FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

記憶を拝借!(追記、判明しました)

昨日の、「色混じりガラス」を見たときに、「天然っぽくない混ざり方だなあ……」と思った理由石をひとつ。

透明黒曜石

オブシディアンです。
うっすらスモーキーっぽい色合いの透明な地に、墨流し風に黒い色が混じってます。
黒が幅広になっている部分には、ちょっと茶色も混じります。

このように、透明であってもモノトーン~茶色系の色合いです。
そして、墨流し風……と言いましたが、この模様、実は立体なのです。

細く黒い筋もように見えますが、これはたとえて言えば黒いフィルム状のものをたなびかせて、それを横から写している感じ……といえばわかるでしょうか。
黒い部分は細い筋ではなくて、厚みは薄いけれど幅がある、平面なのです。
そのため、角度を変えると黒い筋は太さが変わって見えてきます。
色の混じり具合がかなりシャープなので、スタイリッシュな感じがします。
これで、ペンダントトップにしたらかっこよさそう……。

この混ざり方は、Vidro na Terraのとは違う……。
あと、色いろいろ混じりの黒曜石がありますが、やはりどれも違います。
(詳しくはこちら

ところで……困ったことが一つ。
実は、このオブシディアンの産地を忘れてしまいまして……。
ヨーロッパ、東ヨーロッパの方だった……と漠然と記憶しているんですが、その先が記憶の彼方。
(※産地判明。アルメニア産でした)

同じようなオブシディアンが一時期いくつか売られていたように思うので、むちゃくちゃレアな物ではないと思うのです。
どなたか、同じようなオブシディアンをお持ちの方、産地に心当たりのある方、教えてください~。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム