FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

薄ピンク

クル・ピンク

インド、ヒマチャルプラデッシュ州、クルの水晶です。
ヒマラヤ水晶でインドと言えば、多くはこの産地。

ただ、以前はざくっとインド産ヒマラヤ水晶はクルにされていて、最近はもうちょっと詳しくバルバティとかマニカランとかいわれるようになってきているようです。

マニカランの地名を見かけるようになったのは、アイスクリスタルの登場以後で、一時期はマニカランと言えばアイスクリスタルという感じでしたが、産地に気をつけてみると

のようなグリーン・クォーツがあったり、意外にこれまでインド・ヒマラヤ産として見てきたのとそっくりな水晶があるようす。

クルやマニカランの位置は、私が調べた限りでは




こんな感じ。ヒマラヤと言うからにはインドの北部で、クルは街の名前でもありますが、水晶の産地としてはクルを含む渓谷全体を指しているようです。
同じ渓谷にマナリという街があり、そのため、クル・マナリ産と言われていることもあります。

インド・ヒマラヤ水晶の産地として見かけるパルバティは、どうやらクル渓谷と平行する隣の渓谷。
マニカラン(マニカラン村)は、その一角……らしいです。
このあたりは地図にもほとんど出てこなくて、小さな地図でやっと確認したので、位置がずれている可能性があるのでご注意を。
平行する渓谷と言っても、どのくらい独立しているかはわからなくて、この周辺全体がクル渓谷と称されているかもしれないです。

そう考えると、これまでクル産として見てきた水晶にも、マニカラン産があったかもしれないですね。

さて、写真の石は、一応クル渓谷産とラベルが付いていましたが、いったいクル渓谷のどこなのかはもちろん不明。
インド・ヒマラヤらしい、酸化鉄による薄ピンクがきれいな石です。
このピンク色は、淡いと目立たないし、ちょっと濃くなると要するに「鉄さび」なので、透明感が失われ、さびっぽく見えてしまう微妙なもの。
最近は、きれいなピンクを見かけないのが悲しいです。

この石は、2005年の池袋ショーで買ったもので、絶妙な具合の薄ピンク。
四方八方につきだしたような結晶のくっつき方もおもしろい感じです。
同じ産地の水晶をたくさん並べている中で、ひときわ目をひいたピンクでした。

そうそう!
ネットショップをあちこち見ていたら、ちょっとがっくりな説明を見つけてしまいました。

「チベット・クォーツ(ヒマラヤ水晶)」ということなんですが……。
そこで紹介しているのが、チベット水晶に見えません。

「チベット・クォーツ(ヒマラヤ水晶)」の表記もどうかと思いますけど。
なぜならチベット自治区にはヒマラヤ山脈が通っているけれど、チベットと言ったって広い。ヒマラヤ山脈から遠く離れた場所もチベットです。

チベットで取れた水晶=ヒマラヤ水晶とは言えない。

まあ、チベット水晶として見かけるのは、カイラスなどヒマラヤ山脈に近いあたりのものが多いようなので、ヒマラヤ水晶としてもいいかもしれませんが……そのショップで紹介されている水晶そのものが、カイラスと言うよりガネーシュ・ヒマールっぽい。

これも、ガネーシュ・ヒマール(山域)はネパールとチベットの境にあるので、中国(チベット)側のガネーシュ・ヒマールもあるかもしれません。

しかし……どう見てもインド・マニカランのアイスクリスタルまでチベット水晶にされているのは、どうしたものか。

見かけもアイスクリスタル、名前もアイスクリスタル。
そのくせ場所はチベット自治区だと言ってるし。
上の地図を見てもらえばわかるように、マニカランはインド国内です。
どうみたってチベット・クォーツとは言えないでしょう……。
「チベット・クォーツは密教の知識と共鳴していると言われています」とか説明されていますが、アイスクリスタルでインドなのに、共鳴しているでしょうか?
……違うと言いたい。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム