INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

古いかもしれない

old?

old2?

ジービーズです。
長さ2センチほどですが、全体の形を見るに、半分に折れてしまったもののようです。

ジービーズを見るには、穴回りのこすれ具合などが重要な手掛かりになるんですが、これは折れた時に折れ口や残った方の端を磨いてしまったらしく、期待する手がかりが残っていません。
しかし、この「カフェオレ」と言いたい、とろりとした色合いと質感に感じるものがあり、珍しくもオークションで買いました。

……というのも、古いジービーズには、現代天珠とは比べ物にならないくらい染料がしみ込んでいるものが多いからです。

この「カフェオレ色」は、その質感に近いぞ。
風化紋もしっかり出ているし、一か所削れた部分のこすれ具合も、時の流れを物語っている……ような。
半分だけだけど、これはかなりの時間を経たものではあるまいか。

天珠好きとしては、まだビギナーの域を出ない私は、パソコン画面を前にうなったものです。
うなりつつも、こうして手に入れたわけですが……。

先日、このジービーズを、天珠好き先輩にも見ていただきました。
結果、「かなり古いものだと思うよ」とのこと。
ラッキ~
ちょっと、ほっとしました。

私は、天珠の意味はそっちのけで、歴史的な側面に興味があるので、古い天珠が手に入るなら、実際触って、時を経たその質感を……単に磨いたつるつるとは異なる、しっとりとした手触りを確かめてみたかったのです。

もしかして、これがそうなんだろうか(なでなで)。


さて、このジービーズ、白と黒の縞模様でなので、線珠……ということになりますが、私は「羊角天珠」と見ます。
線珠だと、両端に地の色を残したタイプに使われる名前で、「中天珠(chung dZi)……スタンダードではないけれど天珠……に分類されてしまうからです。
対してこれは、縞模様ではあるけれど、白黒の色合いは「至純天珠(pure dZi)」。
張宏実氏著の「法相荘厳 管窺天珠」にもこの白黒縞模様天珠は、至純天珠の中の羊角天珠として掲載されています。

2色?

2色?

パキスタン産のアクアマリンです。

おそらく、長石系と思われる母岩付き。
アクアマリンそのものは、ややマットな質感で、とびきりきれい……というものではないんですが、見どころはご覧のとおりの色。

長石に埋もれたあたりは若干黄ばんだ色合いなのに、中ほどはほぼ無色の淡い水色、そして先端は濃い青。
青い部分の透明度が低いのも不思議です。
この石さは、こちらのアクアマリンに似ています。

アクアマリンは加熱して青みをアップさせるとか、染めてあるのがあると言われますが、たぶん今回の石はそれには当たらないでしょう。

加熱してあったら、根元付近の色合いも水色になるでしょうし、染めについては最近ビーズで見ましたが全体に細かいクラックが入っていて、よく見るとひびに沿って染料の含浸が見えました。今回の石は青い部分いクラックは認められませんし、一部だけ染めるというのはありえない話です。

じゃあ、なぜ青いのか……。
熱水で一部だけ過熱状態になった……というのも無理っぽい気がするんですけども。

こういうのもバイカラーというんでしょうか?

石にアクティブ

ふと思いました。

最近、石の名前がわからない、石の組み合わせの相性がわからない……意味も分かれば教えてください。さらには浄化の方法も教えてくださいという質問が目につきます。

石の名前がわからないから聞くというのは……わかります。石の名前がわからなければ、調べることもできないし。
これも、買ったばかりもらったばかりというなら、その店・人に聞くのが一番確実ですけども。
写真で判断するより、実際その石を知っている人の方が、より確実に判断できるはずでしょう。
(それよりも、なるべく忘れないよう、買ったら石の名前をメモすることをお勧めします!)

で、名前がわかったら、意味や浄化方法も検索可能ではないでしょうか。
ネットで質問して、石の名前が挙がってきたとしても、その名前ではたしてあっているかどうか、一度は検索してみませんか?
その時に意味だって出てくるでしょうに。

たくさんあって、どれがどれだかわからない?
それは誰でも同じです。「この石の意味は○○ですよ」と答えが返ってきたところで、それは答えた人がたまたま知っていた意味でしかありません。
いろんな意味を読み、自分の状況や思いと照らし合わせ、一番納得できる意味を選ぶのが一番いいと思うし、その過程が楽しいと思うんですが、なぜか、「教えてください」と他人におんぶにだっこな質問が多いのはどうしたことか。

そりゃー、石の名前はコレ、意味はこう、浄化はこうして、ここに注意……と手取り足取り教えてもらえれば、楽でしょうよ。
その時は。
でも、次に同じことになったら、またもや教えて~と他人に泣きつく羽目になるわけです。

ちょっととげのある言い方になりましたが……正直言いましょう。他人に聞いて返ってきた答えは、その人の意見でしかありません。パワーストーンにはいろんな説があって、どれかが正解で、残りが間違いというわけではないからです。
いろいろある中から、他人が勝手に選んだ意見を、無条件で受け取りますか。
次に聞いたときに返ってきた答えが、異なる考えに基づくものだったら、どうします?
たとえば、最初が風水系の考え、次が欧米ヒーラーの考えだったら、ずいぶん違うと思いませんか?
やっぱり、最終的には自分で考え、自分の中で筋の通る意見に整え、「こうだろう」とジャッジを下す必要があるのではないでしょうか。

人それぞれとわかっていながら、それでも気になるんです。

自分に合う石を選んでもらう。
自分の望みに合う石を教えてもらう。
石と石の相性を見てもらう。
名前を教えてもらう。
浄化の方法を教えてもらう。
石の心配事を聞いてもらう。

こういうありかたのどこで、自分の石と向き合うんでしょうか。
……というか、
石にとってはたった一人の持ち主さんは、
どこにいるんでしょうか。


たとえば、石と石の相性や自分と石との相性を気にする人がいますが、私は、仮に相性が悪かったとしても、その後もずっと悪いままなんてありえないと思います。
石と石の相性が悪かったら、持ち主さんが仲良くさせてあげればいいのでは?
方法がわからない? 
並び替える、ほかの石を選ぶ、「このままでもいいじゃない~」と石をおだてる。
いろいろやってみればいいじゃないですか。
持ち主さんが「これがベストバランス、気に入った!」と思っていれば、石だってその気になると思うんですが。

石と持ち主さんの相性がいまいち?
それでも身に着けたい思いがあるなら、コレですよ。
「それでも好きー! 仲良くなりましょう!」
……と、猛アピールすべし。
それでも落ちない手ごわい石なら、
「そのうちなんとかなるさ~」
……と、長期戦。あきらめちゃあいけません。

自分の手首の上で仲たがいしている石を遠目に見て、「どうすれば~」と人に頼るんですか?
頼るんだったら万策尽きてからですよ。
はめてもいないのに相性や良しあしを気にする?
失礼ですが……言っちゃいましょう。
自分の石を、疑うな。

石をパワーストーンとして扱うならば、なおさら。
たった一人の持ち主さんに疑われた石が、
力を発揮できるでしょうか?


わからなくても、少々間違っても、自分の石に近づくために、試行錯誤してみませんか。

クラスター

ローズ・群

ブラジル産ローズクォーツです。
詳しい産地が分からないのがちょっと残念。

一見、ぶっかきのかけら状に見えますが、自形結晶です。
結構ずんぐりした結晶がふたつ(……ふたつ半?)、くっついてます。
中までローズの結晶なのか、透明またはごく淡いスモーキーの上にローズがコーティング状態で結晶しているのかは、いまいちよくわからないんですが、これで芯までローズだったら、かなり大ぶりな結晶です。
それが複数くっついているんだから……まあ、ローズクォーツの結晶といってもいいのかな?

大ぶりな結晶のためか、あるいは芯がローズではないかもしれないせいなのかはわかりませんが、角の部分の色がわずかに濃く、全体的にみると色付きにむらがあるように見えるのが特徴です。
うーん、やっぱり芯はローズではないような気もしてきました。

ところで、最近変なことが気になっています。

ご存じ、ローズクォーツの自形結晶は少ないです。
ことさらに自形結晶と堅苦しく連呼しているのは、結晶の形をしていなくても、構造としては結晶しているから。
水晶らしい形をしているものを自形結晶と呼びます。

とにかく、ローズクォーツこのかわいらしいピンク色の水晶全体量に占める、結晶の形をしているローズクォーツは、きわめて少ない。

かつてはブラジルだけと言われていましたが、最近はアメリカやアフガニスタンからも出ているようで……それでも少ないのです。

ところが、ネットを徘徊していると、「ローズクォーツのクラスター」という言葉にあちこちで出会います。
それも「ローズクォーツのクラスターで浄化できるでしょうか」というような使い方。

……ローズ・クォーツのクラスターで、浄化だって?
せっかくの結晶が折れたりしたらどうするんだ、もったいない。
そう思ってみてみると……

それはぶっかきかけら状のローズ。

こういうのを、クラスターと呼んでいる例が、最近多いような気がします。

うーん、勘違いにしても厳しいなあ。

最近は、ブレス人気で、こういう「基本用語」を解説するところもなくなってきちゃったんだろうか。
それとも、どこかに勘違い説明の震源地があるのか?
もしかして……もしかして、「浄化に使う大きな石=クラスター(形状に関係なく)」なんて認識が広まっていたら……怖っ!

そんな恐ろしいことにならないように、念のため。

水晶などでいうクラスターとは、「群晶」のこと。
読んで字のごとく、結晶が群れになったもの。

 

見かけるのは水晶が多いですが、クラスターは水晶以外にも用います。
たとえば、
アズライト・群
アズライトのクラスター。

くっついているからといって、こういうのはあまりクラスターとは呼ばれません。
アーティチョーク

クラスターと呼ぶ範囲は、個人差があると思いますが、個人的にはそれぞれの結晶が独立していて(つまり、上の黒水晶は、一つひとつが独立していなくて、全体として大きな形を作っているところがクラスターではない)、くっつきあった塊に底面があるもの……をクラスターと呼びたいです。
くっつきあっているものの本数が少ない場合は、クラスターと呼んだり呼ばなかったり。

このクラスターから結晶を一本外すと、それは「ポイント」「単結晶」と呼ばれます。

2本~数本くっついている場合は、くっつき方によっていろいろな名前がある場合も。

ポイントは、たいてい片方がとがっていて、もう片方はくっついていた部分で、割れた断面になってます。
たまたま両方がとがっている状態(割れてとがったのは省く)だと、ダブルポイントとか、ダブルターミネーション(DT)と呼ばれます。


ダブルポイントと対比して、片方だけとがったポイントを「シングルポイント」と呼ぶ場合も。

結晶の形をしていない、割ったかけらみたいなものは、特に名前がついていませんが、しいて言うなら「ラフ」と呼ばれることが多いでしょうか。


細かいことを言うようですが、よく聞く用語は一番スタンダードな意味合い(パワーじゃなくて、その名前がどんな形のものを指しているか)を知っておかないと、質問したりするにも不自由なので、ご注意を。


ヘマタイト・コーティング(ただし半分)

ヘマタイト・キャンドル

キャンドル・クォーツです。
……アメリカの。

キャンドルというと、まずはマダガスカルが頭に浮かぶんですけど、そりゃ、他の国にあってもおかしくない。
個人的には、産状が、スカルン、つまり、水晶をはぐくむ熱水の元となるマグマが上がってきた場所に石灰岩があったんじゃないかなあ……と想像します。
なぜなら、ほかのキャンドル産地を調べてみても、ピンポイントで、そうだとまではわかりませんが、だいたいスカルンが見られる産地であるという情報が多いから。
そして、どうしてキャンドルのような形になるのか考えた場合、それは、他の産地と違う環境があったから……違う環境とは?と考えた場合、共通するのがスカルンだからです。

さて、今回のキャンドルは、景気よく燃え上がったのか、半分焦げてます。

じゃなくて、半分がおそらくはヘマタイトにおおわれています。
おおわれていない半分が赤みがかっており、この赤みは鉄分と思われるので、焦げたような部分もヘマタイトと見ていいんじゃないでしょうか。

ここに限らず、透明ぴかぴかの水晶であっても、掘り出されたその状態でぴかぴかであったかどうかはわかりません。
もちろん、ぴかぴかなのもあるんでしょうが、時には鉄さびのようになもので覆われていて、掘り出された後に洗われ、シュウ酸などでクリーニングされている場合もあったりします。

そういうことを考えれば、表面を覆うヘマタイトが残るこの石は、より、掘り出されたときそのままのすがた。
以前に取り上げた、アメリカ産キャンドルとそっくりだったので、最初の石は、もしかしてクリーニングされていたかと疑いましたが、よく見ると同じころコロラド州でも場所が違う様子。(近いと思うんですが)。
たぶん、場所によって鉄のかぶり方に差があったのでしょう。

この石を選んだ時、そばにいた別の人が
「気持ち悪い……」
とおっしゃっていましたが、そうかなあ……。

私は、好きですけど。

ふたすじ

いくつあっても欲しいのよ~。(ここらへんが、鉱物好きと言い切れない理由の一つ)

二筋落雷

ライトニング・クォーツです。
大きさは4センチほどと小ぶりながらも程よきサイズ。
なのに、ぜいたくにも二筋の落雷痕。

二筋落雷2

そして、落雷とは関係ありませんが、わき腹に結晶がこちょこちょとくっついているあたりもよいのです。

以前は、ライトニング・クォーツが、実験によってこうなるのだと確認されたという話を聞いて、もしかして人工的なライトニング・クォーツがあるんじゃないかと心配したことがあります。
しかし、考えてみたら、ライトニング・クォーツが水晶としてはやや高額になるとはいえ、そんなに高くは……人工的に落雷を再現する機械を作ってまで人工的に作りたいものとは思えません。
そもそも、ライトニング・クォーツは見た目が傷っぽい感じですから、万人受けする石ではないですし、ブレスレットが人気の昨今では、欲しいという人も決して多いとは言えないでしょう。
そんな中で人工的に大量生産するものでしょうか。

たぶん、大掛かりな装置が必要でしょうから、少数生産ではコスト高で、安く作って高く売るフェイクの原則が使えません。
たくさん作ってもさほど売れないようなら値崩れするでしょう。
それくらいなら、天然のライトニング・クォーツを「レア!」と言って売った方がマシです。

ライトニング・クォーツは、普通の水晶に比べたら、そりゃ少ないですが、「幻の……」というほど少なくはありません。
いったい、この石の産地はどれだけ落雷したんだ、そんなに落雷するものだろうか……と不思議に思っていましたが、少し前に見たテレビ番組で、むちゃくちゃ落雷する地域のことをとりあげていたので、そこまで多くなくても、長い年月を加味して考えたら、ありえるかも……。

いちおう。

チェルシー・フィルター、またはエメラルド・フィルターと呼ばれるものがあります。
鉱物を見るのに使うルーペくらいの大きさの、形も似ているものです。
このフィルター越しに見ると、天然のエメラルドは薄い赤に、合成エメラルドは真っ赤や緑に見えたりして、鑑別するのに役立つそうです。

ところが、ブラジル産エメラルドの中には、チェルシー・フィルターには反応しないものがあるそうで……ということで、

エメ

ブラジル産のエメラルドです。
なんと、お値段1000円。
さすがにエメラルドとしてのグレードは低いんですが、白い石英母岩の中に、結晶が3~4本、入っていて、1本は頭(結晶の端面)らしき部分もあります。

この部分だけ見ると、ひょっとしてトルマリン……と思いたくなるんですが、

エメ2

こっちの方向から見ると、なるほどエメラルド。
トルマリンだったとしても1000円は破格なので、問題ナシ。

さて、このエメラルドが本当にチェルシー・フィルターには反応しないのかどうかはわかりませんが、そう聞くと試してみたくなります。

ただし……このチェルシー・フィルター、ルーペほどの大きさで5~6000円以上と、ちょっと勇気のいるお値段(私には)。

でも、このフィルター、ヒスイの染色の判別、アクアマリンとブルートパーズの判別、カルセドニーなどの染色の判別にも役立つそうで……ますます興味があります。
以前、思い立って探したことがあるんですが、ちょうど売り切れで、それっきりになっていました。
もう一度探してみようかな。

クリベージ?

ひときわ、地味な写真で参ります。

クリベージ

えー、ものはローズクォーツ。
ずいぶんと淡い色合いですが、一応肉眼でもちゃんとピンクに見えます。

産地はアフガニスタン・クナル。

この産地はこちらのように、まさにバラ色といいたい濃いピンクの結晶形ローズクォーツを算出しますが、塊上のローズクォーツも出る様子で、こちらは淡いピンクなのです。

大きさも10円玉ほどのミニサイズ。
なのになぜこの石かというと……写真をよくご覧ください。

石の上下がほぼまっ平らに見えませんか?

これ、普通に考えたら水晶にはありえないことです。
カルサイトやフローライトには劈開、一定の方向にまっ平らに割れる性質があって、その性質によって
劈開・カルサイト劈開・フローライト
のような形を、割って作ることができます。

ところが水晶には劈開がない。
よって、まったいらに割れるはずがない。何かのはずみで偶然そういう割れ口になったとしても、上下が平行にまっ平らに割れることは、ありえない。

ブラジルのある産地では、地下で塊上に……つまり岩の隙間をぎっしり埋め尽くすように結晶した水晶(石英)が変成作用(地下深くで熱や圧力が加わること)をうけたものがあり、その中には本来水晶が持たない劈開のような性質を示す石があると聞いたことがありますが、これはアフガニスタン産。

この地にもあるのか……?



ゆうやけ赤水晶

レッドマダガ

マダガスカル産の赤水晶です。

赤水晶というのは、水晶そのものの色ではなくて、内部に鉄(酸化鉄)が含まれているもの……つまり、水晶内部に混ざり込んだ「天然鉄さび」の色です。
(※シトリンの中には「赤」といいたい色合いのものもあります)

混ざりもの(内包物)の色なので、透明赤にはなりません。
よくて半透明。透けるほどに色合いは淡くなってしまいます。
今回の石も、半透明……しかし、内部で赤い色合いがふわりと舞っているような、何とも表情のある色合いをしていて、まるであかねに染まる夕暮れの雲。

この色具合を見るに、鉄だけでなく角閃石も混じっているのではないかと思われます。

気合の入った真っ赤もいいけど、こんな柔らかな赤もいいな。

曲者

パルギ穴

まだあったぞ、IMAGE2010で買ったパルギ産水晶。

いや~、このショー以降、パルギ産水晶はずっと見かけているんですが、IMAGE展で買ったのと同じタイプを見かけません。
同じのがあれば、まだまだ買っちゃうんだけどなあ。(探してる人もいるし)

見かけるのは、従来「クル産」といわれていたのとそっくりな、「きれいめインド・ヒマラヤ水晶」。
この奇妙なを持った水晶はありません。

どこが奇妙かというと……、上の水晶をよくご覧ください。

先端から三分の一くらいのところに白く丸い内包物。
そこから続くように3つの穴。

この穴は、ひどく不思議な構造をしています。

まず……この水晶は、二重構造……というか二層構造をしています。
3つの穴の内、一番下の穴を拡大してみると……。

パルギ-b

内部にもう一本水晶があるように見えませんか?
どんな水晶であれ、小さな結晶からどんどんどん大きくなります、そのようすは、重なるファントムのようすなどでわかります。
ファントム途中で表面に不純物が付着したために、かつての結晶の形が見て取れるわけですが、不純物の付着がなくてファントムにならなかった場合も、結晶の中にはかつての結晶の形が隠れているのです。

この石では、なぜか結晶の一部が成長せずに穴として残っています。
その証拠に、3つの穴の内部は平ら。かつての結晶の表面をそのまま覗かせているのです。
溶けて、かつての結晶面が出ているというには、穴の周囲のエッジが鋭すぎます。

わかりやすく、後で成長したと思われる部分に色を付けてみました。

パルギ-a

おもしろいのは、こんな変な穴を持つ石がこれ一つではなかったということ。
こちらも同じタイプですし、他にもいくつかありました。
複数あったということは、たまたまそうなった……のではなくて、何かしらの理由・環境があったからこその形であるということです。
だからこそ、「癖」と言ったのですが、以来・同じものを見かけない。
ネットショップで見かけたことがあるんですが、覚えがある石だったので、同じIMAGE2010で仕入れられたのだと思います。

ほんの一瞬現れて、人知れず消えていく。
これぞ、真のレア。
うれしいけれど、もっと見たい~。

おそろい、ススワタリ。

ススワタリ

棗さんとおそろい水晶です。買った時期は違いますが、同じ店で買っています。
ご覧のとおり、錐面のわずかに下に、黒っぽい鉱物が放射状に広がってできたスポットがたくさん。

放射状というより、和紙に薄墨を垂らしてぼやっとにじんだようなかんじです。
水晶の内包物で、黒くて放射状というと、

ホランダイトが思い浮かびますが、違います。
ホランダイトは黒でも、もっとまっすぐな放射状。
今回の石のように「にじんだ感じ」のは見たことがありません。

何よりホランダイト入り水晶の産地はマダガスカルが有名ですが、これはブラジル産です。

見つかった量は多くなかったそうで、おかげでこの「にじみ黒スポット」が何がわかりません。
石コレクターとしては、レアだといわれた方がうれしいですけど、それと引き換えに、数が少ないと調べる人も調べる資料も少なくて、それが何かわからないという事態を招きます。

まあ、水晶に内包された時点で調べるのが難しくなるので(よって、これは●●といわれているものも、実は「たぶんそうだろう」という推測だったり、すでに何か判明しているものに似ているから同じだろう、ということが多いです)、「これが何かわからない」というのは、よくあることなんですが。

とりあえず、
これはいったいなんだろう~?

ご存知の方、情報お待ちしております。

赤水晶じゃないよ

シンナバー

中国産のシンナバーです。

結晶形は水晶と同じ三方晶系だけど、水晶とは形が違う石だと思っていたんですが、このシンナバーは、なんだか
水晶そっくりです。
うーん、さすが、同じ結晶系?

シンナバーは和名では辰砂といいます。

ところが、辰砂と聞くと、私の頭の中には銅が浮かびます。
なぜかというと、陶芸で銅を使った釉薬で、真っ赤になるものがあり、これを辰砂と呼んでいたからです。
辰砂←一応自作

この場合の「辰砂」は「赤」の意味ですが、片や硫化水銀(シンナバー)、片や銅。
異なった鉱物に属すものが、同じ名前で呼ばれているとは、面白いものです。



牙を持つ花

花の牙

フラワー・アメジストです。
……といって、うん、そうだねと思われる方は少ないかも。

フラワー・アメジストは、淡いアメジストが放射状かつ、平面上に結晶したものです。

が、今回の石は、放射状であるようには見えないし、とんがったものが、真ん中に突き出しているし。

これは、どうやらカルサイトです。
肉眼では全体が薄紫に見えていて、とんがりだけが無色半透明なんですが、厳密には薄紫のアメジストの上に、カルサイトがつぶつぶと結晶していて、カルサイトは無色半透明なので、アメジストの色合いが透けて見えているんです。

その証拠に、写真に写っている結晶のいくつかは、水晶の形ではなくカルサイトの形をしています。

カルサイトのおかげで、立体感をまし、霜が降りたような涼やかな質感を得たアメジスト。
そこに鋭くとがったカルサイトの牙。

そこが魅力で買ったんですが、保存が大変な石が、また一つ……。

かきたま水晶

かき玉水晶

……中国産水晶です。
この色付きの偏り具合から、内包物による黄色であることがわかります。

繰り返しますが、中国産です。
しつこく連呼するのは、この石、国産・奈良県の五代松鉱山の黄色い水晶に似ているからです。


色合いといい、表面のごつごつ具合といい、そっくり。
ただし、大きさは違うようです。五代松水晶は、比較的小ぶりのものが多く、写真のものも2センチちょっとしかありませんが、中国産の方は6センチ以上あります。

もうひとつ。
五代松水晶には

のように「芯」があるものが多くみられるんですが、中国産の方はそれらしきものが見えません。

中国だったら、どんな水晶が出てもおかしくないし……五代松鉱山と似た環境があったということだろうか。
なかなかに柔らかい色合いが美しい水晶なのだけれど、これ以外に似た石を見かけない……。

途中ファントム

グリーンファントム・パキ

ファントム or ガーデンで三連打。
今度はパキスタン産です。

やや渋い色合いのクローライトが降りかかり、ざらざらした質感になっている水晶の中に、明るい色合いのファントム。
この石が、地中でさらに成長したらファントムが二重に入った状態になったのではないでしょうか。

つまり、この石はファントム形成途中の石……、成長が一時的に止まったときに結晶表面に不純物が降り積もり、それが……と説明される、ファントム形成の、まさにその時の状態だということになります。

今現在この状態で見ていると、あんまりきれいに見えませんが、これがファントムになっていたのならば、錐麺だけでなく柱面の部分もファントムになったはずです。
ちょうど、ファントム or ガーデンの第一弾のような感じに。

このように、原石でファントムというなら、成長の途中で表面に不純物が……なので、結晶の形全部がファントムになってなくても、なんとなくこれならファントム(かつての結晶のかたち)だろうと見当がつけられて、一部分でもファントムと呼ばれますが、ビーズにしてしまうと、さてファントムか、ただのクローライト入りか、判断は微妙。

ファントムの先端、つまり山状でなければファントムじゃないという説明もありますが、私としてはファントム=山入りとは思ってないので、かつての結晶の形をとどめる内包物ならファントムだと思っています。
ビーズになれば削る部分によって入り方も様々に……ほとんど内包物がなかったり、ガーデンのように見えたりするものもあると考えられます。
全体ではファントム(入り水晶)の一部、ビーズ一粒ではファントムに見えない……こんな場合、みなさんはどう判断するんでしょう。
かのスーパーセブンも、ビーズ一粒に七つの条件がそろっていなくても全体でそろっていればスーパーセブンだということになっているようですが(全体というのがどこまでの全体なんだろう?)、これも似た問題です。

ファントムのビーズでブレスの場合、私だったら、全体の半分くらいにファントムである特徴が出ているものであれば、ファントムのブレスとみなすかな……。
もともとファントム入り水晶を削ったビーズと、非・ファントム水晶のビーズを混ぜているとも考えにくいので。

クリア・ガーデン

クリア・ガーデン

こちらは内包物がファントム状になっていないので……いや、実際にはファントムらしいんですが、あんまりそれっぽく見えないので、ガーデン・クォーツ。
ガーデンというからには内包物がガーデン……単にクローライトなどが入っているだけ、ではなくて何らかの景色を作り出していなければならないですが、それについても合格でしょう。

この石の魅力は、内包物の景色と、水晶部分の圧倒的な透明感。
内包物入りであるということは、不純物と一緒だった時間があるはずなのに、ものすごく透明&照りが良いのです。
写真ではそんなに透明に見えてないかもしれませんが、それはトップ部分……錐麺(内部)に内包物が映り込んでいるからです。
それだけ面が滑らかで、映り込んでいるのがはっきり見えるくらい透明だということ。

クリアでガーデンというのは、一見矛盾しているようなタイトルですが、確かに(水晶部分は)クリアで、見事にガーデンでしょ?

左メニュー、復活

お騒がせしました。表示復活しました。
ただ、理由はよくわかりません。テンプレートの複製というのがあったので、複製して、そちらを表示するようにしてみたら、復活しました。
何も手を加えてないものを複製しただけなのに?

ファントム de ガーデン

がっつりガーデン

ガーデン・ファントムです。
つまり、水晶内部のファントムが、ただのファントムというよりはもこもこしてガーデン風味。

このガーデン風味というのがミソで、グリーン・ファントムとどう区別するかは個人差があると思われます。
私も最初は、中身ががっちり詰まったものをガーデンファントムと呼ぶんだと区別していましたが、今回の石は、ファントムの内部は詰まっていないけれど、全体の形はガーデン風味。

皆様、いかがですか?

ただ今現在(13日13時52分)、ブログ左のメニュー部分が表示されてません。
FirefoxもIE8も同じ状態です。
見えてないのは、わたしだけ?

ざっくざく

エピドートざくざく

タイトル通り、エピドートざっくざく。

これまでにもアフガニスタンやパキスタン産、遠くコロンビア産でエピドート入り水晶を持っています。
その時に、まるで芝生のように生えそろったエピドートの中に水晶が生えているクラスターがあるのを見ていたんですが、お値段と大きさの点が折り合わず、ずっと見送っていたんですが、ついにジャストサイズを見つけました。

さしわたし5~6センチ、ご覧のとおり、エピドートの茂みに埋もれるように、水晶。
エピドートと一緒になった水晶には、ふんわり白濁するタイプも多いんですが、これは比較的透明です。

とても気に入っているんですが、たった一つだけ困ったことが。

どうやって保存しよう……。
箱に入れても、紙や緩衝シートに包んでいても、広げるたびにエピドートが欠けているような気がする……。

内部世界

閃光

緑泥入り水晶です。
ネパール産の緑泥入りは深緑の色合いが印象深いですが、実は灰緑色から黒まで、いろいろな色合いがあります。
今回の緑泥は、やや黄色っぽく、

こちらのタイプに比べると、ややざらっぽくもあり、見た目渋く地味にも思えます。
しかし、よく見ると、部分的に透明な部分があり、その中には……

閃光2

角閃石が。
細い結晶の中に、縦横ななめに内包された角閃石は、まるで刃物が浮かべる光芒のよう。

この様子を見るに、こちらのクラスターと同じ産地でしょう。

角閃石の入り方や形がこちらにも似ています。


緑泥入りのポイントがたくさん入れられた箱の中から見つけたものですが、買った時期が違うクラスターとのつながりが見えてくるのが面白いです。

見つけちゃった

えんとつ

2010年の池袋ショーで見つけた石です。
種類も産地もバラバラな石(鉱物標本)をころころ並べている店があり、「おっ」と気が付いて覗き込んでみたら、見つけました。

ガーネットと水晶です。
2本の水晶がくっついている、その片方にガーネットがたっぷりくっついていて、いくつかは内包されています。

お店の人曰く、ツーソンでまとめて買ったので、産地がごちゃ混ぜになってしまってわからないとのこと。
ガーネットと水晶の取り合わせは各地にありますが、たまたまガーネット入り、というものなら、一点ものとして特別扱いされそうです。
このように他の標本とごちゃ混ぜになるなら、ガーネット入りがさほど珍しくない産地の可能性があるのでは?
そこで思い浮かぶのが、中国(福建省)とパキスタン。
福建省産は、スモーキーの場合が多く、ガーネットもオレンジ色っぽいので、色合いから見てパキスタンではないかと思うのですが。

一見地味ですが、しみじみと見るとなかなかに景色がいいじゃありませんか。
水晶らしい形をした部分と、ガーネットがたっぷりくっついたために先端部分が結晶できなかった部分。
見た目の対比もいいですが、水晶とガーネットが結晶したタイミングを想像するのも楽しいです。

漆黒の塔

あらさい2

石好きも長くやっていますと、周りの石好き友達に好みがすっかりバレバレです。

この石も、「KUROさん、こういうの好きでしょ」とバレていたのみならず、「好きだと思ってキープしといたよ」。
つまり、一足先に来ていた石好き友達が、私好みの石を見つけて、自分の籠の中にキープしていてくれたのです。
そしてその「目」は確か。

もろに私好みど真ん中。

ブラジルはミナスジェライス州、アラサイ(アラクワイ)のモリオンです。

モリオンといいつつ、表面付近は透けていて、つやもあるんですが、これは表層近くは透明な層になっているからです。
全体の形としてはカテドラルといいたい感じですが、表面のごつごつ具合は、むしろ、エレスチャルとかジャカレーといいたい感じ。


アラサイモリオン

こうやってアップにすると、なんだか蒸気機関車っぽい?

黒くて、ごつごつしていて、ワイルドで……力強い。
わかりやすい美しさではないけれど、この力強さは魅力です。

さんびゃくえん

国産ファントム

お久しぶりの国産石です。
数年前のミネラル・ザ・ワールドで買った石。
例によって会場をうろうろしておりましたらば、国産水晶を小さい箱にがさっと入れて売っているのを見つけました。
国産、と大々的に宣伝しているのではなく、ふと見るとラベルが国産だったのです。

大部分は割れたかけらのような、土がついたままっぽいものでしたが、じっくり見ていくと、結晶の形がほぼ残っているものもあり、そんな中から見つけたのが、今回の石。
ラベルは茶水晶ですが、スモーキーといえるほど色は濃くありません。
根元には土がついたまま、先端にはややダメージがあるけれど。
中には黒いつぶつぶが入っているし、それがなんだかファントムっぽい。

国産で。

しかもまだ持ってない鳥取産で。

内包物ファントム。

お値段300円(2.5センチほど)。

この出会いを逃す手はないでしょう。即決!

この黒いつぶつぶは、ヘマタイト……という説明を見かけたんですが、正確にはなんだろう。
ヘマタイトにしては厚みがあるようにも見えるのですが。


納得できなーい!

引き続き新パソコンの色の悪さを嘆いています。
いわく、今どきのツルピカ液晶と以前の艶消し液晶では、バックライトが違うとかで、ツルピカ液晶の方が白は本当の白を表示していて、以前の艶消し液晶の方が、実は色がくすんでいたんだという説明がありましたが、全体違うと思います。

なんたって、色合いが艶消し液晶が太陽光の下で見る色ならば、ツルピカ液晶は蛍光灯下で見るような「顔色の悪さ」。
特にWindows7では、ブラウザの画面のあちこちに青系の色を使っているので、よけいに「顔色悪い」感じに見えます。

ガンマ値や色合い、彩度をいじってみましたが、まだ顔色悪いです。画面がギラギラしているので我慢の輝度を下げているんですが、下げると一層顔色が。

せっかく、今どきのはやりに逆行して黒を選んだのに~。
というのも、最近は白やピンクや水色など明るくカラフルなパソコンが多いようですが、私は、少なくとも画面周りは黒じゃないと嫌です。
ここが白だとそこばかり目が行ってしまうし、色があると中の画面の色が影響を受けて見えてしまうから。

調べてみたらツルピカ液晶はネットサーフィンなどには適さないとか。
なんだそれは。
いくら今どきのパソコンが地デジやDVDを見たりする機能を充実させてきているとはいえ、ネットを見たり、文章を書いたりするのも、立派な用途じゃありませんか?

納得できないぞー!

テスト

そろそろ10年選手になりかけていたパソコンを、新しいものに変えました。

WindowsXPからWindows7へ。
デスクトップからノートへ。

これまでのデスクトップパソコンで一度はハードディスク取り替え、一度はアップデートでの不具合でリカバリ、と真っ新状態のパソコンからやり直しましたが、何度やってもめんどくさい。

今回は、まだまともに動いていたパソコンからの乗り換えですが、XPから7になったことで、フォトショップやホームページビルダーや一太郎は使えなくなるわ(古すぎてWindows7では動かない)、そのおかげで単語登録が再び真っ白けになるわ、データ引越しソフトをつかったのに、やっぱりうまくいかなくて手動でデータを移したりとひと騒動。

なんでもっと簡単にならないんだ!

新しいパソコンはさすがにメモリもたっぷりで動きが速いし、これまでなぜか嫌われていた楽天関係も表示できるし、改善された点もあるんですが、やっぱり~やっぱり~、最大の不満が!

ディスプレイの色が悪すぎる!

お店の人は、どんどんきれいになっているといいますが、私は逆の意見です。
大体、今どきのぴかぴか液晶は総じて色が悪い。

ぎらぎらするし、映り込みは激しいし。
速攻で映り込み防止のフィルムを張りましたが、色の悪さはそのまま。
なんというか……ハレーションを起こしてませんか?
明るいところが強調されすぎてます。もちろんディスプレイの明るさは手動で調整しましたが、それでも明るい部分が強すぎます。
そして、全体的に青みを帯びすぎ。これまでのディスプレイで見ていた写真、たとえばブログの写真も、新しいパソコンで見ると、写真を外に張り付けて色があせ始めた感じに見えます。
どこかで調整できるのかしらん?

というわけで、しばらくいろいろ不調かもしれません。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム