INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥルージー・レインボー

またもやレインボー・クォーツ
池袋ショーではどっと出たのはうれしいけれど、きれいなのは減ったなあ……(玉石混淆で、虹彩があまり出てないのもたくさん出た)と残念に思っていたら、最近ちょっときれいめのが復活してきてうれしいです。

そんな中で見つけた変わり種♪

レインボー・ドゥルージー

小さい小さい結晶が無数に集まった、ドゥルージー(集晶)です。
結晶がかなり細かいので、「カルセドニー」と見なされたりもします。

虹彩、見えます?

色はやや灰色を帯びていて(結晶に色が付いているのか、母岩が透けているか微妙なところ)、ぐにょぐにょとした生き物めいたこれまた微妙なかたち。

その小さな小さな結晶が虹。

ひかえめに、しかし無数にちらちらと虹色に光ります。

素敵~。

いいなあ……これは、ちょっとしっかりした大きさで欲しいけど、大きいと高いよなあ……と溜息をついていたら、

「このタイプはグラム●●円ですよ」
……と、おっしゃるではありませんか。
何と! それはレインボーにあるまじきお値段。それなら買わねば。
ということで、7センチ×5センチくらいの手頃な大きさをゲット。

やはり、結晶の粒が大きく透明度があって 虹彩が強く出ているものほど(虹彩がしっかり内包されているものほど)
グレードが高く、値段も高いようですが、このグレーが買ったドゥルージータイプも、なかなか。
虹が出る面は小さくても光る数が段違いに多い!

「産地はどこでしょう?」
Jalgaonですね~」
おお、ジャルガオン(お店の人の発音では「ザルガオン」に聞こえる)。
池袋ショーで売られていたのはアジャンタ産でしたが、地図で見ればアジャンタもジャルガオンも近いと言えば近い。
アウダンガバードとジャルガオンの境界付近が産地という感じでしょうか。
※アジャンタは Ajanta mineと鉱物名としてあげているところもあれば、産地の最寄りの街の名前を付けているという話もある

デカン


それにしても、初期の大粒虹ファントムタイプが出てこないのが残念です……。
(今回の石も、表面虹タイプ)


スポンサーサイト

贅沢クラスター

ファントム入クラスター

インドはヒマチャルプラデッシュ州産のクラスターです。
つまり、クルとかマニカランとかのインド・ヒマラヤ水晶ということ。
たぶん、クルだと思ってるんですが、アイスクリスタルで有名なマニカランでもクル産と見分けが付かない水晶が出ているので、確実ではありません。

大きさは掌をややオーバーしそうな……私の自己基準もややオーバーしそうな大きさ。
それでも飛びついてしまったのは、このクラスター、全部の結晶に白いガーデンorファントム入り

全体の形もまとまっていて、白い内包物入りなのでふんわりやわらかに見える美しさ。
割引価格で一葉先生で十分おつりが来るとなれば、買うしかないでしょう!

内包物入りは、石を表情豊かにします。
しかもそれは、唯一無二、この石だけの!……という表情。同じ産地で同じ種類の内包物であっても、表情は一つ一つ違うのです。

某曲の歌詞じゃありませんが、「それぞれ特別なオンリーワン」。

そういうところに惹かれるので、実は透明な「ザ・スタンダード」なクラスターは……ないかも(小さいのはあるかな)。
透明なものだって、形などは「オンリーワン」なんですが、「透明勝負なら、今でなくても探せるな」と思ってしまって……ダメですねえ、私。

ところで、最近「ヒマラヤファントム」「ヒマラヤホワイトファントム」という名前のビーズのブレスを見ました。

例によって「ヒマラヤと言っても広いですが、どこですか」とツッコミ。

聞いている時点で「この色ならネパールじゃないな」と思ってますが。
「ファントム」と言ったってファントムになってないし、これはガーデンと言うべきだろう……というツッコミは控えましょう。いくつかある中で一部分ファントムっぽいビーズもあることですし。

ちょっと意地悪な質問にもお店の人は答えてくださいました。
オーナーらしき人にも確認して
「インドですね」
なるほど、インドならば白っぽいファントム(or ガーデン)もあり得る。

願わくば、今回のような「結晶」を削ってビーズにしていませんように。
輪ブレスを作っていても、私は原石派なので、原石として鑑賞に堪えるものをビーズにしてしまうのは、私情たっぷりに「やめて~!」と言います。

そういえば「ブルー・ガーデン」とか言うのもありましたっけ。見るとブルーと言うよりやや灰色のガーデンでした。


二つの”エクリプス”

今日の石は、ネーミングの「ノリ」(センスよりもノリ)に乾杯!……という石。

「天然石」としてちまたに出回っている石の名前は、鉱物名、宝石名、現地の呼び名、ヒーラーが付けた名前、色や模様がいろいろあるので、区別と商品管理をかねて付けられた名前……など実は内訳がいろいろです。

全部の名前を一緒くたに「石の名前」として認識してしまうと、同じ石にあっちとこっちで違う名前が付けられていたり、色によって区別していたりしていなかったりで混乱必至。
ある程度石の名前を覚えたら、
「アメジストは紫色の水晶のことだが、紫と言っても色々ある。その中で淡いラベンダーカラーのものをラベンダー・アメジスとと言ってちょっと細分化しているんだな。ちょっとピンクがかっているように見えるのをピンクアメジストと言っていたりするらしい」
……という具合に、自分なりに名前の整理整頓をすることをおすすめします。

まあ、やたらにキラキラしい名前、カッコイイ系の名前はヒーラーが付けたか、パワーストーンとして付けられた商品名だと思えばいいかなと思うんですが。
言ってみれば芸名やリングネームみたいなもの?
「斑糲岩」と言われるより「ミスティックメルリナイト」と言われた方が、気分良くイメージを広げることができますよね。(個人的には「斑糲岩」「ミスティックメルリナイト」両方知っておきたいですが)

特にパワーストーンとして付けられた商品名(特に命名したヒーラーがいるわけでもない名前)は、見た目や発見された時のようすなどを「説明」していることが多いようです。
たとえば、縞馬柄に似ているからゼブラストーン、茶色と白っぽい茶色が混じるジャスパ-にカプチーノジャスパ-、氷河が溶けたところで見つかったからアイスクリスタル……など。

さて、今日の石も実はそういう「説明系ネーミング」?

ジャスパ-1

誰が呼んだか、エクリプス(ジャスパー)
※「エクリプス」で売られてましたが、海外サイトではEclipse Jasperだったので(ジャスパー)としておきます。

黒にも見える濃い緑の地に鮮やかな黄色の色合いが印象的な石です。

エクリプス(日蝕)というなら黒地に黄色の「輪」だけの方がそれっぽいですが、まあ、そこまでは言いますまい。
何にせよエクリプスと言われて思わず頷いてしまう、インパクトがあります。

同じ種類の石でも、黄色が丸い模様になっているのといないの(斑に黄色くなってる)があるので、できれば丸い模様のものだけをエクリプスと呼びたいところです。

紹介しているところは少ないですが、説明を拾い読んでいると、産地はインドネシア?
最近見つかったレアな石というふれこみですが、前からなかったっけ……? マスタード・ジャスパーと呼ばれて、ミネラルショーで売られていたような気がするんですが。

……と思って比べてみたら
ジャスパ-3
違うようです。

でも、去年とかの最近ではなく、何年か前から見かけているような記憶があります。

そしてさらにもうひとつ「エクリプス」を。
今度は何と「白いエクリプス」

ジャスパ-4

写真は、同じ石(カボション)の裏表。左が表(丸い方)、右が裏(平らな底面)です。
なるほど、丸い模様。

この石は何より、正体が秀逸です。
なんと、レインボー・クォーツの芯の部分。
池袋ショーでどっと流通した、あの虹内包のインド産水晶です。

ajanta7
短柱状アメジストの形状を示すレインボー・クォーツは、↑のような「こぶ」状になるものも多く、こういう形状の場合は、内部に「芯」のようなものがあります。
もちろん、レインボーは見えませんが、そんな「芯」まで磨いちゃうか!

しかもネーミングが「ホワイト・エクリプス」
もう、このノリに乾杯!

カクタス・クォーツのカクタスになってないドゥルージーの部分をスライスしたり、母岩だという石英部分を取り出して「ブッケンハート(地名)・ジャスパー」と呼んでるくらいナノで、レインボー・クォーツの芯磨きだってありなのか。

ここまでやるなんてある意味すごい。

二つのエクリプスを並べてみました。

ジャスパ-2


最後に、「商品名」について一言いいたいです。

パワーストーンで言う「ルチルクォーツ」は商品名(または流通名)だから、内包されているのがトルマリンやアクチノライトでも、ルチルクォーツでよい。

……という説明を耳に挟むんですが……。

そういういいかげんなことを言っちゃいけません。

ルチルは立派に鉱物名です。和名で金紅石。
ルチルと言えば、TiO2二酸化珪素が成分の鉱物のこと。
ちょっと譲って口語的に「ルチル入り水晶」「ルチル・クォーツ」を略して「ルチル」と言うにしても、ルチルという名前が示すのはルチル(金紅石)。そのはずです。

トルマリン入りがルチルの名前で売られてしまいことが多いのは、ルチルもトルマリンも針状で内包されることが多く、一見似ているので間違える……のは仕方がないけれど、見分けもせずにそのまま放置、ルチルと呼んだ方が売れるからルチルという、いい加減&商売意識のたまものです。

それを商品名(流通名)だから、とごまかさないでいただきたい。
少なくともトルマリン、アクチノライト……ルチルではないとわかっているものをルチルと呼ぶのは変です。

ルチルでないものをぬけぬけとルチルと呼ぶのは流通名ではなくて誤称です。

その方が通じるから……は、通じるのではなくて通じさせてしまった、売る側の落ち度です。
恥の上塗り、反対です。





もやもや・ふわふわ

もわもわ

ブラジル産のアンフィボール入り水晶です。
とりあえず、角閃石でしょう……ということで。

わずかにシトリンが買っているように見える透明水晶の中に、もやもやというかふわふわ入り。

アンフィボール入りというと、さらさら絹糸状であったり、毛糸状だったり、いろいろ表情豊か。
中には、これ、ルチル? それともかく閃石?と悩むものもあったりします。

アンフィボール(角閃石)というのは、たとえばアマゾナイトやラブラドライトなどいろいろひっくるめて「長石」と言うにあたる「グループ名」。
細かく言えばいろいろな鉱物がまとめられています。

それにしても、毎度毎度思うことですが、普通言われているように水晶が何万年もかかってゆっくりじわじわ成長したのだとしたら、こんなふわふわがきれいなふわふわ状態で内包され得るものでしょうか。
何万年もの間には熱水の変動もあったでしょうし、ちょっとでも熱水が動けばふわふわは形を変えてしまうでしょう。

実は、水晶は成長した形は同じでも、成長過程はいろいろなパターンがあって、中にはかなり短期間で成長したもの、成長、休止を繰り返したもの、ゆっくりじわじわ成長したものがあるんじゃないかと思ってしまいます。
あるいは、こういうふわふわには水晶の成分がくっつきやすく、ふわふわの部分だけが先に水晶に固められ、あとからゆっくりまわりが結晶したとか。
いずれにせよ、こういうふわふわ入りは、時間を一瞬で止めてしまったような不思議な浮遊感があって、見ていて飽きません。

そうそう、アンフィボール入り水晶で思い出しました。
ネットでいろいろ検索していたところ、「アポフィライト入り水晶」のビーズなるものがヒットしてきました。

アポフィライト入り!?

アポフィライト付きは見たことがあります(持ってます)。だから、もしかしたらどこかには「入り」だってあるかもしれないけれど、ビーズとなればそれだけたくさんの産出ががあったということで、探せば原石だってあるかもしれない。

透明な中に、これまた透明なキューブ状アポフィライトがころころ散っているんだろうか。だったらとてもきれいだぞ。

……と、急いでそのページを見てみると。
出てきたのは繊維状の内包物が入った水晶ビーズ。どう見たってアポフィライトには見えません。

もしかして、アンフィボールとアポフィライトを間違えた?
どっちも長い名前で「ア」から始まりますけど、間違えるほど似てないと思うんですが。

そういえばIJTでもロードナイトにインカローズ、レピドクロサイト入り水晶(レッド・アベンチュリンとか言われるタイプ)にロードナイト、ブルーレース・アゲートにタンザナイトと表示しているところがあったり、店員同士が「ブラッドストーンって何ですか? アゲート?」「アゲートじゃないよ……なんだろう」と大まじめに会話している店があったり。
石の店の店員の全員が石について詳しくないのはわかりますが、こういう卸から仕入れた人も詳しくなかったりすると、トンデモ間違いがそのまま小売りまで一直線……ということも。
せめて一般的な石くらい知っててください。

ミントグリーン

デマントイド

お久しぶりにガーネット登場。
アフガニスタン産だそうです。

さて、ガーネットと一口に言いましても、成分の違いでいくつかの種類に分かれているうえ、中間種があったり、同じ種類のガーネットでも色がさまざまだったり、なかなかどうしていろいろ複雑な石でもあります。

中にはレインボーガーネットみたいに虹が出ちゃったりもしますからねえ~。
(レインボー・ガーネットは日本産が出る前はメキシコ産が有名でした。同じレインボーガーネットと言ってもメキシコ産はグランダイト、日本産はアンドラダイト。違う種類のガーネットだそうです。詳しくはこちら

しかも、よほど特徴的な色などでない限り、どういう種類のガーネットか、見た目だけではわかりません。
産地と、数を見て覚えた色やようすで、それならばこの種類だろうと推理するわけなんですが……。

最初、写真のガーネットを見たとき、私は勝手にグロッシュラーだと思いこんでいました。
パキスタン産のグロッシュラーとして、若草色のガーネットがネットで売られているのを見ていたからです。

ところが、
「パキスタン? グロッシュラー?」
……と単語のみで確認してみると(@2008年池袋ショー)、お店の人は
「ノー、アフガニスタン、デマントイド!」
ときっぱり。
「えっ、デマントイド?」
思わず聞き返してしまいました。

デマントイドと言えば、エメラルドを思わせる濃いグリーンのお高くてレアな、いやレアだからお高いガーネットではなかったか。
待て待て、確かエメラルドグリーン・ばかりでなくて淡い色のもどこかで出ていたはず、アフガニスタンだったっけ?

私の頭の中は、かなりの部分を水晶に浸食されているので、ガーネット情報はあまり出てきません。

それでもともかく、デマントイドと言えばレアだぞ!

デマントイドと言えば、カルシウムと鉄を主成分とするガーネットであるアンドラダイトの中でクロムによって緑色に発色しているもの。
帰ってから調べてみると、有名な産地はウラル(ロシア)とイタリア、ナミビア。カナダやマダガスカルなどからも出ているようで、近年アフガニスタンからも出ているとわかりました。

ネットの「パキスタン産若草色グロッシュラー」と比べてみると、色合いが若草色と言うより黄色みがないミントグリーン。
もっと色が濃いものもあるようすが、この色はこの色できれいです。
結晶もかなり埋もれ気味ではあるものの、直径1センチ近くと、しっかりとした大きさ。

ところで……アフガニスタンの薄緑のガーネットは、グロッシュラーと誤って売られていたことがあるそうで……ネットで見かけたものも、もしかしてデマントイドだったりしないだろうか。
だったら、とってもお得なんですけど。



ヒマラヤじゃないぞ

s-india

数年前、「ヒマラヤ・エレスチャル」の名前で売られていた石です。

もう、そのころにはある程度見分けが付くようになっていたので、
「え、ヒマラヤでエレスチャル!?」
……という、びっくりにはなりませんでした。

だって、この

こんな濃い色はインドの北の方じゃでないでしょう(注:今のところ)。
少なくとも、この石を買った当時、そして今も出ていなくて、出るとしたらインドの南~中部。

買った店では、産地がわかりませんでしたが、「南インドでは?」と推測します。

よって、「ヒマラヤ・エレスチャル」のヒマラヤ部分にペケ。

次に形。

すっきりシンプルな形ではなく、ちょっとは複雑なのでおまけでエレスチャル……は、ちょっと甘過ぎ?
なんといっても、インドはごつごつ&骸晶のちゃんとしたエレスチャルが出るのですから、もうちょっとがんばっていただきたいところ。

もちろん、ほらほらアメジストが混じってるし、内包物がいっぱいだし、エレスチャルでしょう?
……という意見には反対です。間違いです。
隙あらば、繰り返しますとも、耳にタコができたって!

エレスチャルには内包物は関係なし。

たしかに、エレスチャルには色混じり、内包物入りが多いですが、それはエレスチャルの条件にはなりません。
たとえそれがビーズでも。

形が問題の水晶をビーズにするからややこしいのです。
形をなくしてしまえば残るのは色と内包物。名前の条件とは関係のないところで石を判断するのは困難だし、hなしがずれてます。

だからといって、これをスーパーセブンと呼びたくはありません。
理由は、名付け親のメロディ氏が、インド産もスーパーセブンと呼んでいるという話を聞かないから。

案外、メロディ氏にこういうインド産の内包物たっぷり水晶を見せたら、すんなり「これもスーパーセブン」と言うかもしれない、言っても不思議ではないと思うんですが、私は名前は厳しく用いるべきと思っているので、メロディ氏が確かに「インド産もスーパーセブン」と言ったという話を聞かない限り、「インド産スーパーセブン」は「インド産内包物たっぷり水晶」と脳内変換することにします。

……ということで、形もエレスチャルと言うにはもの足りず、形より色や内包物が目立つこの石を呼ぶなら
インクルージョン・クォーツ
いささかおおざっぱですが、エレスチャルよりスーパーセブンより、私はこう呼びたい。

これってカルセドニー?

nsw

オーストラリアのニューサウスウェールズ州の……カルセドニーです。

「……」が意味するところは、未だに「本当に?」と思っているから。
思っているのは、他でもないその形。
だって、こんな形のカルセドニー、見たことないです。

いや、私が見たことがないだけで、実はありえるのかもしれませんが、でも、見ないなあ。

もう一つ、別の角度から。
nsw2

二つの写真を見てもらうと、どういう形か、なントなくおわかりいただけるんじゃないかと思いますが……。
強いて言えば、何か細い芯のまわりに肉付けしたように半透明の層(厚め)があり、さらに外側を不透明な白い層が覆っています。
残念ながら両端が折れていて……そのために、中に「芯」のようなものがあるということがわかるんですが……元は鍾乳石っぽいものが3本くっついていたのではないかと思われます。

カルサイトなら鍾乳石状になっているのもあるので、うんうんと頷けるんですが、手触りも重さもカルサイトではないようす。

ちょっと話が脇にそれますが、ロードクロサイト……正真正銘インカローズと呼ばれるタイプは、アルゼンチン・アンデス山脈のカタマルカ地方、カピジータス鉱山産でこんな感じの鍾乳石状に成長したもの。
それを輪切りにすると、断面が同心円上になり、薔薇の花のように見えるのでインカローズの名前があります。

この石を最初に見たとき、
「形はインカローズだ」
と思ってしまいましたが、この白さはロードクロサイトではあり得ないし、重さも違う。

カルセドニーにしても手触りがやや柔らかく、軽いように感じられるのでオパールでは?……と、思っているんですが、微妙な差異なので、この形はカルセドニーに見えないぞという思いこみが影響している可能性も大。

何かの仮晶かな?
でも、仮晶は、鉱物が外形はそのままに違う鉱物に置き換わってしまうこと。
内部の「芯」のような構造までそっくりとどめたままで置き換わってしまうことがあるんだろうか。

ちまちま調べても、よく似た石を見かけないので、ここでお願い!

こういうカルセドニーがあるよ、見かけたよという情報をお持ちの方、お待ちしております。

サボテン、それとも。

カクタス・クォーツというと、私としては、昨日のアメジストのようにトップに錐面があり、柱面になるほど、サボテンの棘を思わせる小結晶がたくさん群れていて……なんですが。


では、これをどう呼ぼう。

ダルネサボテン

ロシア産水晶です。
プリモーリエ、つまり沿海地方としかわかりませんでしたが、たぶんダルネゴルスクじゃないかと思ってます。

ご覧のようにトップに錐面がなく、てっぺんまで小結晶に覆われています。
実物は小さくて、雑貨店で見かける小さいサボテンにそっくり。

でも、南アフリカのには似てません。

てっぺんまで小結晶に覆われていて、先端は丸くて。


じゃあ、エンジェル・フィンガー? ……指と言うには短いけれど。

むしろ、小さい植木鉢を買ってきて、この石を「植えて」、番外・カクタスといいたい。

古代紫

古来紫・カクタス

南アフリカのカクタス・クォーツです。別名スピリット・クォーツ
カクタス(サボテン)とスピリット(精霊)とは、何とも落差のあるネーミング。
個人的には見た目がずばり、針がちくちくのサボテンぽいのでカクタス・クォーツを推します。

さて、このカクタス、たいていはアメジストなんですが、ほぼ白に近い淡いものから、ラベンダーカラーのもの、ウルグアイ・アメジストばりの濃い紫のものまで、色合いはさまざまです。


ラベンダー・カラーのものを持って入るんですが、個性的な……私好みの「変」の系譜に属する石なので、欲しいな~と思っているものの、きっちりカクタス・フォームの石はいつも強気値段。
「おっ、手頃」と思えば、カクタスか、ドゥルージーか判断に迷う形です。

そんな中で見つけた(見つけてもらった)今回のカクタスは、小さいながらにちゃんと特徴を備えた姿、しかもクラスター。
先端が3つに分かれた(右の大きめ結晶の先端)、ちょっぴり「変」も備えたナイスな石。

そして……色がおもしろい。

なるべく実物に近くなるよう調整したので、普通とはちょっと違う色合いなのがおわかりいただけると思うんですが……。
ウルグアイ・アメジスト……これぞアメジストといいたいくっきりはっきり濃い紫が、単純に薄くなったのとは違う、赤みがやや強く、それでいてややかげりのある、渋くて不思議な色合い。

アフリカの石なのに、ここは和風に「古代紫」といいたい感じです。


ところで、このスピリット・クォーツの「母岩」だという「ブッケンハート・ジャスパー」なる石を見かけるんですが……。
海外サイトで見たものは、スライス状、ラフ状で、一部にうっすらアメジストに見えなくもない水晶の小さな結晶がくっついているもので、なるほどこれなら母岩部分かもと思ったんですが、国内で見かけるのはややクリーム色がかったタンブル状の石がほとんど。

これって本当に母岩部分?
不思議に思い、カクタス・クォーツを見かけるたびに裏側を見てしまうんですが……、あんまり、似てない。
母岩だというならカクタス・クォーツ……これは、たいていクラスター状なので、直下の母岩ごと採取した、さらにその下の部分じゃないでしょうか。
それでも母岩というんだろうか、ちょっと疑問。

箱庭ジオード

チワワ・ジオード

2009年新宿ショーの戦利品です(今ごろ)。
店頭で、中国石の中に一つだけ混じっていたため、
「中国でこんなジオード!? 珍しい~」と思って、手に取ったらメキシコ産。

そうだそうだ、メキシコでこういうのあったっけ。

産地はメキシコのチワワだそうなので、2006年に手に入れたこの石と同じ所の石なのかもしれません。

リンク先の石は華のような結晶がつやつやで、そこに惹かれて買ったため、残念ながら元はジオードであることがわかりにくいところが玉に瑕でしたが、今回は丸いジオードをすっぱり半分割り状態なので、ジオードであることがよくわかります。

丸い空間の中にちょこちょことクラスターが生えているようすは、まるで箱庭
かわいい~。

普通だったら、ジオードの内側を小さな結晶がびっしりになりそうなものですが、どうしてここのは小さいクラスターが生えた状態に成長したのでしょう。

よく見ると、結晶の先がちょろっと伸びているのも不思議です。
これは、アメリカ・ユタ州の水晶に似た感じ。

離れた産地でよく似た水晶がでるということは、そこによく似た環境があったと考えられるわけで……どんな環境なんだろう。

想像してみると……
◆ジオードの隙間を満たした熱水に珪酸分が少なかった
 →そのため壁面全部に成長するのではなく、たまたま成長をはじめた一点で成長が進んだ
あるいは、メキシコのものは、表面をオパール(カルセドニー?)がコーティングしていて、蛍光するものがあるそうなので、
◆熱水の温度が低かった(カルセドニーにならないぎりぎりの温度?)
……とか?

うーん、わからない。

わからないと言えば、最初の石を買ったとき、このメキシコのジオード、ころころ丸ごと掘り出されるものの、中の水晶を壊さないよう、ジオードを粉々にしてしまわないよう、うまく割るのが職人技だと聞いたんですが、今回の石は何だかきれいにまっぷたつ(たぶん)。
最初カッターで切断したのかと思ったんですが、それにしては切り口が切断面ぽくない。

たまたまうまく割れたのか。
それとも2006年から2009年までの3年間に、職人の技が上がったか。
そんなところも見てしまいました。



みかん色と赤の混乱

昨日、blog拍手のコメントで、質問をいただきました。(いつも拍手ありがとうございます!)

質問は、
「最近タンジェリン・クォーツのブレスを見かける。
タンジェリン・クォーツといえば水晶の表面に酸化鉄が付着しているもので、ビーズにすれは透明になるはず。
ところが某ショップでは、タンジェリンと赤水晶は色の濃淡の違いであるといっている。
赤水晶は酸化鉄が内部まで混じっているもののはずだし、これは……?」
……というものです。(要約がズレていたらごめんなさい)

タンジェリン・クォーツねたに対し、なんと偶然、同じ日にタンジェリンクォーツを買っていたので、さっそく登場です。(あ、これが2010年初石だ!)

タンジェリン

おっしゃるとおり、「タンジェリン・クォーツ」といえば、このような「オレンジ・鉄さび(天然)コーティング」の水晶として知られています。
これをビーズに削れば、もちろん透明です。

いくらもとがオレンジ鉄さびコーティングだったとしても、透明になってしまったビーズを「タンジェリン」とは呼ばないでしょうねえ……。
(だけど、外見が特徴のエレスチャルやレムリアンシードはビーズでもその名前で呼ばれている……)

「タンジェリンのビーズ」を知らなかったので検索してみると、オレンジ色半透明のビーズが出てきました。
透明度の高いオレンジのカルセドニー……というオチだったら嫌ですが、ここは水晶だろうということで話を進めます。(赤~オレンジに色づいた石英を「カーネリアン」と言い、クォーツとカーネリアンが組み合わさったファントム」などと言っている某有名本の例があるので、一応断り書き)

いったいビーズのタンジェリンって何なんだ、赤水晶との関係は……?

これは、ざくっというと、ストロベリー・クォーツと同じ問題です。

ストロベリー・クォーツといえばカザフスタン産。
でも、それ以外にもストロベリー・クォーツと呼ばれて売られている石は多い。
カザフスタン産以外は偽物? いったい何?
という話がありますね。

これに対して、私は、カザフスタン産は、ストロベリー・クォーツで一番有名だけれど、ストロベリー・クォーツは「苺みたいなかわいい水晶」という「愛称」みたいなものだから、カザフスタン産以外でもかわいい苺ちゃんだったら、ストロベリー。ごついのは却下。
……というわけです。

タンジェリン・クォーツも同じ。

タンジェリンというのはオレンジ……というか柑橘系果物の種類(グループ)の名前です。
柑橘類にはマンダリン、タンジェリン、クレメンタインというくくりがあり、マンダリンは中国を経て日本に伝わりました。おなじみの「みかん」はマンダリンに属します。
一方、クレメンタインはヨーロッパ、タンジェリンはモロッコを経てアメリカに伝わったそうです。
おそらくブラジルもアメリカを通じて伝わったのでしょう。

つまり、ブラジルで栽培されているんは多くがタンジェリン。

日本で「お~、みかんみたいな色の水晶だな、みかんと呼ぼう」というノリが「タンジェリン」になるわけです。
追記:ブラジルの公用語ポルトガル語では、みかん(柑橘類・オレンジ)はラランジャ(Laranja:オレンジ、情熱的なという意味)。「みかんちゃん」というような親しみを込めた言い方だとラランジーニャ。
なので、タンジェリンという呼び方はアメリカ人が付けた可能性もあるかも。

かくして「タンジェリン(みかん色というノリ)」と呼ばれた水晶が、日本に入ってきた当初一番多かった、あるいは文句なくオレンジ色だったのが「表面鉄さびタンジェリン」で、タンジェリンと言えば表面がオレンジになっている水晶、というくらい有名になったと思われます。
でも、元が「みかんみたいな色~」というノリですから、表面だけが色づいていようと、中まで色づいていようと、「みかん」なオレンジ色だったら「タンジェリン」と呼んでも間違いはないんですね~。

表面が鉄分でオレンジになっている水晶だけをタンジェリンと呼ぶ、という公式規定は、たぶんどこにもありません。

赤水晶も同じです。
赤水晶というとスペイン産の激辛唐辛子を思わせる真っ赤っかな小粒水晶あたりがいかにも赤水晶ですが、

表面だけが赤いものも赤水晶と呼ばれます。

水晶は、どんどん新しいタイプが出てきて、あっちこっちで独自の名前が付けられていくので、その名前がどうして付けられたか、どれだけ厳しく範囲を指定している名前なのか、あるいはざっくりおおざっぱな名前なのかを見極めないといろいろ混乱します。

タンジェリンの場合はみかん色だったらタンジェリンというおおらかな名前ですが、レムリアンシードという場合は、厳しく言えば産地も限られていて、横筋が付いていたらブラジル以外でもレムリアンは違うだろうという、ちょっと厳しい名前になります。
これをオレンジだったらタンジェリンなんだから、横筋が付いてたらレムリアンだろうと、同じように解釈するのはちょっと。
見極めが大切というのはこういうことです。


混乱に拍車を掛けるのがビーズです。
特に最近、あれもこれも、原石好きの立場から言わせてもらうと「削るな、もったいない!」と言いたいくらいいろんな石がビーズに加工されてます。

タンジェリンも、ちょっと前まではタンジェリンといえば原石だったのに……。
おそらく、オレンジ色に色づいた石英をビーズにし、オレンジ色だ→タンジェリンだということでタンジェリンなんでしょう。(単に当たり前にオレンジ水晶と呼ぶよりタンジェリンの方がカッコイイというノリかもしれませんが)

ビーズのタンジェリンの場合は、以下のような内包物が考えられます
◆鉄分が混じっているもの(赤水晶と同じ)
◆赤い(オレンジ)アンフィボール(角閃石)が内包されているもの
◆クラックに鉄分が染みこんでいるもの


たとえばちょっと前にイエロー・クォーツとして買ったビーズも、
イエロー・ビーズ
もうちょっと赤みが強ければ(実際そういう粒もありました)、タンジェリンと呼ばれたかもしれません。

アンフィボールといえば、ほとんど見目に見えないくらい細いものが均一に散らばって内包され、一見半透明オレンジに見える石(ルース)にサンセット・クォーツの名前が付けられていたのを見たことがあります。
一般に、アンフィボール入りの場合は、色が付いている部分と透明な部分が偏っていることが多いようです。

さらに、原石では色が濃く見えても小さなビーズにしてしまうと色が淡く見えてしまいます。
原石の時はモリオンといえるくらい黒かったのに、ビーズにしたらスモーキーに見えてしまった、というのと同じです。
原石の時は「赤」に見えていたのに、ビーズにしたら色が淡くてオレンジ→タンジェリンということもあり得るのです。
そもそも赤水晶でもその色合いや形によって「ニンジン水晶」だの「カニ水晶」だのといわれることがあるのですから。

また、オレンジと赤の境目判断も、人によって違うでしょう。

↑これ、オレンジと見ますか、赤と見ますか? ビーズにして色が淡くなったらどうでしょう。

ところで、今回の石の産地を見て、あれ?と思われませんでしたか。
産地はSerra de Cabral(カブラル山脈)。JFはJpaquim Felicio。
……ドンピシャでレムリアンシードの産地なんです。

この石は、ずばり、タンジェリン・クォーツとして売られていましたが、産地を見ればレムリアンシード。姿も小さいながらにきっかりレムリアンリッジ付き。

じゃあ、これはタンジェリン? それともレムリアンシード?……と混乱しますか?
これはレムリアンシードです。そういっても間違いではない。
でも、オレンジなのでタンジェリンでもあります。
さらに言えば(シングル)ポイントとか、ブラジル水晶とも言えてしまいます。

石を言い表す名前は一つの石に複数ある場合もあるし、特徴がなくてあるいはありすぎてぴったりの名前がない場合もあります。

このごろは「名前なんて、いろんなところで好き勝手呼んでるんだし~」と開き直ってしまい、店で付けられた名前も、納得できなければすっぱり違う名前に切り替えることにしています。

今回の石も、タンジェリンとして売られていても見るからに真っ赤だったら「Red Quartz」と書いていたでしょうし、もしかしたら「レッド・レムリアン~」と言っていたかも。

石を買う場合お店情報は重要ですが、間違っている場合や納得できない場合も多いので、自分でも調べちゃいましょう。

違いを見極める

あげーとジオード

アゲートのジオードです。
ジオードとは「晶洞」の意味で、地下の岩の隙間にできた空洞のこと。
特に空洞の中が鉱物の結晶で覆われているものを指します。(鉱物の結晶で満たされていることもあります)

アメジストのジオード(カペラ)など、水晶のジオードが有名ですが、インドでは沸石のものがありますし、水晶以外の鉱物が混じっていることもあります。
たいていのジオードは大きいので、鉱物部分だけが採取されることが多いです。
元はジオードであっても、バラバラになってしまい、空洞だった(丸い空間を作っていた)ことがわからないものはジオードと呼ばず、手頃な大きさで、丸ごと掘り出されたものがジオードと呼ばれます。

このアメジストのジオードは、火山岩(玄武岩)中の溶岩の水泡やガス泡が作った丸い空間に珪酸を含む熱水が流れ込んでできたもの。
岩の隙間に珪酸分(水晶の成分)を含む熱水というのは水晶と同じ説明ですが、アゲートができたところは水晶が成長するところよりも温度が低いところだったので、大きい結晶ができずカルセドニー/アゲートになったと考えられています。

手と説明すればなるほどなんですが、私はいろいろわからなくて困ってます。

たとえば、アゲートのスライス。
あげーとスライス

これもジオードと同じように、丸っこい空洞に珪酸分を含む熱水が手ということでできたもの。
空洞の壁面にミクロサイズの石英の結晶が沈殿し、徐々に空洞を埋めていき、その過程で混じる不純物が多くなったり少なくなったり、成分が変わったりしたために年輪のような模様ができたとされてます。

つまり、この年輪模様は外側から中へと成長していったことになりますが、今回の写真の石を見ると、外側のアゲート部分は年輪模様ではなく、なんだかグニャグニャしています。
これは、どんな成長を物語るのでしょう。

さらに、水晶とアゲートでは水晶の方が高い温度の元で成長したと理解しているんですが、外側にアゲート層があり、中に水晶ということは、途中から温度が上がったのか?
それとも別のメカニズムがあるのか。

名前でもいろいろ疑問&不満。

たとえばアゲートジオードを半割にしたものが、「トレジャー瑪瑙」の名前で売られていますが、なぜ、トレジャー?
石を割ると中からキラキラ水晶が出てくるから?
では「トレジャーアゲート」ではなく「トレジャー瑪瑙」なのはなぜ?
ネーミングのバランス、悪くないですか?

そのうえ、これをサンダーエッグと呼ぶのは何だか納得できません。
違うと思います。

まとめてみました。
サンダーエッグ違い

サンダーエッグの外側は、岩。
ポイントは放射能のひび。少なくともアゲートのジオードみたいに丸い空間を持つのではなく、角張った岩の隙間(亀裂)にアゲートが結晶したもののはず。

雷

なぜなら、タマゴのような丸い石を割ってみると、何かが石の中で炸裂したような模様。
それが「これは雷(稲妻)が、石の中に入って固まったに違いない」と思わせたから、サンダー・エッグの名前が付けられたのだと思うのです。
アゲートのジオードでは、なぜ雷かが説明できません。





アフリカ苺

ストロベリー・クォーツといえば、有名なのがカザフスタン産。
カザフのストロベリー・クォーツは、原石の時からかわいい苺ちゃんなのです。
もちろん、磨けばさらにかわいい、キラキラ苺。

人気が高いせいか、ブラジルやマダガスカル産と思われるレピドクロサイト入り……苺と言うには明らかにゴツい石までストロベリー・クォーツと呼ばれていて、私としては不満

ここは厳しく「ストロベリー・クォーツはカザフスタン産だけを言うべきだ!(あ、メキシコ産も追加)」と言いたい所なんですが、そうとも言い切れないところがもどかしい。

もどかしい原因は、アフリカン・ストロベリー。
普通は、カザフのストロベリー・クォーツに比べると内包物はあまりキラキラしておらず、色も地味っぽいんですが、
 アフリカン・ストロベリー2
以前、これはきれいだというのを見てしまったので、インド産と同じくチョイスすればストロベリー・クォーツと言っていいものもある……つまり、カザフスタン産、メキシコ産以外も(一部)あり、と思ってしまいます。

ところで、アフリカン・ストロベリー、ビーズやルース以外見かけないなーと思っていたら、やっと見つけました、タンブル。

アフリカン・ストロベリー

けっこう赤くて色もくすんでいなくて、きちんと磨いたらいい線いきそうです。
カザフのストロベリー・クォーツそっくり……ではなくて、ちょっと路線が違う、でも、苺な感じになりそう。

ビーズブームの昨今、ビーズになる前の石の姿を知らない(興味を持たない)ケースが多いですが、偽物本物を問題にしたりするなら、興味を持った石だけでも原石を見ておく、できれば手にとってみることをおすすめします。

原石からわかることも多いからです。

たとえばアフリカン・ストロベリー。
これだけ原石を見かけないところを見ると、結晶形を持つ「水晶」ではないようです。
この色合いで結晶形を持つなら、絶対そのままで出回ります。
それを見かけないのですから、塊状の産出でしょう。

しかも、今回タンブル、つまりきっちり磨かれたのではないラフな石を見ると、表面の微妙な荒さ、粉っぽい半透明さ、クラック(ひび)の感じなどから、クォーツではなくクォーツァイト(珪岩)である可能性が高いという認識が深まりました。

うーん、買い損ねたあのきれいなアフリカン・ストロベリー、また出てこないかな。





バタタル・レーザー

以前、最初にレーザー・ワンドと呼ばれたらしい、ブラジルはディアマンティーナ、バタタル産の水晶を紹介しました。
そのとき、同じミネラルショーでもう一本バタタルのレーザー・ワンドを買った……と書きましたが、それがコレ。

ばたたる1

先に登場したレーザーがすっきりスタイリッシュだったのに比べ、今回のレーザーは、一見ややいびつ。

しかし、実に私好みの「変」に充ち満ちております。

この水晶は、まったくのノーダメージかというと、そうではありません。
本体は、ほぼ無傷なんですが、いくつか小さい結晶が貫入していて、その結晶は折れています。
つまり、外側から結晶がざくざく刺さったようにして、他の結晶と絡まり合っていたようで、そんな状態のものを本体をほぼ無傷で取り出した職人技に、まずは乾杯。

そして……その貫入している小結晶のひとつが、曲がってます。
ばたたる2

つまりのこレーザーは「曲がり水晶入り」。
コレは変。

さらに……実は、この水晶、DT(両錐)です。
ばたたる3

上の写真で右下にある方の端は、折れているのではなく、いくつもに分かれた、錐面を持つ先端があります。
だったらこれは、一度折れて破断面が再生した、セルフヒールドではないのか。
うーん、ちょっと疑問が残ります。
少なくとも単純なセルフヒールドではなさそうなのです。

断面を図にするとこんな感じ。
バタタル図

写真ではこんな感じ。
ばたたる4

おわかりいただけるでしょうか。
この水晶がいったんぽきっと折れて断面が再結晶したのなら、かなりまっすぐすっぱり切ったように折れ、断面のまわりの部分だけが再結晶して錐面を作り、断面の真ん中あたりは磨りガラス状になった状態で再結晶もせずにそのまま、というちょっと不思議なことになるのです。

まるで、2弾式のロケットのように、この水晶に接続していた部分があり、それが離脱してしまったかのよう。

なにがどうしてこうなった!
もし、離脱した部分があるなら、これも欲しいぞ。

そういえば、これを買ったお店で、かなり長いレーザーが折れて閉まったものを見せていただいたことがあります。
細長いものが採集や輸送時に折れてしまうのはあり得ることですが、この水晶の場合は折れたのは地面の中、まだ採集される前のこと。
太さや、折れた痕跡を見ると確かに元は一つの結晶だったと思えるのに、断面がそれそれ再結晶していて、すでにぴったりと合わさることはなくなってしまっていました。

ふつうだと別々の水晶として扱われ、バラバラに流通しそうなものですが、それは珍しくセットでした。
しかも、見つかったのはややはなれた場所だったとのこと。(折れた衝撃で場所が離れてしまったのでしょうか)
うーん、すごい。

この石にも、離ればなれの半身はなかったのでしょうか……。


水晶とガラスの見分け方(KUROバージョン)

別館サイトのアクセス解析で見ていると、「水晶 ガラス 違い」「水晶とガラスの見分け方」で検索して来る方がちょくちょくいらっしゃいます。

今回もblog拍手で「見分け方がわかってうれしい」等のコメントをいただきました。
(コメントいつもありがとうございます)

……しかし。

「水晶かガラスか」という問題は、店頭でこそ切実なのではないでしょうか。

もちろん、手元にすでにある石について、
「ちょっと心配なんだけど、どっちかな」
という場合もあるかと思いますが、その場合、万が一の結果が出てしまうと
「ああ、がっくり」
という悲しいことになります。

その「がっくり」がいやであるために、店の石を目の前にして
「これは、よもやガラスではあるまいな」
……と唸る羽目になるわけで、「水晶かガラスか」を見分けたい第一の現場は店頭です。

だとすると、まさか氷持参で行くわけにもいかず、「水晶をのせると氷が(早く)溶ける」は、水晶の性質を知り、なるほどなるほどと納得する実験としてはおもしろくても、見分けたいときに見分ける方法としては難があります。

では、私が店頭で見分ける場合、どうするか。

まず、最初にはっきりさせておきたいこと。

今回の話の主役はビーズです。原石は除外。
なぜなら、原石……

のような、結晶の形をしているものであれば、実はガラスということはあり得ないからです。(単結晶でも)

ときどき、クラスターを買ったけれど本物でしょうか、という質問を見かけますが、本物と見間違うような形のクラスターをガラスで作るのは不可能です。逆に本物でないクラスターがあるなら、一つ欲しいです。

あ、これのように、天然のクラスターに加工をしたものは、「偽物」といわないことにしています。
 
これらは、ベースは天然の水晶で、色の付いている部分を人工的に結晶させているもので、「天然の色」ではないけれど「天然石」でないとは言えないのです。

天然石をベースに手を加えたものまで「偽物」と言い出すと、加熱して黄色くしたアメジストはどうするかとか、ほとんど染めてあるらしい真っ黒オニキスのビーズは偽物か? 人工的に何かを加えたことが偽物の条件ならば、アクアオーラ系はすべて偽物……という話になるので、一応は「加工」のカテゴリとして扱わないと、ややこしくて仕方がありません。

個人的にはこれを天然として売るなよ……と声を大にしていたいですが、とにもかくにもベースは天然なので、ここでは「加工」カテゴリに入れます。

たとえば黄色くしたアメジストをトパーズとして売ったら、それは「トパーズの偽物」ですが、石としては天然石の水晶(合成の場合もありますが)です。

つまり、よく「偽物」という言葉が使われるけれど、その「偽物」の内訳、どういうものを指しているのかをしっかり把握しておかないと、「偽物情報」に踊らされるだけです。

ですから、ここでは「本物の水晶の見分け方」とか「偽物の水晶」とは言いません。

あくまでも水晶とガラスの見分け方。

もうひとつ、水晶と呼べるものの定義も決めておきましょう。

何を水晶と呼び、何が水晶とは呼べないか。
これもはっきりさせておかないと、意外なところで話がズレます。

ここでは、二酸化珪素が結晶したもの、天然では目に見える大きさの結晶を作るものを「水晶」とします。
いきなり鉱物の話で難しそう、とおっしゃらず~。

要するに普通に「水晶」と呼ばれているものが水晶。
一番重要な条件は「結晶していること」(結晶の形ではなく、構造として結晶していること)
水晶とアメジスト……のように透明なものを水晶、色が付いているものは別……と区別している場合もありますが、ここではアメジストもシトリンもスモーキーも「水晶」です。
カルセドニーやアゲート、オパールは含まないことにします。

合成水晶、つまり人工的に結晶させて作ったものも、一応は水晶の範囲の端っこに入れましょう。
ついでに言っておきますが、合成……人工的に結晶させた水晶は、天然水晶とまったく違った形をしています。
ですから、クラスターや単結晶でガラスはなくても、もしかして合成水晶は……と言うことはありません。
 

一方で練り水晶やチェリー・クォーツは水晶とは扱いません。
これらはいくら「水晶を原料にして作りました」「水晶を加工したものです」と言われていても、溶かして固めた「水晶が原料のガラス」ということになるからです。

毎度毎度繰り返していることを、なぜまた繰り返すかというと、これも「見分け方」の一段階だから。

こんな例がありました。
ビーズを探していると、微妙な色合いのタイガーアイを見つけました。
レッド・タイガーアイというには若干黄色っぽく(飴色っぽい)、タイガーアイというには明らかに赤い。
天然で赤い色合いがあるマラマンバ・タイガーアイは、加熱して赤くしたレッド・タイガーアイと比べると黄色みがある赤銅色なので、もしかしてマラマンバ、いや、この値段とこの量(たくさんあった)では違うだろう……と思い、聞いてみました。

KURO:「すみません、この赤っぽいタイガーアイなんですけど、天然……」
店員さん:「はい、天然です」
KURO:「……の色なんでしょうか。普通の赤いタイガーアイは加熱ですよね」
店員さん:「あ、色は加工です。加熱だと聞いてます」

ここで私が「加工してあったら天然とは言わない」というつもりだったり「天然の色(加工してない色)」というつもりで「天然ですか」と聞いていたら、「天然です」という答えが返ってきて、「そうか、加工してない天然のレッドタイガー・アイか」と勘違いしてしまう可能性もあったわけです。

もしかして、「水晶を原料にしているんだから練り水晶も水晶」というスタンスのお店だったら、「水晶ですか?」と聞いても「水晶です」という答えしか返ってこないでしょうし、商品にも「水晶」としか書かないでしょう。

果たして自分はどのあたりまでを水晶と認めるか。
お店はどういうものを「水晶」といっているか。
迷ったときほど、そのあたりをしっかり見極められないと、水晶の見分けにひびきます。


さて、ブレスを買いに、あるいはビーズを買いにお店に行った。
そこで問題「水晶かガラスか」。

悩んだときは「鷲づかみ」
ブレスなら一つ丸ごと、連で売っているビーズならそのまま、むんずとつかみます。

見極めるべきは、つかんだときに感じる「冷たさ」。
水晶がガラスより、熱伝導率が高い。つまり温度を高いところから低いところへ伝える力が強いのです。
だから、昨日の記事のように、氷の上に載せれば、石の温度をより冷たい氷の方に伝えて氷を早くとかしますし、手に握れば熱を素早く奪っていくわけです。

ただし、単純に「冷たかったら水晶」とはいいません。
その場所の条件に左右されるからです。
今のような寒い時期に、ひょっとして店の外で売られていたりなんかしたらガラスだって十分冷たくなります。

屋外などの寒い場所、逆にライト照らされで石がほかほかしている場合は、正しい判断は難しいと思いましょう。

普通程度の条件(暖房も、あまり暑くなければOK)でむずとつかんで冷たさをみます。
次に「絶対水晶とわかっているもの」「絶対ガラスとわかっているもの」をつかんで比べます。
(比べる場合、手にはめていたブレスレットなどはダメですよ~体温でほかほかです)

慣れればその石だけでわかりますが、万全を期して「つかみ比べ」がおすすめ。

「絶対水晶とわかっているもの」は、ルチルやその他針入り水晶系がいいでしょう。
「絶対ガラスとわかっているもの」は、チェリー・クォーツです。

できれば機会があれば(買おうとするときでなくても)、この二つを握り比べて「違い」を知っておくといいです。
私ははっきり差があると感じるんですが、個人差があると思うので体験しておくに越したことはありません。


「(天然の)水晶の条件」として内包物の有無がありますが、これは、一応は、水晶の内包物はどんなものがあるか、天然の内包具合はどんな感じかを知ってないとちょっと不安。

なぜなら「100%ガラス」のチェリー・クォーツは、見るからに中に何か入ってます。

これも、慣れればストロベリー・クォーツとの違いは歴然なんですが、「内包物があれば」というポイントをそのまま受け取ってみてしまえば天然と間違ってしまうでしょう。
チェリー・クォーツ(ガラス)とストロベリー・クォーツ(水晶)の比較はこちら


(丸く磨いた)水晶越しに細い線をみると二重に見える。

……これは、かなり条件にしばられます。

ひとつは、上記のチェリークォーツのような混ざりもの系ビーズでは使えないこと。
丸く磨いたものでなければ判別できないこと(カットしてあったり金属枠にはめられているものはわかりません)
水晶かガラスかの判別はできるけれど、天然水晶か合成水晶かの区別はできない(合成水晶は結晶しているので水晶と同じように見える)
ある程度の大きさがないと判別が難しいこと。
一般的に直径3センチ以上ないと……といわれますが、そこまで大きさがなくても慣れれば判別は可能。私は8ミリほどのビーズで判別したことがあります。
ただし、これも要・慣れ
二重に見える場所と見えない場所があることを知った上で、見える角度を探さねばならず、二重に見えるとはどういうことかもわかっていないとそれもできません。

これも、つかみ比べと同じで機会があれば実際体験しておくことをおすすめします。
「水晶は細い線が二重に見えるんだって」というだけで、ぶっつけ本番は難しいでしょう。


ガラス判別に有効なポイントに「気泡」があります。
これは、チェリー・クォーツのように天然水晶を模したガラスに有効なんですが、この気泡はルーペサイズであるうえ、これも慣れがないと見つけるのが難しいと思われます。


……と、こう書いてくると、
「やっぱり難しいんだ」
「素人には無理なんだ」
と思われるかもしれません。

確かに簡単に見分ける方法」はないと言えるでしょう。
簡単に見分けられるものなら「見分けたい」「がっかり」という事態はそもそも起こっていませんよね。

(ビーズなどの)水晶を見分けるには、これまで挙げたようにいろいろなポイントがありますが、それぞれいささか「慣れ」が必要です。
ここで言っているのはこういうことか、と、体験して納得したことがないと、いきなりでは見分けられません。


しかし……すごく個人的に言わせてもらうと、いくらビーズやビーズのブレスだからといって、「もしかしてガラスでは」としょっちゅう疑わなくてはならないほど、ガラスものが出回っているとは思えないんですが……。

どこだったかで「雑貨屋でブレスを買ったら本物の水晶でびっくりした」という意見をみたことがあり、そういうことでびっくりする方が逆にびっくりだと思ってました。

もう一度繰り返しますが、ここでの話題は「水晶かガラスか」です。
「加工してあるんじゃないか」
「これは本当にエレスチャルか」はまた別の話。
加工や産地の話も偽物論議に含まれてしまうので、天然石はやたらにいろいろ心配しなければならないように思われますが、加工や産地問題と「水晶かガラスか」を切り離し、それだけに注目すれば、意外に悩む点は少ないと思ってます。

まず……チェリー・クォーツこちらのような「レモン・クォーツ」がガラスであることを覚えておけば、それだけで危険度は減。

ちょっと自信がなければ、すでに書いたような「握り比べ」と気泡の有無でチェックできます。

内包物(針状のもの、ガーデン・クォーツ系)入りは、中に入っているのが本当にルチルか否かという問題はあっても、まず水晶とみて間違いないでしょう。ルチルの偽物があるという話はしつこく聞きますが、本物と間違うような偽物(人工的に作ったもの)は、まだお目にかかったことがありません。
つまり、もし実在したとしても、もしかして偽物?と心配するほど頻繁にお目にかかる代物ではない。

水晶では、まだらに白い濁りがあるものは天然とみて良いでしょう。
合成やガラスで作るとしてもどうせ作るならきれいなものを作って高く売れた方がいいので、わざわざ白い濁り入りのものは作らないでしょうから。

白い濁りといってもこれはガラスです。

人工オパールや人工ムーンストーン、オパライトなどの名前でも見かけます。「ミルキー・クォーツ」として売られていたこともあります。
黒っぽいものの上で見たときに、オパールのような青みを感じるようであれば、このガラスである可能性が大。

……となるとガラスかで注意すべきは、内包物なしで透明な水晶。(透明以外色つきも含む)
ここでも知っていれば省けるものはたくさんあります。
透明で濃い緑、透明な青や赤は天然ではありません。天然の水晶にそういう色はないからです
(内包物によって色づいている場合は別です)
透明な黄色と緑、黄色と青など他の色と混ざっている場合も同様です。
良くて合成、でなければガラスです。
みればはっきりわかる色ですから、悩むまでもありません。

クリア、アメジスト、シトリンには、天然、合成、実はガラスの場合が考えられます。
ガラスかどうかは、すでに書いた「握り比べ」などでチェックできるでしょうが、合成の場合はそれではチェックできません。
一連全部がクラックも濁りもなく均一な色で揃っている……などの場合は、「もしかして合成」の可能性も覚悟しなければなりません。
(シトリンでこれはガラスだろうと思うものに出会ったことがあります)

逆に「エレスチャル」「スーパーセブン」のようにクリアとアメジストが混じったり、ぽつぽつ内包物が混じっているビーズは、天然です。合成もガラスもあり得ません。(それが本当にエレスチャルかは別問題)

このように「水晶」全部を片っ端から疑っていたら疲れてしまいますが、これは問題外(ガラス確定)、これは大丈夫(ルチル入り水晶や「エレスチャル」「スーパーセブン」)、注意するのはこれとこれで、チェック方法はこれとわかっていれば、さほどおそれることもありません。

ここで挙げた以外にも迷うものはあるかもしれませんが、それは少数派だと思うので危険だと思うものには手を出さないか、一度調べてみてからという余裕を持った方がいいかもしれないですね。

「でも、自分は初心者だし」
……とおっしゃるかもしれませんが、誰しも最初は初心者で、そこからスタートなので、ダメもとで見比べる、調べる手間を惜しんじゃいけません。

いっそのこと、ガラス確定のチェリー・クォーツのブレスを買って、じっくり見比べる教材にしてみるくらいの気持ちちでがんばりましょう。
「だってわからないんだもん」と、そこで止まっていては、石と仲良くなれません。

最後に、ささやかに裏技(というほどのこともないですが)。

今まで書いてきた判別法は、水晶だけでできたブレスや連のビーズで有効です。
粒売りのビーズ、いろんな種類の石が混ざったブレス、ネット通販の場合は使えません。

そんな場合は……お店の人に聞きましょう!(ネットの場合は問い合わせ)

当たり前といえば当たり前ですが、聞くことでわずかでも危険回避できるなら聞いてみる価値はあります。

その場合、
「石には、ガラスだったり、名前と違う石だったり、染めなどの加工があると聞きました。
私は、できれば加工ではない天然石が欲しいと思って探しています。
このブレスにはそういう可能性のある石は使われていますか?」
……のように、自分がどういう基準で探しているかをはっきり伝えることがコツです。

「天然ですか?」ではすでに書いたタイガーアイの例のように、石は天然だけど色は加工のような石では意見がずれます。お店が「練りでも天然」と考えているかもしれません。
「名前違いは困る」「加工なしが希望」としっかり伝えれば、お店がそれを知っていた場合はちゃんと教えてくれるでしょう。

ただし、石のお店といえど、専門家ではありません。
問屋が付けた名前や情報をまるのみにして「そういっていたんです」で済ませる店も多いです。
チェリー・クォーツをストロベリー・クォーツとごまかしていたり、ごまかしではなくそう思いこんでいる店も多いです。(かなり)
ですから、聞いたからと言ってそれで安心とはとても言えませんが、危険を減らせる可能性はわずかでもあるわけです。

それから、買ったあとで名前を忘れてしまう場合も多いので、できればメモを。
名前は重要な手がかりです。
ちょくちょく、石の名前を忘れてしまった意味はこういう石だったんだけど、という質問がありますが、意味ではヒントにはなっても石の判別の決定打にはなりません。店によって違う意味をつけている場合も多いからです。

石の意味より名前を覚えておいた方が、あとになって調べる役に立ちます。







熱伝導実験!

お待たせしました、毎度おなじみ、実験コーナーです。

今回実験するのは「質問をいただきました」で取り上げた、
「氷の上に水晶玉を置いて5秒以内に氷が置いてる部分だけ解けると天然水晶で、コスモオーラなら2秒で」
……です。

果たして5秒以内か!?
……ではなくて、ここでは

「ガラスと水晶を氷の上に置いた場合どう違うか」

という実験をします。

実験については、なるべく公平に。厳密に、とはいきませんがなるべく条件をそろえて実験します。


まず、実験に用いる石はこちら。
氷8

ここで、公平条件1:なるべく同じ大きさの石で。
なぜなら水晶とガラス……と言ったって、一方は3センチ玉、一方はブレス……だったら、条件に差がありすぎます。
大きさや重さに関係なく5秒とか、絶対水晶の方が早いという結果が出るとは思えないので、同じ大きさで。
(本当はきっちり同じ大きさで比べたかったんですが、あいにく「ほぼ同じ大きさ」しかありませんでした)

ついでにルチル入りや水晶以外の石、質問にあったコスモオーラはなかったので同じオーラ系であるオーロラ水晶と大きさをそろえた水晶、ガラスビーズを用意しました。

実験開始……の前に前準備。
これが公平条件2:全ての石を同じ条件でしばらく放置。
これは、石の温度を室温にそろえるため。
水晶とガラスでは障り比べたときに水晶の方が冷たく感じる……といいますが、このとき、店頭にぶら下がっていたビーズと、たった今まで腕にはめていた、またはポケットに入れていたブレスレット(体温でほかほか状態)を比べたら、正しい結果が出ないのは当たり前。ここは同じ場所でしばらく放置し、条件をそろえます。

また、ちょっと寒いめの室温にしておくことで、冷たい氷の上に置いて温度差でひびが入ってしまう(かもしれない)危険を回避します。

氷は……豆腐のパックに水を入れて凍らせました。
氷1

生活感あふれる実験用具であるのはご容赦を。
一つ一つ別々の氷に載せるより、大きな一つの氷に載せた方が条件が揃うと考えたんですが……。
できあがった氷の形がいびつなのが不満。
機会があったら氷作りに工夫してみます。


このように、なるべく公平に条件をそろえた氷の上に丸玉&ビーズを置いて実験開始!
室温で氷の溶けに影響が出ると嫌なので、暖房の入っていない部屋で実験です
氷2


……びっくり!

いや、、正直、ここまで違うとは思いませんでした。
実験開始してものの10秒。
石を氷の上にのせたとたん、水晶の方は、石と接した部分の氷がじわ~っと溶けて水がにじみ出てきました。

氷7
※写真はルビー(コランダム)ですが、水晶でもこんな感じで氷が溶けてきます。

みるみるうちにとはこのことです。

10秒ほどで石をどけ氷を観察してみると、水晶が載っていたところはお皿状のへこみができ、水晶の方はわずかに痕跡がある程度。

氷3
写真ではほとんどわかりません。肉眼でも「もしかしたら、へこんでいるかな?」という程度

氷4
わかりにくいので、へこみの所にラインを入れてみました。
氷4-2
肉眼で見ると、はっきりお皿状にへこんでいます

さらに5分ほど置いてみると、最初の10秒ほど劇的なスピードではないものの、はっきりとした差が出ました。

氷5
ガラスの方は、肉眼で見ているとわずかにへこみが。

氷6
水晶の方は、くっきりクレーター

ビーズの方も同じで、水晶ビーズ(オーロラ水晶含む)は氷にへこみができるのに、ガラスビーズの所はほとんどへこまないのです。
へこみ具合は、もちろんのことながら水晶玉に比べるとわずか。
やはり大きさが極端に違うもので比較したのでは、正しい結果が出ないと思います。

氷の写真は凹凸がうまく写らなくて、ビーズの場合のへこみを撮ることができませんでしたが、肉眼で観察したところでは、水晶と蒸着加工(オーロラ水晶)では差はないように思われます。

水晶以外の石でも実験してみました。
水晶以上ではないかと思ったのがルビー(コランダム)。
アクアマリンは水晶より、わずかにとけが鈍いか……と思ったのですが、念のため2回実験してみると、差はさほど感じられませんでした。

いやあ、実験して正解!
こんなにはっきり違うとは。


同じくらいの大きさのガラスと水晶(ブレスでも可。ビーズ一粒だと、差は微妙になります)があるなら、氷を作っておためしあれ。感動です。
(同じ大きさ、室温放置をお忘れなく)

私は、30分1時間実験して、言われてみれば差があるぞ、程度だと思っていたんですが、なかなかどうして変化は迅速です。
おそらく熱伝導率が高い水晶の方が、自身が持つ温度を速やかに氷に伝えるのでしょう。
その証拠に、氷の上に置くとガラスはそのままなのに水晶の方だけが表面が結露します。
氷の上から取り上げ、握ってみると、水晶の方が遙かに冷えています。

質問にあった「水晶は5秒で」も、ひょっとしたらあり得るタイム。
ただし……コスモオーラなどのオーラ水晶がそれ以上に早いかは微妙。ビーズ一粒で実験しただけですが、明確な差は見られないように思いました。

しかしながら、お店に氷を持っていって試すわけにも行かず、「手軽に判別する方法」とは、やはり言いがたいです。





産地が意外

キャンドル・USA

キャンドル・クォーツです。
先端に大きい錐面があり、側面には「溶けた蝋」を思わせる、小さい結晶がたくさんくっついている……とても、キャンドルクォーツらしいキャンドルクォーツといえるのではないでしょうか。

こういう水晶を見ると、まず、「マダガスカル産!」と思ってしまうんですが……。

違うんですねえ!

この石の産地はアメリカ、コロラド州。

最初ラベルを見たとき、目を疑いました。

え、マダガスカル産じゃないの!?
どう見てもマダガスカルっぽいんだけど。
見つけたのが池袋ショーだったので、誰かが箱に入れ間違えたのかと思いました。
(オープンタイプの紙箱に入っていたので)

でも、「入れ間違えられた」っぽい石は近くにないし、やはりコロラド表記のキャンドルクォーツが他にもいくつか。
おまけにそっくりのマダガスカル産のもいくつかありましたが、やはり……これは、コロラド産?

そっくりだわー。

いや、産地が違ってもそっくりさんはあるので、マダガスカル産とアメリカ・コロラド産がそっくりでも、びっくりすることはないのかもしれませんが。

ところで、最近、もしかして……と考えていることがあります。
コロラドからは、今回のようなキャンドルのほかに、「メテオラ・クォーツ」と呼ばれる水晶が出ます。
もちろん、マダガスカルからもキャンドル・クォーツが出ます。
ロシアのダルネゴルスクからは、キャンドルもアスパラガスのような不思議な結晶も出ます。

ここに挙げた水晶の共通項は、小さい結晶が束のように集まって大きな形を作っていること。

そしてもうひとつ。

ふと思いついて調べてみたら、いずれもスカルン鉱床があるのです。
(水晶の産地、どの場所がスカルンかどうかまでは確認できないんですが)

ひょっとしたら、スカルンで成長した水晶は、こういう小さい結晶集まり系の結晶になるんじゃないだろか。




カメラ泣かせ

アデュラー

アルプス水晶です。こちらの石と一緒に買ったもので、リンク先の記事にもあるように自分ではじっくり見て選んだつもりだったのに「吸い寄せられるようにあっという間に選んだ」と言われた石です。

ご覧の通りのスモーキー。

そこに、緑泥で緑になったアデュラリア(氷長石)がくっついて……いや、食い込んでいます。
たぶん、アデュラリアだと思います。

「たぶん」というのは、アデュラリアという長石の説明がばらけていて、私が見たことがあるアデュラリアとは必ずしも一致しないからです。

アデュラリアで検索してみると……
◆透明なオーソクレース(正長石)
◆別名アデュラリアン・ムーンストーン。
 (ムーンストーンのぼうっとした光を指す「アデュラレッセンス」はアデュラリアにちなむ)
◆無色透明のオーソクレースを指す
もういっちょ、和名である「氷長石」で検索してみると……
◆透明で菱形の正長石
◆正長石の一種。透明で無色、または白色の短柱状結晶。
◆正長石の一種で菱面体結晶で比較的透明感の高いもの
よく似ているようで、出てくる事柄がちょっと違うのです。

正長石の一種であることは共通していますが、
「アデュラリア」は「透明」「ムーンストーン」。
「氷長石」では、「菱形」という形状の説明が顕著です。
上の写真でも、よく見ると菱形が集まったような形状であることがわかります。

でも……透明ではない。
「氷のような」みかけだったから「氷長石」の和名が付けられたはずなのに、私、氷のような透明なアデュラリア(原石)を見たことがありません。
こちらは、白くはあるけれど透明感はないし、こちらは部分的には透明だけど、緑泥入りで「氷のような」とは言いがたい。

もっと調べてみると、アデュラリアは低温で結晶したオーソクレース(正長石)の変種であるとわかりました。(高温だとサニディン/玻璃長石)

そのうえ、どうやら宝石関係、または原産地であるヨーロッパの方では透明なオーソクレースを(つまり、変種であるアデュラリアでなくても)慣例として「アデュラリア」と読んでいると言う話もあり……えい、ややこしい。

とにもかくにも原石であるし、この独特の結晶の形に注目して、透明ではないし氷のようでもないけれど「アデュラリア/氷長石」とします。

……で。

この石、スモーキーとアデュラリアの組み合わさり方がおもしろいんですが、どうにもカメラ泣かせ。
アデュラリアを写そうとすればスモーキーの見え方がいまいち。

アデュラー2

スモーキーを主役に据えると、アデュラリアがアデュラリアっぽく見えません。
内部では、ちょうどいいところでクラックが光を反射するし。

そのうち何とか写るだろう……。
この石とのおつきあいはしばらく続きそうです。

考えてみると不思議

顕微鏡サイズの微細な石英の集まりであるカルセドニーのうち、模様がきれいなものがアゲート
アゲートの中で最も目に付くのが縞模様です。
この縞模様にもほぼまっすぐなもの、波打っているもの、幅のあるもの、細かいものがあり、中でも細かく縮れた、レースを思わせる繊細な縞模様を持つものを「レースアゲート」といいます。

知名度で言えば、ブルーレース・アゲートがその代表選手。
これは地が青(水色~ブルー・グレー)のところにレースを思わせる縞模様が入ったアゲートということです。


このレース縞模様がもっと細かく繊細になると……誰が呼んだか「クレイジー・レース」

おそらく「気が狂いそうに細かいレース!」と言うことでしょう。
たとえば……こういうの↓

クレイジー!

産地不明……でもおそらくブラジル産であろうと思われます。
産地判明。メキシコ産でした。

複雑に網目状になった濃いめベージュの部分が目立ちますが、白く見えている部分もよーく見ると細かい縞模様。
なるほどクレイジーです。

ところで……アゲートの模様は、長い時間をかけて微細な石英の結晶が沈殿していく中で、石が成長しているところの熱水に含まれる不純物の成分が入れ替わっていったためと考えられています。

季節の移り変わりによる成長速度の違いを刻み込む木の年輪にも似ていますが、生長の方向は逆。
木は外側へ外側へと生長し太くなっていきますが、アゲートは岩の隙間、その壁面に積み重なり、内側へと隙間を埋めていきます。

スタンダード・アゲート

たとえば、このアゲートは、丸い隙間で最初は半透明、徐々に赤み(茶色っぽさ)を増していきながら隙間を埋めていったと考えられます。
その後まわりの岩が風化したり、人工的に岩を取りのぞくと、丸いアゲートの塊となり、それをスライスすると写真のようなアゲートが得られると言うわけです。

このとき、一層一層順序よく層を重ねていくと、年輪のような素直な縞模様になるでしょう。
しかし、カルセドニーの中にはこのようにもこもこ形に成長するものがあり、これが色違いの層を重ねてアゲートになり、それをスライスしたら、縞模様は湾曲し、複雑なものになるでしょう。
 

では……今回のクレイジー・レースは?

もう一度、写真をよくご覧ください。
真ん中上の空洞になっている部分からもわかるように、やや色の濃い部分から結晶していったと思われますが……。
濃い部分は網目状になってます。
この石は厚めの板状ですが、裏側も同じような模様です。
つまり、このアゲートが成長した岩の隙間の壁面が複雑に凸凹していたから、こんな網目状になったわけではありません。

では、なぜ?

本当に、色の濃い層から成長したのだとすれば、このアゲートが結晶しはじめたときのようすは、目の粗い、スカスカのスポンジ状だったことにならないでしょうか。

どうやって!?

このメカニズムは、模様以上にクレイジー!
謎です







超・アクロバット

2009年はガネーシュ・ヒマール産ヒマラヤ水晶で締めくくったので、2010年初石もガネーシュで。

先だっての池袋ショーで見つけた、ニクイ奴。

コレです。

超・アクロバット

「ガネーシュらしい」水晶には、緑泥たっぷりで緑色、シャープな先細りとんがり型があります。

先細り型はまるでヤマアラシのようなクラスターになったり、

縦横無尽に絡まり合い「かき揚げ」のようなクラスターを作ります。


今回の石は……ヤマアラシとかき揚げの複合系?
シャープもシャープ。「ぴきーん」と擬音を入れたいようなまっすぐ先細りの結晶が、長石(たぶん)を土台にヤマアラシ……と言うより放射状のクラスターを作り、その上に縦横無尽かき揚げ状の結晶の塊がくっついています。

……と言うより何より、なんじゃこりゃあという形、の一言で、済ませてしまいたい。

結晶は、あちこち先端が折れたりしてますが、これはもう仕方がありません。
こういうとんでもない形の石を無傷で掘り出そうとするのは無理というもの。絶対まわりの石と絡まり合っていたに違いありません。

持って帰るのが大変だぞ。
無事に持って帰っても、保管が大変に決まってる。

ブツブツと心の中で抵抗してみたんですが、変な形好きとしては、この「なんじゃこりゃあ」に逆らうことができませんでした。

きちんと母岩から生えるタイプのクラスターと、かき揚げ・クラスターはガネーシュ・ヒマール山域でも別のエリア、あるいは別の晶洞から採れるのかと思っていたんですが、そうではなかったようです。

いったいぜんたい、コイツはどうやって結晶したんだろう。
放射状ヤマアラシ・クラスターが絡まっているなら、母岩が複雑な形をしていて、そこから結晶が伸びたんだから絡まりあったんだろうと考えることができますが、絡まっているのは縦横無尽かき揚げ状。
どうして一部はヤマアラシ状になり、他方はかき揚げ状になったのか。
どうして一方だけにならなかったのか。

そもそも、結晶が母岩から生えずに縦横無尽かき揚げ状になる仕組みがわかりません。

この石を見ていると、どうして、なぜ?という疑問と、それを蹴散らすような「どうでもいいけど変!」という思いが交互に湧き上がってきます。

唯一の欠点は、「壊れそう」なこと。
池袋ショーが終わってすぐ、100均へプラスチックケースを買いに走りました。




帰ってきました~

のんびり正月から帰ってきました。
ぼちぼち石雑記をはじめます。

質問をいただきました。

先日のご挨拶記事のコメントで幾つか質問をいただきました。
お返事が長くなりそうなのでこちらで。

質問は、ある石のお店で
「ラピスは、自然と金箔が出てきます。オニキスは向こうではブラックアゲートと言う。最近合成水晶が多く見かけられるのが残念で簡単な見分け方は、ブレスレットの水晶玉をお持ちでしたら、氷の上に水晶玉を置いて5秒以内に氷が置いてる部分だけ解けると天然水晶で、コスモオーラなら2秒で」 という説明をうけたが、本当だろうか?
というものです。

まず……
>ラピスは、自然と金箔が出てきます。
ちょっと無粋に申し上げますと、私個人としては色の濃淡や透明度以外の変化、特に、内包物など、なかったものが後になって出てきた……というような変化の正体は「後から気がついた」が正しいと思ってます。
私としても「こんなの(内包物や傷)あったっけ?」とびっくりしたことがあるんですが、買った直後に撮った写真を見ると、ちゃんと写ってるんですね~。
なので、「気がついていなかっただけか、な~んだ」ではなく、「それだけこの石になじんできたぞ」と考えてます。

そのような認識の上で、「ラピスの金箔」ですが……。
ラピスラズリで金色に見えているのは、金箔ではなくてパイライトです。
「金箔のようなきらきら」と言う意味だとしても「金箔」と言いきってしまうのは、ちょっと誤解のもとですね。

ラピスラズリの青は、何と硫黄イオンが関わっている色です。パイライトは硫黄と鉄の鉱物なので、ラピスラズリにパイライトが入っているのは、硫黄つながりでなるほど納得なのです。

残念ながら後から出てくることはないと思います。


>オニキスは向こうではブラックアゲートと言う。

今現在、「オニキス」というとつやつや真っ黒のビーズを思い浮かべる人が圧倒的に多いと思いますが、本来オニキスとは真っ黒石(真っ黒カルセドニー)のことではありません。
黒地にすっきり白い筋が入ったアゲートのことでした。
ですから、(本来の)オニキスをブラックアゲートと言うのは、不自然なことではないと思います。


>最近合成水晶が多く見かけられるのが残念で簡単な見分け方は、ブレスレットの水晶玉をお持ちでしたら、氷の上に水晶玉を置いて5秒以内に氷が置いてる部分だけ解けると天然水晶で、コスモオーラなら2秒で」

この説明は、色々と補って考えなくてはなりません。

水晶は、ガラスよりも熱伝導率が高いです。そのために、同じ室温の条件で同じくらいの大きさの水晶玉とガラス玉を握り比べると、水晶玉の方が冷たく感じます。(寒いとわかりにくくなりますが)
熱伝導というのは、高温側から低温側へ熱が伝わること。

水晶玉とガラス玉を氷の上に置くと、熱伝導率が高い水晶の方が室温を氷に伝える力が強いので、ガラス玉より氷を早く溶かします。
コスモオーラなどの蒸着加工を施したものは、加工なしの水晶に比べて熱伝導が低くなると考えられます。

でも、室温や乗せるものの重さも影響するので、何秒でとけるとは言い切れないのではないでしょうか。
同じくらいのガラス玉と比べれば早い、という条件が付くと思います。

それから、合成水晶とおっしゃっていますが、合成水晶は人工的に結晶させた水晶のことだと思うので、天然水晶との差は無いと思います。
溶練水晶(練り水晶)は水晶を溶かして固めたガラスということになるので、お店の説明は「合成水晶」ではなく「練り水晶」のことだと思います。

個人的には、氷の上に置くやり方は、色々条件があるのでガラスと水晶を見分ける簡単な方法とは言い難いです。

手に持ったときの冷たさの違い、重さ、手触り、復屈折など色々な特徴で総合的に判断した方がいいと思います。

今年もよろしくお願いします!

例年通り、のんびり出遅れ。
ただいま実家からアクセス中です。
改めて、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。