INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

Origin

origin


先日の天珠風白黒アゲートをブレスにしてみました。

使ったビーズは、白黒と黒と透明と金属。
見事にモノトーン。色味なし。

最初は全く違うブレスでした。
白黒アゲートは、最初あう石ビーズが見つからなくて、ラクトゥという木の実ビーズと合わせていました。
そのほか、アンティークっぽい珊瑚も入れたりして、アジアンな感じに仕上げるつもりでした。

……が、さすがに大きい白黒アゲート、見た目にも物理的にもバランスがとれません。
アゲート部分が重すぎる。目立ちすぎる。
木の実ビーズでは支えきれないように見えてしまうのです。

何度も細かくビーズの並びを変えて調整を試みましたが、やっぱりダメみたい。
ここでラクトゥをあきらめ、これでどうだと引っ張り出したのがテクタイト。

真っ黒でオニキスに見える丸ビーズは、なんとテクタイト。LEDのペンライトを当てるとわずかに褐色に透けます。
実際は真っ黒ではないせいなのか、(天然)ガラスのせいなのか、写真ではそっくりに見えても、オニキスと並べるとほんのわずか色が浅く、つやが鈍い。
そこが不思議と白黒アゲートに釣り合いました。

テクタイトを持ち出した第2弾では、そのほかに小さい赤瑪瑙や、最初にも使っていた珊瑚を差し色として入れていました。
アジアンが合わないならいっそのことシンプルモダンでいこう!

……その路線は、結果的に間違っていなかったと思いますが……組み替えるほどに色味が消えて、とうとう完全モノトーン。
潔し。

しかし、メインのアゲートが大胆白黒模様のうえ、かなり金属ビーズをはさみこんだので、白黒の割にはかなり「動」のイメージのブレスになりました。

となると、これは白と黒という正反対の対立したものが、ブレスという輪の形でバランスをとって成り立っているのではなく、相反するものが入り交じり、循環し、動いている。
そこから何かが始まろうとする起点の「動」に思えてきました。

動き、始まる、白と黒。
そこでイメージしたのが「太極]。
「太極]とは、陰陽の二元が生ずる万物の根源とされるもの。図形では白と黒の勾玉が互い違いにくっついてまるくなったようなあれです。

イメージは合っているけど、「太極]ではけっこう大げさだし、太極拳とか易とか、違うイメージもくっつきそう。さらに探して「origin」という単語を見つけました。
源、起源、原点、基点、始点、震源、発生……という意味があるようです。

この単語が持つ、さまざまな「はじまり」の意味は、白と黒が混ざり合った混沌とした雰囲気にぴったりかも。

そんなわけで「Origin」です。

淡くて贅沢な2色

アクアマリン&モルガナイトミックス

パキスタン産の「ベリル」
よーく見ると、結晶の上の方がうっすら水色、下の方がうっすらピンク色。

つまり、アクアマリン&モルガナイトミックス

あまりに淡すぎてなかなか色が写ってくれず、ちょっと反則技で色を強調しています。
でも、肉眼では、欲目も入って、これくらいには見えるのです。(見えるはず)

アクアマリンも、モルガナイトも、鉱物としてはベリル。
純粋なものは無色で、ベリルとしては不純物になるわずかな成分(モルガナイトの場合は主にニ価のマンガンイオン、アクアマリンはニ価と三価の鉄イオン)が、美しい色を生むのです。

これは、他の石(水晶など)でも同じこと。
その鉱物としては不純物にあたるものを含むことで色づき、私たちはそれを美しいと愛でているわけです。

※コメントをいただきました。石の不純物→浄化……というつもりではなかったのですが、結果そんな感じになってしまいました。
申し訳ありませんが、書き直します。消してしまうと、せっかくいただいたコメントと話が合わなくなるので、横線で消し、その後に書き直します。


一方の見方では不純物。こういう言い方をすると、よけいなもの、それがあることでなにか害がありそうな良くないものに思えてきますが、石の場合、その「不純物」が美しさを生み出している。

そんなことを考えると、パワーストーンの浄化が、どうにも納得できなくなってきます。
浄化なんて意味がない、石を傷めるだけ……という話ではありません。

いったい「何を」浄化するか。

「石を浄化する」。
浄化は単にきれいにするというのではなく、不要なもの、良くないものを取り除くという意味合いが強くあります
対象が石だというなら、それは石が汚れている、石の中に何か不要なものが入っていると見なすことです。
でも、石のきれいな色の多くは、不純物による色。さらにはルチル入り水晶、ファントム、ガーデン・クォーツ……水晶に他の鉱物が混ざり込んだものです。
言い換えれば、石は不純物があることで美しさや表情の豊かさを増すもの。

あり方そのものが不純物を取り込み、そのことによって美しくさえ見える石は、果たして浄化しなければならないものなのでしょうか。

他人の念が入り込んだかもしれないから、それを浄化するというのなら、それは他者を一方的に良くないもの、汚れたものと見なすことになりませんか?
他者を一方的に良くないもの、汚れたものと見なす、そんな考えが石によい影響を与えるでしょうか。

他者が良くないもの、汚れたものだというのなら、立場が変わって他者から見れば、あなた自身も良くないもの、汚れたものということになってしまいます。
「良くないもの、汚れたもの」と見られる者が「浄化」とは、どこか変ではないでしょうか。


一方の見方では不純物。こういう言い方をすると、よけいなもの、それがあることでなにか害がありそうな良くないものに思えてきますが、石の場合、その「不純物」がある意味美しさでもある。

そんなことを考えると、パワーストーンの「浄化」という考え方について、改めて考えたくなります
浄化なんて意味がない、石を傷めるだけ……という話ではありません。

私は、パワーストーンという一種のイメージの世界では、「どう解釈するか」と並んで「その気になる」が重要な意味を持つと考えています。

たとえば幽霊。話は飛びますが、幽霊もイメージの世界の住人だと思うので例にします。
それが見える人、見えて怖いと思う人には幽霊は何事か影響を及ぼすことができるけれど、まるっきり見えてない、そこに幽霊がいると気づいていない人にとっては、いないも同然。(たま~に、それでも影響を及ぼす気合いの入った輩がいるようですが)しかし、わからなくても「出そう……」とびくびくしていれば(その気になってしまえば)、幽霊の力が及ぶようになる。
つまり、「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」……それが実は枯れススキであっても、イメージの世界では「出た~っ!」と冷や汗をかき心臓をどきどきバクバクさせるのは、「出そう」というおそれの気持ち(その気)でつながってしまった、幽霊サンの力というわけです。

石についても同様です。
買ってきたらお近づきの意味も込めて……というのはわかるんですけど、あちこちで言われている浄化のあれこれをそのまま鵜呑みにすると、石は、外部から受ける影響がことごとく「要浄化」な、大変扱いが難しいものである……そんなものになりかねません。
同時に、他者や自分ですら、石に悪影響を与えるものと見なすことになってしまいます。

たとえば、持ち主の感情で石にストレスがかかってしまった……人は誰だっていらいらしたり、失敗したり、つらいこともあるでしょう。そして、それを乗り越え、あるいは何とかしようとじたばたします。
パワーストーンとしての石はそれをサポートしてくれて、一緒にがんばってくれるわけです。それをストレスと表現するならそうなるし、石と一緒にがんばった経験であるとも言えます。
それもやっぱり浄化なんでしょうか。
ありがとう=浄化とは限らないし、必ずしも浄化でなくても良いような気もするのですが。

「水晶本来の成分ではないのだから、鉄イオンや内包物は不純物である」それはある意味正しいけれど、それ「だけ」では、そのことによってきれいな色や豊かな表情を持つに至った石の美しさをまるで見ていないことになります。
むしろ、パワーストーンとしての楽しみ方は、色や個性豊かな内包物にあるはずです。
それと同様に、あれもこれも浄化……と考えることは、さらに言えば浄化や意味や相性やそういうものに振り回されすぎると、石本来の「きれいなもの」「楽しいもの」を見失ってしまう危険をはらみます。

パワーストーンが持ち主をサポートしてくれるなら、石を護るのは持ち主。
「その気」によって良くも悪くもなるのなら、いろいろ心配するよりは、「石は不純物や内包物が色や魅力の元になるものなんだから、いろいろなマイナスのイメージも昇華してくれる!」くらい大胆に考えた方が、石をパワーアップさせられると思いませんか。


たとえば、写真の石は色は淡いし、モルガナイトとしてもアクアマリンとしても半端な石です。
でも、二つが混ざっているなんて、贅沢!……と考えることもできますよね。
石には「その気」しだいで、いろいろな見方、楽しみ方がある。
どうせだったら、明るく楽しい方法希望です。


骨格!

ゴールド・スケルタル

パキスタン産のオイル入り水晶です。
見た目ハーキマー・クリスタル(水晶)に似ている、DT(両錐)でころんとした水晶である場合が多いですけど、これはちょっと大きめ(……といっても長さ4センチほど)、そしてスケルタル

オイルの部分は、たいていうっすら黄色っぽく見えますが、この水晶の場合、写真で黄色く見えているのは、オイルではなくて鉄分であるらしく、紫外線では蛍光しません。
蛍光する部分はごく一部……大きさの割に少なめです。

この水晶の魅力はオイル入りもありますけど、その鉄分による色合いと、スケルタルっぷり。
結晶の角の部分が特に結晶し、面の真ん中部分がへこみ、結果として内部の黄色く見える部分を囲むように見事に骨格っぽい造形になっています。
ななんだか建物のような、SF映画で宇宙空間に浮かぶ構造物のような、そんな感じにも見えます。

この、透明素材のパイプか何かで組み立てた「骨格っぽい」感じ
これこそがスケルタル。
よく「層状に」とか説明してしまったりしますが、スケルタルとは、結晶の角の部分が特に結晶して、「骨格」っぽく見えることを指しています。

なぜなら、スケルタル……「Skeletal」はずばり「骨格の」「骸骨のような」という意味の形容詞だから。

この場合の骸骨とは、頭蓋骨ではなくて全身骨格のイメージですね。
このタイプの水晶がまだまだニューフェイスだったころには、「骸骨(ドクロ)のように見えることから骸骨水晶と呼ばれます」なんて、変な説明を見かけたものです。

また、skeletal crystalは結晶学においても用いられる用語で、日本語訳は「骸晶(がいしょう)」といいます。(パワーストーンにおける)骸骨水晶は「骸晶」という言葉が変換で出ないために「骸骨 水晶」と入力して文字を消し忘れたのが広まったためだったりして……。

変といえば、この「スケルタル」を「スケルタと表記しているところがあります
綴りが「skeletal」ですから、そのままローマ字読みして「スケタル」ならわかりますけど「スケルタス」?

skeletalをどう読んでも語尾が「ス」にはならないと思うんですけど。
念のため「skeletas」とか別の単語があるか検索してみたけれどありませんでした。
そう聞こえた、初めて聞いたのがその表記だったのでそう思いこんでしまった。そういう間違いは誰にでもありますし、その揚げ足を取るつもりはありません。(私もどこかでやってるはず)

しかし……ショップの説明でそれはちょっと。
たとえばアゼツライトの綴りはAzeztuliteだから、うちは「アゼツテュライト」と呼びます、というような主張ならば、ちょっとイメージ変わりそうだけどなるほど、と思えます。

Verditeをヴァーダイトとして聞いたけれど「緑」を意味する言葉が語源ならベルダイトだよね、とかメルリナイト(Merlinite)は魔法使いの云々という意味からすればマーリナイトだよね、とか、いろいろ表記が微妙なのがありますけど、それらは綴りを並べれば、なるほど、そのようにも発音(表記)できるね
と言えるものばかり。

だけど……Skeletalはスケルタスとは読めそうにないので、そのあたりは疑問を持って調べ直すか、それでもなおスケルタスと呼ぶなら何か一つ理由を述べてもらわないと……。
何か強固な理由があればともかく、たくさんの人に読んでもらうためのショップ説明ならば、できれば一般的、多数派の名称を使うべきだと思います。

ちょっと厳しく言いますが、「スケルタス」で検索すると、けっこうたくさんの石ショップサイトがヒットします。これは、どこかひとつの間違いがコピー&ペースト+伝言ゲーム式に伝播したものではないかという気がしてなりません。

それでなくても石の説明は内容が同じというより、「同じ文でしょう」といいたい説明を見かけます。
同じ石のことを説明しているのだから、同じ内容……特徴や産地、結晶系、硬度、あるいは一般に言われる意味の骨子などが似てくるのは当たり前ですが、そっくり同じ文章をあちこちで見かける、ついでに間違いまで同じ間違い……というのはいただけません。

ネット上の情報はコピー&ペーストで簡単に持ってくることができますが、それをやったら著作権違反です。そのうえ、そのまま使って……(ちょっと文章を削ったり、単語を入れ替えた程度では、書き直したとは言えません)間違いまでそのままということは、自分のサイトの説明文を確認すらしていない、内容もわかっちゃいないということです。

「よそと同じ説明文」、質問すると「卸元がそういっていたんです」というパターンは、私にとって店判断のマイナスポイント。
(「卸元は○○と言っていたんですけど、これはちょっと確かとは言えません」と言ってくれるようなお店は好印象です。わからなくても調べるか調べようとしているわけですから)
「信用できない店だから行かない」とは言いませんが、「自分で判断できない石は買わない」「自分で判断できない石を買うなら失敗覚悟、後で、別の場所で要確認」と判断します。



あじさい石

蒸し暑いですー。溶けそうです。
梅雨という割には雨の日が少ないような気がするんですが、今は立派な梅雨の時期。
梅雨に出そうと思っていた石です。

あじさい

アフガニスタン産のアパタイト。
一見アパタイトに見えないけれど、アパタイトらしいです。

一時期、アフガニスタン・パキスタンものにトルマリンときれいなレピドライトが共生したものが入荷したことがありました。
アフガニスタン産のトルマリンには透明度が高いパステルカラーのものがあり、淡いピンクのつやつや透明トルマリンが、ふわふわして見えるこれまた紫がかったピンクのレピドライト(リチア雲母)に埋もれるように結晶しているクラスターは、それはそれは美しいものでした。

でも……トルマリンは宝石鉱物。
安いお店といってもきれいなトルマリンは高いのです。
財布の中身にもちろん限界がある私には手が出ない。
「でも、このレピドライトきれいなんだよなー、レピドライトだけ欲しい~」
ある意味、石屋さん泣かせな事を言いながら見つけたのがこの石。

やったー! レピドライトだけ! あじさいみたい~!

……とすっかりレピドライトだと思って買おうとしたら、これはアパタイトだと言うではありませんか。
いや、アパタイトには実は色がいろいろがあって、紫もあるかもしれないし、いろんな鉱物の結晶に似て見えるので、ギリシャ語で "だます"という意味の言葉が名前の由来になっていますけど。

アパタイト?

でも、きれいだし、アパタイトだとしたらこういうのは初めて見るし……と買い求めましたが、アパタイトだったおかげで、予想以上に高かったのでした。

しかしながら、紫色のアパタイトの入荷はほとんどないみたいだし、もちろんこんなアパタイトには見えないあじさいみたいな石は見ないし、手に入れたのはラッキーだったかもしれません。

よく見るとレピドライトの紫ピンクよりは青みの強い藤色。角が丸くなっていて確認しにくいものの、何となく六角形の形も見えます。
ごちゃごちゃ固まっているようすも、後になって手に入れたピンクのアパタイトに似ているような。

自信を持って言うことができないけれど……たぶんアパタイトです、たぶん。

ライト・カテドラル

ここ数日、原石から遠ざかっていたので、今日は原石。

まだあるか! の新宿戦利品。

ライト・カテドラル

ブラジル産のほんのり淡~いシトリン・カテドラルです。。

シトリンと言うには淡すぎるような、でも無色かというと明らかに黄色い。
そんな微妙な色。

光に透かすと、複雑な形が光を反射して繊細な色を浮かび上がらせ、まるで、光でできた形。

「光の」と「淡い」という意味を重ねて「ライト・カテドラル」と呼んでみました。


さて、カテドラルという形は、わかるようでいてわからない形。
「大聖堂に見えるもの!」
と一言で言うのはかんたんですが、大聖堂と言ったって、そんなものなじみがありません。

これって、エレスチャル? カテドラル? と悩むこともしばしば。
同じように見える石が一方ではエレスチャル、他方ではカテドラルの名前で売られていることもしばしばで、中にはエレスチャルの一種としてカテドラルの名前が紹介されていたりします。

うーん、カテドラルがエレスチャルの一種……個人的には違うと分類してるんだけどなあ……。

思いっきり個人的に分類しますと、同じようにごつごつの形でも、
エレスチャルはいくつかの結晶をめて固めたような形。
カテドラルはいくつかの結晶が束になって、全体的には何となく一つの結晶のようなまとまりがある形。


「束になって」というイメージなので、カテドラルには縦のラインがあって、それが建物のカテドラルと重なります。

エレスチャルはごちゃごちゃまとまりなしのイメージですが、カテドラルはごつごつしていてもまとまりがある形、そして小さくても堂々とした感じに見える太さと高さのバランス。そこがキモ。
……だと思ってます。

そのポイントに照らすと、写真の石は、高さ五センチ弱の小ささでも、形のまとまり、小さいのに大きくも見えるバランスが、カテドラル。



白黒アゲート天珠風

新宿ショーで買ったビーズ、勾玉だけじゃありませんでした。忘れてました。

確かに、連では買わなかったけれど、単体では買ってました。
こういうの↓

天珠風

インド産の白黒アゲートです。
たぶん、スレイマン。
別にスレイマンにこだわっているのではなくて、これは、天珠風アゲートとして買いました。

天珠は、メソポタミアのエッチドカーネリアン(赤オレンジに白の線模様)の影響を受けていると言われていますが、もうひとつ、天然瑪瑙の模様をルーツに持つという説もあります。

ルーツに瑪瑙があるなら、おそらくチベットアゲートに見られる、瑪瑙らしいはっきりした縞模様だと思うんですが、インドにスレイマン(最近人気のものではなく)と呼ばれるアゲートがあり、天珠の前身だという瑪瑙ビーズをスレマニと呼んでいる例を考えると、南インドの白黒はっきりアゲートも、どこかで関わっていないかと思えてきます。

買ったからと言って、それがわかるわけでもないけれど、気分を味わってみたくて、見かけるたびに「あ、スレイマン」「色混じり」「大きさがちょうどいい」などと一つ二つと買い求めています。

そしてこのたび見つけたのは、白黒はっきり縞模様!
天珠と同じ大きさ、同じ形。
目立つ!

……ということで。
近々ブレスにしようと考えてますが、紛れもなく天然石のビーズなのに、石ビーズがあいません。
なぜだ。

Red & Black 再び

以前、小さい天珠に赤と黒のガラスビーズをあわせたほっそりブレスを登場させましたが、今回のブレスはそれのそっくりさんです。

赤黒パムテック

……と言うより、実はこのブレスがオリジナル。小天珠のブレスは、このブレスのデザイン違いで作りました。

実はオリジナルのこのブレス、使っているのは天珠ではなくて、パムテック
繰り返しになりますが、オパール化した木の化石に、天珠と同じように模様を焼き付けた、天珠の親戚のようなビーズです。

天珠に似ていて、ルーツは天珠にあるとも言われていますが、模様は似ているものもあるけど、似ていないものもあります。
たとえば、今回のブレスに使っているパムテックの模様は、天珠では見られません。

天珠と同じように模様を焼き付けたと言うけれど、模様の描き方をじっくり見ると、天珠とはちょっと違うようにも思えます。

さて、今回使ったパムテック、パムテックの中ではひときわ黒いです。
普通は茶色い部分が、かなり真っ黒。
模様もシャープでくっきり、年を経た古色と思われる風情もあって、なかなか好み。
ただ、このような真っ黒パムテックの丸ビーズは、店にこれ一つしかなかったので、ちょっとためらいました。
以前に登場している長細いパムテックは、一つで主役が張れるビーズですが、直径1センチちょっとの丸ビーズ、しかもシンプルな模様のものは、いくつか連ねて使うのに適していますが、一つで主役はちょっと。

本当は二つ三つ欲しいんだけどなー……と思いながら、それでも買って帰って考えました。
二つ三つあったとしても、この黒さでは使いにくそうだ。せっかく一つ、小さくてもしっかりしたパムテックなんだから、これを生かしてみよう。

そして考えたのがこのデザイン。
たまに、小天珠のそっくりブレスと2蓮にしてはめています。

ところで……最近「木珠」としてパムテックが売られているのを見るようになりました。
でも、私は最近売られているタイプが苦手。どうも最近新たに作られるようになったタイプの木珠……パムテックは、模様が変にデコラティブである上に、描き方に勢いがないからです。

最近作のは、色の発色もきれいで、模様の線も均一で丁寧に書かれています。
私が買ったちょっと前のものは、いかにもハンドメイド、フリーハンドで描いた模様っぽく、線の幅が不均一だったり、ゆがんでいたりもします。

でも……何かが違う。

私は見栄えはイマイチでも、古いタイプの雰囲気の方がパムテックらしくて好きですね。

先補d、新しく作られたパムテックは模様がデコラティブだと書きましたが、それでも材料・作り方などを考えれば、それは紛れもなくパムテック。
だけれども、形や模様は新しく考えられたものも加わってきています。

そのパムテックに天珠と同じように古い歴史とパワーがある……と説明する、その説明のどこまでが正しいか。
新しい形・模様には当然歴史はありません。しかしその模様を描いた技法やパムテックというものには歴史がある。

長い歴史を持つものは、当然その歴史の中で姿を変え、新しい形や意味が加わり、変化してきています。
天珠でもそれは同じこと。古い天珠を集めた本では見かけないたくさんの模様、火供や護摩と呼ばれる天珠。
それがすべて天珠としてまとめられ、古い天珠としての説明が付けられ、新しい模様の天珠に対して「2000年以上の歴史があるのか……」と思うならまだしも、「歴史があるからパワーもある」と思ってしまうと、ちょっとどこか食い違ってきます。

そのあたりについて、先輩天珠好きさんに教えていただいたことや調べたことをまとめようとしてますが、かなり難しいです……。

暗号解読

まだある新宿戦利品、いや捕獲品。

石を捜し、あるいは出会い、選ぶ場合、私がもっとも重視するのは、
「これはいいぞ!」
という、心にひびくその強さ。(財布の中身の問題は、しばしばそれを凌駕しますが)

そして、密かにあるのが……言うなれば資料用。
それ一つでずどんと心にヒットと言うより、気になる石、気になる産地を自分なりに理解し、納得するためのかけらであるもの。
実際手に取り、比較し、眺め回してわかってくることもあるのです。

今回の石はそんな石。
「探してたのよー」
と手に取り、なかなかいいじゃんと思いました。

スネイル

スネークスキン・アゲートです。
名前の通り「蛇皮模様」
本当は、表面が一層分白くなっていて、蛇のウロコ風にひびわれたかんじになっているものなのですが、写真の石は表面が磨かれ、ひび割れのへこんだ部分だったところが白く残っています。

それでも蛇皮♪

さて、「スネークスキン・アゲート」と言いますが、この石を半分に割って見たら、たぶんカルセドニーに見えるでしょう。

ちょっとおさらいすると、顕微鏡サイズの微細な石英の結晶が岩の隙間などに沈殿して固まったものをカルセドニーと言います。
このカルセドニーの中で(透明度があって)模様がきれいなものをアゲート不透明なものをジャスパーと呼びます。
いろいろな鉱物の中のひとつとして扱う場合は、細かく分けると話がややこしくなるのでまとめてカルセドニーと呼び、カルセドニーを詳しく見る場合は模様の有無や透明度で区別して呼ぶわけです。

アゲートやジャスパ-と区別する場合のカルセドニーは、半透明で縞などの模様がない(はっきりしていない)ものを指します。
カルセドニーの中でも色がきれいなものはカーネリアンやクリソプレーズなどの別名があります。

アゲートにも特徴的な色・模様のものには別名がありますが(サードオニキスなど)、そのほか模様の特徴で分けたり(バンデッド・アゲート、レース・アゲート)、産地名を冠したり(ボツワナ・アゲート、チベタン・アゲート)、いろいろな方法で名前が付けられ、同じ石が違う視点で付けられた別の名前で呼ばれていたりして、知らずにいると混乱します。

できれば、名前の位置づけを、頭の中で分類し立体的に覚えておく方が心強いです。
(このあたりの詳しい話はこちら

話をもtにもどして、スネークスキン・アゲートです。
磨かれていることで見えている内部の色はクリーム色。強い光に透かしてみても、内部に縞模様があるようには見えません。

たぶん、内部は半透明模様ナシ。……なのにどうしてアゲート。

ここで、アゲートの条件を「模様がきれい」ではなく「模様がきれい」と書いたことに注目。
アゲートと言えば縞模様が代表的ですが、それ以外もあります。
たとえば、これ。

木の枝のようなデンドライトが入っているのはカルセドニーですが、これを模様と見なし、デンドリチック・アゲートと呼びます。

ですから、写真の石も、特徴的な表面のでこぼこを模様と見なし、アゲートと呼んでいるのだな……と、今回実物を手にして実感しました。
なるほど、スネーク・スキン。美しい。

画像には「スネイル・アゲート」と文字が入れてあります。
それは、ラベルにそう書いてあったから。
スネイルとはカタツムリとか巻き貝のこと。
表面を磨いたその模様、質感が……カタツムリの皮膚っぽいかも。

ところで、買ったときにもらったラベルが難物でした。

スネイル2

SNAILはいいとして、続くのが「agate」であり、産地が「OREGON USA」であると読むのにしばし。
あってます……よね?
アルファベットの「行書」はやめて。

森の命

勾玉第2弾。
勾玉だったら尾もしっかり太くて、顎も深い、しっかりした形(古代型/出雲型)でなければ!
……といいつつ、こんなの。

森の命

「獣形勾玉」と言うんだそうです。
勾玉に興味を持ったとき、出土品の勾玉の形をいろいろ調べてみたので、こういう形の勾玉が出土しているのだと知ってましたが、知らなければ、どこが勾玉! 変な形を作っちゃって……と思ってしまったかも。
※獣型勾玉で売られてましたが獣形勾玉が正しいと思います。
まあ、これだって顎は頑丈そうだし、しっぽも太いんですけど……。

この勾玉を選んだのは、色と形。
この何とも深く力強いグリーンの石はヴァーダイト(Verdite)、中央アフリカ、ジンバブエあたりで産出するという、ほぼフックサイト(クロム白雲母)からなるという、粘土質の岩です。
もうちょっと詳しく言うと、品質の高いものはフックサイトがほとんどで、品質の低いものは緑泥石や、曹長石、石英、滑石などいろいろ混ざっているのだそうです。
たぶん写真の石は色合いからいうといろいろ混ざっていそうです。

Verditeとは「緑の石」の意味。ヴァーダイトの読みで知りましたが、意味からするとベルダイトの方がふさわしそうです。
この石は、大変古い大地である中央アフリカで、長い時を経て変成作用を受けできあがってきた石。
産出するジンバブエ~南アフリカのあたりは、この石・ベルダイトやブッドゥ・ストーン(バズ・ストーン)、ハイドロ/グロッシュラーなど、アフリカン・ジェードのフォールス・ネームで呼ばれる緑の石が産出することから、「グリーンストーン・ベルト」と呼ばれているそうです。

「古い」というキーワード、このねっとりと深い緑。それが「獣」の形をとっている。
……ベルダイトは、柔らかいために彫刻にも森いられ、動物の形に掘られていることも多いのだそうですが、そういう写実的な動物ではなくて、プリミティブで、シンプルで抽象的であるために、何ものにもなり得る「獣」の姿

「なんだか、生きてて動きそう」

夜に、人が見ていないときに、硬い石であることをやめて、脈打ち、もぞもぞ動きそうな生々しさを感じて、思わず手に取りました。
他の石、他の形だったら、たぶん買わなかったと思います。

斑点大聖堂

ホット・スポット・スモーキー

ブラジル産のスモーキー・クォーツです。
個人的にカテドラル判定ホット・スポット付き。

私がホット・スポットの名前を知った時には、滅多に見かけなかったのに、気が付いてみるとちょくちょく見かけるようになってました。
「こんな斑点模様の水晶もあるんだ!」
と、注意してみるようになったから見つけてしまうのか、たくさん見つかるようになったのか、買う人がいるから流通するようになったのか。
……どれも当てはまるかもしれません。

さて、この水晶を取り上げたのは、先日の新宿ショーで買った本の話題のため。
本についてはこちらで紹介しています。

個人的イチオシは「水晶 瑪瑙 オパール ビジュアルガイド」
読んでみたかったけれど、あまりに専門的すぎ、本が高すぎて手を出しかねていた結晶学の話が、写真満載で登場! しかも水晶を研究しておられるという砂川先生の本!
ネットで販売を知って、中身を見る前から「買う」と決めていた本です。

……とはいえ、まだまだ「眺めているだけ」なんですが……。
そこでびっくりしたのがその中に「大聖堂状」という言葉が出てきたこと。
結晶学系の本ですから、もちろんパワーストーンとしての水晶の形状の名前は出てきません。
でも、大聖堂状って……カテドラルのことですよねえ?(名前が付けられていた水晶は、私の目には触像に見えました)
……ゴースト・クォーツというのも出ているし。

もしかして……カテドラルとか、ファントムとか、実は鉱物学や結晶学でも用いられる「愛称」(正式な用語ではないと思うので)だったりするのでしょうか?
それとも昨今の天然石ブームのために、広く使われるようになったパワーストーンにおける名称が、鉱物学・結晶学の分野でも使われるようになってきたのでしょうか。

ちょっとびっくりしました。

このように、「水晶 瑪瑙 オパール ビジュアルガイド」はやや(かなり?)難解な本で、それに比べるともう一冊の「水晶不思議図鑑 水晶がわかる本」の方が、見ていても楽しい本です。

こちらの本にはホットスポットがダルメシアン・クォーツ(点紋水晶)として登場します。
初めて聞く名前です。(ホット・スポットの命名者はA・メロディ氏だそうですが)
ここではこの「ホット・スポット」の成因として、「成長した後で放射性物質を含んだ鉱液かガスに曝されたため」としていますが、私は、放射性鉱物の小さな粒が付着したか内包されたためと考えます。

このスポットが(天然の)放射線による部分的なスモーキー化という説には賛成ですが、スポットの尾吉舎はたいてい1センチ以下。「液」や「ガス」では、このように部分的なスモーキー化が起こりにくいと思います。

それに、明らかに内包物の周りがスモーキー化したと思われる水晶もあります。

ホット・スポット内包物

このように、難しかったり、部分的にちょっとこれには納得できない……考え方は色々あるので……という点もありますが、パワーストーンに特化した本か、鉱物全般の本の中で、水晶の本が出るのは大歓迎!
やっと出たか、待ってましたという感じです。

実は水晶本、もう1冊出ています。

マリア書房刊
天然石のホン01
特集 水晶 Quartz
……という本です。

これは鉱物の内容ではなく、いろいろな水晶の伝承に特化した本。
今時のパワーストーン的意味でもなく、鉱物的内容も交えつつ、水晶についてのいろいろな伝承や歴史を紹介しています。

……が、私、個人的には「立ち読みでいいかも……」と思ってます。
内容は透明水晶やアメジスト、シトリンなど、古くからおなじみの水晶に始まり、ヒマラヤ水晶やレムリアンシード、エレスチャルまで登場します。

内容はパワーストーン本に比べると遙かに鉱物的な内容が入っていて、「こういう点も抑えなきゃいけないんだよね」と頷くものであるのですが、いかんせん鉱物サイドの側からパワーストーンの石をまとめてしまった……という感じで、スーパーセブンやレムリアンやエレスチャルなどの「パワーストーン的内容部分」がちょっと危ない。

鉱物サイドからすると、「……という名前が付けられた水晶があります」……というか「こういう名前が付けられちゃってます」というニュアンスになってしまうのは仕方がないんですが、これらの石は、パワーストーンサイドで名付けられたものである以上、レムリアンやエレスチャルと呼んで紹介するなら、パワーストーンとしての内容もはずせません。

そこはやはりわかっている人が関わらないと、内容がちょっとおかしくなるようです。
たとえば、レムリアンシードについても、ロシアン・レムリアンとブラジルのレムリアンの発見順序が逆なような気がしますし、(発見されたのがロシアが先でも、ロシアン・レムリアンと呼ばれるようになったのはブラジルの後のはず)説明を見てもやや名前がルーズになり、「ミナスジェライス産のうっすらピンクで横筋付きの水晶=レムリアン」になったあたりの情報でまとめているようです。

さらに。
これは超・個人的ワガママ意見なんですが。

ヒマラヤ水晶のところの写真に、ネパール産はおろか、インド産とわかる水晶もないのは何事!

ここに載っているのは、中国、それも、もしかしたら四川省産かもしれない……つまり、ヒマラヤの範囲外が疑われる水晶に見えます。
少なくとも、どれ一つとして、ヒマラヤ水晶のスタンダードではありません。

ヒマラヤ水晶好きとしては、大マイナスポイント!


私も別館サイトなどで、パワーストーン的内容についてはかなり辛口につついているので、他人の事は言えないですが、書籍というのは、ある意味「公式見解」的なイメージがつきまといます。
ネット情報と違って、一度出版されてしまえば、かんたんには修正できません。

鉱物よりの情報であっても、パワーストーンの名称で紹介するならば、パワーストーンの立場から、その名前の由来、指し示す石を正しく説明した上で、鉱物的解説を付けた方がいいと思います。
この本は、誰か一人の著書ではなく、何人かが携わっているんだと思いますが、たぶん、日本国内の石屋さんに取材しただけではないでしょうか。なんだか、国内情報(?)だけでまとめた感があります……。

ちなみに石の紹介は本の約半分・残り半分の半分(4分の1)は、天然石アクセサリーを作っている人の宣伝、パワーストーン・風水の話です。
(アクセサリーがらみの所は、作っている人へのインタビューなので、この本の中での位置づけがちょっと微妙)
巻末の水晶とガラスの見分け方、ミネラルショーへ行ってみたレポートはおもしろかったです。

紫のマリア

マリアライト

写真がきれいに撮れたので、この石。
アフガニスタン産のマリアライトです。

何とも美しい紫、そして名前がマリアライト。
なるほど、マリアの石!……ぴったりなお名前、いいですねえ!
……と早合点してはいけない、実は危険石。

もうちょっと大きいくくりでいいますと、この石はスキャポライト(柱石)と呼ばれます。
あまり耳にしない名前かもしれませんが、実はビーズで、スキャポライト・キャッツアイの名前で、キャッツアイが現れたビーズが売られてます。

キャッツアイが現れているビーズはたいてい濃いグレイ~暗褐色。
原石やルースでは薄い黄色やほぼ透明、淡いピンクや水色などさまざまな色合いがあるようです。

このスキャポライトの中で、ナトリウムが多いものがマリアライト、カルシウムが多いものがメイオナイトと名前が付けられていて、マリアライトとメイオナイトをそれぞれ両端にして連続的に成分が混ざり合っています。
つまり、マリアライト80%メイオナイト20%、マリアライト40%メイオナイト60%……と中間種がたくさんあるということ。図にすればこんな感じでしょうか↓。

マリアライト図

マリアライトなのかメイオナイトなのかは見た目ではわからなくて、成分分析するしかないようです。
そのため、これはマリアライト……と表記されることは少なく、たいてい「スキャポライト」ですまされています。

つまり、マリアライトというのは、紫だからマリアライトなのではなくて、たまたま成分を分析したらナトリウムが多いスキャポライトだった……とわかったわけです。

マリアライトの条件は色じゃなくて成分。
成分は分析しなければわからない。
それがあだになっているのか、マリアライトの資料はあまり出てきませんでした。

そのかわり、「スキャポライトの中で紫色のものをマリアライトと言います」「マリアライトは紫のスキャポライトです」……という説明発見!
違います。
調べてもあまり出てこないから、どこかで間違うだろうなーと思っていたらやっぱりあったか。

このマリアライトが紫だったのはたまたま。
紫ではないマリアライトももちろんあります。
仮に紫色のものがすべてマリアライトだったとしても、「紫だから」ではありません。

※追記:透明のマリアライト↓(小さいルースなのでピンぼけで失礼)
マリアライト/透明

で、こんなにきれいな色なのに、大量に産出するアメジストとそっくりな色だったために、宝石としてはあまり注目されない、ちょっとかわいそうな石でもありました。
透明なタイプも特徴がないので、宝石としては、やはり注目されないかも……。

※追記2:「マリアライトはスピリチュアルネームで……(※パワーストーンとしての名前という意味?)」という説明を見かけましたが、違います。マリアライトはれっきとした鉱物名です。

※追記3:「聖母マリアの石」という説明を見かけましたが……その根拠は何でしょう?
名称がマリアライトだから聖母マリア……でないことを祈ります。
マリアライトは、発見者のドイツ人学者の奥さんの名前にちなみます。
※追記:改めて取り上げました


最近は、あまり見慣れない石もどんどんビーズになります。
(原石派としては「もったいない!」と叫びたい)
見慣れない石だけに、調べても資料が少ないことも多いです。そのため、それは違うだろうと言いたい説明もいろいろあれこれ見かけます。

失礼を承知でひとこと。
新しい石については、お店情報を丸飲みにするのは危険です。
できれば鉱物サイト・鉱物の本(なるべくお堅い感じのもの)で調べましょう。

紫色だからマリアライトで聖母マリアの石なんだ~」という勘違いのままですませておくのは、悲しいです。

私らしくない話。

「石酔い」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
曰く、自分のキャパシティ以上に強いパワーの石を持つと、フラフラしたり、気分が悪くなったり、「車酔い」のような症状になるんだそうで。

中には石屋にいくと、石がたくさんあるためか石酔いしてしまい、なかなかじっくり石を見ることができないというケースもあったりするそうです。

ミネラルショーには入り浸り、石屋のはしごは至極当然の私には、「……ということがあるそうです」としか書けない話ですが、まったくないかと言われたら「それっぽい?」と思われる事例は一つくらいはあります。

2007年の5月の末ごろ、「ヌーマイト(※)」のブレスが作りた~い!」と、ビーズを買い込み、ブレスにしてみたところ、その次の日に、実にタイミング良く熱を出して寝込みました。
※追記:ヌーマイトではなくアルベゾン閃石かも


後にも先にもあれほどタイミング良く事が起こった覚えはないので、もしかして?という事例としてカウントしてるわけですが、実は先ごろ、ここまで派手ではありませんがちょっぴりそれっぽい事があったようななかったような。

もしかして?の主は、例の「先っぽ透明の黒水晶勾玉」

黒勾玉

ちょいちょいと作って身につけたその日の夕方、ちょっと喉が痛くなり、次の日夕方買い物に出かける際に着けていたら、その夜ちょっと熱っぽく。
いずれも翌朝には何ともない状態だったので、気のせいと言えば気のせいの偶然なんですが。
でも、他の石ペンダント(自作)に比べると小さい石なのに、妙に重いような?

こういう事があると、気にする人は気にしてしまい、何かの前兆か、石が与えた試練か、それとも浄化が足りなかったかと心配してしまうようなんですが、私が今回の「ちょっと不調」を「石の影響」と考えてみたとしたら、やるべきことは一つ。

「さあ、黒勾玉ちゃん、お近づきになりましょー!」
……とばかりに、喜んで身につける。

それにつきます。

人間、たいていのことには慣れるもの。
石にパワー負けしているというなら、それに慣れましょう
試練だというならさっさと克服しましょう
ついでに石にも私に慣れてもらいましょう

なので今も着用中♪

だって、身につけて楽しみたいから作ってみたのに、着けられないんじゃつまらないです。
さっさと慣れて着けられるようになるべし。
それくらいの適応力がなくてどうするか、自分!……てなもんです。
どうしてもダメなら、しばらく様子見すれば、そのうちなんとかなるでしょう。


私は、石は楽しむものと思っています。
趣味の世界、精神的な遊びの世界なんだから、楽しんでなんぼ
いろいろ考えるのも、調べるのも、写真を撮るのも、作るのも、全部「楽しいから」
石のせいで体の不調……と解釈したとしても、「おお、鈍い私でも何か感じたらしいぞ、珍しや」とおもしろがって楽しみながら、さっさと慣れるべし。

もし、病院行きの深刻な事態や深刻なアクシデントが起こったら、それは石のせいではあり得ない。きっぱり切り離します。

よく「こんな時はどうしたら」「これはどういう意味か」……という、石についての心配相談がありますが、それを「石の不思議」として楽しむならばともかく、に心配や不安で頭をいっぱいにしてしまうのは、それはちょっと違うでしょう。それでは楽しめないではありませんか。

精神的な遊びと言いましたが、これは「解釈」の遊びです。
世間一般常識で「解釈」すれば、単なるタイミングか、日ごろの努力の成果だったとしても、「これは石のおかげ」と解釈すれば、それは「石のおかげ」。

この解釈のもとでは、石は、ラッキーを引き寄せるパワーを持っていることになり、見方を変えると、「石にはパワーがある、そういうもの」という解釈(楽しみ方)が、石にパワーを与え、ラッキーアイテムへと変貌させるということになります。

その逆もあり得ます。
「石には悪い念が籠もる」「○○石は試練を与える」「石は絶対浄化しなければならない」……そう解釈すれば、石はそのようなものにもなり得るということです。
心配だ、心配だ……そんな気持ちでいたら、普通なら気にもならない小さなトラブルも気になって、小さなトラブルが気になるとさらに心配になって……悪循環です。

ですから、私はむやみやたらに石について心配し、良くないことを根拠に石を特別視するのはやめた方がいいと思っています。
自分の石を自分で心配なもの、良くないもの、不気味なものにしてどうします。

私だったら、自分の石をそんな変なものにはしたくありません。













いたね。

石に改めて名前が付くと、人気になる。
そういうことがあります。
特別に名前が付くということは、「他とは違う」ことの目印。
他とは何かが違うから名前を付けて差別化する。
そういうことがあるので、逆に普通だと思っていたものに名前が付くと、その時からそれが「特別」に見える、そういうことになるのかもしれません。

石で言えば、どの石も「他とは違う」魅力があります。
名前がそれに気が付くきっかけになれば、それはそれで意味があることなんですが。

名前が付いて有名になったよね……そんな石がこれ。
これまでも何個か取り上げてますが、そういえば、何年か前に買ったコレあやしいぞ、と引っ張り出しました。

瑪瑙玉

インド産アゲートです。

2007年だったかな、08年になってたかな……とにかくミネラルショーのインドブースで買いました。
その時は単に「アゲート」だったんですが、これって「スレイマン(スーリマン)」と呼ばれてる石じゃないでしょうか。

たしか、黒くて不透明なのに、一部内部に向けて透明感のある部分があるその雰囲気がいいと思って買ったもの。
写真では、黒い部分はジャスパーと言いたいくらい不透明なのに、光が反射して白くなっているあたりが透明で、そこから丸玉の内部がのぞけるような(実際はそこまで透明ではないのですが)感じがするのです。

今見ると、買った店の品揃え(沸石など南インド中心)、黒い中に白の脈状模様が出ているようす、白い部分の微妙な透明感……一般に白黒といわれつつ、海外サイトも含めてみてみると、色が混じっているものもあるようなので、見た目ではスレイマンといえそうな。

いや、スレイマンだとしたところで、今まで白黒アゲート玉と読んでいたのを、同じ意識でスレイマン玉と呼ぶだけのことですが……だって、石の意味は、あるところでは宇宙のエネルギーにアクセス云々、海外サイトを見たら大地のエネルギーにつながるのをアシストする……。宇宙ですか、大地ですか、方向が180度違いますが。そんな感じなので、よくわかりません。
好きな方を選べといわれたら、やっぱり石だから大地のエネルギーに一つよろしく、でしょうか。

私としては、(この種類の)石の意味よりも、この石、この一つの石の雰囲気の方が、遙かに注目ポイントです。
不透明中の透明感、内部に(ありそうな)世界感。
なんだか、いい感じ~。
コレ、重要。

でも、スレイマンの名前だとけっこうなお値段になってしまうこれを、実は1000円前後で買ったと思うと、ちょっとうれしいかも。


身につける

新宿ショーで買った「尾」の先がスモーキーな勾玉、さっそく加工して身につけてみました。

黒勾玉

この勾玉、「頭」から「尾」まで約3センチあるので、さすがにブレスレットのパーツとしては大きすぎ。
なので、合皮の紐であっさりペンダント風にしました。

取りかかる前にちょっと勾玉のネックレスやペンダントを検索してみたんですが、やっぱりむずかしいみたいですねー。
勾玉の形は、シンプルなのにインパクトがあって、「和(倭?)」とか「歴史っぽい」先入観があって、アクセサリーにするには、バランスがとりにくい感じです。

でも、幸い私のは黒という色。シンプルに仕立てれば意外におもしろいかも。

……ということで、濃い茶色の合皮に通し、金属パーツを通して……作業に約5分。
カンタンです!

紐にそのまま通しただけでは、勾玉の尾が前を向いてしまいます。
やはり勾玉らしく側面が見えるようにしたかったので、勾玉を通した上に紐を束ねるように金属パーツを一つ。ここで一度結んでも勾玉の向きを横にすることができます。
さらに紐の太さと勾玉のバランスをとるために長めの金属パーツを二つ。

金属パーツを使ったのは、黒という重い色に対抗する存在感があり、かつ色味を邪魔しないから。
そして勾玉の「和(倭?)」「歴史っぽい」イメージをなるべく中和して、無国籍な雰囲気にするためです。

結果、金属パーツがアクセントとなったことと、黒い勾玉と紐の色がほぼ同じであるため、シルエットとして落ち着き、勾玉だけどもさほど怪しくない感じになったかなと思うのですが、いかがでしょう。
(勾玉というだけで怪しい?)

これも、グリーン

新宿ショーが終わったと思ったら、来月はミネラル・ザ・ワールド。
規模は違えど、石好きの祭典です。
新宿ショーは20回を超える歴史あるミネラルショーであるだけに、出展業者は常連さんが多く、新規の店が参加したくてもなかなか空きがないのだそうです。

その点、ミネラル・ザ・ワールドは次回で5回目の若い石イベント。
出展業者はほとんど国内業者ですけど、そのぶん新宿ショーでは見かけない業者さんが参加されるので、そこに新たな出会いがあるというものです。

今回の石は、2回目だったかな? 昨年のミネラル・ザ・ワールドで見つけた石です。

アンダー・グリーン1

ものは水晶、産地はインド。
売っていたのは、初めて見かける石屋さんでした。石を並べた台の前にさらに小さな台を置いていて、この石は小さな台の上、背後の大きな台に掛けた布に半ば隠れるように置かれていました。

並んでいたのはアポフィライトや沸石などのクラスター。
最初は、グリーンのアポフィライトだと思いました。
手に取ってみると……違う

え? 水晶? 何なの、この色!

実はこの石、握り拳より一回り二回り大きな、ずっしり石。
そしてそばには、手頃なサイズの小さな兄弟石もありました。
値段と置き場所を考えれば、絶対小さい石の方です。

でも……この色。

アンダー・グリーン2

悩んだあげく、色合いの美しさで大きい石の方を選んだのでした。
(小さい方は、知り合いの石好きさんに「悪魔のささやき」してしまいました)

私に、「石は片手サイズ」ルールを破ろうかという大きさを選ばせたこの色。
緑泥の緑とはちょっと違う、青みを帯びたグリーンです。

しかも、2枚目の写真を見ていただくとわかるように、表面を緑の鉱物が覆っているわけではありません。
しかも、透明感があります。
水晶にはシトリンやアメジストのようなイオン発色による透明緑はありません。(ある種のアメジストを加熱すると緑になるものはありますが)
水晶で緑というなら、表面を覆うか、内包物による緑……のはず。

では、この緑は。

実は水晶そのものは透明なのです。

アンダーグリーン3

ご覧のように母岩に緑のカルセドニー(たぶん)の層があり、その上を米粒より一回り大きいくらいの透明な水晶がドゥルージー状に覆っているため、水晶を通してカルセドニーの緑が透けて見えて、全体を緑色に見せていたのでした。

こんな水晶、初めて見ました!
考えてみたら、クリソコラの上に水晶がつぶつぶ結晶して全体が水色に見えているものがあるくらいなんだから、あってもおかしくはないけれど、だけども実物は見たことがありませんでした。
しかも、水晶の下のカルセドニーがこんなに美しいグリーン!

これが、地味な茶色や赤黒いカルセドニーだったら魅力半減です。
きれいなグリーンで良かった!

……で、これも緑水晶といえるのでしょうか……?


今はない存在

「スター・バースト」という名前が付けられた水晶があります。

ちょっと困ったことに、この名前が付けられた水晶は複数あるんですが、私が最初にこの名前で知った水晶はこちら。

スター・バースト

え? あんまりきれいな水晶じゃないなあ?

表面がきれいじゃないと言えばそうなんですが、そのきれいに見えない部分に「スター・バースト」があります。
拡大してみます。

スター・バースト2

うっすら菊の花のような放射状の模様が見えるでしょうか?
これは、水晶の表面に雲母がくっつき放射状に成長したものが後に取れてしまい、その痕跡が残ったものだといわれています。
(よく見ると、放射状の痕跡がうねっていて、雲母っぽくないような気もしますが)

スター・バーストとは、銀が同士が衝突したりして、星間ガスが大量に発生し、たくさんの星が一度気に生まれること。
このうっすら刻み込まれた放射状の痕跡が、輝く星を……ガスの中から生まれ出で、強い光を放ちはじめた星をイメージさせたのでしょうか。

爆発的な星々の誕生……このドラマチックな名前の名付け親は、クリスタル・ヒーラーのA・メロディ氏。
メロディ氏は、名前はけっこう有名で、スーパーセブンやメタモルフォーゼスなど氏のネーミングによる石はけっこうよく目にするのに、著書が一冊しか邦訳されておらず、石のネーミングの由来情報が意外に少ないのが困ります。
(実はジュディ・ホール氏の本には、メロディ氏の言っている内容がたくさん入っているとか……)

私は、バリエーション豊かな水晶の色や形、内包物を楽しむ一環として、それらからイメージを得て付けられた、パワーストーン的ネーミングも一緒に楽しみます。
この「スター・バースト」には、「変容のための石」「道が閉ざされているように思えるとき、次の扉をあける力を与える」「ネガティブな側面からの成長をうながす」……など、大変立派な説明がくっついているようなんですが(参考サイトさま)、そちらはあんまり興味がなくて(楽しく読んではいますが)、それよりもどんな石を、その名前で呼び、どんなイメージを得て名前を付けたのかが知りたいのです。

ショップサイトでは、「どんな石をその名前で呼ぶか」という情報が意外になくて、写真をあげて「これはスターバースト、その意味は……」という説明が多いです。
名前の条件とその条件の由来を知らないと正しく呼ぶことができないと思うので、そういう情報をおろそかにしないようにしたいものです。

そうそう、金色のルチルが放射状に内包されているものも、よく「スター・バースト」と呼ばれています。

カテドラル・インディア

今日は、新宿戦利品をお休み。

今回の新宿ショーでは、中国・インドものが元気がなくて、ちょっと残念でした。
その代わりに……

カテドラル・インディア

インド産水晶です。
産地はクル。ヒマラヤ水晶の範疇に入ります。

比較的最近買った石なんですが、久しぶりに「おお!」というインド産ヒマラヤ水晶でした。

私のファースト・ヒマラヤ水晶は、ネパールのガネーシュ・ヒマール産でしたが、そのころはヒマラヤ水晶の産地もあまり意識になく、ガネーシュ・ヒマール産を見かける機会も少なかったので、(そのころは)手にしやすかったインド産ヒマラヤ水晶を買っていました。

当時は、「ヒマラヤ水晶」というだけで、満足だったんですよねえ……。
しだいに、どうも様子が違うぞ、産地が違うらしいぞ、どこがどういう位置関係で、どこからどんな石が出るんだ……と産地の違いに気が付き、のめり込んでいくわけです。

そのころの石を今見てみると、けっこういい石があるのです。
つまり、ヒマラヤ水晶初心者だった私が、わけもわからず選んでも出会えるくらい、いい石率が高かった……ような気がします。
ここでいう「いい石」とは、形のバリエーションとグレード。
今ではあまり見ないようなおもしろい形の石があったり、クル産らしいピンク色でありながら透明度が高いものがあったりしました。

その後なぜか、ピンクだけれど表面のつやがなく、粉っぽいような石が増え、形も同じようなタイプばかりになり、私は完全にネパール水晶に軸足を移してしまったのでした。

そこへ、この石。
久しぶりにうれしくなるインド水晶の美しさ。
結晶の隙間に鉄分が染みこんで、全体がうっすらピンクでいながら、明るい透明感、表面の照り。
透明でも、ガネーシュ・ヒマール産などに見られるきりりと緊張感のある雰囲気ではなくて、柔らかく、やさしく軽い感じの透明感です。

そして形状は、部分的にカテドラル風。
比較的素直な形が多いインド・ヒマラヤ産でカテドラル(部分的にですが)はちょっと珍しいかも。

しかも内部にファントム入り。

カテドラル・インディア2

買ってもいいかな~ではなくて、「買う!」と飛びつきました。
こういうインド・ヒマラヤ水晶がもっと出てくるといいな。

ホタル勾玉? (新宿ショー戦利品)

今回のショーはビーズが少なくて、ビーズ・ブレス・ペンダント類には手を出しませんでした。
「ミネラルショー」としては原石回帰の風潮は歓迎すべきだと思います。
ビーズやアクセサリー類ならば、10月のIMAGE展がありますから。

でも……ひとつだけ。
珍しく、勾玉です。

天珠が好きなくらいなので、勾玉も嫌いではありませんが、ちょっと形にはうるさいです。
勾玉の穴の空いている方の端を、もう片方を、穴を、丸くくぼんでいるところをと言うんだそうですが、よく見かける頭でっかちで尾がとんがった「ペイズリー型」の勾玉が嫌いなんです。

尾もしっかり太くて、顎も深い、しっかりした勾玉が好み。
石で言うなら透明よりも不透明。かわいい色よりも力強い色味の石がいい。
……なんて、いろいろ条件を付けでいるので、好きという割にほとんど買っていなかったりします。

ところが。

今回のショーの最終盤、ある勾玉を見つけました。
黒水晶の勾玉です。

なかなか形もいいぞ(もうちょっと顎が深くてもいいけど)。
色も、石の種類もいいじゃなか(なんたって黒。そして水晶)

どれどれと手に取ってみていると、ひとつだけ、ヘンな勾玉がいるではありませんか。
コイツです↓。

ホタル勾玉

なぜか、尾の先だけ透明。
透明と言っても淡いスモーキーの色合いですが、どうしてこんなにきっぱりすっぱり色が違うのか。

すっぱり色が違うというと、

これ↑が頭に浮かびます。アーカンソーの放射線照射水晶です。

でも、最近出回る黒水晶の加工品(ビーズなど)は中国産のはず。
中国産は原石を見たけれど、見た限りでは放射線照射石には見えなかったし。

うーん。

頭をひねりながら見ていると、
「それ、変わってますよね」
とお店の方が声を掛けてきました。そして
「サイト見てますよ~」とおっしゃいます。
ハタと気が付くと、このお店、以前中国産黒水晶の話を聞いたところではありませんか!
原石を見せてもらい、それを削ったのだというビーズのブレスを見せてもらい、黒くても多くはスモーキーで、中でも黒い所を加工しているのだという、話をして下さった……。

では、やっぱりこれは中国産。確認するとそうだとのこと。

この中国産黒水晶、母岩付きのものを見ていると、日本の岐阜県産のものとよく似ています。
岐阜県産のものには、こちら↓のように

黒の上に透明な層が被さっているものもあります。

また、スモーキーで産地が違いますが

のように極端に色の違う結晶がくっついている場合もあります。

この勾玉、そういうところを削ってるくられたのかも。

せっかくの黒水晶勾玉なので、真っ黒を選んでも良かったんですが、しっぽの先だけ透けるおもしろさと、「一つだけ」の珍しさに負けて、これを選びました。
しかも「サイト楽しみにしてます」と、おまけしていただきました。
ありがとうございます♪

目の付け所はそこじゃない(新宿ショー戦利品)

新宿ショー戦利品です。
このたびのショーを振り返ってみると、買った石にはいくつか共通項があるような。
一つは「レーザー」、そして「双晶」「貫入」、そしておなじみ「溶け」

溶け水晶の個人的ブームは長らく続いているだけあって、我ながら「溶け発見率」があがってまいりました。ごちゃごちゃごちゃ……とたくさんある中から、けっこう高確率で溶け水晶を探し出します。
エッジの丸み、独特のこすれ感。そういったものを無意識に探してしまい、
「む」
と手に取ると、たいてい「溶け」

今回の石も、磨きも含めていろいろ並んでいる中から、この「溶け水晶レーダー」にヒットしました。
最初に見つけて心惹かれたのは別の石。トルマリンががっちり食い込んでいる……と見えて実は雲母が食い込んでいる石でした。
ふむふむと確認し、どうしようかなーと周りを見渡すと、箱の影に隠れるように、こすれた感じの渋い石。

「あ、溶け」

ピンと来て手に取ってみると、それはこんな石でした。

溶けシトリン

色はシブめですが、シトリンです。
思い入れたっぷりに撮ったので、かなり写真で化けてます。

長さ10センチほど、まんなかあたりにレピドライトとおぼしき雲母が食い込んだ、DT(両錐)。
エッジ(面と面の合わせ目の角の部分)がこすれて丸くなり、古びたように見える水晶です。

この古びた感じが、実は溶けている証拠。
水晶はたいてい角の部分から溶けるようで、透明なトライゴーニックでも、アイスクリスタルでも、たいてい角の部分は丸みを帯びています。
そして角が丸みを帯びているけれど、水晶らしい形がしっかり残っているのは、溶けが甘い……あまり溶けていない状態であることを物語ります。

がっつり溶けて水晶とは思えなくなった水晶も魅力的ですが、ちょっと溶けただけの水晶にはチェックする箇所があります。
石を手に取り、錐面に光を反射させて……。
ほら、トライゴーニック(触像/凹状の逆三角形)。

溶け決定です。

よく見ると、大きな錐面の方には、びっしりレコード・キーパー(成長丘/凸状の三角形)が出ていて、溶け始めた面の縁の方にトライゴーニック。
両方出ているのは、ちょっと珍しいかも。

さらに、内部にも目をやると、なにやら放射状の内包物が。
その部分は外側に雲母がついているので、これも雲母でしょうか。(雲母が放射状になるとは思えませんが)

シトリン、DT、おもしろい内包物入り、レコードキーパーとトライゴーニックのダブル。
見かけは地味でも、これだけいろいろ見所てんこ盛りとは、おいしい

この石に決~めた。

「これ下さい」とお願いすると、お店のブラジル人(たぶん)の女の人が、
水晶の錐面を指さして先端がダウだ、と説明してくれました。
あ、なるほど先端の面が三角形→七角形→三角形……。

珍しいでしょう、と言いたげな口調でしたが、目の付け所はそこじゃないんですよ。
それ以上に珍しい点が色々ある石なんですけど……と思いながら、(顔には出さないようにして)買いました(笑)。

溶けシトリン2

まるでウロコのよ黒っぽく写っているのはトライゴーニック(逆三角形)。
面の縁もよく見ると逆三角形のとんがりが集まったぎざぎざになっている。


溶けシトリン3

一番上の写真では下になっている錐面の一つ。(結晶の先端は右方向)
左端の黒く見えるギザギザは、逆三角形が連なって連打されている部分。
クリスタル・ヒーラー、ジェーン・アン・ドゥの著書のトライゴーニックの説明に付けられたイラストには、この状態の逆三角形があがかれており、文章中に溶けてできた逆三角形であると書かれていなくても、意図したのが触像の逆三角形であることが推測できる。


溶けシトリン4

別の錐面。なんとほぼすべての錐面にトライゴーニックが出ていて、この面でははっきり確認できる。


実は……このあと、別の店でアメジストのトライゴーニック付きを発見したんですが、どうしようかな~と悩みつつお昼を食べに行っていたら、誰かに買われてしまいました。
しまった、買っておけば。
でも今回の石の4分の一くらいの大きさなのに、値段は一緒だったんですよね……。

それにしても、かつてはトライゴーニックをほとんど見かけなかったように思うのに、最近はけっこう見つけることができるようになりました。(アイスクリスタル以外でも)
溶け水晶・マイブームで私が慣れてきたためなのか、実際たくさん出るようになったのか。

そういえば、会場で知り合いの石好きさんにスモーキーのトライゴーニック付きを見せていただきました。
これもほぼ全面にトライゴーニック。かなりワイルドな形のすてきな石でした。

本家本元?(新宿ショー戦利品)

なんだか、まじめに続いております、新宿ショー戦利品。
昨年の新宿ショーは「アホーアイト(入り水晶)が出るはず!」とねらいを定め、きっと持ってきてくれるであろうお店に直行しましたが、今年は確たる目的もなく……。
そのため、「ちょっと変わってる?」「破格値!」「ナニコレ!?」……とちょっと隙間系の戦利品が多いかも。

でも、隙間系じゃないのもちゃんとゲットしています。

レーザー

スタイリッシュなレーザー・ワンド・クリスタル♪

まあ、「先端からレーザービームが出そうな形」ということですから、すっきりシャープでかっこいい水晶であることは前提条件であるはずなんですが、欲しいな~と思っていたんですよ、Batatal産。

……というのも、レーザー・ワンドあるいはレーザー・クォーツの名前が付けられた最初の水晶は、このBatatal産のものだと聞いたからです。

”レーザー(ワンド)”という名称は、特に○○産の水晶でなければならぬという条件を聞いたことがないので、どこの産地であろうと「先端からレーザービームが出そうな細長いシャープな形」の水晶であれば、レーザ・ワンドと言っていいのではないかと思っているんですが、まず最初に「おお、先端からレーザー出しそう」と思わせたその産地の水晶があるなら見ておきたい。

「しばらく採れなかったんだけど、最近やっと出たんだよ」
……ということで仕入れてこられたその水晶は。

うはー、かっこいい!

いずれも透明ピカピカ。
先細りのシャープな形。

常々、レーザーというからには、すっきり細長いものを指して言ってくれと思ってきました。
中には、けっこう太さがあって、「レーザー」というには太すぎるものも見かけるからです。
そしてこのたび本場(?)Batatal産のを見て、単に細長い結晶とはもうひと味違うかも……と思ってしまいました。

長くて先細り。

この先細りの形がいっそうの鋭さを与え、すっととがった先端は、なるほどレーザービームが出そうです。
これを見てしまうと、普通の六角柱状、同じ太さで細長い結晶では、よほど細長くないとこのレーザー・ワンドとは渡り合えない感じです。

そして透明感。

レーザー・ワンドの説明に透明感についての記述は見たことがないですが、この抜群の透明感はやはり「レーザービーム出しそう」な感じに一役買っているようです。

なるほど、さすが本家本元!
実は、レーザー・ワンド2本買っちゃいました。
今回登場したのは2本目。
初日に1本目をゲット、最終日に追加で出された中で、見事にDT(両錐)なこのレーザー・ワンドに一目惚れ。
ワンド(杖)と言うにふさわしい、一本簡潔の端正な形!……うっとり。

ところで、Batatalとは、「芋」とか「芋畑」という意味なのだそうです。

……ということは「芋畑で採れた水晶」?

聞いた私は、一瞬目が点。
どうやら仕入れてきた石屋さんも同じ事を考えたらしく、「芋畑で採れたのか?」と聞いてみたそうです。
すると……ご安心下さい。このかっこいい水晶は、芋畑出身ではありませんでした。
なんでも、かなり浅いところに埋まっているらしく、「芋を掘るように」出てくる……ちょっと掘っただけでたくさん出てきた……そういう場所だったらしいのです。

つまり……芋洗い状態で出たということ?

一応、「Batatal/ポルトガル語」で検索してみたら、昔の鉱工業によって使用されていた言葉で、「地表まで金が出てきている思われる場所を指す」という話も出てきました。
これも同じように芋を掘るようにたやすくころころ出てきた……というイメージが転じたものでしょうか。

こんな水晶が(他にもものすごい水晶が)ころころ出るなんて……ブラジル、すごすぎ。




いがぐり野郎参上! (新宿ショー戦利品)

新宿ショー戦利品です。

私の石選びの主なテーマは「水晶」「原石」「変」「レア」「ワイルド」
「変」というのは、同じ種類の隣の石ではありえない、その石、ただひとつ、オンリーワンの魅力でもあると思うので、私にとっては見逃せないポイントです。

今回、「微妙にはずれ~」とぼやいていた初日に、それでも変な石に出会うことができました。
コイツです。

いがぐり2

ものは、画像にあるようにエジリン、水晶、長石。
産地はアフリカのマラウィ。
長石の土台の上に、水晶とエジリンの小さな結晶がご覧の通り丸くくっつき固まっております。
そのさまは、まさしく「いがぐり頭」!
直径1.5センチに満たない小さないがぐり野郎なのです。

ところで、石を選ぶに当たって密かに気にするのが「丈夫さ」。
さわったとたんにパリポリ折れそうな、柔らかくてもろい石は、なかなか手が出せません。
それでも、いくつかそんな危ない石も手に入れましたが、それは、もろさというデメリットがあっても欲しい石。壊れそうな石には、まず初期段階でストップがかかるのです。

この石も、小さいし、エジリンはちくちく折れそうだし、
「わ~い、いがぐり、かわいい~」
……と思っても、それだけなら買わないところでした。

でも。

このいがぐり野郎をくるりと振り向かせてみると。

ナニコレ!!

いがぐり

おわかりいただけるでしょうか。この写真の黒く写っているところが、上の写真のいがぐり頭の裏側。
いがぐり頭は実は空っぽで、ドーム状。

反対側から見ると、このいがぐりドームを背景に、まるで図ったように水晶がちょこん。

芸細か!

小さいけど、壊れやすそうで取り扱い注意だけど、この芸の細かさに脱帽!
いったい、このいがぐり部分、どうやって結晶したんでしょう! 不思議だわー!

さて、マラウィの水晶と言えば、エジリンとともに産出するものが有名です。
今回、これを買ったのとは別のお店の人が、水晶にエジリンが内包されて産出するのはマラウィだけだ……と言っていましたが……、あれー? これもエジリンと言われたんだけど。

同じくパキスタンの「ザギマウンテン産」やその国境越えのアフガニスタン産のも、一見トルマリンやルチルに見える黒い針状のものはエジリンだという説があるし。

そのお店の人が、tまたまパキスタン産のを知らないためなのか、パキスタンのエジリン入りが勘違いなのか。
これからも気を付けて情報収集せねばなりません。

何はともあれ、技ありいがぐり頭。壊したりしないよう、何か小さなケースを見つけてしまっておくことにしましょう。

最終日の魔物

今日は新宿ショー最終日。

行ってきました。
今日の目的は、第一に友人と会うこと。
次に石のお祭りを最後まで味わうこと。
昨日、「例年、「人に合うのが目的なの!」といいつつ、散財してしまっていたのですが、今回は(ほぼ)無傷。それくらいに今回はびみょーにハズレ。」と言っていたくらいですから、当然そのつもりでした。

……が。

またしても舌の根が乾かぬうちに言います。
「人に合うのが目的だったのよ~! そのはずなのよ~!」
こんな事ですから、先人は言う前に考えよ、軽々しくものを言うなと言うのでしょう。

ミネラルショーには魔物が潜むと申します。

私、最終日にして魔物に丸かじりされてまいりました。

そりゃもう、あたまからばーりぼーりとおいしく食べられた気分です。

最初、今日はワイヤーラップの材料を探そうと思い立ち、その目的を果たしました。
次に、初日から気になっていた石が残っていたのでゲット。
そこらへんまではよかったのですが。

ここで、ミネラルショーの鉄則を申し上げましょう。
ミネラルショーの虜にして、お店の隅っこバンザイの私も、再びキモに命じたいと思います。

「店の隅を見逃すな」

見逃してはいけません。
お店の構えを見て、あ、ここにはないなと通り過ぎるなんて論外。
ルースだけ、化石だけという場合は別ですが、少しでも原石を置いているようならチェック。
ルースショップが原石を置いていた場合、主力商品でないために、鉱物ショップより安い場合もあります。

ミネラルショーに複数日行くならば、一度見たお店も再チェック。
もしかしたら追加で商品が出ているかもしれません。
値段が変わっているかもしれません。
今回は、初日で値下げした店もありますし、だんだん値段が上がった店もあります。

そして、もう一つ。
何か買ったお店、興味あるものを探した店も再度チェック。
今回撃沈したのは、「掘る」ものが少ない中で「掘る」ことができた貴重なお店でした。
同じ種類の石がいろいろたくさんあるのを、あれこれ物色し、楽しく「掘った」店でしたが、そこに盲点が。掘るのに夢中になり、夢中だったために全部見た気分になって、実はその店の隅を見逃していたのです。

知り合いの石好きさんが、
初日からあるのは知ってたんだけどさあ……」
と教えてくれた石に、くら~り。
こっちにももう一つあるんだけどね」
こっちにもくらくらくら……。
この店、何度も見たはずなのに! 
……撃沈されました。

そしてミネラルショーの魔物は、攻撃の第二波をしかけてきます。

会場でばったりであった別の石好きさんが
「あ、KUROさん、おもしろい石があったんですよ!」
それは見なければ! 買う買わないは別として、おもしろい石の実物を見る機会は逃せません。
見せてもらった石は「双晶」。
しかも、「え? こんな石が双晶になるんだ!?」とびっくりする石。
「ここで売ってたんです」
と、お店を教えてもらって、撃沈。

これで、物足りないショーだったなあ……と言わずにすみます。
そして、しばらくおとなしくしてます……。

ミネラルショーの魔物、恐るべし。



新宿ショー戦利品 その2

新宿ショーもあと1日。
私は最終日も「人に合うために」お出かけ予定。

今日も人目当てでお出かけ、無事お会いすることができました。
例年、「人に合うのが目的なの!」といいつつ、散財してしまっていたのですが、今回は(ほぼ)無傷。それくらいに今回はびみょーにハズレ。

そんな中での戦利品。(初日分)

溶けアクア

ブラジル産のエッチング・アクアマリン。
石好き心がイマイチ反応せず……なんて言っていた舌の根も乾かぬうちに買ってしまいました。

これまでエッチングアクアマリンとして見かけたキラキラしたのは、全体が透明水色でいたが、こちらは部分的に白っぽく、それが水色透明な部分を引き立てています。
色も自然な、ちょっと緑ニュアンスの水色。
透明度も、色合いも、これまでに見せてもらった、全体が透明水色の方がグレードが高いのはわかっていますが、私は今回の石に心が動きました。

そのうえ1000円という破格値!
友人の石好きさんに教えていただき、人をかき分け駆けつけた甲斐がありました。
これぞ、ミネラルショー!

さて、アクアマリンと言えば水色。
しかし実際はかなり青っぽいものから、これぞアクアマリンと言いたい水色、ほとんど色味を感じないくらい薄いもの、そして意外に緑がかったものがあります。
もちろん、宝石としては、緑がかっていないはっきりした水色のものが好まれます。

そのため、加熱することで緑っぽさを消し、冴えた水色にすることがあるのだそうです。
原石(母岩付き)ではおそらく加工されていないと思いますが、ビーズでは加熱加工されているものがあるようです。

これは、なかなか見分けることができなくて、時々連売りのビーズを見ながら「加熱っぽい……?」と首をかしげています。
加熱らしきアクアマリンの水色は、確かに緑っぽさがない冴えた色味できれいですが、やはり、写真のような自然な色味が好き。

何ともやわらかでやさしい水色です。


新宿ショー戦利品

今日も所用につき不参加。

ハズレだハズレだといいながら、買ってたりするんですけども。

とりあえず、写真が撮れたものから。

マニカラン

インドの水晶です。
お店の人の話によると、アイスクリスタルの産地として知られるインド北部、ヒマチャルプラデッシュ州のクルにあるマニカランで、アイスクリスタルが採れる近くで、少しだけ見つかった水晶だ、ということでした。

この場合、注目するのは「アイスクリスタルが採れた近く」。
「少ししか採れなかった」というのは、ちょっと話半分気分です。
というのも、「少ししか採れなかった(だからレア)」と強調する石は、「少ない」という言葉から想像するほど少なくなかったり、実は追加で採れましたという場合が多いからです。

いったいこいつはアイスクリスタルと同じなのか、別物なのか。

手にとって見せていただくことしばし。
パワーがわかる人なら、これでアイスクリスタルと似ているとか違うとかわかるのかもしれませんが、私にはわからないので、区別するには一にも二にも観察あるのみ。

まず。
柱面は溶けてごつごつのように見えます。
色は無色。この石だけでなく三つ四つあったすべてが、同じ感じ。
アイスクリスタルと違って錐面(先端のとんがり)が残っています。

ただし、アイスクリスタルにもほんのりピンクになっているものばかりではなくて、

無色のがありますし、

先端が残っているのもあります。

それに、なんといってもアイスクリスタル最大の特徴は「溶けていること」
溶けた触像水晶は各地で産出します。ところが、ばっちり溶けて、しかも溶けて「▽(逆三角)付き」のものが大量に、しかも一時に出回った事例というのは、私にとってははじめてです。

よく似た時期にブラジルのトライゴーニックや溶け水晶が出ましたが、一部のお店のみでした。

アイスクリスタルはお目見えしたミネラルショーでは1店舗でしたが、その後のミネラルショーでは一気に扱いが増え、ネットショップでもたくさんみかけるようになりました。
この広がりの早さは、やはり驚異。
他の産地ではあまり見かけないトライゴーニック付き水晶であるという意味ではレアでも、手に入り安さという意味では、もはやレアと言いがたいのでは。

話を元に戻しましょう。
今回の水晶がアイスクリスタルかどうかを判断するには、これが溶けているかどうかが最大のチェックポイントではないでしょうか。
……というのも、石を手に取り、会場の照明に反射させて表面を見てみると、アイスクリスタルとはちょっと違うように思われたのです。

アイスクリスタルは溶けています。
しかし、この水晶は光を反射させると、アイスクリスタルでは見かけない反射をします。その反射具合はどうもこの水晶本来の結晶面の反射。つまりアイスクリスタルでは溶けてごつごつとしているか、磨りガラス状になっているはずの結晶面が残っていることを意味します。

不思議に思い一、番小さいのを買って帰ってルーペでチェック。

光を反射している面には、細かい筋が……水晶の成長線が残っています。
やはりこの部分は溶けていない。
一見ぼこぼこして溶けたようにみえるところも、ルーペで見ると、溶けたと言うより細かく凸凹したカテドラル……という感じ。
若干は溶けているのかもしれませんが、溶けていたとしてもごくわずか、このまま溶けたとしてもアイスクリスタルと同じようにはならないような気がします。

最初、似ていると思ったのは
こちら
こちら
「ヒマラヤ水晶」。周りにおいてあった水晶からしてクル産であることはほぼ間違いない中に混じっていた水晶です。
普通に見かけるものよりも、横筋が凸凹はっきり(とてもはっきり)していて、ちょっと毛色が変わって見える水晶でした。
これが溶けたもの?

いや、むしろ似ているのはこちらかもこちらのタンザニア産。
実は、ブラジル式双晶など二つの結晶である水晶のつなぎ目が、何らかの理由でちょっとずれて、それが角の部分に現れて、こんな風に「面取り」になってしまったのではないかという説がある(本当にそう言うことが起こりえるのかどうかわかりませんが)水晶に似ています。

今のところの結論……似ているけれど、アイスクリスタルとは違うみたい。
溶けているわけでもないみたい。

なにしろ、マニカラン産といってもこういう

緑水晶が出るくらいなので、マニカラン産にもいろいろあるわけです。

アイスクリスタルの近くで少し採れた……それには間違いなくても、アイスクリスタルとはまた別の、違ったタイプの水晶である……そういうことだと思います。




今日は不参加

例年、土曜日はミネラルショーに参戦してますが、今回は所用で土日不参加。
なんだかがっくりのような、微妙にハズレっぽいのでほっとしたような。出もその分、月・火は参加予定です。

さて、今回のミネラルショーで「絶対買う」と決めていたものがあります。
それは、本。

つい最近、水晶についての本が立て続けに2冊発刊されたのです。
パワーストーンブームのおかげで、石の本は数出ても、内容が物足りない。時にちょっと間違ってたり。
鉱物の本も出るけれど、水晶はその中の一つの扱いなので、これまたちょっと物足りない。
そこへ、パワーストーンではない水晶の本の登場です!

これは買わねば。(ちょっと高いけど)

1冊は
京都マリア書房刊
飯田孝一著
水晶不思議図鑑 水晶がわかる本


「天然石検定教科書」の著者による水晶本です。
結晶の話も載っていますが、最大の特徴は大きな写真付きでいろいろな水晶が紹介されていること。
水晶と共生する鉱物も出てきて、「これはいったいなんだっけ」という疑問のいくつかが解決しそうです。

普段、水晶と言えばビーズ、あるいは透明な石……というイメージの人が見たら、「こんなに色々あるのか!」と目からウロコ必至!
原石派水晶好きの気持ちがおわかりいただけるのではないでしょうか。

写真が大きい分、説明がちょっと短いかも。
説明については、水晶初めて、鉱物のことは全くわからない……という場合には、やや理解が難しいところがあるかもしれませんが、まずは水晶の表情のいろいろを見て驚いて下さい。

水晶の形を説明するのに、いろいろな名称が出てきますが、あまり一般的ではない(飯田氏の命名?)ものもあるように思います。

もう一冊は

誠文堂新光社刊
砂川一郎著
成因・特徴・見分け方がわかる
水晶 瑪瑙 オパール ビジュアルガイド


もう、タイトルを見ただけでわくわくわくっ著者が砂川氏と聞いて即決。
砂川氏は結晶学の権威で、水晶の研究をされているそうなので、その方の本となれば是非とも!
そのため、本の内容は結晶学方面の色が強く、もう一冊と比べるとかなりハイレベル。(私にとっては)
そのため、「水晶がわかる本」はぱらぱら見て、ふむふむと内容を楽しむことができましたが、こちらは「た、たぶんすごいことが書いてあるんだ、がんばろう!」……はい、勉強します……。
難しいけれど、水晶の形に惹かれる私にとっては、是非とも理解したい内容です。

もう一冊、マリア書房から水晶の本が出てましたが、こっちはちょっとパワーストーン的内容。
こちらの方が入門編にはいいかもしれません。
ミネラルショーの書籍ブースで扱っています。

新宿ショー・レポート

行ってきました、新宿ショー。

新型インフルエンザと不景気のダブルパンチで、人出が減るかと思いきや、減ってません。
開場15分くらい前に行ったんですが、すでに行列。その長さは平年並み。

ちょっとフライングで10分前に開場、行列の中間あたりにいた私が開場入りすると、予想通り、すでに中は人、人、人。

今日の気温が低かったからなんとかなったようなものの、これで天気が良くて暑かったら……!
会場は石好きさんの熱気でむんむん、十分暑かったです。

まず……今年の出店状況から。

第1印象:原石多め。ビーズやアクセサリーの店の割合が減っているような……?

第2印象:「掘れる」店が少ない。……個人的に不満

第3印象:インドと中国元気なし。アフガニスタン・パキスタンものもちょっと控えめ

第2、第3の印象はつながってます。
インドの店中国の店はあるにはあるんですが、明らかに店の数が減ってます。アフガニスタン・パキスタンものの店も品揃えが小粒。
これらの店は玉石混淆で石をころころ並べて、中には加工を疑う怪しいのもあるけれど、石の名前さえわからなかったりするけれど、探す人の見る目一つでお買い得石をゲットできる、ミネラルショーの醍醐味のようなところがあります。(私には)

それが少なくなったので、なんだか寂しい。

開場の通路はいつも通り十分狭いので、店が減った分他の店が入り込んでいるはずなんですが、そう言えばこのお店が新規だ……という印象があまりありません。
つまり、さほど特徴のない店が増えたと言うこと?

さて、個人的にはビミョーにはずれショー。
ミネラルショー初日は、「買っちゃった」「やっちゃった」、とにかく「これぞ今回の目玉!」……という石を見つけ、その時のショーの印象が決まってしまうものなんですが、今回は……「これで行こう」はあっても「えーい。買っちゃう! 今回の目玉!」に出会えなかった感じ……かな?

ただし、これは私個人の感想であって、例によって開場でお会いした石好きさんの中には、目当ての石が予想以上に安く「あたり」だった人もいます。

記憶をたどって見かけた石をつらつらと……。

珍しくカザフのストロベリー・クォーツが出ています。同じくきれいなダイオプテースもあり。

ネパールのヒマラヤ水晶は、少ないようす。見かけたお店では高額。

アホーアイト入り水晶はありますが、去年のようにどーんと扱っているお店はなく、あってもなぜかそのお店の目玉と言うより、隅にひっそりある感じ。
探すにはじっくり見ないと見逃します。そんな状態なのに、小さいのものまで軒並み超強気。
数センチの小さい石でも4ケタ後半。アホーアイトに見えない緑のが入った石も5000円以上なんて。
この石の超強気値段がある限り、「パワーストーンなんてタダの水晶にものすごい値段を付けてさあ……」という、鉱物系石好きさんのぼやきは分が悪いです。
アホーアイト、石のパワーに関係なく高いです。

去年に続いてマダガスカル産の日本式双晶をたくさん売っているお店あり。アメジストの日本式双晶
、日本式双晶が複数くっついたもの、いろいろです。私もここで買いました。

別のお店ですが、日本産日本式双晶を売っているお店もあります。

アゼツライト、ゴールデンアゼツライト、サチャマニ・クォーツ、サンダ・ローザ・アゼツライト、ローゾフィア、モルダウ・クォーツ……ヘブン&アース社系ストーンをお捜しの皆様、これらを扱ってるお店ありです。タンブルなどのラフ石があったので、お値段もそこそこ……?(聞いてないですが)。

そう言えば、隕石系の店が減ってます。例年モルダバイトをごそごそ並べているお店があるんですが、今回は見かけませんでした

おお!と思ったのは、ブルガリアのお店、ガレーナ(方鉛鉱)が、おそらくフローライトのキューブ状の結晶のエッジの部分にくっついた後、フローライトが溶けてしまったのでしょうか、中空の、立方体のエッジの部分だけのガレーナがあり、これはとてもかっこよかったです。(値段高いですが)

えーと。マラカイトとの上にジプサムがキラキラ結晶した石を買ったし……(最初は水晶だと思ってました)

アイス・クリスタルは探せばあるけどかなり少ないようす。
すごくすてきなパキスタン産の触像水晶があったんですが、なんと12万!

でも探すと数百円~数千円でエッチング&トライゴーニックあり(もちろん表示なし)。

ロシアものは元気なし……。青い合成水晶、ねらってたのに。

あ、触像アクアマリンや石英母岩のエメラルドなどのかけらが1000円均一!というところがありましたが、目立たない売り方だったのに、皆さん目が早い。初日でいいのは売り切れてます。(追加で出していなければ)

やはり、見るからにいい石は値段もおステキなんですが、よーく探せば、意外なものが意外にお値打ちであるようす。
人の多さや暑さ、通路の通りにくさにめげず、開場を嘗め尽くす覚悟で探せば、きっと掘り出し物があると思います。

いよいよ 新宿ショー!

いよいよ明日は新宿ショー!

参加予定の皆様、欲しい石のリストアップはお済みですか?
いざ、実物を目にすれば、目移り必至、リストアップした石が必ずあるとは限らないんですけど、
「あ、探すの忘れた!」
……というのも切ないので、一応リストアップしておくことをおすすめします。

別館サイトには
ミネラルショーについてのあれこれコラムを載せておりますので、どうぞ~。


私は、例によって「Void Mark」バッグを持って出かけておりますので、見かけたら声を掛けて下さいね~。

たわし・アクアマリン

ごぞんじのように私は「溶け水晶」好き。
ただ、水晶好き全体で見れば、トライゴーニックだとか、アイスクリスタルだとか特別に名前が付けられているものを除けば、「溶けて変な形になっている水晶」が好き……というのは一般的とは言えません(たぶん)。

しかしながら「溶けてる結晶」が人気な石もあります。
アクアマリンです。
溶けてるアクアマリン……「エッチング・アクアマリン」は、きれいな結晶形のアクアマリンとはまた別の人気があるようです。
少なくとも、私の周りでは。

熱水によって溶かされたのだというアクアマリンは、ちょうど氷が溶けてスポンジ状になったような感じ。
淡い水色で、溶けたなめらかさと複雑な形がキラキラと輝いてきれいです。
たとえばこんなの(海外サイト)

ところが、私の石好き心はイマイチ反応が鈍くて……。
「ね、きれいでしょ?」
……と言われて
「うん、きれいだね」
といいつつ、不思議と手を出さすにいたのです。

ところが、今回の石はほぼ即決!
だって……すごくおもしろい。

tawasi

おもしろいのに、なかなか写せなくて足踏みしてましたが、このたびちょっとは雰囲気が写せたかと思い、登場です。

上記の海外サイトの写真はキラキラ溶けてましたが、私が買ったのは、まるで繊維を束ねたように溶けてます。

そのさまはまるで「たわし」
クールできれいなアクアマリンが、たわし状になるとは!

この溶け具合も熱水によるものだと言うことなんですが……、やはり水晶と同じように、アクアマリンも結晶の癖(格子欠陥)によってさまざまな溶け具合になるのでしょうか。

虹石

トパーズ・レインボー

ブラジル産のトパーズです。
全くの無色のクリア・トパーズ。

トパーズ・レインボー2

全体では結晶面があるにはあるものの、半分に割れたような石なのですが……やけにきれいに虹が出ます。
レインボーは、クラック(ひび)が入っていてそこにわずかな隙間があり、そこで光の回折と干渉がおこって現れるのですから、内部が見えるくらいに透明で、ちょうどいいクラックがはいっているなら、水晶でなくても見えるのです。

この写真が何よりの証拠♪

トパーズであることよりも虹を撮りたくて写した一枚です。

”The voice of the forest”

forest

パムテック・ブレス第2弾。

繰り返しになりますが、パムテックとは珪化木(ペトリファイド・ウッド)、もっと詳しくはオパール化した椰子の木を削り、天珠と同じような方法で模様を焼き付けたお守りビーズ……天珠ビーズの兄弟かいとこのようなもの。

知らない人が見たら「天珠の偽物」と思うかもしれませんが(実際、そのようなニュアンスで売っていたところがあります)、これはこれで歴史のあるビーズなのです。

私は天珠も好きなのですが、パムテックのいちだんと素朴な風情も好き。
天珠やパムテックは、祈りや歴史とともに人々を飾ってきたモノだと思うので、大量生産が可能になっている天珠よりも、未だ手作りの風情を色濃く残すパムテックの方が、肌に馴染むような気がします。

天珠もパムテックも、古い時代に作られたものはとても手に入れられませんが、歴史に思いを馳せられる丁寧な作りと雰囲気のものがいいと思っているので、その点でもパムテックの手作り感は、好印象。

素朴だけれど丁寧に作られたものは美しい……そう思って作ったのが、パムテック・ブレス1号でした。
1号のメインのビーズは、形も模様もぴしっと決まっているし、見るからに「丁寧に作った」と感じるビーズでした。
それに比べると、2号(今回のブレス)のメイン・ビーズは、よく言えば形もおおらかで、模様はとても手書きっぽい。
それに、表面もなんだか色あせ乾いた感じで、見た目ちょっと雨風に晒してしまった木のビーズという感じでした。

forest2

これは、ブレスにする前のビーズ。
とにかく、2号のメイン・ビーズに比べると、見劣りする感じたっだのです。

このビーズをブレスにしてみようと思ったのは、天珠好き先輩にある話を聞いたからでした。
アンティークな天珠(dZi)として、表面がくすんですすぼけたようなものが売られているが、本当の伝世品の天珠は、作った中でできが良く色や模様のきれいなものを、何世代も大事に身につけてきたから、長い間手で磨かれ続けてしっとりした輝きを持っているのだ……というのです。
現代品の天珠もきれいに磨かれていますが、機械で磨かれたガラスのようなつるつるとは、微妙に……わかる人には明確に……違うのだそうです。

その話を聞いて、ふと思ったのでした。
瑪瑙のビーズを、仮にこれからずっと毎日身につけても、しっとりしたつやを出す事はできないだろうけれど、パムテックだったらどうだろう。
このちょっと雨ざらしっぽいパムテックなら、見た目木っぽいし(オパール化した木ですが)、変化出るかも。

そんな「実験気分」だったのです。
パムテックや天珠のようなビーズでブレスを作るには、雰囲気の似たビーズを合わせるといい感じ……ということで、ちょっと雨ざらし系の、素朴そのもののビーズに合わせて、素朴で力強いビーズを集めてブレスにしました。

ほとんどモノトーンで、あでやかさとは縁がないブレスですが……。
メインのビーズもちょっとオイルで磨きました。
それを腕にはめてものの数日。

その変化に唖然。

……なんだか、色が変わったような。
このビーズ、こんなにくっきり白黒(白の部分は木の色)模様だったっけ。
それになんだかしっとりした感じになってるし。

ちょっと見劣りするかも……と思っていたビーズが、深みのある、いい感じになっているじゃありませんか!
やはり、1号に比べると地味ですが、このおおらかに強い感じはむしろ好きです。





プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム