INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな雰囲気

マニ・ファーデン1

2009年のIMAGE展で買った水晶です。
産地は北インド、マニカラン。
あるじゃないか、インドにファーデン!と叫んだ石の仲間石です。

実は、このクラスターの中にも、おそらくはファーデンであろうと思われる結晶が混じっています。
入り組んだ結晶に紛れていて、はっきり見えないのでファーデンだとは言い切れませんが、おそらくは。

微妙に先細りで、薄べったいDTが横に寝そべるように群れています。
私が見た限りでは、マニカラン産のファーデンは、このタイプのクラスターに現れます。

ファーデンの産地としてはマイナーなところでファーデンを探すのも楽しいけれど、ファーデンとは言い切れないこのクラスターの雰囲気も、なぜか好きです。
微妙な照りの具合、形。
何かが好みのツボにヒットしています。

角度を変えれば雰囲気満点!

マニ・ファーデン2

この写真を見ていたら、どこかで見たことがある……と思い出しました。
ヒマラヤ水晶にはまったかなり初期に買った、インドのあの石に似ていないか?

大きい写真はこちら

古参のこの石も、普通なら母岩から「生える」はずの結晶が横に寝そべるように、そして束になって流れるようにクラスターになっているところが似ています。


スポンサーサイト

ナチュラル・バジュラ

以前、ガネーシュ・ヒマール産のバジュラそっくり水晶を登場させましたが、今度はインド、Dahara産。

dahara-バジュラ


結晶の中程がくびれたように細くなって、相対的に両端がふくらんで見える形は、まるでバジュラ。

このように表面が幅雑な形状になった水晶は、ときどきまとめて「触像」といわれるんですが、この水晶は、ご存じ「アイスクリスタルのニューバージョン!」と言いたげに登場したDaharaの水晶です。
つまり、溶けているようでいて、溶けていない。(詳しくはこちら

その証拠に、くびれている部分にも成長線(横線)がくっきり出ています。

溶けているといわれるのもわかるけど……やっぱり、溶けているとは思えない。
「一度溶けてから再結晶した」という説も見かけたんですが、どうだろう。

水晶が欠けた場合、その断面の方が他よりも成長が早くなると言うけれど、溶けた場合は……?

私としては、もし仮にこの水晶が一度溶け、再結晶し、溶けた面の方が他よりも成長が早い……ということがあったとしても、写真に写っているようにきれいに成長線を示すとは思えないので、やっぱり「溶けていない」と見たいです。







形が変わると

短柱状のアメジストは、先端はきれいに紫ですが、根本の方は白いことが多いです。
 

……では、先端紫、根本は白いアメジストが、DT(両錐)になったら?

こうなるみたいです。
DT-アメ

産地はウルグアイ。
ふつうは、先端のとんがり部分だけが群れ固まったような、つくつくクラスターになっているので、そんなアメジストがDTというのは見る機会もめったにないし、想像するのも難しいんですが、実物を見れば一目瞭然。

やっぱり先端だけが紫色。

ただし、両方の。

この石を見つけたとき、「え、、アメジストでファーデン!?」と目を疑ったんですが……
残念、違いました。

反対側を見ると、仕掛けがわかります。

DT-アメ2

うーん写真では見えにくいかもしれないですが……真ん中あたりが何となくつや消しでぼんやりしているように見えませんか?
この部分は、水晶ではありません。
カルサイトです。

つまり、カルサイトの結晶にくっついて成長したために、なかなかDTを見かけることがない、この産地のアメジストがDTとなり、両先端が紫色のおもしろい石になったわけです。

考えてみれば、なるほど当たり前なんですが、モノを見るとおもしろいです。。

これならば

アンフィボール・白

ブラジル産のアンフィボール入り水晶です。
水晶の中に繊維状の角閃石(アンフィボール)がファントム状に入ってます。

角閃石は、角閃石グループという、いくつもの鉱物を含むグループ名で、詳しく見ればもっと別の名前があるはずなんですが、とてもとても見分けられないのでおおざっぱにアンフィボール。

これは、ラブラドライトかかアマゾナイトかアンデシンか、どれだかわからないから、ざっくり長石(フェルドスパー)と呼んでおくか、というのと同じようなくくりです。

先日のドーム磨きのように、「えーと、これはルチル? アンフィボール?」と悩むものがあるために、これまた大胆に(いいかげんに)ルチル扱いされていたりするために、「アンフィボール入り」としてはあまり知名度が高くありませんでした。
あっても「エンジェル・クォーツ」「エンジェル・ファントム」という名前だったりします。

ところが、先日発売されたクリスタルバイブルの続編「新・クリスタルバイブル」にはアンフィボール・クォーツという項目があったので、そのちアンフィボール入りであることが注目されるようになるかもしれませんね。
良くも悪くも、本などで取り上げられると注目があつまるものです。
(新・クリスタルバイブルの記述で売れ氏亜kったの派メルリナイトがマーリナイトと表記されるようになっていたこと。やっぱりマーリンの石で正解!)

ところで、別のところなんですが、アンフィボール入り水晶が、石を太陽や火星、金星などの星で分類すると、月に属する石であると紹介しているところがありました。

月か……。

星に属する石は、たいていなるほど、この星というのも頷ける……という見かけをしています。
アンフィボール入りも、今夏の用に白くてふんわり下感じのものならば、なるほど月かもしれないと思うんですが、赤や茶色など濃い色が付いたものもありますし、内包具合もいろいろで、中には変な水晶好きの私をして「……げ、キモチワルイかも」といわせる、超・個性的なものもあります。
それもアンフィボール入りには違いないのですけど……月?

誰がどうやって振り分けているのか知りませんが、バリエーション豊かな石は、一部を見ただけで決めてしまうと、後々ややこしいことになるのになあ……。


心憎いぜ

2009年新宿ショー、最終日の魔物石

めぼしい石は手に入れたし、あとは人に会って楽しむか、なんてムシのいいことを言っていた私の目の前に現れた伏兵。
この店は、何度も見たはずだ。なのにその隅に、何食わぬ顔で隠れていたコイツ
この石(ともうひとつ)を見てしまって陥落、ミネラルショーの魔物に頭から丸かじりされる顛末と相成りました。

いや、最終日に財布直撃の買い物とはいえ、破格でした。
他を思えば、あり得ない値段。
なぜ、この石が、こともあろうに最終日まで残っていたのか。

謎です。

それは。
イティンガ・ブルー

ブラジルはミナス・ジェライス、イティンガのインディゴライト入り水晶!
いわゆる、ブルー・クォーツです。

やや色がくすんできれいなブルーに見えないのは、ベースがシトリンだから。
イティンガのブルーには、透明ベースとシトリンベースのものがあります。
はっきりシトリンベースで、全体的にインディゴライトが内包されているものは持っていなかったので、これは、はずせない。

そして、特筆すべきは大きさ。
水晶部分だけで約10センチの充実サイズです。

そしてこの石、つるりと板状の長石の上に、まるでわざとくっつけたように水晶が載っかっています。
くっつけたというのはもののたとえですが、それくらい見事な、心憎い配置。
普通だったら、長石部分が邪魔だと打ち欠いて、水晶だけにしてしまいそうなところを、きれいに残してくれたので、水晶の形状と色合いが際立ちます。
きっと、この石を掘り出した人も、
「これはこのままがいい」
と思ったのでしょう。

肝心の水晶はというと、シンプル真っ平らの長石母岩と対照的に、小さな結晶をいっぱいくっつけたにぎやかさ。
この小さな結晶も長石? カルサイト?
これで水晶だけにされていたら、この小さな結晶がちょっとうるさく、欠点に見えていたかもしれません。
真っ平らな長石があることで対比となり、おもしろい表情となって見えています。

ブルークォーツがブルーである原因のインディゴライトは、かなり表層部分に内包されていて、ベースがシトリンなのに、まだしも青がきれいに見えています。

うーんやっぱり、写真が不満!
撮り直そう……。

わかっちゃいるけど

わかっちゃいるけど、言わずにおれぬ。
石が好きといっても、「石頭」はあまりありがたくないだろうと思うんですけど、でも。

どちら

ネタにしてしまうのはかわいそうかもしれないけれど、これ。

ブラジル産です。
おそらくは塊状であったのだろう石を、底面だけ原石のまま丸く磨いたものです。
個人的には「ドーム磨き」と呼んでます。

中には繊維状と針状の中間くらいのものが放射状に内包されてます。

画像に入れたように、ルチルか? アンフィボール(角閃石)か? ちょっと迷います。
(現時点ではアンフィボール(角閃石)に一票)

このように、判断に迷うものがあるのも確かなので、間違えるのもわかるんですが。
ショップだって間違ったまま売ってしまうかもしれないですが。

でも~、内包物がルチル(金紅石)ではないとはっきりわかっているものまで
ルチルと呼ぶのは、やっぱり納得できません。

ルチルは金紅石であって、針入り水晶じゃあない。
ルチルが入っているからルチル入り水晶(ルチル・クォーツ)。
中身がルチルじゃなければルチル入りとは言えない。



……というと、「鉱物学的にはね」などと、あたかも私がお堅い鉱物マニアだからとでも言いたいような反論がかえってくることがありますが、専門的でもなんともない、単純明快な話だと思うんですけど。

餡が入っているからあんパンなのであって、
ジャムが入っていたらジャムパンだ!

……というのと同程度の話です。この程度は、パン屋さんでなくても言えます。

万が一、餡とジャムの見分けが付かなくたって「中身はジャムですが、あんパンです」言われたら、たいていの人は首をかしげるでしょう。
同じことなのに首をかしげない人が多いのがパワーストーンの「ルチル」なのです。

最初に言ったように、見分けにくいそっくりさんがあるのも確かですが、そういう場合にはちゃんと「針入り水晶」という言い方があるのに。


別に、そこまで厳密に言わなくても~、という声もあるようですが、ルチル入りと思って買ったのにそうではなかったと知ってがっかりされる人がいる以上、最低限でもルチルじゃないとわかっているものは、ルチルと呼ぶべきではないでしょう。
多分、最初にルチルの意味が考えられたときは、ちゃんと正しいルチル入り水晶だったのに、「似ているからいいや~」と、別の石にルチルの意味がくっついてそのまま。それでいいんでしょうか。

パワーストーンではルチルじゃなくてもルチルと呼んでるんだから、いいじゃないかと言いますか?
かのジェーン・アン・ドゥ氏は、著書の中でルチル入りとトルマリン入りを分けて紹介してます。
クリスタルバイブルの著者、ジュディ・ホール氏もアンフィボール入り水晶という項目を設けています。
パワーストーンの分野でも、ちゃんと区別してる場合もあるんです。
必ずしもちゃんと見分けているとは限らなくても、少なくとも分けてはいます。
全部とまとめてルチルとは呼んでません。

さらにもう一つ気になるのは、これを説明するときです。

入ってるのがルチルじゃないならルチルクォーツじゃなーい! よってこれは間違い!
……とばっさり言ってしまえたらことは簡単なんですが、いかんせん、トルマリンはまだしも、ルチルに比べるとアンフィボールやアクチノライトの知名度は低いです。
そこで、知名度に配慮して
「中に入ってるのは実はルチルじゃなくてアクチノライトなんですが、一般的には緑ルチルと呼ばれてます」
……いう説明になったりします。

まあ、「アクチノライトが入ってるのが緑ルチルです」という開き直りに比べると「一般的には」というあたりに苦心の心境が現れてますが、説明する側が意図するほど「本当は間違いなんだけれど、そうなっちゃってるんです、残念なことに」というニュアンスが伝わっていないこともあるようで……。


私は強固にルチルじゃないとわかっているものは、ルチルと呼ぶべきではない派なんですが、やはり「緑ルチル」で通じるんだかいいんじゃない?派の方も多いのでしょうか。
皆さんはどちら?

「鑑別」に思う

昨日の雑記に書こうと思っていたけれど、長くなるので改めて。

最近ビーズなどで鑑別結果を載せているところが増えてきました。
石の名前や加工の有無などがわかるので、安心……というイメージがあるんですが、あえてもの申してみたい気持ちがあります。

「素人が石を見分けるのは難しいので、鑑別書をつけている店で買うといい」
という意見もあるんですが、どうも素直には頷けません。(かなり私情コミ

ひとつ。
鑑別書をつけているところが増えたと言ってもまだまだ少ないです。
「鑑別書」を決定打にしてしまうと、それだけで石の選択の幅は限られてしまいます。

ふたつ。
「鑑定結果」にはばらつきがあります。
同じ石(ビーズ)の「鑑別結果」が、ショップによって違っていたり、同じ店で時期によって結果が異なっていた例を見たことがあります。いずれも「それをどう見なすか」という微妙なラインではありましたが、見る側が単純に「鑑別結果○○」というところだけを眺めると、違う石に見えてしまいます。

別の例では、タイガーアイとブルータイガーアイの色合いがまだらに混じったビーズが「ミックスタイガーアイ」として売られていたのに対し、鑑別nの資格を持つという人が「いや、ミックスではなくてゼブラタイガーアイ」とダメ出ししたという話を聞いたことがあります。
ミックスタイガーアイとゼブラタイガーアイ。どちらもあり得るような。
天然石検定の教科書では、色混じりタイプは「混虎眼(こんとらめ)」とされていて、「混」ならミックスでもいいような気もするし、ミックスだとタイガーアイ(黄色)、ホークアイ(青)、ブルズアイ(赤)のビーズを混ぜて通した連の意味が出てくるからゼブラなのかという気もします。
どっちかが正しいのではなく、鑑別した人がどちらの考えをとるかで変わってくる例もありそうです。

みっつ。
「鑑別」では、石を鉱物か宝石かで見ることになります。
ところが、パワーストーンや天然石として楽しむ石には、鉱物や宝石の範囲に収まらないものも多いです。
たとえばレムリアンシードやスーパーセブンなどは、「鑑別結果」としては絶対に出てきません。
むしろ「鑑別結果:レムリアンシード」などというものがあったら、思いっきりその鑑別を疑います。
レムリアンシードは普通の「水晶」でしかありませんし、スーパーセブンも、内包物の種類が判別できたとしても、それだけではスーパーセブンか否かの判定は下せません。
これらはパワーストーン(またはクリスタルヒーリング)の分野で名前が付けられたものなので、産地や全体のイメージが示す条件も加味して判断しなければならない場合が多いのです。

鑑別結果によって、麗々しい商品名やパワーストーン名で呼ばれていた石が、実はどういう石(鉱物)であったかがわかるという点は、確かにありがたいんですが……。
鑑別とパワーストーンの考え方は、違っていたりずれている場合もあるということを知っておいた方がいいと思います。
(トルマリン入りなのにルチルといっているのはズレではなくて間違いといいたいですが)

よっつ。
厳密には鑑別結果は、鑑別に出したその一つの石に対する結果です。
ビーズショップで「鑑別に出しました。結果○○石です」といった場合、そのとき同じ石として仕入れた石が全てそうであるとは限らないです。

たとえば、最近お目見えのアンデシンという石があります。
和名は中性長石。
見かける石の多くは赤い石で、変色性を持つタイプもあります。

アンデシン2

名前の通り「長石(フェルドスパー)」の一種です。
長石についてはとてもややこしいので、関係する部分だけおおざっぱに言いますと、長石は含まれる成分によって何種類にも分かれていて、その中にアルバイト(曹長石/ナトリウムが多い)とアノーサイト(灰長石/カルシウムが多い)というのがあって、それだけでもややこしいのに、この二つがいろんな割合で混ざり合います。
このアルバイト~アノーサイトが混ざり合った長石を斜長石(プラシオクレース)グループといいます。
このグループの中にもいくつかの長石があります。

わかりやすくたとえると、アルバイトを、アノーサイトを赤の絵の具と考えてみてください。
青と赤を混ぜると紫になりますが、その割合によって赤っぽい紫や青っぽい紫ができますね。
青~赤が混ざってできた紫系グラデーションの色合いをまとめて斜長石(プラシオクレース)グループといい、青(アルバイト)と赤(アノーサイト)の割合によって紫系グラデーション(斜長石グループ)をいくつかに区分けして、それぞれに名前が付けられているんです。

図にするとこんな感じ。
プラシオクレース

アンデシンの名前、見つけられましたか?
見覚えのあるラブラドライトの名前もありますね。
なんと、アンデシンとラブラドライトは長石の中でも同じグループに属し、成分の割合がちょっと違うお隣石なのです。
しかし、アンデシンの名前で知られるビーズは赤い色、ラブラドライトはご存じ青や他の色のラブラドレッセンスを示して輝く石で、一般的なイメージではかなり違ってます。

ところが、ラブラドライトである条件はアルバイト●%、アノーサイト●%とびしっと決まっているのではなく、Ab(アルバイト)50~30%、An(アノーサイト)70~50%と幅があるので、アンデシンよりのラブラドライトもあるし、反対側のお隣のバイトウナイトよりのものもあることになります。
もしも、An50%、Ab50%という石があったら、それはアンデシンなのかラブラドライトなのか。

そんな微妙なことが実際に起こってます。

あるショップで、見た目赤の、いかにもアンデシンというビーズを鑑別に出したところ、分析して出てきた成分はかなり微妙……数パーセントの差で、アンデシンというよりラブラドライトという結果が出たのだそうです。
つまり、成分上は、アンデシンではなく赤いラブラドライト……。

ここで、鑑別結果は絶対だ!……と、「レッド・ラブラドライト」とするべきか。
かなり微妙です。
調べたピースの分析結果は「微妙にラブラドライト」だったとしても、同じ鉱脈の別の部分はどうかわかりません。
同じような見かけで別の産地で採れる石もあるので、それは堂々のアンデシンである可能性も高いです。

結局ショップは「鑑別結果はラブラドライトだったけれど、一粒単位で結果にばらつきがあるし、仕入通りアンデシンという名前にします」ということで売っていました。理由もちゃんと説明した、妥当な判断だと思います。


まだあります。
「鑑別結果、オリエンタルブラック」
「分析したけれど、どの鉱物(岩石)かわからない……鑑別結果:グリーンストーン」
という例もあります。
オリエンタルブラックも、グリーンストーンも、鉱物名でも宝石名でもないと思うんですが……。


「鑑別結果だけに頼らず、まずは、興味のある石をいろいろ見比べるところからはじめてみたら」と言ったところ、「専門的知識と機材を使った鑑別を信じないのか」というような反論をいただきました。
私は信じないとは言ってませんが、その鑑別結果をどう見るかの判断は必要だと思ってます。

「鑑別」というと確かに専門知識を持った人がちゃんとした機材を使って、素人には及びも付かない基準で判断されているんでしょうが、その結果を見る私たちは、「鑑別」というものを意外に知りません。

昨日の記事にも書きましたが、シトリンの場合、鑑別書作成の規定で、天然のシトリンであったとしても「通常、色の改善を目的とした加熱が行われています」というコメントが付くのだといいます。
では、鑑別ではシトリンの加熱・非加熱を鑑別できない……いや、厳密に判断することはしないというのでしょうか。
そんな約束事が実際にあり、それを鑑別結果を見る側が知らないとしたら。

もう一度昨日の記事をざっと読んで欲しいのですが、「レインボー水晶は天然である」という話にしても、一方は「アクアオーラのような加工はされていない、だから天然だ」と言う意味で言っていて、他方は「それはもちろん加熱などの加工もいっさいされていない掘り出されたままの状態=天然」と考えていた。
そんなズレがあるかもしれない。

「鑑別」が出した答えと、
私たちの疑問がぴったり対応するかどうかについての判断は必要なのです。


鑑別結果を鵜呑みにするわけにはいかないというのはそういうことです。

「分析したけれど、どの鉱物(岩石)かわからない……鑑別結果:グリーンストーン」
という鑑別結果を
「鉱物(岩石)としての種別は不明。(見かけから)仮にグリーンストーンと呼んでおきます」
と理解するのと
「よくわからないけど、グリーンストーンなんだ~」
と思ってしまうのとでは、だいぶ違いますよね。

また、鑑別はその石の種類と加工の有無を判別することであって、石のグレードを判断するものではありません。
グレードが絡むのはダイヤモンド。
そのためダイヤモンドについては「鑑定」といいます。
(パワーストーンとしての石の状態を「鑑定してください」というのには、かなり違和感があります)

ですから、「鑑別結果を付けているショップだから石の質も心配ない」というのは、実は違います。

鑑別結果は頼りにはなるけれど、趣味の石の分野では最終判断ではなく判断材料の一つでしかない。
そう思います。

わからない、割り切れない、そういうもどかしいところが、石のおもしろいところなんだとあきらめましょう(笑)。



虹水晶考・追加編

個人的には加工・非加工の判断保留中のインド産レインボー水晶について追記。
レインボー水晶についてはすでにこちらにまとめておりますので、どうぞ。

先日、レインボー水晶を天然と鑑別したその理由をざくっと聞くことができました。
又聞きなので、勘違いもあるかもしれませんが、自分なりの内容整理を兼ねて、新たに疑問に思えたこと、なるほどと思ったことをまとめます。

まずは聞いたことまとめ。
この水晶が天然で加工された物ではないということの理由として

(1)r面ないしはz面に虹が出る。
これはすでに私も気が付いていたことです。虹水晶考にも書いてます。
ちょっと内容を補足しますと、r面、z面というのは水晶の先端の斜めの面(錐面)につけられた名前です。
水晶を上から見ると、こんな感じ。
虹ー1
面の形は水晶によってバラバラなんですが、だいたいおおざっぱには大きい面と小さい面が交互に並んでます。この大きな面をちょっと専門的には「r面」、小さい面を「z面」といいます。
わからない場合は、一番大きい面を「r面」として、あとは交互にr-z-r-z……としていけば、だいたい合ってます。
つまり、r面ないしはz面に虹が出るというのは、
虹3 虹2
……のように、レインボー水晶の虹は錐面の一面おきに出る、ということです。
(※上の図は一面おきという点をわかりやすく表したもので、実際の結晶を上から見ても、光の角度の関係で同時に3つの面に虹が見えることはありません)

12月の池袋ショー以後、いくつか手に入れたのでそれも含めてみてみると、虹が出るのは「r面」「z面」両方の場合があるようです。
最初、一面おきに出るという特徴からブラジル式双晶という結晶のタイプを連想したんですが、だとすると、虹が出るのはどちらかの面だけだと思うので、虹の仕組みとブラジル式双晶の関連は薄くなったかもしれません。

(2)表面ではなく内部に虹が出ている
これもすでに承知の事柄です。

内部に出ているというのは、結晶の表面に皮膜状の虹があるのではなくて、
ajanta4 
……のように、虹がファントムのように結晶の内部に出ていると言うこと。
補足すれば、その虹は平面状で、結晶面と平行に、まさしくファントムの面のようになっています。
結晶内部に出る虹というと、クラック(ひび)で光の干渉が起こって出る虹がありますが、これがクラックに出る虹なら、平面状で結晶面に平行になることはごく稀で、いくつもの結晶に同じように出たりはしません。

さらに、今回撮れたこの写真。

ジャルガオン1

虹の層が幾重にも重なっています。
わかりやすく矢印を入れてみました。

ジャルガオン2

ますますもってクラックの虹ではあり得ません。
こちらのサイトでは、この水晶の虹は非常に微細で均一な厚さの層(ファントム?)が無数に重なり、そこで光の干渉が起こっているのだと説明していますが、これはなるほどと思えます。

ジャルガオン3
このような虹のようすはレインボー・ガーネットを思わせます。レインボーガーネットも結晶の表面近くが二微細な層状になっていることで虹がでているのだそうで、偶然にも似た仕組みなのかもしれません。

(3)面の一部分(特に縁の部分)だけに虹が出るものもある。
これは、
虹4 虹5
……のように虹がでるということ。

ajanta6



表面に酸化被膜が付着して虹が出ているものではこのようなことにはならないし、ましてや人工的な加工ではこんなことは不可能である。

……と、ここまで聞いて、これははっきりさせておかなければならないと思いました。
はっきりさせるというのは、この理由を述べた人(鑑別した人)が考える「加工」と、私が考える「加工」が必ずしも同じではないかもしれないと言うことです。

ここまでの話を聞いて、私は鑑別した人は、「このレインボー水晶はいわゆるアクアオーラのように人工的に表面に何かを蒸着させるなどの加工を施して虹色を見せているのではない」と言っているのではないかと考えました。
これについては、すでに予想……というか、ある程度わかっていたことです。
私も、水晶に何かを添加したものではないと考えています。

加工の可能性というのは、この場合、全くの未加工……掘り出して、洗浄などを除けばいっさい何も手を加えていないものかどうかということなのです。

はっきり言えば……たとえば、アメジストを加熱したシトリンがあります。
アメジストに何か別の成分を人工的に添加しなくても、加熱によって鮮やかな黄色になります。
これは、あらかじめアメジストに加熱によって色が変わる仕組みがあり、自然界ではそれだけの熱が加わることがなかったので紫だったけれど、人工的に加熱することによって黄色くなった……ということです。

これと同じように、ある産地のアメジストを加熱すると、あらかじめ結晶が持っていた仕組みによって黄色くなる代わりに虹が出るということがあるのではないか。
あるいはもともと虹は出ているけれど、加熱することによってそれがはっきりする、あるいは加熱によってもともとの結晶の色が消えて虹が目立つようになる……そういうことはないのか、ということなんです。

シトリンの加熱、非加熱は果たして鑑別で判断されうるのかどうか……そういえばこれについてはっきり知りません。
今度ミネラルショーで確認してみなければ。
ネットでは、シトリンの場合、鑑別書作成の規定で、天然のシトリンであったとしても(山で掘った人が直接持ち込んだとしても)「通常加熱」「「通常、色の改善を目的とした加熱が行われています」というコメントが付くのだと説明されていたので……どうなんでしょう。

今回聞いた話では、高温で加熱すればその痕跡(ひびなど)が残るが、それがないので加熱されていないという話もあったようですが、確かに加熱シトリンで大粒のものにはクラックが入りますが、小粒のものでは無傷のものも多いので、どうなんだろう……とこれも疑問、要確認

次に、今回見つけて疑問に思ったこと。

レインボー水晶の虹は、錐面の一面おきに出る。
実物も見て、確かにそうだと思っていたんですが……。
よく見たら、隣り合った面に虹が出ているものがある。

二つの虹を同時に写すことはできないので、図示するとこんな感じ。
rainbow-quartz7.jpg

写真にも撮ってみました。上図のa、bに当たる面に、同じようにa、bと入れてみました。
2面

2面-2

やはり、写真ではわからないかもしませんが、確かに隣り合った面に虹が出ています。(さすがに全面虹ではなくて部分的ですが)
一つではなく複数の結晶で見られます。
もちろん、レインボー水晶として他の一面おきに虹が出ているものと一緒に買いました。

最初、天然コーティング(皮膜)ものが紛れていたのかと思いました。
しかし、複数の結晶で見られること、(3)の説明にあるように縁のみに虹が出ていることから、違うと判断しました。
もうひとつ、実は一面おきに出ているのだけれど、縁であるために隣の面(虹が出ている面からすると側面)から見えていまい、隣り合った面に虹が出ていると錯覚していないかとも考えましたが、この虹はかなり表層に出ているので、それもないようです。

実は虹のメカニズムにもバリエーションがあるとか?













クラスター!

珍しくツーソンもの第2弾。

先日の大人気の某ショップ即売会にて。
どうもこのショップの品揃えとは相性が悪くて、たいてい空振りか「持ってないから参考に」程度なんですが、今回は珍しく初日にトライ。(いつも初日をはずしていました)
でも、やはり好みが合わないようで、会場いっぱいのお客さんが次々にお目当ての品を籠に入れていく中で、私は一つ手にとっては戻し、人の流れに押されるままに会場を流されてました。

そんな中で、お、これはなかなか見かけないぞ。
……と手にとったのがこの石。

ダンブリ・クラスター

メキシコ産ダンビュライトです。
ダンビュライトそのものは、レアというわけではなく、たまに見かけないことはあっても待って探せば出てくる石。
(色によってはレアですが)

ところが……クラスターとなると、急に難易度が上がるような気がします。

この場合のクラスターとは、”KURO基準”により、二つ三つの結晶がくっついている程度ではなく、もうちょっと多数の結晶がくっつきあい、底面があるもの(それくらいボリュームがあるもの)。
たくさんの結晶がくっついていても、一つの大きな結晶に小さな結晶が群れているものは、他に呼び方がないのでクラスターと呼んだとしても、イメージとしてはクラスターというにはちょっと違うと思っています。

さて、ダンビュライトのクラスターは、ポイント(分離単晶)よりは確かに数は少なめ。
でも検索してみるとそこそこヒットはありますが……なぜだろう、あんまり印象に残っていません。

ここが「難易度が高い」と言う理由です。

もうちょっと詳しく言うと……。
まず、分離単晶よりは数が少ない(あたり前だけど)。
大きくなると、表面に水晶など別の鉱物が付着する場合が多い。
逆に、きれいなものは見た目水晶に似てきてしまう。

贅沢といえば贅沢なんですが、「ダンビュライト」を探しているのに、上にフライの衣のように水晶やカルサイトがくっついているようでは悲しいし、きれいなものは水晶と印象が被って見逃してしまう。

えい、ついでにもう一つ。
ダンビュライトは「水晶より浄化能力が高い」とかで、ヒーリングやパワーストーンショップでは妙に高い。
クラスターとなると「ハイパワー浄化装置」といわんばかりでさらに高。
他ではもっと安いことがわかっているので、見た目に良いものでもそのお値段で買うのはちょっとね。

……というわけで、この機会を逃せば次はないと思うほどレアではないために、手頃な大きさ、クラスターと言えるボリュームで、ダンビュライトであるとわかり、そのくせ水晶とは被らないもの……と条件はどんどん高くなり、結果として縁遠い石になってました。

その点、今回見つけたダンビュライトのクラスターは、
掌サイズで底面あり。付着物はあるけどフライ状ではない。ダンビュライトらしい結晶がちゃんと見える。
……かなり条件クリア。
水晶とイメージが被らないという点では、ピンクだと良かったなーと思っていたら、写真でほんのりうっすらピンクに写ってくれました。

肉眼ではややグレーにも見える無色なんですけど。
もしかして肉眼ではわからない(?)密かにピンクなのかも?……という期待を込めて写真はそのまま。

迫力ガーデン

ビーズを見て回っていて、ふと気が付きました。
最近、ガーデンクォーツのビーズが妙に高くありませんか? 私の気のせい?
以前はもっとお手軽値段だったような……。いや、これまであまりガーデンクォーツのビーズは選んでなかったので、値段も詳しく覚えてないんですけど。

内包物水晶好きなので、当然ガーデン・クォーツも好き。
まず好きなのは原石ですが、ものが内包物なので磨きもOK、だったらビーズも興味をもちそうなものなんですが。
……ガネーシュ・ヒマールの緑泥入りなんかは買っていたりするのに、普通にガーデンクォーツのビーズは、あまり買ってませんでした。

理由は、やはりビーズでは小さくて、ガーデンのガーデンたるべきところが楽しみにくいこと。
見かけが以外に地味なのに個性的で、意外に使いにくいこと。

そして、ブレス作りをはじめてけっこう初期にこれを買ったこと。

ガーデン・b

ブレスレットだけれど自作でなくて買ったものなのでこちら。
……多分、ブラジル産のガーデン・クォーツです。

ガーデンや緑泥といわれて思い浮かべるものよりは灰色っぽい色合いで、灰緑色といいたい感じ。
ビーズであっても、緑泥がぱらぱらっと申し訳程度に入っているようなものはガーデン・クォーツとは言えないだろうと思っているので、選んだこれは緑泥たっぷり。
どれでもちゃんと透けているところもあって、その対比や緑泥のたっぷり具合が、ビーズとしてもガーデン!

ただ12ミリ弱と大きいサイズなので、なかなかこのままは着けられません。
10ミリのブレスは大丈夫なのに、それ以上となると1ミリの差は大きいのです。

でも、この大きさがあるからビーズでもガーデンの雰囲気が楽しめるわけで……。
実は、ばらしてポイント使いにするつもりで買ったんですが、全体で一つのガーデンクォーツのように思えてしまい、未だにそのまま。

ガーデンクォーツを使って作りたいブレスあるので引っ張り出してみましたが、やっぱり、ばらせない……。
仕方がないので、新しいガーデンビーズを探しにいったら、高くてびっくり。
ならばブレスでと見てみたら、(当たり前のことだけど)似たものは売ってませんでした。




”ミスティ”

ミスティ1

ブラジル産のシトリンです。

シトリンというと常に加熱疑惑がつきまとうんですが、たぶんこれは天然でシトリン。
そう思う根拠は、形状が長柱状であること。
加熱してシトリンにかえられるのはアメジストが多く、そのアメジストの形状は短柱状。
つまり、側面(柱面)が発達してなくて、先端のとんがり部分だけがつくつくと群れているような形状をしています。
この石はそもそも形が違うので、有名な「アメジスト加熱のシトリン」ではなさそう。

ところが、アメジストほど有名ではありませんが、スモーキーも、加熱するとシトリンの色合いを示すものがあります。
全てが加熱するとそうなるのではなく、スモーキーの色味が消えるだけのものもあると聞きますし、シトリンの色合いになるものも、加熱の際の温度調節が難しいとも言われます。
しかし、スモーキー加熱の「シトリン」は、往々にして「黄色」というより若干緑がかった「レモン色」であることが多いです。
これは、スモーキーの色味の元であるアルミニウムイオンが関係していると言われています。

しかるに写真のシトリンは、緑ががかっていない、きれいな黄色。
アメジスト加熱の「シトリン」を見慣れた眼には渋く見える色合いが多い天然シトリンの中では、なかなかきれいな色合いです。
緑がかってはいないということで、100%ではないけれどスモーキー加熱の可能性も低そうです。

これを仕入れてきたお店は、現地ブラジルで産地の鉱山やそこに近いところに出かけて選んでいるので、加工してあるものはその可能性も含めて教えてくれます。

海外仕入れといっても大きく分けて2つあります。
一つはこの石屋さんのように、現地の、産地近くまで行って直接し入れてくるところ。
もうひとつはツーソンやデンバーのような海外のミネラルショーで探してくる場合です。

どちらにも一長一短があり、産地仕入れでは、産地の状況まで把握し、より詳しい情報を教えてもらえますが、たとえばブラジルならブラジルだけ(それでも広いんですが)と扱う産地が限られます。
海外ミネラルショー仕入れは、逆に世界各国の石を仕入れることが可能。ブラジル産とロシア産が同時仕入れできます。
ただし、鉱山からの石がいったん集積地に集められ、中間業者の手を経たりしてやってくるので、産地があやふやになりがちですし、加工の可能性も高まります。

どちらの仕入れのお店が良い、というのではなくて、その店がどういう仕入れの形態であるかを把握し、それに合わせて手段を講じるわけです。

まあ、シトリンなど加工が疑われる石、ピンクファイアー(クォーツ)のように、産地や内包物に謎が多い石は、産地仕入の石屋さんは心強い味方です。

さて、話は変わって、なぜタイトルが「ミスティ」かというと。
これは、このシトリンに石屋さんが「シトリン・ミスティ」と名前を付けていたというのが、直接の理由です。
ではなぜ「シトリン・ミスティ」かというと、写真にも写っているように中に白いもやもやが浮かんでいるから。

水晶根本が白く濁っているものが多いですが、このシトリンのもやもやはそれとは違う感じです。

角閃石?……と思ったんですが、角閃石であると思わせる繊維っぽい感じが皆無。
このもやもやの正体は、今のところ不明です。

ミスティとは、「ぼんやりかすんだ」という意味で、この白いもやもやを指してネーミングされたわけですが、それを別にしても、このシトリンは表面がやや荒れぎみで、そういう意味でもかすみ加減。
写真でも白い筆筆に写っている部分が、何かの鉱物の痕かと見ていたら、違うものを見つけてしまいました。

錐面の部分です。

ミスティ2
一つはレコードキーパー(成長丘)が残っていたんですが、他の面がやや違います。

ミスティ3

ミスティ4

……わかりますか?
まるでヤスリをかけたように斜めの線が無数に付いています。
成長丘の具合でこんなようすに見えているのかと思いかけましたが、この水晶の成長丘は、2枚目の写真のようにかなりスタンダードなようすなので、違うでしょう。

あわてて2、3個あった別の「シトリン・ミスティ」の錐面も確認。
こういう場合は、その石がたまたまそうなのか、別の石もそうなっているのか、確認する必要があります。
見てみると、残りの石も全部「ヤスリ痕」付き。

これは、たまたまそうなってのではなく、何らかの理由があってこんな痕が出ている可能性が高いです。
そういえば、かなり以前、ザンビア産水晶でも、斜め線入り(もうちょっと粗かった記憶あり)があったっけ。

お店の人にも聞いてみましたが、「気が付いてなかった」とのこと。
とりあえず記憶にとどめてさらなる情報を待つことにします。



……青じゃないはずだ。

一時期、ものの見事にアフガニスタン・パキスタン石ブームだったのでので、実はまだあるアフ-パキ石。
現段階では、お店がブレス人気に押されて原石をちっとも入れてくれないので、ブームは収束。
私もブレスは作りますが、やっぱり好きなのは原石なので、原石を追いやるブレスブームはいやん。

それでなくても景気が低空飛行中なので、鉱物ショップも個性派一点ものではなく平均的多数派を仕入れることが多くなっているようで……。

アフ-パキ石(アフガニスタン~パキスタン産の石の略)は、そのいろいろごちゃごちゃ共生している混ざりっぷりが魅力だと思うので、たとえばラベルがトパーズだからトパーズらしさが現れている標本ばかりでは、私の好みにはヒットしないのです。

いろいろごちゃごちゃ石好き!
……ということで。

青黒トルマリン入り

ごちゃごちゃと言うほど混ざっていないかな……トルマリン+水晶です。
指よりちょい細めくらいのトルマリンの結晶に水晶が絡んでます。

あんまり「混ざってる感」ないですか?
では、方向を変えて。

青黒トルマリン入り2

水晶の中にはトルマリンがざっくざく~。
混ざりまくってます。

ここで不思議なのが、1枚目の写真で写っているトルマリンの結晶。水晶とくっついていないところは真っ黒つるり縦線のトルマリンらしいようすなのに、なぜに水晶の中には針状トルマリンがざくざくなのか。

順番としては、まずトルマリンでそのあとに水晶が結晶……だと思います。
では、最初にこのトルマリンは一部がなぜかハリネズミ状だったということでしょうか。
それならば水晶なしの一部ハリネズミ状トルマリンがあってもよさそうなものですが、見かけたことはないです。

一部ハリネズミ状だから水晶がその部分に結晶しやすかったとしても、なぜトルマリンの一部がハリネズミ状になるのでしょうか。

さらに想像してみます。

仮に、トルマリンが成長し終えてから水晶が結晶したのではなく、成長時期が被っていたとしたら。

たぶん、トルマリンの方が一歩先に結晶し始めていたとおもいます。
そこに母岩の方から水晶がにょきにょき……と成長してきてトルマリンの一部を飲み込んだと言うより、トルマリンの一部に水晶が付着し(成長の核ができ)、そこから成長しはじめた。

水晶の本によると、成長していた結晶が折れた場合、結晶面を残している部分より折れた断面の方が結晶の速度が速くなるのだそうです。
おそらく、水晶の成分がくっつきやすい状態になっているからなんでしょうが、それがトルマリンにも作用するとしたら。

トルマリンの一部に結晶の核ができたことで、水晶は母岩ではなく、そこから大きくなります。
何もないところより核があった方が成長しやすいからです。
核は二酸化珪素を引きつけ、成長していく……その状態が、トルマリンの成分もくっつきやすい状態だったら。
つまり、水晶で言うところの結晶しやすい断面状態になっていたとしたら。

水晶が成長するその場所でトルマリンも水晶と競うように成長し、でも、もとの結晶の形をそのまま大きくしていくような結晶はできなくて針状結晶となり、結果として水晶の中にざくざくたくさん内包されることになった……のではないでしょうか。

そうだとすると、水晶とせっせいている部分だけがハリネズミ状になっているというのが説明できるんですけど。


そしてもうひとつ。1枚目の写真をもう一度ご覧ください。トルマリンの先端あたりの水晶が、何だか青く見えませんか。
いや、この産地ではインディゴライトが出るので、インディゴライト入りなんと青水晶……という可能性もあるんですけど、肉眼ではどう見ても黒。
なのに、カメラでは青。

店など、ちょっと黄色い白熱灯系の光で照明されているところでは、太陽光下ではあまり青くなくて灰色っぽくてもなぜか青がきれいに見えて、買ってから「アラ?」ということがあるんですが、さすがに肉眼とカメラでは肉眼で見た色優先でしょう。

それとも実はこの黒く見えるトルマリンがインディゴライトだったりするんでしょうか。









とまどいの桜餅

この週末、ちょっとばたばたで連続さぼりしてました。(ついでに昨日も)

気を取り直して石雑記。

暖かくなったかと思ったら、今夜は冬に逆戻りとか言ってるし。
まだつぼみも堅い桜の木を見ながら、
「桜は、蕾よりも先に木全体がうっすら赤くなる」
という、そのようすが現れていないものかと思ってます。
桜は、やがて開く花びらをうす紅色に染めるため、どこからか赤い色を作り出し、枝先の蕾に送り込む。
その時、木全体がほんのり色づくのだというのです。
その証拠に、その時期の桜の枝や皮で染め物をすると、桜色に染まるのだ……と。
本当かどうか試したことはありませんが、何だかいい話なので記憶に残っています。

しかし、桜のピンクはよくわからなかったので、石のピンクでリベンジ。

トパーズ/レピドライト

パキスタン産のトパーズです……たぶん。
いろいろ、根性で石を見分けようと思って日々努力していますが、やっぱり石はその上を行きます。

ほんのりピンクに見えるのは、レピドライト(リチア雲母)が内包されているから。
石そのものはほぼ無色で、そのためにふんわり紫ピンクな色合いがグラデーションで見えています。
そのうえ、頭には淡い緑のトルマリンも乗っかって、心憎い配色。

ピンクと黄緑、何とも春らしい色合いじゃありませんか。

一緒にいた石好きさんに「レピドライト入りのトパーズだよ!」と教えていただいて買ったもの。
半分しかないけれど結晶の形を見るに、水晶でないことは確か。
(水晶にレピドライトが入ったものもきれいなんですが!)

トパーズといわれれば、そんな形をしている。
でも、「たぶん」と濁してしまうのは、トパーズにしては軽いような気がするからです。
なんと言ってもトパーズは涼やかに透明なくせに、見かけに反してずっしり重い「隠れメタボ石」。
トパーズ=重いというイメージがある、そのイメージほどに重くないような……。

これは、トパーズだけなら重いけど、レピドライトが入っている分軽いのか。
それともトパーズに見えてトパーズではない(だったら何だろう。ベリル?)のか。
いやいや私の勘違い?(一番可能性が高そう)
レピドライトの上にトパーズが結晶しているものを持っているので、この産地でレピドライトとトパーズの組み合わせはあり。

いろいろと混じっている石は、単体のものよりも表情が豊かで、そこが魅力なんですが、それ故に石の種類の見極めを難易度アップしてくれます。








寒さの名残

先日降った雪は、ほとんど溶けてしまいましたが、よく見たら影のところにちょっぴり残っていました。
それを見て、まだ寒さの名残がある打ちに、こんな石でもと考え、今日の石。

アクア

おなじみ、パキスタン産のアクアマリンです。

あと一歩で無色透明になりそうな、でも、淡い水色・アクアマリン。
その結晶が積み重なる様は、アクアというよりアイス。

こうやって原石のアクアマリンを見ていると、ビーズで見かけるアクアマリンの色合いと違う、と感じることがあります。
アクアマリンといえば水色。色合いの濃い・淡いはあるんですが、この水色、微妙に緑をふくんでいます。
原石だけを見ていると気が付かないんですが、ビーズに水色の方が冴えた色。
聞くところによると緑っぽいものは、加熱によって緑っぽさを取り除くのだそうで、ビーズの色は、加熱処理されている可能性があります。

色の淡いものでは染料で染められることがあると言いますが、水晶と同じで染料が染みこむとも思えないし、これがそうだとわかるものを見たことがありません。

手芸の材料ではなくパワーストーンとしては、加工は敬遠される傾向にあるので「加熱」「染め」という話が出ると即「偽物」ということにされてしまい、では、自分の石は、と心配される人がいます。

最近のパワーストーン本を見ると、この石には加工があるという情報や、危険度を表示しているものもありますが、その情報をどう生かすかが問題です。
「加熱」「染め」といわれて心配になるのもわかりますが、私はむやみやたらに心配しないことにしています。

加熱・非加熱の差は原石と見比べてやっとなんとか見当が付くようになりました。
これらの違いは、言葉の説明だけではわかりません。
ましてや「加熱加工の場合がある」という情報だけでは絶対無理。

染めについては見分けが付かないので、無防備です。
でも、わからないのにもしかして染めかも、不安ばかりをふくらませても、自分にも石にもいいことはないので、とりあえず「保留中」と分類して情報待ち&情報探しをします。
いちおう、「保留中」カテゴリーの石は、万が一の結果でもくやしくない価格のものだけにしておくという自衛手段を講じます。

たとえば、未だ加工・天然両説入り乱れるインドのレインボー・クォーツは、値段と見かけのきれいさを厳しく秤にかけたうえ、きれいでも高いものには手を出さない……つもり。

今思えば、その点パキスタン・アクア(原石)は色は淡いけれど、加工のウワサなし、形おもしろし、価格(当初は)お得で三拍子揃ってました。







雪降り石

昨日の雪降り石は、こっちにすれば良かった!
雪かぶり

アフガニスタンはクナルのトルマリンです。
かの地のトルマリンはパステルカラーでかわいくて、というイメージがあるんですけど、考えてみたら青や緑は濃いのも出ているし、ショール(黒)もあったっけ。

ただし、今回の緑はトルマリンと言うよりエピドートにも見えてしまいそうな緑。
白い母岩に埋もれていたのか、母岩があちこちくっついていて、まるで深い森の木々が雪を被っているよう。

この石を買ったのは2008年の新宿ショーかIMAGE2008。
この手のトルマリンが出た当初に買ったはず。
色の濃い石と白い石の取り合わせは、どちらかの色がきれいに写せないことが多くて、実はカメラにとっては鬼門。
せっかくきれいな色のトルマリンなんだから……とがんばると、白い部分の陰影が飛んでしまう。
そんなこんなで、買ってからかなりの時間が経っての登場です。

これも、白いタオルで反射光を補って撮りました。
以前会社勤めをしていた頃(田舎印刷会社の編集兼文章書きだったので)、仕事柄カメラマンと取材に出かけたり、撮影に立ち会う機会があり、そのときにレフ板で反射光を補うことを知りました。
一度など、たまたま白い服を着ていたら、
「ちょっと背中貸して~」
といわれ、人間レフ板したことがあります。
「レフ板より、布の方が光が柔らかくてさ~」
と言われたのを思い出して、タオルを使うことを思いつきました。

こういうのも、昔取った杵柄?

今思うと、もっといろんなテクニックを教えてもらっておけば良かった~。

3月で雪!

寒いですー、こっちは昼前から雪が降り出し、積もってます。
3月で雪!

……ということでコレ。

ウルグアイ・ドゥルージー

ウルグアイ産です。
ウルグアイ産というと、つくつくで濃い紫のアメジストがまず浮かびますが、それ以外ももちろんあります。

これもかなり小粒ですが、柱面が短いつくつくタイプで、おそらくアメジストジオードのような晶洞内部のこぶになった部分でしょう。
色はうす茶色……しかし多分アメジストで、ゲーサイトか何かの影響で茶色く見えてるっぽいです。

小粒のドゥルージーと頭が丸いこぶの形がかわいい上に、雪が積もったように白いドゥルージー。
うーん、きらきら♪

ただし、ただいま積もってる雪は、こんなモンじゃありません。
朝の道路&電車がヤバそうなので、明日は早起きしなければ。




「それはどんな石か」

別館サイトのweb拍手コメントでお題をいただきました。

「ぱっと見ただけでは、どっちの石か区別が付かないような石があるので、『よく似てる石特集』をお願いしたい。
たとえばレッドアベンチュリンとストロベリークオーツと赤水晶とサンストーン。
ピンクアベンチュリンとナチュラルアゲートなど」(※KURO要約)

というものです。

ここで困惑。いや、お題や質問をいただくのは大歓迎!なのですが。

何に困惑したかというと、ここで挙げられた石は、私の中では「似てる石」に分類されていないのです。

たとえばルビー・イン・ゾイサイトとルビー・インフックサイトは、自分では見分けはつきますが、「あ、これは間違えられるかもしれない」と思うので、別館サイトの「見て、比べて、考える。その2 うっかり間違える、見かけが似てる石」のコーナーに入ってます。
 

だけども今回のお題の石は、名前を見る限り「油断すると間違える」とは思えない。
その理由として、今回名前の挙がった石がどのようなものであるか説明するとしたら、どうなるか、ご覧いただきましょう。

お題の石は、レッドアベンチュリン、ストロベリークォーツ、赤水晶、サンストーン、ピンクアベンチュリン、ナチュラルアゲート。

ちょっと内容整理します。
(a)アベンチュリン(レッド/ピンク)
(b)クォーツ(ストロベリー/レッド)
(c)アゲート(ナチュラル)
(d)サンストーン


実は、この情報整理は重要です。
レッドアベンチュリンと、ナチュラルアゲートと……と、店で見かける名前(注:商品名コミ)レベルで追いかけていると、数が多すぎてややこしすぎるので、こいつとこいつは仲間で色違い……というようにくくってしまうのが吉。

逆に同じっぽい名前が付いているけど、どうも仲間とは言えないぞ、という変な石があったら、それは名前から疑ってかからなければならないということです。

まず(a)アベンチュリンは、石英系の石に他の鉱物(主に雲母)が混じって、キラキラしている石のこと。
わざわざ石英系というのは、たいていアベンチュリンと言われているのはクォーツァイト(珪岩)のことが多いからです。

アベンチュリンのスタンダードはキラキラ石ですが、困ったことにキラキラしてないクォーツァイトもアベンチュリンと呼ばれていることが多いです。
ということで、(一般的)レッド・アベンチュリンはこんな感じ。ピンクはこれの淡いバージョンと考えましょう。



(b)クォーツ。今回の場合は、水晶の中に赤い鉱物が混じってるもの、ということになります。
ストロベリー・クォーツの場合は赤くて細いゲーサイト。
絶対これがストロベリー!という厳密な規定はなくて、見た目かわいい苺っぽい水晶がストロベリー・クォーツです。
その中で一番有名なのがカザフスタン産。


赤水晶の場合は内包物はヘマタイト。赤く色づいた角閃石が混じることもあります。
大きく言えば赤けりゃなんでも赤水晶なんですが、ビーズで赤水晶という場合は赤いルチルは含まないようす。
 

(c)アゲート(ナチュラル)はミクロサイズの石英が沈殿してできたカルセドニーの中で、模様がきれいなもの。
ナチュラルというからには染めなしの意味?


(d)サンストーンは、長石の中にヘマタイトや銅などのキラキラが内包されているもの。


いろいろややこしいと思われたかもしれませんが、「アベンチュリンって何?」と聞かれたら「簡単に言えばこういう石」という話だと思って下さい。

……で、似てますか?
どれも暖色系の石ではあるけれど、「似てる、油断すると間違える」というほど似てないと思うんですね。

だけども、お題提供者のNさんは「似てる」とおっしゃる。
それは、もしかしてコイツらの仕業でしょうか。

 

ここに挙げた二つの石は、ところによってストロベリー・クォーツ、アフリカン・ストロベリーとして売られているし、別のところではレッド・アベンチュリンだったこともあるし、言われてみると中に何か入っているようすがサンストーンぽいと言われればそうかもしれない。
色の濃い方がレッドアベンチュリンだったら、淡い方はピンク・アベンチュリンなのか。
そんな混乱を巻き起こすことは十分考えられます。

ここで「似てる石」を攻略するポイントを挙げましょう。

ポイント1:店のつけた名前に振り回されすぎない
ポイント2:名前の基本をその特徴をおさらい
ポイント3:問題の石をじっくり観察
ポイント4:自分で判断
ポイント5:「中間種」「当てはまらない」もあると心得よ。

これを「もしかしてこれが似てる石?」の2種類の石に当てはめてみます。

まずポイント1。
これらの石はすでに挙げたように、アフリカンストロベリーとかレッドアベンチュリンとかいう名前で売られているかもしれません。
「じゃあこれはストロベリー・クォーツなの、アベンチュリンなの、どっち?」
判断を急がすに、まずはお待ちを。どっちなのかそうじゃないのかの判断はまだあと。
ひとまず「ストロベリー・クォーツ」「アベンチュリン」という名前だけを拾い出します。

次にポイント2.
拾い出した「ストロベリー・クォーツ」「アベンチュリン」がそもそもどういう石かをおさらいします。
これについては今回すでに挙げてますね。
他の石について確認したい場合は、ネットショップで売られている石(商品石)よりも、本で調べるのが有効です。

おすすめは、天然石検定の教科書「天然石がわかる本」

現在入手がたやすい本であることと、なにより写真が大きく、きれいで、原石・磨き両方が複数載っていて、ほぼスタンダードな特徴を示す良質な石が使われているからです。
普通のパワーストーン本は、一つしか載っていないうえスタンダードからずれていたり、そもそも間違っていたりすることが多いです。
異論は色々あるでしょうが、ストロベリー・クォーツをルチル入りといいきったり、エレスチャルとスーパーセブンをごちゃごちゃにしたり、トルマリン入りをルチルだと言っているようでは、お話しになりません。(←失礼を承知で言い切り!)
「天然石がわかる本」も、細かい点には異議ありの声を聞きますが、石の名前と写真を照らし合わせ、石の特徴を見るには十分です。

お金を出して本を買うなら、石の名前と説明、写真がしっかりしている本を。
意味や組み合わせなどはネットで間に合います。


先を急ぎます。ポイント3
これは、ネットの写真ではなかなか難しいかもしれません。機会があれば買う買わないは別にして、実物を手に取りじっくり見てください。
何なら、(高いものでなければ)勉強のつもりでひとつふたつ買ってもいいと思ってます。

今回の「似てるかもしれない石」は、ネットで見るような全体写真ではこんなかんじですが、
 
アップにするとこんな感じ。
 

ここでもう一つのバージョンも出しておきます。これは「モスコバイト」の名前で売られていることが多い石です。


以後、色合いに従ってライト石、ミドル石、ディープ石と呼びますね。

写真ではよく見えないかもしれないので補足しますと、ライト石(色が淡い)には、淡いピンク~肌色状に見える地に薄赤い斑点状の内包物が見えます。斑点は球ではなくて薄っぺら。
ストロベリー・クォーツ、偽ストロベリー・クォーツ、アフリカンストロベリー、ブッシュベリー・クォーツ、ピンク・アベンチュリンなどの名前で見かけることがあります。

ミドル石(色は濃い目、光を通る透明感あり)も、中に内包物が入っていますが、かなり多くて石全体が赤~ワインレッド系赤に見えます。内包物の形は不定形の破片状。
こちらは稀にストロベリー・クォーツ、モスコバイト、レッドアベンチュリン

ディープ石(色は濃いワインレッド、キラキラ、不透明)は、透明感のある石に内包物が混じっていると言うより内包物の塊に見えます。色はミドル石をもっと濃くした感じで、明らかにキラキラが確認できます。
見かける名前はレッドアベンチュリン、モスコバイトなど

そして問題、ポイント4。自分で判断する。
色の淡いもの、濃いもの、不透明できらきらのもの……。
並べて比べ、ルーペで眺め、名前からたどって検索し……個人的に判断してみました。

これは……アベンチュリンのバリエーションだと思います。(ディープ石を含めて)
その理由としてグリーン・アベンチュリンのバリエーションを並べてみます。

1                             2
 
3                             4
 
5                             6
 

いずれも(グリーン)アベンチュリンとして売られていた石です。
アベンチュリンは石英系の石に雲母などのキラキラが内包された石ですが、その名前の由来、石の移り変わりをもう少し詳しく見てみます。

アベンチュリンの名前の由来は、実はガラスです。
天然石の分野では「ゴールドサンドストーン」「ブルーゴールドストーン」といわれているこのガラスは、もともと「アベンチュリン・ガラス」と呼ばれていました。
 
なぜならガラスの中に誤って銅を落としてしまったら、できちゃった……という偶発事故で生まれたキラキラガラスに似ている天然石だから、アベンチュリン。

アベンチュリンとはイタリア語の"a ventura" (偶然に)に由来します。
そして、石のキラキラ効果をアベンチュレッセンスと言うようになりました。

名前のもとになったガラスを見てもわかるように、アベンチュリンはキラキラの石であるべきです。

もともとはアベンチュリンと呼ばれた石は、水晶の中にヘマタイトがキラキラと内包されたものでした。
現在アベンチュリンとして知られている緑の石は、水晶(石英)ではなくクォーツァイト(珪岩)にクロム雲母(フックサイト)が内包された石で、水晶のアベンチュリンが出ている間はアベンチュリンの中の一つでしたが、水晶のアベンチュリン採れなくなると、アベンチュリンの代表選手となり、本来キラキラであるべきなのにキラキラしていないものまでアベンチュリンとして売られ、アベンチュリン=緑の石のようなイメージになってしまっています。

つまり、アベンチュリンとして厳しく判断するなら、1,2はアベンチュリンといえないグリーン・クォーツァイト。
4,5、6はアベンチュリン。
3は、雲母が混じっているのは見える、微妙にキラキラしているようでもある、だけど明らかなるキラキラではない……ということで、「どちらとも言えない」。

そしてこれらは質感や内包物の混ざり具合が実に今回話題の「似てるかもしれない石」に似ているのです。

すなわち……
1                             2
 
はレッドアベンチュリンに。

この色の淡いもの「がピンク・アベンチュリン」です。
いずれも色が付いているだけでキラキラはほとんど見えないので、アベンチュリンではなくクォーツァイトというべき石です。
クォーツァイトは風化して細かい砂状になった石が地殻変動の熱や圧力で再結晶した粒々石なので、水晶に比べるとざらりとした質感が残っているのがわかります。

2                             3

の中間あたりに位置しそうなのがライト石
 
混ざっているものは見えるけれど、キラキラしているというには足りない石。

4は拡大すると
 
ミドル石にとても似ています。
 

5はパイライトが入ってキラキラしているもので、赤バージョンには同じものがありません。
6は雲母らしいキラキラがぎっしり。アップも並べてみると
 
ディープ石に似ています。



似ているというだけでは根拠が弱いでしょうか?

ここで問題の石が「モスコバイト」と言う名前で売られていることもあることを思い出してください。
モスコバイト(muscovite)は白雲母のこと。
一方緑のアベンチュリンに含まれているのはフックサイト……詳しく言えばクロム白雲母。
白雲母なのに赤いとは……と思いましたが、どうもマンガンが含まれているらしいのです。
それを除けば白雲母つながりというわけで、似ているのも道理かも?

ここで念のため雲母同士で比べます。
レピドライト(リチア雲母)です。
 

赤い方の石は、モスコバイトという「雲母だけ」の名前で売られている割に、レピドライトとは質感が似ていません。
これは、雲母単体の石ではなく何かに雲母が混じっている、グリーンのアベンチュリンと同じ状態の石であることを物語っています。

よって、似ている?といわれた(一般的)レッド/ピンクアベンチュリンは、本当はアベンチュリンとは言えない色つきクォーツァイトのこと。
なにぶん天然の石のことなので、ライト石やもっと混ざりが少ない石もあるわけで、違いは内包物(赤いモスコバイト)の多い少ない。

むしろキラキラ石のアベンチュリンとしてレッドアベンチュリンというならディープ石。ミドル石も場合によっては入れましょう。

ではストロベリー・クォーツとはどうなるか。
繰り返しますが、ストロベリー・クォーツはこうだ!という規定はない。
ないので、今回の問題石をストロベリーといっても間違いではないけれど、なんと言っても現役でカザフスタン産がいるのですから、これに負けないくらいきれいでなくてはストロベリー・クォーツとは言えないでしょう、といいいたい。

たまにアフリカンストロベリーでも濃くて繊細な色づきできれいなのがあるので、ダメとは言えないけれど、きれいさは厳しく判断しましょう。
お店が銅名前を付けているかではなく、自分がストロベリーと思えるかどうかが問題です。
私としては、せめてこれ以上はきれいなものを。

※ラフなタンブルなので色が鈍く見えますが、磨けばかなり赤くなるはず

見分け方としては、カザフスタン産の内包物は細い細い針状。一粒一粒がキラキラしています。ベースとなるのは透明水晶。(ちょっぴりスモーキーがかることもあり)
一方レッドアベンチュリンバリエーションはベースは白濁~クリーム色。内包物は粒々して見えます。
  

なぜ、こういうややこしいことになったかというと、たぶん赤い方には(カザフスタン産)ストロベリー・クォーツとい石があり、それが人気だったから。赤いアベンチュリン(の色の薄いもの)は、たまたまちょっぴり似ていたので、ストロベリー・クォーツはこれ!というはっきりした決まりがないのをいいことに、有名な方の名前で売っちゃえ~……というのが真相のような気がします。

間違いではないけれど、それでいいかというと別問題。

もし仮に、水晶に何か鮮やかな緑の鉱物が混じった「ミント・クォーツ」という人気の石があったら、グリーン・アベンチュリンのバリエーションでフックサイトがまばらに入った淡い石は、「ミント・クォーツ」で売られているはずです。
そんなもんです。

大切なのはどっちが正しいか、ではなくて
自分はそれでいいと思うかどうか。

Aさんはこれもストロベリーでいいと判断するけれど、Bさんはこれはストロベリーじゃない、と判断する。
どちらもごもっともという話なのです。

お次、赤水晶
実は真っ赤っかばかりが赤水晶ではなく、透明な中にまだらに赤がまじったものも赤水晶と呼ばれます。(レッドリーフと呼ばれることも)。
混ざり方はふわっと斑に混じるもの、赤い角閃石が入るもの、クラックに鉄分が染みこんだもの。
 

ここまでレッドアベンチュリン(のバリエーション)の混ざり方を見てきたので、赤水晶とは色味や混ざり方が違うのがわかりますね。

もう一つ、レッドアベンチュリン類はたいてい連の中では混ざり方が揃ってますが、赤水晶のまだらのものは一粒一粒混ざり方にばらつきがあります。


では、ナチュラル・アゲートはどうか。
唯一、これがどう考えても似てると思えなかったんですが……おそらく、ほとんど模様の見えない淡いクリーム色の石をご覧になったんじゃないかと想像して話を進めます。
アゲートは、模様のきれいなカルセドニーなので、模様がはっきり見えなければそもそもアゲートと呼べません。
カルセドニーと呼ぶべきです。

カルセドニーも微細な石英からなる粒々石、今回のアベンチュリンの母胎となっている(たぶん)クォーツァイトも石英の粒が固まってできた石ですが、でき方がまるで違います。

カルセドニーはミクロサイズの石英の結晶が岩の隙間に沈殿してできたもの。
クォーツァイトはいったん結晶した石英が風化して粉のような砂になったものが流され、沈殿して集まり、そこが地殻変動で変成作用(熱や圧力)を受けて再結晶(固まった)もの。

クォーツァイトは、極端に言えば石英の破片からできていて、同じ粒々構造でも粒の大きさがカルセドニーよりずっと大きいので、カルセドニーよりも肌合いが荒く、不透明度が上です。
粒の粗さはきれいに磨いてしまうとなかなかわからないので、手がかりは透明度。
カルセドニーはビーズにするとたいてい中の穴が透けて見えますが、アベンチュリン~クォーツァイトではかなり難しいです。

最後、サンストーン
これは石英と長石という大きな違いがあるので、どう考えても一緒にはならない石です。

ただ、見た目だけで言うと、最初に挙げた写真のようなキラキラオレンジの石なら間違わなくても、透明な中にちらちらと内包物が混じっているだけの石を遠目で見ると似ているかも。

ただ……見た目似ているだけでも長石と石英という大きな違いがあるので、間違われて売られることはないと思われるので、さほど心配はないのでは。
強いて言えば内包物の色がレッドアベンチュリン(のバリエーション)で言えば、。それも濃くなるとワインレッドになる紫を帯びた赤であるのに対し、サンストーンに混じるのはオレンジ系赤。
赤の色相が違うと思います。

深海生物じゃなくて

すたらくたいと1

ここに登場するからには、カイメンとか深海にいそうな生き物ではなくて、水晶です、もちろん。
しかし、見れば見るほどカイメン。中に偕老同穴(エビ)が住んでいたりしそうです。

この石の産地はインド。何をどうやったのかよくわかりませんが灰青色っぽい「芯」のようなものがあり、その周囲に小さな水晶が結晶してこんな形になっているようです。
写真でも、芯が少し透けて見えてます。

たいていは、同じくらいの大きさの結晶が無数にくっついているんですが、この石では結晶にわずかに大小があって、いっそうカイメンっぽく見えています。

しかも全体像で見ると、わずかにくねっていたりしてカイメンっぽさ・増。


スタラクタイト2
(同じ石を方向を変えて写しています)

このように細長く結晶しているものをスタラクタイト(細長い鍾乳石)状ということもあるようです。あくまでも形状であって鍾乳石のように成長したという意味ではありません。

先ほど「芯」があると書きましたが、その芯の灰青色は、ウルグアイなどの「つくつく・アメジスト」の母岩で見かける色合いと似ていて、おそらく粘土状になったフックサイト……セラドナイトとかそういったものではないかと思われます。

産地のマハラシュトラの位置から考えても、おそらくデカン高原の玄武岩の中で育ったのではないでしょうか。

インドでデカン高原といえば、ただいま注目株はかのレインボー水晶
実は、この水晶はそうではありませんが、同じような産地であると思われるスタラクタイト状の水晶には、レインボーなものが混じっていたと聞きます。

やはり、レインボー水晶の産地はかなり広範囲なのでは?

スペクトロ・ビーム!

やはり、実物を見てその実力を目の当たりにすると、違うよなあ~と唸ってしまう石があります。

フィンランドはユレマのラブラドライトです。

マダガスカルあたりのラブラドライトが、どれほどぎらんぎらんとラブラドレッセンスを放ちまくろうと、やっぱり違うし、それをスペクトロライトとは呼べない。

最初にユレマ産のスペクトロライトを見たときは、その輝きの強さと石の黒さに感嘆し、次にビーズを見たときには、その輝きの深さに驚き、そして今回。

ユレマ・スペクトル

やられました。
まだきれいに磨いていない石の破片が放つその輝き。

しかも、一つの石の中に虹のごときスペクトル

磨いたスペクトロライトは、まるで金属片のような輝きを放ちますが、まだ石の荒々しさを残しながら虹の光を浮かべる様は、石が、自らが持つ力……輝きや透明感全てを虹の光に変えて絞り出したような、そのために石そのものは不透明になってしまったのではないかと思いたくなるような底力を感じます。

石そのものにまだ透明感を残すマダガスカル産ラブラドライトは、華やかにきれいではあるけれど、ユレマ産を見てしまうと……変な言い方ですが「まだまだ若いな」といいたい感じ。
ユレマ産はそれこそ、肝の据わり方が違う、覚悟を決めた輝きです。

これを見てしまうと、スペクトロライトと言えるのはユレマ産だけでしょう!……と力説せずにはいられません。

ネットで検索すると、最近はスペクトロライトはユレマ産だという説をとるところが増えてきて(さっき検索したら、私のサイトがトップに出てきてびっくりしました)ほっと一息なんですが、まだラブラドライト(スペクトロライト)と書いているところも見かけます。

スペクトロライトは正式な鉱物名ではないので、どういうものをスペクトロライトというかという正式な規定はありません。
だから「ラブラドライトの中で輝きが強いものをスペクトロライトという」という説を採ったとしても、間違いとは言えないんですが、私は、名前が違うものはそこに何らかの明確な違い、違う名前で呼ばれる理由があると思います。

たとえば、ロードクロサイト全般がインカローズと呼ばれるようになって久しいですが、私にはそれが、本来インカローズと呼ばれた石の歴史と姿、他とは区別されたその特徴を無視する流れのように思えます。

鉱物としては同じ種類にであったとしても、違いがある。その違いを重要視するかしないかは個人の自由だけれど、違いがあるぞと強調したい。





どっちが似ている?

2009年の池袋ショーで、へんてこな形の国産水晶を買った際、アゼルバイジャン産に似てる~と言いながら思い浮かべたのがこの石。

登場が前後してしまいましたが、こちらのアゼルバイジャン、ダシュケサン産。

ダシュケクラスター

メインとなる結晶のまわりを細い結晶がぐるりと囲み、根本をぎゅっと絞ったような「スプレー形」、
それが変な具合にくっつき合ったクラスターです。

色合いは微妙にアメジスト。

アゼルバイジャン産の石は、幸いいくつか持っていて、それの大部分がこの形というのはすごい。
(スプレー形でないのもあります)
これはもう、水晶をこんな形に結晶させる、ある一定の環境があるからとしか思えません。

スプレー形だけとは思いませんが、キャンドル・クォーツメテオラ、ルーマニア産のアーティーチョーク形といわれる水晶など、側面が小さな結晶で覆われているタイプは、似たような環境で成長したのではないかと思えてきます。

ともあれ、実はかなり個性的な水晶を産出する(産出しているらしい)アゼルバイジャンは、変な水晶好きにとって密かなるチェック産地。
ただし、ネットショップではなかなか見かける機会がないので、池袋ショーねらいです。
2009年の池袋は、この石を売っていたお店のラインナップはイマイチで残念でした。

美しき不純物

メタモルフォーゼス(メタモルフォシス・クォーツ)と呼ばれる石があります。
ブラジル産のミルキー・クォーツの一種で、ふんわり半透明の石英です。



この石がなぜメタモルフォーゼス(メタモルフォシス)=変身という名前を持つかというと、放射線を照射したのちに加熱するというダブルの加工で大変身を遂げるから。



放射線照射でいったん真っ黒に。真っ黒な物を加熱するとやや緑がかったゴールド(グリーン・ゴールド)に。
なるほど、「変身!」という名前を付けたくなるほどの大変化。

変身前の半透明白のものをメタモルフォーゼス、途中の真っ黒には特に名前はなくて、変化後のグリーンゴールドのものをオーロ・ベルディ(オウロベルデ)といいます。
ところが、最近半透明白の物をホワイトメタモ、オーロ・ベルディをゴールド・メタモと呼んでいることがあって、それには違うだろう、と異議を申し立てたいところです。

まず、変化前の物はこれから変化する可能性(性質)があるからメタモルフォーゼスなのであって、変化してしまい、これ以上は変色できないオーロ・ベルディを同じメタモルフォーゼスと呼ぶのはいかがなものか。
そもそもオーロ・ベルディは、オーロ=金、ベルディ=緑の意味で、緑がかった金色を表す名前。
それをゴールドと言い切ってしまうのは、違うでしょう。

ホワイト・メタモにもちょっと苦言を呈したい。
なるほど半透明白だからホワイトメタモというのもわかるんですが、まずは、こちらをご覧いただきたい。

ピンク・メタモ

メタモルフォーゼスのピンク色バージョン。
通称・ピンク・メタモ。

メタモルフォーゼスが出回りだしたとき、出てきたのは半透明白でした。
まずは半透明白のものにメタモルフォーゼスの名前が付けられたのです。

そのわずか後に、このピンク・メタモが出てきました。
本来半透明白のメタモルフォーゼスのピンク色バージョンだから、ピンク・メタモ。

別の石で言えば、最初にレムリアンシードとして出回ったブラジル産に対し、やや後で出てきたロシア(ウラル)産はロシアン・レムリアン。ブラジル産でもほんのりピンクじゃなくてスモーキーだったら、スモーキー・レムリアン。
コロンビアだのペルーだの世界各地でいろんなレムリアンが出てきて(なぜそれがレムリアンなのかは謎なものばかりですが)、ブラジル産でもいろんな種類が出てきてやっと一番初期のものを「ピンク・レムリアン」と呼んだりするところも出てきましたが、それでもレムリアンシードと言えばディアマンティーナ、カブラル山脈産のスタイリッシュで横筋付きでほんのりピンクのあの石。

水晶でも、紫水晶、黄水晶、煙水晶……色で区別しても、ことさらに透明水晶とは言いません。無色の水晶を指す「白水晶」という呼び名もあるにはありますが、使われる頻度は少ないような。
これも、水晶といえば透明、というのが基本的な意識としてあるからでしょう。

メタモルフォーゼスも同じこと。メタモといえば半透明白ですから、ホワイトメタモというのは変でしょう。比べなければならない色合いはこのピンクくらいしかないのですから。

さて、このピンク・メタモ、メタモルフォーゼスではあるのですが、ピンクの色の原因がメタモルフォーゼスとしては「不純物」になってしまうために、半透明白のものほど顕著に色が変化しないのだそうです。

しかし、「不純物」とがこんな美しいピンク色をもたらすのですから、それが石のおもしろいところ。

ピンク・メタモには、変化・変容といったメタモルフォーゼスの意味に「愛」や「女性に生まれた意味」というような説明が加わりますが、ピンクという色が持つイメージだけでなく、その色が「不純物がもたらした色」であることを考えると、あるところで「不要」「欠点」と言われても別の見方をすれば「個性」や「魅力」であるかもしれない……という、新たな意味が見えてきそうです。

石のたまご

モララ・クォーツと呼ばれるスモーキー・クォーツがあります。
見かける機会が少ないオーストラリア産水晶で、ビクトリア州、モララ産だからモララ・クォーツ。

モララ1

小粒でエレスチャル風味(エレスチャルといえるほどではないけれどごつごつした形。色は関係なく)な水晶です。

モララ2

たいていは分離単晶で、時折ちょっぴり母岩付きを見かけます。
このちょっぴり母岩付きを見ると、クラスター状ではなく、母岩の上を覆ったドゥルージー(小さい結晶)の上にころんころんと成長しているようす。

そういうものかと思っていたら、予想以上におもしろい状態で産出する水晶であることが判明!

いつもお世話になっている石屋さんで、がっちり母岩付き……というか晶洞(ジオード)ごとのモララ・クォーツを手に入れることができたのです。

それがコレ。

モララ母岩

丸い岩の塊の中に隙間があり、その中に小粒スモーキーがころり。
そういう状態なのです。
(白い部分に斜め~放射状に走っているラインは、切断したカッターの痕です)

この白い部分は流紋岩(ライオライト)。
同じくオーストラリアで産出するサンダー・エッグと同じです。
サンダーエッグも、丸い恐竜のタマゴのようなライオライトの塊を切断すると、中の隙間にアゲートが晶出しています。
中にできているのが水晶が、アゲートかの違い……といってもいいほどそっくりです。

サンダータマゴ サンダータマゴ2

聞くところによると、モララ・クォーツは母岩からはずれやすく、そのために単結晶で出回ることが多いのだそうです。
そりゃ、割る前は丸い岩の塊で、中にどのように水晶が入っているかわからない状態では、母岩にくっつけたままではムズカシイでしょう……。

母岩からはずれやすいと言えば、同じく小粒でころりのハーキマー・ダイヤモンド(アメリカ、ニューヨーク州ハーキマー産の)ですが、ハーキマー・ダイヤモンドが、灰色の岩の元はガスかなにかでできたような不定形の隙間に晶出しているのに対し、モララ・クォーツは丸い石の中。

石の卵から生まれる水晶!?
おもしろい!

単結晶もいいですけど、やはり産状がわかるのはクラスター、クラスターよりもジオード(晶洞)。
おすすめです。






ふんわり白濁?

アメリカ、ツーソンのミネラルショーで仕入れられた石が店頭に登場し始めています。
以前は、この時期になるとそわそわ、ショップのツーソン・レポートに眼を光らせ、石屋めぐりに飛び出したものでしたが、ここ2,3年「そういえばツーソンの時期だねえ……」と静観してます。

たぶん、ショップに行けば目を輝かせて石にかぶりつきになるんでしょうが、石好きも深みにはまると、ツーソンなどのミネラルショーで、ショップの人がチョイスしてきた石の中から探すより、新宿や池袋のミネラルショーや、玉石混淆で仕入れられた石の中から、自分の気合と目を頼りに「掘る」のが楽しくなってしまうのです。

ツーソン仕入れ品というのはすでにショップの餞別を受けているともいえるわけで……確かにきれいな石、話題の石揃いではあるんですけど、変な石好きとしては「それ以外の石」の方が見たい……。

とかいいながら、先日はひさしぶりにツーソン・シーズンのショップに繰り出し、ケニア産アメジストを買ってしまったんですが。

そのとき「コロンビア産 エンジェル・ブレッシング」なるものを見ました。
エンジェル・ブレッシングといいますのは、最初に見かけたのはアーカンソー産。
チタンガスだと説明されたふわっと白いもや……曇りを内包した水晶でした。
(※角閃石やアラゴナイト説もあり)
たとえて言えばガラス窓に息を吹きかけてふわっと白く曇ったような、そんな淡い白濁です。
おそらくその名前は、白い曇りを「天使が息を吹きかけたもの(天使の祝福を受けたもの)」とイメージして付けられたものだと思います。
(結晶の先端が剣山状になったものもありますが、この形状はエンジェルブレッシングの条件ではなさそうです)

この「白濁」にもいくつかタイプがありまして、一つは名前の由来であろう、息を吹きかけたような柔らかな曇り。
もう一つはちょっと繊維状にも見える、濃いめの「もやもや」。

コロンビア産エンジェルブレッシングは、後者のもやもや。
もやもやは角閃石に夜ものだと説明されていました。
一応、はじめての石なので手に取ってみました。

レアな石、初登場の石にも弱いので、手頃でいい感じのがあれば一つ、と思ったんですが。
やはり、初登場だけあって、やや強気お値段。その割にトップに欠けがあるものが多いのです。
ガネーシュ・ヒマールの「かきあげ」のように、産状によってはどうしても欠けが出るのも仕方がないものがありますが、今回のは単結晶。レーザーとは言えないものの、すっきり細長く伸びたその形は、晶洞にそれだけ成長できるほどの空間があり、かつ結晶と結晶が絡みあった産状ではなかったことをうかがわせます。

それでこのトップの欠けは惜しい。

中には「傷」が魅力になる石もありますが、だからといって傷があってもいいとは言いません。
欠けと値段を秤に掛けて、う~ん、微妙

その時、ふと脳裏に浮かんだ石がコレ。
産地も形も全く違うけれど……パキスタン産のファーデンです。

複合ファーデン

横長と縦長、形の違うファーデンがいくつも組み合わさった複合型。
一応、ファーデン・ラインに線を入れてみました。

複合ファーデン2

クラスターになっているファーデンは、不思議とファーデン・ラインが平行になっているものが多いように思います。

それはさておき、なぜこの石かというと。
ファーデンはその名の通り……ファーデンはドイツ語で「糸」の意味……白いラインが入っていて、そこからもやのように白い濁りが広がっているものがありますが、この石は、全体もふんわりと「白い」

複合ファーデン3

最初はアーカンソー産だけかと思っていたら、コロンビア産も。
見た目が似ていると違った産地の石も同じ名前で売られてしまう。
だったら、私は名前じゃなくて「この石」でいいや。
そんな思いが湧き上がり、コロンビア石から手を引きました。

この石、ただこのひとつの石。
そこに惚れ込んで買った石は、強い。



プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。