INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

微妙な色

すもーきー・しとりん・ふぁんとむ

ちょっとばかりダメージが目立つけれど、このファントムは美しい。

全体の色味はスモーキー・シトリン。
そこにスモーキーのファントム。

だからスモーキー・シトリン・ファントム……なのだけれど、こうやって続けてしまうと、切る場所によって意味合いが異なって見えてしまう気もする。

金色の謎

金色の謎

水晶中のゲーサイト。
美しく面白く……そして不思議。

なぜにこんなに切りそろえたようになるか。
しかも何段にも。

謎だ!

表面デンドライト風

赤峰蛍石

昨年末の池袋ショーでは仲間内で局地的ブームだった内モンゴルの石です。
フローライトの上に水晶がちょこちょこ生えています。

私は、基本水晶好きなので、この産地の水晶に惹かれていたんですが、この石の場合は、ちょこちょこ生えている水晶ではなくて、フローライトの方が主役。
すでにこの産地の石にいくつか「落ちた」あと、またもや最終日に見つけてしまいました。

……これを。

フローライトは、よく立方体の結晶が集まった感じになりますが、これはピラミッドが底面で二つくっついたような形……八面体タイプのようです。

八面体というだけで、フローライトの中ではちょっぴり少数派にカウントしてしまうんですが、この石にはさらに見逃せない特徴がありました。

ではアップにします。

赤峰蛍石2
ずい。

赤峰蛍石3
ずずい。

赤峰蛍石4
ずい。

なんだろう、このデンドライトっぽい模様。

デンドライトというのは、石灰岩の表面とか、水晶のひび割れの中にマンガンがしみ込んで木の枝のようになっているもののこと。
デンドライト小

似ているけどデンドライトはいえないような……でも、フローライトでこんな模様、見たことない。
3枚目の写真でもわかるように、これはフローライトの表面あるいは薄皮一枚内部についているようす。隣り合っている面にはありません。
写真でアップにした面にだけみえているものでもなくて、いくつかの面で見えています。
やはり隣り合った面には見えていません。

フローライトは成長の途中で色が変わることがあり、水晶で言うところのファントムみたいにかつての結晶の形が色の変化で分かる場合もあります。
(フローライトの場合はファントムと言わず、ゾーニングとか塁帯構造とかよばれているようです)
この色変化の初期段階、濃い色が付き始めた、ちょうどその時ってこんなかんじになってるんだろうか、もしかして。
でもそうだったらもっと結晶に由来するような模様になりそうですけど、このデンドライト風模様は、八面体の結晶とあんまりかかわりがないようにも見えます。

とにかく、こんな模様は初めてだ!
……ということで。

アップにしないと気が付きにくいのが玉に瑕。



suomi

そういえば、池袋では、原石だけでなくブレスも買いました。
作ったのではなくて(ちょっと手は加えましたが)、買ったものなのでこっちで。

スオミ

フィンランド産のスモーキー!

フィンランドから、モリオンを仕入れておられるショップさんが、欠けた結晶を試験的にビーズに加工されたのだそうです。

つまり、天然のスモーキーであることは確実。

しかもフィンランドというレア産地。

それに何より、なんとも「コク」がある、いい色です。

買ったブレスはピッタリサイズ。きつくはなくて少し余裕があるちょうどいいサイズでしたが、ゆったりつけるのが好きなので、カレンシルバーのビーズを3つ入れてサイズ調整しました。

写真では一番手前に写っている銀ビーズの隣のビーズには、磨き残しの窪みが残っています。
傷と言えば傷なんですが、この石の原石を見ているので(持っているので)、ああ、こんな窪みがあるよねえ…という、原石の名残のように思えてくるから不思議です。

原石にはトルマリンのような黒い針状のものがびっしりくっついているのがあるので、これが内包されていたら、もっと素敵なんですが。
ファインランド黒


あ、「Suomi」というのはフィンランドのこと。
フィンランドの人は、自分たちの国を「Suomi(スオミ)」と呼ぶのだそうです。

黒ジャカレー

「黒ジャカレー」と自分で書いておいて、思わず「黒ジャワカレー」と読みそうになりました。
違います、石です、石。

「黒いジャカレー」です。
黒ジャカレー

エレスチャル?
……と思われるかもしれません。
エレスチャルと言えば、エレスチャルですが、これについては「ジャカレー」……「ワニ」と呼びたい。

エレスチャル……ビーズの、色交じり内包物入りだからエレスチャルというのは、大間違いですからわきに置いておくとして、本来のエレスチャル、骸晶というタイプの結晶のしかたにより、ごつごつした形に成長した水晶のことを、現地ブラジルでは、まるでワニの背中のようにごつごつで、ということでポルトガル語で「ワニ」を意味する「ジャカレー」と呼ぶのだそうです。

つまり「ワニ水晶」ということになりますが、ワニというならこれはとてもワニっぽくないでしょうか。

これも昨年12月の池袋で買ったもので、産地はブラジルとしかわからないんですが、、さらに1年前の2010年の池袋ショーで、別の店で買ったこちらの石と
産地が同じ気がします。

黒くて、ジャカレーで、表面に一層透明な部分があるあたりがそっくりです。

黒ジャカレー2

そういえば、某所で、「同じモノ(石)を幾つも持ってる方、そこまで惹かれる程好きな石と理由を教えて下さい」……という質問がありました。
この質問はどこまでを同じと考えるか……で大分違ってくるような気がしますが、この石の場合は、水晶で、黒くて、ごつごつで、表面一層透明で、おそらく産地も一緒だろうという一致具合ですから、「同じ石を複数」を厳しく考えても、条件に合致するでしょう。

では、どうして。
最初に買った石に比べて艶消しで、平べったくてジャカレー度がさらに高い。
2枚目の写真のように、透かして見た場合、黒い部分がはっきりファントムになっていて面白い。
それに何よりモリオンが好き!
……要するに、あちらの石にはないこういう特徴が!……の世界なので、私にとって「同じ石は2つとない」。だから、同じ石(種類・タイプ)の石ではあるけれど、意外に「同じ石を2つ」の意識は希薄なのかも。

実は空洞

まる

もこもこ丸い石第3弾!(←調子に乗った)
ただし、今回は水晶であるとわかっています。

ほぼ無色(白)なので「Quartz」としましたが、おそらくアメジストの産地のものだろうと思われます。
小粒の結晶が無数に群れている一部が丸く盛り上がっていて、そこだけ水晶の下に色がついてます。
この色合いは、アメジストによく見られるセラドナイトっぽい。

産地はブラジルかウルグアイなので、セラドナイトでもおかしくはありません。

ただ、わからないのがこの形。

実はこの石、裏から見ると穴が開いていて、丸い部分の中が空洞なのです。
つまり、下に何かしらの鉱物があって、その上をセラドナイト(たぶん……か緑泥)が多い、その上を水晶が覆い、のちに下の鉱物がなくなってしまったのでしょう。

いったい何の鉱物があったのだろう……。

ベリー風?

昨日の黄色もこもこ不明石、

オルミアイトでは?

……というご意見をいただきました。
オルミアイト……そういや持ってました。

オルミアイト

2009年の新宿ショーで買ったものです。
(ピンボケしてるので、機会があれば撮りなおそう……)
この時同じ店でエジリンのいがぐり野郎とか、いろいろ買ってしまったときに、

「お~、おいしそうな石! 聞かない名前だな……」

ということで、ものは試しと小さいものを買ったのでした。(その時は買える値段だったので)
かえって調べてみれば、2006年に新鉱物として認められたばかりの、ほやほやニューフェイスな石。
そんなことなら、もうちょっと頑張ってもっともこもこしたタイプを買っておけばよかったか!
と思ったものの、その後はじわじわ値段が上がっているようで、買えずに今に至ります。

水晶にくっついてのもあるようなので、そのうち見てみたいものです。

……で、昨日の石と似ているでしょうか?

こんもり丸くなってるところは似ていますが、昨日のが山吹オレンジ系黄色だったのに対し、こっちはオレンジ系ピンク。
こんもり丸い部分の様子を見ると、昨日の黄色い方がとげとげというか、凹凸が大きく、オルミアイトは四角い感じの結晶の集まりに見えます。

mindatで見てみても、色はやはりオレンジ系ピンクっぽいものばかりのようですし、何より産地は南アフリカです。

ということで、やっぱり違うかな。


もうひとつ、ステラ沸石では?……というご意見も頂きました。
これは、私も似ていると思っていたのですけれど、記憶では、この石を売っていた店は中国石ばかりだったような気がするんですよね。
以前に同じ店で買ったのも、中国石ばかりだったし。
そして、似ていると思ったステラ沸石はカザフスタン産なのです。

たまたまカザフスタン産のを売っていたのか。中国でもそっくりステラ沸石が出るのか。
むむむ……ラベルをもらうのを忘れないようにしましょう。

名前不明

再び、皆様のお力をお借りいたしたく。

unknown

今回も鉱物名不明。
産地は中国。(たぶん)
2010年の池袋ショーで買ったもので、こちらの赤い水晶と一緒の店で売ってました。

水晶の方は初日に買ったのですが、この石は「あるな~」と気が付いていたものの、買ったのは最終日。

知り合いの石好きさんと見逃したものはないかと会場を回っているときに、改めて見つけ、「かわいいよね~」ということで買っちゃいました。
白っぽいうえに透明な結晶が乗った母岩の上に、おいしそうな黄色の結晶が二つついてます。
ひとつの塊の大きさは1センチくらい。

……で、この石、なんだろう?
ショーの会期はじめごろには、なにか鉱物名を書いた紙が添えられていたように思うのですが、買ったときにはすでになく。
お店に人に聞いても、お店の人も覚えていないという始末。

カルサイト(方解石)……と書いてあったような気もするけれど、こうしてみるとカルサイトでもないような。
こんなステラ沸石もあったような……?

他にもたくさんあったはずなので、同じ石を買って、名前・産地がお分かりな方、ぜひ教えてください~!


●追記

こちらでそっくりな石を発見!
カザフスタン産ステレライトのようです。
ショップページなので、そのうち削除されてしまうかもしれないので、産地だけ控えさせていただきます。
「カザフスタン Kostanay, Sokolovskiy鉱山」

赤い石笛

カーネリアン笛

マダガスカル産のカーネリアンです。
ここのは、どうやら川流れ状態で産出するらしく、ころころ擦れて丸くなっているのが特徴です。
表面が磨かれているのもありますが、私は磨かずそのままの状態が好き。

さて、カーネリアン。
カーネリアンと言えば赤。
ビーズではなぜかオレンジにされていますが、本来は赤。深みのある美しい赤のカルセドニーがカーネリアン。
ゆえに和名は紅玉髄。

という割にこの石は、やや茶色がかっている色合いなので、厳しく言えばサードかもしれません。
サードというのは、サードオニキスのサード。
つまりサードオニキスという名前は、サード(赤茶色のカルセドニー)にオニキス(縞模様)が加わった、という名前なのです。

うるさくしつこく繰り返しますが、そういう名前なのだから白黒縞瑪瑙を「ブラックサードオニキス」、染めた青い縞模様を「ブルーサードオニキス」というのは正しくありません。
正しくないというよりも、黒と赤茶色、青と赤茶色という色が重なった、ヘンテコ気持ち悪い名前になっちゃいます。

さて、写真の石は直径4せんちほど、真ん丸というよりやや潰れて平たくなった形で、ご覧のようにぽこっと窪みが開いています。
この石は、この窪みがミソ。

以前、石に空いた穴やくぼみに息を吹き込んで鳴らす石笛の話をしましたが、このカーネリアンも石笛になる石なのです。
なるどころか、かなり簡単に、柔らか味のある音でピーピーと元気よく鳴ってくれます。

川流れの柔らかい形が手に収まりよく唇にも心地よい。
石と言い気を合わせて音を奏でる。
そんな楽しみ方もあります。

蜥蜴緑

内モンゴル緑
ででん。
……というほど大きくないけれど、この質感、この色。
思わず「ででん」と擬音を入れたくなる、貫録

水晶というより、植物めいた……いや、この色とこの表面の鱗具合では、思わず蜥蜴といいたくなる、水晶らしからぬ石。

こいつは、この水晶の仲間でしょう!
こんなへんてこ水晶は、ダルネゴルスク産!
……と言いたいですけど、違います。

私、ラベルなしで石だけ見せられたら、真っ先に大間違いしますね。

この産地は……そう……昨年末の池袋で、私の周りで局地的ブームとなった内モンゴル。

こっちも内モンゴル産ですが、またタイプが違います。
いずれ劣らぬ、超個性的な水晶が出るあたりもダルネゴルスクっぽさ満点。

「他から運び込んで、産地を偽ってる場合もあるらしいよ……」なんて話もありましたが、どうでしょう。そこまでして産地を偽るのは、偽った産地名でプレミアがつく場合。
例えばヒマラヤ水晶というと、それだけでほかの産地よりはややお高くなる傾向があります。
だから、余所の水晶をネパールに運び込んでネパール産だといったり、ヒマラヤ山脈の範囲を拡大解釈して「これもヒマラヤ水晶だ」というわけです。

その点、内モンゴル産は産地としてはマイナーです。
あんまり見かけない産地だ、面白い。と目を惹くかもしれませんが、余所から石を運び込んで内モンゴル産に見せかけてまで「内モンゴル産!」という理由はないのでは。
万が一、今回の水晶が内モンゴル産ではなく、他の産地のものだというなら、これだけ面白い水晶ですから、別に産地を偽らなくたって、「●●産」と正直に産地を記したとしても、何の支障もないはずではないですか。
もちろん、厳密には内モンゴル産ではなくてその周辺で採れたものが内モンゴルが集積地となっていて、ざっくりと内モンゴルにされている可能性はありますが。
この場合、「産地偽装あり、注意」という話とはちょっと別ではありますまいか。

内モンゴル緑2

うーん、見れば見るほど、ダルネゴルスクっぽい。
よほど、産状が似ていたのでしょうか。

この緑色は、やはりダルネゴルスクと同じヘデンベルガイト。
ヘデンベルガイトの結晶にくっついた石も並んでいたので、ヘデンベルガイトで間違いないと思われます。

今回の池袋ショーでは、内モンゴル産水晶を扱う店が2カ所あり、今回の石と、こっちでは買った店が違います。
しかも、今回の石を買ったのは最終日。
お値段なんと2000円。
無造作に段ボール箱に入ってました。

更新記録

別館サイトKuro's Handmadeフィーリング・ブレス
にブレスレットを4点追加。

……趣味に走ったブレスばかりです。


……ラピスラズリのスカラベブレス



龍を彫った水晶に、ドラゴン・アイ、ドラゴンブラッドジャスパー、ドラゴン・ストーン……ドラゴンの名前がつく石づくしでまとめた、ドラゴン・ブレス。だって辰年だもの。


アイス・クリスタルにモリオン、グレーの翡翠(ジェダイド)と黒い翡翠(ネフライト)を合わせたKURO的こだわりモノクロブレス

石を持たないという選択肢

気分は「愚痴りたいこと」のカテゴリーです。

ここ数日で、

Q:「●●石と××石の相性は大丈夫ですか?」
A:「問題ありません」
Q:「では、●●石と△△石と◇◇石の相性は大丈夫ですか?」

Q:「水晶は邪気を祓うとか浄化作用があるとか、幸運を招くといわれる一方で、良くないことを招くこともあると聞いて心配です」
A:「そんなことはありません」
  「水晶は悪いものではありません」
Q:「病院にお見舞いに行くのに、水晶を身に着けていっても大丈夫ですか? 自分はいいけど入院している人のことが心配で」

というやり取りを連続で目にしました。(パソコンなので「目にする」です)
いずれも、「大丈夫」と言われてなお心配している事例です。

どうしてそこまで心配するか。
心配し、不安に駆られながら、なぜ石を持とうとするのか。


そこまで石を疑っておきながら、「大丈夫」といわれて安心したら、何事もなかったようにご利益期待で石を持つのでしょうか。
それって……立場を逆に……あなたが石だとすると、初対面からいきなり
「この人、悪い人じゃないですよね?」
「いきなり怒ってキレたりしませんよね?」
と、わけもなく疑いのまなざしで見られ、あなたと直接会ったこともない、知らない人が
「大丈夫ですよ」
というと
「そうなんですか~、よかった、安心しました」
とケロリと納得されて、
「この人と友達になったら、メリットあるよね」
と一方的に利益を期待される。そういうことなんですが。

私が石だったら、疑うくらいなら友達になってもらわなくていいよ、あっち行けといいたいです。
そんな人のために頑張ってあげようという気にはなれないです。

あまりにも都合がよすぎやしませんか。

あえて言いたい。

心配だったら、石を持つな。
あえて持たないことをお勧めする。強く強くお勧めする。
石で心配や不安を増やすな。


石を持たなけりゃ、「大丈夫?」と心配しなくて済みます。
だいたい、万が一何かあったとして、それが石によるものかどうか、どうやってわかるのでしょう?
石を持ったからそれが起こったのか? 石を持ってなくても起こったのか?
そんなこと、誰にもわかりゃしません。
わからないことを気にしてもしかたがない。

石を楽しめるなら持てばいいけど、楽しめないなら、石を持たないという選択肢もあるのだと考えてほしい。

もちろん、私は大いに楽しいので、
心おきなく石を持ちますとも!(しかもたくさん)

小さな威厳

2011年池袋の戦利品です。

スロバキア産

スロバキア産水晶です。
この国の水晶としては2つめ……あっ、ひとつめがまだ登場してない。

大きさは4センチほど。
しかしながら、骸晶の特徴を示すごつごつとした質感、へこんだところに鉄分か何かが黒く付着したようすは、むしろ貫禄たっぷりで、「小さい」感じがしません。

ラベルに書かれていた「Fenster Quartz」とは、直訳すれば「窓水晶」。
fensterとは、ドイツ語で「窓」の意味なんだそうです。

今回の石では「どこが窓!?」ですけども、水晶における骸晶というのは、結晶の角の部分が特に成長して、面の真ん中あたりの成長が遅れてへこみます。
つまりこうなることが多くて……
窓・フェンスター
なるほど

今回の写真も、よく見ると結晶の角の部分が特に成長しているのがわかります。
さらによく見ると、内部……というか最初は骸晶ではない普通の結晶で、その上にこのごつごつした部分がかぶさるように成長し、こんな姿になったようす。

なかなか見かけない産地であるとともに、私好みのワイルドさ。
なかなかいいじゃありませんか。

魚眼石?

鉱物名も産地も、いまいち不安……なこの石。

皆様のお力をお借りいたしたく。

アフリカン・アポフィライト

買ったのは、ビーズショップ。一部に原石を置いていて、例によってビーズそっちのけでお店の隅に注目していて見つけました。
「アフリカ産 アポフィライト」
とだけ書かれていたんですけども、これ、アポフィライトかなあ?

アポフィライトといえば、普通はこんなトンガリ型。


キューブ状になったり、


板状になったりするのもあると知っているけど、


似てないような気がする……。
産地がアフリカということなので、その違いかもしれませんが、それにしても。
いったいアフリカのどこかわかれば、検索して確認しようもあるのですが。

どこかで同じ石を見た!
……という方、情報お待ちしております。

静かな青

アフガナイト

アフガナイトです、たぶん。
たぶん、と頼りないことを言っているのは、いろいろ見ていたら、ラピスラズリだのソーダライトだの、似たところで似たような青い石が出ていて、見れば見るほど似ているように見えてきて、いささか頭がぐるぐるしているからです。

そういえば先日某所で「ラピスラズリ」と表示されて置かれていたのが、どう見てもアフガナイト……という例がありました。
見るからにスタンダードなアフガナイトだったので、これは間違いないと思います。

それに比べると、今回の石は、色味がやや浅く、いくつかの結晶がくっつきあっていて、果たしてこれはアフガナイトの結晶なのかちょっと判断に迷いが出る感じ。
たぶん、アフガナイトだと思うんですけれど。

ところで、アフガナイトで検索していくと、カンクリナイト(カンクリン石/Cancrinite)グループに属す石で、「青色のものをアフガナイトと呼んでいる。」「アフガニスタン産でブルーがアフガナイト」「アフガニスタン・バダクシャン産アフガナイトはこの産地のみで産出されるカンクリナイト系のケイ酸塩鉱物で……」などと出てくるんですが……私も、アフガニスタンでしか採れないものだと思っていたんですが……、意外や、イタリアでも出るんですねー。

minndatで見てみると、なんと、イタリア産のは青くない。

え~?
カンクリナイトも一緒に掲載されてるのかと思ったけれど、項目名ははっきりアフガナイトだし、Cancriniteの項目は別にあるし。

さらに頭ぐるぐるぐる。

あやうく

ふぇありー

フェアリー・クォーツです。

カクタス・クォーツに似ていますが……実際、産地も同じようですが、側面を覆う結晶がグラニュー糖のように小粒で、かなり先端に近いあたりまでが小結晶に覆われていて、形はカクタスがずんぐり型が多いのに対してフェアリー・クォーツはほっそり型が多く、色は白~ベージュ。
断面を見ると、くっきりと六角形の「芯」が見えることが多いです。つまり、普通の水晶の上を二次的に小結晶が覆った……のでしょうか。

中にはこれはカクタスか、フェアリーかと迷いたくなるものもありますが、個人的には、ほっそり色白がフェアリー・クォーツです。

さて、先日危ういものを目にしてしまいました。

形は、フェアリ・クォーツ。
色合いは濃いベージュ。なのに、小結晶がとてもキラキラしていて、きれいなのです。
ものとしては写真のようなフェアリー・クォーツの表面をリモナイト(渇鉄鉱)か何かが覆ったような感じに見えるのに、こんなにキラキラしているとはどういうことか。

形も手ごろできれいだったので、買おうか……と手に取って、ふと、断面を確認しました。
以前にこちらの人工蒸着レインボーを買ってしまったのを思い出したからです。
今回は虹色光沢ではありませんが、人工蒸着=アクアオーラ系の虹色とは限りません。

果たして、その石の断面は、微妙にキラキラ。
人工蒸着はすでにばらして手ごろな大きさにしてから行われるので、天然コーティングでは覆われにくい(覆われにくい)断面……破断面にも蒸着されてしまうのです。

断面が表面と同じようにキラキラしているというのは、あやしい。

このとき、石にはラベルがついてなかったんですが、あたりを見回してみると、近くに標本箱があり、中にラベルが入っていました。
それを確認すると、「Aqua Orange Faily Quartz」「Some high tech stuff coating……」の文字。
やっぱり人工蒸着か。

どうやらフェアリー・クォーツにアクアオーラ系の蒸着処理を施したもののようでした。
なんの鉱物を蒸着させたのかはわかりませんが、銀色系の輝きのものもあり、虹色でないためにちょっと見には天然に見えてしまいます。
よく見れば、天然のものでは見たことがない、表面の輝きで区別ができますが、水色の地に虹のアクアオーラなどに比べると、人工っぽさは希薄です。

以前から、カクタスクォーツにアクアオーラ処理(水色の地に虹)を施したものは見たことがあり、これはちょっと合わないと思っていたんですが、今回のものはきれいなことはきれい。
でも、やはり人工処理であることが気になって買うのをやめました。

あとで見てみると、10個ほどあったその石は、全部売れていました。
天然だと勘違いしたのでなければいいけれど……。

覚書

みかけたこと、モノの覚書。

こちらの最後の方にちょろっと書いた黒~緑、部分的メタリックな石
同じ石をフックサイトとしているところがあった。

雲母か!……雲母があんなにぎらぎらするとは。


●某ショップでのやり取り。

客:これ、なんですか?(石)
店員:ストロベリー・クォーツですよ
……そのオレンジの色味はストロベリーにもレピドクロサイト入りにも見えない。遠目だけどサンストーンに見える……。
このごろ、サンストーンにしか見えない石をストロベリー・クォーツとしている例があって頭を抱える。


●ローズクォーツ風染め
染めローズ……というか。
白濁白の水晶クラスターに染料をかけたというか。
もちろん染料は中までしみ込んではいなくて表面のみがほんのうっすらピンクに染まっている。細かい結晶がくっついた隙間がより濃くなっていて、そのために全体がピンクに見えるのだが、見るからに染めくさい。
慣れていると、「あ、染め」とわかるけれど、知らないと大きな結晶のローズと間違えてしまうかも。

アイスクォーツじゃないだろう?

マニカラン・アイスクリスタル

インドはマニカラン産のアイスクリスタルです。
文字を大きく太くしたのには、訳があります。

というのも、ふと気づいたらこの石が、アイスクォーツの名前で売られているケースが多いような気がしたからです。

まあ、これは水晶ですし、クリスタルというのは「結晶」の意味もあるので、アイスクリスタルでは直訳すれば「氷の結晶」……みたいになってしまって、水晶の名前としては適切とは言い難い。クォーツの方が正しく言い表しているのかもしれないけれど……それでいいのか?

というのも、「アイスクォーツ」という名称は、どこの水晶に対して用いる……という固有名詞化はしていませんが、「氷のように透明な水晶」に用いられることがよくあるのです。
では、このマニカランの水晶は、どうか。
お世辞にも、「氷のように透明な」とは言えません。
最近この水晶のビーズも見かけるんですが、天然クラック水晶とでもいいたい、クラックやミストの多いビーズです。
つまり、一皮むけば「氷のような」、というわけでもない。

さらには、適切とは言い難いとはいえ、2006年に登場して以降、いったん「アイスクリスタル」で知られるようになったものを、他の意味(氷のように透明な)で使われている名称を用いるのは、いかがなものか。

実は、○○クリスタルと呼ばれていたものが、次第に○○クォーツと呼ばれる例はほかにもあります。
たしか、ファーデンも以前はファーデン・クリスタルと呼ばれていたのがファーデン・クォーツと呼ばれるようになってきたと記憶しています。(もっとも、「ファーデン」と略されることがほとんどのような気がしますが)

これは、以前は、石と言えばまず水晶で、しかも原石中心だったので、ことさらに水晶であると強調する必要もなく、水晶の中でこういう形の結晶である……という意味を込めて○○クリスタルと呼ばれていたのが、だんだんほかの石も出回るようになり、水晶であることを示す名前が必要になったのではないか……と想像します。

しかし、アイスクリスタルの場合は……アイスクォーツというと、どうしても「氷のような」の方を思い浮かべてしまうので、やはりここはアイスクリスタルと呼びたい。
本当は、「氷河が覆っていたところから発見された」ということで「グレイシャー・クォーツ」などの名前が一般的になればよかったのかもしれないけれど。(グレイシャー/ Glacier:氷河)





先細タビュラー

石雑記復帰!

今年一番目の石はこれで。
先細りタビー

ネパール水晶好き、ロシア水晶好き……と言っていたのに、最近ネパール産水晶にご無沙汰なので。
う~ん、個人的にネパール産水晶不作期に入っているような気がします。

石を見かけないわけではありません。
先だっての池袋ショーでも、たくさんのお店がネパール産ヒマラヤ水晶を置いてました。
第2会場(3階)だけでも3、4店舗あったんじゃないでしょうか?……もちろんそのすべてをのぞいてきましたが、収穫なし。

なんだか心惹かれるものがないのです。
確かに数はたくさんあるけれど、「おお!」と飛びつく魅力の石に出会えない。
いいかな?程度の石はあっても、妙に強気値段。どうしても!ではなく、これもいいかな、くらいの気持だと、強気値段では伸ばした手が引っ込みます。
そんな中で一つだけ買ったのが今回の石。

別角度で見るとこうなります。
先細りタビー2

先細りでタビュラー、ついでにタントリックツイン。つまり大きさに若干差がある二つの結晶がくっついていて、先細りでありながら平べったい。

意識してませんでしたが、こちらとか、
こちらとか、こちらとか、こちらとか、こちらなど、実はタビュラーも結構持ってます。
これで、ファーデンなども加えればさらに増。

実は私、タビュラーを集めていたのか?
まあ、普通の水晶とは違う形で、「変な水晶」の一角ではありますが。

表面はややマットで、一見地味な石ではありますが、じっくり見ると味わい深い。
そういう石も探しています。

流紋岩?(Que sera Stone 再録)



以前コングロメレイト(礫岩)では? と紹介したケセラ・ストーン、流紋岩(ライオライト)ではないかという話をお聞きしました。

ライオライトというとこれ……オーストラリア産……が思い浮かびますが
rhyolite

中に白濁、ちょっと青白く見えるオパールっぽい部分が入っているところがなるほど似ています。
rhyolite2ライオライト

けせらケセラ・ストーン


さて、このQue sera Stone、
「なるようになるさ (Que sera sera)」から付けられたものだということだったんですが、

なんでも
「Quotez with Undulatory Extinction(QUE)(Undulatory Extinction = 波動消光※)のQUE、そしてこの石の構造が変容の状態を表す意味から、古い歌の‘ whatever will be, will be’(なるようになるさ= Que sera sera)に由来し、『Sera』が加えられました。」
「※ Undulatory Extinction
直訳すると波動消光。ケセラの場合は、青い乳白色の色合いが波動消光(Undulatory Extinction)と言い現わされています。その青い乳白色の部分はクォーツで、それ自体は透明ですが、そこに気体や液体が含まれる事で『青く反射して』見えるからだそうです。」
情報元サイトさま

※その他情報サイト(海外サイト)
http://www.thatcrystalsite.com/products/sold-product-details.php?product_id=4509
http://www.healing-crystals-for-you.com/que-sera-crystals.html

……ということなんですが……。
波動消光という用語はあるようなんですが、Que sera Stoneでいうところの波動消光と同じかどうかはちょっと疑問。
本来(?)「波動消光」の意味がはっきり分からないので、もっと調べなければ。

で、水晶の波動消光の頭文字でQue、そしてなるようになるさのQue sera seraの「sera」……でQue sera Stone……ってなんだか「Que Sera sera」にこじつけただけ(失礼!)に思えてしまうんですけども……。

波動消光とか、難しいことを言わなくても「なるようになるさ」……とてもいい言葉なのに~。



ぐるぐる。

ぐるぐる。
ぐるぐる貝

裏もぐるぐる。
ぐるぐる貝2

霜の朝

霜の朝。

霜の朝

朝日が当たるまでの、わずかな時間の白。

朝日


きんこ

2012きんこ

実家のあたりの冬のナチュラルスイーツ……それが「きんこ」。

何かと言うと、サツマイモの一種の「ハヤトイモ」を茹でて切り干ししたもの。
ほのぼのと素朴に甘い、昔ながらの味です。

今回の正月帰省では、このきんこ作りに駆り出され、山ほど芋を剥きました。

ハヤトイモ……実家のあたりではずばり「きんこ芋」と呼ぶ芋は、サツマイモと聞いて思い浮かべる、皮が紫で中が白いあのイモではありません。形はサツマイモ……というより紡錘形。皮の色はジャガイモ。内部は淡いオレンジピンク。
皮を剥き、しばらく水に漬けてあく抜きして、柔らかくなるまで煮ます。
この時に塩と砂糖を入れる場合もあり。茹で上がるときれいなみかん色(やや黄色め)になります。
これを適当な厚みに切って網の上に並べ、日当たり・風通しの良いところに並べて乾燥させるのです。

……と書くと簡単に見えますが、なにせ田舎のこと、量が半端じゃありません。
一気にバケツ2杯分を剥き、庭に据え付けた大きな釜に放り込み、薪で焚く。
アク抜きをするくらいなので、手袋をはめないと、アクで手が真っ黒になります。

干す間も気が抜けません。
冬なので、鳥が狙うのです。
上を網で覆っても、下からつつくので、ぐるりと網で覆わないといけません。
半生程度に乾いたら、ひっくり返したり、形を整えたり。
今年は雨が少なくて、きんこづくりには最適ですが、雨が多い年はうまく乾いてくれません。

きんこというのは、もともと干しナマコのことです。
この干しナマコに形が似ているというので、きんこと呼ばれるようになったそうです。
実際、切らずに丸干ししたものは、ナマコにそっくりです(色は別)。

たくさんもらって帰ろうっと。

ぐう。

2012犬

朝の犬の散歩で、いつも水を飲ませる水飲み場のホースが凍っていた。
水を出したら、中からこんな氷が。
ホースの氷

ストーブ犬

こたつで丸くなるのが猫ならば、犬はストーブの前で丸くなるらしい。
2012犬-2

……こんな恰好でくるしくないのかしらん?

みかん?

実家の鉢植えみかんにこんなのが。
これが大きくなると、みかんになる?

2012みかん

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

今回はパソコンともども帰省したので、いつもよりも早く、新年2日目での書き込みです。
多分、相変わらずの石話ですけれど、今年もよろしくお願いいたします。
みなさまにとって、良い一年となりますように……。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム