット産水晶です。
5センチくらいの結晶が2,3本組み合わさったようになっていて、根本から三分の一くらいまで、灰緑色の内包物を含み、表面にもやや付着しているのか、マット気味で、何とも「和」あるいは「わびさび」な雰囲気を持っています。

いつものように光に透かして撮ると、マットな感じが和紙を思わせて、わびわび度アップ。
内包物が入っているのでガーデン水晶ろですが、この雰囲気は、むしろ「水墨・ガーデン」と呼びたい感じ。
渋いけれど、その渋さが魅力な水晶です。

さて、チベット水晶というと、ちょっと細めの結晶にぱらぱらと黒い内包物が入っているものが、くっつき合っている……という印象があります。
ところが、短いDT(両錐)で内包物で黒っぽくみえているものや普通の透明結晶もあり、カイラス水晶といわれているものも場所としてはチベットです。

地図で見ればチベット自治区の範囲は広いので、いろいろな水晶が出てもおかしくありませんが、ちょっと気をつけてみていると、隣の四川省などと似たものがあります。
鉱脈が続いていて、同じような水晶が採れる場合もあるかも知れませんが、時には「チベット」が指す範囲が、私たちがチベットと聞いて思い浮かべる「チベット自治区」とはことなっていることもあるようで……。
チベットとは、チベット人が住む範囲を指していることがあるのだそうで、地図上の位置は四川省でも、チベット産とされているものがあったりするかも知れません。

いったいどのあたりで採れたんだろう……。
そんなことを考えながら、じっくり眺めてみたら、この水晶にもおもしろい成長丘(レコードキーパー?)があることに気がつきました。

水墨・ガーデン改め「溶解ポスト2号!?

チベット水晶2


スポンサーサイト

光に内包された闇

ハーキマー


ハーキマー・ダイヤモンド(クォーツ)です。
ルーズな分け方では、小粒でDT(両錐)なら何でもハーキマー、ひどいときには削って作ったものまでハーキマーと言いますが、これは大間違い。

ハーキマーは地名です。まるでダイヤモンドのようにきらきらしているからハーキマー・ダイヤモンドの名前があるのです。

たとえば、山梨県の乙女鉱山で採れた水晶を「乙女水晶」といいますが、見かけが似ているからと言ってブラジル産水晶を「乙女水晶」と言うわけがありません。
ヒマラヤ山脈の範囲で採れた水晶だからヒマラヤ水晶なのであって、全然別のところの水晶をヒマラヤ水晶と呼んだら、「偽物」といわれてしまいます。

最近は「何でもかんでもハーキマー」という言い方は減ってきたようで(私が見る限りですが)、その代わり、アーキマーとかパキマーとか、ハーキマーの誤植? と疑う……というか、いっそ誤植と言うことにしておきたいような、気の抜ける名前を見かけます。
普通に○○(産地名)・ダイヤモンド(クォーツ)でいいと思うんですけどねえ……。
(※念のため、説明には水晶であると明記して欲しいです)

それはさておき、写真の石。
個人的にはダイヤモンドの別名を持つからには、本当は、ハーキマー産でダイヤモンドのように透明できらきら、内包物がないか、合ってもあまり目立たないものこそハーキマー・ダイヤモンドであって、いくらハーキマー産でもエレスチャル(スケルタル)状だったり、内包物だらけだったりするものは、厳密にはハーキマー・ダイヤモンドとは呼べないかも……と思っていますが、では「呼べない石」をどうするかというと、そこで困ってしまうので、結局「ハーキマー」と呼んでいます。

だって……写真の石も、透明な部分の透明感は抜群、表面はつやつや。
けれど、中には真っ黒な内包物。
内包物というより、この水晶は、一時期おそらくタール分と思われる黒い内包物で真っ黒な時代があり、その後透明な層が結晶したのだと思われます。
そういう成長過程を考えると、むしろこれはファントム?

透明な部分は「ダイヤモンド」の別名にふさわしいけれど……真っ黒というのも……いや、ブラックダイヤモンドというのもあるのだから、これもダイヤモンド(水晶だけど)と呼んでいいのかも?


sixth

手作りブレスの醍醐味は、
(1)(手に入れば)好きな石が使える
(2)好きなデザインで作ることができる
(3)自分にぴったりのサイズで作ることができる
(4)うまくすれば、買うより安くできる

そして……
(5)心ゆくまで作り直すことができる。

最初の(1)~(4)は、自分の好みにぴったりでデザインも良くて、サイズも問題なしのブレスを見つけることもできるわけですが、(5)については自分でやるからこそといえるのではないでしょうか。

もちろん、ブレスを作ってもらった店に持ち込み、石を足したり入れ替えたりして作り直してもらえるところもあります。
でも、試行錯誤し、新しいブレスのためのパーツを選び、あるいは探し、「自分の一つ」を作るためのこだわり、おもいたったときにすぐ、何度でもできるという点では、「自作」に軍配を上げます。

たとえば、あるブレスの試行錯誤。

一番最初。

1-eye

2番目

2-eye

3番目

3-eye

ちょっと変えて4番目

4-eye

5番目

5-eye

作った直後にマイナーチェンジで6番目。

6-eye


もはや「間違い探し」の世界(汗)。

必ずしも「改」ではないかもしれませんが、「何か違う」「何か足したい」……他人から見たら取るに足りない、違いとも思えない「何か」にこだわって、結んだばかりのゴムを切ってでも作り替える。
そんな試行錯誤が楽しいのです。

最初に作っているときに「これだ!」とひらめき、以降、全く作り直さないブレスもあります。
今回のブレスのようにどんどん変化していくブレスもあります。
このブレスは、ちょっとアンティークな風情の天珠と、エッチド・カーネリアン(カーネリアンにアルカリ性の溶液で線模様を描き、低温で焼き付けた、天珠のルーツの一つといわれるビーズ)を使ってみたくて作ったビーズでした。
作ってみてわかったのは、どちらも石ビーズのはずなのに、普通の石ビーズ(丸ビーズ)があわないこと。
「じゃあ、これ」「あるいはこれ」
と、アンティークな風情のビーズを足していくと、残る丸ビーズがどんどん違和感を増していきます。
そして、ついに5番目ですべての丸ビーズが姿を消しました。
丸く見えるビーズも、実は丸ではなく、アンティークっぽいゆがみがあるものを使っています。

そしてなんだか、だんだん派手に……。
最初は主役だったはずの天珠もすっかり目立たなくなりました。
これは、派手すぎるというべきか、天珠がデザインとけ込んだと言うべきか。
でも、これからの季節には、この鮮やかな色合いが心地よい感じ。
今の感覚ではこれなのだということで、しばらく楽しんでみることにします。

異形を見る

dragon1

ブラジル産水晶です。
もとから数ではブラジル産水晶が多いんですが、こちらのブログに移ってきてから、ブラジル産水晶づいています。

ブラジル産水晶というと、水晶のザ・スタンダードといいたい透明で六角柱で……というイメージがありますが、それは、押しも押されもしない大産地の底力とでも言うべきもの。
スタンダードな水晶を山ほど産出する傍らで、レムリアンシード、スーパーセブン、インディゴライト入り青水晶、ルチル入り水晶、トルマリン入り水晶……内包物だけでなく、形も様々な個性的な水晶を産出しているのです。

さて、今回の水晶は……いや、今回「も」というべきかも知れませんが、触像水晶です。
溶けてます。
本来ならば、平らでシャープな結晶であるはずの水晶が、環境の変化によって溶け、表面にその痕跡を刻み、どこか生き物めいた……ある意味どこか不気味な表情を持つに至った石です。

私は、こういう石を見ていると、この石をはぐくみ、次に溶かし去ろうとした環境の……地球の営みの変化が現れているようで、とても魅力があると思っています。
ただ、どうひいき目に見ても「きれい」ではない。

「こういう石、好き~」というノリで写真を撮るので、それなりにかっこよく写ってますが、実物は5センチくらいの、ごつごつあばた面で、ほこりっぽい感じのつや消し石。表面にうっすら付着物があるようで、それがくぼみに白くたまり、いっそうほこりっぽく見えています。
もしかしたら、歯ブラシで洗えば、ちょっとはきれいになるのかしらん。
(今頃、思いついてます)今度、洗ってみよう……。

このように、「きれい」ではないけれど。

dragon-1

ファセット(錐面)は、まるで龍の鱗のよう。
これは……見方を変えれば、重なりすぎたトライゴーニック……なんですよねえ。
しかも、全ファセット(錐面)が。

トライゴーニックといえば、一部ヒーリング系パワーストーンでは、人気でレアだと言われています。
確かに産出する水晶全体からすると、数が少ないかもしれない。
しかし、この石のようにぱっと見きれいではないという理由で商品にされなかったり、仕入れの際に店の人の目にとまらなかったり、そんなこともあり得ます。
特に私好みの「変な石」は、その可能性が高いと言えるでしょう。

もちろん、私は産地に、鉱山に直接足を運べる身ではないので、どうしたところでお店任せになりますが、ならば、自分で探して出会える範囲からは、気合いを入れて探してみなければ。





妖怪ポスト

水晶の用語で「レコードキーパー」というのがあります。
鉱物の用語で言うと「成長丘」。水晶が成長していくとき現れる表情の一つで、錐面に凸状の三角形となって現れます。
レコードキーパーというのは、この三角形に何らか(たとえばレムリアやアトランティスなど)の記憶や情報が刻込まれているそうだ……というイメージでつけられたネーミングのようですが、私にとっては「成長丘」では味気ないので「レコードキーパー」なんですが。

この、「成長丘」は、錐面が何となく凸凹うねっているように見える程度のものから、昨日のカンチェンジュンガ水晶のようにルーペで見ると無数に重なって鱗のようになっているものもあります。
レコードキーパーと呼ぶ場合は、しっかり三角形に見えるものを指すようです。
たいていはミリ単位の小さいものですが、中にはこちらの写真のように、肉眼でもはっきり見えるほど大きいものもあり、そういうのはレコードキーパーの中でも特に「グランドキーパー」と呼ばれることもあります。

でも……いくらくっきり大きくても、これは。

キーパー1

さほど大きくない水晶の、一番大きく目立つ面(メイン・フェイス)にくっきり、でっかく。
……でも、三角形というより「おにぎり」

この唐突さ、この笑っちゃう形は「グランドキーパー」と呼ぶよりは、単に「おにぎり・キーパー」と呼びたい。
あるいは、「妖怪ポスト」

実は、第一印象が「妖怪ポスト」だったんです。
同じ面をよく見ると、普通の形のレコードキーパーもうっすら見えると言うのにこの形。
この部分をマクロ撮影してみると、さらにうっすらレコードキーパー。
しかも普通の形の。

キーパー2

とっても変(注:ほめてます)。

こんなタイプもある。

カンチェンジュンガ

ヒマラヤ水晶です。
産地はネパール産水晶としておなじみのガネーシュ・ヒマールではなくて、ネパールの最東端、カンチェンジュンガ。
世界第2位の山を擁する山域です。

これまで、カンチェンジュンガ産水晶というと、透明で細い結晶が群れたクラスターか、白濁してやや太めの結晶のクラスターが知られていました。
先細りだったり、ずんぐりカテドラルだったり、緑泥入りだったり個性的なガネーシュヒマール産や、かっちりスモーキーのガウリシャンカール産と比べると、カンチェンジュンガ産は、透明感やきらきら感には優れていても、個性という点ではやや影が薄い感がありました。

でも、やはりネパール。
カンチェンジュンガは、クラスターばかりではなかったようです。
この石は、緑泥のない方はないものの、先細りで大型結晶。
大型といってもこの石は6センチほどと地裁のですが、全体を見回しても大振りな結晶がほとんどないクラスター・タイプに比べて明らかに大きい石が出るタイプの石なのです。
事実、私が買わなかった(買えなかった)石では、10センチを越えるものがありました。
従来のクラスターでは10センチを越える結晶を持つものは多くありません。

形にしても、先細りで柱面に接合線を持つ、カテドラルに近いタイプで、クラスターでみかけるものとは明らかにタイプが違います。

さて、写真の石は、すでに述べたように長さ6センチ、先細りながらボリュームのある、カテドラルに近いタイプ。
根本はぼきっと折れているかと思いきや、とげとげといくつものポイントに結晶していて、なんとDT(両錐)。
内部には虹も見えます。

そしてすべてのファセット(錐面)にレコードキーパー(成長丘)の連打!

カンチェン・キーパー

重なり合うその様は、まるで鱗。

しかし……クラスターではないタイプが珍しいように書きましたが、考えてみると、以前紹介したことがあるカンチェンジュンガのアクアマリン付き水晶は、今回の結晶ともタイプが違うずんぐりして白濁した淡いスモーキーでした。



また、今回の石に似た形で白濁したタイプの石やサンクワサバ産の名前で緑泥入りのとんがりクラスターを見たことがあります。
単に出回っていないだけ、流通経路が私の知っている範囲に延びていないだけで、実はいろんなタイプが産出しているのかも。


今度はちゃんと入ってる

アナターゼ2

昨日に続いてアナターゼ入り。
今回はばっちりガンメタ色。形もとんがり鋭錐石。
やはり全体磨きの水晶に内包されているものですが、全体的なバランスはとれているので、固まりの石英から削りだしたのではなくて、ある程度結晶の形をしているものを磨いたのだと思います。

なぜかというと、結晶の形というのは結構微妙で、一から形を削って作ったり、結晶の先端が大きく壊れているものをそれらしく削ったりすると、どうしても不自然な感じになるからです。
たぶん、原石好きさんならなんとなーく変だと思うはず。
それがないからには、元の結晶の形がある程度あったのだろうと想像するわけです。

もうちょっと説明すると、茶色いもやもやした内包物の中に埋まるようにアナターゼが結晶していて、それが見事に水晶の中に入っています。
茶色い内包物の下も透明な水晶なので、水晶が結晶していく途中で、アナターゼが結晶したんだと思います。(もしかしたら、他から流れてきてくっついたのかも)
昨日も言いましたが、アナターゼは低温で結晶するらしく、そのために水晶の表面にくっついていたり、表面に半分埋もれたようにくっついていることが多いです。
それが、こうもすっぽり内包されるかなあ……。
アナターゼじゃないのかなあ……。
どう見ても、アナターゼに思えるんですけど……。

鉱物好きさんには、磨きというのはちょっと敬遠されてしまうことがあり、磨きもOKな石好きさんには、見た目地味に写るかも知れないこの石、実はちょっとおもしろい。
磨きも実は侮れません。

地味でも実はおもしろい

先だっての……といっても、もう二ヶ月近く前になる、IMAGE2008の戦利品。
石友達を待つ間、山と積まれた磨き石を品定めしていたら、すっかりはまって「ちり積も」してしまった石の一つです。

……というか……この石を見つけて、調子にのっちゃったんですよねー。

仮晶

えー、ものは水晶。ご覧の通りのルチル入り。
背面には母岩の一部が一緒に磨かれているので、「ガーデン・ルチル」とでも分類しておきましょうか。
特別ぎっしりルチルが内包されているわけでもないし、ルチルがきらきらしているわけでもない。
ガーデン部分は茶色で、ガーデン(庭園)というより荒れ地。
ひいき目に見ても「きれいな石」ではありません。

でも、この石がおもしろいんです!
写真の、石のとんがったてっぺんよりやや下のあたりをご覧ください。
ルチルがもしゃもしゃ固まってませんか? もっと言えば、菱形っぽい何かが入ってませんか?
ふとこれを見つけたときは、ちょっとほくほくしてしまいました。

では、このほくほく部分をずずいとアップ。

アナターゼ

何か鉱物が内包されてます。
この形は……たぶんアナターゼ(鋭錐石)
以前、水晶表面にくっついているのを見つけた、あの石です。

このアナターゼ、成分はルチルと同じ。
ルチル、ブロッカイト、アナターゼは、成分は同じTiO2、結晶の仕方などがそれぞれちょっとずつ違うので別の鉱物に分類されている、余分三兄弟……じゃなくて、酸化チタン三兄弟なのです。
三兄弟の中で一番多いのはルチル。一番少ないのはアナターゼなんだそうで、私が見てきた割合にも合致します。確かにアナターゼはあまり見ない。

でも、アナターゼなら黒っぽい金属光沢をしているはずなのに、これはルチルと同じ色。表面からルチルが生えたみたいになっています。
裏側から見ると、ちょっとえぐれたようになっていて、中身がぎっしり詰まっているようには見えない。
そのことから、これはアナターゼの仮晶ではないかと推測。
つまり、元はアナターゼだったのに、後にルチルに置き換わったのではないかと考えました。

……と、ここまで書いてきて、ハタと疑問。

あれ? そういえば、ルチルとアナターゼでは、アナターゼの方が低い温度で結晶し、だからルチルは水晶の中にばっちり内包され、アナターゼは水晶の表面に乗っかっていたりするんじゃなかったか?
改めて調べてみると、500~915度の高温で、アナターゼは結晶構造がルチルに変化する……とか。
参考サイトさま

水晶はもちろん低温型で573度以下で結晶しているはず。
それ以上なら高温型水晶になってしまいます。
アナターゼがルチルに変化する温度が500~915度。水晶が結晶したのが573度以下。
だぶっているのはわずかに73度……ええ?

この内包具合から想像するに、ルチル&アナターゼが先に結晶していたように思われますし……。
アナターゼが結晶するのが低い温度だとして、それならば水晶が結晶する温度とかなりだぶると思われますが、そのアナターゼがルチルに変化してしまう温度は(低温型)水晶にとってもぎりぎり高温で……。
あらら?
なんだかすっきりいかないんですけど。
アナターゼが水晶の中に完全に内包されているものはあるので、それはそれでいいとして、このアナターゼ(たぶん)は、どれくらいの温度で結晶し、ルチルに変化し(たぶん)、それが水晶の中にきっちり内包されることになったのか。

それとも、そもそもこれはアナターゼではなかったのか!?
それとも、私の理解がそもそも間違ってる?

「うわ~、こういうの、見たことない~」
「しかも1000円♪」
と喜ぶのはいいんですが、「見たことない~」というものは、いったんわからなくなると調べようがないというが待っています。
かくなる上は池袋ショーに持ち込み、石屋さんに見てもらうしかない……?




このタイプが好きかもしれない

石好きもある程度年季が入ってくると、「この石(種類)が好き」「水晶の中でもこのタイプが好き」などと、
自分が贔屓にする石の種類・タイプが何となく固まってくるものです。
当たり前のことですが、まるっきりゼロの状態から、その石を集める前から「この石が好き」とはならず、特に意識せずに集めていく中から、興味を持つなかから、「そういえば、いつものこの種類の石に手が伸びる……と意識し始め、「この石が好み」となるわけです。

今回の石は、つい最近、自分が好きなのはこのタイプか! と、自覚したばかりのニューフェイス。
石そのものはおなじみの種類なんですが。

tigar.jpg

タイガー・アイです。
ビーズや丸玉、磨きものなど見かける機会は多く、石好きさんにとってはおなじみ石。
結晶で産出することがないので、これまであまり目にとめず、ブレスを作るためにビーズを手に取るようになっても、おなじみ過ぎてかえって興味を持たなかったというか、いつでも買えるとのんびりしているというか、私の中では注目度の低い石でした。

ところが、写真の石が、気になる。

タイガー・アイとしてはごく普通。
ホーク・アイ(ブルー・タイガーアイ)が混じっているわけでもなく、その中間で緑がかっているわけでもない、普通の茶色系タイガー・アイ。
模様のバランスが気に入ったと言えばそうなんですけど、これまでタイガーアイをたくさん見てきてもあまり惹かれなかったのに。

惹かれたことにかえって疑問を感じて……自分でやっておいて疑問というのも変ですが、自分でも意外だなーと思ったので、この際じっくり見てみました。

ああ、わかった。
ヘマタイトが入ってるんだ。

タイガー・アイはクロシドライト(繊維状のリーベッカイト:石綿の一種)に石英がしみこんで固まった石で、中に含まれる鉄分が酸化して黄色~茶色になっているものです。
酸化していないものは青黒いホーク・アイに、人工的に加熱してさらに酸化させるとレッド・タイガーアイ(ブルズ・アイ)になります。
中に繊維がぎっしり束になって入っているので、虎の毛並みを思わせる光沢、丸く磨けば虎の目を思わせる光の筋が出るので、タイガー・アイの名前があります。

写真の石もちょうど真ん中当たりに斜めに繊維状の光沢を見せる部分があり、それがきれいなアクセントになっているんですが、そのすぐそばに、メタリックに輝くヘマタイトの層が入ってます。
そういうあたりが好き……というか、ヘマタイトが入っていないタイプのものは、全体が繊維状光沢である場合が多いのに対し、ヘマタイト層入りは、模様に変化があるものが多いようす。

そういえば……2006年のIMAGE2006でタンブルセットをもらったとき、気に入ったのはヘマタイト入りタイガーアイ、つまりアイアン・タイガーだったっけ。

気に入ったので、写真もきっちり撮ってます。

鉄虎

タンブルの時は、このヘマタイトの筋かっこいい!
と思っただけでしたが、またしてもヘマタイト入りを選んでいると言うことは、ヘマタイト入り、好みなのかも。

先述したように鉄分が酸化してタイガー・アイの色合いになっているわけですから、酸化鉄であるヘマタイトがはいっていたって不思議ではありません。
でも、普通に見かけるタイガーアイにヘマタイト層を見かけないことから、もしかして産地が違うのではないでしょうか。(加工した部位が違うだけかもしれませんが)

タイガー・アイの一大産地は南アフリカ。
でも私は、今回のタイガー・アイの産地候補にオーストラリアを挙げてみます。
理由は、赤いジャスパーとタイガーアイとヘマタイトが混じったアイアン・タイガーアイが出ていること、天然で赤い部分を持つマラマンバ・タイガーアイもヘマタイト層を持っているからです。

な~んだ、いつもの石か、と見過ごさず、足を止めてじっくり見れば、新たなものが見えてくる。
石好き趣味は底なしです……。


その名前に異議あり!

ファイアー

マダガスカル産の、ファイアークォーツです。

最近では「ストロベリー・クォーツ」と呼ばれてしまってますが、私は「ファイア・クォーツ」と呼びましょう。
破片状のレピドクロサイトが錐面の表層近くにかなりたくさん内包されています。石そのものが小さいので、きれいに透けて赤く見えています。
レピドクロサイト入りは茶色っぽくなることが多いのに対し、この石はかなり赤いのですが、やっぱり「苺」というにはごつい感じに思えるので……。
まあ、これは個人の好みの話になるかもしれませんが。

でも、最近「ストロベリー・クォーツ」と呼ばれる石が多すぎです。
赤い内包物が入った石英系の石がたくさん出回るようになってきたこともあるのでしょうが……。
そのすべてがストロベリーとよばれていいものでしょうか。
「苺を思わせるような赤くてかわいい水晶」だから「ストロベリー・クォーツ」なのであって、商品としてロット(まとめ売りの箱)全部に自動的に「ストロベリー」とつけられた石すべてがストロベリーと呼ぶのにふさわしいとは思いません。

この際、レピドクロサイト入りでもいいですから、少なくとも、「そういう名前が付いているから」ではなくて、見た目「苺」といわれて納得できるような石を「ストロベリー・クォーツ」と思っていただきたい。
レピドクロサイト入りだけど赤くなくて茶色、ぱらぱらとレピドクロサイトが散っているだけ、ゲーサイトがちらほら内包されているだけ、あるいはぎっしりすぎてどす黒い。そんなものをストロベリーと呼びますか。

先日、「エレスチャル・ストロベリー」なるビーズを見かけました。
一言で言えば、レピドクロサイト入り水晶です。
今回の写真の四分の一ほどの量の、つまりレピドクロサイト入りといってもかなり量が少なく、白濁した結晶の表面をちょっと磨いた、六角形の結晶の形がまだうかがえるラフな形のビーズです。

なんだか……あちこち納得できないんですが。

まず、色……「ストロベリー」の部分。
ネットで見かけた「エレスチャル・ストロベリー」なるビーズ、レピドクロサイトの量がささやかすぎて、ちっとも赤くありません。
「ストロベリー・クォーツはメキシコ産またはカザフスタン産で、ゲーサイトの赤くて細い結晶が内包されている……」と細かいことを言わなくても、見た目「ストロベリーじゃないでしょ、これ」といいたい感じです。
こういう色合い、表情のビーズが好き、赤みがあまりないからできるデザインというのもあるでしょうが、このビーズがいい悪いではなくて、「ストロベリー」の名前を付けるのはちょっと。

次に、形……「エレスチャルの部分」
これまでさんざん繰り返してきましたが、エレスチャルとは、専門的には骸晶と呼ばれるごつごつ複雑な形、または層状に結晶した水晶のこと
ビーズでは、ゲーサイトなどの内包物入り、アメジストやスモーキーなどの色混じりのものがエレスチャルと呼ばれていることが多くて、知らないでいると、内包物入り・色混じりの水晶がエレスチャルだと勘違いしそうですが、これは間違いです。

もっとも、エレスチャルと呼ばれているごつごつ水晶は、内包物入りで色が混じっていることが多いので、「そういう水晶を磨いたビーズ」と解釈できないこともないんですが、いかんせん、ごつごつ複雑な形はビーズに磨くには不利。たぶん、ビーズに加工されているのは、結晶形のものではなく、塊状の、つまりエレスチャルとは呼びがたい石英を磨いたものである可能性が高いです。

だいたい、ビーズを加工して売っている業者の大部分は、ヒーラーでも、パワーストーン(ヒーリング・ストーン)に詳しいわけではありません。最近の人気の石は……と、様子を見て、人気のある石を次々ビーズに加工するわけです。で、たぶんこうだろうというような程度の判断で適当に名前をつけて出荷しているようなものです。

つまり、エレスチャルが形の名前だと知らないために、内包物が入っている水晶だと考え、同じような内包物入りだから、これもエレスチャルだろ?ということになってしまう。
それを仕入れた店も「エレスチャルというからエレスチャルなんでしょ?」と深く考えずに売ってしまう。
そんなことになっているんじゃないでしょうか。

詳しければサーペンティンをジャスパーだのオブシディアンだのと呼ばないでしょうし、クォーツァイトの染めたものが、堂々とアマゾナイトにはならないでしょう。
中には、ヒーラー自身がこの石をビーズにして欲しいとプロデュースする場合もありますが、そういうビーズはヒーラー(または会社)の元でブランド的に売られています。(シャーマナイトやレムリアンシードビーズ)

そういうものを仕入れて堂々と「エレスチャル」としてしまう。これでは勘違いの拡大再生産です。


削る前の石が「エレスチャル」と言えるごつごつ水晶ならば、できたビーズを「エレスチャル」と呼んでもいいかもしれませんが、(個人的にはエレスチャルという形に対しての名前の石を、削ってしまったら意味がないのでは……と思いますが)、今回見かけた「エレスチャル・ストロベリー」の場合、元の石は今回の写真のような「ファイアー・クォーツ」であると思われます。
そして、ファイアー・クォーツはエレスチャルの形状になることは少ないと思います。
さらに、見かけた水晶は、六角柱の形状がうかがえるものでしたから、エレスチャルの形状だったのではないことは明らか。

エレスチャルでもなく、ストロベリーと呼べない色合いのものを「エレスチャル・ストロベリー」と呼ぶ。
ちょっと無理矢理ではないでしょうか。


ターラの面影

tara

ブラジル産水晶です。
これも、青水晶の範疇にはいるでしょうか。
灰青色の……アンフィボール(角閃石)、もう少しくわしく言えばリーベッカイト(リーベック閃石)と思われるものが内包された水晶です。

このタイプの水晶は、内包物(角閃石を内包するに至った環境)のせいか、表面がマットな感じのものが多いです、
内包物は、写真のような、繊維状の角閃石がたなびくようにはいっているもの、全体に薄く内包され、水晶全体がうっすら色づいて見えるもの、繊維状よりもっと太い針状で内包されているものなど、いろいろバリエーションがあります。

この、光によって灰色にも青にも見える微妙な色合いと、角閃石が作り出す、不思議な表情が、この石の魅力です。
「他とは違う」という特徴は、多かれ少なかれ人の目を惹きつけ、他とは区別されます。
そして「特別」なものには名前が付けられて、さらに特別扱いされることになるわけですが、この水晶に対してつけられた名前は、どうやら「ターラ・クォーツ」であるようです。

ターラとは、チベット仏教で厚い信仰を集めている、ターラ菩薩のこと。
ターラ菩薩は、観世音菩薩が流した涙が蓮の花となり、その蓮から生まれたとされる女性の菩薩で、右の目から流れた涙から生まれた白ターラは、この世のあらゆる苦しみを見つけ、救いの手を差し伸べることから無病息災・延命長寿などの御利益が、右目から生まれた緑ターラは活動的な面が強調されていて、招福・財運などの願望成就の御利益があるそうです。

ブラジルの水晶にどうしてチベットの菩薩の名前が付いてしまうのか……とは、いうだけ野暮かも知れませんが、もっと不思議なことがあります。
ターラがターラ菩薩ならば、色のバリエーションは白と緑。
水晶でも「ホワイトターラ・クォーツ」「グリーンターラ・クォーツ」の名前を見かけたことがあります。
……が、今回ネタにするにあたって改めて検索してみたら、海外サイトでぞろぞろ出てくるのはホワイトでもグリーンでもなく「ブルー」

ブルーターラ・クォーツなのです。

国内でもこの名前は使われていて、今回の写真のような石を「ブルーターラ・クォーツ」と呼んでいるようなのですが、海外サイトの「ブルーターラ・クォーツ」は「インディゴライト入り」を指しているのがほとんど。
青い内包物の水晶をひろく「ブルー・ターラ」と言っているのではなく、どうもインディゴライト入り青水晶=ブルー・ターラ・クォーツという感じです。

確かに青でブルーターラならぴったりですが、ブラジルにチベットの神様(菩薩だけど)の名前、しかも色は本来ないはずの青。さらに日本とアメリカでは内包物の種類が違う。
いったいなぜ?




銀のヒマラヤ

楽天ブログでは、「ヒマラヤ水晶が好き、ロシア水晶が好き……」とブログ紹介していたのに、このブログでは、両方ともまだ一つも登場していない!
こりゃいかん、と思った私に呼応するように、カッコよく写ってくれた石があります。

頼りになるぞ、ガネーシュ(笑)!

銀のヒマラヤ

ガネーシュヒマール産水晶のクラスターです。
これはもうかれこれ3年以上前に買ったものですが、なかなか納得できる写真が撮れず、登場の機会を得られずにいました。

ガネーシュヒマール産らしい先細り結晶が、あっち向きこっち向きに生えているクラスターで、よく言えば自由奔放、悪く言えばまとまりに欠けるフォルム。
そのために、肉眼で見るとあれこれ魅力たっぷりなのに、写真に撮るとなると、なかなかこれというショットが得られません。

写真に撮るからには、その石の一番美しいところを、一番、その石らしいところを写してあげたい。
あるいは、「私はこの石をこう見ているぞ」という雰囲気を写したい。
そのために、同じ石を何度も何度も写しています。
その石らしさを見つけるため、石をいろいろな角度から見ることになり、結果として思っても見なかった石の表情を見つけたりもします。

さて、この石の最大の特徴は、すべての石にシルバーというか、パールホワイトの角閃石(ルチルに見えますが、これは角閃石だと思います)がぎっしり内包されていること。
一緒に大きめの長石の結晶もくっついていて、この長石にも角閃石が内包されています。

この銀色の角閃石のおかげで、緑泥が付着し、自由奔放に結晶が伸びたワイルドなようすでありながら、どこか静謐な雰囲気……それを写したい。
ところが、メインの結晶が横に寝ているので、それを写そうとすると全体がだらりと伸びた感じになってしまいます。
いわゆる「きれいな石」ではないけれど、ヒマラヤらしい力強さを持つ石。
だらりと伸びたようすではうれしくない。

「……当たり前に置くから、だらしなく見えるんじゃないか? メインの結晶を立ててみたらどうだろう」

ふとそう思って、手作りピラミッドクッション(石を置くだけでなく撮影小物にも使える優れもの♪)で石を立ててみました。
これはイケる!
さらに角度を微調整して、石の形と輝きが現れるよう、部分的に光を反射させてぱちり。
それが、今回の写真です。

うーん、これです、これ。
撮りたかった雰囲気はこれなのです。

単結晶では、ごく自然に石を立ててみるんですが、底面があるクラスターでは、ついついそのまま置きがちです。
やはり、クラスターもいろんな角度で写真に撮ってみなければ。

不思議なもので一度「これ!」という写真が撮れると、今までいまいちと思っていた角度でも、意外に良い写真が撮れたりします。

銀のヒマラヤ2

こちらが普通においた感じ。
左側手前の塊状のが長石の結晶です。
不透明ですが、水晶と同じように中にぎっしり角閃石が入っているのが見えます。


イエティ捕獲♪

変な石が好き。
変な「モノ」も好き。

で、捕獲(購入)しましたこんなモノ。

イエティ

身長8センチの「イエティ」
クリーム色の毛並みがもふもふ、ふわふわの……携帯ストラップです。
先だっての天珠ブレスのための赤いビーズ「ホワイトハーツ」を探しているときに、偶然見つけてしまいました。

真っ黒まんまるのつぶらな目。

「へ」の字なのにかわいい口元。

柔らかそうな毛並み。

そしてイエティ。

イエティといえばヒマラヤ。
1951年、イギリスの登山隊によってイエティの巨大な足跡が撮影されたのは、ネパール・ヒマラヤの中でスモーキー・クォーツを産出するガウリシャンカールだったそうです。

イエティはヒグマのことだった、というのが定説になっているようですが、最近、日本のイエティ探索チームの「イエティ・プロジェクト・ジャパン」が、20センチくらいのイエティのものではないかという足跡を発見したそうで……。
でっかいゴリラのようなイエティはいなくても、もふもふ、ふわふわの小さいイエティが、ちょこまか駆け回っていたらかわいいかもー!

あまりのかわいらしさ、手触りの良さに、つい妄想がふくらみます。
是非とも携帯につけて一緒に出歩きたいところですが、このふわふわの毛並みが絡まったり毛玉になったりしそうで、ストラップとしては使う勇気が出ません……。

いい色の日

11月14日の「いい石の日」に続いて、11月16日は「いい色の日」なんだそうです。
色を取り上げたのは、新しいブログに移行して、ちょこっと色をいじっていたから。
その中で色の名前とHTMLタグが一目でわかるWEB色見本というサイトを見つけました。

おもしろかったのは「成分解析」
言葉を入力して、それが何%の何でできているかが出てくる、いろいろな「成分分析」がありますが、これは「色」。
入力した言葉がどんな色でできているか、その色とパーセント、そして成分の色すべてを混ぜるとどんな色になるか、和色、原色、洋色、パステルカラー、ビビッドカラーで解析してくれます。

ためしに「虚空座標」を漢字なので「和色」で解析。

虚空座標の和色大辞典での解析結果
http://www.colordic.org/analyze.php?q=%E8%99%9A%E7%A9%BA%E5%BA%A7%E6%A8%99&d=w
虚空座標の45%は水柿(みずがき)でできています。
虚空座標の33%は藍白(あいじろ)でできています。
虚空座標の16%は樺茶色(かばちゃいろ)でできています。
虚空座標の3%は唐茶(からちゃ)でできています。
虚空座標の3%は青藤色(あおふじいろ)でできています。
虚空座標の解析結果を調合すると#cdb4abになります。


もういっちょ「Void Mark」を「洋色」で解析。

Void Markの洋色大辞典での解析結果
http://www.colordic.org/analyze.php?q=Void+Mark&d=y
Void Markの97%はサンドベージュ(sand beige)でできています。
Void Markの1%はシャドウブルー(shadow blue)でできています。
Void Markの1%はミスト(mist)でできています。
Void Markの1%はアイボリー(ivory)でできています。
Void Markの解析結果を調合すると#dad5d1になります。

おもしろかったのは、「KURO」を洋色解析してみたとき。

KUROの洋色大辞典での解析結果
KUROの57%はコーヒー色(coffee)でできています。
KUROの15%はレモンイエロー(lemon yellow)でできています。
KUROの8%はスプレイグリーン(spray green)でできています。
KUROの8%はピンク(pink)でできています。
KUROの6%はオーキッドグレイ(orchid gray)でできています。
KUROの6%はホーリーグリーン(holly green)でできています。
KUROの解析結果を調合すると#988661になります。
……ということで、コーヒー好きの私は、約6割がコーヒー色! わはは。

いろいろ解析して、出てきた色でホームページを作ってみるのもおもしろいかも。
入力した言葉でストライプを作ってくれる機能もあります。






地味石の正体は?

先日来、たくさんの方にご参加いただきました「ザ・地味石選手権」
たくさんの回答が集まりましたので、回答&正体発表ページをアップしました。

皆さんの回答はこちら
石の正体発表はこちら

皆さんの意見を見てみると……

「気になる石」ベスト3
一位

二位

三位


「買うならこの石」ベスト3
一位


二位

同率二位


どうやら、気になる石と買いたい石は別のようです。
回答で見ていても「気になる」と「買いたい」が同じ石というケースは意外に少ないようでした。
もうちょっと一致するかと思っていたんですが。

個人的に想像するに、「買いたい」方は、どうも「わかる石」なんじゃないかと……。
いったい何か正体不明の石よりも「これは○○石」と判断できる(想像できる)というのが「買う」「自分の石にする」時に意外にウェイトを占めているのかも知れません。

まあ、実際「買う」となると「値段」という最大関門がででんと立ちふさがるわけですが、この関門が突破できるのならば、時には、名前や石の説明という「後付情報」ではなく、これが気になるという「感覚」に従ってみるのも、おもしろいのではないでしょうか。


St.Elmo's Fire

石にはいろいろ名前があります。
正式名称だけに限っても、クォーツ(Quartz)と石英のように英名(?)と和名があり、水晶のように習慣的に用いられている名前もあります。
そのほか、ムーンストーンのような宝石名、「山入り水晶」のような伝統的な通称、「○○翡翠」のような「お名前拝借」で物議を醸すフォールス・ネーム。「ジャカレー」などのような現地で呼ばれているトレード・ネーム、さらにはパワーストーンやクリスタルヒーリングにおける名前や小売りのお店サイドでつける「商品名」も混じります。

最後の「パワスト名」「商品名」については、個人的にはあまり印象が良くありません。
たいてい「名前の方が立派すぎ」「商売根性が透けて見えてます」な、がんばりすぎの名前が多いからです。
「商品管理のために適当に付けた名前」に至っては、サーペンティンがグリーン・オブシディアンだったりで「ちょっとは正しくつけろ!」と言いたい。

その思いがつのって、別館サイトの「石の雑学辞典」を作ることになったわけですが……何事にも例外というものはあるもので。
小売りのお店がつけた「商品名」。
もしかしたら、ちょっと誤解……というか説明がややこしくなるかも。
そんなハンデを背負いながら、
ぴったり! これしかないでしょう!
ぜひともこの名前で呼びましょう!

……といいたい名前が付けられた石があります。
それはコレ。

セントエルモ

その名も「St.Elmo's Fire(セント・エルモの火)」

セントエルモの火というのは、悪天候時に静電気などによって、とがったものの先端に発生することがある発光現象のこと。
その昔、帆船のマストなどに出現したことから、船乗りの守護聖人・聖エラスムス(聖エルモ)にちなんでこの名前で呼ばれるようになったそうです。

実際のセントエルモは、青白い炎のような発光現象だそうですが、水晶の中に燃え上がるのは、アメジストを伴ったゲーサイトの赤。
結晶の中心部分にアメジストの色合いがあり(ない場合もある)、そこから外側へ放射状に赤いゲーサイトが内包されていて、光の当て方によってはきらきらと輝き、あるいは赤々と燃えるような色彩を見せます。
水晶そのものの外見は、部分的にスモーキーの色合いを持つ、ごつごつとした形の、いわゆる「エレスチャル」なものが多く、ちょっと見ただけでは赤黒い感じの地味な石。
塊状のものも多いので、結晶形を保ち、かつ「炎」がきれいに見える石は、かなり少ないようす。

ところで、写真の石を見た方の中には、
「……スーパーセブンじゃないの?」
と、思われる方もいらっしゃるかもしれません。

あっさり言ってしまうと、スーパーセブンです。
詳しく言うとややこしいので、ここでは述べませんが、名前についていろいろ理屈をこねる私が、産地と、その流通と、内包物のようす(種類ではなくて量の多さ)を見て、「スーパーセブンと呼んでもいいんじゃないか?」と思っています。

で、このスーパーセブン、名付け親が有名なクリスタルヒーラー、A・メロディ氏だけあって、「透明・スモーキー・アメシストの3種類が混じった水晶に、ルチル(金紅石)、ゲーサイト(針鉄鉱)、レピドクロサイト(鱗鉄鉱)、カコクセナイト(カコクセン石)の4種類の鉱物が内包されたもの」という有名な外見的条件(七種類の鉱物から成るという表現は正しくない)のほかにも、いろいろ「パワー説明」があります。
いろいろ難しい言葉が並ぶ説明なのですが、その中に

「嵐を鎮めて船乗りたちを守る、「セントエルモの火」を起こす石」

という一説があります。同時に

「たいまつ」の石である」

という説明もあり、想像するに「クリスタルワークにおける道しるべの光」、あるいは「瞑想などで自己の中心・基点となる力・波動を持つ」というような意味のことだと思うのですが、「セントエルモの火をおこす」と言われても、普通に売られているスーパーセブンの原石・カット・磨きを見る限りどこからそんなイメージがくるのか意味不明。

「さすが、ヒーラーの言うことはひと味違う?」

と冗談にしていたんですが、今回の写真のような石ならば。

……あ、一つ補足しておきますと、写真の石は結晶の先端に白い濁りがあり、写真ではその白さが目立ってしまい、「炎」がきれいに見えません。
ついでに、私の財布の中身が許す程度の石なので、「セントエルモの火」の中ではちょっと控えめ。もっと「炎」な石は、ちゃんと(知人のところに)あります。

とにかく、放射状に赤いゲーサイトが内包されたこの石を見て、「セントエルモの火」のネーミングに大いに納得
スーパーセブンの説明の中の「セントエルモの火」とごちゃごちゃになってしまう危険はありますが、この石だって一応スーパーセブンだし、一目瞭然の強みがあります。

スーパーセブンに含まれるゲーサイトは、黒っぽいものが多いです。赤いゲーサイトが内包されているものをセントエルモと呼んでいることもあると聞きましたが、ネットなどでは確認できないので、お店のオリジナル・ネームと言うことにしておきます。
このタイプのスーパーセブンに「セントエルモの火」と名前を付けた石屋さんも、
「赤いゲーサイトが入っている程度やスライスではセントエルモの火と言えない。放射状で、石の中でもえあがるようなものじゃなくちゃ」
というイメージでつけられたのだそうで、その感性に乾杯!

「他とは際立って違う何か」を持つからこそ、特別な名前を付けて区別し、特別な名前によってイメージをふくらませ、イメージによってそのものに「力」を吹き込む。
「名付けの魔法」の基本です。
「魔法」という言い方がふさわしくないのなら、「心の力に意味を持たせる」とでも。
見方を変えれば、この石には少なくとも私の心を揺さぶるだけの力があると言えますね。

石のパワーがあるかないかはさておき、「魔法」という言葉を使ってでも言い表したい魅力ある石であることは確かです。
私を含め、よく似た石好きの石仲間は、そろって「セントエルモの火」に陥落、後日、石仲間で集まったときには、誰が言わなくても「セントエルモの火」を持ち寄ってしまうほど。

調子に乗って写真をもう一枚。

セントエルモ2





最後に……。この雑記で興味を持って「セントエルモの火 水晶」で検索される方がいらっしゃるかもしれません。
ブレスレットも出てきますが、原石のショップサイトはそんなに多くありません。もしかしたら一つ?
ブログでは、お店の名前は、極力出さないようにしているんですが……そのサイトを見ると、たぶんばれてしまうと思うので、先に白状しておきます。


ブラジル水晶の専門店 クリスタル・クロニクル

いつも大変お世話になっているお店で、ネットショップをオープンされるのに際し、石の写真「だけ」私がお手伝いさせていただきました。
たぶん、写真を見るとばれることでしょう……。
どの石も私好みで、見るだけでもうれしく、気合いを入れて撮りましたが、石の魅力が伝わらないとしたら、それは私の写真のウデのせいです。

いい石の日

11月14日は、「いい石の日」なんだそうです。
それをねらったわけではありませんが、石友達と石屋めぐりしてきました。
原石好き、しかも似た種類の石が好きな石仲間ですが、少しずつ注目するポイントやはまるツボが違う上、原石以外の好きなものが違っていたり、やっぱり似ていたりするので、原石はもちろん、磨きも、石ビーズも、ガラスのアンティーク系ビーズまで連続はしご。

好きな石については、調べること探すことをいとわない仲間なので、例によって、店の隅から隅まで「掘り」、さざれの粒まで吟味する勢いで、石についての疑問も、たいていは仲間内で解決。
一人で石を探すのとは違い、勧めたり勧められたり複数の眼で探すので、楽しさ倍。
「来月は(本命の)池袋ショーだよ~」
と言いながら、欲しい石が出てきてしまうのは、当然の成り行きです。
セーブしたつもりでも、やはり……。

あそこにあんな石(やビーズ)があるのが悪い。

……そういうことにしときます(逃避)。

二つの音

石好き、天珠好き、そして実は「音モノ」好き。
「鳴り物好き」でもいいんですが、「鳴り物入り」とか、いろいろ別の意味も含まれそうなので、「音モノ」ということにします。

何が好きかといいますれば、ティンシャ(チベタン・シンバル)とか、ドニパトロ(シンギング・ボウル)とか……チベットもの。
石好き(しかもヒマラヤ水晶好き)で、チベットの音モノが好き、というと「はは~ん……」と、ヘンに頷かれてしまいそう……。
俗に言うスピリチュアルな側面への興味は否定しませんが、この音でチャクラがナントカとか、石の浄化のためにとか、そういう「実用」のためではなく、そちらは「そういうことがあったら楽しいね」程度。
思いがけないものから思いがけない音が出る。
そこが第一の「ツボ」なのです。

だって、ティンシャのあの形を見たら、まずはシンバルに似た「ガシャーン」というような音を想像しませんか? それが、あんな澄んで響く音が出るなんて。
シンギングボウルも、仏壇のお鈴のように鳴らす「ごーん」という音は想像がついても、縁をスティックでこする方法や、そこから出るあの音は「想定外」。

そしてある意味この「ガンター」も想定外。

ガンター

ガンターというより、「チベタンベル」の方が通りがいいでしょうか?
「ベル」の名の通りのものですが、柄には仏像のような模様が刻まれ、先端は五鈷杵になっています。
もともとチベット密教の法具で、「女性原理が」を表し、右手に「男性原理」を表す金剛杵、左手に金剛鈴を持ち、セットで扱う……んだそうですが、法具ではなく「鳴らすもの」として買ったので、セットではありません。

さて、このガンター、もちろん普通にはベルとして振って鳴らします。
金属なので、よく鳴ります。くじ引きの「当たりが出ました~」の合図のように鳴らしたら、とんでもないことになります。
そしてもう一つは、柄を持ってベルを静かに下げ、木のスティックで縁をこする、上下逆ですが、ちょうどシンギング・ボウルと同じように鳴らす方法です。

最初は、シンギング・ボウルはともかく、こんなベルがそんな方法で鳴るものか、と思いましたが、鳴ります。
シンギング・ボウルのように無音の状態からこすって音が出始めるのではなくて、一番最初はスティックを軽く当てて鳴らし、その音を縁をこすることで増幅する感じです。
その音は、シンギング・ボウルに似て、音調は高め。
ボウルと違う形のためか、音がどこから出てどう広がっていくのか、ちょっとわかりにくくもあります。
この方法だと、ベルを鳴らすための中の「舌」が不要になってしまうので、ちょっと邪道なような気もしますが、いい音です。

そして、「音」でひとつ発見!
伝統の「打ちのばし式」、つまり、溶かした金属を型に流し込んで作るのではなく、金属の板をたたいてのばして丸めて作るシンギング・ボウルにはもう一つの音があることがわかりました。

シンギングボール

打ちのばしのアンティーク・タイプのシンギング・ボウルは、流し込み方式(鋳造)の普通よく見かけるタイプのシンギング・ボウルとは、音が違います。
ずっと薄く軽いボディが、スティックでこする振動を増幅し、共鳴し、持つ手がしびれるほど振動しながら、地を這いそこからわき上がるような低音を響かせます。
この音が好きで鳴らしていたら、低音に隠れるようにもう一つ、対照的な高い音が鳴っていることに気がつきました。

つまり、高い音と低い音が同時に鳴っている。

以前、シンギングボウルの演奏者が、一つのボウルで異なる音色を演奏仕分けていたのを聞いたことがある……という話聞いたことがあります。私は、その音を演奏しわけたのを実際聞いたことはないのですが、一つのボウルで二つの音が同時に鳴っているのなら、鳴らし分けることも可能では?

こすり方(早く or ゆっくり)や、スティックの先端でこする、根本でこするなどいろいろ試してみて、コツはボウルの持ち方にあることに気がつきました。
普通、ボウルは何かの上に置くか、手で持って鳴らします。
手に持つ場合は、広げた掌にのせる感じです。これを指を曲げて包み込むように……ちょうど、ボウルの舌四分の一くらいを指で包む……その部分の振動を指先で止めるような感じで持つと、あら不思議、低い音が消えて高い音だけが響くのです。
指を伸ばしてボウルを振動するままにすると、低い音が出始めます。
その差は歴然。同じボウルとは思えません。

百発百中で分けられるわけではありませんが、確かに二つの音を別々に鳴らすことができました。

鋳造式ではできなかったので、これはボウルがびりびり振動する、アンティーク・タイプだけの特徴なのでしょうか。

こちらに一時移行

いよいよ楽天ブログとパソコンの仲が険悪になってきました。
表示するのに時間がかかり、表示されても写真が表示されない。
ログインすればまた時間がかかる。いったいなんなんだ……(涙)。
……というわけで、こちらのブログに一時移行します。

これまでも並立してきましたが、こちらに一本化。楽天の方はしばらく更新停止です。
新ブログでもどうぞよろしく~!

紅葉ガーデン

暦の上ではすでに冬。
いや、実際にもここ数日やたらに気温が低く、「冬」と言いたい感じです。
そして、晩秋から冬にかけては紅葉で山が彩られる季節。


もみじ1

ブラジル産ガーデン・クォーツです。
いろいろたくさんあった中から、色合いの鮮やかさで選んだ2センチほどの小さな石。
黄色~オレンジ~赤の色合いは、まさに「紅葉」。
この石は、ポリッシュ(磨き)です。普通、磨きのポイントは、すっきり単結晶の形に磨かれていることが多く、ツイン(2本くっついたもの)やクラスター(群晶)などの形が複雑なものはほとんど見かけません。
逆に、複雑な形であるか否かで、表面が軽く磨かれている可能性があるかどうかの判断をするポイントにもなるのですが、この石の場合、二つの結晶が段違いにくっついたというか、すっきり単結晶の形ではなくて、柱面に明確な段差があります。
しかも、ガーデンになっている部分は裏側が穴になっていて……つまりは、かなりの磨き残しがある石。
じゃまに引っかかる部分を削り落とせば内包物のようすが損なわれるし、そのままではきれいに磨けない。
でも、最終的には石の表情を優先して、磨きにくい形を無理に磨いたように見受けられます。
中には、「磨けばいいってもんじゃないぞ」といいたい、変な形もあります。
私も、ファントムが逆に入っている磨きのポイントを持っています。

ですから、磨き残しがあっても、この石を磨いた人はきっと、単なる仕事で機械的に磨く作業員ではなく、こうすれば、きれいになるぞと工夫する、石好き職人さんだったに違いない……そう思いたい。

そして、この石の特徴はもうひとつ……。

パイライト入り。

もみじ2

かなり黒っぽくなっているけれど、きれいな形のパイライトが内包されています。

うねる

うねる

またまた異形のブラジル産水晶です。
触像……ということで見せていただいたんですが、KURO的判断では、たぶん成長丘……レコードキーパーの一種ではないか、と思っています。
写真に写る錐面だけでなく、全体の印象もかなり荒々しい、傷だらけというわけでもないのにあちこちに古傷を刻んだ印象を与える石で、そこらへんが触像と思わせたのでしょうか。
……と思っていたら、うっすら逆三角形も見て取れたので、くっきりとした成長丘を持つ水晶が、さらに軽く触像を受けているのかもしれませんが、この石の持つ表情の大部分は触像によるものではないと見ました。

うねる2

ご覧の通り、一番大きいメイン・フェイスに浮かぶ、蛇行し、うねるような蛇のような龍のような文様が目をひきます。
これは、凸状三角形の成長丘(レコードキーパー)が連打されているもの。
指でさわればはっきりと凹凸がわかる、荒々しい表情です。

そのほかの面にも成長丘が連打され、まるで鱗のように見えている部分もあります。

うねる3

このようなテクスチャをまとう水晶は、普段見かけるシャープで美しい「鉱物」や「クリスタル」ではなく、見ていない間に形を変え、もしかしたら自分の意志でどこかに身を隠してしまいそうな、人慣れない野生の生き物めいた雰囲気があります。

私は、パワーストーンというのは、石を持った人が自分自身が選んだ石をパワーストーンとして見る、扱う、接することによって、「パワーストーンになる」のだと思っています。
「パワーストーンにする」というのは、石に何らかの力があると言う前提で願いを込めたり石からの波動を感じるなどの相互作用を持ち、石の力の効果を期待・注目する側面で石に接することだと解釈しているので、私の石はパワーストーンというのとはちょっと違う(力はある/あって欲しいけど、効果は別に気にしない)と思うんですが、仮にパワーストーンとして扱ったとしても、素直にその枠に収まってくれそうもない、自らの石……というか、独立した存在感を持つ、個性的な石なのです。

変な石好きの私は、この強烈な個性にノックアウト。

カメラを向けながら、思わず「貫禄ありますなあ……」とつぶやいてしまいました。

深みにはまると見えてくる

何日かぶりで石雑記。

セプター・シトリン

ブラジル産水晶です。
説明しようとすると、ちょっと複雑です。
まず、ぱっと見た目はエレスチャル? それともカテドラル。
見る人によって意見が分かれそうです。
それでいて色合いはなんだか黄色っぽいような。

順番に説明すると、この水晶、根本から中心部分にかけてがシトリン。
その上に半透明白~うっすらスモーキーがセプター状に被さっていて、被さっている部分がごつごつ複雑な形状をしているのです。
長さは10センチほど……たかが10センチとはいえ、がっちり太さがあるので、実物を見ると、けっこうな存在感を持っています。

この石は、形と色に魅力があるので、形を浮かび上がらせようと、ごつごつした結晶面に光を反射させると色の写りが損なわれ、色をきれいに見せようと光に透かすと、形の複雑さがうまく表現できません。
今回はちょっと色重視で写してみましたが、形はもっと不思議できれいなんです~!

マグマに焼かれた深い赤

先日、家の付近をほてほてと散歩しておりましたらば、服や雑貨、そしてヒマラヤの岩塩ランプを売っていたお店が、岩塩の量り売りを始めていました。
ふーん……と、のぞいてみると、なかなかお値打ち(たぶん)。
ピンク色の岩塩と、赤黒い岩塩を扱っています。
粉末状から細かいかけら、大きなかけらと大きさもいろいろ。
湿気ないよう大きなガラスの瓶に入れられた岩塩を眺めていた私は、あることに目をつけました。

「すみませーん。少量でも売っていただけるんですか?」
「ピンク、赤それぞれ100gからになります」
「大きめのかけらが欲しいんですけど、選んでいいですか?」
「はい。こちらの容器にお好きなのをとって、こちらで計ってみてくださいね」

私としては親指と人差し指で作った輪くらいの塊でよかったんですが、それでは100gにならなかったので、ころころ4つほどを選びました。

「これでお願いします」
「はい、○○○円になります。お風呂に入れられるんですか?」
「ええ、まあ……」

……鉱物標本として欲しいなんて、買おうと決心したのが、
赤黒い岩塩の中に、結晶面があるものがあったからだなんて……言えません(笑)

岩塩というと、ふつうは白、鉱物標本ではピンクだったり青いものが知られています。
しかし、「ヒマラヤ岩塩」と呼ばれるものは、白~ピンク~そして赤黒。
赤黒いものには、「ルビー・ソルト」の商品名がつけられています。

ルビー・ソルト

結晶面があり、うまくすると透けるかも……と選んだ塊を早速撮ってみると……おお、見事に深紅!
これが、湿気で溶けなければ、石としておもしろいものなんですが。

さて、この「ルビー・ソルト」興味を持って調べてみると、とても「おもしろい&あやしい」
おもしろい、というのはこの岩塩の成り立ちが、ヒマラヤ山脈誕生に関わっているから。
あやしい、というのはあちこちいろいろ商品説明を読んでいると、いろいろ怪しく矛盾した記述が見られるからです。

まず、おもしろいと思ったところをまとめてみると……、
ヒマラヤ岩塩の素は海水です。

ヒマラヤ山脈およびチベット高原は、インドがユーラシア大陸にぶつかり、下に潜り込み、ユーラシア大陸の縁を押し上げるような形で生まれました。
このとき、インドとユーラシアの間にあり、インドの接近によって徐々に浅くなり、ついには消えてしまった海があります。
それは「テチス海」といい、かつてテチス海の底であった部分は、インドとユーラシアの間に挟まれて押し出され、ヒマラヤ山脈の一部となりました。

つまり、ヒマラヤ山脈はかつての海底であった部分でできているということ。
ネパールで海の生き物であるアンモナイトの化石が取れるのはこのためです。
テチス海が消え、インドとユーラシアが激突する際、海水もその地殻変動に巻き込まれ、その塩分が岩塩になった……というのです。

で、地下深くでマグマに熱せられ、硫黄などのミネラルを大量に取り込み、結晶したのが、ルビー・ソルト(赤黒い岩塩)、比較的上層部でできたのが、ピンク色の岩塩なのだというのです。

今回買った岩塩はパキスタン産とのこと。
赤黒い岩塩はネパール産の表記も見かけますが、この場合は、同じ場所から、取れたものが、採掘の深さによって色が違うのだ……と考えた方が良さそうです。

だって、こんなに見事なグラデーション!

岩塩グラデーション

地下深くでとれたものほど、赤いだなんて、ちょっとできすぎです。
未だ熱い創世の炎の色……なんて。


さて、話は一転「あやしい」方へ。

ヒマラヤ岩塩は、ヒマラヤ山脈誕生に伴って、テチス海の海水が地面の中に取りこまれてできた。
まあ、これはいいでしょう。
厳密に言うと細かい部分で違っているかもしれませんが、おおざっぱには正しそうです。

で、「ヒマラヤ岩塩」の説明書きをいろいろ拾っていくと
◆1:ヒマラヤ山脈の造山活動によって約4億年前に没したテチス海の天然岩塩
◆2:ヒマラヤ岩塩は、地球のマグマの熱により何億年も焼かれ続けたため
◆3:3億8千万年前の埋蔵岩塩 ~マグマによる結晶~
 ヒマラヤ産の岩塩の取れる場所は……(略)……インド亜大陸を載せたインド・プレートが北上を続けてユーラシア・プレートに衝突し、テチス海の海底であった地殻が両方のプレートに挟まれて、4千万年前以降に形成されました。
◆4:パンゲア超大陸が3億8千万年前に分裂し、その一部であるインド大陸が……(略)……その地殻変動によって、土壌や海水がマグマの高温(1000度)で結晶化され堆積しました
◆5:マグマの熱で赤く変色したもので
◆6:約3億5000万年~8000万年前に海底が隆起したときにミネラル分が結晶化して形成された岩塩で、マグマの熱により数億年焼かれ続けた……
◆7:ヒマラヤ山脈が隆起した際にマグマの熱で海の成分が一気に熱せられ結晶化したという……
◆8:ヒマラヤ岩塩は、今から約40億年前に地球の地殻変動で海水が陸に閉じこめられ、水分が蒸発濃縮されて結晶化し、さらに長い年月をかけて堆積して3億8千万年前に岩塩層となったものです。
◆9:推定8億年前は海の底だったヒマラヤ山脈は、パンゲア超大陸が約2億年前に大分裂し、その一部のインド大陸が……(略)……際前面にあったテチス海の堆積物を巻き込み隆起して出来たのがヒマラヤ・チベット高原です。そして、隆起したテチス海がマグマ熱により結晶した塩の化石が天然岩塩」です。
地質学説によると推定3億8千年前よりテチス海にあったマグマ熱により結晶しはじめ、衝突の際堆積物の中に埋蔵されて……

……これくらいにしておきましょう。
ざっと拾っただけでほら、あやしい。
まず、ここに名前の出てくるパンゲア、テチス海、ヒマラヤ……のキーワードで、流れをざっとまとめてみます。

一番古いのは、パンゲア。
地球上の陸地がほぼ一カ所に固まっていた時の超大陸の名前です。
パンゲア大陸の誕生は約2億5000万年前。
しかし、この巨大な大陸は約2億年前から再び分裂を始め、北のローラシア大陸、南のゴンドワナ大陸に分かれます。ローラシアとゴンドワナの間の海がテチス海です。

このころ、ユーラシアは北のローラシア大陸の一部(ややこしい……)。インドはゴンドワナ大陸の一部でした。
その後、約1億年前~8000万年前くらいに、アフリカからインドが分離、プレートの流れに乗ってテチス海を北上、5000万年前~3500万年前にユーラシアに激突、ヒマラヤ山脈が誕生しました。

面倒ですが、ヒマラヤ岩塩の説明と見比べてみてください。

まず、◆1。4億年前にテチス海は、ありません。海はあってもテチス海と呼ばれていません。パンゲア大陸だってまだです。
◆2。「マグマの熱により何億年も焼かれた」……このフレーズは、あちこちで見かけるんですが、謎です。
テチス海が陸地化したのは、5000万年前くらい。
どうみても「~億年前」は海水じゃぶじゃぶだったはず。ヒマラヤ山脈の影も形もないころ、ヒマラヤ岩塩はどこで、マグマにこんがり焼かれていたのか。
まあ、大陸を乗せたプレートが地中に潜り込む際、海水も一緒に引き込まれて地中深くで海水溜まりを作っている……という話もあるようですが、ヒマラヤ岩塩がそれだというのなら、「テチス海の……」という説明は間違いになります。
ヒマラヤ山脈誕生の仕組みを見ている限り、プレート引き込みによる海水溜まりが採掘可能な深さまで押し上げられることもなさそうです。
◆3。岩塩が4000万年前以降にできた、というのは賛成ですが、小見出しの3億8000年前というのが意味不明。古く見せたいからとしか思えません。
◆4。パンゲア超大陸が3億8千万年前に分裂……存在しないパンゲアが、どうやって分裂するのでしょう?
◆5。マグマに焼かれたから赤いわけではないと思います。
◆6。約3億5000万年~8000万年前に海底が隆起したとき……岩塩が取れたヒマラヤ山脈は、どう古く見積もっても、8000年前は海底でした。
◆7。マグマの熱で海の成分が一気に熱せられ……何千万年単位でじっくりじわじわ隆起した山脈のどこの話でしょうか?
◆8。これは、ヒマラヤ岩塩の話じゃないのでは。つっこむ気にもならない変な話です。
◆9。推定3億8千年前よりテチス海にあったマグマ熱により結晶しはじめ……パンゲアよりも古くから、まだ海水じゃぶじゃぶの海の底で、マグマの熱で岩塩が結晶化? それらしく書いていますが出てくる数字(年数)は、かなり意味不明なものばかり。その「地質学説」とやらを見てみたいものです。

……岩塩の成り立ちに関する年数だけ拾ってもこの有様。
特に変なものばかりを拾ったのではなく、目についたものを簡単に集めたものなのに……。
そのほか、還元力だの、トルマリンばりの「マイナスイオン」だの。
いいのか、これで……。
それとも、私の理解が間違っているのでしょうか?

Himalayan Quartz & White Heartz

ビーズ続きで失礼します。
赤いビーズがまだあるので、もういっちょ。

ホワイトハーツ2

ネックレスにしてみました。
ブレスレットなら、これからの季節は袖口に隠れますが、天珠を首から提げるとめちゃくちゃ目立ちそうなので、赤いホワイトハーツとヒマラヤ水晶のさざれを3つつかい、細くてシンプルに仕上げました。

直径2ミリほどの小さなビーズなのにしっかり自己主張するため、
「やっぱり、左右非対称に」
「天珠は入れられないけど、代わりに小さめの天眼石をこっそり」
「同じ赤でも、珊瑚を入れて変化を」
……という、最初のもくろみをすべて放棄。
左右対称、ひたすらシンプルを目指しました。そうでもしないと、御し切れません。この赤。
むしろ、単調にならないよう混ぜ込んだ金属ビーズで、赤の色味を薄めなければならないほど。
おそるべし、ホワイトハーツ(笑)。

「あか」という言葉は、「あかるい(明るい)」「あかつき(暁)」などに「あか」が入っていることからもわかるように、「光」に由来する言葉、
英語の「red」は「血」、「赤」という漢字は「大きな火」を起源に持つのだそうです。

「光」「血」「火(熱)」。
それらは赤という色そのものと相まって「生命力」に通じます。

一方で赤という色は、厄よけ、魔よけの意味合いを持ってきました。
これは、何らかの「聖なるもの」の力で災いや魔を退けるというのではなく、生命力に満ちあふれたものには、災いや魔も寄りつけない、ならば「赤」の力を借りて、自らの生命力を奮い立たせ、よくないものを退けてくれよう……そういうイメージなのだと思います。

赤=生命力と考えるならば、心臓から送り出された新鮮な血液である動脈血が、鮮やかな赤であるように、濁った赤よりは輝くような赤こそが、力のある色。

だからこそ、不透明な白を芯にして、赤を鮮やかに発色させるという手間をかけたこのビーズが、多くの人々の心をとらえたのかもしれない……そんな風に考えました。

これからの季節、黒や灰色の服に映えそうです。
しかも軽い!(←普段の石ペンダントが大きすぎるから)

dZi & White Heartz

天珠話が長くなったので、分割です。

さて、天珠。
何かと言えば、ビーズです。
身につけるために、装身具として仕立てるために作られた形なのです。
(中には「違うだろ」といいたい、枕みたいに大きい天珠もありますが)
せっかくビーズなのだから使いたい!
が、……そうは問屋が卸さない、手強いビーズ、天珠。

まず、大きさ。一番よく見かけるレギュラー・サイズと言いたいものは、長さが3.6センチ~4センチ。
先日のパムテックよりは短いですが、それでもブレスレットには大きい。
もともと、天珠は首飾りにされていたようですから、この大きさなんでしょうが、ネックレスにするにも、この大きさ、この模様はインパクト大。
小さいサイズがあっても、今度は模様の好みと全体的なバランスがいまいちで、帯に短したすきに長し。
色つき瑪瑙に白(ベージュ~茶色)で模様を描いたタイプには、なかなかよい形、大きさのがあるのに、惜しいことです。

次なる難関は……あわせる素材。
これも、パムテックと同じように個人的好みだと思うんですが、私から見ると、石のビーズなのに石ビーズがあわない!
透明な石もだめ、不透明な石もだめ。丸いビーズはもちろん、さざれもあわない。
チャレンジしては玉砕を繰り返し、最近では「天珠はルースやタンブルと同じアイテムなのよ」といい加減さじを投げていました。

ところが、つい先日のことです。
アンティーク、民芸系のサイトを見て回っていると、……アジアやアフリカのアンティーク・アクセサリーの感じがとても好きなので。それに、アンティーク・ビーズに混じって天珠も扱われていたりします……ふと思いつきました。

これだ。これならいけるかもしれない。いや、いける。
その素材は手元になかったので、ネットで探していると、ほかよりもお手ごろ価格だったお店に、たまたま新しくアップされたのが、超・お手ごろ価格! しかも初回割引あり。
これは「作れ」という天のお告げ!……と勝手に解釈し、早速チャレンジしました。

私が天珠にあわせたもの……それは、真紅のガラスビーズ。

ホワイトハーツ

鮮やかな赤なのに、名前は「ホワイトハーツ」
これは、白い不透明ガラスを芯に、その上に透明感のある赤いガラスを巻き付け、赤の色をより美しく見せたビーズなのです。
このビーズは、1800年代~1900年代にイタリアのヴェネチアなどで作られ、アフリカ、アジア、アメリカなど世界各地に輸出され、人々を魅了したトレード・ビーズでした。
アンティーク・アクセサリーでも小さな赤いビーズを無数に連ねたものが見られます。

ボリュームとインパクトを持つ天珠に、ボリュームのある天然石ビーズをあわせるから難しいのかもしれない。
大きなものにあえて小さいものを組み合わせ、その対比でバランスをとってみてはどうだろう。

そんなことを考えたのです。

天珠がお守りビーズの歴史を持つのならば、ビーズも歴史を背景に持つものを。
そしてあわせる色は、赤。
天珠はチベットでは山珊瑚などと一緒に連ねられるように、赤と相性がいいようですし、(私好みの)天珠の色合いに負けないのは、やはり赤。
パムテックの場合は「木」の質感にあわせて渋いラインナップになりましたが、天珠は黒と白(~ベージュ)のコントラストが大きい色で、模様も大柄でモダン。
ならば、いっそ強い色あわせが合いそうです。

赤いビーズなら、ふつうに売っているじゃないか……それが、違うのです。
作ろうと思い立ったとき、まず最初に天珠をポケットに忍ばせて手芸屋に行きました。
そこで、ふつうに売られている赤のシードビーズに合わせてみると……。
透明赤のシードビーズ……意外に色味が暗い。
不透明赤のシードビーズ……色味が軽い。均一で、天珠のボリュームに負ける。
銀引きの赤(透明赤のビーズだが、糸を通す穴の中に銀色が入れてある)……きらきらしすぎ。

小さいビーズに天珠に負けないインパクトを求めようと言うのですから、やはり強く深みある色でなくてはならない。
そこで行き着いたのがホワイトハーツ。
芯に不透明白が入るので、赤の色が鮮やか。赤い層は透明なので、不透明赤のシードビーズのように色が軽くなりません。

買ってみたビーズは、贅沢を言えば、あとほんのわずか色が深く、透明感があれば……なのですが、やっぱりふつうのシードビーズとは一線を画す美しさ。
小粒(丸大と呼ばれるシードビーズと同じくらい)でも、全く天珠に負けません。

で、構想通りに天珠(お気に入りの色濃い天地天珠)を中心に、手作りのニュアンス豊かなカレン・シルバーでアクセントをつけつつアームの部分はホワイトハーツ三連でボリュームを。
ちょっと色が明るいので、真鍮ビーズを混ぜてトーンダウンをはかります。
天珠の反対側の金属パーツは、アクセントであると同時に、重い天珠に引きずられてブレスが手首で回転しないように、重さのバランス調整用でもあります。

そして、天珠の脇に、ぷっくり丸いガネーシュ・ヒマール産のさざれ水晶を一粒。
これは、もちろん、アクセントであると同時に、石好きのささやかな意地。
天珠とその歴史のルーツであるヒマラヤとを、イメージ的に結ぶもの。
透明パーツがなく、「閉じた輪」になってしまいそうなこのブレスレットの「呼吸孔」。

シノワズリというかアジアンというか……冬場、黒いセーターなどを着たときに、袖もとからちらりと見えるとおもしろいかもしれません。



dZi

ちょっと順序が逆のような気がしますがご容赦を。

昨日のパムテックに続きますは天珠。
実は私、天珠も好きです。

天珠

とりあえず、お気に入りの天珠を集めてみました。
九眼天珠、金剛九眼天珠(たぶん)、天地天珠、星辰天珠、龍眼天珠、一眼天珠、如意鈎天珠(あるいは如意天珠)……です。
石と同じく、意味に興味はあるけれど、選ぶ際に優先順位が高いのは「見た目」の方。
さて、この天珠、本物が偽物が……と言い出すと、石以上にやっかいです。

たとえば、水晶だと言いながら実はガラスという場合は堂々の偽物ですが、
アクアオーラのように表面加工した場合は?
放射線照射の黒水晶は、よく偽物と言われるけれど、染めの瑪瑙は?
ほぼ染めばかりのオニキスのビーズは?
石の名前や産地をごまかしていた場合は?
ごまかしじゃなくて、間違い、勘違いだった場合は?

……このように、石でも結構やっかいなのですが、天珠はビーズ。
繰り返しますが、瑪瑙(縞模様が顕著ではないのでカルセドニーと呼ぶ方が適切)に特殊な方法で模様を染め付け(焼き付け)たもの。
つまりは「加工が前提」であるうえ、その歴史から骨董としての価値や、お守りビーズとしての意味合いも加わるので、とても一筋縄ではいきません。

天珠は、その歴史が何千年もさかのぼるといわれます。
古代の人々が祈りを込めて作り、大切に伝えてきた歴史あるビーズ……となると、当然、そういうアンティークな天珠が欲しい! という人も多くなります。

が、ここで一つの落とし穴

ごくおおざっぱに言うと、
天珠の歴史は紀元前にさかのぼり、一度は製法が失われたものの、近年再び作られるようになり、1994年の航空機事故で生存者が天珠を身につけていたと語ったことから、ブームになったのだそうです。

ここで疑問なのが「近年」
あるお店で聞いたところ、ふつうアンティークと言われるのは100年以上たったもののこと。
ところが、天珠に至っては
「一度廃れて、再び作られるようになったタイプで、180年くらい古いのを見たことがありますね……」
とのこと。
復活天珠でさえ、アンティークの域に達しているものもあるというわけ。

再び作られるようになった天珠でも、丁寧に作られたものは十分きれいだと思うんですが、
「アンティーク(注:廃れる前に作られたもの、あるいはなるべく古いもの)の天珠が欲しい!」
……という要望に答え、あるいはそこにつけ込んで、古くいわくあるものに見せようという「演出」も、後を絶ちません。

ここで落とし穴その2
これは私が疑問に思っていることなんですが。

天珠の中には「老鉱石」、つまりベースの瑪瑙(またはカルセドニー)は古い石を使って作っています……という天珠があります。
そうかそうか、加工は現代でも古い石を使っているなら、新しい石で作られたものよりもアンティークに近いんじゃないか。

そう思ってよいものか?
石好きさんなら、このあたりでピンときてくださると思うのですが。

石が古いって?
そもそも石は成長するのに長い時間がかかるもの。
瑪瑙やカルセドニーでも同じです。

「老鉱石」と「そうではない石」があるとしても、「そうではない石」は、掘った時期が新しいというだけで、「老鉱石」を掘った後に結晶したものではないはずです。
単に最近まで大地の底に眠っていたというだけで、パワーストーン的に言うならば、それだけ余分に大地のエネルギーを受けていたということなんですが?

それとも、「老鉱石」は、製法が廃れる前、オリジナルの製法を知っていた人々が下ごしらえ(?)をした段階で残っていた石とか?
そんな説明はありませんし、天珠になっていない、ただの瑪瑙が何百年も保存されていたとは思えません。(翡翠などでは、加工途中のものが発見されたりしますが)
あったとしても「老鉱石で作りました」と売られている天珠の数をまかなえるほど多いとも思えません。

なんだか、聞こえのいい宣伝に思えるんですけど……。

そしてさらに考えたいのは、お守りビーズとしての天珠が古くなければいけないかということ。
これが神社のお守りやお寺の数珠、同じ目玉お守りであるトルコのナザール・ボンジュウ、あるいはキリスト教のロザリオ……厳密には「お守り」でなくても、まあ、「お守り」と見なされるもののほとんどは、古い形を守りながら、今現在も新しく作られています。

「骨董」としての価値と「お守りにしたい」という思い、パワーストーン(の一種)としてのパワーのあるなしを一緒くたにするのは、大変危険です。

これが正しい、間違いだとはいいませんが、いろいろな価値観がミックスされているものであることは確かなので、あふれる情報を冷静に判断し、自分の価値基準をどこに置くかを決め、相手や店の価値基準がどこにあるかを判断しなければならないでしょう。

で、私の基準。

実は、大変古いだろうという天珠を持っている人に実物を見せていただいたことがあるんですが、それはもう、なんというか、なるほど現代天珠とは別物だ……と思える存在感でした。

以来、その天珠の「雰囲気」が私の判断基準。
とてもとても年季の入った天珠には手が出ないけれど、新しい天珠でいいから、あの天珠に通じる雰囲気が欲しい。
すなわち
(1)白と黒の二色の染料を染め付けたもの。
(2)模様ははっきり(でも、マスキングしたような味気ないくっきりさではない)
(3)白と黒の色合いが濃いもの。
(4)模様はその起源が古いと思われるもの

天珠の製法には実はいろいろなタイプがありまして、古いものは白っぽい瑪瑙(またはカルセドニー)に白と黒の二色の染料をしみこませ、焼き付けていたようです。
しかし、今では白くしたカルセドニーに黒だけで模様を描いたもの、もともと色のついた瑪瑙(カルセドニー)に白で模様を描いたものなどがあります。
個人的には赤~茶色のカーネリアン(中にはガラスもあるんじゃないかと……)に、ペンキのような白い染料で模様を描いたタイプはちょっと……。
ビーズとしてはかわいいんですが、天珠という名前で呼ぶとなると、頭にはあの存在感ある天珠が浮かぶので、そのギャップが……。

それに、模様も古くは○と直線からなる、比較的シンプルなものだったと思うのですが、最近はいろいろ「新作模様」もある様子。
中には「ツチノコ」にしか見えないものもあったりします。
確かに天珠は古い歴史を持つビーズですが、「☆」マークや「龍」の絵を描いたものに天珠の歴史の説明がくっついていると、とても違和感があります。
最近見かける龍鱗とか、龍紋とか、火供天珠とか、ひび割れ模様の天珠も、最近見かけるようになったものだと思います。
少なくとも、私が見た天珠の専門書には、このタイプは一つも出ていませんでした。
まあ、「持っていると楽しい」気分になるのであれば、すべては個人の好みなんですが……。

木珠

天珠またはジー(dZi)と呼ばれるビーズがあります。
一言で言えば、チベットのお守りビーズ。
瑪瑙に特殊な方法で模様を焼き付けた、エキゾチックなビーズです。

その歴史は古く、起源はメソポタミアのエッチド・カーネリアン(カーネリアンに白いラインで模様を染め付けたもの)とも言われ、メソポタミアからアフガニスタン、インド等を経て伝わり、徐々に姿を変えて天珠になっていったのだと言われています。

そのため、エッチドカーネリアンや、線珠(ストライプ・ジー)なども天珠グループとして考えられています。
そして……天珠グループの一員には、こんなビーズもあります。

パムテック

その名はパムテック(プンテック/Pumtek)。
珪化木(ペトリファイド・ウッド)、もっと詳しくはオパール化した椰子の木を削り、天珠と同じ方法で模様を焼き付けたお守りビーズで、ミャンマーのチン族の間で特に大切にされてきました。
同じように古い歴史を持ち、一時期製法が失われたあたりも天珠と同じです。

天珠ほどにはメジャーではないのですが、ちょっと興味を持って手に入れ、ブレスレットにしてみました。
メインの長細いビーズと、手前の四角いビーズ、その向かって右隣のライン模様のビーズがパムテックです。

パムテックは一時期作られなくなり、20世紀初め頃からふたたび作られるようになったそうで、これも、再び作られるようになったタイプだと思いますが、お店の話では、アンティークではないけれど、最近の作でもない……とのこと。

実は、長いビーズは、見つけたときから気になっていたんですが、なんと、長さ4.5センチ。
「ブレスレットにするには長すぎるし」
「ネックレスにするにも微妙だし」
と、何のかんのと理由をつけて買わずにいたものの、やっぱり気になって買ってしまったもの。
一年くらい悩んでましたかねえ……(悩む値段じゃなかったんですが)

このビーズの魅力は、なんと言っても力強いジグザグ模様でした。
同じ模様のビーズはいくつか見たことがあるんですが、模様の緊張度が違う。
とても丁寧な仕事がされているのです。

パムテックというビーズは、聞くところによると「落雷のパワーが凝縮してできたビーズと伝承され、災難よけや外出先での幸運獲得に強い効き目がある」そうなんですが(※この説明は一カ所の情報なので、裏付けが取れていません)、この模様を見ると、「落雷のパワー」という言葉が、なぜか納得できてしまうから不思議です。

さて、惹かれてかってしまったものの、ブレスレットにするのは大変でした。
大きさもネックでしたが、もう一つの難関は「質感」。
実は堅いこの珪化木ビーズは、見た目木の表情を残しているだけに、石のビーズがあわない!
これは、個人の好みかもしれませんが、あわない。私には、あわせられない。
パムテックだけでブレスを作るだけの数はないし、あれやこれやととっかえひっかえあわせてみて、選び出したのは、茶色が混じった琥珀ビーズ、骸骨を彫り込んだボーン(骨)ビーズ、かなり以前にアジアン雑貨店で買った、ちょっと古い表情を持つアゲートのビーズ。

全体のトーンをそろえて、やっと一つにまとまりました。
かな~り地味ですが……。

お久しぶりです、番外編。

のんびり1

のんびり2

だって……そう見えるんだもん。

のんびり3

のんびり4

そりゃ。堅いでしょう、ラッキー君。
大きさはぴったりなんだけどね。


スター・ストーン

スター・ストーン

ミルキー・クォーツです。見た目はかなり透明。
一見ミルキーには見えなくて、先日紹介したレムリアン玉と並べて比べると、「あ、やっぱりちょっとだけミルキー?」と再確認するほど、ミルキー・っぽくありません。

ところがこの丸玉、スターが出ます。
六条の光の筋が交わる、スターらしいスターです。
スターが見える場所も2カ所と決まっています。

針状結晶が縦横無尽に内包されたタイプのミルキー・クォーツもスターが出ますが、こちらのスターは6条ではなく、もっと数が出たり、ふつう考える6の倍数ではなかったり、もっと奇妙なことに方向を問いません。
どの方向から見ても放射状のスターが見えるので、以下、このタイプを「どこでもスター」と呼ぶことにします。

スター・ローズクォーツのスターは通常6条、見える位置が決まっているスターなので、この「どこでもスタースター」の方が変なのですが、さらに奇妙なことに今回の、スタンダードなスターが出るミルキー・クォーツは、「どこでもスター」の石と同じ箱に入っていました。
それどころか、同じ箱の中のミルキー・クォーツには、スターがでるもの、出ないもの、「どこでもスター」のもの、そのスターがはっきりしているもの、ぼやけているもの、通常のスターのもの……といろいろなパターンのものが混じっていたのです。

ふつう、同じ箱に入った見かけが似た石は、まとめて仕入れられて、同じ産地から、あるいは、ほぼ同じ地点から取れた石である可能性が高いです。
ひょっとすると同じ鉱脈の石英塊から削り出されたかもしれない丸玉が、いろいろなバリエーションを示すのだとしたら……場所(部位)によって内包物の大きさが違い、内包物の大きさあるいは並び方の差が「どこでもスター」と「通常スター」の差を生み出すのかもしれません。
いろいろバリエーションを集めてみて、ひとつ、なんとなーく「両方」のスターを示すものがあるような気がするんですが……。
両方ばっちりではなく、かすかに両方なので、まだ確信が持てません。

透明な中に浮き出るスター。
実は謎がいっぱいなのかもしれません。
(今回の写真は、透過光によってスターを出しています)
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。