INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

バッタリ2

国産じゃ!

採集に行かれる、ディープな石好きさんの知り合いが増えてからというもの、素晴らしい水晶を見せていただく機会も増え、「やるじゃないか、国産!」と、認識を新たにしています。

私の持っているのは、まあ……お財布相応のものですが……それでも「外国産にゃ、負けないぜ」と言いたくなります。
いや、その、日本産だから、外国産だからとどちらかを差別するわけではないんですが、これまで知らないがために「国産の石って地味」と思い続けていただけに、その反省を込めて。

連続バッタリ鉱山。

バッタリ ふんわり

前回がファントム入りだったのに対し、今回は全体的に内包物入り……に見えて、これも実はファントムのようです。
先端付近をじっくり見てもらうとわかるんですが、限りなく表層付近に、ファントム。

何とも繊細な色合い、風合いで、先端と中ほどで色合いが異なって見えるあたりが、何とも心にくいまでの美しさ。

ところで、この石。
角閃石と思しい内包物の様子、淡いグリーン~オレンジベージュの色の変化……どこかで見た覚えがある。

う~んと頭をひねって思い出しました。

これだ!



なんとガネーシュ・ヒマール産水晶です。

今回のバッタリ水晶の方が、内包物がきめ細かい感じですが、色合いな内包具合がよく似ています。
ということは、ひょっとすると成長した環境も似ていたんだろうか。
思わぬそっくりさんにバッタリ……。


ところで、blog拍手で「国産の水晶って結構な確率でファントムの入っている物が多いですよね!!」というコメントをいただきました(いつもありがとうございます!)

言われてみると、たしかに多いような。

でも、採集に行っている石好きさんの話を聞いていると……。
現在、日本では商業的に水晶の採掘をしていません。国産水晶として出回るのは、個人で掘りに行っている人が採ってきたもの。
そして、水晶が採れる場所というのは、たいてい山の中で、そこまで山を登り(登山道なしの場合も多し)、ガマ(晶洞)を探して地面を掘り、岩をたたき、えっさえっさと探すのです。
いくらそれが好きで行っているとはいえ、慣れたベテランさんとはいえ、やっぱり大変なことは大変なわけで……。

そして、石は重い。

山越え谷越えたどり着いた場所からは、再び山越え谷越え返ってこなければならないのです。
石が出るかどうかもわかりませんが、運よく見つかったとしても、全部を持ってくるのは大変です。
そのため、
「見つけたけど、透明だから(または先端が欠けていたから)置いてきちゃったよ~」
……ということに。

つまり、持って帰ってくるなら、それなりに見どころがある石を、現地チョイスすることになるわけです。
その結果ファントム入りなどが選ばれがちになるのでは……。
売られている石の割合が、そのまま産出の割合とは限らない、というわけです。

ばったり(倒れそう)

国産水晶!

バッタリ鉱山

甲府は水晶峠のバッタリ鉱山産。
透明な水晶の中に、和紙で作ったようなもこもこくっきりファントム!
白さ、もこもこさに加えて、根元の方に見える繊維っぽい感じが、和紙感アップ。

何て味わい深く面白いファントムなんだ。

これは今年(2011年)6月の飯田橋・ミネラルマーケットで買ったもの。
このほかにも緑っぽいファントムが入ったもの、内包物が全体的にはいって色づいているものなど、実にさまざまなバリエーションが出る産地のようです。

それにしても……バッタリ鉱山……なぜ、バッタリ?

この産地に採集に行ったことがあるという石好きさんに聞いてみたところ、
◆ここで馬がバッタリ倒れたから
◆昔水車があって、バッタリバッタリ音を立てて回っていたから
……など名前の由来は諸説ある様子。

それに加えて、
「ここ、馬が倒れるほど険しいかなあ?」
「いや、荷物を積んでいたらきついかもしれない」
「水車があったとしたらあのあたりじゃないかな……」
などと、現地を知る人ならではのリアルなお話も。

採集までしちゃう人は、さらにすごい石をお持ちだったりもするわけで、そんなのを拝見すると、私の方がバッタリ倒れそうです。

やるじゃん国産!

結晶ローズ

ローズ結晶

写真の石は、塊状に見えるかもしれないが、長石と思しい白い母岩の上に、ごつごつっとした形のローズクォーツの結晶がくっついている。大きさはローズ部分だけで2センチほどあるので、ローズクォーツの結晶としては大きい部類にはいるのかもしれません。

ところで、鉱物というのは結晶しているのが前提条件なので、タイトルの「結晶ローズ(クォーツ)」というのは実はおかしい。
結晶の形をしていない、かけら状(塊状)のローズクォーツでも、構造としては結晶しているのだから、正しくは自結晶のローズクォーツ、または結晶形のローズということになります。
たまに鉱物分野の話では、結晶の形がきちんとしていることを「結晶している」、塊状で結晶の形が判然としないものを「結晶していない」と言っていたりするので。ご注意を。かつて、頭を悩ませた経験があります。

さて……今日、ローズクォーツを引っ張り出してきたのにはわけがあります。
ブログへの検索ワードに「ローズクォーツ、クラスター」というのがありました。
確かにローズのクラスターはのせているけれど、最近売られているクラスターはどういうものか……と思い立って検索してみたらば、不可解なものが。

……かけら状のローズクォーツが「クラスター」の名前で売られてるんですけど?
もしかしてこちらの石のように、結晶形をしているけど、一見すると塊状に見えてしまっているのだろうかと、何度もじっくり見てみましたが、間違いなく塊状です。

これが個人ブログで、たまたま呼び方を勘違いしていた……というならまだわかりますが、私が見たのはショップの商品ページです。

つまりクラスターと言ったのはショップ、石を扱い、それを売っている人です。
見かけたのはネットショップですから、その人はネット環境に不自由はしていないはずです。
回りくどく言いましたが、言いたいのはこういうこと。

少しは疑問に思わなかったのか?

ちょっと検索すれば、クラスターがどういうものかわかるでしょう。
少なくとも塊状のものをクラスターと言っていない例はすぐに出てくるでしょう。

これは今回の写真のような石をクラスターと呼ぶか呼ばないかというような問題ではありません。

クラスターというのは石の分野では「群晶」の意味で、結晶がいくつも集まったもののことです。それとかけら状の水晶(石英)を間違える? ありえません。
ショップの説明がそれでは、「調べてない」「調べようともしていない」としか思えません。

ちなみに、今回の石だったら、私はクラスターとは呼びません。
群晶……結晶が群れている形状ではないからです。
ごつごつした形ではあるけれど……エレスチャルとも呼ばないかな。
エレスチャルというのは、骸晶というタイプの結晶で、これは骸晶ともちょっと違うように思えるのですが……。





最初に買ったのはこっち。

クロム雲母付

先日、小さいバージョンが出たので、今度は大きい方。
新宿ショー初日に、大きさと値段をはかりにかけて、う~ん、う~んとうなりながら選んだものです。

この石は、水晶部分は白濁していますが、よく見るとファントム入りのものがあります。
もちろん、最大のポイントは鮮やかな緑で形がしっかりしているフックサイト。

フックサイトはご存じクロム白雲母……マスコバイト(白雲母)がクロムで緑になったものです。
ところが、フックサイトと言っても雲母らしい形がしっかりしているものは意外に見かけず、見かけたとしても塊状、キラキラしているので雲母だとわかるけれど、雲母らしい六角形の形は見えない場合が多いです。

この産地のものは、それがしっかり確認できるという点でも面白い。
部分的に内包されているのも見逃せません。

ファントムとフックサイトと、もう一つはルチル。
赤みを帯びて、籠目状に絡み合って結晶しているのもポイントです。

これらの特徴と、全体的な形のまとまり。
全部が一つに備わって、手ごろな大きさ・値段であるならばそれがベストですが、そんなものがそうそうあるわけがありません。
たいていは、いいけど大きくて高い、手が届く範囲だけど、すべての特徴がそろってないものばかり。
そこで、何を選びどこを妥協するかが悩みどころです

ということで選んだのがこの石。

掌サイズ(一応死守!)、形良し、フックサイトのはっきり度、量・よし。ちょっぴり内包されている部分もありますし、 よく見るとファントムも入ってる。
……抑えられたのはそこまでで、ルチルまで手が伸びませんでした。
ルチルがきれいに入っているのは高いか、形があまりよろしくなかったので。
(でも、ルチルの特徴が忘れられず、昨日の小さいバージョンを買ったわけですが)

頑張って選んだおかげで、同じ種類の石が並んだIMAGE2011では、悩まずに済みました。


クロム雲母付2

いろいろ情報

ネットで見つけたいろいろ。

◆巨大隕石のクレーターの上に築かれた城塞都市「ネルトリンゲン」 http://t.co/rkuiCu2z
大昔の隕石クレーターの中にすっぽり収まっている、中世そのままの街並み……。なんとこのクレーターができた時の隕石衝突で、モルダバイトができたのだそうです。

◆ラリマーの採掘現場はこんなかんじ。http://www.larimar.barahonabarahona.com/mining.php(海外サイト)
いろいろハードで危険な様子。
これを見ると「三大ヒーリングストーン」という名前が皮肉に思えてきます。(採掘現場役や国が平穏でないのはこの石だけではないけれど)
2枚目の写真……これってトンネルの壁面が全部ラリマー?

まずは小さいのから

フックサイト・ルチル付

今年(2011年)6月の新宿ショーでお目見えした、フックサイト&ルチル付水晶です。
初日にしっかし利他クラスターを買ったんですが、それにはあいにくとルチルがついておらず、後日、この小さいながらもフックサイトとルチルがついたこの石を買ったのでした。

ゆえにこの石はフックサイト&ルチル付水晶2号。
でも、順番通りにクラスターの1号から登場してしまうと、大きさと形ではさすがに見劣りするのでこちらから。

見劣り……といはいえ、この石だって、ちゃんとフックサイトはついているし、ルチルは赤く籠目状になっています。
まさらには、籠目状ルチルが水晶の成長を阻んでいるような……これは、一種のグロースインターフェレンスでは。

小さいけれど、いろいろ特徴が出ていて、良いではないか。
「……どうして、売れ残っていたんだろう?」
と言っていたら、石好き友人曰く、
「こういう変な石を買うのは、KUROさんくらいだからだよ」
え~? 変かなあ?
確かに形が整っているとは言い難いけれど。抑えるべき点は抑えているし、手ごろな大きさだし。
……この整ってない形が「変」なのかしらん?


ところで、いい加減耳にタコかもしれませんが、私は強固に針状内包物を何でもかんでもルチル・クォーツと言ってしまうやり方には大反対。
いくら「流通名だから」「それで通じるから」といっても納得できません。

ルチルには「針状の」という意味はないし、ルチルという鉱物名であるからには、ルチルという鉱物が入っているからルチル・クォーツ(ルチルレイテッド・クォーツ)
トルマリンだったら、トルマリレイテッド・クォーツ。
単純にして明快!

……とはいえ、見た目だけでこれはルチル?トルマリン?と判断に迷うものがあるのも確かです。

その時こそ、「針入り水晶」という便利な名称があるじゃありませんか。
黒い針状内包物なら「黒針入り」、緑だったら「緑針入り」。見た目通りでこれも明快!
どうして「針入り水晶」の名前を使わないのか、疑問です。

もしかして、カタカナでないとかっこよくないとか?

しかしながら針入り水晶=ルチル・クォーツではありません。
針入り水晶に対応する言葉は「セージニティック・クォーツ」あるいは「サージェナイト」
こちらでも「肉眼で確認できるニードルインクルージョンを内包するクオーツ」と説明されています。

サージェナイトというのは、ラテン語の魚網(sagena)に由来するそうで、縦横無尽に内包された針状結晶は、なるほど、網みたいに見えるかもしれない……と思いつつ、さらに検索していたら、ちょっと違った説明が出てきました。
海外のミネラル・データベースmindatでは網状に結晶したルチルがsageniteだと言っているようすなのです。

網状に、というのはおそらく今回の石にも見られる籠目状のことでしょう。
なるほど、これならさらに「網」。サージェナイトの語源にもピッタリではあるけれど……どっち?

スモーキーファントム・プラスα

スモーキー・ファントム+

スモーキー・ファントムです。
うっすらスモーキーにファントム入ってます。
メインフェイス(一番大きい錐面)の向かって右側にちょっと濃いめのぼかしのように見えているのがファントム。

さてこのファントム入り、ちょっといろいろひねりが入っています。
まず、柱面は不純物がくっついて白く濁っているのに、メインフェイスだけは透明度を保ってぴかぴか。
おかげで内部のファントムが見えます。

白く濁った柱面も、よく見ると透明層が一層おおっているようす。
その透明層が、一面だけを覆っていなくて、そこを正面に撮ったのが今回の写真。
ファントムが見えるメインフェイスの下の柱面の両脇に、透明層の断面が見えているのがわかるでしょうか。
どのうえ、なんだか四角い影のようなものが映っていて、これは外からは見えないファントムの一部っぽいです。

思い返してみると。

パキ・アクア、ヒマラヤ

思い返してみると、このアクアマリンがパキスタン産としては初めて買ったものでした。
アフガニスタン-パキスタン産石の局地的ブームより前、パキスタン産アクアマリンじゃなくて、「ヒマラヤ産アクアマリン」という名称で売られてましたっけ。

このころはネパールでアクアマリンが出るんだって、と聞いたばかり。
ネパール=ヒマラヤくらいの意識だったので、じゃあ、これが?……と手に取ってみたら、ネットで見たネパールのアクアマリンより色が薄い。よくよく聞いてみるとパキスタンだというじゃありませんか。
パキスタンとヒマラヤがまだ頭の中で結びつかなくて、
「パキスタンもヒマラヤなんだ……」
とつぶやきながら、ヒマラヤってネパールやインドだけじゃなくって、どこからどこまでなんたっけ、と漠然と考えた覚えがあります。

今思えば、これがパキスタンでヒマラヤというなら、ギルギットとかシガール産。
ヒマラヤ山脈はパキスタン北部のナンガパルバット山までなので、ちゃんとヒマラヤの範囲に入ります。(とはいえ、ギルギットやシガールはインダス川沿いの谷間にあたるんですが)
だから、ヒマラヤ・アクアマリンともいえるんですが、アフガニスタン-パキスタンブームでいろいろアクアマリンを買ってしまった身としては、これが全部、ヒマラヤアクアマリン!……と言われても、かえってピンときません。
なんだか、パキスタン産はパキスタン産と思ってしまうんですよね。

コク色

コク色

なんだか、久しぶりに見つけちゃった、という印象のスモーキー・シトリンです。
「コクがある色合い」とでも言いましょうか、中心部のシトリンも色合いはけっこう濃くて、その上にスモーキーがかぶさっていることで、さらに色合いがこっくりと濃くなって、他の石の中にあっても目を惹く「コク色」。

もしかしたら、シトリンだけだったら、「渋い色」「天然のシトリンて、渋い色が多いよね」とか言っていたかもしれない。でも、スモーキーと一緒になることで、黄色さが際立ち、深みのある色合いになったような気がします。



スモーキー・ルチル

スモーキー・ルチル

か~な~り古参の、ルチル入り水晶です。
ちょっと淡目のスモーキーに金色ルチルがすっきりと入ってます。
なのに、石の形と色・ルチルの内包をうまく写せなくて、今頃の登場となりました。

ところで、タイトルにスモーキー・ルチルと書いて、これではちょっとまずいかもしれない、と思ってしまいました。
というのは、ご覧のとおりスモーキーに金色ルチルが入っているので、スモーキー・ルチルと言ってもいいと思うんですが、そういえば「○○ルチル」という場合には、ルチルそのものの色合いを表していることが多いなあ……と思ったのです。

金色だから「ゴールド・ルチル」、赤いから「レッドルチル」、黒いのもありますが、ブラックルチルと言われているものの多くはトルマリンの場合が多いですけども。(トルマリン入りなのにルチルというのは間違いだし、それで流通しているから、知名度が高い方がわかりやすいからというのは、納得できません!←しつこく言います)
だから、見た目そのままではあるけれど、スモーキー・ルチルと言ってしまうと、スモーキー色(ってどんな色だろう)のルチルという意味になってしまうのか?

……と考えて、ふと気が付きました。
今回の石のようにスモーキーにルチルが入っているのは、あるにはあるけど、無色透明水晶にルチルほどには見かけない。
一応検索してみたけれど、あるにはあるけど、だいたい今回の写真くらいの濃さ以下~ほぼ無色に近い、淡いスモーキーのものがほとんど。
ビーズになるとさらに少なくて、淡い。
まあ、ビーズにすればただでさえ色は薄く見えてしまうから仕方がないといえばそうなんだけれど。

でも……がっちり濃い、かなりモリオンに近いぞ、という濃さのスモーキーにルチルってあまり見かけないような気がするんですけれど。
色が濃いと見た目で分かりにくいから、見逃しているだけ?



酸の海を潜り抜け

荒川2

二つ目、荒川鉱山の緑水晶です。
1号と同じ日に、だけど違うとこで買ってしまったもの。
買ったのはこっちが先だったかな?

こちらの石で、「おお、荒川の緑!」と飛びつき、ふたつめは色の美しさにひかれたのでした。

さて、この荒川の緑水晶、聞くところによると、鉄さびだらけの状態で見つかるらしく、濃い塩酸で鉄さびを溶かして落として、やっと緑水晶だとわかるんだそうです。

今回の石では、鉄さびが部分的に残ってますし、全体的にうっすら茶色がかって見えるのは、やはり鉄さびのせいでしょう。
最初(1号)のようにきれいにするのは、大変だったことでしょう……。

ところで、水晶は、腐蝕に比較的強い鉱物なので、酸でクリーニングすることができます。
同じことをカルサイトでやったら、溶けちゃいます。

よく、パワーストーンで、石を特別視するあまり、「こんなことしちゃったけど大丈夫?」と心配する人がいますが、実は水晶は結構タフ。
なんたって強酸でじゃぶじゃぶ洗われてるかもしれないのです。


金色、つぶつぶ

りびあん・ごーるど

モルダバイトも好きですが、リビアングラスも好き!
……いや、買っちゃう率から言ったらリビアングラスの方が高いかも……。

ところで、このリビアングラス、最近はビーズでも出回ってます。
原石は何年も前からミネラルショーで見ていますし、けっこう大きいのがあるのも知っていますが、最近ビーズで見かけるくらい……というかそのビーズを作るくらいざっくざっく出ているものだろうかという点は、やや疑問ではあります。
その思いは私だけではなかったようで、
「リビアングラスに、偽物があるということだが、見分ける方法は?」
という主旨の質問を、続けざまにいただきました。(メッセージありがとうございます!)

……が。
リビアングラスで偽物。
そういわれると、こっちも疑問。

確かに「リビアングラス 偽物」で検索すると、
「最近、モルダバイトやリビアンデザートグラスの偽物が大変多く出回っています。」
という説明が出てきます。
モルダバイトに至っては、原石状態で「これは怪しいだろう」というのを実際見たこともあります。

でも、リビアングラスも「偽物が大変多く出回っています」なんでしょうか?

私は、まだ「おお、これはあやしい」」というものを見たこともないし、リビアングラスとモルダバイトを比べたら、リビアングラスの方が偽物……フェイクを作るのが難しいと思うんですけれど。

フェイクを作るのが難しいだろうと考える理由は、この丸いつぶつぶです。(注:ビーズの場合)
これはクリストバライトと言われています。
これを、素人目にはわからないくらい、真似して作れるか?

リビアングラスもモルダバイトも、アモルファス……結晶していない、(天然)ガラスですから、ガラスビーズで騙せるぜと思うのは早計です。
モルダバイトは、目立つ内包物がないので、色味を合わせた色ガラスである程度真似可能ですが、それでも、水あめを混ぜたような流体模様でモルダバイトなのか、ガラスのフェイクなのかを判別するといいます。
ならば、リビアングラスは。

今回の写真に見られるようなつぶつぶクリストバライトを、うっかり騙されるほどまねすることができるでしょうか。
何か、丸いつぶを混ぜたガラスビーズを作ることはできるかもしれません。
でもよく見てください。つぶつぶクリストバライトは真ん丸ではありません。表面もつるつるではなく、ややもこもこしているようにも見えます。大きさも大小さまざまで、混ざり具合は均一ではありません。中にはつぶつぶが一直線に並んでいたりもします。
細かな気泡が混ざるものもあり、気泡の混ざり方も均一ではありません。

そこまでガラスで真似が可能でしょうか。
ガラスだからと言って、フェイクが作りやすいとは限らないのでは。

あ、私は、すぐばれるようなのは、「フェイク」と認めません。
じっくり見比べ、ある程度「いったいどっちだ」と悩むくらいには似ていてくれないと。

たとえば、

こんなのは、スギライトとして売られていたとしてもスギライトのフェイクとは言い難い。
だって悩むほどには似てません。


こんなのは、マラカイトのフェイクというより「ポップな緑縞々ビーズ」ですが、

 
これくらい頑張ってもらうと、おお、「マラカイトのフェイク!」と思いますね。

ですから、「リビアングラス」という名前で売られていても、すぐにばれるようなものはフェイクとは言い難いし(そういうものでさえ見たことがないですし)、そっくりなものは難しそうです。
私がリビアングラス(ビーズ)を選ぶとしたら、クリストバライトや気泡の入り方、色の混じり方、それらをその時扱われているすべてのビーズで確認して判断します。

個人的には、今の段階では、リビアングラスのフェイクは、「ない」あるいは「あれもこれも偽物では!」と心配するほど多くはない、ということにしておきます。

エメラルド!

エメ母岩付き2

やっぱりエメラルドの緑は別格で……というか、別格と思える緑が好み。
前回登場のは、色そこそこ、結晶形がわかるものでしたが、残念ながら透明度はいまいち。

今回は、結晶形は今一歩ではありますが、透明感があって、透かすと美しい(小さいけど)

結晶がきれいなものはなかなか手に入らなくて、才色兼備な石は高値の花……もとい、高嶺の花。

いつかきっと。
とか
たくさん出れば、値崩れして手が届くかも。
……とは言えないあたりが、宝石鉱物、貴石の悲しさ。
大きくてきれいなのがあったら、カットに回されちゃうでしょうから……。



水晶峠

水晶峠2

国産水晶、その名も水晶峠産。
何て素敵な産地名♪

以前から、国産水晶には興味がありました。
少々……いや、かなり地味で、外国産に比べたら見劣りしたとしても、自分の国の石じゃありませんか。
そこはそれ、やっぱり押さえておくべきでしょう。

……なんて思っていたのは、今は昔。

最近は、実際採集にも行っちゃう石好きさんからいろいろ話を聞いたり、ミネラルショーでの石探しのコツもだいぶんわかってきた&6月の飯田橋のミネラルマーケットにもデビューしたおかげで、国産水晶を目にする機会も増えてきました。

すると、かなり地味なんてもんじゃない。見劣りなんてとんでもない。
この狭い国土で、商業用に大規模に採掘もされてないのに、なかなかどうしていろいろ個性的で味わい深くて、石好き心をくすぐる水晶が出てきてくれるじゃあ、あ~りませんか。

水晶峠にしても、最初はこちらのようなファントム入りしかもっていなくて、水晶峠の水晶とはこういうものだと思い込んでいたのが、美人な白濁タイプとかほかにもいろいろ出る、しかも沢を挟んであちらとこちらで色合いの違うのが出るとか、「水晶峠」という一つの産地でくくってしまうのがもったいないようなバリエーション。

そのほかの産地でも、「え、コレ、国産!?」なんてのが出ています。

というわけで、国産=地味という認識は、すでに彼方。

今回の水晶峠はうっすらスモーキー、柱面には何か別の鉱物が食い込んでいたような痕跡があります。
傷跡のせいで透明度がいまいちに見えていますが、実はなかなかの透明感。

実際に石を手にしながら、
「こんな山道を行ってさあ……」
「山の上は寒くて」
「石を割って、ああやってこうやって」
……という最終体験談を聞くと、味わいもひとしお。

どや猫

「変な石」好きの延長線なのか、「変なもの」を見つけると欲しくなるんですよねえ。

いや、変なものではないかもしれないけれど、ちょっとばかりひとひねり。

ねこ

樹脂製だという猫。

実はこれ、数か月前に見つけていたんですけど、その時は買わなかったのです。
それだけ日がたてば売れているだろう……と思って忘れていました。

……が。

まだいたのか、お前!

ねこ2

この、ふてぶてしいツラが何とも言えません。
他にもこの猫シリーズはあったんですが、ほかのは二匹で仲良しだったり、ネズミとじゃれてたり、ぐて~っと寝ていたり、それなりにかわいいのに、これだけが、すばらしくふてぶてしい

ねこ3

そのうえ、この抜群の(ぽってりとした)プロポーション。得意げなしっぽ。
ううう~、買っちゃう!
……というわけで我が家にやってきたのですが、

ねこ4

これはもう、「どや顔」としか言いようがないのではありますまいか。

でも、このにんまりと耳にまで届きそうな口で、「ニカッ」と笑ったら、それはそれで怖いかもしれない。
なんだか、タダモノではない感じがありありと。

知らないうちに、しっぽが二本になっていたりしても、驚かないようにしよう……。


最後にちょろっと石。
この猫を買った店で、変な石のスカルを見つけました。
最初はドラゴンブラッドジャスパー(淡い方)のスカルを見つけて、「お、ドラゴンブラッド」と手を伸ばしたんですが、途中でその手が方向転換。その手前に変な石。

カイアナイトがごちゃっと集まると、部分的に雲母みたいに輝きますが、ちょうどそんな感じの輝き方で、色が鮮やかな深い緑。
光ってないところは黒に近く、他に黒い針(太目)のものも混じっているようす。
総合すると、黒~緑で、部分的にメタリックな緑に輝く、あやしげな石。
一瞬、フェイクかと疑いましたが、手触りは石。
店員さんに聞いてみると、店長らしき人に電話で確認して、
「孔雀石ということらしいんですが……」
孔雀石? マラカイト? 絶対違う。

これで小さくて安かったら買っちゃうところですが、その逆だったので断念。
う~ん、でも何だろう、気になるな。
今のところ、あてずっぽうに近い予想でクロムダイオプサイド。

でも、クロムダイオプサイドの大きめの塊って見ないよな……。

贅沢に文句

ギルギットブラック1

局地的パキスタン石ブームがやってくる以前、ギルギットの黒水晶は憧れでした。
某ネットショップで見かけて、ごつくて威風堂々な感じにやられていたのです。
でも、その時は石は大きいし、もちろん高いし、手の出る石ではないとあきらめていました。

ところがその後、、思いがけず、アフガニスタン・パキスタンの石をたくさん手にする機会ができて(この地域の石を扱う店ができたのです)、「そういえば、ギルギットの黒!」……と探したのですが、不思議なことに初期には黒水晶が出回らず。
「やっぱり少ないのか!」
と再びあきらめ始めたころに出会ったのがこの石でした。

大きさは4=5センチほどと手ごろ。
黒水晶にありがちなことに、表面に白区濁った層がかぶっていて、中が黒いことは黒いのですが、その黒さがよく見えない。
でも、黒。

そしてほかの水晶よりは、高め。

これはどうやら、黒水晶だからではなくて、一緒にくっついているトルマリンのせいらしいのです。

ギルギットブラック2

水晶だけよりは、トルマリンがくっつけばその分高くなる(その店では)。
しかもこのトルマリン、インディゴライトと言えそうな色合いなのです(ちょっと緑っぽい気もするんですが)。

その時の私は、とにかくギルギットの黒が欲しかったので、
「こんなの(トルマリン)がくっつくから、高くなるのよ~!」
……などと文句を言っていたのですが、今思えばなんて贅沢な文句。
今振り返ると、黒水晶にこういう色合いのトルマリンがくっついたのは、他にもあまり見かけないので、買ってよかった石になってます。

文句を言ってごめんね。

レッド……レムリアン?

アクセス解析で見た、検索ワードに「レッド・レムリアン」というのがあった。
またもや、新しいタイプのレムリアンが出てきたらしい……とさっそく検索。

今や、世界各地でレムリアン(コロンビアとかザンビアとかペルーとか)だけど、今度はブラジルらしい。
これまでにも、タンジェリンだのゴールデンだのが出てきたけれど、見てみればタンジェリンというには赤いが、赤水晶と呼ぶほど赤くはない、そんな感じ。
中には表面を赤黒くコーティングしたのが半ばこすれ落ちたようなのもあり。

一通り見てみたところで思ったのが、これはリチウムが噛んでいそうだということ。
想像だけれども、検索結果の画像で見た限りでは、鉄の赤だけではなさそう。
鉄の赤は、オレンジ~茶色系の色味だけれど、「レッド・レムリアン」で見かけたものは、何となく紫というかセピアピンクに傾きそうな色味。
これは、リチウム・コーティングの水晶にとても近い。

リチウム水晶というと

こんなセピアピンク~あずき色だけれど、
これがコーティングに回るとこんな感じ。

プラム
※注:これは産地がミナスジェライスとしかわからないので、レムリアンとは判別できません。(たぶん違う)

これに鉄が一緒になると、「コクのあるオレンジ赤」な感じになるようです。

さすがにこんなに赤い「レッド・レムリアン」は出てないみたいですけど、ネットで見た色合いは、リチウム単体というよりちょっと鉄っぽい色合いも混じっているでしょうか……。

……あら?
さらに検索していくと、全然赤くないのや、従来のものとほとんど変わらないうっすらピンクのまで「レッド」になってるような?
実物を見ると違うのだろうか……。

「レッド・レムリアン」という新しいタイプが出た、というよりたまたまちょっと赤いみたい……と考えた方がいいかもしれない。

龍の鱗

カーボランダム

カーボランダムまたはシリコンカーバイトと呼ばれる炭化ケイ素です。
「七彩石」の名前でレア石扱いされているのを見たこともありますが、人工結晶です。(ただし、七彩石と呼ばれる石は、レインボーヘマタイトなどほかにもあるようで、要するに見た目メタリックな虹色の石、という程度の名前でしょう)

なんというか、重なるさまがまるで龍の鱗!

「ジェイド」に思う

「○○ジェイド」と名前がつくビーズがたくさんあります。

ジェイドというと、たいてい翡翠のことであるとされていて、翡翠にはジェダイドとネフライトがあって、でもちょっと似ているだけで「翡翠」の名前を拝借しているものも多くて、そういうものはフォールス・ネームと呼ばれている……という説明が続くわけですが、最近しみじみと考えます。

ジェイドって翡翠と理解していいんだろうか。

や、もう一度。

「○○ジェイド」すべてを「○○翡翠」と解釈し、翡翠のお名前拝借石……フォールス・ネームの石と思っていいんだろうか?


インド翡翠ことグリーン・アベンチュリン(グリーン・フックサイト

バーダイト
トランスバール翡翠ことバーダイト(ヴァーダイト/ベルダイト)


中国翡翠ことソーシュライト
……これらは緑の翡翠に似ているといえば似ているので、私たちが翡翠と聞いて思い浮かべる緑のジェダイドのお名前拝借石といわれると、なるほどそうかもと思えます。
でも……ビーズで見かけるやたらに派手なキャンディ・ジェイドとか、ヘタすると蛍光ピンクじゃないかという色合いに染められたのとかにも「ジェイド」の名前がついていますが、コレって、翡翠をまねしたかったと思えますか?

私も、ジェイドとは翡翠のことで、翡翠にはジェダイドとネフライトが……と考え、そう説明してきましたが、最近ちょっと違います。

ジェイド=翡翠じゃなくて、ジェイド=玉(ぎょく)なんじゃないだろうか?

玉(ぎょく)とはなんぞや、と説明し始めるとややこしくてぼろが出そうなので、大雑把にいいますと、玉(ぎょく)というのは鉱物名に関係なく、古代中国の人が美しいと考えた石のこと。
今のように成分や結晶系で石を判別するやり方が生まれる以前、古代中国の人が「これは美しい」と考えた宝石です。
今、「宝石」といえば、透明あるいは色つき透明で、カットするとキラキラとゴージャスに輝く石をイメージしますが、古代中国の人にとっては、白や淡い色で磨くと滑らか、しっとりとした輝きを持つ石こそが美しいものでした。
もっとも美しいとされたのは、和田(ホータン)の白い玉(ぎょく)。
半透明の濡れたような艶を見せるその石は、羊脂玉(ようしぎょく)と呼ばれます。

この「玉(ぎょく)」を今の鉱物で分類すると、ネフライトだったり、カルセドニーやソーシュライトだったりするので、頭がこんがらかるわけです。
例えば「玉(ぎょく)」と呼ばれる石にはネフライトがある。じゃあ、ネフライトがすべて玉(ぎょく)なのかと言われると、古代中国の人が美しいと考えた色合いや艶でなければ、「玉(ぎょく)」ではない。

「玉(ぎょく)」というのは、一種の宝石名みたいなものです。
長石のところで、ムーンストーンというのは宝石名で、鉱物名で言うと正長石や玻璃長石になるけれど、正長石全部がムーンストーンかというと、そうではない。これらの長石の中で丸く磨くと月光のようなぼおっとした光が現れるものがムーンストーンである……と説明しましたけど、これと同じこと。
見た目重視の名前なんですね。

「古代中国」と書きましたが、これも実はある程度影響しています。
……というのは、昔の人々は、まず、自分の住んでいる土地で採れる美しいものを宝石として愛でただろうと思うからです。
先ほど名前が出た「和田(ホータン)」は、今の中国の西の端、新疆ウイグル自治区にあります。……つまり中国の範囲内。
対してジェダイド(硬玉翡翠)は、中国では採れません。

美しいジェダイドが採れる産地は意外に限られていて、中国近辺で言えばミャンマーか日本。
古代中国と交易はあったかもしれませんが、中国で採れる石ではないのです。
ジェダイドは、確かに美しい石ではあるかもしれないけれど、遠くからもたらされるものは、「宝石」の中心とはなりえない……言ってみれば「翡翠(カワセミの羽の色)の玉」……つまり「宝石の中の一つ」扱いなのではないでしょうか。

日本国内になると話が変わります。国内で翡翠、しかも緑できれいなものが採れた日本では、勾玉などに見られるように、その美しい緑の石を尊びました。
つまり、古代日本にとっては翡翠こそが宝石だったわけです。もちろん、日本ではホータンの玉などしりませんから、宝石とは扱われなかったか、交易でもたらされたとしても、翡翠より下の扱いをされたのではないでしょうか。

ここで、
ジェイド=翡翠
「○○ジェイド」と名前がついているもので、ジェダイド(やネフライト)ではないものは、翡翠のまがい物だ
……という認識を一休みさせて、
ジェイド=(鉱物名に関係なく)きれいな石
という認識で見直してみたらどうでしょうか。

すると、
インド翡翠=インド産の翡翠色の玉
ニュージェイド=新しく(中国国内で見つかった)玉と言える石
……とも考えられます。
さらに、キャンディ・ジェイドや、ジェイドの名前がついた派手派で染め石も、「美しい」かどうかは好みが分かれますが、翡翠の名前を借りたまがい物というより、(鉱物名はよくわからないけど)きれいな石とざっくり考えた方が、すっきり理解できませんか?

なんだか、中国側は「ジェイド=鉱物の種類はともかく、半透明なきれいな石(加工もあり)」の認識で売ったものを、仕入れた日本側が「ジェイド=翡翠(ジェダイドのはずだ)」と認識してしまい、「翡翠(ジェダイド)」じゃないじゃないか! まがい物だ!と半ば勝手に腹を立てているケースもあるんじゃないか……と思えてきます。

こんな例もあります。

こういう黄色い石が「黄玉」の名前で売られていることがあります。

黄玉といえば、(日本では)トパーズのこと。

だけど、この黄色い石がトパーズのはずはありません。
これを「黄玉」と言っているのは、漢字で言うくらいですから中国や中国系のショップです。
「似ても似つかないものをトパーズとごまかすのか、けしからん」
……ではなくて、やはりここは見た目通りに「黄色い玉(ぎょく)」なんじゃないでしょうか。

中国側:黄色いから「黄玉」(つまり黄色玉)だよ
日本:黄玉ならトパーズだよね
……と同じ名前で勘違いが生まれているように思われます。
この場合は売る側が、ちょっと気づいて欲しいですよね。






自分で決めるってことで

昨日の雑記の最後に

「何を本物と言い、何が偽物と言われているかを知り、自分はどこからを偽物というかを判断する必要があります。
石は、ここまでは本物、ここから偽物とはっきり分けられるものではないからです。
どちらとも分けられない中間種もあるし、偽物本物を分ける境目も、人によって違うからです。」

てなことを書きました。

だって、初心者だからわからないんだもん。
と、おっしゃいますか?
確かに、今みたいに情報がぐっちゃぐちゃになっている中にホイと放り込まれたら、わかんないですね。
私の場合は、石好きも年季が入ってしまい、その石好き歴と情報がどんどん増えて複雑になってくるのが重なっていて、ある程度情報を追いかけることができたので、「あれがこうなって、こんな名前が増えてきて、か~な~りいい加減に扱われてきてるぞ、注意、注意」と理解&警戒することができたのが幸いでした。

だから、いきなり今の状態では大変だろうな、というのはわかります。
でも、やっぱり興味を持った石については、その情報を追いかけ、
◇その名前がどこのどんな石を指しているか
◇いろいろ説があるというならそれはどんなものか
◇間違いや加工はどんなものがあるといわれているか

ということを……最低でも「その名前がどこのどんな石を指しているか」については把握しておく必要があります。
諸説いろいろあってわからない、というなら、ちょっと待てそれは要注意、ということくらいはわかります。

ちょっと調べてわからない、詳しい人、専門家の人、教えて!……という場合は、それこそちょっと待って下さい。
いったい、パワーストーンに専門家なんているんでしょうか。
今やパワーストーンはクリスタルヒーリングだけでなく、伝統的なお守り感覚のものや風水などいろいろな考え方がごちゃ混ぜのカオス状態です。
ヒーラーやアドバイザーを名乗っていて、その分野には詳しくても、失礼ですが、それだけです。
同じ石について違う分野から全く違う意見が出てくることは珍しくもなんともありません。

この石の意味にこんなのとあんなのといろいろあるんですけど、どれが本当ですか?
……なんて質問があったとして、そのいろいろな意味がヒーリング分野の説明と、風水分野の説明からでてきているものだったら。
答えるのがヒーリング分野の人だったら、その分野の説明を「こっちが正解」というでしょう。
でも、風水の人だったら、自分が慣れ親しんだ風水分野の考え方を是とするはずです。
そもそも、どっちかが正しくて、他方が間違ってると言えるものなのか。

石の意味や効果・組み合わせについては立板に水でも、石の種類の判別にはちょっと難ありというケースも散見します。
パワーストーンの本にも、堂々と「針状のトルマリンが内包されたものをルチルと言います」なんて書いてあったりします。
流通名だと明記したって、正しい言い方ではありませんが、流通名と一言も書かずに言い切る、その根拠はどこにあるか。
流通名だから、それで通じるからそれでいいのだという、そこに正当性はあるのか。
私は、断固「ない」と言いたいです。

逆に、石の判別には詳しいであろう鑑別の分野には、パワーストーンとしての見分け方ははいっていません。
たとえば、「鑑別結果:レムリアンシードと認む」なんて鑑別書は、存在するはずがないんです。

石の判別、いろんな分野にまたがる考え方(意味や効果)、山ほどある組み合わせ、都市伝説めいたあれこれのタブー……それらを全部網羅したマニュアルはどこにもないし、そんな「専門家」にはお目にかかったことはありません。
いらっしゃるなら、ここぞとばかりいろいろあれこれ根掘り葉掘り聞きたいです、私。

ですから、「詳しい人、専門家の人教えて!」……といった場合、では、と答えてくれるのは、パワーストーン全体からみると、その一部分に詳しい人、ということになります。(ネットでのやり取りだと、本当に詳しいのかも分かりません)
質問して、たまたまその質問を目にして答えてくれた人の得意分野(個人的意見)を「正解」としてしまうのか、それでいいのか。
やっぱり最終判断は自分ですることになるわけです。

だったら、私は直接自分で石を判断する方に一生懸命になりたい。
結果、間違いだったとしてもあきらめがつくし、どこで間違えたのかわかれば、次はもっと正しく判断できる可能性あります。
その方が、発展性があるといえるでしょう。

……ということで、私は、だめもとで自分で見分ける、質問したとしても、正解だけを聞くのではなく、いろいろな意見を聞いて自分で最終判断することをお勧めします。


石好きなら、そういうところも楽しまねば♪

「サードオニキス」の用法

カテゴリーが「調べたこと、考えたこと」になっていますが、新しく「愚痴りたいこと」というのを増やしたくなってきました。

ええ、考えたというよりは愚痴りたい。文句を言いたい盛大に。

何かといいますと、「サードオニキス」です。
サードオニキス


これまでにも、何回か、ブラック・サードオニキスというのは間違った言い方だ、これでは「黒い赤縞瑪瑙」という意味になってしまう……と、言ってきましたが。

最近、さらにひどくなっています。

染めた青い瑪瑙(縞模様)を、ブルー・サードオニキスですと!

なんですか、ソレ。

何度も繰り返している話題なので、すでに知っている方には耳にタコができているかもしれませんが。

まず、ざっくりとしたわけ方として、ミクロサイズの石英の結晶が集まってできた石のうち、
◇半透明模様なしのもの:カルセドニー(玉髄)
◇半透明で模様がきれいなもの:アゲート(瑪瑙、縞模様以外もあり)
◇不純物で不透明になったもの:ジャスパー(碧玉)

といいます。
厳密には、ミクロサイズの石英が集まってできた(潜晶質)石をまとめてカルセドニーといい、カルセドニーの中で半透明で模様ありのものをアゲート、不透明なものをジャスパー……つまり、アゲートやジャスパーはカルセドニーの一部という位置づけです。

とりあえずここでは模様なし:カルセドニー模様あり:アゲートと覚えておいて下さい。

今や、オニキスというのは、ビーズでは、真っ黒カルセドニーなものを指しています。
つまり、真っ黒模様なし。

実は、そもそもはこれが間違いの発端なんです。

オニキスとは、真っ黒模様なしではなくて、本来は、黒地にすっきり白い縞が入ったアゲートのことでした。
オニキス

オニキスとは、「爪」を意味する言葉。
ギリシャ神話において、美の女神・アフロディーテが眠っていたところ、キューピッドがその爪を矢で削り落とし、その爪が川に落ちてオニキスになった……という伝説があります。

白い縞模様を爪の白い部分に見立てたのでしょうか。

ともかくオニキスと言えば、「黒い」という色ではなくて「縞模様」の方が重視されていたのです。
その証拠に、建材の世界では、カルセドニーとは全く別の石である大理石で縞模様のあるものに「オニキス」の名前がついているものがあります。

本来は、縞模様があるアゲートのことなのに、小さなビーズにするとすべての粒に縞が入らなくなったからでしょうか、いつのまにか縞は忘れ去れられ、真っ黒模様なしが「オニキス」になってしまいました。

そこからいろいろ狂い始めます。

真黒模様なし……が転じて、「はっきりした単色のカルセドニー(染め含む)」が、色名を冠して「○○オニキス」と呼ばれるようになってきたのです。

例えば、真っ白な「ホワイトオニキス」(ときどきガラスが混じっているので注意)
染めて真っ青な「ブルー・オニキス」

そして、その後を追うように、サードオニキスの名前までおかしくなってきました。

白黒縞瑪瑙が「ブラックサードオニキス」
白っぽい縞模様の瑪瑙が「ホワイトサードオニキス」
そして染めた青と白の縞模様の瑪瑙が「ブルー・サードオニキス」

ブラックサードオニキスなんて、「白黒縞瑪瑙の赤バージョンの黒いの」というむちゃくちゃな名前だぞ!……と笑っているどころではなくなってきました。

整理します。

カルセドニー(半透明模様なし)で赤いものをカーネリアン、茶褐色のものをサードといいます。
最近ではかなり明るいオレンジのものまでカーネリアンと言われてしまっていますが、本来は深い赤のものがカーネリアンです。
カーネリアン

これよりも茶色っぽいものがサード。
ただ、色合いにはっきりとした区切りがないためか、カーネリアンとサードが明確に分けられていることはなく、そのため「サード」の名前がついたものを見かけることはほとんどありません。

しかし、サードというのは、色を表している名前なのです。

ここにオニキス……色よりも「縞」という模様であることを重視した名前が加わって、サードオニキス。
ゆえに、訳せば赤縞瑪瑙。
サードオニキス図

ここでブラックサードオニキスやらホワイトサードオニキスやらブルーサードオニキスという言い方を見てみると、「サードオニキス」というのが「縞がある」という意味に使われてしまっているのが見えてきます。

しかも、縞々模様の瑪瑙はいろいろあるけれど、すべてが「○○サードオニキス」と呼ばれているわけではなく、その区別を見ていくと、「色がはっきりしたくっきり縞模様」のものに使われているようす。(あいまいな色合い、レースアゲートのようなくねって繊細な縞模様のものはサードオニキスの名前では呼ばれていない)

つまり「単色ではっきりした色合いのカルセドニー」=オニキスという誤った認識がここでもまだ生きている……ということは。
なんてこったい。

本来、オニキス=縞模様、サード=色だったのに、
いつの間にやらオニキス=はっきりとした色、
サード=くっきり縞模様
……とまるで逆になっている。


別にいいじゃん、これくらい。
……と思いますか?
私は、ちっともいいと思えません。

わかるからいいじゃないかという意見には頷けません。
色と模様を示す名前を逆にしておいて、わかるからいいなんて言えませんよ。

オニキスの意味や効果を調べるのに、検索してギリシャ神話のアフロディーテの爪を……という話が出てきたらどうします?
今の真っ黒カルセドニーの、どこに「爪」を思わせるものがあるんですか。

歴史ある名前を、勝手に変えるな。

このブログには、「○○ 偽物」「○○ 偽物 見分け方」で検索して来られる方がたくさんいます。

「偽物」を見分けたいなら、どんなものが偽物と言われているかを知り、自分はどこからを偽物というかを判断する必要があります。
石は、ここまでは本物、ここから偽物とはっきり分けられるものではないからです。
どちらとも分けられない中間種もあるし、偽物本物を分ける境目も、人によって違うからです。

自分の「偽物基準」を決めるためには、もちろん本物も知っていなければ無理です。
中にはまだその石を見たことがないけど、偽物があると聞いて、見分け方を知りたいという人もいますが、本物を知らないのに偽物を見分けようなんて無理です。
本物はこういうもので、偽物と言われているのは、こういうところを加工している、こういうところが異なっている……と見分けていくのですから、本物を知らないことには見分ける基準さえ定まりません。

そして、これがその本物か……と見ていくには、そもそもその名前が示す石がなんであるか、どれであるかを正しく理解していなければなりません。

つまり、一方で偽物は? 本物は?と 気にしていながら、いい加減な名前の用法を「別にいいじゃん、わかるんだから」と容認してしまうのは、矛盾しているということです。

名前はなるべく正しく使いましょう。
特にショップの方、お願いします。








好きなものは複数形

お、いいねえ~と思うタイプの石は、複数買っちゃうのです。
常々石は、その石の個性で選ぶことにしていますが、やはり好きなタイプというのはあって、好みのタイプの中には、一個単位の個性で見ても好みな石が多いというわけで、複数率が高いのです。

マニカラン・隠れファーデン

インドはマニカラン産の……いうなれば「隠れファーデン」なクラスターです。

IMAGE2009で、おお、インドにファーデンが!とびっくりした石と一緒に売られていて、つやや結晶の形、結晶が横に寝そべるようにくっついているようすなどから、マニカランの中でも同じ産地、ひょっとしたら同じ晶洞の中から出たのではないかと思われます。

実際、はっきりとは分からないものの、ひょっとしたらファーデンじゃないか?……と言う結晶も見られます。

ファーデンであるかないかを別にしても、素直な六角柱ではなく、やや平べったい感じの結晶が縦横無尽にくっついているようすが、何とも言えずいいのです。
実はもうひとつ買っていて、これはふたつめ。
2つめのこちらは、一つ大きめの結晶が目立っていますが、これはファーデンになりそうな薄め結晶と違って、普通の六角柱に近い形状です。
……ということは、普通の形の水晶と、ファーデン(たぶん)とは、隣り合うように、、あるいはまじりあって結晶していたのでしょうか。

これはドリームじゃない

マダガ・青緑

マダガスカル産の……「ブルー・クォーツ」と言われて買ったけど、どちらかというと、グリーンかも。

色合いとしてはやや緑がかったブルーグレーで、ブルーともグリーンともいえない微妙なラインなんですが、どうやらこの石、こちらこちらの、私が「抹茶ミルク」と呼ぶグリーン・クォーツの仲間らしいのです。


形も、色づき具合も似ているし、だったらこれもグリーン・クォーツの系譜に連なるのかも。

問題は、この色が何による色かということです。
水晶にはアメジストやスモーキー、シトリンのように、不純物として紛れ込んだ鉄イオンやアルミニウムイオンなどによって透明なまま色がついたものでグリーンというのはありません。(わずかに、ある種のアメシストを加熱すると緑になるものがあります)
つまり、(グリーン・アメジストとかプラシオライトと言われているもの以外で)透明なのにグリーンときたら、ガラスや合成を疑う必要が出てきます。
基本的にグリーンは、内包物による色。
代表的なのはクローライト(緑泥石)でしょうか。

しかし、マダガスカルの「抹茶ミルク色」水晶は、私が買った頃(2004年)はエピドート入り、アクチノライト入り、クローライトとカオリン入り……など諸説ありましたが、最近はもっぱらエピドート入りに統一された感じでした。

……が。

今回の石が、「抹茶ミルク」の仲間だとしたら、エピドートなんだろうか、本当に。

むしろ、クローライトと言われた方が納得できます。

マダガ・青緑3

「抹茶ミルク」の方の色合いは、確かにエピドートを思わせるんですが、あえて「色」を別にすると、違和感も見えてきます。

ところで、最近このマダガスカルの「抹茶ミルク」「ドリーム・クォーツ」と呼ばれているのを目にします。

う~む、ドリーム・クォーツと言われたのは、コロンビア産のじゃなかったか。(ハーキマー・ダイヤモンドはドリーム・クリスタル)
奇しくもコロンビア産のふんわり緑もエピドート入りと言われていますが、様子が異なります。

 

このようにもやもやしていたり、繊維状のものが食い込んでいた痕が残っていたり。
一部にエピドートが食い込み、よく見ると内部に細い針状のものが見えたり。



だけど、「抹茶ミルク」には、そういうもやもやも針状の内包物も見当たりません。
表面~表面近くが、まさしく粉の抹茶ミルクを混ぜたような、内包物の形状を感じさせない、きめ細かな色付きです。
今回の石も、色合いをのぞけば質感はそっくりです。

これでは、(「抹茶ミルク」も今回の石も)コロンビアのドリーム・クォーツと同じとは思えない。色合いを言葉にすれば、同じ
「パステルグリーン」でも、違う緑、違う印象の石です。
だったらこれは、ドリーム・クォーツとは言えないんじゃないか。

そして……内包物もエピドートではない、あるいはエピドートもあるかもしれないけれど、緑泥や、他のものと混じったり、エピドート自体が変成か何かを受けて、別の形態に変わっているのではないか。

そんな気がしてきました。


……最後に。
この石は両錐(DT)で半分は色付き、半分は透明度を残しています。

こんな感じで撮ると、ラピュタっぽい?

マダガ・青緑2



プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム