INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

Green Serpent

石ビーズではサーペンティンが(も)好きです。
ニュージェイドと呼ばれる淡い半透明緑のビーズではなくて、不透明の、まさしく名前の通りの「ヘビ柄」の石が。

私が持っているところでは、

ロシアン・サーペンティン

atlantisite
アトランティサイト(サーペンティン+スティッヒタイト。色合いは色々あり)

そして、シルバー・アイの別名を持つ、濃い緑色の中に銀色の筋を持つサーペンティン。
シルバー・アイ

このたび、濃い緑+銀筋のサーペンティンの10ミリビーズを買いました。
(10ミリしかなかったのですが)
上の写真のものよりはもうちょっと色混ざりが多く、さらに野性的な石です。
でも、このタイプのサーペンティンは意外に見かけないので、コレは逃すまじとネットでぽちり。
(後で買い足そうかと見てみたら、売り切れでした。もしかして人気?)

手元に届いてみると、予想以上にワイルドな雰囲気。
でも見かけがワイルドな割に軽く、手触りは石と言うより木に近いかんじがします。

これは、好みだ!

思わず、このビーズのみでブレスを作ろうかと思いましたが、いざ作り始めると
それではちょっと手作りの意味がない、などと欲が出てしまい、いろいろな石をあわせてみましたが、独特の荒々しい質感を持つこの石にあう石がなかなかありません。

そもそもこの石を思う存分楽しみたかったのですから、迷いも出ます。

私は、ブレスレットを作る際、パワーストーンショップで買ったブレス型を使っています。
薄いプラスチックでできた、輪状の溝を刻んだケース状のもので、まずはこの溝に石を並べて検討します。
方には女性用と男性・子供用が一つになった2タイプがあり、女性用で作るとうれしいことにぴったりサイズ。
手芸用のネックレスを作るためのボードをよく見かけますが、所詮あれはネックレス用。
完成系に近い輪の状態で見当できるこのブレス型は優れものです。

ただ、この型では、わたしがよくやるように小さい金属パーツを挟んでみるには不向きなので、石の並びが決まったら、一端テグスにビーズを通し、実際手首に巻いてようすを見ます。

輪の状態で見るのと、実際手首にのせたときでは印象が異なりますし、ブレスは身につけるものですから、肌の上にのせて映える組み合わせこそが正解です。

実は、このサーペンティンだけで腕に巻いてみたのですが、これはさすがに息苦しい感じ。
こういうときは、金属パーツの出番です!

パワーストーンブレスでは、左右対称がいい(左右対称でなければならない)とか、使う石は●種類以下が良いとか、間に金属を挟むとエネルギーがそこで止まってしまうとか、いろいろな意見を聞きますが……私としては、これは個人の自由だと思います。

なるほどその通りだと思えばその意見に従えばよいし、もちろんそれは違うと言う意見もある。
「……しなければならない」と言うほどの強制力はないでしょう。

先日、持ち主の気持ちの方が、石のパワーを発揮させることができるにちがいない。と書きましたが、もう少し言葉を補えば……、パワーストーン的に、ブレスがエネルギーを発するという考え方で言えば、自作であれ、作ったものであれ、既製品であったとしても、それを選び、我がものとした人の「すてき!」「きれい」「これは、私のブレスだ」……という喜びの感情こそが、ブレスレットを起動させ、持ち主のためのエネルギーを発揮させる、と考えます。

左右非対称でも、金属パーツ山盛りでも、一つ一つ全部違う石だったとしても……「これだ!」と選ぶ持ち主の気持ちがあれば、問題になるとは思えません。
まあ、左右対称や石の種類をある程度押さえた方が、見た目のまとまりやすくなり、結果として「きれいだなー」と選ぶ人が増えるかもしれないとは思いますが……。

自作か、オーダーか。既製品か。
デザインは、石の組み合わせは……。
これらは全て、選ぶ人が「これだ!」と思うための「演出」ではないでしょうか。

どれだけ気持ちよく、強く、「これだ!」と思えるか。
それを身につけることに喜びを覚えるか。


自分で石を一つ一つ選んで作る……だから、「これだ!」と思える。
専門家(?)からアドバイスをウケながら作ってもらう……だから、「これだ!」と思える。
ある時店頭で、運命の出会い。既製ブレスに一目惚れも「これだ!」

石の意味を気にする、気にしない。これも「これだ!」のための理由です。
だから、金属パーツを挟んでも挟まなくても、それで「これだ!」と思えば何の問題もない。
……金属パーツを使うと、浄化などで気を遣わなくてはならなくなりますが。

石は楽しんでなんぼ。
結果としてそれが「楽しい」「うれしい」であれば、それが正解でしょう。

そして、「楽しい」「うれしい」が判断基準であるなら、正解か否かを判断するのは持ち主さん自身にしかできないことです。

……ということで、「楽しい」「うれしい」のためにいろいろ試行錯誤しました!

最初は青いアパタイトをあわせてみてダメ。アイボリーのリバー・ストーンは雰囲気が違う。
そこで石はサーペンティンのみで金属パーツのみを挟んでアクセントにしてみました。
これでいったんは完成させ、一日身につけてみたんですが、ほんのちょっとしっくり来ない……。

そこで、一つだけ他の石を混ぜてみました。

green-serpent

いや~、ほぼ全部10ミリビーズのブレスは、実に久しぶり!
普段、10ミリビーズを連続で使う場合は、間に小さいビーズやスペーサーを挟んで間隔をあけて軽さを出すんですが、それをせずに連ねたのも久しぶり。

セラフィナイト&チャロアイトブレス以来かも。


今回のサーペンティンに一粒混ぜたのは4ミリのカーネリアン(染めの赤瑪瑙かも)のラウンドカット。
金属パーツは、あえて大ぶりなものを選び、(見た目の)軽さではなくサーペンティンに負けないボリュームを重視しました。

このワイルドさが魅力なのですから、それを緩和するよりも生かす方を選ぶが吉!
小さな赤いビーズを選んだのも、大きさ、色、質感に大きな差をつけることで、サーペンティンの雰囲気を際立たせるため。

同じ理由で、大きな金属パーツを全体に散らさずに、わざと固めて配置しました。
このパーツ配置でまたもや試行錯誤。
赤いビーズの位置も微妙でした。

最後は、ゴムを結んで完成させても、しばらくすると納得できなくなり、切ってやり直すの繰り返し。
特に赤ビーズと透かしの入った金属パーツの間にサーペンティンを一粒入れるか二粒入れるかで悩みました。

端から見るとどうでも良さそうなことですが、最後に写真の配置に行き着いたとき(サーペンティンも微妙な色合いで並べ替えました)、
「コレだ!」
……という満足感が。

「これだよこれ、コレがぴったり! やったね」

たぶん、この感情によってこのブレスは目覚め、息づき、私のためのエネルギーを循環させはじめたはずなのです。巨大な金属パーツを使っていても。
(大きいパーツでも軽いので、他の大ぶりなブレスより見かけに反して軽いです)


最後に……「ブレスをさわられた!」と憤慨する方がいらっしゃいますが、悪意があって触れるケースなどまず無く、「きれいだね~」と触れている場合が多いはずです。

「綺麗だね」という褒め言葉(それ故の行動)をに対して、「他人のブレスを許しなしにさわるなんて」「さわられて気持ち悪い」と思うよりも、「褒められちゃった~♪」「ありがとう」ととらえた方がブレスのためにもいいと思います。
短時間の接触と持ち主さんの感情とでは、どちらが強い影響を及ぼすか、考えるまでもないと思いませんか?

まんまる石

ギロル石


インド産のギロル石カルサイトです。
大きい透明な方がカルサイト、クリーム色のふわふわした感じの丸いのがギロル石。
カルサイトというならばギロル石の方もギロライトと言った方がいいかも……でも、何だか舌をかみそうなのでギロル石。

バランスからするとギロル石付きカルサイトという感じですが、ギロル石~と買ったので、ギロル石の方が主役なのです。

さて、ギロル石。
綴りはGyrolite
「表記揺れ」がけっこうありまして、ガイロライト(ガイロル石)、ジャイロライト(ジャイロル石?)などと表記されます。綴りを見ればどれもありえそうな……。

ここで、この石の名前の由来をたどってみます。
どうやら、ギリシャ語の「回転 丸まった」という言葉の「gyro(gyros)」または「guros」に由来するようです。ただし「guros ギリシャ語」で検索してみても「gyros」ばかり出てくるので、ギリシャ語の「gyros」に一票入れましょう。(もともとgiroでその英語表記がgyroかも……?)

ギリシャ語の「gyro(gyros)」は英語で言えばcircle。
そもそもコンパスの意味があるとかで……ジャイロスコープと呼ばれる「ジャイロ」もコレが由来。

ギロル石は単体だと実は扁平な結晶なんですが、たいていそれが集まって丸い……毛糸をくるくる玉にしたような柔らかい感じの球体になっているので、「丸い」ということでギリシャ語の「丸まった」という言葉が当てられたのでしょう。
(見た目柔らかそうですが、オケナイトのようにふわふわしていません)

つまり……その心は、まん丸ころころ石?

ギロル石では語源がわからないのでジャイロライトと呼んだ方が……といいますが、ジャイロだとコンパスや、ジャイロスコープ、オートジャイロ……どうしても「回転」という意味合いが強いように思われます。

ギロル石は確かに丸いけれど、ころころ転がっているわけではないし、回転しているような渦巻き模様があるわけでもないし。
ジャイロというと、別の意味でイメージが変わりそうです。
とりあえず、慣れ親しんだ「ギロル石」と呼んでおこうかな。

なんだか「ギョロメ石」……感じ出てませんか?

黒き砦

パキ・ショール

パキスタン産のショール(黒トルマリン)です。

ビーズやタンブル、磨きでは、どちらかというと渋い石というイメージがあるショールですが、原石でつやの良いものは、まさしく真っ黒ピカピカ、縦の条線がひときわ冴えて、とてもスタイリッシュでかっこいい石です。

ビーズになったらなったで、オニキスよりも重く、気合の入った不透明黒は存在感たっぷりで好きなんですけども。
(オニキスとショールのビーズが混ざると見分けが付かない……といいますが、全体的なつやと、よく見るとショールには細かいひびが入っていることで見分けられます。それに、オニキスよりショールの方が重いです)


さて、この石はつやピカな結晶が三本並んでくっついた石。
ちょこちょこくっついた石英(たぶん)の白が、黒い輝きを一層引き立てます。

マクロレンズでぐぐいと迫ると、まるでそびえ立つ漆黒の砦。
かっこいい~!

ところで、この石には大変おもしろい見所があります。
側面はつやピカなのに、結晶の先端部分が欠けたようになっているのですが、ここがとてもおもしろい。

真ん中の結晶の先端部分をぐぐっとアップ。

パキ・ショール

わかりますか? 結晶の先端が 剣山のように針状の結晶の集合体となり、その上に本来の大きさの結晶の先端部分が、蓋のように被さっているのです。

どうしてこんなことになっちゃうんでしょう。
自然界がやることは、時に想像を超えます。

Dark-Nebula

dark-nubula


花のようでもあり、星雲のようでもあり。
その正体は……こちらのバイオタイト(黒雲母)入り水晶(かけら)です。

こんな風に虹が出ます。

ヴァジュラ・ヒマラヤン

こりもせずに繰り返します。

私は「変」な石が好き。

な形になるということは、その石が育った環境が大きく影響していると考えられます。
……ということは、大地とより強く結びついた石、そう考えることはできないでしょうか。

そうでなくても、「変」の魅力はオンリー・ワンの魅力。
同じ水晶でもこの石にしかないとーう、強烈な個性を持つ石。
そんな石が好き。

もちろん、ヒマラヤ水晶も好き。
ヒマラヤ水晶で「変」だったら……文句ナシでしょう!

そこで、こんな石。
bajra

いや~、久々にきました・スペシャル・変!
全面磨りガラス状+緑泥まぶしで、水晶らしい透明感やつやは全くありません。
お世辞にも「きれい」とは言えませんが、この形!
インパクト大!

このとき、お店には綺麗な緑泥入りやクラスターや、魅力的なガネーシュ・ヒマール産水晶がたくさんあったんですが、この石、小さくて綺麗ではないにもかかわらず、異彩放ちまくりでした。

なんたって、水晶にすら見えません。

何ですか、コレ。

何を考えてたんでしょう。
もしかして、水晶以外の何かになりたかったとでも言うのでしょうか。

石は黙して語らないので、石に歩み寄るべく想像してみます。
いや……なんだか、見覚えがあるぞ、この形。

コレだ!

ガンター

写真は、ガンターとも呼ばれるチベタン・ベルですが、見ていただきたいのは持ち手の方。
画像上の方をご覧ください。

そっくり?

これは、ヴァジュラ(五鈷杵)です。
インド神話の武器に由来する、密教の法具です。

なんでも仏教の教えが煩悩を打ち砕いて悟りに導くさまを象徴するんだそうですが、もしかして、その心は煩悩というのはゴツい武器でなければ打ち砕けない……とか?

ヒマラヤ水晶でヴァジュラを彫刻したものを見かけることがありますが、これは天然モノです。

森の色ブレス

えい、ブレスで連続3日目!
とにかく作り出すとたくさん作ってしまうのです。
ただし、今回のブレスは新作ではなくて以前に作ったブレスを作り直したもの。

最近、初期に作ったブレスがそろってくたっと「ゴムの寿命」を示し始めたので、それを交換しつつ、気になった部分や、以前は無かったパーツを組み合わせて再度チャレンジを試みています。

今回俎上にあげたのはこのブレス。


丸ビーズだと数珠っぽくなるから嫌だ~(このころは丸ビーズを使っても数珠っぽくしないコツがわからなかったので)、と四角いビーズでチャレンジしたブレスです。

ビーズとしては初めてのセラフィナイト。
考えてみると、このころはセラフィナイトのビーズが少なくて、丸ビーズもなかなかありませんでした。

やや厚めの四角ビーズは丸玉を挟むにも難しいし、それだけではちょっと重苦しくブレスにするとビーズの間からゴムが覗いてしまいそうだったので、サイズ調整と軽やかさを考え、間にカレンシルバーや四角い金属パーツを挟み込みました。
深い緑色とやや鈍い金属の輝きはなかなか相性がよく、これはこれでまとまっていたのですが、今の私の目からすると、アクセントに入れたカレンシルバーのチャームが、石の大きさとアンバランス。

そして、ちょっとケルトを思わせる模様の入った金属パーツを手に入れたので、思い切ってゴム交換の機会に改変してみることにしました。
良くなかったら元に戻せばいいんだし。

で、こうなりました。
green-voice


金属パーツを交換し、アンバランスだったチャームを、同じくカレンシルバーの大きめ木の葉パーツに。
セラフィナイトの緑は深い森を連想させるので、植物モチーフが似合います。
四角い金属パーツは、模様がケルトっぽく思えたもので、ケルトと言えばヨーロッパの「森の民」。

着けてみるとこんな感じ。

green-voice2

シルバーの木の葉はかなり大きめですが、けっこう平気です、私。
ケルトの森の、ほの暗いルーンの魔法のイメージ漂うブレスになればいいなあ……。

さらにもう一つ

8ミリか、10ミリか。
10ミリラルビカイトで作りたーい!
……と勢いで作ってみたものの……ゴツくてもいいやと開き直ってみたものの、当たり前なことにゴツい。
このゴツいのがいいんだけど、いいんだけど……もしかして、8ミリでもいい感じに仕上がったりしないかな?

思わず悩み始めてしまい……悩むなら作ってしまえ、どうせ8ミリビーズもあるんだし。
……と再び勢いで作ってみました。
steel-7
(白背景の方がブレスの雰囲気が見た目に近いので、昨日の写真も差し替えました。)

ラルビカイトとガーネット、金属パーツの組み合わせは同じ。
違うのはラルビカイトのサイズと、ビーズの大きさが変わったので使う金属パーツを換えたこと。
なのに、一つのブレスとしてバランスを取ると、デザインが若干変わってくるのがおもしろいところです。

並べてみましょうか。
こっちが10ミリタイプ。
steel-8

10ミリタイプでは、大きい金属パーツが2つ、8ミリは3つ。
10ミリでは、ビーズの間に全て小さい金属スペーサーを挟んでいるけれど、8ミリは挟んでいないところもある代わりに、ランダムににちょっと大きめスペーサーを挟んでいます。

10ミリと8ミリでは、石の大きさが違い、そのために石の数が違うというだけではありません。
バランスの取り方が違います。

10ミリタイプは石の大きさがあるので、スペーサーを挟んでビーズの間隔を広げ、8ミリビーズや6ミリガーネットを混ぜて大小のビーズでリズムを作り、見た目重すぎないようにします。
これで男性用ブレスなら、スペーサーを挟まず、あえて重さを出して力強く仕上げるでしょう。

一方、8ミリの方は、羅ルビ回路は全て8ミリ、ガーネットも6ミリなのでビーズにはあまり大小の差がありません。ビーズも大きくないので、スペーサーを挟んでビーズの間隔をあけても、あまり効果は期待できません。
ビーズの大きさに差がないなら、つながりで見せて、金属パーツや大きめスペーサー(これも直径がビーズとほぼ同じでつながり感)で、金属の輝きをアクセントにした方が綺麗です。

はめてみるとこんな感じ。
8ミリ
steel-5

10ミリ
steel-4

8ミリか、10ミリか。

あなたならどっち?

私は……なぜか2ついっしょに着けてます。悩んだ意味なし(汗)

さて、この2つのブレスは、かなり色が濃いため、意図的にかなりゆったりサイズに作っています。
というのも、いつものサイズだと手首の一番細いあたりにブレスが来ます。
特に手を下げた場合、ここにごついブレスがあると腕全体がゴツくみえるような気がして……。
そのためにゆるく作ったんですけど、どうかなあ。

今度はサイズの問題が浮上。

8ミリか、10ミリか。それが問題だ

ラルビカイトのビーズが好きです。

ラルビカイトは「ブラック・ラブラドライト」と言う名前で売られていることが多いです。
ラブラドライトで、特に青い光(ラブラドレッセンス)が出ているものを「ブルー・ラブラドライト」と呼んでいることがあって、「ブラック・ラブラドライト」では見た目黒っぽいラブラドライトのことだ……と勘違いしてしまいそうですが、ラルビカイトはラブラドライトとはちょっと違う石。

鉱物分野のややこしい話になりますが、ラブラドライトは長石の中でもナトリウムとカルシウムを含む斜長石というグループに属します。
ところが、ラルビカイトの成分はほとんどがナトリウムとカリウムを含むカリ長石。カリ長石の中には、おなじみアマゾナイトやムーンストーンが含まれます。しかも、そのほか雲母などが混じっているので、ラルビカイトは「岩石」扱いされる石なのです。

単独の鉱物じゃなくて岩石だし、成分も違う。
アマゾナイト、ムーンストーンはラブラドライトとは違う石だというなら、ラルビカイトとラブラドライトも違う石ということになります。
一方でぜーんぶまとめて長石! というなら、ほとんど長石でほぼ同じ石。

ごくおおざっぱに言えば、ラルビカイトは、成分はムーンストーンよりなのに、輝き方はラブラドライトよりの石といえるでしょう。
(逆に、成分はラブラドライトよりなのに、輝き方がムーンストーンよりなのがペリステライトです)

もちろん、石としてのラブラドライトは好きです。
しかし、ビーズになって、ブレスに仕立てて実際身につけるとなると、ラブラドライトよりは断然ラルビカイト。シルバー~シルバーブルーのクールな輝きがかっこいい。
なので、ラブラドライトがメインのブレスは作ってないけれど、ラルビカイトのブレスはあるわけです。


さて……話は変わって、皆さん、ブレスを作るときにどれくらいの大きさのビーズをメインに使いますか?

私はブレスレットを作り始めた当初は、石の模様がよく見える、色・模様がたくさん見えるという理由で10ミリを選んでいたんですが、実際身につけられる(身につけて外出できる)ブレスを考えると、10ミリではちょっとゴツいかな……ということで、最近は8ミリに落ち着いています。

人によっては8ミリでも大きい、6ミリという人もいらっしゃいますが、これは使う石次第、つける人の手の大きさ次第。
私は、手が大きめなので、意図的に地味系石を使う場合は、6ミリでは弱すぎます。
ルビー・イン・ゾイサイトのように、かっちりした色合いの石なら、6ミリでも十分映えます。
6ミリ

逆に、淡くて小さいビーズを使うなら、部分的に強い色を持ってきたり、別素材の質感で輪郭を作ればいいのです。


ゴツいかもしれない10ミリのビーズも、間に金属のスペーサーを挟んでビーズの間隔をあけたり、所々に透明ビーズを挟んで「抜け」を作ったり、小さいビーズとの組み合わせでリズムを作れば、ごろりとした圧迫感を減らすことができます。



私……好きなので、ラルビカイトは8ミリと10ミリ両サイズ持ってるんですが……。
ラルビカイト10ミリで、ブレスが作りたい。
黒くて、ハードで、ごっついこの石で!
そんな気分になりまして……。

作っちゃいました。
steel-8

以前に8ミリラルビカイトで作ったときは金属パーツだけをあわせたんですが、今回は、石のサイズに合わせて金属パーツもあえてゴツめ。
その中でアクセントとして深紅のガーネットをあわせてみました。

最初は透明水晶をあわせてみたのですが、ラルビカイトのように黒くてゴツい石の中に透明の石が入ると、ボリューム的に釣り合わなくて、ボツ。

ヘマタイトのカットビーズでは、質感があわなくてこれもボツ。

思案の末、光に透かせば透明感はあるけれど、一見黒っぽくも見えるガーネットをあわせてみると……これがいい!

モノトーンにあえて色味の石をあわせたことで、ラルビカイトがよりいっそうハードに輝き、その中にガーネットの深い赤の輝きがきらり。
鋼で鍛えた剣に埋め込んだ宝石……と言ったら言い過ぎでしょうか。

ボリュームやゴツさが緩和できないなら、それを美しく見せてしまえばいい!
そう気づいて、思いっきりゴツく作りました。

暗くなりすぎないよう、スペーサーを挟んでキラキラさせてあるけれど、これ、もうちょっとバランスを替えたら、そのまま男性仕様のブレスにならないかな?
……試してみよう。

ゴースト・ガネーシュ

ゴースト・ガネーシュ

ぼよ~ん……と言うか、べろ~んと言うか。
思わず、変な擬音をつけたくなるような……あるいは、ややグレイに見える色合いと相まって、ちょっとお化けっぽくも見えるような……ヒマラヤ水晶、ガネーシュヒマール産です。

これにはちょっとトリックがありまして……。

ゴースト・ガネーシュ・2

実は、斜めに……たとえて言えば平行四辺形っぽく成長した、表面がざらざら磨りガラス状のカテドラルっぽい結晶です。
それを2枚目の画像の左側から、石の真正面を見るように写すと、1枚目のような奇妙な形に写るのです。

石をどう撮るか……それは、私にとって「どう見るか」と同義です。
普通は、どんな石かが一番わかる、その石が一番かっこよく見える角度を探して撮りますが、同時にそれとは異なる角度から、その石の「らしさ」が一番わかる角度を探すこともあります。

「わかる」と「らしさ」は微妙に違います。

「わかる」は説明を含みます。どんな形か、色か、透明度か。そういうポイントがわかりやすい写真。
たとえばクラスターだったら、どんな風に結晶が伸びているか。全体がどうなっているか、どれだけ透明なのか……そういうことがわかるように撮ると言うことです。

対して「らしさ」は、私の注目ポイント。
「わかる」写真も、私というフィルターを通して石を見ているわけですが、「らしさ」の写真はさらにKUROフィルター度アップ。
「この石はここだよな~」というポイントを写すので、全体がどうなっているのかがわからないこともあります。

今回の石は、柱面に縦筋が刻まれて、霜柱のように伸び上がったようすが「この石らしさ」だと思ったので、1枚目の写真となりましたが、どんな形の石かがわかるのは2枚目の方。

どちらも同じ石だけれど、見方によって違う。
どちらの写真を選ぶか、迷うときもあります。

逆に、何気なく取った自分の石写真を見ると、あるいは他人の写真と比べると、逆に自分の石の見方が見えてくるかもしれません。

最強パワー



ずいぶん前に作ったブレスです。旧ブログにも一度登場しています。

使っているのは、ジャスパーまたはサーペンティンの一種と思われる、不透明の緑の石と、赤瑪瑙、ちょっぴりルチル入りの水晶です。

ちょうどその時、カイアナイトの鮮やかな青を使いあぐね、いろんな石を組み合わせているときに、偶然組み合わせたのが意外に綺麗で、あとでその組み合わせを独立させて作ったものです。

使っているのは、レアでも何でもないおなじみ石。
どちらかというと色合いはおとなしめ……というより地味

でも、実際肌の上にのせると、地味なはずの色合いがおとなしいなりに美しく、不透明石なのにみずみずしく見える……肩肘張らない、おっとり癒し系ブレスなのです。
一時はお気に入りブレスでしたが、その後ブレスが順調に増殖したせいもあり、しばらくつけることもなくしまっていました。

久しぶりに取り出してみると、ゴムが寿命です。
私のブレスはゴムブレスなので、当然時間とともに劣化、交換が必要になります。
ゴムの張りがなくなり、のばしても縮み方が弱く、全体的に伸びて、ブレスがくたっとしてきたら交換のサイン。
1年くらいは平気ですが、1年半、2年となるとやばくなります。
(1年未満でも、環境やビーズの穴の処理によってはゴムが劣化したり切れたりします)

交換しておくか。

そう思って、手に取りしみじみ見ると、何だかつやも色も鈍く見えます。
もとから、つやぴかな石ではありませんが、それにしてもどんより気味。

あちゃー、傷ついたか、汚れたか。

石は、正面に細かい傷が付くとつや消しに見えます。
カルサイトなどは汗に弱いので、暖かい季節につけていると、表面が汗で荒れてつやが落ちます。
腕に塗った日焼け止めが付く場合もあり、そのように表面が汚れた場合も同様です。

このように、ブレスのお悩み相談で見かける、「ゴムが切れた」「石の色が変わった」は、実は物理的な理由が多いのです。
ちゃんと理由があるのだから、いちいち心配するのはおかしい……とは言いません。
もしかしたら、物理的には説明できない不思議なサインがあるかもしれない。……しかし、時間が経ったからゴムが劣化した、汗に弱い石を暖かい季節につけたからつやが消えた……など、普通に原因がわかることまで、何か意味は、なにかの兆候かと心配していては、本当のサインを見落とすことにならないでしょうか。

原因がわかることでも、何かの意味があるととらえるのがパワーストーンっぽいといえばそうですが、それにしても、むやみやたらに心配するのはかんがえものです。
第一に、精神衛生上よろしくありません。
第二に、イメージ的な考え方では、石が「心配なもの」になってしまいます。

そして、「何か意味があるのでしょうか」と質問して、なにがしかのコメントをもらい、「そうなんだ~」と思う。これについてもちょっと。
「そうなんだ」で安心して終わるのではなく、質問には書かなかった(書けなかった)細かい状況と照らし合わせ、なるほどそうであるかと納得する。それで初めて質問した意義があると思います。

さて、写真のブレスに話を戻します。
どんより見えていたブレスですが、ゴムを交換し終え、様子を見るために腕にはめてみると……。

何だかつやが戻り、色も明るくなったような。

石の並べ方もそのまま、ゴムを替えただけなのに。
石のパワーは感じない私ですが、店で一度確かに見て、興味をひかれなかった石が、別に人に選ばれてかごに入ったとたん、あるいは後日見せてもらったときに、
「え、この石があの石?」
と驚くほど綺麗に見えるという体験は何度か覚えがあります。

それを見るにつけ、石に意味があり、ブレスレットで石の組み合わせをうんぬん言うのなら、それと同じくらい、いや、それ以上に持ち主の気持ち、持ち主と石の関係は、大きな影響力を持つのではと思っています。

持ち主の意識などというものは、その人にしかわかりません。
当然、石の組み合わせなどに比べると、他人にはアドバイスしにくいことですが、自分のブレスを「綺麗だ」と思い、好きになってあげるのは、持ち主さんにしかできないこと

マニュアル化された浄化やチャージよりも、持ち主の気持ちの方が、石のパワーを発揮させることができるにちがいない。
私は、そう考えます。


名前のない魅力

クラウン

クラウン2

ブラジル産水晶です。

やや太めの結晶の先端部分に、小さい結晶がごちゃごちゃっとくっついている……生えています。
クラスターをかぶった水晶と言うとわかりやすいでしょうか。

内包物が特徴的なわけでもなく、なにか名前が付くような形でもなく、ヒーラーが名前を付けるような産地のものでもない。
ただ、この形を見て、何だかいいぞ、すてきだぞと心惹かれた水晶なのです。

これがいい、すてきでしょと力説すると、
「それって何という水晶なんですか」
と聞かれることがあります。イシスとかカテドラルのような名前はついているのかと。

……さて。
これはカテドラルではないし、セプターでもない。
小さな結晶がひとつ、先端にくっついているのなら「キャップ・ストーン」と言えるかもしれないけど、これでは違う。

そう、……この水晶は名無しです。

名無しでもいいじゃないかと思います。
自然が作り上げる形は無限。その一つ一つに名前を付けることなどできるはずがありません。
おおざっぱにまとめて名前を付ければ、それは細かい差異、個性に目をつぶること。
「変」という水晶の個性を愛でる楽しみ方に反します。

それくらいならば、名無しのままで、この石だけが持つ個性を、魅力を楽しみたい。



贅沢な6枚

アメジストの日本式双晶に続いて、またもやマダガスカル産の日本式双晶……のクラスター!

6枚ツイン

新宿ショーの初日に買ったもので、初日だけに選び放題(午前中だったし)。
何箱もある中から一番数が多いと思われるものを選びました。

なんと、日本式双晶が6つ。
日本式双晶だけのクラスター。

贅沢~!

これまでも日本式双晶のクラスターは見たことがありますが、普通の結晶の中に混じっているもので、日本式双晶だけのクラスターは、あまり記憶にありません。

だた、結晶が不規則に固まったクラスターなだけに、写真に撮るには難物。
どの角度から見ればそれぞれの双晶が綺麗に見えるか、それを見つけだすのが大変なのです。

そもそも石の写真は、その石の「正面」、すなわち、その石が一番綺麗に見える角度を探すのがキモ。(光の当て方もですが)
ポイと置いてホイと撮ればそれで良しと言うものではないのです。

普通に撮ると、机の上に置いた石に向かってカメラを構えるので、やや上から見下ろすことになりますが、私は意識してカメラ位置を下げ、真横から見るようにしています。
石によってはあえて上から見下ろすことも、逆にやや下から見上げるように撮る場合もあります。

今回の石では、どの角度から見てもハート形の日本式双晶が重なってしまうので、なるべく重ならない角度(やや上から)、さらに光を微調整して手前をやや暗く、奥に光を当てて、重なった結晶が光で浮き上がるようにしました。
その上でフォトショップ(エレメンツ)でちょっぴり輪郭を強調。

花びらが群れるような感じがとてもかわいいと思いませんか?

この写真は、アメジストの日本式双晶と一緒に、ショーの会期中に急いではがきに印刷して、買ったお店に持っていきました。
お店の人はとても喜んで下さって、
「また、来年あいましょう!」(英語だったので……たぶん)

はい、会いましょう。
すてきな石を期待してま~す!

銀色の造形

プラチナ/R2

ブラジル産のブロッカイト/ルチル入り水晶です。
ところによっては「プラチナルチル」と呼ばれているものです。
もちろん、プラチナが含まれているわけではありません。
銀色で、普通のシルバー・ルチルより少ないことから、プラチナの名前が付けられたのでしょう。

「プラチナがはいってる」という、実にいい加減な説明をしているところもあるようですが、金ルチルだから金が、シルバールチルだから銀が……までは説明できても、黒や赤、先日紹介したタイガー・ルチルはどう説明するんでしょうね。

ルチル入り水晶の「○○ルチル」という呼び方は、見た目の色、形(内包のようす)で付けられた、あだ名のようなもの。
見た目区別なのでわかりやすい反面、微妙なものは店や人によって付けられる名前が違います。

なので、「こっちではプラチナルチルと言ってるけど、こっちはシルバー、いったいどっち?」と悩むより、意見が異なることもあるのだと割り切って、自分なりの基準をもって区別することをおすすめします。
自分の基準を持つためには、いろいろ見て考えなければなりませんが、それは同時に石をじっくりしっかり見る、良い機会でもあります。
なんと言っても、対象は石なのですから、石好きさんにとってはうれしいチャンスのはず。

私は、自己基準完備済み。
あ、最近気づいたことですが、シルバー・ルチルはアップで撮ると赤みがかり(ルチル本来の赤?)、プラチナ・ルチルはアップで撮っても赤みがからないような気がします。

プラチナ/R

さて、上の写真の全体像はこんな感じ。
クラスター・タイプだと結晶と結晶の間に内包されて見にくいことが多いプラチナ・ルチルがどーんと真ん中に内包され、ばっちり見えています。

そう言えば……このプラチナルチル入り水晶、売られていたときは「アクチノライト入り」でした。
アクチノライト、違うでしょう。
知り合いの石好きさんも同意見。
いつもは石の名前はしっかりチェックして付けているはずの石屋さんなのに、どうしたことか。
すみません、自分判断でラベル替えました。

かけらの美しさ

バイオタイト・イン

パキスタン産(もしかしたらアフガニスタン産)の水晶です。
水晶といってもほぼかけら。結晶面は一部にしかなく、他は割れた破断面です。
いったいどちらが結晶の先端だったのかもさだかではありません。

しかし……ほんのわずかスモーキーの感じさせる色合い、わずかに残った結晶面のなめらかさ、透明さ。
内部にはおそらくバイオタイト(黒雲母)と思われる鱗状のものが内包され、その周りには小さな虹が散っています。

石としたらかけらだけれど、この小さなかけらのたたずまいが、何とも言えずみずみずしく感じられて心地よい。
標本的価値でなく、パワーストーンの意味でもなく。
感覚だけで選ぶ石もいいものです。

ディープ!

聞くところによると、ブラジルの公用語であるポルトガル語には「ピンク」にあたる言葉がなく、表現するとすれば「ローズ(ローザ)」になるのだそうです。

ピンク色のクォーツなのにローズ・クォーツと呼ばれるのは、もしかしてそのせい?

言うまでもなくローズは薔薇。
バラ色と言えば「ローズクォーツのような」ピンク色ではなく、もっと濃い色。
ローズ・クォーツとは実は名前通りの石ではないわけです。

……普通は。

実はローズ・クォーツといっても色は色々あります。


濃いもの、淡いけれど透明度の高いもの、ピンクというよりラベンダー色のもの……。濃い色のローズ・クォーツは「ディープ・ローズ」と呼ばれることもあります。

上の写真で言えば左やや上の大きめ丸玉などは、所によってはディープ・ローズと呼ばれるかもしれません。(わたしはういろうのようなローズ、「ういろーず」と呼んでますが)
でも……私は、ディープ・ローズとは呼びません。

バラ色と言えば濃いピンク。それがさらに濃いというのだから、だったらこっち。

アフガンディープローズ

アフガニスタン産のローズ・クォーツです。
これまでにもいくつか登場してきましたが、これはやや大きめだけあって、色の美しさが際だちます。
濃いめの、でも透明感のあるスモーキーの上にごらんの通りの濃い色合いのローズ・クォーツが結晶しています。

この濃い……まさしく薔薇色の色合いは、アフガニスタン産ローズの特徴。
アフガン・ローズにも色の薄いもの、塊状のものがあるんですが、ローズクォーツの一大産地ブラジルやマダガスカルには、ここまで濃いものはないでしょう。
少なくとも私は見たことがありません。

写真のアフガン・ローズは高さで10㎝ほど。
たいていは小粒で、中には結晶の形がはっきりしない、ちょっと溶けたような……カルセドニーにも見えるものがありますが、中には大ぶりの結晶もあります。
知り合いの石好きさんがそれを持っていますが、やはり濃いめスモーキーの上に、濃いピンクの薔薇色クォーツ、先端にむかって色が淡くなるのは同じ。

これぞ、薔薇色!
これぞ、ディープ・ローズ。

力説します。

双子アメジスト

日本式双晶という結晶の仕方をした水晶があります。
一つの結晶面を共有し、結晶軸が84度34分の角度でくっついている水晶です。
たいていは平べったい結晶がくっつき、全体としてハート型っぽい水晶です。

ところが、日本式双晶=平べったいかというとそうとも限らなくて、マダガスカル産のアメジストの日本式双晶は、ちゃんと厚みがある結晶がくっついています。

マダガ・ツイン

マダガスカル産の日本式双晶のアメジストです。
しかも、片方の結晶が奇妙にのびて逆セプター(普通のセプター・クォーツとは逆に、上に成長した部分の方が小さい)になってます。
よーく見ると、向かって右側の結晶ののびている部分の中に、左側の結晶とほぼ同じ結晶が合ったことを示すファントムが見えているのがわかりますか?
かつては同じくらいの大きさの結晶がくっついた日本式双晶だったようです。

どうして、片方だけがのびていったのかは分かりません。
どうしてアメジストだと厚みがある日本式双晶になるのでしょう?

小さいけれど可愛い形、小さいけれど不思議がいっぱい。

タイガーだってさ

トルマリン入りでもルチル、アクチノライト入りでもルチル、針状内包物だったら何でもルチル。
いくら見ため重視でも、そう言ういい加減さはあまりよろしくないのではないでしょうか、パワーストーン。
ルチル入りというなら、水晶の中に入っているのはルチルであるべき。
針入り水晶というならトルマリン入りでもいいですけど、今度はビーナス・ヘアーと呼ばれる細くてしなやかな形状のルチル入りを外さなくてはなりません。しなやかな繊維状だったら針じゃない。

……と、あまりにも有名、ありがたくないいい加減っぷりが目につくルチル入り水晶ですが、またまた謎な名称が増えつつあります。

その名も「タイガー・ルチル」

この名前で呼ばれるものは一つではないようで、
(1)タイガー・アイとルチル入り水晶ビーズを組み合わせたブレス
(2)キャッツ・アイに似た光の筋が出るルチル(金~ブラウン)
(3)ブラウンルチルのこと
(4)ブラウンがかって太めの「固そうな」ルチル

数で言うと金ルチルなみにきれいだけど、金色と言うには茶色がかっている色調のルチルのことを指しているようです。
以前は(4)のちょっと固そうなタイプの方がヒットしたんだけれど……いつの間にか茶色っぽい金色ルチルが優勢に。
金と言うには茶色っぽい、ブラウン・ルチルでは冴えないからタイガーというところでしょうか。

個人的にはタイガー・ルチルと呼ばれているのと同じ色合いのが、別の店では金ルチルだったりして、色の区別はかなりばらつきがありそうなので、(4)に上げておいた「固そうな」という条件を重視したいところです。

タイガー・r

ブラジル産水晶です。茶色いルチル入りです。たぶん、ルチルでしょう、これ。
わざわざ「たぶん」と付け加えるのは、ルチルの特徴を備えているけれど、他のルチルほどには金属光沢が無く、かなり「固い」感じだからです。
ルチルというにはぼそぼそした感じなので、ときどき「ルチルじゃないかも」と疑います。

このタイプは見た目がかなりワイルド。
タイガー……虎というなら、こういうワイルドさがあってもいいんじゃない?

夢見の石

実は、ただいまちょっと早く帰省中。
いや~、田舎の涼しい夜は良いですねえ~。さすがに昨夜は台風のお陰で蒸し暑かったですが。
雨さえ降っていなければ、窓開け放題風通り放題。
朝起きたときの爽快感が違います。

日中に、涼しい場所にいても眠くなりません。
眠くなっていたのは、やっぱり暑い夜のせいで睡眠障害だったんだ、きっと!

涼しい夜って、こんなに素晴らしいものだったのね、ということでこれ。

コロンビアン・ドリーム

眠りつながりで、コロンビアの水晶
「ドリーム・クォーツ」の別名を持つ、パステルグリーンの水晶です。
この色味の原因はエピドートとインディゴライトと言われているようですが、私はちょっと疑問。

コロンビアのドリーム・クォーツは他にも幾つかあって、それぞれ少しずつ違います。
ひとつめは、アクチノライト入りと書かれ、「Blue Quartz」のラベルの割には淡いグリーン・グレー。
ふたつめは、ドリーム・クォーツの名前で売られていて、説明ではエピドート入りでしたが、エピドートには見えないもやもや系内包物入り。
みっつめは一部にエピドートが食い込み、内包物は細い細い直線的繊維状(針状)。

そしてよっつめ、今回の石は。
色味で言うとパステルグリーンだけれども、これまでの中では一番「青い」。
繊維状とか針状と言ったような内包物の形は見えず、半透明に色づいているように見えます。
写真でかたちがとらえにくいのは、何かが表面に食い込んでいたようで、その痕跡がぼこぼこ深いすり鉢状の穴になって残っているから。

このすり鉢状の痕跡を見るに、どうも繊維状のものが食い込んでいたように思われます。
他の産地でクロシドライト(青石綿)が内包された水晶があり、その水晶も似た痕跡も持つものがあるからです。

このような痕跡を残すものとして、トルマリンであるインディゴライトはやや考えにくい。
トルマリンは細い細い針状にはなるけれど、繊維状にはならないと思うのです。
エピドートは……エピドートは繊維状になるとビソライトと呼ばれます。これはかなり繊維っぽいものです。……しかし、色がちょっと……。
ふさふさ繊維状のビソライトが内包された水晶を見たことがありますが、それはやっぱり緑であり、この石のように青みを帯びているものはなかったように思います。

アクチノライトは、インディゴライト入り青水晶にも混じると言われていて、青の色味が期待できますが、インディゴライト入り青水晶にアクチノライトが混じった場合は、色味が灰色っぽく鈍くなると言われていて、それは、一つめのグリーングレーの色合いにふさわしいように思われます。

やっぱりこの色味に一番近いのはクロシドライト
クロシドライトはリーベッカイトが繊維状になったものだそうで、リーベッカイトがホーク・アイ(ブルー・タイガーアイ)の内包物で、あの青黒い色をしている鉱物であることを考えると、それが細く細くなって内包されれば青くなるのではないでしょうか。

実は、水晶の内包物というのは詳しく分析されていることが意外に少なく、実は見た目で「これではないか」と言われたものが、いつの間にか「この内包物は○○である」と断定口調になり、そのままずっと紹介され続けているものがあるようです。

最初に見かけた情報で「そうなんだ」と安心していると、いつの間にか説明が変わっていることもあるので、普段から石情報には気を配っていなければなりません。

最近ではパワーストーンの分野でトルマリン入りもアクチノライト入りも何でもかんでも「ルチル」と呼ぶせいで、ルチルとは「水晶中の針状の内包物の総称である」と勘違いしている人も出てきています。
水晶の内包物はじっくり分析しないと分からないものが多いですが、少なくとも「ルチルではない」と分かるものは多いので、それくらいしっかり区別し、変なルチルを増やさないでいただきたい。

砂漠の窓

アルジェリア・ウィンドウ

アルジェリア……あるいはモロッコ。サハラ砂漠産の水晶だそうです。
以前、同じサハラ砂漠産だというアメジスト・ファントムを手に入れましたが、今回のは透明な層状の……スケルタルです。

エレスチャルという場合もありますが、角の部分が特に結晶し、まるで水晶の骨組みのようなこのタイプは、スケルタル(骨格の)と呼ぶ方がふさわしい。

スケルタルといってもメキシコ産スケルタルのように、角の部分が骨組みのように結晶し、面の真ん中に穴がありているものもあれば、内部が層状で表面はなめらかで平らなものもあります。

今回の写真の水晶は、面の真ん中に穴は開いていませんが、やはり角の部分の結晶が進み、それが枠に、凹んだ部分がガラスの部分の、窓のよう。
……と考えた人がいたらしく、このタイプの水晶はウィンドウ・クォーツと呼ばれることがあります。

ただ、のように、菱形の面を持つ水晶も「ウィンドウ」と呼ばれるので、ちょっとややこしいです。
そのせいでしょうか、某バイブルではフェンスター・クォーツと呼んでいます。

フェンスターとはドイツ語で「窓」の意味。
気分は分かりますが、ドイツ語で窓だと説明して欲しいものです。いきなりフェンスターと言われても分からなくて(綴りもなかったので)調べるのが大変でした。

今回の写真の石は、面の真ん中が綺麗に凹んだ、みごとな「窓水晶」。
その様子を写したくて、慎重に角度を調整しました。お陰で、シャープな結晶のエッジを綺麗に写すことが出来ました。



ふわり、ファントム

朧1

ブラジル産のファントムです。
ふんわりと白く、よく見ると幾重にも重なるファントム。

ファントムの重なりが見えるということは、

朧2

横から見るとファントムが半分しかなくて、その断面が見えているということ。

なぜ、ファントムが半分しかないか……。
今はこうやって垂直に立てて見ていますが、実際地中の晶洞にあったときは垂直に映えていたとは限りません。
アメジスト・ドームを見ると、水晶の結晶がいろんな方向に生えているのがわかりますよね。

熱水中でファントムを形作る不純物がゆっくり当時の結晶面に降り積もる際、この水晶は、実は壁面から横に生えていて、そのとき、上になっていた部分に不純物が降り積もってこのようなファントムになったのではないかと考えます。

ファントムは、結晶の成長具合を物語るだけでなく、実は結晶の生えていた向きも教えてくれるのかもしれません。

エッチング・ガネーシュ?

先日、例によって石屋めぐりをしていたときのことです。
一緒にいた石好きさんが見つけてくれました。
「ねえKUROさん、溶けたのがあるよ」

普段から「溶けた水晶好き~!」と公言しているし、ミネラルショーも一緒に行っている仲なので、私の石の好みは完全に読まれています。

「え、溶け水晶? どれどれどれ?」
……と見てみると、ちょっぴりスモーキーがかった(スモーキーというほど色は付いていませんが、無色透明とも言えない淡い色)蝕像水晶が。

エッチング/ガネーシャ2

この見かけはパキスタン産かな?
もちろんブラジル産の可能性もありましたが、店の品揃えからして可能性が高いのはパキスタン産
……と想像してみます。
見かけはインド・マニカラン産のアイス・クリスタルにも似ていますが、それにしては色が似ていません。
アイス・クリスタルのようにうっすらピンクではないからです。
アイス・クリスタルでも、ピンク色でないものがありますが、10個以上の石があってひとつもピンクがかったものがないのでは、アイスクリスタルではない可能性が高い。

「産地はどこですか?」
と聞いてみると、
「ヒマラヤ」
……ヒマラヤだけじゃ困るんですけど。
私はヒマラヤ水晶好き。好きであるからにはちょっとは詳しいです。
ヒマラヤと言ったって、ネパール、インド、ブータン、中国、パキスタンにまたがる広大な地域。
中にはヒマラヤ山脈から離れた場所の水晶まで、ヒマラヤ水晶と称して売られている有様なので、産地はヒマラヤです、そうですか、ヒマラヤ水晶ですか、で済ますわけにはいきません。

ヒマラヤの中のいったいどこ。

お店の人は、「今までと違う場所だ」と言います。
もしかして、アイス・クリスタルで新たな産地が登場したか。
「インド?」……と聞いてみると「違う」。
このお店の人は外国の方なので、つっこんだ話になるとちょっと不便。
「じゃあ、ネパール?」
「えーと、ガネーシュ」

……これ、ガネーシュ・ヒマール産!?

いや、最近ガネーシュ・ヒマール産で明らかなエッチング・クォーツが出たのは知ってましたが、それにも似ていないぞ、この石!
以前に見たのはもっと透明で溶けてつやつやになってましたが、これはごつごつ。

エッチング/ガネーシャ

ガネーシュ・ヒマール産といいましても、一つの山ではありません。ガネーシュ・ヒマールの名前を持つ山は7つあり、それらを含む山域と解釈するのが正しいです。
もちろん、ガネーシュ・ヒマールは6000メートル、7000メートルの堂々たる山々ですが、山域と言うからには、そんな山のてっぺんではなくもっと低いところ、山と山の間の谷で採れた可能性もあるでしょう。
でっかい山が七つもある山域ですから、全然タイプの違う水晶が出たって不思議ではありません。

……情報が正しければ。
産地にうるさくこだわるのは、石好きコレクターの都合。現地で水晶を採っているネパールの人々にとっては「あそこの山」くらいの意識だそうで、厳密に何処で採れたかはっきりしない石も多いからです。

でも……ガネーシュのごつごつワイルド・エッチングか……。
もとから溶け水晶好き、ワイルド水晶好き、ヒマラヤ水晶好き。
ネパールだというなら、ガネーシュ・ヒマールでなくてもヒマラヤ水晶ではあるわけで。

私好みのポイントを色々そろえた水晶。悩みどころは結構大きいので値段が張るであろうということ
「う~ん」
と悩んでいると、お店の方は
「レインボー出てます。トライゴーニック出てます。これ、一番おすすめです」
と力説。

確かにトライゴーニック出てます。(下の写真で向かって左側、光を反射している面に大きいのが見えてます)

トライゴン・ガネ

でもー、トライゴーニックじゃなくて、全体の溶け具合がツボなんです~。
トライゴーニックが出ていて、この溶け方ってことはアイスクリスタルと同じような水晶ってことで、インドとネパールという離れた場所で似た水晶が出る、ついでにパキスタンでも似たのが出る(トライゴーニックが出ているかどうかはわかりませんが)ということは、ヒマラヤ・アルプス造山帯という環境が似た水晶を生むのでは……? という想像が膨らむし。

しかも、結晶の厚みが5センチ近いのに、向こう側の指がしっかり見える透明度もあり。

エッチング/ガネーシャ3

最近、お店の力説ポイントと私のツボがずれるケースが多いなあ……。

思い切って値段を聞いてみると、高くはあるけれど予想よりは安い。
……ということで。

値段を聞いてみるのはタダなので、思い切って聞いてみるのが吉。
聞いたら買わなきゃならないかとちょっぴりどきどきしますが、予算オーバーです!とはっきり言えば大丈夫。
「じゃあ、予算はおいくら?」と返される場合もありますが、そういうときは、ちょっと希望もコミの安めの値段を言って、値段交渉してみてもいいかも。

隠れてます

マニュアルなんか無い、やったもの勝ち♪……ということでブレス第3弾。

第2弾の天珠ブレスは、天珠がほどよい大きさであるために、見るからに「天珠使いました」という雰囲気にならなかったことがお気に入り。
天珠は存在感があるというか、目立つというか、「濃い」というか……。それがいいところでもあるのですが、「好きなんだけど、そこまで目立つのはちょっと」という場合も多いです。

ふむ。天珠を使っているけど、一見そうは見えないというのも面白い。
そこで「実は天珠ブレス」をテーマに作ったのが今回のブレス。

秘密1

実は、天珠ブレス第3弾

作るのは楽しいけれど、どんどん増えるのも困るので、以前に作ったブレス(↓)を作り替えました。


さーて、どこが変わっているでしょう?
……といいたい感じですが、天珠がちゃっかり入っているのが分かりますか?

隠れて天地

加熱しすぎたのか、かなりひび割れなこの小天珠、これまた焦げたようなラバ(溶岩)ビーズの中に混ぜると、見事にカモフラージュされて、確かにそこにあるのに目立ちません。

使っているのはショール、オニキス、リバー・ストーン、ラバ、レッド・タイガーアイ、ルチル入り水晶のさざれ、そして天珠。
もとのブレスは、間に小さな金属丸ビーズを挟んで、石と石の間隔を開け、見た目に軽やかになるように作りましたが、今回は天珠とのかねあいであえて石の間隔を詰め、金属パーツも入れ替えてボリュームを持たせました。
黒のラウンドカットビーズ(オニキス)が一つ増えているのも、反対側にある天珠-ラバ(溶岩)の部分とバランスをとるため。

全体を見てもらうと、ブレスのほぼ半分がリバーストーン中心の白、残りが天珠-ラバの黒い部分。
白い部分には黒の部分と対応するように存在感のある黒のラウンドカットビーズを入れ、黒の部分には白い部分との対応で大きめ金属パーツ、全体にレッドタイガー・アイの赤で色味をプラス。

極端に色味を絞り、ビーズのカットと質感でバランスをとりました。
そのため、きらびやかなビーズは使っていないのに、他のブレスに負けない存在感。本来なら地味に見えるショールやレッド・タイガーアイがとても美しく見えるブレスになったかな~と思ってます。




Red Circle

昨日に続いて天珠ブレス
……最初のブレスは、メインの天珠が大きいため手首側に回ってしまい、アクセントとして使った黒い小天珠が表側になることがあります。
それもなかなかよく見えたのでもうひとつ、今度はメインの天珠なしで作ってみました。

同じ赤い石、レッド・タイガーアイ、黒い天珠、金属パーツをあわせたブレス。
黒いひび割れ小天珠は石ビーズと同じような大きさなので、下手に目立つことなくブレスに組み込むことが出来ました。

レッド/サークル

小天珠が3つ、金属パーツも3つ。
そのくせ石の並びは不規則
ブレスの石の並びを考えるとき、「絶対こうでなければならない」という自己マニュアルはないので、時には左右対称や規則性のある並びを試してみることがありますが、たいていそこから手を加えて対称性や規則性を崩していきます。
左右対称や規則性のある並びは、どうも落ち着きすぎてしまって、「動きがない」ように感じられるので……。(←個人的好み)

左右非対称でも、規則性が無くても、バランスさえ取れていれば腕にはめるときちんとなじみます。
ブレスの石の並べ方がうまくいかなくて困っている方は、一度、これまで一度もやったことがない並べ方……半分半分で石を変えてみるとか、わざと規則性を外してみるとか、何か今までやったことのない並べ方を試してみることをおすすめします。

うまくいかなかったら即座にばらせばいいのですから。おそれることはありません。
どうしようかな……と思う場合は、携帯のカメラなどで写しておくと便利。写真があれば、すぐにもとのデザインに戻せます。

ブレスは、どうしても(写真のように)できあがった「輪」の状態で全体を見てしまいます。
その場合は、左右対称や規則性のある並びは綺麗に見えるんですが、ブレスレットは身につけるもの。腕にはめた状態で綺麗に見えることが第一です。

そのため私は、石選びも、並べ方も、実際に肌の上に置いて確認しながら作ります。
ゴムに通してしまうとデザイン変更が不便なのでデザインが決まるまではテグスに通し、腕に巻きながらバランスやサイズを確認します。
今回のように、一つのブレスの部分的なデザインから新たなブレスを作ることもしょっちゅうです。

一見地味に見える石も、肌の上に置くと意外に感じよく見えたり、逆に石だけだと綺麗なのに腕にはめると意外に映えなかったり、石の色や大きさによっては手首ぴったりサイズがよいもの、かなりゆるめが美しく見えるものもあり、同じ自分用ブレスでもブレスごとに微妙にサイズが異なります。

私は、個人的に石ブレスにマニュアルはないと思ってます。
たくさんの人がいろんなブレスを作り、「これとこれの組み合わせはいまいち」というような「傾向」があったとしても、その組み合わせを美しいと思い、そのブレスが気に入ったのであれば、何の支障もない
……組み合わせのタブー(らしきもの)よりも、持ち主の「お気に入りパワー」の方が断然強い。そう考えます。

たとえば、
「この石は好きだけど相性の問題で使えない、残念」
「願い事のためにはこの石のくみあわせだけど、あんまり好みじゃない」

「好きな石でブレス、嬉しい!」
という気持ちを比べたら、後者の方が楽しいし、願いがあれば叶いそうな気がしませんか?

「○○と△△の組み合わせがおすすめ」はあり得ても、「○○と□□はあわせない方がよい」とか「あわせてはいけない」というマイナス・マニュアルは気にしな~い。
だいたい、「意味が反対のものはあわせない方がよい、パワーが相殺される」とか言いますが、「陰陽のバランス」「女性性と男性性の融合」というように、正反対のものが一つにまとまることを良しとする場合も多いのです。

あるサイトで、私の星座の「アンラッキー・ストーン」がターコイズでした。
ターコイズは好きな石の一つなのに、「アンラッキー」!?
私にとっては大きなお世話

「好きなのに持っちゃいけないの?」と悩むより、「アンラッキー・ストーンを味方につけたら最強!?」と考えた方が楽しいです。石だって「誰が何と言おうと好きだよ~」と言われた方が気分がいいに違いない。

ご都合主義、脳天気ともいいますが、パワーストーンでは「心のパワー」も重視されます。
つまり、ご都合主義、脳天気とは、言い方を変えれば自分で気持ちをコントロールして、心をプラスエネルギーで満たすこと。
……というと、かなりすごいことに思えませんか?
思うこと、考えることはタダ。それで楽しくなるなら、やってみるが勝ちです。

レッド/サークル2

Earth-Sky Door dZi

お久しぶりに天珠ブレス。
天珠というか……天珠風と言った方がいいかもしれませんが。

例によって石屋&ビーズ屋をうろうろしておりましたらば、天珠(風?)ビーズを見つけました。
よく見かける黒(濃茶)と白の長細い紡錘形のあれではなくて、ころんとした樽型の、赤地に白の模様、ひび割れ模様付き。

天珠といっていいかどうか……まあ、天珠と呼ばれるものだと思います。
ただ、私が好む天珠(古い天珠を思わせる作りの丁寧な天珠)とは違う、現代天珠です。

ちょっと大きいけれどブレスにも出来る大きさ。色も面白い感じです。
さっそく好みの模様を探して買い込み、来た道を急いで引き返しました。

なぜなら、この赤い天珠(風?)ビーズにぴったりの石ビーズをさっき見かけたからです。
普通の天珠はあわせるビーズをかなり選びますが、絶対あれはぴったりだ。

というわけで、できたのがコレ。

天地1

一番たくさん使っている、赤とコーラル・ピンクの中間のようなビーズが、引き返して買った石ビーズ。
おそらく瑪瑙~ジャスパー系の石であると思われます。
それよりもやや濃い赤の、ラウンドカットのビーズは、レッド・タイガーアイ(ブルズ・アイ)です。

天珠(風?)ビーズも赤なら、あわせたビーズも赤。
それでいてきつい感じにならないのは、「これなら合うぞ」と買った石ビーズの色のおかげかも。
濃いような、柔らかなような、色あせたような、それでいて派手なような、中途半端な……中間な感じが天珠を目立たせながら天珠と融け合う、まさに中途半端の勝利。

この中途半端な色合いのアクセントと、無国籍風味付けとして大きめ金属パーツをはさみ、もうひとつ黒い天珠を入れました。
こちらは大きさが小さく、加熱しすぎ(?)っぽいひび割れ天珠。

天地2

さて、私は天珠の模様を好みで選びますが、模様の意味にはあまり興味がありません。
見てバランスのよい模様、名前は字面のイメージ程度は考慮。
出来れば最近新しく作られた模様ではなく、古くからある模様が好みです。
だいたい天珠の模様は呼び方すらかつては何と呼ばれていたかも分からず、近年台湾の研究者が名付けたもの。意味に至ってはさらにその後に付けられたものだと言われています。

今回私が選んだのはたぶん天地天珠。
○と□からなるシンプルかつモダンな模様です。こんなにシンプルなのに、天と地とは、なんて面白い。
ただ、普通は天地天珠と言えば○と□なのに、こちらは片側が◇で中に点がはいっています。残る一方も○だか□の中間ぽい感じ。
これは本当に天地天珠だろうか?

ちょっと現代デザインの模様っぽい気もします。

天地3




プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム