FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

母岩付き

石は、特に鉱物標本の場合、母岩が付いているものが良いとされます。
母岩が付いていることで、産状が……どういう地質のところで、どういう鉱物と一緒に育つのかがわかるからです。
母岩が鉱物の産地を特定する手がかりになる場合もあります。

鉱物標本にこだわらなくても、母岩付きの石には「風景」があるのが魅力。
たくさんの結晶が塊になっていればいたで立体的でおもしろいし、他の鉱物と一緒になっているのもおもしろい。
母岩の上に結晶がころんと一つ……でも様になってしまうのは、母岩という舞台があるからでしょうか。

一方、単独の結晶は、その形をじっくり手にとって楽しむことができるのが魅力。
母岩付きは、触りたおし、時には持ち歩いたりする楽しみ方には不向きです。

どちらにも長所・短所があるので、私の場合には、その時々によって母岩きに眼がなかったり、単独の結晶ばかり手に取ったり、いろいろです。

今回の石は、母岩付きモードの時に買ったもの。

母岩付きリチア輝石

スポデューメン(リチア輝石)の母岩付き♪
真ん中やや右よりで、百校で輝いて見える頭とんがりの結晶がスポデューメンです。
クンツァイトもリチア輝石ですが、これをホワイト・クンツァイトとか言うのはやめましょう。
スポデューメンの中でピンク~紫の色のものがクンツァイト。
ピンク・クンツァイトというのも、ちょっと変。(ピンク・「ピンク~紫のスポデューメン」ということになります)

クンツァイトもヒデナイトも、繊細な色合いと微妙な透明感が魅力の石ですが、「退色」という宿命があります。
クンツァイトもパワーストーンとして人気ですが、アメジストが退色するとか言うくらいなら、クンツァイトの退色の危険をもっと強調してもいいのに~。
それとも私が知らないだけで、ビーズになってるクンツァイトは退色しないとか?

とりあえず、私の頭の中では「退色」。
写真の石も、買ったときはもうちょっとほんのり緑だったように思うのに、今ではほとんど白いです。

でも、スポデューメンの母岩付きは、あまり見ないように思うんですけど。
写真では、なにやらごちゃごちゃしてますが、実物も同じようにごちゃごちゃしてます。
長石っぽいのと雲母っぽいのと……あとは、何だろう。

このごちゃごちゃの中に、スポデューメンを見つけたときは、ちょっとびっくり&得意でした。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム