INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデン風

ヘッソナイト

カナダ産のガーネット(ヘッソナイト)です。
ガーネットは、成分によっていろいろ種類が分かれていまして、ヘッソナイトはグロッシュラーという種類のガーネットです。

グロッシュラーはガーネットの中でもカルシウムとアルミニウムを主成分とするガーネット。
その中でもマンガンと鉄を含んで黄色~シナモン色~赤オレンジ~赤褐色になった物がヘッソナイト(ヘソナイト)と呼ばれます。

もー、ガーネットというのは成分と種類の話をすると、むちゃくちゃにややこしい。
とりあえず……真剣に読むとごちゃごちゃなので、まずは眺めてみてください。

マグネシウムとアルミニウムを含むパイロープ(苦礬柘榴石)
鉄とアルミニウムを含むアルマンディン(鉄礬柘榴石)
マンガンとアルミニウムを含むスペサルティン(満礬柘榴石)
そして今回の主役である
カルシウムとアルミニウムを含むグロッシュラー(灰礬柘榴石)
カルシウムと鉄を含むアンドラダイト(灰鉄柘榴石)
カルシウムとクロムを含むウバロバイト(灰クロム柘榴石)

つまり……ごく大ざっぱに言うと、ガーネットという鉱物に共通の成分があって、そこにマグネシウムと鉄とカルシウムとマンガン(とクロム)というオプションがくっつき、その組み合わせが色々あるので、種類もいろいろ多彩になるわけです。

これに加えて
パイロープとアルマンディンの固溶体であるロードライト
パイロープとスペサルティンを主成分にさらに他にも混じっている、パイロープ・スペサルティン
グロッシュラーとアンドラダイトを主成分にさらに他にも混じっている、グランダイト
という中間種があります。

さらにさらに、ここで太字で表した種類の名前の下に、色や見かけなどで分けられた名前が続きます。
(グロッシュラーの中で黄色~シナモン~赤褐色の物がヘッソナイト。日本のレインボー・ガーネットはアンドラダイトで、アンドラダイトでも真っ黒なものはメナライト)

そして……先ほど「中間種」の名前を挙げましたが、このようにちゃんと名前が付いているものだけでなく、ガーネットというのはたいてい異なる種類のガーネットの成分を含んだ中間値を示すものが多い……つまり、きっちり分けられない、いろいろ混ざってるのがむちゃくちゃ多いのだそうです。

こうやって調べて書いているだけでもわけわからん状態なのに、そのうえいろいろ混ざられたのでは、お手上げ。

ガーネットはいろいろ種類があるぞ、名前が多いぞ、そのうえ混ざっているぞ……と覚えておきましょう。
(かなり大ざっぱで消極的理解)

あ、ガーネットがらみで「なんじゃこりゃ」とあきれた例を一つ。
「クリスタル・バイブル」で有名なジュディ・ホール氏の著書に「クリスタル百科事典」という大判の本があります。
いろんなクリスタル(結晶鉱物)を色別に分離してパワーストーン的効能を解説してるんですが、そのわけかたがかなりカオス

まず……「赤とオレンジ色のクリスタル」の中に「ガーネット」の項目があります。
ガーネットといったって黒もあれば緑もあるし……と思うんですが、ガーネットといえばイメージは赤。
まあ、いいでしょう……と好意的に見たくても「レッド・ガーネット」という項目がある。

そのうえ、同じ「赤とオレンジ色のクリスタル」の中に「グロッシュラー・ガーネット」や「ヘッソナイト・ガーネット」の項目が同列で出てくるのはいかがなものか。

さらに読み進めていくと……「オレンジ・グロッシュラー・ガーネット」「オレンジ・ヘッソナイト・ガーネット」……これは、どう理解すべき?

繰り返しますが、ガーネットの中でカルシウムとアルミニウムを含むのが>グロッシュラー(色は関係なし)。
グロッシュラーの中で鉄とマンガンによって黄色~シナモン~赤オレンジ~赤褐色になっているのがヘッソナイト。
なのに、オレンジ・グロッシュラーとは?
百歩譲って、もしかして鉄とマンガン以外でオレンジになってるグロッシュラー(そんなのあるのかな?)をオレンジ・グロッシュラーと区別しているのかもしれないとしたところで、オレンジ・ヘッソナイトは意味不明。ヘッソナイトはオレンジ色をしているからです。

他にも真っ黒ガーネットであるはずのメナライトが「赤とオレンジ色のクリスタル」に入ってるし。

こんな項目立てで、「400種を越えるクリスタル図鑑の決定版」とは、笑わせます。
パワーストーンの本だから……と笑って済ませるには、各石ごとに「結晶系」「化学組成」「モース硬度」などの
項目をくっつけているのが誤解を招きます。(しかもこの部分がかなりひどい)

言いたくないですが、この本で鉱物的なことを調べるのは、おすすめできません。
(こういう間違った認識の上で解説されたパワーストーン部分がどの程度信頼できるのかも不明ですが)


さて、話を戻して写真の石。
実はいろいろ混ざっているかもしれないぞ……のガーネットですが、カナダはケベック州のこの産地の物はたいていヘッソナイトとして紹介されているので、ヘッソナイトと言うことで。

母岩にころころくっついたヘッソナイトはオレンジと言うよりやや淡い、シナモン色。
大きさは1.5センチほどで、透明感もあります。
そばに草のように生えているのはダイオプサイト(透輝石)。

何だか、箱庭っぽい雰囲気のクラスターです。
何年か前の池袋ショーで買ったものですが、たしか3000円以下の超ラッキー・プライスでした。

そういえば、先だってのミネラル・フェアでアフガニスタン・パキスタンの鉱物を扱う店の人に聞きましたが、このようにいろいろな鉱物が一緒になった箱庭的標本を好むのは、日本人の特徴なんだそうです。
だから、これも意外に安かったのかなあ?

いろんな鉱物が一緒になっていると、産状もわかるし、一粒で二度、三度おいしくてお得だと思うんですけど。
スポンサーサイト

ゴルカ!

先だってのミネラルフェア in 横浜赤レンガ倉庫での戦利品……いや、あったら買おうと決めていたので「捕獲品」。
無事、捕獲できました。

ネパール水晶の新産地(我が家では)、ゴルカ産。

ゴルカ1

え? ガネーシュ・ヒマール産にそっくり……って?
ですよねえ……。

ゴルカは、地図で言えばここ(↓)。
山域
↑ここです
こうしてみるとガネーシュ・ヒマールやその範囲内になるかもしれないヒンドゥンやティプリング、ラパなどとは離れているように見えます。

地図にはゴルカ郡とゴルカという街がマークしてありますが、お店情報によると、この地図よりはさらに西、マナスルに近づいた方に水晶の産地があるそうです。

つまり……イメージとしては、ガネーシュとアンナプルナの中間あたりという感じでしょうか。


実際見て、そしてお店の人の話を聞いてまとめてみると、この産地の(今のところの)特徴は、
◇錐面が大きい
◇太さの割に長さがない
◇レコードキーパーがたくさんあるものが見られる
◇虹がたくさん出ているのが多い

……というところでしょうか。

ひとことで言えば「がっちり、ずんぐり」な感じです。
今回も「ゴルカ産!」と最初に決めて選びましたが、その特徴がしっかり出ているものを選んだつもり。
画像の大部分を占めて、やや光を反射しているのが錐面なので、その大きさ、全体のバランスの加減がおわかりいただけるかと思います。

レコードキーパーもこの通り、連打。
ゴルカ2

虹については、私はあまり確認できなくて、お店の人の説明によりますが……、虹は結晶してから何らかの理由でひびが入って出るものなので、そんなひびのはいる状況とは……?
もしかして採掘状況が関わってる可能性もあるので、特徴と言えるかどうかは微妙です。

それにしても、地図で見る限り、ガネーシュ・ヒマールからは離れているのに、そういわれても信じてしまいそう。
これを買ったのとは別の店で、ガネーシュ・ヒマールとして仕入れた水晶が「もしかしてゴルカかも」と言われたそうで……やっぱり混じっているのかもしれません。

これもお店情報ですが、スモーキー・クォーツも多いとのことなので、たとえば

これ↑はガネーシュ・ヒマールとして買いましたが、錐面は大きいし、スモーキーだし、あやしいと言えばあやしい。

これ↑も淡いスモーキーだし、虹が出てるし。

真相は確かめる術もありませんが、とりあえず、産地がはっきりしている物を手にして見比べることは大切です。

たとえば、この産地よりもさらに西、アンナプルナの水晶は、初期に手にした物は透明で太さのある物でした。

最近はやや細めでダウラギリ産にも似たクラスターも出ているようですがこれらをつきあわせて考えると、
ガネーシュ・ヒマール(西より)~ゴルカ~(マナスル)~アンナプルナ(東より)では、太めがっちり系の水晶が出るのかもしれません。




わからない楽しさ

長らく正体不明な石でした。

なぞ

産地はパキスタン。
明らかに結晶鉱物のクラスターで、緑色。
しかしこの緑は緑泥のインクルージョンによるもののようです。

の色はどうやら無色透明。柱状の結晶ではあるけれど、断面の形や先端の形状から、水晶(石英)やアクアマリン(ベリル)ではなさそうです。トパーズでもないでしょう。

これ、なんだ?

私に当てられる石というのは、たくさん見て覚えている石。逆を言えばそれだけ一般的な種類だと言うこと。
そもそも見かけることも稀な種類や形状の難しい石はわかりません。
予想を立てても、たいていはずれてます。

この石は、そのはずれ予定の予想すら立てられなかったので、ミネラルショーの無料鑑定会に持ち込み、鉱物科学研究所の掘先生に見ていただいたことがあります。

その結果、画像に入れたとおりタイオプサイド(ダイオプサイト/透輝石)。

堀先生鑑定結果なのに、後ろに「?」が付いているのは、見ていただいた後、ダイオプサイトで検索しても、なるほど同じ石だと言えるものに巡り会えなかったから。

アフガニスタンでもパキスタンでも産出しているので、産地としては納得。
柱状になる石なので、このあたりも、まあ、納得。
不明瞭ですけど、先端の形状も、大きく違っているわけではないみたい。
でも、たいてい緑の鉱物として産出しているのに対し、これは元は透明でクローライトっぽいインクルージョンになって緑になっているようす。

……ダイオプサイトって透明だっけ、緑泥が入ったりしたっけ?
そこらへんにまだ「?」が残っているので、申し訳ないですけど「?」付き。

わからなければ、何か不都合があるわけでもなし、のんびり「保留中」でもいいでしょう。
こうやって公開しておけば、もしかして似た石を持っている人がいらっしゃるかもしれないし。


……さて、「わからない」についてちょっと書いてみたいことがあります。
先日の「~しても良いのでしょうか……?」「問題ないのでしょうか」に似た話ですけど、「わからない」にともなう「心配です」「不安です」について。

たとえば石をもらった、名前がわからない。
どう扱えばいいか「不安です」。
……そういうケースを見かけることがあります。
そのほかいろいろ、何かがわからなかったりすると、不安を覚える人がいるようす。

私には、なぜ好きな石のことで不安になってしまうんだろうと、そもそもそこがわからないんですけども。

思うに……これは、たとえるならば「犬がこわい」に似てるような気がします。(犬じゃなくてもいいんですが)
世に「犬がこわい」とおっしゃる方はいらっしゃいます。
中には過去にかまれたり、具体的な理由があって「こわい」場合もありますが、犬を飼ったことがない、犬と接したことがない、だから犬がこわい、というケースも多いのです。

犬はわんわんほえる。牙を持ってる。かまれるかもしれない。だからこわい。

でも、実際に犬を飼った人、直接飼ってはいないけど近所や友人が飼っていたり犬に接したことがある人は、わんわん吼えるすべてが「かむぞ、かむぞ」と吼えているわけではないことを知ってます。だから「犬だから」とひとまとめにして怖がったりはしません。

私も、実家に犬がいます。ラブラドールです。
最近流行の小型犬ではなくて、でっかいし黒っぽいので、知らない人は避けます。
でも私はこの犬が、子犬にワンとほえられて飛び上がって逃げ出す弱虫で、家に人がいると来客に吼えるくせに、留守番させられていると居留守を使っているのかと言いたいくらい吼えなくて番犬にならないことや、寝ているときにしっぽをぱたぱたさせて寝ぼけるし、テーブルの向こう側から目だけ覗かせて「それ(食べ物)ちょうだい」ビームを送ってくる食いしん坊だと知っているので、こわくも何ともありません。小さいときはいたずらでかまれたりもしましたが。

このように、人はわからないものはこわい(不安/心配)だし、わかっているものはこわくないのです。
この場合の対象は、「物」ではなく、人間に影響を及ぼすもの。
自分に対して何をしてくるかわからないから、こわい。

石も、ただの石ころと思っていればこわくも何ともないはずですが、パワーストーン……案らかの意味や効果があるモノだという意識があるから、わからないとこわいということになるのでしょう。

しかし……だったらわかってしまえば、こわくない。
自分の石に「不安だ、心配だ」と思うくらいなら、さっさとわかってしまえばいいんじゃないでしょうか。

私だったら、迷うより前にそっちです。
インターネットという便利な物があるので、調べるのはずいぶん楽になりました。
それを使わない手はないでしょう。

これも繰り返しになりますが、石をパワーストーンとしてみるなら、「問題ないでしょうか」とか「不安です」などというのは、石を、扱いを間違えたら何か害になることを引き起こす、得体の知れないモノと認識することです。

そんなつもりはないかもしれませんが、実はそういうことになってしまってます。
「~してもいいでしょうか」「~問題ないでしょうか」は、「~しなかった場合」を心配しているわけですし、「不安」は石を怖がっているから不安なんでしょう?

扱いを間違うと怒るし、害を及ぼすかもしれないこわいヤツ。
そんな代物に願いを叶えてもらったりなんかしたら、後がこわいんじゃないでしょうか。


ここでひとつ、石に対して不安にならない大胆な方法をお教えしましょう。
「問題ない?」「心配」という気持ちになったら、
◇それでもそのまましばらく放っておく
◇それをあえてやってみる

……いわゆる逆療法です。

「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」ではありませんが、
わけもわからずびくびくするくらいなら、思い切って正体を見てしまえ!
……ということです。

これはヤケになってるわけではないです。

不安なままでは石を「実はこわいものでは?」と誤解したままです。
万が一、本当に何か影響を及ぼしてくるようなモノだったら……その持ち主である以上、その石を御すべく、何らかの方法を考えなくてはなりません。

「な~んだ」なのか「こいつ、まさかのホンモノか!」なのか、わからないことには対処のしようもありません。
「問題ない?」「不安……」で止まっていては、話は進まないです。

まあ、たいてい何もないので心配ないですけどね。

ちょっと考えてみてください。
持ち主に不安がられ、疑われても関係なく、正しい扱いさえすれば自動的に作用するし、扱いを間違えると不都合を起こす、そんなものと、扱いについて「これが正しい」はないけれど、持ち主の心に答えて力を発揮し、いつもそばでサポートしてくれるものと、どちらが願いを託す「パワーストーン」にふさわしいか。

私だったら後者と即答します。
心に答えて力を発揮してくれる、そういうものだと考えるのならば、疑ったり不安を抱いているようでは、答えてくれるわけがありません。
たとえば、知り合ったばかりの人がいたとして、「もしかしてこの人、悪い人なんじゃない?」「いきなり怒りだして殴ったりするんじゃない?」……と疑い、心配していたら友達になれるでしょうか。

ちょっと厳しいようですが、「不安」「問題ないか」と考えてる暇があったら、「この石どんな石?」と調べてみるか、少々わからなくても大丈夫、と開き直った方がいいと思います。

ど根性水晶

コンクリートやアスファルトの隙間から生えた大根やメロンなど「ど根性○○」……というのが話題になることがありますね。
確かに「なぜまたこんなとこで」という感じではありますが、田舎に行くと、そこらへんの雑草が隙間や亀裂が入っていなくても、自らアスファルトを突き破り、勢力を伸ばそうとしている「ど根性」がいっぱいいます。

さて……今日の石は「ど根性」です。

ダウラギリ1

一見普通です。
とてつもなく変な生え方をしてるとか、折れる寸前で止まってるとか、そういうのではありません。
この石のど根性たる所以は、石そのもののではなくて……我が家にやってきたときの状況です。

実はこの石、さしもの私も「へ?」と目を点にする「軽装」で送られてきたのです。
タンブルやブレスレットならいいけど、クラスターをこれで?……というシンプル包装にもかかわらず、折れもせず欠けもせずにやってきた「ど根性」

エラい、よく頑張った!
……ということで「ど根性水晶」。

久しぶりに通販で買ったこの石は、ネパールはダウラギリ産。
我が家のネパール・ヒマラヤ水晶では新産地です。

以前ちょっと出回ったときに、どうしよう……と迷っていたら、買いそびれ、その後見なかったので忘れてました。
最近、突然思い出しまして、ダメもと出検索してみたら、若干ですが出回っているようす。
見つけちゃったぞ、どうする。
石そのものでなく産地で買うのは、私の石選びのモットーから、ちょっとはずれるようで気が引けます。

でも~、ネパールのどこでどんな水晶が採れるのか、手にとってひねくり回して(パワーというものはわかりません、私)、自分なりのイメージを作ってみたい。

買うぞ、ダウラギリ。

買うと決めて石選びにかかります。
本当は、産地などに関係なく「これ!」(あるいはこれか、これか……と複数候補)と惹かれたものを選び、それから大きさと値段のかねあい、見落としている傷はないかをチェックしていくのですが……。

今回は「ダウラギリ」と決めてからなので、ちょっと勝手が違います。
探すのは、この産地のスタンダード。
ざっと見た限りではたとえばなぜかここだけスモーキー……のガウリシャンカールのように、この産地ならではの特徴には乏しいようす。

おそらく、今後数が出回って、様子の違うのが続々出てくるとか言うことがない限り、2つ目3つ目を買う可能性は低いと思われるので、特徴ははっきりしないなりに、この産地のスタンダードを手にしたい。

お高いところも含めて、検索でヒットしたすべての石を見てみます。
大粒の結晶はなさそうです。はっきりと緑泥入りも見かけません。
だいたいは細め結晶がごちゃっと群れたクラスター。
鉄分で色づいている部分もあり。

その中で目を引いたのはファントムでした。

画像で見えるほど鮮明なものではありませんが、異なるサイトのいくつかの石に「うっすらグリーンのファントム」「シルキー・ファントム」などと書かれていたのです。
異なるサイト(そのうち一つは独自に仕入に行っているショップ)の石で、全部ではないにしろ、ファントムが
見られる石があるということは、この産地の(今のところの)特徴といえるんじゃないだろうか。

ということで、ほどほどお値段で、ファントムが入っていて、大きな欠けがないものを選びました。
通販で買うときは、欲しい気分が手伝ってサイズが書いてあっても石が大きく見えがちです。
必ず、定規を片手にサイズを確認し、手で「これくらいかな」と大きさのイメージを作ってみます。

そしてやってきたのが写真の石。

ダウラギリ・ヒマールは場所としてはネパールの真ん中よりも西、アンナプルナとは革を隔てて西隣の大きな山群で、ダウラギリⅠ峰(8,167m)をはじめ、7000m級の高峰が7つほど、50Kmに渡ってつづいているところです。

ここで水晶が採れるのならば、場所場所で様子の違う水晶がいろいろ出てきそうですが、今のところダウラギリ産はほとんど見かけません。
お隣アンナプルナの水晶のイメージは透明で、大きくてややグレーがかってみられるくらい静謐な感じ……ですが、ここの水晶のイメージは「土っぽいクラスター」
(※最近アンナプルナでも土っぽいクラスターが出てるようす)
どことなくインド産に通じる雰囲気を感じます。

ダウラギリ2

たった一つでは、すべての印象を決めてしまうことはできないけれど。
この一つは、ネパールの石のイメージを広げる、大切な点なのです。

考えてみると

ガーネットの単独使用推奨についてなぜ~? と叫びましたが、他にも「???」と思うことは多々あります。

最初に言っておきますと、パワーストーンなんて、と頭から否定する気はないです。
否定するもしないも自由ですが、まず否定ありきではそこから話は進まないです。
否定するのではなく、パワーストーンとして楽しむために、パワーはあるという前提で考えたとしても、これはちょっとどうよと思えてしまう事柄……「~してはいけない」「~しなければいけない」「~しないと~になる」という、心配を招くタブー話にもの申す!。


●(願掛けした)ブレスレットは、他人にさわられてはいけない。

願掛けするほど大切なものを軽々しくさわられたくない、という気持ちはわかります。
でも、常に身に着けておきたい……という気持ちも、まあ、わかるかな。
さわられてはいけないんだったら、隠しましょうと言いたいところですが。

しかし、ブレスレットをさわられてはいけない、とお店の人が言ったのだとしたら、私はちょっとツッコミモードに入るかもしれません。
そうおっしゃるんだったらお聞きしたい。

ブレスレットは手首という人の目に触れやすく、さわられやすい場所に装着するもの。
さわられてはいけない、さわられたら常に身に着けている持ち主さんより他人の影響を受けてしまうような、不安定きわまりないものだというのなら、どうしてブレスレットという形に作るのか。

服の下に隠してしまえるロングなペンダントとか、小さなポーチに入れて持ち歩くタンブルやオブジェみたいなものを勧めないのはなぜでしょう?
石を組み合わせ、輪にしたかたちに意味があるなら、さわられない方法をしっかり説明するか、念を込めましたと言うくらいならさわられても大丈夫なプロテクトをかけるかしてくれないと。

ブレスに作っておきながら「さわられたらダメ」。
とても不可解に思えるんですが。

そもそも、さわられた一瞬で影響を受けるくらい敏感なものなら、持ち主さんの手に戻ったら、持ち主さんの影響を受け直して、すぐに元通りになりそうです。

お店の人がそういっていたからと、それを信じて「さわられちゃったあ!」「他人のブレスにさわるなんて!」と気分を害する前に、ちょっと考えた方がいいかもしれないです。


●「~しないと(~していると)、~(良くないこと)になる」

色々あります。
割れたり色が変わった石は土に帰す。「そうしないと」運気が下がる。
ガーネットやラピスラズリは単独で使う。「そうしないと」効果が下がる、石が反発する。
ブレスレットは左右対称、石は奇数、着けるのは左手……「そうしないと」うまく気が回らない。
(どこかで聞いたような記憶で適当に書き出してみました)

これがいけないというんじゃなくて、それで楽しめるなら問題はないです。
でも、「気に入っているのに、石を土に埋めて捨てなければならないのか」「気に入って買ったブレスなのに左右対称ではない、効果はないのか」と不安や心配を抱いてしまう。
そういう場合も多いです。

いや……この際、正直に言いましょう。
私、「~しないと、~(良くないこと)になる」という、この手のタブー話には、はっきり異議を唱えます。
そうなんだ、とあっさり信じてその通りにする前に考えていただきたい。
こんなことを言うと、それで楽しんでいる人を嫌な気にさせてしまうかもしれませんが……でも。

「~しないと、~(良くないこと)になる」。
これはちょっと言葉を換えてやや大げさに言うと、

「自分を祀れ。手厚く祀っている間は、おまえを幸せにしてやろう。
しかし、祭りを怠ったり、機嫌を損ねるようなことがあったら祟ってやるぞ」


……ということです。
こんなことを言うようなモノはろくなものじゃありません。
どっちかというと、寄るな触るな近づくな、関わりになるのはまっぴらご免だと、追い払うのに躍起になることでしょう。
見えないところに角や黒い翼やとがったしっぽを隠していそうな雰囲気ですよ。

それでもその力を借りたい……というなら、それはよほどの覚悟がないと……いや、やっぱりやめといた方がいいでしょう。

ところで、石ってそんなとんでもないモノなんでしょうか?

違うでしょう。(断言!)

「~しないと、~(良くないこと)になる」。
これを「そうなんだ~」(その方が特別っぽい感じ~)と受け入れてしまうことは、石が「自分を祀れ(以下略)」という存在であると認めてしまうことになりかねません。

それは嫌です。

するもしないも自由だけど、こうしてみては?
色々あるけど、(個人的には)これがおすすめ。
……というなら話は別です。選ぶ自由があり、楽しむための方法の一つだからです。

逆に「~した方がよい」を「~しなければならない」ととらえてしまい、「~しないと、~(良くないこと)になる」のかと心配するのは、石を「自分を祀れ(略)」というモノととらえてしまうことになります。
「~した方がよい」は「AかBかと言われたらAがおすすめ」であって、「Aを選べ、さもないと」ではないのです。間違えちゃあいけません。

しつこくしつこくくりかえしますが、
石は楽しむもの。
心配や不安によって特別視するのは良くないです。


誰だって「さもないと祟ってやるぞ」……なんて物騒なモノに効果を期待したり、願いをかけたりしたくないですよね。

ですから、心配や不安になったら、冷静になって考えましょう。

でも……と引きずってしまうようなら、たいていのことは片っ端から無視したり、あえてやってるのに、全然ちっとも影響なしで平気な奴がここにいるぞと思い出してください。

割れた石も持ってるし~(何たって、理由不明でまっぷたつ!)、色が変わった石も持ってるし(真っ黒だったのがスモーキー)、人工処理石もあるし~(放射線照射の黒水晶)、試練とか縁切りとか物騒なことを言われる石もてんこ盛りだし~、浄化はしてないし、単独使用推奨石は組み合わせ放題、ブレスはほとんど左右非対称。
ここまでやって何ともない。
私一人であっても、タブー話が「絶対」ではない証拠でしょう。

何かあったら、即、ネタにしますとも!

実は仲良し

パワーストーンにつきものの「意味」
自分がそれに興味がないからといって頭から否定する気はさらさらありませんが、「石を楽しめない」意味やうわさ話には、どうしても反論したくなります。

まあ、普通は石の意味というのは良い話ばかりのはずなんですが、ことうわさ話となるとその反動のように「~しない方がよい」「~してはいけない」「~しないと、~ことになる」とタブーに言及するものが多く、不思議なことにそういうマイナス方向への説明を気にする人が多いのです。
誰だって「心配な点」は気になるかもしれませんが、そればかり気にして振り回されていては、楽しくないじゃありませんか。
石を持って楽しくないことが増えてしまったのでは本末転倒しまくってます。

ということで、ひとこと言いたい……それは、ガーネット

なんでもガーネットは他の石と一緒に持つと焼き餅を焼くそうで、単独使用推奨なんだそうですよ。
そのために「他の石と一緒にすると効力がなくなってしまう?」と心配する人もいます。

なぜなんでしょうねえ……。
パワーストーンの意味に理由を求めるのは野暮かもしれませんが、楽しめないうわさ話は困ったものです。

野暮と知りつつ言いたいです。
自然界ではいろんな石と一緒に仲良くしてるガーネットが、なぜ焼き餅焼きなんでしょう?

いっしょ

パキスタン産のガーネット付き水晶です。よく見ると長石も一緒です。裏側にはショール(黒トルマリン)も付いてます。
この通りガーネットと水晶が仲良くいっしょ。
このほか雲母やアクアマリンとも仲良しです。
ダイオプサイトなどとも一緒になります。

エクロジャイト2
こちらのエクロジャイトなどは、2種類のガーネットとオンファス輝石が混じった石。ちょっと大げさに言うとガーネットと翡翠のコラボ石。

そもそもガーネットといっても成分によっていろいろな種類に分けられていて、実は「ガーネット族(グループ)」と呼ばれるくらいなのです。
しかも、種類の異なるガーネットが混じることもあり、中間種が色々あるというややこしさ。
くわしくはこちら
それが、ガーネットというだけで、一族郎党そろって焼き餅焼きだというのでしょうか?

たとえば、mixiである人がおっしゃっていたように、ガーネットの意味に「忠実、貞操、信頼」などがあり、それ故の副作用のようなものではないか……(つまり持ち主に対して一途、他人(石)には目もくれず、ということ?)と考え、ならばガーネットとは一対一でじっくり向き合ってみようか……と前向きに考えるなら、なるほどです。
しかし、なぜだかわからないけど、他の石と一緒にしてはいけないといわれて不安、どうしよう……では、ちょっと悲しいです。

不安になるようだったら、ガーネットを持たないか、言われたとおりに単独使用か、さもなければ
「ガーネットって言っても色々あるじゃん、自然界ではいろんな石と一緒じゃん、だから大丈夫!」
……と開き直るか、3つに一つ。


しかし、ガーネットの単独使用推奨が絶対的なものならば、世にガーネットが混じったブレスは売られていないはずなんですが、単独使用でないブレス、いろいろありますよねえ……。
有名・人気のショップのブレスでも見かけます。
いったいこれをどう見ますか?
全部、決まりを守っていないインチキ・ブレスなんでしょうか。
ガーネットを他の石と一緒にすると効果がなくなる……だったら、わざわざ効果をなくすような組み合わせのブレスを作ってるんでしょうか。
そんなことを言ったら笑われそうです。

「~してはいけない」といううわさ話に、「ええっ!?」と心配してしまう前に、冷静に辺りを見回してみましょう。
それが、本当にタブーなら、パワーストーンの本やショップの説明には必ず注意書きされていて、タブーに反する製品はまったく売られてないはずです。
何より、こんなことを書いてる私にも、何らかの影響が出てるはずです。

何らかの影響があったのならば、私がネタにしないはずがない!(断言)

なぜ、くどくどこんなことを言うかというと、「~してはいけない」という話を聞いた、ただそれだけで不安や心配になるというのは、自分の石を理由もなく一方的に疑うことだからです。

石は楽しむもの。なのに疑っていては楽しめません。

パワーストーンとして、ラッキーを期待し、願いを託そうとするものに疑いを向けて、どんな効果があるというのでしょう。
ちょっと考えてみて欲しいです。

赤レンガ倉庫ミネラルフェア行ってきました

初回開催中のミネラルフェアin赤レンガ倉庫行ってきました。
初日は昨日でしたが、所用と大雨で2日目の今日に。
いや~、IMAGE2010が間近い、微妙な時期ですね~。
でも、こういうところは、IMAGE展のように大規模なイベントには出店しないショップさんが出てくるので、やっぱり出かけてしまいます。

第一印象……思ったよりも原石多め、ビーズ少なめ(たぶん)、ルースはほどほどに多め。
アフガニスタン、パキスタンショップ多し。
ある場所など3軒固まって出店していて、お店の人も
「祭りの露店で焼きそば店が3軒固まっちゃった感じ?」
と苦笑中。
よくみればそれぞれちょっとずつ違う石ですが、共通している種類もあるので、固まっているとやや不利かも。
それ以外にも3~4軒あったので、アフガニスタン・パキスタン多いです。
値段は、やはり新しく出店してきた所は安いような気がします。

あと、ヒマラヤ水晶系も多かったです。4~5軒ほどありました。
中には四川省産を「ヒマラヤ産」として売っているところも。
ここは、まわりが「四川省産」で、大きめきれいなクラスターが「ヒマラヤ産」だったので、
「ヒマラヤのどこですか?」
と聞いてみたら
「四川省側ヒマラヤです」
……やっぱり。
個人的に四川省産は「非・ヒマラヤ」です。だって山脈続いていないんだもん。


インド・ヒマラヤ水晶を売っている店では、
「この赤い色は、四万年前に海の底だった時の鉄分が長い年月の間に付着したもので……」
四万年前は、すでに海じゃなかったと思います、ヒマラヤ。


それでも、今回の戦利品はヒマラヤ水晶。
先日来ガネーシュと同一視するべきかどうかでごちゃごちゃ言っている産地の中のゴルカ産を一つ買ってみました。
ティプリングやリーやラパ、ヒンドゥンに比べて地図上ではちょっと離れているようだったので。
でも、実物を見てみると、「ガネーシュ」といわれても何の疑問も抱かずに、「そうだね」と頷いてしまうかも。
いろんな店で話を聞いていると、最近になって細かい産地で区別されるようになり、従来ガネーシュ・ヒマールとされていたものも「これはゴルカかも」と言われるものがあったそうで、やはり大ざっぱにガネーシュ・ヒマール産扱いされると見た方が良さそうです。

あと、インド・パルバティー産のスモーキー。(グラム100円の店の向かい側の店で一つ1000円)
前からねらっていたハーキマー母岩付き。
モザンビークのアメジスト・ファントム。

パキスタン産のエピドート付き水晶……というか芝生のごときエピドートに水晶が生えているタイプ、とてもよかったんですけど大きすぎて。
これ、コロンビア産でもそっくりのを見たことがあります。同じ感じの水晶はやっぱり産状も似ているのでしょうか。


今日は、人が少なかったようで、お店の人ともゆっくり話ができました。
そこで聞いた話でおもしろかったのは……ルチル入り水晶の加工話。

ルチル入り水晶にはとかく偽物、人工の噂がつきまといますが、ちょっとは噂を分類しておかないとややこしくっていけません。
偽物と人工では話が違います。

人工……一からルチル入り水晶を合成したり、素人だと間違える程度には似ている模造品は、まずないでしょう。
偽物という場合、人工も含みますが、それよりもルチルとして売りながら実は中身がルチルじゃなかったという「偽物」なら、そこら中にゴロゴロしています。
ただしこの場合は名前はルチルじゃないけど、石そのものは天然です。
中には「トルマリン入りをルチルといいます」なんて開き直った説明をしているところもあるので、「偽物!」と白黒はっきりつけられるかどうかは結構微妙。

今回聞いたのは人工でも偽物でもない……加工の話。

ひとつ。
オイル含浸。
これがそうだという実物(磨き)をさわらせていただいたんですが……。
ものは、ルチル入り水晶で間違いないでしょう。
磨いてある部分はわかりませんが、底部のみがいていないは断面の部分が、言われてみるとオイルっぽい。
明らかにべたべたしているというのではないんですが、普通の割れ口と手ざわりが違う感じがします。

お店の人は、なぜオイルを含浸させるのかわからないとおっしゃっていましたが、ネット上で、オイルを含浸させることでクラック等を見えにくくし、水晶部分の透明度をアップさせるという情報があったので、多分それだと思われます。

もう一つは着色。
ご存じの通り、水晶やルチルそのものには染料は染みこみませんが、ルチルと水晶の隙間には染みこみます。
これで染めてるのがあるんだよ……とのこと。
いやだねえ……。
これは実物は見ませんでしたが、ルチルではなく角閃石系やファントム系で染めがあり、危うく仕入れそうになったというお店の話を聞いたので、ルチルもあり得ると思われます。

鑑別でもおもしろい話を聞きました。
鑑別というと専門家の判断だから信用できる……と思われがちですが、やはり鑑別する所によって結果に違いが出るそうです。

たとえば「スギライト」

「厳しい機関だと、こういうの(↑)が、結果「岩石」ででちゃうんだよね」
……岩石? ……ああ、なるほど。
上の写真のような丸玉を「スギライト・丸玉」として売ったとしても「違う」という人は多くないでしょう。

でも、よく見ると鉱物としてスギライトであるのは丸玉の一部分。残りは黒や茶色の他の鉱物(マンガン鉱など)です。複数の鉱物が混じっている……ということで結果「岩石」。

ところが、「スギライト」の結果を出す機関もある。

このお話を聞いたのは、明らかに水晶とわかっていても一応鑑別を取るという慎重なショップさんですが、だからといってスギライトやラピスラズリを「岩石」といわれても困るので、そういう場合は「スギライト」「ラピスラズリ」という結果を出す機関に鑑別を依頼したり……という場合もあるとか。

気分はとても良くわかりますが、ますます「鑑別結果」というものを慎重に判断しないと……と思いました。

あと、天然ビーズと合成ものを混ぜてブレスにしている場合があるなど、「本物・偽物(加工含む)」もさらにややこしく巧妙になっているようす。

この話をお聞きした店とは別のところで見かけて唸ったものもあります。

「ホワイト・アンデシン」

見た目はレインボー・ムーンストーン(ホワイト・ラブラドライト)そっくり。
アンデシンとラブラドライトは成分の割合が違うだけの、いわば「お隣石」。
以前見た目アンデシンといわれて頷いてしまいそうな赤い石が、数パーセントの成分差で「ラブラドライト」と判断された例がありましたが、だったら逆に見た目はどう見たってラブラドライトだけれど成分のわずかな差でアンデシンというのも、実はあちこちであるんじゃないか。

厳密に判断……は時にややこしさも生むようです。

今回は、「ブログ・HP見てます(知ってます)」とおっしゃる方に何人もお会いしました。(ショップさんも)
中にはお買いあげいただいたワイヤーラップのペンダントを着けていらっしゃった方も!
ありがとうございます~!
とてもうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

魅惑の苺ちゃん

これに文句は言わせない。

苺2

……カザフスタン産の、ストロベリー・クォーツです。
いろんな水晶が、これはストロベリー・クォーツといえるか否かと物議を醸しますが、この産地のこの水晶だけは、「ストロベリー・クォーツ」と万人が認めることでしょう。
何たって、原石の時からご覧の通りのかわいい苺ちゃんなのですから。

さて、この苺水晶で、またもや噂。

曰く、カザフスタンの鉱山は閉山し、代わりにロシア産が出回っている。
(そのうちロシア産が主流になるかもしれない)
……というんですが。

ロシア?

ストロベリー・クォーツでロシア産と言ってるのは見たことがありますが、ロシア以上にくわしい産地が出ているのを聞いたことがありません。
逆にカザフスタン産は今回の画像に入っているように、くわしい産地名入りのが手に入ります。

カザフスタンとロシアはお隣同士なので、ひょっとしたらヒマラヤ水晶のようにネパール側とチベット側で同じような石が採れる……ということかもしれない。
そんなことを考えて、カザフスタン・ストロベリーの産地を地図上で探してみたら、予想に反してカザフスタンでもロシアとは真逆の国境沿いが産地でした。

以前、ロシア、ダシュケサン産といわれていた水晶がロシアではなくてアゼルバイジャン産だったということもあり、ロシア産、とざっくり言われるものは、厳密にロシア国内産とは限らなくて、漠然とあのあたり、あるいはロシアのバイヤーが扱うからロシア産という、大ざっぱなことになっているんじゃないかと疑ってます。

一方で、実はカザフスタン産だとしたら、原石でさえ、これまでは見かける機会が少なかったものが、少ないとはいえビーズで出回っているというのも、私としては不可解です。
個人的には「レア」と「非レア」の境目の一つを、ビーズになって売られるかどうかにおいているからです。

ビーズにするということは、当然削ります。削り滓が出ます。つまり原石の何分の一かは確実に失われます。
本当にレアなら、そんなことをするものかどうか。

まあ、最近はミネラルショーで原石をまとまってみる機会が何度かありましたし、実は結晶形をしているものが少なくて、塊状のものが多かった……それが昨今のビーズブームで加工されて出回るようになったとも考えられるんですが。

あるいは噂通りにロシア産のストロベリー・クォーツがあって、それが加工されているのか?

私は、
◇これがロシア産と明記されたもの(原石)を見ない。
◇ロシア産以上のくわしい産地名を聞かない。
◇ロシア産と言っているのは主にパワーストーン系ショップばかり
……という理由で、ロシア産と言いつつ実はカザフスタン産とにらんでいますが、いかがでしょうか。

もし、ロシア産ストロベリー・クォーツの原石写真、くわしい産地をご存じの方がいらっしゃったら教えてください!



さて、産地がらみでもう一つ。
今度はインド産ヒマラヤ水晶です。

ネットショップを見ていたら「パルギ産」というのを見つけました。

はじめて聞く地名。
ショップで地図を載せている所は見あたりません。
さて、どこだろう?

ショップ情報によると、
◇パルバティーの近く(もっと標高の高いところ)
◇パルギというのは鉱山名
◇Palgi Mine, The Valley Of Gods, Himachal Pradesh, Indiaのラベルを付けているところあり
……なんですが。
3つ目のラベルのThe Valley Of Godsは、おそらくクル渓谷のことでしょう。ここは確か別名を神の谷といったはずです。
それに対しパルバティーとは街の名前ではなくて「パルバティー渓谷」のこと。マニカランはどの一角にあたります。
……では、クル渓谷の一角または近くで、パルバティー渓谷にも近いところ?

地図をいくつか探してじっくりと見てみましたが、それらしき地名が見つかりません。
鉱山名だから、さすがにそこまで載っていないんだろう……とも言えますが、念のため「Palgi」で調べてみると、何とヒットがありました。
インドはインドでも北部ではなく中部の「チャッディースガル州(Chhattisgarh)、サルグジャ県(Surguja District)」というところにPalgiという地名があるようなのです。
万が一こっちだとすると、ヒマラヤとは言えないなあ……。

これについても継続調査中。
ご存じの方、情報お待ちしております。


追記:IMAGE2010でパルギ産水晶を扱う業者さんにパルギ鉱山の位置を教えていただきました。
くわしくはこちら


後からわかった。

最近、ネパール産でいろいろ細かい産地を目にするようになってきました。

私がヒマラヤ水晶にはまった頃には「インド(クル・マナリ)」と「ネパール(ガネーシュ・ヒマール)」くらいだったんですけどね~。
そのうち、カンチェンジェンガとか、アンナプルナとか、ガウリシャンカールがお目見えしてきました。
これらは地図で見ると、ガネーシュ・ヒマールとは離れていて、なるほど確かに別産地であるぞ、と納得できます。

が。
その後、ジュゴール・ヒマールとかティプリングなど地図を見ても、「あ、ここだな」とすぐにはわからない場所が出てきて悩みの元。

地図の所でも話をしたように、ネパール全域図では間に合わなくなり、トレッキングマップなどなるべく細かくくわしい地図を探してにらめっこ。
個人的にショップさんにお願いしたいことがあります。
石の名前と産地名、英名でも書いてもらえないでしょうか。

いざ調べるとなると、海外サイトまで足をのばすのは必然なので、綴りがわからないことには困るのです。
産地だけでなく、たとえばアゼツライトなどのパワーストーン名もおなじみの鉱物名も、書いてもらえると助かるんですけど……。(え? 下手に調べられると困る?)

さて、今回の石はそんな「困ったツボ」にはまった石。

ティプリング?

ネパール産のヒマラヤ水晶です。
買ったときは普通にガネーシュ・ヒマールということになっていて……というか、そこはネパール産水晶をメインに扱っていて、ガネーシュ・ヒマール以外、たとえばカンチェンジェンガとかガウリシャンカールを区別していて、それ以外は自動的にガネーシュという扱いなんですが……。
そこで区別無し、つまりガネーシュ・ヒマールとして買った石。

が、しばらくしてそのお店が石イベントに出店。
そこでいきなりの「ティプリング」表示。
「……ティプリングだったのか」

ティプリング表示の石も別のところで買ってはいたんですが、

これ(今回の石)もか。

で、ティプリングってどこ?

これについてはティプリング表示で石を売っていたお店に聞いたり、別のお店で聞いたりいろいろ情報収集を試みます。
ガネーシュ産として売られていたのが後からティプリングになったので、ガネーシュの近くだろうな、という予測も立ちます。

最終的にはガネーシュ・ヒマール山域のトレッキングマップを探し出し、にらめっこ。
「ティプリングと言うからには『T』で始まるんだろう」
とひたすら「T」ではじめる地名を探します。

そこで見つけた「Tipling」(Tibling表記もありました)。
トレッキングマップでは、ガネーシュ・ヒマール山域へ至る道の途中にある街(村?)のようでした。

山域

ところが、その後、郡の中の市町村とでも言うべきくくりで「Tipling」が出てきて、

市町村?

ティプリングという市町村(つまりダディン郡ティプリング町)なのか、ティプリングという集落なのか、あるいは別の店のラベルにあったようにティプリング鉱山なのか……未だに謎。

でも最初に見つけた集落らしき「ティプリング」の場所を見ると、1~7まで固まったガネーシュヒマールのエリアからは以外に離れているような。
これが最初がガネーシュ・ヒマール扱いだったことを考えると、いったいどこまでのエリアがガネーシュ・ヒマール山域、あるいはどこまでの範囲で採れた水晶がガネーシュ・ヒマール産と呼ばれてきたんだろうと疑問です。

時に、クローライト入り水晶は4000m以上の高所で採れるとか説明がありますが、意外に麓のエリアまでガネーシュ・ヒマール扱いされて、目先を変えるために、あたらめてくわしい産地が表示されるようになったんじゃ……?

……ということで、ダウラギリやゴルカ産には興味が湧いても、地図上でガネーシュ・ヒマールの麓にあたる産地名には、いまいちコンプリート熱を刺激されない私。

産地はちょっとすっきりしないけれど、この繊細なファントムの風情は、かなり好きです。







こいつもそうか?

せっかく涼しくなってきたかと思ったのに、今日はしっかり暑かった……。

いい加減聞き飽きているかと思われますが、わたしは「変な石」が好き。
普通に水晶の形をしているよりも、ちょっとひねりが入った奇妙な形のものに惹かれます。
なので、スタンダードな状態ですでにひねりが入っている技あり水晶・ファーデンなどは、かなり好みのヒット率が高いです。

スタンダードなファーデンから、ファーデンとしても「変」に属するものまでいろいろ集めていましたらば、思いがけないところに見つけました。

もしかして

「見つけた」のはこれ。
平べったいタビュラーで、いちおうDT(両錐)。ちょっぴり緑泥入り。
内部のしぶきのようなミストがいい感じだな~と思って選んだ石。アフガニスタン・パキスタン・マイブームの最盛期に買っているので、2年ほど前になるでしょうか。

そんな石を、いろんなファーデンを見た今の目で見てみると……。

これ、ファーデンかもしれない。

緑泥の色合いともこもこ具合がワジリスタン(ファーデンの一大産地)っぽいし、派手なミストに隠れて見えにくいけれど、ファーデン・ラインが入っているような。

ライン(推定)を入れてみます。
もしかして2

DTでタビュラーだったら、何でもファーデンだと言うつもりはありません。
しかし、ファーデン・ラインが入っているとなれば、それは、ファーデンでしょう。
スタンダードなファーデンしか知らなかった頃にはわからなかったけれど、いろんな「変」、つまり水晶の形のバリエーションを数多く見ていると、隠れた基本パターンが見えてきます。


シルバー・キャップ

パキ・アクア・キャップ2

画像に文字を入れてしまったのでクイズにはなりませんが、「これ、な~んだ?」といいたい感じ。
何かと言えばアクアマリン。
おなじみパキスタン産です。

ちょっと話はずれますが、トルマリン(原石)で、結晶の先端だけが数ミリかっちりと色別れして青かったりするものを「ブルー・キャップ」と呼ぶことがあります。

それにならってか、

のように先端が白くなっているアクアマリンを「シルバー・キャップ」と呼んでいるのを見たことがあります。

アクアマリンのシルバー・キャップは、トルマリンのような色変わりではありません。
(ミルキーと透明とかっちり分かれているものもありますが)
上の写真のように、細い筋……内包物ではなくて細い針状の空洞のように思われます……が先端部分だけに集中してはいっていて、そのために先端部分が白濁、光の反射具合でシルキー(絹糸のような)輝きを見せているのです。

写真のアクアマリンは、シルバー・キャップ具合は弱いのですが、そのおかげで前端のシルキーな白濁の構造がよくわかります。
まるで涼しげなさみだれのよう。

パキーアクアーキャップ

全体像はこんな感じで、結晶上部の面が、分割されたようになっていて、もしかしたら一つの結晶ではなく、複数の結晶が束になっているのではないかと思われます。

違うし、似てないし。

最近、オークションで

「藍針ルチル虎目石」
「虎目石タイチンルチル」
「黒虎目石(タイチンルチル入り)」


と呼ばれている石(主に丸玉)を見かけます。
タイガーアイとルチル入り水晶のビーズを連ねたブレスではなくて、こういう感じの石。

あるべぞ1 あるべぞ2

説明を読むと、たいてい
●タイガーアイにルチルが入った石
●希少

●パワーが強い
……ということになってます。

しかし……これは、言うまでもなく、
タイガーアイでもなければルチルでもない、まったく別の石。

どう見たってタイガーアイにもルチルにも見えない石に、変な名前を付けるのはやめましょう。
(ついでに、ビーズでもたくさん見かける石は「希少」とは言えないのでは)

ここまで来ると、天然石業界の一部は、石の名前を成分や結晶系など厳密に分析され分類される鉱物名やそれなりの決まりがある宝石名とはまったく別に、「見た目それっぽい」という記号として用いているのではないかと思えてきます。
つまり鉱物的にルチル(金紅石)であるかに関係なく、石の中の(見た目)針状のものはルチル。
タイガーアイっぽく見えるものはタイガーアイ。
別の石でも見た目が似ていたら同じ名前でOK。
そんな程度なんじゃないだろうか。

騙そうとかごまかそうという意識もなさそうな気がしてきました。
ただし、卸元は「見た目そんな感じでしょ?」と軽いノリで「虎目石ルチル」と名前を付けたとしても、それを仕入れた店が、「虎目石ルチル」というからにはタイガーアイにルチルが入っているということだろう、この組み合わせなら金運と勝負運と……とにかく強いパワーだ!……と説明を発展させてしまい、結果としてなんじゃそりゃというあやしい石に化けてしまったのではないでしょうか。

ともかくも「虎目石」「ルチル」という名前が付いてしまうことで、自動的にその名前の意味が付けられてしまう……これも、石の意味が重視されすぎる弊害の一つのような気もします。

「この石の名前が違うじゃないか」と見分けるには、やはりある程度の慣れが必要ですが、この「慣れ」に通じる第一歩として、「あれ?」と引っかかりを覚えた石には、意識の中で「?」マークを付けておくことをおすすめします。
今日び、ショップで売られている石の名前が間違っているのは、残念ながらしょっちゅうあることです。
ですから、「店がこういっているからそうなんだろう」と思ってしまうのではなく、「これ、よそで売っている石と違うような気がする」と思ったら「名前がまちがっているかもしれない」と保留の「?」を付けて、覚えておくのです。

このとき「偽物」や「人工」と早合点してはいけません。チェリー・クォーツというガラスビーズが有名なせいで、簡単に「人工的に作られたものでは」と言われてしまいますが、石を人工的に作るより、ちょっと似ている別の石を代わりに売った方が遙かに簡単で安上がりなのです。

すぐに「偽物?」と考えるのもちょっとお待ちを。
これまでも何度も言ってきましたが、偽物・本物と、白黒はっきり付けられるものばかりとはかぎりません。
たとえば、チェリー・クォーツなら天然石ではなくて人工ガラスですから、「偽物」というのもやぶさかではありませんが、名前は違っているけれど石そのものは天然のものだったら?

それよりも、「間違っているかも?」と保留の「?」をつけておいて、何か参考になりそうな情報に出会ったら確認してみる方がよいと思います。
無条件で飲み込むのではなく、「わからない」とそこで投げ出すのではなく、保留の「?」で継続調査をおすすめします。
その積み重ねが「慣れ」なのです。


さてこの石、私は4~5年前から見かけています。
その変遷をたどってみると……。
最初に見かけたときは「アストロフィライト」でした。
それが次に見かけたときには「ヌーマイト」。同時期に「ブルー角閃石」「オリエンタルブラック」の名前を見かけました。(鑑別結果ヌーマイト、鑑別結果、オリエンタルブラックという説明もありました)
同じ名前で売られながら、様子の違う石も混じっていたりしました。

それが、最近では「中国産ヌーマイト」「アンソフィライト」、海外サイトでは「アルベゾナイト」の名前を見かけます。

とにかくタイガーアイでもルチルでもないことは確かですが、何だろう。

一番たくさん名前が出てきた「ヌーマイト」は、単独の鉱物ではなく「岩石」です。
この成分の一つに「アンソフィライト」があり、アンソフィライトとアルベゾナイトはともに角閃石の仲間であることから、大ざっぱに角閃石系の石だ……といえそうです。

溶けているぞ。要チェック! 

実はトライゴーニック

溶け水晶でーす。
ブラジル産です。
ミネラルショーにて500円の箱の中からゲット。

画像でわかるように(わかるかな?)向かって左半分が溶けてごつごつ、右半分は結晶のエッジも残っています。
見た目イマイチというか、素直に「きれいだね」とは言ってもらえないかもしれないけれど。

比較的溶けていない面越しに溶けている面を見ると、不思議な模様に見えておもしろかったりします。

実はトライゴーニック3

そのうえ……

ブラジル産で。
溶けていて。
この見かけだったら。

やっぱりトライゴーニック。
実はトライゴーニック2

……500円。

カキノタネ?

カキノタネ

ちょっと太めの「柿の種」……じゃなくて、ボルダー・オパール。
大きさは、お菓子の柿の種の1.5~2倍弱くらい。
ペンダントヘッドになってます。

さて、ボルダー・オパールとは「母岩付きオパール」というような意味。
オーストラリア、クイーンランド産で、茶色い母岩のひび割れの中に染みこむようにオパールができているのを、母岩ごと磨いたもの。

グレードの高いものは、ひび割れの面に添ってオパールを削りだし、薄いオパール層の下が母岩(マトリックス)になっていますが、この石は半分以上、母岩が露わになっています。
でも、向かって左側のオパール部分には、いちおう遊色も出るし、右側の、赤いライン状に写っている部分もオパールで、ここは細いながらに赤~緑のぎらりと強い輝きを見せます。
カキノタネ2

つまり、宝石のオパールとしては質は決して高くないけれど、母岩コミで自然のデザイン賞。
母岩部分が多いおかげで、とってもリーズナブルなお値段でした。


美形渦巻き

うずまき

アンモナイト。

何も言うことはあるまい。
この美しさ!

……持っているのについつい手が伸びる、この美しき渦巻き。
(ちなみに渦巻きは平面、螺旋は立体。よってこれは渦巻き)

ところが、この半分割りのアンモナイト、スライスしたラインが微妙に中心からずれていたり、中心部分がきれいに残っていなかったりします。

せっかくの渦巻きなのだから、隅々まできれいに見たい。
……ということで、選ぶときはこのように中心まできれいに揃っているものを選びます。

うーむ。

スモーキー→レモンクォーツ1

丸玉です。
スモーキーのファントムが入ってます。
バースはシトリン……というか、レモン・クォーツというややこしい名前が付いてしまった、あの色合いです。

ややこしいというのは、もともと硫黄が内包された水晶がレモン・クォーツと呼ばれていたのに、あとからこの色合いの水晶まで同じ名前でよばれるようになってしまい、さらには硫黄入りでもないのに硫黄入り水晶の説明が付けられているという状況です。
たぶん、後発のレモン・クォーツを仕入れた店が、説明を付けようと調べたら,同じ名前の硫黄入り水晶の情報がヒットしてしまい、勘違いしてしまったのでしょう。
だから、後から同じ名前を付けるのは反対。
学名みたいに先着順という決まりがあればいいのに。

さて、この「硫黄入りではないレモン・クォーツ」は、アメジストを加熱して作られることが多い「シトリン」が、その色合いを濃くしていくとオレンジ~茶色になりそうな黄色であるのに対し、やや緑がかったような黄色です。
この色合いは、スモーキーを加熱して作られているといわれていて、やや緑がかっているように見えるのは、スモーキーの色の原因であるアルミニウムイオンが関係しているそうです。

ちなみに、アルミナ(酸化アルミニウム)がコロイド状に内包されているという「メタモフォーゼス」は、放射線を照射すると黒くなり、それを加熱するとグリーン・ゴールドに変化します。


つまりスモーキー→「レモンクォーツ」は、色合いの濃淡の違いはあるけれど、メタモルフォーゼスの変化の工程の放射線の所までが天然の状態でおこっていて、最後の加熱を人工的に行っているのと同じようなメカニズムといえるでしょう。

なので、この丸玉もスモーキーを加熱して作られたのだろうと思っているんですが、スモーキーのファントム入り。
加熱したらこの部分のスモーキーも消えてしまうはずです。

そのうえ……。、スモーキーのファントムといいましたが、違うかもしれません。
方向を変えるとこんな感じ。

スモーキー→レモンクォーツ2

これは……、アメトリンと同じでは?

ブリュースター
↑と同じように、アメジストの部分がスモーキーになっているように見えます。

簡単に言うと、シトリンとアメジストは、両方とも鉄イオンが色の原因で、そこに天然の放射線が当たることでアメジストの色合いが生まれています。
アメトリンも、アメジストの色合いがあるということは、天然の放射線を浴びているはずで、一つの石ならば全体が同じように天然の放射線を浴び、全部アメジストになっているはずなのです。

なのに、なぜか黄色が残っている。
これは、アメトリンが他のアメジストとは違う、特殊な環境で成長していて、シトリン部分により多くの水分が取り込まれ、後に浴びた天然の放射線の影響を免れたのだといいますが(くわしくはこちら:参考サイト様)、この丸玉もそうなんでしょうか。

アメトリンが交互にくっきり色分けされているのは、ブラジル式双晶の構造のためです。この丸玉がアメトリンのスモーキー・バージョンだとすると、これもブラジル式双晶ということになりますが、スモーキー・クォーツにはブラジル式双晶が少ないと聞いたことがあります。

いったい、これは……?



コーヒー・クォーツ

モリオン(黒水晶)、好きです。

パワーストーンとしての魔除けだとか霊感を高めるとか、そういう効果は無くてもいいので(あったらおまけでうれしいですけど)、まずは真っ黒ど迫力でいていただきたい。

そうです。モリオンといえば真っ黒。
とりあえずネットで「モリオンとは」と検索すると、「黒水晶のことです」「光をほとんど通さない黒い水晶」と出てきます。

とはいえ、見た目真っ黒に見えても強い光を当てると透けてしまったり、大きな原石の時は光を通さない真っ黒だったのに、小さく切り刻んでビーズにしたら透けちゃった、という場合も多いです。
一番厳密に言うと、小さなビーズにしても不透明黒であってこそモリオン……らしいのですが、それはさすがに厳しいです。

私は、「好き」の欲目も手伝って、原石ならば、ちょっぴり甘めに「太陽光や普通の照明程度では真っ黒に見えるもの」をモリオンと見ます。
ビーズも、粒単位でモリオン? スモーキー?と判断するとなれば、太陽光や蛍光灯程度で透けちゃうのはスモーキー判定。
ブレス単位なら、透けないビーズが全体の4分の3程度を占めていて欲しいです。(一種類の石のブレスの場合)
小さく削ってなお黒いというのは、ハードルが高いとわかっていますけど、モリオン=(いちおう不透明)黒は譲れません。

……で、以前何度か利用させていただいたことがある石のネットショップさんが、どう見てもスモーキーに見える石を「モリオン」としているのを見てちょっと複雑な気分。
「きれいに透けてます」というような説明付きだったりすると、気分は複雑、眉間にシワ。
「普通の光程度では透けない」というのは個人的な基準であって、それを押しつけるわけにはいきません。
これ、スモーキーでしょうというビーズや石を「モリオン」として売っている店は他にもあるでしょう。

そういう「きれいに透けてます」モリオンに対して、「これってスモーキーとどこが違うんでしょうか」と質問されたら、どんな答えが返ってくるのでしょうか。
写真で見ても透けているのがわかるくらいの色ですから、そういう質問もないとは言えない。

「卸元がモリオンと言っていたので(モリオンという名前で仕入れたので)モリオンです」
……なんて答えだったら。
納得できますか? 私だったら納得できないです。

それがビーズなら
「モリオンから削ったのでモリオンです」
……なんて答えもあるかもしれません。
まさか、スーパーセブンじゃあるまいし、(スーパーセブンはカットした石に7つの要素が全部揃っていなくても
削る前の原石に揃っていたらスーパーセブンとしての力を持ってるのだそうです。……でも削る前の原石って、どの範囲まで? 塊状だったら、割ったかけら? 鉱脈全体?)モリオンといえば黒いんですから、見た目黒くなければ……全部透けちゃうようならモリオンを名乗るのは難しくないですか。

モリオンとスモーキーの境目は曖昧ではあるけれど、せめて多数決で「黒」判定が下るものをモリオンといって欲しいところ。

そりゃあ、スモーキーよりモリオンの方がレアで特別な石っぽく感じられるかもしれませんが、私は好きだからこそ、より黒いものをモリオンといいたいし、スモーキーはスモーキーでとてもきれいだと思うのです。

たとえばこの石。
コーヒー水晶1

泥や鉄分らしき付着物を無骨にまとい、そのくせ錐面はつやつやで、こってり濃い色合い。

光に透かすと……

コーヒー水晶2

芯まで曇りなく、透けてくれます。
先端付近(表面付近)は色がかなり淡いらしく、それも透明感を増す要因になっているようです。

まさしくコーヒーゼリー!

これは、モリオンが持ち得ない、スモーキーならではの美しさ。
深みのある色合いで、なおかつ濁り無くきれいに透けるスモーキーは、なかなかお目にかかれません。
スモーキーだってやるときはやるんです! 

私がネットで見かけて眉間にシワを寄せた石は、これより明るい色合いに見えていましたから、やっぱりスモーキーと言うべきでしょう。
無理にモリオンと呼ばずにスモーキーと呼んで、美しいスモーキーであることを褒めた方がよっぽどよいと思います。

そうだ……「モリオンとは」で検索したら、モリオンとスモーキーとは違う。モリオンは圧縮されて結晶構造が変化していて、圧縮されていればいるほど黒いという説明を見かけましたが、圧力でそんな変化を起こしていたら、それは変成作用ということになり、結晶構造が変わっでしまっていたら、水晶(石英)とは言えなくなってしまうんじゃ……?


ちょっとぐらつき

雲

インド産です。

もこもこつぶつぶしたカルセドニーの上に、透明なアポフィライトがちょこちょこくっついた……クラスター……かな?
片手サイズ(掌+指)をややオーバーかげんの、大きい石。

常々私は、端から見てどんな変な石だろうと、自分としては何か見どころがあるから選んでいるのだと言ってますが……その、この石だけはちょっとぐらついてます。

大きいし。色は地味だし。

確か、買ったときは、なぜか大きめ石が欲しかったのを覚えています。
ちょうどその時に、大きめ石が安くでていて、わーいとばかりに飛びついて……でっかいアポフィライトなどもあったのに、この石を選んだのでした。

もこもこカルセドニーが雲みたいだから。
……そう思ったことさえ覚えています。

でも。
今となってはアポフィライトを蹴ってまでこの石を選んだ自分に疑問。
確かに雲みたいではあるけれど、そこにそんなに惹かれたんだっけ。
こんなふうに思ってしまう石は珍しいです。
「惹かれた何か」を見失ってしまったもどかしい感じ。

もう一度、カメラ片手にこの石に迫ってみようか。
忘れた何かを思い出すために。

少ない?

地図ネタばかりではなんなので、本日は軽くもういっちょ。

透明アメ

アメジストのタンブルです。初心者時代……ではなくて、かなり深みにはまってから買ったもの。
タンブルで色が淡くて透明なのは、あんまり見ないかな~……と思いまして。

こういうのはラベンダー・アメジストと呼ばれていたりしますが、ビーズにすると透明で淡い色がたたって、色合いがよく見えない場合があります。
やはり魅力はこの色ですから、それを楽しむにはタンブル程度の大きさは欲しい。
でも意外に透明度のあるタンブルには出会えなくて、これを見つけてつい買ってしまったというわけです。

しか~し。目で見る分には十分きれいなのに、今度は写真で問題が!
この色合いを写すには背景は白。
ところが今度は石とのものの影が透けてしまい、一の中心部が黒っぽく写ってしまう!
何とかならないものか。

地図と格闘中

引き続き地図ネタで失礼します。

今回新しく地図を作ることにしたのは、ヒンドゥンやラパ、ティプリング(ティップリン)やゴルカなど耳慣れない名前の産地を聞いたからでした。
この地名を知ったショップのHPには地図も載っていたんですが、たま~に思いっきり間違っている地図もあったりするので、その確認と自分の頭で整理するために一から地図を作ってみたのでした。

ところで、作った地図にはヒンドゥン、ラパ、ティプリング、ゴルカと入れましたが、見かけた地名はもう一つありました。
「リー」という地名です。ショップの地図ではラパの南の方にあることになってます……が、私が見た地図では、リーという地名をみつけることができませんでした。

そのため、地図からは「リー」を省いていたんですが、再び調べていたら「これかな?」というものを見つけました。
ネパールの詳細な地図は意外になくて、細かい地名を探すには四苦八苦するんですが、珍しくダディン郡の中の行政区画……たとえて言えば市町村単位のラインを入れた地図を見つけたのです。

このラインを重ねてみました。

市町村?

すると……ティプリングなどは集落の地名だと思ってたんですが、ここにティプリングやラパの名前が出てきます。そして、それと同じ並びでラパ(ダディン郡ラパ町ということ?)の南に「Ree Gaun」という名前がありました。
……もしかして、これが「リー」?

じゃあ、ダディン郡の一つの集落というスポット(その近く)で採れた水晶ではなくて、ある程度の……地図で区割りした範囲で採れた水晶……ということなんでしょうか。
すると、ラパやティプリングはガネーシュ・ヒマールのエリアにつづく細長い地域ですから、従来ガネーシュ・ヒマール産とされていたものと被りそうです。

そのうえ、市町村単位の名前となると、今度はヒンドゥンの名前が見つかりません。

あやしい縮尺で言うと、それそれ10~20kmしか離れていないし。

……新しく知った地名で欲しいのはゴルカ産かな。ガネーシュ・ヒマールから一番遠いし、もしかしたら系統が違うかも。
(密かにネパール・ヒマラヤ水晶コンプリート熱再発中)

距離スケールで「!?」

先日の、ガネーシュ・ヒマールのエリア地図を差し替えました。
やっぱりカトマンズを入れた方が、距離のイメージがわかるかな……と考えたからです。

新しい地図はこちら。だいぶん縦長になりました。



そして、新しい試み……というか、今回のネタとなります、変なものを入れてみました。
地図の一番下をご覧ください。
一本の黒い線……そして「50km(たぶん……)」という変な文字。

えーとですね、これ、地図によく入ってる縮尺(スケール)です。
これは、ネパール全体地図にスケールが入っているものを見つけたので、この地図に合わせて無理矢理縮め、一緒に縮んだスケールを写したものです。
つまり、さほど厳密なものではありません。

ただし、縮尺の入っている複数の地図で定規片手に何度も確認した結果、厳密ではないけれど、倍とか3倍違ってる……ということはなさそうで、ほどほどの目安になるんじゃないかと結論づけました。

「ほどほどの目安で」ということをしっかり覚えていただいた上で、このスケールを頭の中でちょいと動かしてガネーシュ・ヒマールのエリアに持ってきてください。
およ……スケールがだいぶん余ってしまいます。
地図ではひときわ離れているように見えていた、ガネーシュ・ヒマールⅥ(Lampu)からティプリングまででも50km弱(35km~40km弱くらい?)、ダディンにあるガネーシュ・ヒマールであるガネーシュ・ヒマールⅡ(Lapsang karbo)からティプリングだと大ざっぱに25km……?
たとえて言うと、新宿~立川くらい?

これは直線距離ですが……なんだかものすごく近い、近すぎるような感じがするんですけど。
この結果を見て、やっぱりこのスケール、間違ってるんじゃないかと考えました。
(でも、お隣、ランタン・ヒマールの地図を作っていると、やっぱり意外に狭い……ような気がする)

ネパールそのものが北海道の1.8倍の大きさしかないんですから、全体で比べるとやっぱりそれくらい?

以前「実は、昔はアンナプルナのもカトマンズに運ばれてガネーシュ・ヒマールとして売られてたんだってさ」
……なんて噂を聞いて、ガネーシュとアンナプルナではものすごく離れてるから、それはちょっと無理でしょう……と思ってたんですが、イメージよりは近いのかも。

それでもやっぱり意外すぎるので、ここで厚かましくお願いです!
●もっと精密なスケール入りの地図を見かけたよ(ネットで)という方、
●具体的に距離を(だいたい○kmくらい……でも)ご存じの方、
情報お待ちしております!


今、頭の中でガネーシュ・ヒマールのスケール感が混乱してます。

……あ、ちょうどいいので地図の話をします。
このブログ、別館サイトで使っている地図や図はすべて私・KUROが作成しています。
よそからひょいとお借りしちゃうと、言うまでもなく著作権侵害ですから。

……で、拍手コメントでちらりとご意見いただいたんですが……まとめさせていただくと、トレースして作った地図くらい、使ってもいいじゃないか。細かいことを言いすぎでは……と。

はい、確かに地図はトレースして作ってます。
ただし、すでにある地図どれか一つをトレースして文字を入れて、ハイおしまいという作り方はしていません。

そもそもちょうどいい地図があるなら、わざわざ作らなくったって「地図はこちらを参考に」とリンクさせていただいた方が楽ですし、確実です。
ちょうどいい地図がないから作っているわけで……つまり、ちょうどいい地図がないということは、そのままトレースすればすむ地図もないということです。

今回の地図で言うと、まず、ダディン郡やラスワ郡などの行政区域のラインが入った地図が必要です。
まず、その地図を探します。
しかし、そういう地図には肝心の山の位置は載っていません。
ティプリングやラパなどの小さな地名も載ってません。

今度は山の位置や細かい地名が載った地図が必要です。これはネパール・トレッキングのマップから探しました。
ところが、この地図には行政区画のラインが入っていないのです。
しかも見つけた地図は、100%の大きさで印刷するとA4をはみ出る巨大地図。

ネパール全域地図(大ざっぱ)と詳細巨大地図。
それを、慎重に重ね合わせ……大さっぱな地図と詳細図ではどうしたって合わないので、行政区画の地図を2枚使い、重要なところが狂わないように調整します。

時には片方の地図を変形させたりします。
ヒマラヤの広域地図を作ったときには、どう変形させても合わせられなくて、地図を5~6に分割、それぞれを変形させて合わせたくらいです。
まあ、なるべく厳密に……とこだわるのは、その方が後々地図を作り直すときや、いろいろ地図から考えるときに便利だからですが、大ざっぱに作るにしても、ベースとなる地図を探し、落とし込む地名の場所を探し、どの範囲を地図にすれば、どの地名を地図に入れればわかりやすいかを考え、線をトレースし、地名を打ち込み、見やすく配置しなければ、地図はできません。
たとえば、できあがったこの地図をまねして作るのなら、何時間かでできるかもしれませんが(それでもちまちまトレース、文字入れは必須です)、一から地図の内容を決めて、材料を集めて作るのには、一日、あるいは数日かかることもあります。

できたものを見るのは一瞬ですが、地図というのは、実はひどくややこしいものなのです。

好きでやってることですけれど、そうやって作ったものを「ちょうどいいの見~っけ」と軽~くコピー&ペーストされて、使われたのでは、いい気持ちはしません。
もちろん、個人的にヒマラヤ水晶について知る・考える材料にしてもらえれば、それはうれしいのですが。
(他のブログやHPに貼り付け、プリントアウトして店で説明に使ったり、配布するのはいけません)

ガンバレ、国産!

ありがたき、頂き物です。

いや~、びっくり。

国産ローズ

国産でローズ!

いや、以前に三重県産のを買っているので、日本でもローズクォーツが出るのは知ってました。
だけど、それは灰色っぽく、言われてみれば何となく……ピンク?という感じの、良くいえばわびさびシックな……ずばり言えば地味~な色合いで、私は、国産でローズ・クォーツというだけでスゴイ、色はこんなもんでしょう、と、勝手に思いこんでいました。

ミネラルショーで、国産水晶のお店も覗くんですが、ローズクォーツは印象に残ってなかったので、国産ローズは、色はイマイチとしか思えなかったのです。


でも~、今回いただいたこのローズは、間違いなくピンク。
誰が見てもローズ・クォーツ。
しっかりはっきり、ピンクでローズ。

日本でもきちんとした色の、出るんだ!
思いこみはいけませんねえ!

ありがとうございます!

7つのガネーシュ

緑泥群晶

緑泥入り、ガネーシュ・ヒマール産!

ネパール・ヒマラヤ水晶がそろそろ恋しくなってきました。
最近、手頃サイズで値段お安く、それでいて「おっ」と思わせる魅力ある石との出会いが無くて……。

探してないわけじゃないんですけど、残念ながら買うまでには至りません。
「すごく透明でしょう! ツヤも良くて」と熱心に勧められても、わたしのツボはそこにはないので「はあ……」と通り過ぎてしまうのです。

今回の石は、時期としては2年くらい前でしょうか。緑泥と透明部分のバランスが良くて選びました。
こういうのは今でもあるけれど、値段と折り合いが付かないし、これがあるからいいのです。

ところで……ネパール・ヒマラヤ水晶の代表的産地といえばガネーシュ・ヒマール。
某ショップで買ったときに、きっちりラベルが付いてきて(私がガネーシュ・ヒマール産を買う店は、たいていラベルを付けてません)、そのラベルを見たところ「Ganesh Himal, Dhading, Nepal」になっていて、調べてみたらなるほどガネーシュ・ヒマールはDhading(ダディン郡)にあるらしいとわかり、しばらく画像に「Ganesh Himal, Dhading, Nepal」と入れていました。

しかし。
ガネーシュ・ヒマールは一つの山ではありません。
同じ名前を持つ山が複数あります。
複数ある内のどの山のものかはわからないし、おそらく山の頂上で採れたのでもなく、つまりは「ガネーシュ・ヒマールエリア」で採れたもの、というところでしょう。

お店の人から話を聞いたり、地図を調べたりしていると、この「エリア」はダディン郡以外にも広がっていることがわかってきて、「Dhading」の文字を入れるのをやめてしまいました。

このたび、新しく地図を起こしてみました。

まずは、おなじみの地図でガネーシュ・ヒマールのだいたいの位置をおさらいです。

地図の真ん中あたり、ガネーシュ・ヒマールやダディン郡を見つけられましたか?

では、新しい地図でこのあたりをぐぐっと拡大です。
山域

なんと、ガネーシュ・ヒマールの名前を持つ山は全部で7つ。
ダディン郡だけでなく両隣のゴルカ郡やラスワ郡、一つは国境を越えてチベットにあります。

郡の境界線と山の位置は、別々の地図を参考に合わせているので厳密ではありませんが、ガネーシュ・ヒマールの名前を持つ山がダディン郡以外にも散らばっているのは確かです。

これではやはり「Dhading」と入れるのは不安。

もうひとつ、地図を元に考えてみたいことがあります。

ガネーシュ・ヒマールは、産地名として初期から耳にしていますがその後ガウリシャンカールやカンチェンジェンガやなアンナプルナなどの地名が出てきました。
そのたびに、地図で位置を確認していたんですが、だんだん首をひねるものも出てきました。

ラスワ産はたぶんラスワ郡のことでしょう。
ジュゴール・ヒマールは、説明からだいたいの位置を割り出してみたものの、まだ地図上で確認できていませんし、ティプリングも最近までわかりませんでした。

そして今回、ヒンドゥンやラパ、ティプリングやゴルカなどの地名で分けているkとを売りにしたショップ(卸)が出てきたのです。
もちろん、よりくわしい産地がわかればうれしいです。

でも、同時に気をつけなくてはなりません。
新しい名前が付く、あるいは新しい名前で呼ばれるようになると、どうしても、今までに見たこともないニューフェイス水晶に思えてしまい、ついついヒーラーが名前を付けた石のような特別な石だと勘違いしかねないからです。

たとえばこれまではブラジル水晶と大ざっぱに呼んでいたのがミナスジェライス……と細分化し、さらにコリント・クォーツやディアマンティーナ水晶と呼ぶ例が出てきました。
かといって新しいタイプの水晶が出たわけではなく、今までブラジル水晶と売っていたものの産地をちょっとくわしく言っただけ。

それと同じことが起こってないだろうか。
ラパやヒンドゥンの名前を出したショップは地図も載せていましたが、念のため、自分でも調べてみます。

利用したのはヒマラヤ・トレッキングのマップ。
見ると、ガネーシュ・ヒマールから離れているように見えていますが、ネパールそのものがさほど大きな国ではなく、だいたい北海道の1.8倍。
ということはガネーシュ・ヒマールが散らばる範囲も、そこからティプリングまでの距離も、思ったより狭くて近いと考えた方が良さそうです。

これでガウリシャンカールのスモーキーのようにほかとは違う特徴があれば別ですが、見たところガネーシュ・ヒマール産のバリエーションに見えます。
しかも、場所としては意外に低地っぽいです。

ここ(ラパやヒンドゥン)で採れた石なのか、集積地なのかも気になるところ。
くわしい産地は知りたいけれど、細分化するのが妥当かどうかは別なのです。

開き直り?

ゲーサイト・イン

バラして使おうと思って買ったのに、意外に使いにくくて原型のままで登場です。

スーパーセブン?
エレスチャル?
……私はどちらにもイエスとは答えられません。

内包物の具合から見てブラジルっぽく感じるので、インド産よりはスーパーセブンやエレスチャルの可能性がアップしますが、スーパーセブンの場合は一応産地にこだわりたいし、エレスチャルの場合はビーズに削る前の石の形がわからないことには何とも言えません。

見た目だけでスーパーセブンだ~とかエレスチャルだ~とか、こともあろうに「エレスチャル・スーパーセブンだ」などというのは早計です。

なぜまた急にこの石を持ち出したかというと、とても変な説明を見かけたからです。
曰く……

ビーズでは、アメジストやスモーキーが混じりたくさん内包物を含んだものをエレスチャルといいます」
……一字一句この通りではありませんが、要するに、私が常々エレスチャルは形の名前であって色や内包物は関係ない! と言っているのとは反対に、ビーズでは色混じりと内包物ありをエレスチャルと呼ぶんです、と言うわけです。

言葉悪く言っちゃいます。
……開き直りですか。

スーパーセブンがエスピリト・サント産といわれた背景には、命名したとき産地はどこかと聞いたらたまたまエスピリト・サントといわれたので、他の産地でも採れることを知らずにエスピリト・サント産としたのだ……とか。あんまり産地を厳しく言っても仕方ないかもしれませんがそれにしても、この開き直りには大反対

たくさんの店がそういうことで売っている。
それで通じるからいいではないか。

……そんな意見もあります。

時には
「鉱物学的に言えばそうかもしれないけど」
などといわれたりもしますが、これは鉱物としての話ではありません。れっきとしたパワーストーンサイドの問題です。

それで通じるし、そういうことになってしまってるんだからいいじゃない……本当にいいと思います?

私の場合は、産地はここで、見た目条件はこうで……という長ったらしい説明を略す意味で「スーパーセブン」の名前を使い、何だったら産地は違うけれど見た目スーパーセブンと言えたらそれで事足りますが、パワーストーンとして意味まで気にしたら、これはゆゆしき問題なのです。

今回見かけたように、ビーズではこれがエレスチャル、と開き直るということは、原石の場合のエレスチャルとビーズのエレスチャル、2種類のエレスチャルがあることになります。

おさらいすると、そもそもの懸念はエレスチャルビーズは名前だけで、エレスチャルと呼ばれる水晶を削ったものではないだろう……ということです。
なぜならごつごつ・エレスチャルを削っていたのでは、削りにくい上に石の無駄が多すぎます。おそらく塊状の石を削っているでしょう。
さらに、繰り返しになりますが、エレスチャルという名前には色も内包物も関係ないのにそれを根拠にエレスチャルというのはおかしいのです。

しかも、エレスチャルはアメリカのヒーラーが「パワーがある」と説明したことで人気が出た石。
意味の説明も、このヒーラーの意見が下敷きになっています。
そしてもちろん、このヒーラーは原石の……ごつごつした形のエレスチャルを解説したのです。

日本で説明されるようになって、言い回しが変えられ、あるいは勘違いされ、独自の見解も盛り込まれてヒーラーが言ったそのままの解説ばかりではなくなりましたが、根本は原石・エレスチャルの解説です。

なのに、ビーズでは形じゃなくて色と内包物でエレスチャルと呼んじゃうよ~などと言ったらどうなりますか。
もともとエレスチャルではない(かもしれない)ものを堂々とエレスチャルと呼ぶことになります。

エレスチャルの名前で買った人が、自分でも調べたくなって調べたときに原石・エレスチャルの説明を読んで、エレスチャルとエレスチャルだから、同じ石でこういう意味なんだ……と考えたら、どうなります?


同じことは他の石でも起きています。
おそらくスモーキーを加熱して作ったのだろう、レモン・クォーツと呼ばれている水晶があります。赤みを帯びた黄色のシトリン(アメジスト加熱)とは違う、若干緑がかったような、なるほど「レモン」な色合いです。
ところがもともとレモン・クォーツと呼ばれていたのは、硫黄を内包した水晶でした。
つまり、硫黄内包のレモンクォーツとスモーキー・加熱(?)のレモンクォーツ、同じ名前で二種類の石があることになってしまったのです。

以前、スモーキー加熱(?)のレモンクォーツの説明を調べていたら、案の定硫黄入りのレモンクォーツの説明を引っ張ってきている例がいくつも見つかりました。
中には完全透明なものはとても珍しいです。などと付け加えているところもある始末。
そもそも、硫黄入りの方は内包物なので完全透明にはならないのです。
硫黄入りとそうでないもの。同じレモン・クォーツの名前が付けられたから、同じ説明でいいんでしょうか?

いったん説明がネットに出てしまえば、それが古い情報であっても検索結果としてヒットする可能性はあります。
たいていの人はヒットした情報の時期など気にしないでしょう。
勘違いの可能性は今もあり得るのです。

ルチル入り水晶もそうです。
最初は、ちゃんとルチル入り水晶に対して意味が考えられたでしょう。
なのに、最近は「針状の内包物の総称をルチルといいます」などと開き直り、トルマリンとわかっていながらルチルと呼びますが、相変わらず意味の方はルチル(金紅石)入りのものだったら?
トルマリン入りの「ルチル」を買って検索し、正統派ルチル(金紅石)入りの意味がヒットしてきたら。

「エレスチャル」の場合は、見た目同じだからいいんじゃない?
……だったら、透明水晶はブラジル産もヒマラヤ産も同じでいいでしょうか。
最近話を聞きませんが、アンダラ・クリスタルとブラジルで掘り出される人工ガラス「Vidro na Terra」も見た目そっくりなので、この人工ガラスにアンダラの説明が付けられてもかまわないということになります。

意味やイメージを大切にするならば、見た目同じだったらいいとは言えないはずです。

一方で偽物・本物を気にするのに、一方では「それで通じるからいいじゃない?」……これではあまりにバランスが悪いのではないでしょうか。



黒の日

9月6日は「黒の日」ですって!
ただ、あまり古くはなくて、京都黒染工業協同組合が1988(昭和63)年に制定し1989(平成元)年から実施したものが一番古いようす。黒紋服や黒留袖の普及を図る日なんだそうです。

その後、「く(9)ろ(6)」(黒)の語呂合せにひっかけて、鹿児島黒牛・黒豚の日とか、黒豆の日とか、黒酢の日なんてのも作られて、転じて食育のイベントも行われたり。
(私がこの日を知ったのは、スーパーの宣伝で「黒ビールを飲もう!」でした)

でも、ここでは石が第一のネタ。
黒の日というならやはり、KUROの好きな黒い石。

gilgit-黒

モリオン!
ギルギット産です。
大きさは5センチほどですが、LEDライトの強い光を当てても(ほぼ)透けなかった剛の者。

モリオンといいながら実は透けちゃうのが多いんですが、やはりモリオンを名乗るなら、
気合の入った黒でなくては!

KUROだけあって、黒いモリオンは大好き石なので、強いライトで残念ながら透けてしまっても、ついつい、「それでもよく頑張った。おまけでモリオンと呼んじゃう」……と甘いことを言っちゃいますが、基本、モリオンは不透明黒。

ビーズで小さくしてしまったために透けてしまい、不透明黒にこだわるモリオンと呼べるのが激減してしまうとしても、モリオンは不透明黒。
最近中国で黒い原石がたくさん出てはいても、正統派モリオンはレアな石の部類のです。

最近、モリオンビーズを買い足したくなり、比較的安い店を見つけたんですが……ふと蛍光灯に透かしてみると、全部がきれいなコーヒー色に透けました。

さすがにこれはちょっと。

最初に買ったモリオンビーズは、高い割に色むらが激しく、透かしてみなくてもスモーキーとわかるものが混じっていました。
でも、逆にLEDライトでも透けない粒も半分くらいあったのです。

ムラなしで透けるものか、ムラありでも透けない粒があるものか。
モリオン好きとしては……やっぱり後者。

透けるものを見るたびに、うーん、惜しい! と唸っているので、この石にはあっぱれと言いたい。
小さいけれど、やるな、おぬし。

石との関係を考えてみる

釈然としない思いで眺めている質問があります。
(質問を眺めるとは変な表現ですが、パソコンで見ているので「眺める」です)

それは……買った、あるいは(オーダーで)作ってもらったブレスが、何だかしっくり来ない/嫌な感じ/着けると調子が悪い、腕がしびれる/冷たいあるいはあたたかい感じがする……要するに何か予想外の感触がしたので、「このブレスを身に着けていても良いのでしょうか……?」「問題ないのでしょうか」というものです。

私だったら、話は簡単です。
例によって
「そんなこともあるさ」
「そのうち何とかなる」
「それでも好き~!(問答無用!)

……で、おしまい。
それどころか、
「もしかして、これが石のパワー?私が感じるとは珍しいこともあるものだ。貴重な体験!」
と、じっくりその「予想外」を楽しんでしまうかも。

いや、その、私の場合はパワーストーンの楽しみ方としては超・自己流で極端な事例でしょうから、参考にはならないかもしれませんが、とりあえず「石好き度には自信があるぞ」と、胸を張って言える身としては、「いいでしょうか」「問題ありませんか」の疑問に疑問

ちょっと意地悪く(ごめんなさい)、逆・質問してみます。

「身に着けてもいいでしょうか」
→「ダメです」といわれたら、「そうですか」とあきらめられますか?
「問題ないでしょうか」
→どんな問題があると考えてますか? 問題があってはダメですか?

これ……けっこう真剣に疑問なんですけど。
私だったら……いや、石が好きなら、ダメといわれても少々問題があっても、好きなものは好き、好きだから身に着けたいし、着けられないならどうにかして身に着けられるように努力/工夫しませんか?

ましてやそれは「自分が選んだ石」なのに。

中には、買ったらなんだか嫌な感じがしたので浄化したけど、でもまだ何か違和感がある。着けてもいいか、問題ないかという場合もありますが、これについてはもっと疑問。

どうして、その石を選んだのでしょうか。

別に、どうしても買わなければならないものではなし、嫌な感じがするなら、それが気になるなら選ばなければいいではありませんか。

これについては、買ったときはわからなかった。買って帰ってじっくりさわったり眺めていたら、嫌な感じがしたのだと、そういうことかもしれません。

それでも疑問。

色合い、見た目(デザイン)、あるいは意味。選んだ理由は人それぞれでも、「これ、いいぞ」と思ったから選んで買ったはずですよね。

では、その「いいぞ」と「嫌な感じ」を比べてみて、「嫌な感じ」がそれほどまでに勝っていたのでしょうか。
自分が選んだ決めてである「いいぞ」を超える「嫌な感じ」なら……そんなに強烈な「嫌な感じ」なら、最初に気が付きそうなものだと思うんですけど。

私は石のパワーや意味はとりあえず範疇外ですが、たとえば選びに選んで買って帰ってじっくり見ていたら、思いがけない欠けがあることに気が付いた……とか、選んだときに気が付いていたけど、やっぱりこのひびは気になるなあ……とか、実は別の店でもっときれいな石をもっと安く売っていた、ショーック!……という場合もあります。
でも、「しまったあ!」と思ったとしても、「やっぱりこの石はこの石でいいよなあ」……に落ち着きます。
負け惜しみではなくて、後から気が付いた「しまった!」はその石を選んだ「いいぞ」を超えない。
(だから、同じ石がどんどん増えたりするんですが)

逆に言えば……偉そうに……と思われるかもしれませんが、言っちゃいますよ。
私の「いいぞ」は、ちょっとやそっとでは揺らぎません。
まあ、資料用にとか、ついでにこれもというのもありますけど、少なくとも「よし、買うぞ」と気合がはいるものは、それくらい真剣に、オンリー・ワンを選びたい。
事情があって(予算とか)妥協したとしても、選んで買ったからには「(部分的でも)オンリーワン」と言えるくらいの思いで選びたい。
それくらい「いいぞ」と思えなければ、買わない(ようにしたい)。

選ぶなら、好きなら、それくらいの気持ちがあってもいいんじゃないかなあ。
それくらいの気持ちがあればこそ、石も応えてくれるんじゃないかなあ。

願いを託すパワーストーンだったらなおのこと。
「後から気が付いたけど、これ、嫌かも……」なんてものに願いを託そうとしてたんですか?
そんな選び方は、ちょっと……。もうちょっと気合を入れましょうよ。

イメージとして考えるなら、「選ぶ」というのは「縁を結ぶ」こと。
お店の「商品」を「自分の石」に変える行為なのです。
つまり、選ぶというのはとても大切な行為。
同じ種類の隣の石よりも「これ」、似たような組み合わせのものではなくて「これ」。
そういう石を選ぶ……そういう石に出会えることは、うれしいし、楽しい。

え~と、失礼を承知で言っちゃいますが、この「いいでしょうか」「問題ないでしょうか」は、石の意味重視のパワーストーンのあり方の功罪ではないかと考えています。
ビーズでブレス。それは石を気軽に身に着けて楽しめる……それは確かにプラスです。
いろんな石に意味がつけられ、組み合わせて楽しむ、そういうわかりやすいやり方は、石好きの間口を広げたかもしれません。
ビーズが人気になったことで、いろんな石が流通するようになった……これもプラスかも(個人的には、片っ端からビーズにするんじゃなくて原石も!……ですが)。

しかし……逆に、意味ばかりが重視されると、石を買ったのに「その」石を見ていない……選ぶ決めての「いいぞ」が石を選んでいるのに石にはなくて意味に行ってしまい、買って帰っていざ石と一対一になってみると、「あら?」という事態を招いているのでは。

石の意味を楽しむのが悪いとは言いませんが、せっかく買った石に「いいの?」「問題ない?」と疑いを向けるくらいなら、選ぶ段階でなんとかしてみるか、「それでもいい!」と開き直るべきでしょう。

パワーストーンとしてみるなら、持ち主さんに疑われた石が力を発揮できるとは思えません。
持ち主の疑いもものともせずに、決められた扱いをすれば自動的に効力を発揮するような代物だったら……私、そんな持ち主にも制御できないような変なものは嫌です。そんなものがいいものであるはずがない。

私はこれまで「石を楽しもう!」と言ってきましたが、今回は同じことを言葉を換えて言い表したいと思います。

石と「いい関係」を築こう。

石に頼りすぎたり、心配ばかりしているのは「いい関係」といえません。
石が、勝手に効力を発揮するような代物で、それに振り回されているなら「いい関係」ではありません。
楽しくないものは「いい関係」ではないですよね。
バランスよく楽しみたいものです。(私の場合、石の数を見るとちょっと心配)

横から見ると

西瓜電気石

トルマリンです。
2センチくらいの小さな結晶ですが、トップ(先端)は濃いピンク、つづいて青~青緑、緑(芯はピンク)。
何ともゴージャスな色の変化。
さすがの水晶もかないません。

表面にごちゃっとくっついているのは、トルマリンの小さな結晶とレピドライト(リチア雲母)
トルマリンは色によってルベライトとかインディゴライトのように名前が分かれていますが、同時に成分によっても異なる名前が付きます。

たとえば黒トルマリンの名前として知られる「ショール」
これは、マグネシウムと鉄を含み、鉄分が多いトルマリンのこと。
ゆえに和名は「鉄電気石」。
茶色いドラバイトはマグネシウムと鉄を含み、ショールとは逆にマグネシウムが多いトルマリン。
カルシウムを多く含むのはウバイトで、今回の色鮮やかなトルマリンはエルバイト(リチア電気石)
リチウムを含むトルマリンで、リチウムを含む雲母であるレピドライトが一緒になっているのもなるほどなるほどなのです。

このように石の名前は色や見かけで区別される宝石名と、成分や結晶系で区別される鉱物名、(そのほか商品名、流通名、現地名など)が入り交じっているので、頭の中で整理整頓しておかないとこんがらかります。

たとえば、今回のトルマリンは、リチウムを含むエルバイト。
これは鉱物名です。

ところがこの石、華やかに色が混じっているだけではなくて、断面を見るとこの通り。

スイカ電気石2

まわりが緑で内部がピンクのすいか・カラー……ウォーターメロンでもあります。

つまり、大きく言えばトルマリンであり、成分に注目するとエルバイト、見かけを重視するとウォーターメロン。
どの名前も正しいし、どの名前で呼ばれても不思議ではない。
だからこそ、どれがどういう名前で、何を意味するのかを知っておかないと……というわけです。

特に見かけで分けられる宝石名は、ちゃんと知っておかないと混乱の元。
たとえばウォーターメロンと言うからには、外側緑の中ピンク(赤)という色合いであるべき。
なのに、ビーズになると、ときどきただピンクと緑が混じっただけのものを「ウォーターメロン」と呼んでいたりします。
この名前は、妥当でしょうか?

中には外側緑で中ピンクの原石を輪切りにして、そのままビーズにしたものもあって、それならなるほどウォーターメロンですが、ただ色が混じってるだけ……原石の状態を想像しても西瓜状にならないようなものではちょっと疑問。

残念ながら、個人的にビーズの名前はデタラメ王国だと思っているので、素直に信じるよりは要・確認です。


あ、トルマリンで思い出しました。
いろんな色が混じったトルマリンビーズがありますが、そのフェイク……というか、水晶をトルマリン・カラー(黒っぽくて、妙に濃い色。クラックしみこみ&表面塗布っぽい着色)に染めたビーズがあったのですが……
その名前が「クォーツ・ターマリン」

クォーツ・トルマリンじゃなくてターマリン

トルマリンだと嘘になるからターマリン?
それともtourmalineを変に読んでしまっただけ?
笑うべきか、あきれるべきか……どっち?

ブルー・マジック

インディゴ青3

ブラジルはミナス・ジェライス、イティンガのブルー・クォーツです。

青トルマリン(インディゴライト)が内包されて青く見えています。
耳タコかもしれませんが、これは青ルチル(藍ルチル)とは言いません。

ルチルじゃなくてトルマリンです。

ルチルは針状の内包物のことではなくて、ルチル(金紅石)という鉱物の名前なのです。(「針状の内包物の総称をルチルという……」というデタラメ説明、何とかならないでしょうか)

このトルマリン入り青水晶は、私が知る限り2004年頃から出回りはじめ(私が最初の石を買ったのが2004年)、それまで青水晶の代表選手だったスペイン産のアエリナイト入り水晶をけ落とし、あっという間に青水晶の代名詞のようになりました。

←アエリナイト入り青水晶

←最初に買ったインディゴライト入り青水晶

2008年~2009年頃は産出が下火になり、漏れ聞こえる閉山の噂が真実みを帯びていましたが、「あれだけ出たんだし、鉱山の一つや二つ閉山しても、また別の所から出るだろう……」と思っていたら、案の定、再び見かけるようになってきました。

ただし……色味は初期のものとはちょっぴり違う感じです。

実は、最初の写真は青く写りすぎています。
いつものように黒い背景で撮ったら、アラ……?

何だかとってもきれいに青い。

背景を変えて、実物に近く調整するとこんな感じ。

インディゴ青

青というより、藍。
トルマリンの一本一本がくっきり見えて、小さい石やトルマリンの入り方が少ない石では、針がくっきり見えすぎて青水晶というより「青針入り」。
(※「針入り」という場合は、「針状のものが入っているという意味なので、ルチルかトルマリンかは問わない言い方です)

水晶そのものも若干シトリンがかっていて、そのために青がさらに鈍りがちのようです。

しかし、透明な水晶にトルマリンが内包されると、さすがに見応えがあります。

インディゴ青2

アップにするとこの通り。
ルチルには青という色はないし、透けると赤い鉱物なので、この写真で実はルチルでは?と疑う可能性はありませんが、このように太い結晶細い結晶が入り交じるようすは、「ルチルっぽくない」特徴の一つです。ルチルだったら太さがほぼ揃っている場合が多いです。

この石は、最近買ったものなんですが、このとき見かけた青トルマリン入りは、トルマリンがかなり表層近くに内包されています。
トルマリンが内包されるということは、トルマリンの方が水晶よりも早く結晶していて、後から水晶がそれを飲み込むように成長したはずなんですが、トルマリンが表面近くだけに内包されているということは、まずある程度水晶が成長して、いったん成長を停止、その隙にトルマリンがわしゃわしゃと針状に成長し、水晶が再び成長開始……したのでしょうか?
なんだか無理っぽいように思えるんですけど、そう考えないとトルマリンの入り方がちょっと不思議。

メタルプレート・インクルージョン

私は、良くも悪くも素人・コレクターです。
「素人?」と疑問符を付けられることもあるんですが、専門的に勉強したこともなければ、勉強しようともしてなくて、「間違っててもいいや~、言っちゃえ言っちゃえ」と好き勝手発言をためらってないあたりは立派に素人。
最大限見栄を張っても、「素人+α(石好きの深み分)」。

で、素人の立場からすると、素人にはなかなかわからないことでも、専門家ならわかるだろう、科学的分析ならば決着が付くだろうと思ってしまうんですが、どうも話はそれほど簡単ではないらしいのです。

先日、ピンクファイアー・クォーツの内包物がコベリンではなくて鉄を含む「何か」であるとお聞きしたときに、質問してみたのですが……。

たとえば、天然のシトリンとアメジスト加熱のシトリンは、分析で区別がつけられるのか。
素人コレクターとしては、結晶の形と色合いと産地を見て、「これは……たぶん」と推測しますが、こと分析となると意外にややこしいようす。
たぶん、赤外線などの吸収率が違うので判別できるだろうけれど、それにはデータがなければならない。
つまりその産地のアメジストを加熱すると黄色くなって、それを分析すると吸収率の値はこんな感じ、という比較できるデータが必要なのだと。それと比較して、値が同じである、いや異なっている……と言うことで加熱非加熱が区別できるだろうということのようなのです。(私が理解したところによると)
だとすると、産地不明の場合は……無理?

まだあります。
ルビーなどで加熱非加熱が問題になりますが、これも分析という厳密な方法で明らかにしようとすると、意外なところで蹴躓くのだそうです。
そのつまづきポイントとは……

いったい何度以上の熱が加わっていたら加熱?

この場合の加熱は人為的な加熱を指していることが多く、つまり天然の色か、人為的に手が加えられて調整された色なのか……天然でこの色だから高い!……というように価値に響くので、そのあたりが問題になるわけです。

しかし、熱が加わっていることがわかったとしても、それが人為的なものなのか、非・人為的なものなのか、分析では判別できない。
つまり、千度を超えるような熱だったら人為的なものかもしれないけれど、数百度くらいのものなら、たとえば地熱とか山火事とかでもあり得る温度それをどう判断するのか……ということ。
人為的に加熱したものと、たまたま焼けちゃった……の区別は難しいようです。

水晶の内包物、これは何でしょう?……という場合は、もっと大変だそうです。
ピンクファイアー・クォーツの場合はX線解析したけれど、硫黄も銅も検出されず、でたのは鉄。
ただしX線解析では酸素など軽い成分検出できないので、それ以上にしっかり調べようと思ったら、壊して中身を取り出さなくてはならないし、取り出して調べる資料も大きすぎてはダメだし、かといって小さく取り出せるか、取り出した部分とそのほかの部分が同じかどうかも問題になるのだそうです。
無事取り出せて分析できても、それが何であるかを判別するには、つきあわせるデータが無くてはならず……あうううう。道は遠い。

機械にかけてぽちっとボタンを押せば、「ハイ、結果はこれ」という、そういうものではないのね~。

さて、前置きはここまでとして……今日の石。
分析がボタンぽちで何であるかがわかるような簡単なものではないとすると、おそらくこれも「さて何でしょう、不明」になってしまうであろう、内包物入り水晶です。

メタル

ものはブラジル産。
ずんぐりころりとした形状で、表面はちょっと擦れ気味。
内部にはガーデン。

……とここまではよく見かけるタイプの石なんですが。
謎はそのガーデンの上に載っかっているもの。

写真にもはっきり写ってますが、銀色に輝く四角い……金属片にもみえるもの。
何だろう、これ。
まさしく銀色にギラリンと輝いております。

板状になるという点で、一番あり得るのは雲母ですが、雲母がこんな銀色に輝くかどうか。
雲母ならば六角形になりそうだけれど、これは四角(平行四辺形っぽい)。

まったく、水晶という石は実にいろんなものをどん欲に内包しますが、だったらついでに「答え」や「ヒント」も一緒に飲み込んでおいて欲しいです。

タテヨコ

ファーデン。
平板状の水晶の真ん中に白いラインが入っている個性的な見かけの水晶です。

典型的ファーデン

その名もドイツ語の「糸」に由来するので、水晶の中の白いラインが特徴なんですが、これを説明通りに「白い糸みたいなのが入っていたらファーデン」と理解してしまうと、実はファーデンじゃないものまでファーデンと呼んでしまうことになるので、注意です。
くわしくはこちら

逆にファーデンがどのようなものであるかイメージできるようになると、板状の結晶中に白いラインだけがファーデンではない、もっといろんなバリエーションがあるとわかってきて、魅力、倍。

ベースが「へんてこりん」に属する水晶なので、それにひねりが加わると非常に私好みの筋金入り・変に化けてくれるのです。

そんな筋金入り・変の仲間入りをさせてしまいたいのがこれ。


タテヨコ

ちょっと見にくいんですが、写真の上下方向にラインが入っています。
個人的にはファーデンはこのラインを芯に結晶が成長したと思っているので、これはちゃんとファーデンなのです。

ところが……ファーデンというと、一枚の板状結晶の中にラインが入っているもの以外にいくつかの結晶がラインで「串刺し」状態になっているものがありますが、その場合は、一本のラインから成長したファーデンは似た感じの結晶が連なっていることが多いです。
連なり


しかるにこのファーデンは、一つのラインから縦長の結晶と横長の結晶が成長しているミックスタイプ。
もしかしたら気が付かなかっただけかもしれませんが、こういうタイプははじめて見たと思ってます。

なんでもないようでいて、実はこっそりおもしろい。深みにはまるとこんなおもしろさも見えてきます。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。