INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアー母岩

パキスタン産アクアマリン!
色は薄いけれど……ほとんどゴシェナイトといいたい感じだけれど、ほんのり水色。
石英を伴う母岩付き。

そこにかっちりと結晶したこの石は、半ばから色別れしているのがミソ。
結晶の形をした器に、カクテルか何かの飲み物を注いだような、かつての水面を閉じこめたような。

宝石としての価値は低くとも、結晶として、見て楽しむ地球のかけらとしては、何と表情豊かなこと。
うっとり……。

スポンサーサイト

イエロー!

イエローーレピド

雲母です。
レピドライトです。
ご覧の通りのさわやかなレモンイエロー、光に透かせばきれいに輝きます。

レピドライトというと

のようなワインレッド~ピンク~薄紫の色合いがよく知られてますが、こういう色合いのものもあるみたいです。

レピドライトでこの色は、あまり聞かないので、一応調べてみたらいくつものサイト(海外含む)でレピドライトとして出てきたので、大丈夫でしょう。
ついでにブルーのレピドライトというのも見つけました。

産地は、ブラジル、ミナスジェライス州のイティンガ。 
細かい場所は違うと思いますが、インディゴライト入りのブルー・クォーツと同じ。
できることなら、ブルー・クォーツにこんな黄色い雲母がくっついていたら、さぞかしあでやかな風情になることでしょう!

……残念ながら、この雲母と共生するのは白、またはうっすらスモーキーの水晶です。
水晶にこんなコンなもこもこ雲母がくっつくと、まるで、水晶が黄色い薔薇につつまれているよう。

できることなら水晶付きも欲しいなあと思うんですが、タイミングと財布の中身の問題で、未だ我が家にやってきてくれる石とは出会えておりません。

傷の魅力

牙

インドはヒマチャル・プラデッシュ州、クル渓谷……とくれば、それは、インドのヒマラヤ水晶です。
まあ、この石は「ヒマラヤ水晶!」という理由ではなく、この石の……この石だけの表情で選びました。

私はヒマラヤ水晶好きですが、「ヒマラヤ水晶だから(パワーがあるから)」で選んでいるわけではありません。
好きなタイプの水晶を追いかけていると、高確率でヒマラヤ水晶にヒットするんです。
つまり、ヒマラヤ水晶は「結果」であって「理由」ではないことが多い……同じよな水晶をを並べられたら、「ヒマラヤ~」と選んでしまうかもしれませんが。

さて、この水晶を選んだ理由は「傷」

結晶を斜めに横切るように、やや色づいた部分があります。

実はこの石、ここで割れている……割れていたらしいのです。
割れたというか、裂けたというか……よく見ると水晶中の白い濁り……ミストもこの割れ目とよく似たラインを描いているので、何らかの力がかかったか、単純に「割れた」わけではないようです。


一般に水晶で「質が良い」と言えば、透明度が高く、無色で(色が付いている場合ははっきりとした色で)、表面の照り(ツヤ)が良く、欠けや折れ、ひびなどの傷がないものです。
これらの条件をクリアして、なおかつ形が良ければ、それは誰が見ても「きれいな水晶」。
……でも、個人レベルでは必ずしもそうとは限りません。

採集時の傷は、マイナスポイントになりますが、成長時の傷は、場合によっては魅力にもなり得ます。

この石の場合、ばっさりと斜めに傷が入っていますが、その部分が細かく再結晶して、一つの表情を作っています。
傷を負ってなお、自らそれを癒し、成長し続けようとする力。
ある意味これは「セルフヒールド」です。

どこもかしこもピカピカの「きれいな水晶」には、わかりやすい美しさがありますが、私はこういう自分で探したおもしろさも好き。

シチュアン・ニューフェイス

プレナイト・水晶

中国産の、プレナイト付き水晶です。
石の中央で、粒々の球形に見えているのがプレナイト。透明とんがりが水晶です。

プレナイト付きは他では見かけないようなので、一つ欲しいな~と思ってました。
数年前からちょこちょこ見かけてはいたんですが、強気な値段だったり、見かけがイマイチだったり。
写真の石は、小さいけれど、そこそこまとまりがあってお値段1000円。まあ、いいでしょう。

買ったのは東急ハンズの鉱物コーナーでしたが、ここで苦言をおひとつ。
ツーソンもの!……と、パワーストーンではなく鉱物であることを前面に押し出していながら、棚には産地までちゃんと書いていながら、ラベルを付けてくれないとは何事!


そこで、メモ帳を取り出し、店頭でメモしましたとも!
わからないならいざ知らず、産地がわかっているならそれは大きな手がかり。メモは必須です。
こんなところで何ですが、パワーストーンであっても、石の意味は忘れてもいいから石の名前はメモしましょう。
名前さえ覚えていれば、あとから調べることができます。

「Xichang area, Sichuan……」
あれ、この石四川省産だったんだ。

これまで見かけたプレナイト付き水晶の産地がくわしくはどこだか知らなかったんですが、四川省とは。

四川省と言えば、透明で細い結晶のいわゆる中国三クラスターとして知られるタイプや、黒いカーボンまたはタール入りのDT水晶、ヘマタイトのレッドファントム入りエピドート付きアメジストなど、実はいろいろなタイプの水晶が出ています。
そこにプレナイト付きがプラス!

興味をそそられたので、産地で検索してみました。
すると……
Prehnite with Manganbabingtonite and Quartz
Gan Zhi Zhou Mine, near Meigu, Xichang area, Sichuan, Southwest Region, China


と言うラベルを持つ石がヒットしてきました。
Manganbabingtoniteとは、マンガンバビントナイト(マンガンバビントン石)。
へー、こんな石もあるんだ。
何も知らずに見たら、「あ、ショール(黒トルマリン)」で済ませてしまいそうです。
今度見かけたら気を付けなければ。

そして産地。「near Meigu」とあります。
今回の写真の石が同じ鉱山産とは限りませんが、Xichang areaですから、そこそこ近いのではないかと考えられます。
そこでMeigu。
これは↓のようなレッドファントム水晶の産地として見かける地名です。



くわしくはこちら

ますます意外~。
もっといろいろでそうな予感。

タイミングの問題?

煙クラスター

パキスタン産のスモーキー・クラスターです。
結晶がやや寝そべり加減ですが、照りよし、透明度良し、色も濃すぎず薄すぎず。
よく見るとなかなかに美人石。

この色合いと透明度を写したくて、いつもの黒背景ではなく、白で撮ってみました。

ところで、スモーキーのクラスターは、私の中ではなぜか「少ない」イメージがあります。
単結晶はたくさんあるけどクラスターになると少ないなあ……と感じています。
いや、少なくはないはずなのに。

たぶん、先に挙げたように照り、透明度、色の三拍子揃ったものとなると意外に少なく、あったとしてもアルプス水晶だったりして手が出ないあたりが「少ない」イメージの根元でしょうか。

それとも、スモーキーは、エレスチャルなど形がごちゃごちゃしたタイプが多い、またはそちらの方が目立つので、普通の形のクラスターの印象が薄いのか。

そういえば、5~6年前までは某有名鉱物ショップでも「スモーキーにクラスターはない。あるとすれば放射線で加工したものだ」というような、今思えばなんじゃそりゃ、と言う内容が書かれていましたっけ。
……ということは、以前からスモーキーのクラスターは、無色透明な物に比べて少ないと思われていたのでしょうか。




名前を知る

ペネトレイター

ブラジル産水晶です。
一見普通の透明水晶に見えますが、真ん中あたりに白い帯のようなものが横断しているのが見えるでしょうか。

これは、水晶の中を、別の水晶がざっくり貫通しているものです。
もちろん、「貫通」といっても水晶が成長したあとから別の水晶が突き刺さったのではなく、先に細い水晶が成長していて、あとからそれを飲み込むように別の水晶が成長……あるいは、ほぼ同時だったかもしれませんが……したものです。

このような形(状態)の水晶を「ペネトレイター」といいます。
時には「水晶に別の水晶が刺さっているもの」という説明もありますが……刺さっていると言ってもいろいろありまして、

のような、半ばまで刺さった状態のものは、別に「ブリッジ」と呼ばれたりします。
ペネトレイターの別名がブリッジだという説もありますが、せっかくだから区別してみたいです。

底部から中に向かって「生えて」いるようなのは「インター・グロウン」という名前があったりもします。


別の結晶が中に……でも、完全に中に入ってしまった状態であれば「マニフェステーション」です。


どこがどう違う? 難しくてわからない~!
……という声を聞きますが、見分けるコツは、その名前が意味するイメージを把握すること。

まずは、その名前を素直に和訳してみることをおすすめします。

ペネトレイターは、お楽しみに最後に取っておくとしてまずはブリッジ。

ブリッジ……「橋」です。
そのため、ずばりこういうタイプ↓もブリッジと呼ばれたりします。

橋……川の……離れた場所や物を繋ぐ役目。
大きな結晶に小さな結晶がさくっと刺さったものをブリッジというなら、繋ぐのは結晶の内と外ではないでしょうか。
そう考えると、きれいに刺さっていて、なおかつ刺さった内部がきれいに見えているものがベストということになります。

インター・グロウンは、直訳すれば「内部に成長する」でしょう。
もちろん、あとから中に別の結晶ができたわけではありませんが、そう見える、というわけです。
だったら、ブリッジのように外に突き出つつ「刺さった」状態は、「内部に生えてます」という感じには見えません。

のように、水晶の底部からにょっきり生えているものがそれっぽい。
これもしっかり結晶の形が見えていて欲しいものです。
(中にはクラスターが内包されているタイプもあったりします!)

お次、マニフェステーション。
マニフェストと言えば選挙公約ですが、マニフェステーション。
和訳すると
明示,表明.
現われ,しるし,兆候
(政治的効果をねらった)示威行動.
(霊魂の)出現

……という意味だそうですが、これはちょっとわかりにくい。
やや意訳気味に解釈すると「水晶の中に水晶が現れた」ではないでしょうか。
「現れた」ですから刺さっていたり生えていたりするのはちょっと違う。
水晶の中に完全な形をした別の小さな水晶が「浮いている」状態に見えるものこそが「現れた」にふさわしいと言えます。

そして、お待たせしましたペネトレイター。

ペネトレイト「貫通する」「突き抜ける」という単語がありますから、ペネトレイターは「貫く者」。
スポーツなどでは敵陣を突破する役に用いられることもあるようです。

内と外を繋ぐのでも、中に生えているのでも、中に現れたのでもなく「貫く」。
貫くといったら結晶のこちらからあちらまで潔く串刺し! という感じでしょう。


何も難しいことではなくて、素直に解釈して目の前の水晶はそれにふさわしいかを判断すればいいわけです。
微妙なもの、果たしてその名前の範疇に入るかどうかの判断が難しいといいますが、判断基準は「自分がそう思えるかどうか」。思えなければ、その人にとってブリッジにもペネトレイターにもなり得ない。

すべての水晶が何らかの名前がつくのではなく、名前がないものが圧倒的に多くて、一握りの「これは特別だ」と思わせる特徴を持つものに名前が付けられたのだということを覚えておけば、気がラクでしょう。
自分でこれはペネトレイターとは思えない、と思えばそれはそれでOKなのです。

実は、写真の石は、右に向かって斜めに母岩に接していたら底部になっていて、白く写っている結晶は、水晶の底面から生えていることになるんですが、結晶そのものは大きい結晶を「横に貫いているように見える」ので、これはKURO判定でペネトレイター。

意外に少ないようで、これまで「うむ、これは貫いている」と思えたのは数個です。

睡蓮の葉!?

リリーパッド

「ピンタード」……というポップな名前が付けられた水晶です。

最初、この名前の意味を聞いたとき「ナマズのこと」と言われて、「ナマズ水晶!?」とびっくりしたんですけど、実は違いました。
ピンタード……は、どうやら英語で言えば「ペイント」っぽい意味合い、水晶の名前として使われた意味合いは、「描いた(ペイントした)みたいなドット柄」……という感じでしょうか。
ピンタードがナマズと言われたのは、ブラジルのナマズにはまるで絵の具で描いたみたいなくっきりドット柄のがいて、それも「ピンタード」と呼ばれているからです。
写真では、根本の方に緑っぽくぽつぽつ見えているのがピンタードたるゆえん。
こんなタイプもあります。

個人的には、描いたというより「カビてる?」といいたい感じに見えちゃいますが。

ナマズとかカビとか言いたい放題いわれちゃってるこの水晶、スピリチュアルな分野に行くと、一転してとてもファンタジーな名前をもらいます。

曰く、「リリーパッド・クローライト・クォーツ」
リリーパッドとは睡蓮の葉のこと。
「クローライトが睡蓮の葉みたいになってる水晶」という意味でしょう。

うーん緑だし、丸いし、水面に浮かぶ睡蓮の葉っぱみたい見えないこともない……いや、やっぱりカビっぽい。

かわいいかも

オーストラリア・アゲート

オーストラリア産のアゲートです。
実はオーストラリアはアゲートも有名。黄緑と赤……なんて、かなりドッキリな色のものもあったりします。
私が手に入れたのは、ご覧の通りのパステルピンク。

オフホワイトにピンクがにじむように入っていて、しかも模様はアゲートらしい縞模様。
かわいい~。

「アゲート」というといまいち地味っぽく思われてしまうようですが、いやいやそんなことはありません。

たしかに地味なのもありますが、アゲートすべてが地味じゃない。
意外な色のバリエーション、一つ一つ違う色合い、模様。
人の手では再現しきれない細やかさ。

たとえば、こんな微妙でまだらな色具合は、染めでは無理なんじゃないでしょうか。

ところで、アゲートは地中の岩の隙間が熱水で満たされ、含まれていた目に見えないくらい微細な石英の結晶が沈殿して固まったものです。
今回の画像で言えば、黒い背景部分が母岩というわけです。

沈殿……といいましたが、普通私たちが想像する「沈殿」では、水に混じっていたものは下に沈みます。
たとえば、水に細かな砂を混ぜて、良く攪拌し沈殿させると、砂は容器の底に沈みます。

岩に隙間に細かな細かな石英の粒が「沈殿」したら、一定方向の縞模様になってしまい、こんな年輪のような模様にはならないのでは……?
たとえばこんな感じ↓
瑪瑙2

そう思っていろいろ調べてみたら、圧力が関係しているという説がありました。
岩の隙間に流れ込む熱水に圧力がかかっていて、その力が微細な石英の結晶を隙間の壁全体に押しつけるため、年輪みたいな縞模様になるというのです。

写真の石で言うと、一番右側、年輪のような模様が一部外側に流れている部分があります。
ここから熱水が入ってきたのだと考えられます。
瑪瑙1

そして、アゲートが成長している途中で圧力が下がってしまうと、そこからは普通に下に沈殿して縞模様の方向が変わるのだと。

瑪瑙3

確かに↑のような模様のアゲートもあります。

なるほど……。

アゲートには、実はいろんな模様があるので、このメカニズムですべてが説明できるとは思いませんが、なるほど、何だか納得できます。

針庭園

ルチル・ガーデン

ブラジル産のガーデン・クォーツです。
3センチ弱のちび石ですが、しっかりガーデン、しかも未研磨。

ガーデン・クォーツは、命である内包物をきれいに見せるため、表面が磨かれているものが多いです。
でも、未研磨でこれだけはっきり内部が見えていれば、しめたもの。

しかも、針入り。
これをルチルと言い切らないのは、ちょっぴり不安だからです。
見た目、内包の具合はルチルっぽい。
でも、ちょっとぼそぼそしているところ、ルチルらしい光沢に乏しいところがちょっと……。ルチルじゃないかもしれない可能性あり。

この石にはおもしろいエピソードがあります。

石屋さんに行ったときのこと。なじみの石屋さんなので、
「何か、おもしろい石、ありますか~?」 
と聞いてみると、お店の人は小さな未研磨ガーデンがたくさん入った籠の中から、
「これなんかどう?」
と、一つ出してくださいました。

それがこの石です。

その場で探したわけではなく、これはいいぞとあらかじめ目を付けて、脇に置いてあったわけでもなく、
「おもしろい石、ありますか~?」
と聞かれて、ふっと目について手に取ったのだそうです。

「いいですね~」
といいながら、籠の中の石を一応チェックしたのですが、写真の石を超える「私好みの石」がない。
「やっぱり、これがいいです、これにします」
……とお買いあげ。

似たようなことが以前にもありました。
ふっとその瞬間に目に付いた石が探していた石で、他の石をたんねんにチェックしても……ない。

一瞬の一瞥で拾い上げられた……それは「運」?


目指すは球体!?

放射アクア

放射状アクアマリン!

これまでにも登場していますが、今回の放射状はほぼ半円(たぶん、球状)。
この勢いだと、まん丸球体、ウニ状のアクアマリンなんてのも、どこかにあるんじゃなかろうか。
……と思わせます。

鉛筆みたいな六角柱状のアクアマリンが、どうして放射状になるんだろう。
骸晶……というわけでもないようだし。

この……の放射状結晶は、母岩にめり込むように結晶しているものがほどんどのようなので、その産出状況が何か関係しているようにも思われます。

あらためてmindatで見てみたけれど、このタイプは出てないようす。
これを買ったお店でもほんの一時期の入荷でした。
(このお店は今、原石を仕入れなくなってしまい、残念無念)

お店では「ギルギット」としか言われなかったけれど、こんな個性的な状態で出るのは多分ピンポイントの産地でしょう。
mindatを見れば、もっとくわしい産地がわかって、こんな形になった原因のヒントが得られるかと思ったけれど……。

稀にとても透明度の高い結晶で放射状になっているのもあるようなので、それもどこかでお目にかかりたいところです……。

地味ルチル

ルチクラ2

パキスタン産のクラスターです。
よく見るとルチルが入ってます。

ルチル入りというと、たいていはきらびやかな風情を連想しますが、これは地味。
油断するとルチル入りであることに気がつかないか、気がついても忘れる可能性があります。

でも。

ルチクラ

反対側はこんな風。画像左側、母岩が覗いているように見える部分には、実はルチルが籠目のように幾何学模様を描いてくっついています。

そう……パキスタンは、ルチル入り水晶の産地でもあります。

ところで、よくよく考えてみると、「ルチル入り水晶」のsなんちは思ったより少ないような気がするんですけれど。
あ、「ルチル入り」というからには鉱物としてちゃんとルチル(金紅石)が内包されているもののことですよ。
トルマリンが入ってるけどルチルと呼びます……なんて、変なものは含めません。
グリーンルチルと呼ばれていても実はアクチノライトやエピドート……というものは、もちろんルチル入りとは呼べません・

ルチル入り水晶といえばたいていブラジル産。
それ以外の産地というと……?
すぐにあそこと、そこと……と名前が挙げられないからには、やはり思ったよりも産地が少ないと思います。

ちょっと頭をひねって考えてみると、最近はインド(北部)産をよく見かけますし、パキスタンもルチル入り水晶の産地です。
ただ、ブラジル産のような華やかな金色はなくて、地味な色合いがほとんどですが、それでもルチル入り。

地味と考えるか、自然そのままの風情と見るか。
それは人ぞれぞれ。
私は断然後者の方です。

名前がない自由

クレーター・サーフェイス

水晶の表面に、謎の丸い模様。模様は凹んでおり、そのエッジがなかなかシャープなので、エッチング……溶けているのかどうか、疑問です。
もしかしたら、丸い別の鉱物がくっついていたのが、溶け消えて(水晶は溶けなくて)その痕跡のみが残ったとか?
水晶自体は溶けていなくても、溶けて模様が出たので、ある意味エッチング・クォーツ?

クレーター・サーフェイス2

ここまでくると、エッチング・クォーツの範疇に入るかどうかも疑問です。
買った時は、エッチング・クォーツ……ということで手に入れましたが……。
むしろ、これは「クレーター・サーフェイス」といいたい。

「レア」とか「変」をキーワードに石を集めていると、「石に名前がない」のは当たり前になります。
(※イシスやカテドラルなどの名称)
世の中は、名前が示す形がだんだんルーズに解釈されて、名前(別名)の範囲が広がる傾向にあり、名前が付いているのはいいことだ……と言いたげな傾向がありますが、私はむしろ、名前がないことを楽しみたい。

私は、石の意味や効果は、読んでおまけ程度に楽しむだけです。
あれば楽しいけれど、無くてもかまわないし、効果が無くてもかまわない。
むしろ持ち主の意図に関係なく効力を発揮されるようなものであって欲しくない。

楽しみ方は人それぞれではありますが、あまりに石の意味や効果ばかりが注目されるのは、石好きとしては複雑な心境です。
例えば、私は「タイガーアイ、かっこいい!」でブレスを作ったのに、「ギャンブル運希望?」と見られてしまうのはちょっと……。
いくらタイガーアイがギャンブル運や金運で有名でも、それを持つ人全てがそのために持っていると考えるのは変でしょう。

でも、名前が知られていないマイナーな石なら、「○○希望?」なんてこともなく、「面白い石だね」「きれいだね」で済んでしまう。
名前がないことは、ある意味、素の石に近づきやすいということなのかもしれません。

名前がないなら付けちゃおう。
これはどんな石だ?
どんなイメージをかき立てててくれる?
どこまで考えを広げてくれる?
どんな風に写真を撮ってみようか。

直接石と向き合って問いかけることは、石の意味や効果とちがって、どこかに答えがあるわけでも、誰かが教えてくれるわけでもありません。分かりやすくもないけれど、そこには、制限がない自由と楽しさがある。

というわけで、私が抱いたイメージはクレーター。

何かに秘密を刻まれた、あるいは傷ついてもなお秘密を秘めた……そんな風情の石。

個人的に「違う」

シトリンサラード

シトリンの「サラード」ということで買った石です。
サラードとは、ポルトガル語で「復活・再生」「再生された」という意味で、水晶においては「エッチング・クォーツ(溶け水晶)」に対して使われています。

今回の石は、色はスモーキーがかっているけれど、ほんのりシトリン(天然)、錐面を見ても蝕像がぎっちり。

シトリンサラード2

なるほど、溶けてる。

シトリンサラード3

……でも、これはサラードなんだろうか。

サラードは、比較的新しい名前であるうえ、ヒーラーが付けた名前というわけではないようで、そのためにどういう石がサラードと呼ばれるのか、どこかにしっかりまとめられているのを見たことがありません。(あるのかな?)

ネットで調べると、「サラードは蝕像水晶のこと」「表面が溶けて階段状になっているもの」という説明が出てきますが、それだけで「これはサラード」と区別するのは難しいでしょう。

そもそも、サラードは蝕像水晶の別名……蝕像水晶全てをサラードというわけではないと思います。

しつこく繰り返しますが、名前が付けられる水晶には、「他とは際だって違う何か」があり、それゆえに名前によって他と区別されるのだと思います。

そして、その違いも「これひとつだけ」ではなくて、ある程度のまとまった量があるものです。

その点、最初に見たサラードは、名前が付けられるのも頷ける石でした。
つまり……
◇圧倒的な透明感
◇溶けたことによる、濡れたようなつやがある
◇蝕像水晶なのに、錐面が無傷(ふつう、溶けるなら錐面の角が溶ける)
◇柱面だけが溶けている。


……この特徴は、見れば「うむ、これは他とは違うぞ」と、見る人をうならせるもので、今も強く印象に残っています。
上に挙げた特徴をサラードの条件とするのなら……個人的にはそうしたいところなんですが……サラードという別名が付けられるのも納得できます。
蝕像水晶は、溶けている時点で他とは違うわけですが、サラードは他の蝕像水晶とも違う、というわけです。

しかし、今回の石は溶け方が一皮むいたみたいで面白くはあるけれど、個人的サラードの条件と合致しません。
何よりこれをサラードといってしまうと、サラードが説明できなくなってしまう。

画像にはサラードと入れたけれど、これはサラードとは言えないと言わざるを得ません。










立体ファーデン

先日の「多重タビー(たぶんファーデン)」
に続いて、たぶんファーデン。

しかも立体。

立体ファーデン

写真に撮るとよく分からなくなるんですが、「軸」を中心に両側に結晶が成長しているところがファーデン。
ただ、その結晶が成長する方向が、立体的。

上から見ると十字に見える……といえば「立体的」がどのようなものかわかるでしょうか。
ただ、結晶がそれっぽく群れているだけではありません。

確かに「軸」を挟んで対照的に結晶が成長しています。

ファーデンが、何らかの理由で「軸」となる部分から成長を始めた、水晶であるならば、平板状のものだけでなく、それが立体的に組み合わさったものもあり得るわけです。

この石自身は、部分的に土(または鉄分)がしみこんでいて、茶色く見えますが、水晶自体は驚くほど透明でピカピカ。

水晶で出来たクリスマス・ツリーのよう。

このような立体的なファーデン(たぶん)は、最近みかけるようになったような気がするんですが、産出する地域が限定的で、そこの水晶が出回るようになったのか、前から出ているのに、ファーデンっぽくないので出回らなかったものが、たまたま玉石混淆でファーデンを扱う店だったために、混ざっていたのか……。

ファーデンは立派に「変な水晶」ですが、この石はさらに変。

こういう石が見つかるから、玉石混淆の石は面白い。

透明いろいろ

しぶき

水晶で透明と言ってもいろいろあるもので。

普通、透明というと色味も内包物もない、いわゆるアーカンソー産水晶(実はアーカンソー産も色々あるんですが)みたいなものを連想します。

さらに細かく見ると、若干かげりさえ感じるような、触れたら角で手が切れそうな鋭さを感じるもの。
透明なんだけれども、例えるとしたら「青白い透明さ」。

同じく無色でも、明るい感じで鋭いと言うより「軽やか」。例えるとしたら「オフ・ホワイト」。

ビーズにしてしまうと分からなくなりますが、原石では微妙に違う透明があります。

そしてもう一つ。

内包物があるけれど、鉄分だってしみこんでいるけれど。
それでも透明なものがあります。

ガネーシュ・ヒマール産水晶です。

大きさはさしわたし4~5センチほどの小振りな、一応クラスターで、底部にはクローライトも見えます。
茶色く見えているのは鉄分でしょう。

しかし、水晶部分は、「濡れたような透明」。

お陰で内部のしぶきのようなミストがはっきりと見えます。

普通は「内包物あり」と言ってしまうと、「透明」とは別のイメージになってしまうけど、内包物の様子がくっきり見えるということは、透明でもあるわけで。

この「みずみずしい感じ」は好きですね~。

多重タビー、もしくはファーデン

ファーデンと言えばタビー(板状)の結晶の中に白い筋が見える水晶として知られています。
この白いラインがどうやって出来たかについては、色々説があります。
私は、この白いラインを芯にして両側に結晶が成長した……と考えてます。

名前の由来でもあるこの白いラインだけでも謎が多いのに、さらにはファントムの形状も実は多種多様。

こんなように何重にも重なっているものがあったりします。

多重ファーデン

実は、ファーデンの決め手である白いラインが全く見えないので、「これはファーデンではない」との判断もあるかも知れませんが、ファーデンでなかったとしても、「多重タビー」ではあるわけで。

多重ファーデン2

たぶん、ファーデン……とお茶を濁すのは、普通は幾つかの結晶が組み合わさったファーデンでも、たいていは平面状になっているのに、これはややでこぼこしていて、組み合わさった結晶が微妙にずれているからです。

しかし、見つけたのはファーデンの籠の中。(卸しに近い店なので、玉石混淆で籠にどさっと入れてあるのです)
だからといってファーデンであるという決め手にはならないかもしれませんが、同じ産地ではあるわけで、ファーデンである可能性は高いです。

ちゃんとファーデンと分かるものにも、このようにタビーを何枚も貼り合わせたようなタイプがありますし、立体的に組み合わさっているものもあります。

そう言うものを見るかぎり、実はファーデンは「何でもあり」。
そんな気がします。

だから、多分、これもファーデン……。

こんな色で

アパタイトと聞いて、何色を思い浮かべるでしょうか。

ビーズだと青が多いですね。
それもかなり濃いめの青でしょうか。

時々ネオンブルーと表現される明るめの綺麗な青の場合もあります。
ロシア産だと、やや緑がかったみずみずしい色。

「アパタイト」で画像検索すると、青ばっかり出てきますが、原石だと、メキシコなどの黄緑っぽいものも見かけます。
透明も、濃い緑も、紫も、水色もあります。

実は色のバリエーションが多く、別のいろいろな石と似て見えて間違われてしまうため、その名もギリシャ語の「欺く」「惑わす」からつけられたそうです。

アパタイトにはこんな色も。

ピンク・アパ

ピンク~。
ちょっぴりオレンジニュアンスの、暖かみのあるピンク。
小さい結晶がごちゃっと固まった百円玉くらいの小さなクラスターです。

かっちりした六角形の結晶が独立してくっついていると、これはアパタイトか? モルガナイトか?……と悩むこともありますが、こういう形ならアパタイトと分かって安心。

アパタイトはモース硬度が5と低いこと、アパタイトと言えばこれ!……という特徴がいまいちはっきりしないためか、アパタイト欲しい~(注:原石)と、アパタイトを目指して探す機会は少ないです。

しかし、こういう色ならば話は別。
もっと大きいクラスターが欲しい!
パープル・アパタイトはアメジストとは違う華やかなすみれ色のものがあるので、これも欲しい。

実は面白いぞ、アパタイト。




レムリア人の勤勉

ご存じ、レムリアンシードと呼ばれる水晶があります。

別館サイトに書いたような理由で、個人的にはレムリアンシードは特徴的な柱面の横筋(レムリアン・リッジ)だけが決めてではなく、産地限定水晶でもあるぞと力説します。

……が、これまた別館サイトに集めたように、最近、いろいろな産地の石がレムリアンと呼ばれています。

中には「横筋がはっきりついているからレムリアン」「水晶の横筋はレムリアンシード」という、実にいい加減な認識によって、「日本産レムリアンシード」や「このヒマラヤ水晶にはレムリアンシードが出ています」という、間違いレムリアンもあったりしますが、あるものは「○○レムリアン」と名前まで付いていたりします。

そんな中に、2008年頃にお目見えした「コロンビア産・レムリアンシード」というのがあります。

ブラジル産レムリアンシードの名付け親はK・ラファエル氏。
ロシア・ウラル産(ロシアンレムリアン)はキャサリン・クラコリーチェ氏。
ところが、それ以外のレムリアンシードは、誰がどんな理由でレムリアンシードと言い出したか……パワーストーン的に言えば、その石がレムリアンシードであるとわかった理由は何なのかが不明な石ばかり。

コロンビア産も、命名者・理由、ともに不明。

ものは、透明で横筋付き。
中には透明ピカピカの、抜群にきれいな石もあります。

最初はコロンビア産としかわかりませんでしたが、しだいに「エメラルド鉱山で採れた」「ムゾー鉱山産」という情報が出てきました。

そして、今度は「サンタンデール産」もレムリアンだと言うじゃありませんか。

サンタンデール?

……持ってるけど。
サンタンダー

この石は、訳もわからないのにレムリアンと呼ばれているより、産地がわかってる方がいいぞ!
……ということで、「レムリアン名義」そっちのけで買ったもの。

なのに。

いつの間にレムリアンにされてたんだ!?

納得できないなあ……。

龍の眼の怪

いまいちマイナーですが、「ドラゴン・アイ」と呼ばれる石があります。

そのビーズを手に入れたので、ふと思い立って調べてみたら……。
マイナーなせいでしょうか。
いろいろと大変なことになってました。

まず、ドラゴン・アイとはこんな石。

ドラゴンアイ

えーと、これは原石です。
買ったお店では「キャッツアイ・オパール」の名前でした。

そっくりな石で、部分的にクリソタイル化したサーペンティンもあったりするので、ちょっと不安なんですが……。
水晶以外では(……水晶も?)、私の判別眼はかなり怪しいです。

とにかく、ドラゴン・アイと呼ばれるのは、グリーン・オパールで、一部に繊維状の組織が入っていて、キャッツアイ……というより、タイガーアイの輝きに似た表情を見せる石のことです。
dragon-eye beads
※画像の「VOID MARK」の「VO]のあたりにかかっている帯状の部分がタイガーアイっぽい繊維状の輝きを持ちます

タイガーアイは、クロシドライト(青石綿)に石英が染みこんだもの。
こちらはオパールが染みこんだもの?(違うかも)
(※コメントで情報を戴きました。グリーンオパールにセレナイトが染みこんだもので、セレナイトが染みこんでいる部分がタイガーアイっぽい輝きに見えているそうです)

オパールなのでタイガーアイ族とは別物ですが、(丸く磨くと)輝き方は似ています。
似ているからこそ「アイ(眼)」の名前が与えられたのでしょう。

タイガーアイ族には、タイガー(虎)、ホーク(鷹)イーグル(鷲)、ブル(雄牛)、ウルフ(狼)など、いずれ劣らぬ目力のある動物の名前が冠されています。
そこに伝説のドラゴンの名前を加えようというのですから、どうしたってタイガーアイみたいな「眼」を連想させる石でなくてはなりますまい。

鉱物的には……とか、そんなややこしいことではなくて、普通に考えればそうなります。

……が。

ブレスにするには、ドラゴン・アイのビーズがなかなか手強く、では他の人はどんなブレスを作っているのかと検索してみたら……。

なんだこれは。
ドラゴン・アイが変だ。

ドラゴン・アイはグリーン・オパール名義でも売られていますが、グリーン・オパールすべてがドラゴン・アイではないでしょう。
確かに成分はオパールで、緑と言えば緑だけれど、タイガーアイを連想させる輝きを持たない……大きな塊としてはドラゴンアイだけど、ビーズに削るとたまたまタイガーアイっぽく見えない部分だった……というのではなくて、
グリーン・オパライト
↑のような、普通の緑のオパール、塊のどの部分を削ってもタイガーアイっぽくならないものをドラゴンアイと言ってしまうのは、違うでしょう。
そういうビーズやタンブルがドラゴンアイの名前で売られています。

他にも「なんじゃこりゃあ」といいたい「ドラゴンアイ」があります。

たとえば……染めのグリーン・タイガーアイ
ウルフ2

以前、染めのグリーン・タイガーアイがウルフ・アイの名前で売られていてがっくりと言う話をしましたが、今度はドラゴン・アイでも売られてました。
違うでしょう!
……そりゃあ、言葉で言えば、緑でタイガーアイっぽいということになりますが、染めまでそう言い始めたら、収集つきません。
そもそもドラゴン・アイはオパール(たぶん)なんです。
もちろん、ウルフ・アイは天然で灰緑色のもののことなので、染めのグリーンをウルフ・アイというのもやめましょう。

まだあります。
こともあろうにセラフィナイトがドラゴンアイ!

どこが目力のある「眼」に見えますか。

セラフィナイトはクリノクロア(斜緑泥石)で羽毛のような模様のものに付けられた別名です。
そしてその名前は最高位の天使・セラフ(熾天使/複数形でセラフィム)にちなみます。

一方、東洋でドラゴンと言えば神ですが、キリスト教では悪魔と同一視される邪悪なもの。
天使の名前を持つ石をドラゴン呼ばわりしたら、変でしょう。
(セラフという名前はヘブライ語で「燃える蛇」ですけども……)

さらに、さらに、さらに!
ホーク・アイ(ブルー・タイガーアイ)が「珍しいブルー・ドラゴンアイ」!



……「これがドラゴン・アイだ!」といったって、統一基準はないわけですが、素直に考えたら
◇タイガー・アイでもホークアイでもない石
だから、別の新しい名前が付けられる。
◇タイガーアイのように「眼」に見える
だから、強い動物の名前が付けられる。
ということになりませんか。

ですから「眼」を連想できる輝きのない石、すでに名前が付いている石、染めで色を変えてある石……に、ぬけぬけと名前と付けてしまうのは違います。

ドラゴンアイと呼べないドラゴンアイを見ていると、見かけが似ているから、とりあえずそう呼んでおけ……という卸段階のおおざっぱなネーミングがそのまま小売りまで使われてしまった……とか、「ドラゴンアイはグリーン・オパール」という説明を、どうしてドラゴンアイなのかという天まで考えず、そのまま鵜呑みにしてしまった……とか、売る側の残念な姿勢が透けて見えそうです。

私も含めて、たぶんはじめて見た石はお店が付けていた名前をそのまま覚えてしまいがちですが、いろいろ調べて他の石が同じ名前で呼ばれているのを見つけてしまった場合は要注意

どちらかのネーミングがおかしい可能性があります。

じっくり調べて、その名前が妥当かどうか。
なぜ、その名前で呼ばれるか納得できるか確認しましょう。
今はいろいろヤバいです。

”Floating Mountains”

私にとって、石の写真を撮ることは、「石を見る」と同義です。
ただ、漫然と眺めるのではなく、周囲から(カメラのフレームの中に)石を切り取り、石だけを見、どう見ればその石が一番かっこよく見えるか、石だけに集中する。
ある意味「石をにらみつける」とでも言いたいくらい、石を注視する。

このように、写真を撮ることは、石をじっくりたっぷり真剣に見ることになるわけです。

とにもかくにも「石だけ!」なので、この時点で石の意味や効果というものは、意識から吹っ飛びます。

その石に興味を持ったきっかけが、パワーストーン的意味合いだったとしても、写真を撮ることでそれを忘れ、写真を撮ることで石を見、「なぜ?」「どうして?」と疑問を覚え、調べる。
意味→忘れる→疑問→調べる……なので、順番として意識に残るのは調べて出てくる鉱物的説明の方。

しかし、やはり実物には叶わない……と思うことがあります。
写真に撮ると、色が鮮やかになったり、表面のツヤが強調されて、実物よりきれいになることが多いんですが、「量感」はどうしても写せません。

たとえばこんな石。

緑泥入り1

パキスタン産のクローライト(緑泥石)入り水晶です。

なんというか、透明な水晶の中に、きれいな色合い・質感の緑泥がたっぷり入ってます。
方向を変えるとこんな感じ。
一枚目の写真では緑泥の具合がよく見えますが、石全体の形はわかりにくい。
こちら(2枚目の写真)では、いくつもの先端が並ぶおもしろい形をしていることがわかります。

緑泥入り2

この石、「実はファーデンなんじゃないか……」と思っています。
というのも、明確なファーデン・ラインは見えないんですが、あちこちひねくり回すと、一本の軸を中心に水晶が「生えている」感じがするのです。

ファーデンは、板状の水晶の中に白いライン上の筋が見えるものです。
結晶の仕組みとしては、そのラインを中心に両側に向かって成長していった……と考えられます。
板状の結晶の中にラインが見えているものが有名ですが、ファーデンをいろいろ見ていくと、板状の結晶が幾重にも張り合わさったようになっているものや、軸を中心に何歩効果に結晶が伸びている複合型もあるようす。

この石もその複合タイプではあるまいか。
もう一枚。

緑泥入り3

この角度では緑泥が入っている結晶が、実はかなり厚みがあることがよくわかりますし、下部の結晶が伸びているようすから、よく見えないけれど、結晶が一つの軸から伸びているようにも見えます。

それに産地がパキスタン……ファーデンの一大産地(はっきりしないけれどギルギットではなく南の方らしい
ので)

ファーデンかどうかは、さておいても、この石はこれだけいろいろな角度から写さないと、緑泥の美しさと石のたっぷりしたボリュームを写し取ることができないんです。
それでも透明感が今ひとつ……。


いつも心に「?」マーク

パワーストーンの効果は別になくてもかまわないし、意味については興味はあっても、それが石選びの決め手になることはない、そのくせ石の呼び方については、鉱物名・宝石名だけでは足りなくてパワーストーンの名称をちゃっかり借り出している私ですが、だからこそ、気にすることがあります。

パワーストーンの名称を使いながらも、買うときはミネラルショーや鉱物ショップで、「名前なし」状態で買うので、これはこういう名前だろうと自分で判断することになるので、だったら名前の使い方は慎重に。

それが高じて、店がつけている名前でも一応チェック。

つまり……お店はこういっているけれど、果たしてそれが妥当かどうか。
全部わかると豪語できる自信はありませんが、わかるところまではこだわりたい。

そんな個人的こだわりに引っかかったのがこの石。

メルト・カテド

ブラジル産の「メルト・カテドラル」です。
これは、お店の人が付けたオリジナル名称で、意味するところは「触像・カテドラル」

つまり石(水晶)の形状としてはカテドラル、それがちょっぴり溶けている……ということ。

さあ、どうだ。

まずは
カテドラルというのは、おおざっぱに言えば「大聖堂」という意味。
つまり大聖堂っぽく見える水晶だということです。
くわしくはこちら

「~っぽい」というのは、個人の主観に左右されますが、私が見るところ、ちょっとおとなしめなカテドラル。
スタンダードではないけれど、おまけ気味でカテドラル。
複雑だけれどまとまりのある形状と、ボリュームが感じられる太さがあるところが決め手です。

次に「溶けているか」

この石を買ったお店は、KURO的ランキングのトップ3に入るところなんですが、気になるときはおそれ知らずにもツッコミを。

この石がメルトであるという印として、表面にトライゴーニックの連打が見られる……というんですが。

なるほど、表面がなにやらざらざらしていて、それをアップにするとトライゴーニック(凹状の逆三角形)が無数にあつまったように見える……。

メルト・カテド2

見えるけれども、この石のエッジ(面と面の合わせ目・角)はかなりシャープで、溶けた形跡が見られません。
面に見えているのがトライゴーニックならば、ここまで現れているなら、結晶全体が溶けてエッジは丸みを帯びているはず。
また、トライゴーニックも面の真ん中よりも溶けたエッジ近く、面の端の方に多く出ることが多いのです。

これは……ひょっとすると、溶けていない可能性もあり。
触像でないならいったいなんだと言われると困ってしまうのと、違うとも言い切れないので一応メルト・カテドラルと呼びますが、「もしかしたら違うかも」と注意書きしておくことにします。

疑うわけじゃないけれど

一見、地味~な水晶ですが。

khumbu-himal.jpg

エベレストの水晶第2弾!(第1弾はこちら

長さは4センチほど、淡くて透明なスモーキーで、それが災いして、黒背景でも白背景でもきれいに撮れないもどかしさ。
黒背景では色が全然見えないし、白背景ではぼやけてくすんでしまうのです。
実物はけっこう透明ツヤピカなのに!

さて、エベレストといいましても、現地名をサガルマータ、あるいはチョモランマと呼ばれる世界最高峰のあの山の高いところで採れたものではないでしょう。
エベレストでの採掘は禁じられていると聞きますので、エベレストが座すエリア、クーンブ・ヒマールと呼ばれる場所(地域)の産であると考えるのが妥当です。

これは他でも同じで、ガネーシュ・ヒマール産といってもガネーシュ・ヒマールの名前を戴く山は複数あるので、それら・ガネーシュ・ヒマールがあるエリアという意味です。
ですから、実は思ったより低いところで掘られていたりするかもしれません。

それでも、クーンブ・ヒマール(エベレスト・エリア)の水晶はあまり見かけません。実は1,2年前にこの石を買ったのとは別のショップで見かけたんですが、そのときは財布の中身と相容れず、買わずじまい。
「エベレストのは一つ持ってるし……」
と思ってはみたものの、それとは違う淡いスモーキーのエベレスト水晶は、長らく記憶に残っていました。

そして再び出会ったのは2009年池袋ショー。

「これ、エベレストの水晶なんですよ」
と見せていただいたこの石を見て、すかさず記憶と照らし合わします。

すっきり細長い形。
淡くて透明なスモーキー。
なぜか2本ほどくっついたツインの形が多いこと。

(そういえば第1弾も一つの結晶に見えて実は2本くっついたツイン)

記憶にとどめておいたエベレスト水晶の特徴と重なります。

いや、疑うわけではないんですが、まったく違うお店が独自に仕入をして、それが同じ特徴を示しているとなれば、産地の信憑性は高くなります。
どちらか一カ所だけでは、お店がごまかしているのではなくて、仕入れ先の情報の混乱という可能性もなきにしもあらずだからです。

もちろん同じ産地でも一つの場所ではなくエリアですから、そこではいろいろなタイプの水晶が採れるでしょう。
それでも共通項を探すことで、より納得することができます。

エベレストの東側にガウリシャンカール……スモーキーの産地……があることを考えると、エベレスト・エリアの東側かな?このあたりにスモーキーのエリアがあるのかも……と想像もふくらみます。



そういえば、よく「ヒマラヤ水晶は透明感が違う(他より格段に透明だ)」というような意見を見かけるんですが、失礼ながら「ふーん」と気のない相づちを打ちそうです。
ヒマラヤといったって範囲は広い。範囲をネパール、一番メジャーなガネーシュ・ヒマールに限ったところで、透明ではない水晶も多いです。
ビーズでは透明なヒマラヤ水晶が多いかもしれないけれど、ヒマラヤ水晶は透明だと言ってしまうと話は違う。
ご注意を。

悲しき逆転

ごちゃごちゃクラスター

ブラジル産のクラスターです。

何とも豪華に盛りだくさん!

透明なのは水晶、黒のはショール(黒トルマリン/鉄電気石)、ややクリーム色で粒々もこもこしているのはおそらく長石でしょう。

水晶、長石、トルマリン。
ペグマタイト鉱物のトリオです。

いわゆる普通のクラスターではなくて、いろいろ混ざってますが、それがおもしろさであり、美しさでもあります。
水晶といえば透明、クラスターは透明ピカピカがきれいでよいもの……という基準では「美しい」とは言えないかもしれませんが、「美しい」の基準は、いろいろあってもよいと思うのです。

むしろ、大地のエネルギッシュな営みから生まれた石の姿とも言えるわけですから、パワーストーンとしてみても、大地の生のままのパワーを秘めていると言えないこともない。

最近のブレス中心のパワーストーンブームでは、石は効能や効果によって選ばれ、クラスターは「浄化用」と呼ばれてしまう。
石を手にして、たまたま具合の悪いことが重なったりすると「石のせい?」。
説明通りの効果がないと「相性が悪い?」
安すぎたりすると「偽物?」
……なんて言われたりもしてしまう。

以前は、「心惹かれた石」にどんな意味があるか、自分が選んだ石とどう「ワーク(瞑想したり、石とともに自分を深く掘り下げること……たぶん)」するかが注目されていて、石の効果よりも石そのものの比重がもっと高かったように思います。

まあ、趣味の世界の流行や価値観は、変わってしまっても不思議ではありませんが、古参の石好きとしては、今のあり方はパワーストーンと呼んでいても、実は石をあまり見ていないような気がして、歯がゆいです。

趣味にはいろいろな楽しみ方があるので、意味や効果で石を楽しむのが間違いと言うつもりはありません。
しかし、石の楽しみ方はそれだけではなくて、意味や効果抜きで、いろいろごちゃごちゃの石を美しいと感じ、石を通して地球の動きまで想像をふくらませ、自分のイメージで石を楽しむ、そんなやり方ももちろんありだと言ってしまいたい。




龍の眼

GWも終わって、かえってきました。
私、紫外線アレルギー気味なので、日焼けすると湿疹ができます。
しっかり日焼け止め塗ったのに、やっぱり焼けてしまったらしく、あちこち(手や顔)が湿疹でかゆい!

石雑記でかゆさを紛らわせましょう。


龍眼天珠と呼ばれる、強烈なインパクトを持つ模様の天珠があります。

なんたって「龍の眼」
「天珠の王」「苦難を排除して喜びを運び大きな財運に恵まれる」「他者の邪気や霊的作用を受けやすい職業の人がつけると、強力無比の力を発揮する」とかなんとかスゴイ説明も付いていて、天珠ビギナーだった私は、そこらへんに惹かれていろいろさがしたものでした。

ところが~、この麗々しい説明のせいでしょうか。
ひときわ複雑で手間がかかる模様のせいでしょうか。
この龍眼天珠、たいていのところで他の模様よりも高いのです。安いものは明らかに模様がかすれたイマイチ品。

いくつか「なんちゃって天珠」にも手を出しつつ、これならばと買ったのがコレ。

龍眼

長さ38ミリ、レギュラーサイズ。
写真ではちょっと色濃く写ってしまいましたが、何となく白っぽくミルクダウンしたような……「生焼け(?)」っぽい(注:本当に生焼けなのではなくて、見た目の印象が)微妙な色合い。
けれども複雑な模様の細い線がかすむことなくきっちり出ているあたりが高ポイント。

機械で削った味気ない形ではなく、断面が妙に楕円になっているあたりも、ちょっぴり手間がかかっているかなと思わせます。(あくまでもイメージ)

……が。
この龍眼を買ったら、不思議と龍眼に目がいかなくなりました。
「コレがあるからいいや……」というか、「龍眼じゃなくて他のがいい」というか。
とりあえず、納得の龍眼であったことには間違いないんですが、天珠の深みにはまるにつれて、模様の好みも変わっていったみたいです。

先日自分は歴史系天珠好きだと書きましたが、それは、天珠をパワーストーンと見ないだけでなく、模様の好みにも影響しています。
天珠について調べるべく中国語の書籍を買い求め、そこに載っているまごうことなき老天珠を(心の中でよだれを垂らしながら)見ていて気が付きました。

龍眼がない。
……というより、老天珠の多くは二眼や三眼、眼天珠はほとんど(ほぼすべて?)九眼以下なのです。
龍眼はもちろん、最近人気の観音や龍神、水中蓮華や五福臨門天珠などは見られません。
観音天珠などは、私が天珠にはまって以降に現れた模様なので、古くないのはわかっていましたが……。

これらの明らかに新しい現代模様の天珠も、「2500年前からチベットに伝わる……」と説明してしまっていいものか。
(2500年前というのも定かではありませんが)

私は、古い天珠の風情が好き。
天珠の効能ではなくて歴史に興味。
やはり模様も歴史ある古い模様が好きなのです。

今の好みは天地紋や二眼、三眼。

たとえば九眼も古い模様のようで、数が少なくてレア。
本当の老天珠は数えるほどしかなく所在もだいたいわかっているくらいだとか。
となると九眼だって好みの範疇にはいるんですが……実際、とてもモダンでステキだと思うんですが……今の興味は二眼、三眼。

それは、数が多いから。

今の感覚では数が少なくてレアな方が価値があります。
限られた人しか持てない特別なものといわれれば、その気になります。

しかし、天珠は手間暇かけて作られたもの。
遙か昔、天珠が現役だった時代、九眼が今で言われるほど強い力を持つ、ありがたいものと思われていたのなら、もっとたくさん作られたはずです。

九眼は高位の僧侶しか持てないものだった……という説明も見たことがありますが、私は天珠はチベット仏教のものではないと考えているので、この説明には納得できません。

老天珠で多いのは二眼、三眼……天珠は模様を描いて作るものですから、何でもよければいろいろな模様がもっとあるはず。実際いろんな模様があるんですが、その中で二眼、三眼が多いのは、何か理由があったからでしょう。
今現在言われている天珠の効能の説明は、すべて後付です。

天珠がまだ現役で作られていた時代、この模様にはどんな意味があったのか。
この、力強くモダンにさえ見える不思議な模様は、どこから生まれてきたのか。

私は、それが知りたい。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。