INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

自らとろうとした形

触像ファントム

ファントムです。

一見ガーデン・クォーツにも見えますが、ファントムです。

こんな感じに先端が丸くなったファントムでちょっとガーデン風味が強い感じ。
ガーデン・ファントムと言ってもいいかもしれないけれど、ファントムはファントム。
よく見るとわかるように、その上にうっすら普通のファントムも入っています。

思うに、こういう「丸いファントム」って、実は溶け水晶じゃないでしょうか。


これもそうですけど、ファントムの形状が、溶け水晶のそれに似ている。

水晶が成長し、いったん溶け、再び環境が変わって溶けから成長に転じた、そんな大逆転な痕跡を残していう水晶ではあるまいか。
ファントムがとどめているその形が、インドのアイスクリスタルで見かける形状にとてもよく似ているのです。

だとすると、今回の石では白いもこもこファントムの上に見えるうっすらファントムは、水晶が溶けて丸くなった状態から水晶本来のとんがり・フォルムに戻ろうとした軌跡。

触像ファントム2

裏側から、ファントムにしぼって写してみましたが、こうしてみると急速にとんがり・フォルムへと戻っていったように思われます。
水晶は、何らかの原因で結晶が折れたりすると、その断面が特に成長しやすいのだと聞いたことがありますが、溶けた場合も同様なのでしょうか。

ファントムは、側面(柱面)の成長線(条線)まで残すほど、きっちりとかつての結晶の形をとどめてくれることがあります。



そして溶けて再び成長を始める水晶がちょくちょくあるようだということは……。

そのうち、トライゴーニック(触像)をとどめたファントムが出てきたりしないだろうか。
あったらすごいだろうなあ……。

未だ見ぬ形の青

青!

ラジュライト入り

マダガスカル産のラジュライト入り水晶のルースです。

これも青水晶になると思うんですが、残念なことに原石ではさっぱりみかけません。
きっと結晶形がほとんどないのだと思われます。
アメリカ産では結晶形のをかろうじて一度だけ見たことがあるんですが(もちろん買えませんでした)、マダガスカル産のは見たことがありません。

ラジュライト入り水晶のルースは以前に一つ買って持っていたんですが、


今回のはもっと大きくてラジュライト密度も高め。
ケースに入れていると藍色に見えるほど。
こうやってアップにすると茶色い不純物も混ざってるみたいだけれど、いいのだ、青いから。

さてラジュライト。和名では天藍石といいます。
単独の標本としてはカナダ産のが有名です。


名前の通り藍色な石なので、密度が高ければ、そりゃあ藍色になるでしょう。


ところで、このラジュライト、綴りはLazlite
ラズライトと書かずにわざわざラジュライトと書いているにはわけがあります。

Lazriteという別の石があるからです。
え? 同じ綴りなのに違う石?……違います、よーくご覧ください。

「l(エル)」と「r(アール)」が違います。

Lazliteは天藍石。
Lazriteは青金石。ラピスラズリを構成する鉱物のうちの一つです。

和名でははっきり違うんですが、綴りは油断すると間違う……常に「こっちでいいんだよね!?」と確認しないと不安で仕方がない、時に専門家や博物館の記述でさえ間違わせるという、間違い危険度最大級。

綴りが間違いさがしの世界でそっくりなうえ、日本語ではエルとアールの違いが表記や発音で区別しにくいので、
Lazlite(天藍石)をラジュライト、Lazrite(青金石)をラズライトと表記することがあるようです。

それにならってラジュライト。

いつか結晶形で出てきてくれないかな……(できれば、お高くならないようにほどほどにたくさん)。

晶洞

何度撮っても撮りにくい。
面白いのに困った石。

グロッタ

モロッコ産のジオードです。

ジオードとは、「晶洞」のこと。読んで字のごとく「中に結が成長した窟状の隙間」のことです。

この石は、何となく鍾乳石状に強い差な石英の結晶がびっしり。
たいていは丸い塊を割ると、中にキラキラと結晶が成長している……というものですが(たまにぎっしり埋まっていることも)、この石は、奥に穴が貫通していて、洞窟の趣き大。こうやってみると洞窟の中から入り口を仰ぎ見ているような感じになります。

……あ、もしかしたら、実際は上下逆だったかも!
画像では下部にあるにょきにょきが上から下がっていた方が、自然なような気がしてきました。

結晶洞窟の中に入り込んだような……ということで、なんとか写したいと思ったんですけれど、今回の画像のように置くと、肝心の晶洞内部が暗くなってしまい、うまく写りません。
かといって内部に光が入る向きで撮ると、今度は奥行きが感じられず、退屈になってしまう。

なんとかかんとか反射光を内部に入れて撮ってみたんですが、やっぱり奥行き感が……。
うまく撮れないものか。

いつか、鉄道模型に使うような小さな人形を入れて、晶洞探検の風景を撮ってみたいです。

岩の間のきらめき

最近、ひそかにオパールづいてるかもしれない。
特に集めているつもりはなかったけれど、ときどき突発的に気になる、オパール。
好きだぞー、探すぞー!
……という説教的なアプローチはしてないけれど、ふと見つけて気になって買ってしまい、一度買うと次も目で追っている。そんな感じ。

ボルダー・オパール

これも結構古い石で、いまは行われていないイベント「石探横丁」で買ったもの。

将棋の駒の「王将」を二回りほど大きくした感じの石で、全体はほどんど母岩(ボルダー)、なぜか先端の方に青中心の遊色が出ている。

よく見ると、母岩部分の亀裂にもオパールが入っていて、角度によってちかりと青く輝く。
いかにも「岩」時には縞模様が木を思わせる母岩と、遊色のオパールの対比。

これまでちまちま集めた(集まってきた)オパールを顧み、「やっぱりいいわ!」という満足度で判断すると、私はどうやら、遊色があるオパールの場合は母岩とオパールの対比が、景色を作り出しているタイプが好きらしい。

ボルダー・オパールでも、全面をオパールが覆っているよりも、母岩が表に出て景色になっているものの方が好き。
ほぼ母岩ばかりに見えて、ひび割れがきらりと光るタイプも好きなのです。

最近人気の淡いタイプでキラキラと遊色が出るエチオピア・オパールよりも、ひとつ前、ノジュール状でよく見ると遊色が出ているチョコレート・オパールが好き。

遊色が出てないコモン・オパールは、どうやら手触りも重要なポイントのよう。
先だってのピーナッツ・オパールは、見たももちろんですが、手触りがいい~と選んだ記憶が。

……ということで、この石の魅力は武骨な母岩と青く滲み出すような遊色の対比。
惜しむらくは、意外に遊色が写しにくいこと。

透け透けセプター

先だっての即売会の戦利品。

いろいろ選んだ後だったのに、「かわいい~!」と手に取りました。

透けセプター

セプターです。

セプターというのは、王杓……王様が儀式の際に持つ、先端が膨らんだ杖のことです。
日本では「キノコ水晶」とか「マツタケ水晶」と言われています。

キノコと言えばだいたい形のイメージがつくと思うんですが、今回の石がキノコっぽい形ではありません。
むしろベレー帽か何かを斜めにちょいとかぶったような形。

この水晶のチャーム・ポイントは、このベレー帽……というより、その内部。

透けセプター2

このように、かぶさった水晶の内部に、土台となった水晶の先端がばっちりはっきり見えるのです。

こういうのって、意外にないと思うんですが、どうでしょう?

その星の名前

エジプトの星

色合いは渋いけれど、何とも魅力的な造形の……「エジプトの星」

いったいこれは何かというと、マーカサイト(白鉄鉱)が形はそのままに、中身がヘマタイトに置き換わったものです。
いわれてみれば、このごつごつとんがったあたりは、確かにマーカサイトの形。
これとかこれなんか、そっくりです。ヘマタイトに置き換わる前はこんな感じだったのでしょう。

エジプトの……というか、リビア砂漠がまだ海底だった時代にできた石だと説明されています。


ところで、この石のラベルはマーカサイトとパイライトがヘマタイトに置き換わったものだと書かれていました。
よく見るとごつごつとんがり部分の根元の方に四角いキューブ状のものが見えるので、これがパイライトだったのか?と推理中。

マーカサイトとパイライトは、成分は同じで結晶の構造がちょっと違う兄弟石。
パイライト(黄鉄鉱)が高温・酸性の条件で生成され、マーカサイトと(白鉄鉱)は低温・アルカリ性という違いがあるのだそうですが、最初(つまりこの石の中心部分)が成長した時は高温・酸性の環境だったのでパイライトとして成長したけれど、あとで環境が変わりマーカサイトとして角のような部分を成長させたと考えれば、あり得そうです。

このマーカサイトという鉱物、時間が経つと空気中の水分と反応して硫酸を発生させ、ぼろぼろ崩れてきてしまうという厄介な性質を持っています。
こちらの石は、球状のパイライトとして2005年頃に買ったものですが、今や黒い粉のようなものがどこからともなく出てきて、ぼろぼろとひび割れてきてしまいました。見た目キューブ状の結晶の集まりで色もパイライトらしい感じだったので疑いもしなかったのですが、ぼろぼろきてしまったところをみると、マーカサイトも混じっていたと思われます。
だから今回の石も(かつては)パイライトとマーカサイトのくっつきあったものだったとしてもあり得る話。

それがヘマタイトに置き換わり……なのですが、このヘマタイトについてはゲーサイトという説明もちらほら見かけます。
サハラ砂漠で産出する、マンガンとゲーサイトから成るというプロフェシー・ストーンと似通った質感なので、ゲーサイトであっても不思議ではありません。

おそらくこのあたりは物によってちがうとか、見た目では判断しにくいとか、微妙なあたりなのでしょう。


さて、この石。
最近、かのアゼツライトの元締め・ロバート・シモンズ氏によって「Zストーン」というみょうちくりんな名前が付けられました。
手抜きとも思えてしまう、この大胆な名前に、私は目が点。

「エジプトの星に対してロバート・シモンズ氏がZストーンという新しい名前を付けた」

……という簡単な話が、とっさに頭に入らなくて、
「一見エジプトの星に見える別の石」
と誤解してしまい、「エジプトの星に見えるけど、何なの?????」と検索しまくってしまいました。

すでに名前があるんだから、別の名前を付けるのはやめましょうよ、シモンズ氏。
ややこしくって仕方がないし、Zストーンってなんですか。Zって。

……とぼやきながら検索していて、ふと手が止まりました。

あれ?

繰り返しますが、私はこの石を「エジプトの星」として憶えていました。
もちろん鉱物名ではなくて、マーカサイト仮晶のヘマタイトにつけられたあだ名みたいなものだと。

エジプトの星というのを海外サイトで検索しようとしたら「Egyptian Star」になりますよね?
ところが、これで検索してもヒットして来ない。
ためしに「marcasite」をくっつけると、わずかにヒットしてくるものの、それはmarcasiteでヒットしているだけでEgyptian Starではない。

ひょっとして「エジプトの星」というのは、日本だけの名称だったのか?
(それとも私の探し方が悪い?)

日本だけのあだ名なら、シモンズ氏が名前を付けたことに文句を言うことはできませんが、それにしても、もうちょっとカッコいい名前を……というか、ときどきネーミングセンスに疑問なんですが。

ふりかけカバンサイト

ふりかけカバンサイト

ご存じ、インド産のカバンサイト。

白い板状に見える鉱物はスティルバイト(束沸石)、その上にぱらぱら散っている青い鉱物がカバンサイトです。

カバンサイトと言うとこちらのような、いがぐりのようなタイプを良く見かけますが、今回のようなふりかけ・カバンサイトもあります。
実は、一番最初に買ったカバンサイトは、このふりかけタイプのサムネイルサイズの標本でした。(あまりにささやかなので未登場)

この石は、今年6月の新宿ショーで買ったもの。
毎回顔を出す(たいていのブースは毎回覗いているんですが)インド・ブースで床の上に500円、1000円均一の箱があるのを見つけ、「これは《掘る》のが礼儀というものでしょう」……と、がさごそ見ておりましたらば、目の前にどさどさっと新たな石が。

びっくりして顔をあげると、お店のスタッフの方が
「オーナーが、これも1000円にするからあの人(私)に早く見せてやれって」
とおっしゃるではありませんか。
椅子に座っているオーナー(インド人)の方を見ると、手を振ってにっこり。

毎回顔を出すと言っても、ふらりと入ってちょこちょこっと石を買って去っていく程度なんですが、顔を覚えていてくださった様子。
ありがたいことです。

みれば、みごとなふりかけ・カバンサイト。
さらによく見ると、いがぐり状カバンサイトも混じっているし、全体の大きさは10センチほどもあるけっこう大型サイズ。
これが1000円とな。……ほほほほほ~♪

すっかりうれしくなってしまい&心遣いへの感謝をこめて複数個買ってしまいましたよ。

ショーの後、別の店で「カバンサイトが採れなくなった、高くなる」と勧められたんですが、こっちはすでにたっぷりゲットで余裕。
……採れなくなったといっても、広いインド、デカン高原のこと、また別のところで出るんじゃないかと思われます。これまでも、あれ?ちょっと前までは見かけたのに、最近カバンサイトが少ない……とひそかに産出には波があったので、またもや「少ない期」にはいってきているだけかもしれないし。

即売会行ってきた!

今日は、某ショップの即売会へ。

私の中では準ミネラルショー級のイベントです。
いろんな石を見た~!
買った。
いろんな人ともお会いしたし。

お会いしたみなさん、ありがとうございます。
楽しかったです!

ごま

↑これは、ちゃっかり撮らせていただいた、会場の石のひとつ。
「ゴマちゃん」という名前がついています。
なぜなら、上から覗き込むように石の中を見てみると……おお、ゴマちゃん♪

スレマニ、スレイマン、瑪瑙

神の作った模様
スレイマンを光にすかして撮りました。
まるで、厚い雲を通して光がさすような、不思議な感じに撮れました。

スレイマンというのは、トルコ語などで「ソロモン」の意味。
かの「ソロモン王」のことです。

ちょくちょくこの「スレイマン」を話題にしますが、それはこのアゲートが面白い……のももちろんありますけど、それ以上に、天珠について調べていくとそのルーツに「スレマニ」というのがあり、それがどうも言葉としてはスレイマンと同じらしいのです。
天珠好きでもあるので、天珠について調べていると、自動的にスレマニ(スレイマン)も出てきてしまうというわけ。

ところが、現在パワーストーンの分野で売られている「スレイマン」はこういうの。
スレイマン(現在)

天珠がらみで出てくるスレマニ(スレイマン)はこういうの。
※話の都合上、パワーストーンで売られているのをスレイマン、天珠がらみで出てくるのをスレマニ(スレイマン)と表記します。
すれまに すれまに2

右のは「ソロモン・アゲート」とよばれていることもあります。スレマニ(スレイマン)もソロモンの意味なのだから、同じはずなんですけど、分けて説明しているところもあったりします。

さらに縞瑪瑙で形が丸くなるとバイシャジャグルという名前で呼ばれたり。
※バイシャジャグルとは薬師如来のこと。ビーズでは薬師珠と訳されたりします。
バイシャジャグル

これもバイシャジャグル(スレイマン)と説明されていることがあります。
一方で縞瑪瑙で丸いんだったら天眼石というのもあり。

さらに、海外サイトでスレマニ(スレイマン)を探すと、「オニキス」と説明されていることもあります。

さて、どうする。
別々に知ってしまったせいかもしれませんが、私にはそれぞれ違いがあるように思えるので、今現在流通している石としては、以下のように区別するでしょう。

まず、スレイマン
スレイマン(現在)
白黒アゲートと言ってしまえば他と同じでも、縞というより「シマウマ柄」
黒いところは比較的不透明で、白い部分に瑪瑙らしい濃淡の繊細な縞が見えるのが特徴。(ここで、見かけがよく似たゼブラ・マーブルと区別できる)
白と黒の境目はまっすぐではなくギザギザ乱れた感じ。

スレイマンには、茶色や赤みを帯びた色が入ったものもありますが、「縞」と言うほど明確な模様でないところは共通しています。
ビーズになると模様が確認しにくいので、連全体できれば複数見て模様の様子を想像する必要あり。

次にスレマニ(スレイマン)
すれまに
白黒縞模様のアゲート。ただし、天眼石になっているアゲートと比べると、白黒がこまめに入れ替わるのではなく、黒っぽい縞の部分、白っぽい縞の部分がある程度まとまっているようにも思う。
その中でソロモン・アゲートと呼ばれるのは灰色と白の縞。白黒縞に比べると、不透明で陶器のような質感。
すれまに2

ここで考えたいのが、白黒の縞模様の瑪瑙=スレマニ(スレイマン)か、ということ。
スレマニ(スレイマン)として見かけるのは、たいてい天珠のような形のビーズ。バイシャジャグル(スレイマン)という説明も加えるならややひしゃげた丸も含みます。
しかも、穴の向きは縞に対して垂直。途中で瑪瑙の縞が曲がっているのもありますが、だいたいビーズの幅方向に縞がはいるように磨かれていて、天眼石状になる向きに穴があけられているようすはありません。

つまり、縞瑪瑙なら形にかかわりなくスレマニ(スレイマン)なのか、身に着けるビーズに加工された……おそらくは縞の方向をそろえて作られた……ものがスレマニ(スレイマン)なのかということです。
私は、形になったものがスレマニ(スレイマン)と考えます。

理由はスレマニ(スレイマン)の名前で見かけるものがすべて天珠型・丸型のビーズで、その他の形状を見かけないからです。縞の方向もそろっていることを考えると、何か意味があってこの形・模様にそろえ、それをスレイマン(スレマニ)と呼んだのだと思うのです。

この点はバイシャジャグルも同じです。
形はややひしゃけた丸型ではありますが、縞の方向は同じ。
ちょっと穴の方向を変えれば天眼石にもなりえるのに、たまたま縞模様が曲がっていて目玉模様に見えてしまった……というものを除いて天眼石になっていないのは、バイシャジャグルは目玉模様を意図したものではないということです。

ですから、バイシャジャグルはスレマニ(スレイマン)の仲間。
その中で丸型のものを特にバイシャジャグルと呼ぶのだと定義しても良いのではないでしょうか。

同時に天眼石は、その名の通り穴の向きによって目玉模様が見えるようにしたもの。
同じ白黒系縞瑪瑙を使っていても、「目」というデザインが加わった別系統のビーズだと言えそうです。
……というか、アンティーク系で縞瑪瑙を「目」に見立てた丸ビーズは見かけない……かろうじて平板状の「羊眼天珠」が思い浮かぶ程度なので、「天眼石」という丸いビーズは意外に古くないんじゃないかと思えてきました。
天眼石(ビーズ)


こう考えるとスレイマン(今現在パワーストーンとして売られているもの)とスレマニ(スレイマン/アンティークビーズ系)の違いも見えてきます。
スレイマンの方は、白黒ではあるけど、縞と言えるほど明確な縞模様ではなく、ルースだったり、丸玉だったりビーズ以外の形でも「スレイマン」。
スレイマンとは、スレマニとちがって、シマウマ系白黒瑪瑙(白い部分に模様あり)そのものを指している名前であるといえそうです。

ときどき、スレイマンに対して「ダライ・ラマの医者がこの石を求めていた」と説明されていることがありますが、こうなると、(この話が本当だったとして)医者が求めていたのはスレマニ(アンティークビーズの縞瑪瑙)だったのでしょうか、スレイマン(今売られているシマウマ柄系白黒瑪瑙)だったのでしょうか。(※スレマニもスレイマンもおそらくソロモンを語源に持つ同じ言葉です。新旧の区別をつけるためにアンティークビーズで見かける方をスレマニ、今現在売られている方をスレイマンと書いています)

これは「オニキス」にも見られる心配です。
今現在オニキスと言えば真っ黒カルセドニーですが、本来は黒に白の縞がまっすぐすっきり入った縞瑪瑙のことでした。
オニキス(縞)

オニキスとはギリシャ語で"爪"という意味の"onux"に由来し、ギリシャ神話には「キューピッドが矢で切り落としたビーナスの爪がインダス川に流れついてオニキスになった」という話もあります。
その縞瑪瑙なオニキスについての伝説を、今の真っ黒オニキスに着けてしまっていいものか?

原石ではごつごつの骸晶(内包物があったりなかったり)をエレスチャルというのに、ビーズでは色交じり内包物ありがエレスチャルと呼ばれています。ビーズの「エレスチャル」に対して原石のごつごつエレスチャルの説明を付けるのは妥当か否か。というのも同じです。

同じ名前なんだから同じでしょ?
……そう簡単な話じゃないと思うんですよね。

見る

ボツワナ

ボツワナアゲートをズーム。

紙を丸めた断面みたいな……透明層と薄い不透明層が重なって縞が立体的に見えるのがボツワナアゲートの特徴だと思っている。

だから層と層の間の透明度が低く、立体的に見えないものは、ボツワナと名前が付けられていても思わず疑う。

アメトリン?

アメトリン?
アメトリン?……と言えるとおもうんだけど、色の別れ方が変わってるような気がする。

何条?

何条?

イエロー・ジラソルの名前で買った丸玉。

透過光でスターを出すと……ひい、ふう、みい……12条。

ゴージャス。

虎1

虎2

ヘマタイト層を持つタイガーアイ。
青黒いリーベッカイトで含まれる鉄が酸化して黄色くなったのだというから、鉄分が含まれているのは当然で、鉄ならヘマタイトとして現れることもあり得るということ?

タイガーアイの毛並み光沢とヘマタイトの金属光沢の取り合わせがミソ。

縞の魅力

雨花

雨花アゲートの名前で売られていた瑪瑙のタンブル。地味な色だけど、なんと繊細で怪しい縞模様。

その違いは?

ゲーサイトレピドクロサイト

ゲーサイト&レピドクロサイト入り水晶。

全体像はこんな感じで画面下が石の中心。
全体

そこにはおそらくレピドクロサイト。それが針状のゲーサイトになり、さらに外側は……これは、レピドクロサイトと見るべきかゲーサイトと見るべきか。
どういう理由でこんな変化が起こるのだろう。

これは、ある意味、水晶の中に含まれていた鉄がアメジストとして発色するかわりにゲーサイトやレピドクロサイトとなったと言えるのだろうか。

真夜中黒曜石

真夜中黒曜石

アルメニア産黒曜石。
まるで水墨画のような。

紫マーブル

チャロアイト

チャロアイトの紫マーブル!
わたしにとっては石の意味や効果より、この美しさに心惹かれる。

無数

わーい

フローライトらしい立方体の結晶が無秩序にどっさり。

ケ? (再録)

ケ?

かなり以前に登場した中国産フローライト
毛鉱かな?
毛っぽい鉱物が内包されています。

以前よりも鮮明に、再登場。

石を見る目

訳あって石の写真を短期間に大量に撮ることになった。
いつもは、気が向いたときに、撮りたい石を撮りたいように……思ったように撮れなければ「また今度」、いささかぴんぼけていようが、明暗がきつすぎようが、どこかが光を反射して白くなっていようが、自分が感じた石の様子が写せていればそれでよしという、気楽で気ままな写真を撮っている。

今回もそんな写真でいいといわれたものの、ネックは時間で、大いに慌てて撮ってしまった。
そんな中でも、心惹かれる石の表情を見つけると、思わずよけいなカットを撮ってしまう。

たとえばこんな。

都市

メキシコ産のフローライトのアップ。
わかっていればフローライトだけれど、知らなければ「何じゃこりゃ」かもしれない。
だからこれは、石の写真……からはちょっとずれてしまう。

しかし、思い返せば、私の石写真はこういうアップのマクロ写真から始まった。
デジカメのレンズにルーペを押し当て、暗いと自動発光してしまうフラッシュを指で隠し、時には懐中電灯でライトアップしたりしながら、なぜか石全体ではなくて石の一部を撮りまくった。

石が持つ世界、表情、そういうものが美しくて面白くてたまらなかった。

その感覚は、石全体を写すようになってからもどこかに残っていると思う……写真の中に、というよりも石選びの中に。

私は石の形や内包物が好きだ。
それは、石一つ一つの表情や個性を見るということ。

ある意味「この石はこんな意味」とまとめてしまうパワーストーンの考え方とは異なる。
私に言わせれば、「この」フローライトは、こっちのフローライトとは違う。「この」フローライトの「この」部分が好きなんだ。ここがいいのよ、ここが!
……こうなると、選んだフローライトは、同じ産地の同じ色の、同じような大きさのフローライトであっても「別の石」。

パワーストーンで「○○石を持ったら試練(?)があった」「ええ~? じゃあその石は持たないことにしよう」というやり取りがあったりするけど、選んだ石とそのほかの石は「違うでしょ?」の私にすれば、その人の石はその石、私の石は私の石で違う石。忌避する理由が見つからない。
どうして、同じ種類だというだけで自分の選んだ石にも同じことが起こると思えるのかもわからない。

さて、このフローライトは私にとって「都市」のイメージ。
無数の立方体が集まって、微妙な凹凸を持ちながら全体的には大きい立方体を形作っていて、そんな立方体がふう数、無秩序に組み合わさっている感じ。
この秩序と混沌の組み合わせが、不思議と「都市」のイメージになる。

何枚、こういう写真を撮っただろう。
わくわくしながらカメラの向こうのフローライト・シティを探検した気分を思い出した。


天然と言われていたけど。

何年か前から、オークションで「火山瑠璃」の名前で色とりどりのガラス(中には丸い内包物入りも)を見かけます。
瑠璃の訳を間違えたのか、透明でどう見ても間違えっこないのに「ラピスラズリ」としていたこともありましたっけ。

「火山瑠璃」ではなく「天然オブシディアン」の表示で買いましたが……まあ、同じようなものでしょう。

中国オブ

これが天然だったらすごいですが。
もちろん「もしかして、天然かも~」ではなくて、「人工でしょ」と割り切っての購入です。
手に入る範囲ものなら、こういうものも実際見て、さわって、じっくり観察。
私は触ってもパワーはわかりませんが、手触りとか、重さとか、写真ではわからない細かなところも手掛かりです。

人工ガラスと思われるものが天然として、パワーストーンでパワーあるものとして売られることは……あります。
アンダラやアネラ、インドネシアンアンダラと呼ばれるものも天然・人工説が渦巻きました。
私としては人工説に一票。

アンダラもしつこく調べてどのあたりで採れるのか……と地図上の位置を探しましたが、その過程でよく似た地域で色とりどりの廃棄ガラスが出ていることがわかりましたし、インドネシア産天然ガラス(という説明で)、アンダラではなくエクステリアの素材として色とりどり(10色ほど!)のガラスが売られていました。
タイの「ラボ製だ」というガラスもありますし、ブラジルで過去のストライキの際、廃棄されたガラスが後に出てきて、天然か?と思われたこともあった(人工とわかったが、買われてアンダラとして売られているものもあるといううわさも)

まあ、火山灰を数パーセント混ぜた三宅ガラスやガイアストーンがきれいな透明緑や青緑になるのですから、天然ではありえない!……ということはないのかもしれませんが(100パーセント火山灰や混ぜる割合が多いと黒くなるらしい)、赤や緑や青や黄色など各色とりどり鮮やかカラーとなると、それはちょっとできすぎというものです。

ちょっと見には天然っぽく見える丸い内包物も、人工と判明しているブラジル産ガラスにもありましたから、天然の証拠にはならないでしょう。

以前ガラスを取り上げた時にもちょっと書きましたが、「人工ガラスか」とはいえ、大きめのガラスのかけらが欲しいと思ったとして、じゃあどうやって手に入れようと思うと意外にわからなかったりします。
身の回りにガラスはたくさんあるけど、それを割ったとしても薄いかけらでしょう。
溶かして固めて割るのは個人ではちょっと無理。
クラフトなどの材料としてはあるかもしれませんが「かけらひとつください」は難しいのでは。

単純に「きれいでしょ~」にとどめておけばいいのに、天然だとかパワーだとか言い出すからややこしくなるんだよなあ。
まあ、「天然」や「パワー」というおまけなし、「人工ガラスのかけら」では欲しくなることもないのかもしれませんが。

面白いものでアンダラやインドネシアンアンダラは「人工だ」という説が出ても、天然と信じる人もいたり、好意的な意見は少なくないのに、中国産となると厳しい意見が多くなって、ちょっと気の毒な感じもします。
以前、「写真で石のパワーを感じるか」(石当てクイズ)というテストをした際、「Q4 あなたが一番パワーを感じた石の写真は?」という質問を入れました。
お寄せいただいた回答にはプラスイメージとマイナスイメージの意見があったので、プラスマイナスを別に集計したところ、この「天然オブシディアン」がぶっちぎりでマイナスイメージ票を獲得してしまったのです。

産地も名前も伏せたブラインドテストだったのに……。
一目でばれたか、それとも。

(再録)……フンザかい?

すでに登場している石です。

前よりうまく写真が撮れたのと、ちょっと思うところがありまして。

フンザ?

こぶしよりちょっと大きめの大物サイズ、形はカテドラルっぽいごつごつ、中には太い針状結晶ざくざく。
2008年秋に、今はなき「石探横丁」で買った石です。
この時のイベントに初出店したお店だったので、大きく見ごたえありの石なのに破格でした。

この太い針状(断面は丸くなくてやや薄いので、細い板状?)の内包物を見て、産地はザギではないかと思って確認したのですが、お店の言うことには「フンザ」。
パキスタン北部、ギルギットの北です。

へー、フンザでもこういうの、出るんだ……と思って、そういうことにしていたのですが。
以来4年。
その後フンザ、あるいはスカルドゥなどの他の北部パキスタンの産地を含めて、こういう黒い極太針ザクザクの水晶を見かけません。
こういう内包物水晶は、ひとつだけとは考えにくいので、量の多少はあっても同じような内包物入り水晶があってもいいはずなのに。

そのかわり、ザギからはショールとかリーベッカイトとか角閃石とか言われる黒い針状内包物水晶がコンスタントに出ているようす。
最初はルチルとかアストロフィライトと一緒に内包されているものが多かったのですが、最近では黒い針状内包物だけのものもあります。

そういや、アフガニスタン産(もしかしたらパキスタンかも)と言われたこの石も、黒太針ざくざくで黒く見えているよなあ……。

ザギだと考えれば、出回り始めた走りの石で、なかなか良い掘り出し物だったぞ……と、納得できるように思うんですが。

「フンザ」と言ったお店の言葉に首をかしげてしまうのは、この石をかったその後、アフガニスタン・パキスタンの石(原石)を扱う店なのに、その中にどう見ても中国産としか思えない、エピドート付レッドファントムアメジストが混じってることがあったりしたからです。
さらには、先だってザギ産水晶(マウンテンというのはやめた)水晶を買ったお店は、店の名前に「フンザ」とあるのに、ザギ産水晶を扱ってたわけだし。

私が喜んで買っているお店は、たいていラベルを完備してなくて、いろんな産地(アフガニスタン・パキスタン各地)の石がころころごちゃ混ぜに置かれている店で、聞けば教えてくれるわけですが、時には忘れたり間違えたりするかもしれないし。

産地抜きでもいい石ですが、産地についてはちょっともやもやしてるかも。





にんじんファントム・2

にんじんファントム

マダガスカル産のかわいいファントムです。
表面がややマットな小さな結晶の中にふんわり丸みを帯びたファントムが。

実は、これと同じ産地であろうと思われるファントム入り水晶がすでに登場しています。
リンク先の水晶は、細身の赤いファントム入りで、磨きです。

たぶん、この水晶と同じように表面がマットでやや擦れ加減だったために、磨かれたのでしょう。

どちらもファントムは柔らかな質感ですが、今回の石は色もやわらかく、先端も丸みも帯びていっそうふんわり。
根元の方は、ファントムになっていないようで、そのために淡い色合いのファントムが結晶の中に浮かんでいるようにも見えます。

この石を逆方向から見ると。

にんじんファントム2

ちょっとクローライトで緑。
大小二本の結晶がくっついている、その中ではファントムも大小ペア。

中にはファントムと外側の結晶の形が違っているものもありますが、この石はずっと同じ形で成長してきたようです。

表側の淡い赤と、裏側のやや緑。
にんじんファントムというなら、最初の赤いファントム(磨き)ですけど、この赤と緑の色加減も、やっぱりにんじんのイメージです。




イン・ヤン(形)

イン・ヤンと呼ばれる水晶があります。
イン・ヤンとは、要するに「陰陽」
水晶の形などに付けられた「クリスタル用語」では、ふつう、半分白濁不透明、半分透明の結晶に対して用いられます。(この頃は、こういうクリスタル用語がつかわれることも少なくなったような気もしますが)


たいていの水晶は、先端は透明で、根元の方が白濁して白くなっているので、半分透明・半分白濁不透明は多いような気がしますが、この場合は、何となく根元が白い……ではなくて、潔くすっぱり二分されているものに対して使いたいです。

この白濁・透明二分は、色のイン・ヤン。
広義では、はっきりくっきり明暗の別れたバイカラーや内包部とクリアではっきり二分されたものもイン・ヤンと考える場合もあります。
それに対して形のイン・ヤンもあると聞きました。

形におけるヤン(陽)は錐面が一点に集まったとがった形。
イン(陰)は先端がライン状……マイナスドライバー状になった形。
(先端がライン状(マイナスドライバー状)=タビー(タビュラー)ではありません。タビュラーは平べったい水晶のことです。)

たとえば、こういうのは形のイン・ヤンということになります。


※片方の結晶の先端が一点集中型(向かって左)、もう片方がライン状(向かって右)。

ありふれているようでいて、形のバランスにこだわると、見かけない形です。
イン・ヤンという二つペアの名前ですから、クラスターのようにたくさんごちゃごちゃしている中にインとヤンがあるものではなく2本くっついたものがイン・ヤンになっていること、できれば二つの結晶が同じくらいの大きさであることがポイント。

そしてもうひとつ、形のイン・ヤン。

イン・ヤン

DT(両錐)の先端がそれぞれ、イン・ヤン。

これも、明確に特徴が表れているものは少ないのだそうです。

こっちが陽でこっちが陰というのは人が付けたこじつけの名前ですが、その名前によってこういう形があると知り、探してみると少ないことに驚く。
驚くことで、これからはそういうところにも注目してみようと思う……。そんな楽しみ方もあるわけです。

むしろ、最初にその特徴に気が付いて、名前を付けた人に感服。

グリーン・ツイン

ありがたき頂き物、第2弾!
ありがとうございます!

カワハゲ・ツイン

日本式双晶!
もちろん、国産。
しかもグリーン・ファントム入り。

産地の「川端下」は「かわはげ」と読みます。
ここの水晶は、ややクリーム色っぽく、表面がマットになる癖があるようで、他にいただいたものや見せてもらったものの多くは、マットな質感でした。

写真の石は5~6センチほどのクラスターで、その上に小さな結晶がごちゃごちゃごちゃっ。
その中にひとつ、5ミリほどの日本式双晶がついているのです。
それを写そうとマクロで迫ったので、まわりの結晶はピンぼけてしまいました。

わたしは「日本式双晶がついてるよ」と言われてみているので、「あった!」とすぐに見つけられましたが、山で掘っている時に……つまり土や砂がたくさんついていて、もちろん、そこに日本式双晶があると誰にも教えてもらえない状態で、見つける自信は全くありません。

そこにあるとわかって、掘りに行っていたとしても……無理でしょう。
よくぞ見つけたものです。

私は一度だけ掘りに……というかズリからの表面採取に連れて行っていただきましたが、土・泥だらけのかけらの中から水晶を見つけ出すのがまず大変でした。
斜面に這いつくばるように、ごろごろ転がる石を睨み付け、きらりと光るもの、土にまみれていてもガラス質に見えるものを見分けるようになるのにしばし。
それでも手に取らないと結晶面がある「水晶」と割れたかけら状石英かの区別がつきません。
一見黒く汚く見えるのが、本当に濁っているのか、内包物たっぷりで、かけらであっても見どころありなのかわからなくて、とりあえずは何でもかんでも袋に放り込み、あとで重さにひいこらいわなくてはなりませんでした。

山デビューの初心者と採集ベテランさんを比べるのもなんですが、やはり、見つけるのは大変だっただろうと想像します。

ありがたや、ありがたや。

コゲ黒

ありがたきいただき物。

コゲ黒

国産黒水晶、しかも母岩付きクラスター!

ありがとうございます!

産地は黒水晶でも有名な岐阜県蛭川。
結晶そのものは2センチ足らずと小さく、表面には鉄分らしき付着や、欠けも見られます。

が、そんなダメージを補って余りある、この艶消し感!
「おお! 黒焦げ!」
……といいたくなる、真っ黒な色合い。

この石は、掘ったご本人からいただいたもので、会って話をしていた時、たまたま私は同じ産地で表面に艶ありの黒水晶を持っていて、
「そういう艶があって黒いのは少ないんだよ」
とおっしゃっていましたが、この黒焦げ・ワイルドも素晴らしい。
見た目きれいでないところでさえも、今さっき山から持ち帰ってきた……という、新鮮さというか、「生(なま)」な風情にあふれています。

私の場合、石は見て楽しむものでもあるので、きれいなものはもちろん好きなのですが、一方で「きれい」とは違う、雰囲気のある石も好きなのです。

石そのものと、その周りの……石がかつて大地に抱かれていた様子を彷彿とさせる、そのようす。

ただ一つ、困るというかてこずったのが、写真の背景。黒くすると画面全体が暗くなって、シャッター速度が落ちて手振れする(手振れ補正がついていても)。
白くすると石が文字通りの真っ黒。影だか石だかわからなくなってしまう。
かなりの没写真の山を築きました。

バイカラー?

あっ、「これ、な~んだ?」にすればよかった!

二色魚眼石

文字を入れちゃったので、クイズにはなりませんが、アポフィライトです。とがった先端がない、キューブ状の結晶がごちゃごちゃ群れてます。

こんな形だと、意外にアポフィライトっぽくないと思いませんか?
条線をうまくごまかせば、フローライトとかハーライトに見えたり……無理か。

うまく何かに化けさせられそうなところが楽しい感じですが、この石の見所はそこだけではありません。

これをひっくり返すと……。

二色魚眼石2

色つき。

全体的に内包物があるんじゃなくて、
結晶の途中、かつての端面に一層、鉄らしき赤黒い色が入っていて、それが透けて、広い範囲に色がついているように見えています。

ってことは、これは、アポフィライトのファントムということになるのか。

こういうのは、意外に見かけないので、見つけてホクホクでした。

グリーン・スレイマン?

スレイマンと呼ばれている白黒アゲートがあります。

なにぶん自然のものなので、白黒以外、茶色が混じることもあり、そういうのはレッド・スレイマンと呼ばれていることもあります。

ならばこれは。
グリーン・スレイマン

……グリーン?

以前にも白黒や赤が混じったスレイマン・アゲートのビーズを買っている店で、白黒スレイマンと同じ籠の中で見つけました。
これまでも変わったスレイマンを見つけている籠の中で、そのたびに「(この白黒と)同じ産地?」と聞いているので、今回も産地は白黒スレイマンと同じだと思います。

スレイマンかどうかを別にしても、落ち着きのあるウグイス・グリーンと使徒と黒の混じり合うさまは美しく、これならばスレイマンでなくても買ってました。

……が。
買って帰って、紐を通してシンプルなチョーカータイプに仕上げようかと思っていたら、思わぬトラブル!

紐が通らない!

いや、買う時には穴の大きさを確認し、これなら通ると思って買ったのですが、どうやらこのアゲートビーズ、左右から開けた穴が真ん中できれいに貫通していないらしいのです。

針を差し込んでも途中で止まる。
息を吹き込むと、かろうじて抜けるので、完全に塞がっているわけではないようですが……。
ワイヤーを通すと、何とか通ったので、オニキスかバンデッドアゲートのビーズを組み合わせて、チョーカーにしようか。

長さ44ミリ。
普通の天珠よりちょっと大きめ。この大きさがあるからこその、色合いと模様を楽しみます。


白い風景

ありがたき、頂き物。

天上鉱山
※「天上鉱山」と書かれたメモと一緒にいただいたのですが、調べてみたら「天上鉱山」でした。

水晶は、単結晶もクラスターもそれぞれにいいのだけど、クラスターならば、「風景」を感じるものが好き。

おさらいすると、クラスターとは、この場合は「群晶」の意味。
読んで字のごとく、結晶が群れているもの。

母岩の上に結晶が複数ついている、あるいは結晶の根元がくっつきあって一塊になっている……そういうもの。
石好きさんにはおなじみの形であり言葉であるけれど、意外なことにこの「クラスター」という言葉が間違って覚えられているケースをちょくちょく見かけます。
パワーストーンと言えばブレスレットというイメージが広がり、それにともなってクラスターと言えばブレスレットを浄化するもの……という認識も広がっているようす。
それがどこかでこんがらかって、ブレスレットを浄化するのに使う石ならば、ぶっかきのかけらのようなもの(ラフ)でもクラスターということになってしまったようです。

中にはまとめて箱で仕入れたクラスターを一気に売る際、クラスターとは言い難い形状のものがあっても一律で「クラスター」表記してしまい、そこから誤解が生まれたケースもあったりします。

それでも、他でクラスターと呼ばれている石と形がぜんぜん違うぞ? と思えば確認できると思うんですけども……。
いや、私としては、それ以前に「クラスター=浄化の道具」という認識に物申したい。

クラスターというのは、石であると同時に、地面の中の石が育った場所の一部。
単結晶よりもさらにまわりの様子を伝え、想像させてくれるものです。

今回の石は、差し渡し5~6センチの小ぶりなクラスター。
半分ほどは結晶が折れたり、欠けたり、ややダメージがありますが、一部から白濁した結晶が複雑な形に伸びています。

キャンドルクォーツの一種のようでもあり、さらに枝分かれしたようでもあり。
この面白い形を見ていると、折れ欠けた部分は、このような結晶がくっつきあってしまい、なかなか掘り出せなかったためではないだろうかと思えてきます。
結晶小ぶりであることを考えると、晶洞自体も小さ目だったのではなかろうか。

一番見栄えのいい角度を探しつつ、そんなことを考えました。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム