INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライゴーニックの見つけ方。

連続アイスクリスタル(アイスクォーツではない←しつこく)。

ミドルレッド

先日のものに比べると、赤みはかなり抑えめ。でも、一般的な……というか、私が今まで持っていたアイスクリスタルよりは色が濃い感じです。

溶けもかなり進んでいて、結晶面はあまり残っていません。
柱面(側面)は、がっつがっつと鑿で掘りこんだように激しい凹凸になっています。
裏面は部分的に溶けが進んだようで、ルーペで見るとかなり内部まで穴が開いていて、そこに鉄さびのようなものが濃く付いています。

ミドルレッド2

ところが、ここまで溶けていながら錐面の一部がしっかり残っていて、そこにトライゴーニック。
浅いものですが、かなりたくさん重なるように連打されています。

この石、どうやら元はかなり透明度が高かった様子。
トライゴーニック越しに内部を見ることができ、前述した、溶けが進んで内部に穴のようになっているようすを見ることができます。
そのせいでしょうか。溶けた面はすりガラス状になってざらつくはずなのに、全体に何とも言えない照りがあって美しく見えます。

まずは色合いとこの美しさがチョイスのポイント。
トライゴーニックありはその次です。


さて、このブログに「アイスクリスタル トライゴーニック ペンダントトップ」というワードで検索がありました。
いくつかアイスクリスタルのワイヤーラップのペンダントを作り、中にはトライゴーニック付きもあったはずだけれど、このブログに載せていたっけか。

最近はちょうどいい大きさのものがないので作っていませんが、この際、ころころ売られているアイスクリスタルの中からトライゴーニックを探すコツを少し挙げておきましょう。
幸いなことに、アイスクリスタルはトライゴーニックが出やすい石。
ブラジル産の透明水晶の中から探すよりは、はるかに確率が高いです。

これはもう、コツというまでもないかもしれないですが、アイスクリスタルでトライゴーニックを探すには、一にも二にも、錐面が残ったものを探すこと。

錐面というのは、ご存じ水晶の先端の斜めの面のことです。
前回みたいに、溶けてかつての錐面が現れ、そこにトライゴーニックが……というのはまれな例。
ほとんどは、先端の斜めの面にトライゴーニックは出ます。
だから、そこが溶けてなくなっていたら、まず、望めません。

では、錐面をどうやって探すか。

まずは、棒状のアイスクリスタルを探しましょう。
どうやら、アイスクリスタルの元の姿は、すっきり伸びた六角柱状の素直な結晶だったようです。
少なくともカテドラルやエレスチャルみたいなごつごつした複雑な形ではありません。

ということは、

みたいに、上下もわからない、これ、水晶?と言いたいようなかけら状のものでは、錐面はすでに溶けてなくなっている可能性が高いということ。

ですから、比較的元の結晶の形を残しているであろう棒状のものを探しましょう。

棒状であっても、錐面が全部溶けて先端を削り落としたように平らになっているものもあります。
尖っているように見えるけど、残念、かなり溶けた後、というものもあります。
トライゴーニックは、かる~く溶けたところに出るので、しっかり溶けてしまっては見えません。

なので、棒状のアイスクリスタルの中から、あまり溶けてない錐面付を探さなくてはなりません。

ここで、アイスクリスタルが元は素直な形だったことが幸いします。

今回の写真でもわかるようにごつごつであっても棒状に伸びているのは、柱面(側面)です。
アイスクリスタルではとがった先端は溶けて平らになっていることが多いのですが、斜めにすぼまっているようなら、錐面が残っている可能性大。
さらに、光を反射させると、溶けたところはすりガラス状でざらざらして光をあまり反射しませんが、溶けていない錐面は光を反射して輝きます。(よく見ると柱面でも、溶け残っている結晶面が確認できます)


そういう石をみつけたらしめたもの。
視力に物を言わせるか、ルーペを取り出してじっくりチェック。

トライゴーニックには、うっすら浅いものと、前回の石のように深く刻み込んだようなものがあります。
あまりに重なりすぎると、溶けた面と似たすりガラス状になったり、

逆三角形の形がはっきり見えなかったりするのでご注意を。

どんなものでも、見分けるには「慣れ」が必要です。
アイスクリスタルを見かけたらチャレンジしてみてはいかが?


スポンサーサイト

隠されたトライゴン

IMAGE展で久しぶりに買った、アイスクリスタル

ディープレッド・マニカラン

あ、念のために言っておきますが、私はこれを「アイスクォーツ」とは言いません。
名前としては誤解を生みそうだけど、「アイスクリスタル」。初期に、この名前で一応収束してました。
その後なぜか「アイスクォーツ」表記が増えてきたんですが、アイスクォーツというと、「氷のように無色透明な水晶」の意味で使われてきた言葉だと思うので、この水晶には適しません。

さらに、マニカラン以外の溶け水晶は、アイスクリスタルと呼びません。
氷河の下から出てきたんだってさ……という話とともに現れた水晶だから、アイスクリスタル。
同じように溶けていても、産地が違うなら「エッチドクォーツ」でいいでしょう。

「他とは(見かけや採掘・発見の状況が)違う」ということで名前が付けられたのですから、その名前を崩してしまうのも、見かけが似ているからほかの産地のでもいいや……とルーズに用いるのも、よくないと思います。

あだ名なんだから、どうだっていいじゃないか。
……そういう考えもありですが、私はあだなというのは「とりあえず付けただけ」ではなくて、一種の「称号」だと思うのです。
「おお、これは初めて見た」「他とは違うぞ」と最初に思わせた、そのインパクトに対して与えられた称号と考えれば、それをいい加減にあつかったり、似ているからと二番手、三番手に軽々しく与えるわけには行きますまい。

そんなことをするといろいろこんがらかるので、やめてほしいというのが本音でもありますが。

さて、この石。
変なところでこんがらかっていました。

というのも、IMAGE展の壁際のブースの、さらに壁際に置かれた箱の中に入っているのを見つけて、
「お、アイスクリスタル。久しぶり」
と、足を止め、ブースの中に入らせていただいて、箱の中をごそごそ。

ご存じのように、私はアイスクリスタルを複数(たくさん)持っています。
偶然にも初お目見えだったらしい2006年の新宿ショーで買ったのが発端で、(アイスクリスタルは2006年の「夏」に見つかったと説明されていたことがあるので、これはかなり初期だったのでしょう)これをきっかけに溶け水晶好きを自覚、今に至る……という、ちょっと思い入れのある石なのです。
それから続いて「また買っちゃった!」といくつも手に入れていたのですが、2009年にダーラ水晶が登場するころには、市場での勢い……というか見かける量も、話題も、大分少なくなっていた印象でした。

ところが、最近以前のようにとはいかないものの、なぜかアイスクリスタルの話題を聞くような。
それで気になって検索して、これが「アイスクォーツ」の名前でも売られているのをみて、「違うだろう!」とツッコミを入れたという次第です。

なぜ、再びアイスクリスタル? いや、この石はとても面白く魅力的ですが、いったんブームが去った……と感じていたものがやや再燃している(ように思われる)のは、何かどこかで動きがあったのでしょうか?
産出量も少なくなったのか「現地でも高い」という声も聞こえてくるんですが、私が買ったこの石は、グラム売りでほどほど値段。

見れば、かなり色が濃い……アイスクリスタルは、基本無色ですが、表面に鉄分がくっついていてうっすらピンクに見えているものが多いのです。鉄分の量によって色の濃さに差が出ていて、中にはかなり赤……赤黒いものも。
私は、うっすらピンク~透明ばかりに出会ってしまい、赤黒いアイスクリスタルを持っていませんでした。
かけらでは見かけるけれど、やはり、溶けつつも水晶の形を残しているものが好み。

今回、箱の中には掌に包みこめる適度な大きさで、適度な形で、色の濃いものが。(しかもほどほど値段)

いいではないか。

がさごそ漁っていると、箱の隅にラベルが置いてありました。
何気なく見て、目が点。

謎ラベル

……は?

カンジロバ?
カンジロバといえば、一時期透明水晶ビーズが出回りました。(今もあるのかな?)

カンジロバ・ヒマールという山は実在し、それはネパールのドルパ郡にあります。
 
だけども、ビーズは出てきたのに原石が一つも見当たらず(少なくとも私は見てません)、塊状で結晶の形をしていなかったのか、原石のままでは出せないくらい表面がガサガサできれいじゃない石なのか……と思ってましたが、まさか、アイスクリスタルのそっくりさん?

いやいや、最後の行を見逃すな。

しれっとインドとネパールが併記されてます。

これで、インドの名前がなければ、地名としてちゃんと成り立つだけに、謎度、大。

見れば見るほどインドのマニカラン産だけど。
どう見てもマニカランのアイスクリスタルだけど。
色が濃いのがあるから、インドでもいいけど、もし万が一カンジロバ産なら、欲しいぞ!

お店の人に聞いてみました。
「これ、インドとネパールが併記されていますが、どちらですか?」
「ネパールです」
さくっと答えるお店の人。納得できないので粘ってみます。

「ええ、この地名、インドと書いてなければ、ちゃんと成り立つんですけど、インドと書いてあるのはどういうことなんでしょう?」
ええーと、と戸惑うお店の人。
「それに、この石はどう見てもインドでマニカランっぽく見えるんですけど」
しつこい私。(すみません。でも。)
「……確認します」
とお店の人。その場でどこかに電話してくださり、その結果
「インドだそうです」
やっぱり! 

「きっと、山のこちら側とあちら側みたいに、鉱脈がつながってるんでしょうね」
とおっしゃってましたが、いやいやカンジロバはネパールの真ん中あたり。マニカランのあるヒマチャルプラデッシュとネパールの間にはウッタラーカンド州が挟まってて、かなり離れてます……と内心ツッコミを入れたのはナイショです。

※大きな「ヒマラヤ」の「マ」の下にパルバティーとあります。マニカランはパルバティの一角。
 パルバティーの文字の右を見るとカンジロバ。地図上の位置を比べると、離れているのがわかります。

インド、ということはおそらくマニカランでいいでしょう。
最近これをクル渓谷と言っているのを見かけますが……まあ大雑把に見ればクル渓谷ともいえそうなので。
「氷河の下から採れた」というならば、マニカランは氷河を頂く山のふもとにあたります。

さて、写真の石に話を戻します。

無事インドとわかったこともあり、安心して石を選びにかかります。
溶け具合と、形の残り具合と、今回は色の濃さ。
アイスクリスタルはトライゴーニックが高確率で出る石なので、出ているならそれを選ぼうか。

選んだのは3つ。色が淡いの、中間の、そして濃いの。
一番色が濃いのが、今回の石。

比較的元の水晶の形や面を残しているものの、先端は平らに溶け消え、エッジ(面と面の合わせ目の角)は、ガリガリと鑿で削ったように溶け始めています。
どうも、水晶は角の部分から結晶しやすく、溶けるのも角の部分から溶けやすいようなのです。
アイスクリスタルなどの場合は、まず、角が溶けていき、しだいに溶けが面全体に及ぶと、あとはごつごつとした形にとけていくようで、これは溶けの初期段階。

ただ、クラックがあったりすると、そこからどんどん内部に溶けが進んでいくようで、錐面のなかほどがざっくりとえぐれたようになっているのは、きっとそのためでしょう。

普通なら美観を損なう欠点となるはずの瑕が、この石では表情となり、たくましい魅力となります。

長い時の移ろいを刻み込んだ遺跡のような。

そして、この瑕の中に、この石の面白さがあります。

「アイスクリスタルはトライゴーニックが高確率で出る石なので、出ているならそれを選ぼうか。」
……と書きましたが、この石ではどうか。
画面上部、ざっくり大きい瑕がはいっているところが錐面ですが、一番表面にはトライゴーニックは表れていません。

この石のトライゴーニックは、中にあるのです。

ディープレッド・マニカラン2

角度を変えて撮ってみました。
ざっくりと刻まれた瑕の奥に、これまた深く刻み込まれたトライゴーニックがお分かりいただけるでしょうか。

以前、溶けてファントムの面……かつての錐面が部分的に現れて、そこにトライゴーニックが出ているアイスクリスタルを登場させましたが、これもまた瑕の奥にかつての錐面が現れているんです。

表面にはトライゴーニック(触像:溶けてできた凹状の逆三角形)が現れていないのに、内部にある。
たぶん、表面はトライゴーニックが現れるところまでとけていないのかもしれませんが、内部のトライゴーニックは何とも意味ありげ。

溶けていく途中で、秘められた秘密を語る。
……そんなことを考えてしまいます。

あたり前の意外な形

久しぶりに「これ、な~んだ?」

フラワージオード

裏側はこんな感じ。
フラワージオード2

左下のあたりをアップにするとこんな感じ。
フラワージオード3

まあ、石の種類としては難しくはないですね。

これは、アメジスト。アメジストが母岩に減りつくように平べったく放射状に結晶したフラワー・アメジストです。
この形を産出するのは、ブラジルはリオ・グランデ・ド・スル州のイライ。

特徴的なのでわかりやすい……けれど。

実はここまで出てきた写真は、すべて
フラワー・アメジストの裏側です。

この石は、ふらりと立ち寄った石屋の入り口のすぐ外の箱の中に普通のアメジスト(色薄め、ゲーサイト入り)のアメジストと一緒に、無造作に詰め込まれていました。
いかにも「安売り!」という感じです。

見れば、色が淡くて形もやや乱れているものの、フラワー・アメジストもいくつか混じっています。
「へえ、フラワーだ」
と興味を覚えて覗き込んでみると、この石が。

「裏側か」と思ってひっくり返してみると、そちらも裏側。
両面裏側とはどういうことだ?

フラワー・アメジストというのは、ぺったり平べったくてもちゃんと結晶の頭(先端)があるものです。


それが見えないということは、この石の表面はフラワー・アメジストの裏面であることは間違いないです。
両面とも裏側とは?

石をひねくりかえしてみると……。

実はこの石、薄っぺらではありませんでした。
厚みがある……というか、たとえて言えば「餃子」みたいな形。一方はふくらみ(厚み)があって、反対側は薄い。一辺が欠けていて、そこを……餃子で言えば具が入っている部分を見てみると。

フラワージオード4

空洞が。

中を覗き込むと……

フラワージオード5

結晶が見える!……ということは。
これ、フラワー・アメジストのジオード!?


いやいやいや、水晶はほとんどが地下の岩の隙間に成長するわけで、空間を残していたから、結晶形も残っていて、それが晶洞(ジオード)。
たいていはそれを丸ごと掘り出せなくて、水晶だけを取り出しているからジオードの形では売られていないけれど、掘り出し可能なアメジストやアゲートの中に水晶が結晶したジオードというのがあるわけです。

だから、フラワー・アメジストのジオードがあったって不思議でもなんでもない。
事実、あるショップで高さ50センチはあろうかというカマクラ型のフラワー・アメジストのジオードを見たことがあります。
あったけれど、自分が出会うとは思わなかった。
これは逃してはなるまいぞ……ということで捕獲。

それにしてもきれいにはがれたものです。
フラワー・アメジストは裏側にセラドナイト……クロム雲母が風化して粘土鉱物になった緑色の、カビのような粉のような鉱物……がくっついているものがあるので、母岩と水晶の間にセラドナイトの層があったためにたやすくはがれたのではないかと想像します。

でもその下にはさらに玄武岩があったはずで、よくぞジオードの形を壊さず取り出せたものだと感心します。
欲を言えば、もうちょっとジオードらしく大きな空洞を持った形状で、仲が良く見えていたら……そんなのだったら、安売り箱にはいってませんね。

こういうところも見逃してはダメなのです。

ミニ・ファーデン?

ファーデン?

ファーデンとして売られていた、おちび石。大きさは
2センチ弱くらい。

平べったくはない、普通の六角柱状。
両錐で、真ん中に白い筋が入っているように見えるけど。
パキスタン産とのことだけど。
小さいファーデン(母岩にくっついていたもの)を見たこともあるけど。

……これは、ファーデンとは思えないなあ。

マクロで撮ってみると、白い筋の様子もファーデン・ラインには見えない。
ラインというより、面状?

面というほど平らではないけれど、これが5センチとかもっと大きい結晶ならば、半分に折れたものが再結晶したのかも?と思うところ。
割れた破断面が白い濁りになって残っているのではないか……そんな感じに思えるけれど、なにせたったの2センチ(弱)。

小さい石にも謎とストーリーがある(たぶん)。

癒してぃーず行ってきた。

パスしようか~と言っていたのに、急きょ方針転換。
行ってきました、「癒してぃーず」。

「前回は来なかったし」と思っていたら、今回で2回目。去年は震災で中止だったのでした。
というわけで、このイベントは意外にも2回連続参戦ということになります。

前回(の記憶)と比べてみると……前回は、「癒してぃーず」という名前にもかかわらず、まるで「ミネラル・ザ・ワールド」と同じ感じでした。「癒し」である部分はパーテーションで区切られたオーラ写真のコーナー程度だったのですが、今回は、規模としてはミネラル・ザ・ワールドの三分の二……もしかしたら半分(強)くらいでしょうか?会場奥にいろいろな占いやカウンセリングが受けられるコーナーが広くとられていて、ワイヤーアクセサリーの体験コーナーもあり。

出店している店は、原石あり、ビーズあり、アクセサリーあり。癒してぃーずだからとくにこんな感じという特徴はなかったように思われます。

考えてみると、今はミュンヘンショー(ドイツ)の真っただ中。
そして池袋ショーまではまだちょっと間がある、ビミョーな時期。
新しい石が入ってくるタイミングからはズレているので、新しい石と言うよりは、すでにある石の……ちょっと厳しい言い方をすれば「在庫整理」的な様相を呈すのではないか……そう考えていました。

しかし、数年前はデンバーやツーソン、ミュンヘンなど海外のミネラルショーに各店が仕入れに行き、私たちはその入荷に一喜一憂していたわけですが、考えてみるとアフガニスタン・パキスタンものや中国ものを扱う店が増え、そういうところはミネラルショーに関係なく現地で仕入れてくるので、新しい石の入荷タイミングはばらつき、読めなくなってきています。

それに「在庫整理」であっても、「欲しい、でも買えない」だった石が割引価格で登場する可能性はあるわけで、今回は半分そちらにやられました。
すでに店頭で見ている石だったので、目新しさはないものの、お得感あり。

それ以外の石も含めて、(いろいろおまけしていただいたこともあり)けっこう満足度では高ポイントです。

買わなかったものでもラリマーブレスが数千円(ただし6ミリとかの小サイズ)とか、探せば掘り出し物が見つかるかも。

ダークグリーン2

ダークグリーン

ディープグリーン2号です。
ディープグリーンである理由は一目瞭然。隅から隅までぎっしりたっぷり緑泥を詰め込んだ、不透明濃緑。

2号である理由は、こちらに1号がいるから。
まあ、同じときに二つ同時に買っちゃった石なので、どっちが1号でどっちが2号でも構わないんですが。

緑泥で先端まで不透明緑になってしまった水晶は、ときどき見かけます。
ネパール産をよく見ますが、パキスタンにもあるでしょう。この二つの産地は、間に北インドを挟んでいるのに、似ています。

しかし、今回の石は、ネパールでは見ない形。
しかもネパール産に似た石が出る北部パキスタンではなくて、中部~南部のワジリスタン産。
ワジリスタンと言えば、ファーデンの産地。

緑泥たっぷり過ぎてファーデンのファーデンたる所以、最大の特徴である、ファーデン・ラインは確認することができませんが、1号と同じく結晶のくっつき方の中に隠れた「芯」があるように思えるので、おそらくファーデンだろうと思うのです。

写真の方向が上下かどうかもわからない、かなり個性的な形とくっつき方をしたこの石、この時2つ買ったそのあと、似た石を見かけません。
緑泥入りのファントムはちょくちょくみかけるようになったのだから、このタイプがもっと出てきてもいいのに。

もこもこ飾り

アルバイト~クォーツ

ブラジル産、アルバイト付水晶です。

アルバイトは曹長石、ナトリウムに富む長石です。
どれかと言えば、もこもことした白い部分。
その周辺を覆っている黄色~黄緑っぽい色合いは、エピドートでしょうか、緑泥でしょうか。

このアルバイトは、内包されているのではなく、表面にくっついているだけのようす。
黄緑コーティングのところどころが丸く剥げ落ちているようすのところは、ひょっとしたら、この白いもこもこがくっついていたのかもしれません。

この水晶、今年(2012年)の新宿ショーで買ったものですが、店頭ではアルバイトとも何とも書かれていなくて、外国人の店員さん相手に、カタコト未満の英単語で確認しなければなりませんでした。

こういうことがあるたびに、英語をもっとまじめにやっておけばよかったと後悔します。

ローズ・ポイント

ローズ・ポイント

ブラジル産の結晶形ローズクォーツです。写真ではやや淡く写っていて、実物では淡い色合いではあるけれど全体的にローズ。先端がちょっぴりスモーキーです。

大きさは4~5センチほど。

ローズクォーツは、塊状のものは大きいのがあるけれど、結晶形のは、小さなものばかり。
4~5センチでも十分大型の部類に入ります。
……が、この場合は大きいと言えるかどうか。

この石をよーく見ると、中身はどうやら透明。その上を覆うようにローズが結晶し、先端ではスモーキーに変わりかけている。

つまりこの石は、ローズがここまで大きく結晶したのではなくて、外側を覆っているから大きく見えているだけ。
こちらと同じです。

これで、中までローズだったら!

想像するに、塊状のローズクォーツは、結晶した岩の隙間を埋め尽くすほど、元気よくにょきにょき成長したはず。
一方、結晶形のローズクォーツは、少なく、小さく、たいてい透明水晶かスモーキーをベースに、ちまちま結晶しているものがほとんど。

これは、結晶型ローズクォーツの発色の仕組みが、大きくなるのを妨げているのか……あるいは、水晶が結晶する温度としてはかなり低めな環境で結晶したために、大きくならないのか。
とすると、塊状ローズと結晶形ローズでは、ピンク色でローズクォーツと呼ばれても、色の原因や結晶する温度など環境が大きく違う、色は同じの別の石、見たいな関係だったりしないでしょうか。

そろばんガーデン

透明ベータ

久~しぶりにロシア産。

最近は、なかなかロシア産水晶に巡り合う機会が少なくて。
一大チャンスは12月の池袋。もちろんこの石も池袋ショーの戦利品です。

奇をてらったというか、おお、そう来るか、面白い!……という石を選んだら、どの角度からとっても写しにくいことが判明しました。

ええと、この石は、ダルネゴルスクのそろばん型水晶が2つか3つ、ずれた向きでくっついているものです。これをクラスターと言っていいのかどうかは大変微妙。

形が見えにくいのには、ずれた向きでくっついている以外にも訳があります。
一つは水晶が透明であること。
もうひとつは中にファントム(ガーデンっぽい)がはいっていること。

この見えにくい訳が選んだ理由でもあるので、石に文句は言えません。

ダルネゴルスクのそろばん型水晶は、たいていうっすら緑の半透明~亜透明。しかし、透明なのもあると聞いていたので、いつか見つけたら買ってみようと思っていました。
そしていざ、透明バージョンを見つけてみると。

中に灰緑色のファントム。
しかもファン等はそろばん型ではない。
小さく短いものの、ちゃんと柱面がある結晶の形をしているようです。

これはおもしろい。

ときどき、このダルネゴルスクのそろばん型水晶は、ベータ・クォーツ、つまり高温型水晶であると言われています。
ほとんどの水晶は、573度以下の温度で結晶したもので、低温水晶(αクォーツ)、それ以上の温度、573度~870度で結晶したものを高温型水晶(βクォーツ)と呼びます。
βクォーツは、柱面が発達しない……つまりそろばん型になるものがおおいので、ダルネゴルスクのこれもベータ・クォーツと言われるんですが、実はこれは低温型。しかも低温の中でも温度低めの環境で育っているらしいのです。

言われてみれば、低温型の中でも低温派のウルグアイやブラジルのアメジストも、コロンとした形のハーキマ^・ダイヤモンドも低温なのに柱面があまり発達していません。

それにしても、元は柱面のある形だった(らしい)のに、どうしてそろばん型になっちゃったか。
そんなあたりも、へんてこ水晶のメッカ、ダルネゴルスクらしい……ということにしておきましょう。

アンティークカーネリアンについての覚書。

天珠じゃないけど天珠にも通じる石なのでカテゴリーは天珠で。

カーネリアン&赤水晶

真ん中の大きめ石がアンティークカーネリアン、まわりのビーズは赤水晶です。
(最近、これがロードナイトで売られているのをみてびっくりしました)

さて、アンティークカーネリアン。
おお、オレンジじゃなくてこの赤だよ!と言いたい色合いと独特の質感がいいですねえ~。
最近は、このアンティークカーネリアンと赤水晶で作ったネックレス愛用中です。

今回はこのカーネリアンについて、買ったお店で聞いたことを覚書。

この石は、インダス川流域~中近東当たりの産とのこと。(出所はいろいろ混じっているらしい)

お店の方の言うことには、エッチドカーネリアンの方が古い、このカーネリアンの方が新しい(1000年前くらいのものだと思うとのこと)。

「模様のある方が古いんですね~」と言ってみたら、
「この(エッチドカーネリアンの)模様は、象形文字みたいなもの。文字が生まれてから模様が描かれなくなってカーネリアンだけになった」
……とのお話。
そのお店にあったのは複雑な模様で象形文字…と言われても納得しそうでしたが、シンプルにストライプ模様だけのものもたくさんあります。
ストライプ模様が文字替わりとはちょっと苦しいかも……?
イエメン産で14世紀ごろというのもあったので、一律に文字の誕生によって模様がなくなったとは考えにくいように思いますが、前回
「エッチドカーネリアン」が(おそらく西よりの)チベットにもたらされ、目の模様を持つ魔除けの護符としての瑪瑙がその技法を得て、より強力な「目」を描いたビーズとして天珠が誕生したのではないか……そしてエッチドカーネリアンは模様を描くことを天珠に譲り、命の色の赤い石として天珠とともに大切にされたのではないか…。
……と考えたのと重なるような気がして面白いと思いました。

今日は小さめのアンティークカーネリアンを手に入れたので、ネックレスとおそろいのブレスレットを作るつもり。

水晶の中のうつろう影

エメ入り

水晶の中にふわりと緑。

水晶の透明感が低いので、障子越しの影絵のようにぼんやりとしているけれど、柱状の結晶であることがなんとなくわかります。

これはエメラルド。
いちおう、エメラルド入り水晶なのだ!

……小さいタンブルだけど。

水晶の中にエメラルドが入ることはなかなかないようで、こういう白濁してエメラルドの色が薄くても貴重。
中でもなるべく柱状結晶がわかるものを選びました。

石英を母岩にしたエメラルドは、なんとかあるのに、中に入ることが少ないのはなぜだろう。
透明な中に鮮やかなエメラルドががつんと入っていたら、さぞかし美しいだろうに……もちろん、手が出ないけれど、目の保養をしてみたいものです。

石好きの集いへ行ってきた。

今日は石好きさんの集まりへ。

なんとも濃~い集まりでした。
お会いした皆様、ありがとうございました。
楽しかったです!

今日、持っていけばよかった!……と思った石はこれ。


……セレスタイトで買ったけれど、バライトがらみに見えてきました。


セレスタイト。結晶が結構大きめ。

セレスタイト? バライト?
……これは、セレスタイトとして買ったけれど、含ストロンチウム重晶石?
セレスタイト? バライト?2
……裏には硫黄付。


ゾイサイト。
「灰」はカルシウムの意味だけれど、灰簾石の名前がピッタリな感じ。灰=グレーという意味で。


えーと、バナジウム入り……?

パワーストーンの「やってはいけないこと」(個人的意見)

「やってはいけない」というと、たとえば生活に支障をきたすくらい買い込んでしまうとか、のめり込みすぎ、依存しすぎとか、そういうのもあるかもしれませんが、そこらへんは常識の範囲内で……今回のネタは、石への接し方というか石と持ち主さんの関係について。

石についてはいろいろと「大丈夫?」「どうすれば?」という心配があるようで、よく「自分に合った石を選ぶには」「相性はいいか」「買ったらどうしたらいいか」「触られたけど大丈夫?」「ブレスレット(のゴム)が切れた!」「こんなこと(色が変わった、なくなった、なくなったと思ったら出てきた、願いがかなった、叶わなかった……etc)があった、身に着けても大丈夫か?」……と言う質問をみかけます。(パソコンなので「見る」です)

ズバリ言ってしまうと、なぜ、そんなにも心配しなくちゃいけないのか、さっぱりわかりません。

たった一つのことさえ忘れなければ、コトは簡単なのです。

忘れてはいけないこと。
それは、あなたは、楽しむために石を買ったということです。

まさか、「大丈夫?」「どうすれば?」と心配するために石を買う人はいないでしょう。
私みたいに、意味や効果関係なしに「石好きー!」と買う人も、願い事があって買う人も、わくわくしながら買ったはずではありませんか?

私は、石は、持ち主さんの代わりに何かをしてくれるものではないと思っているので「幸せになるために」とはいいませんが、石を買うのは、「楽しい」「いいことあるかも」「願いが叶えばいいな」……すべて「いい気持ち」のために買うんです。
だから「大丈夫?」「どうすれば?」というあれこれの質問は、
あなたが石を楽しめる方法が正解です。

「自分に合った石を選ぶには」
私だったら、興味をひかれた石、持って楽しめそうな石を自分で選びますが、お店で選んでもらう方が石を楽しめるなら、そう思う人には選んでもらう方が正解。

「相性はいいか」
はっきり言って、心配しなければならないほど相性が悪い石だったら、興味も持てなくて持とうという気にもなれないのでは。
店で作ってもらったけれど、相性は大丈夫か……という質問もありますが、仮にも石を扱い、客に勧めるところが、心配しなければならない組み合わせをするというのでしょうか。
「相性が悪い石なんてない」という答えがあちこちにあるのに、それでも心配なら調べて調べて心配じゃない組み合わせをすればいいでしょう。

「買ったらどうしたらいいか」
まず浄化……といいますが、個人的には「楽しもう!」です。
せっかく新しい石を買ったのに、心配してる暇があったら楽しみましょう。
買ってよかったー! きれい! 出会えたことの喜びを石に伝えてあげるのが第一じゃないでしょうか?
どんな浄化よりも、持ち主さんの喜びの方が効果があると思うのですが。

「触られたけど大丈夫?」
石はたいてい、採掘・(加工)・流通・小売りを経て私たちの手元にやってきます。
つまりたくさんの人の手を経て初めて、遠い異国の石が手元に来てくれるわけです。
なのに、どうして他人の手を心配する必要があります?
いつも一緒の持ち主さんを差し置いて、ちょっと触れただけの他人の影響を受け、持ち主さんに害を与えるとでも? 自分の石が、持ち主よりも他人に影響されてしまうようなものだと思いたいですか?

「ブレスレット(のゴム)が切れた!」
「こんなこと(色が変わった、なくなった、なくなったと思ったら出てきた、願いがかなった、叶わなかった……etc)があった、身に着けても大丈夫か?」


……これも、ずっと一緒だった石が、ちょっとした出来事で、危険なものに豹変するのでしょうか。
ゴムが切れたというので不安になる人がいますが、ゴムを通してブレスにしたのは人ですし、ゴムはいつかは切れる人工物なんですが。
着けたい気持ちと不安とをはかりにかけて、どちらかを選べばいいだけです。
これからも身に着けたいのなら、着ける。
不安なら着けない。
私の場合は悩む前に直しておしまい。不安などどこにも存在しません。

ここでタイトルの「やってはいけないこと」
それは、石を疑うことです。


この場合の「疑う」は石にパワーがあるかないか……とか、いろいろあれこれの説明のどれが本当か……など、パワーストーンの「説明」の真偽ではありません。

石に対してむやみやたらに「大丈夫?」と心配することです。

「大丈夫?」というのは、裏を返せば「大丈夫じゃなくて、自分に何か害があるかも?」ということ。
自分の石を、そういう危険物だとみなすことです。

よく「大丈夫?」というわりに大丈夫じゃなかったらどうなるか、考えてない人がいます。
それは石を疑ってることになりますよ?……と言うと、疑ってるとかじゃなくて~と聞いたので心配になっただけ、というのですが、十分疑ってますって。

なぜ、どうして、そうなるか。その結果どうなるのか。
それが自分に当てはまるのか。
それをよく検討もせず、うわべの情報だけで、自分の石を「実は良くないんじゃないの?」と思うことが、疑いでなくてなんなのか。

「大丈夫?」は楽しむために買ったものを、楽しくないものに変えてしまいます。
「大丈夫ですよ」と言われて安心したとしても、石ではなく他人の言葉を信じただけ。
あなたは自分が友達から一方的に「この人大丈夫?」と疑われ、見ず知らずの人の「大丈夫」という言葉で「良かった、いい人なのね」と思い直してもらったとして、その友人とこだわりなく今まで通りに付き合えるでしょうか。

石に対して相性は?
……というくらいなら、石は、疑われれば悲しい。逆に、石を持つことで持ち主さんが楽しい気持ちならうれしいでしょう。
うれしければ、それだけ力も発揮しやすくなると思いませんか?

石が持ち主さんのために頑張ってくれるなら、石が頑張りやすくしてあげるのは持ち主さんの役目。

だから、「大丈夫?」よりも「どうすれば石を楽しめる?」と考えましょう。
楽しめない石なら、持たない方がいい。

浄化して石を楽しめるなら、浄化しましょう。
石を楽しむために、楽しみながら浄化しましょう。

迷ったり疑ったりするなら、石を買う前に。
組み合わせが気になるなら、とことん気にして、「これで大丈夫!」というものを選びましょう。
あるいは「これで大丈夫」と思えるまでリメイクすればいいでしょう。

いろんな「~しない方がいい」という説明については、不安になる前に、いったいどういうことだと理由追及すべき。
「私の石は大丈夫?」は最後の最後の非常事態と思った方がいいと思います。

石にとっては持ち主さんはたった一人。
その人に疑われた石に、何ができるでしょうか。

「大丈夫?」は、実は、石を疑うだけでなく、石の力をそぎ落としているのかもしれないのです。


ぽつぽつファントム

インド・レッドファントム

インド産です。南インドとのことですが詳細不明。
ファントムです。

赤……というか赤黒で、ぽつぽつ斑点状ですが、全体像はファントムです。

ファントムの下も、上も、かなりの透明感なので、ファントムが目立つこと目立つこと。

これは、透明な水晶が成長していく途中の一時期、この赤いぽつぽつ……おそらく鉄系のレピドクロサイトとか、そういうもの……が成長する環境になったということ。

インド・レッドファントム2

アップにすると、この通り。
面の屈折で見にくいですが、ファントム面からもこっと盛り上がるように何かが結晶しています。

こういう透明で素直な形の水晶は、熱水の中に水晶の成分が少ない環境でゆっくりじっくり成長したと思われます。(逆に水晶の成分が多いとあちこちで一斉に成長が始まり、成長しやすいところがどんどん成長して、ごつごつした形のエレスチャルと呼ばれるような結晶になります)

ゆっくりじっくり成長していたので、ファントム面、つまりかつての結晶面にほかの鉱物が形を持って成長できたのでしょう。
それにしても、ある時から鉄分が多くなって赤い水晶になった……というならともかく、どうして一時期だけ。
いったい、何があった!
……と言いたい感じです。

メルト

エッチド・スモーキー

パキスタンの溶けスモーキー!

エッジ(稜線)は溶けてなくなり、しかしなお水晶としての形をとどめている……そんな石。

溶け水晶は、インドのアイスクリスタルのように、先端が低らに溶け、柱面が凸凹になるものがあったかと思うと、

元の形がわからないほどにスポンジのように溶けているのもあり。
スポンジ スポンジ2

ブラジル産のトライゴーニック付水晶などでは、面の真ん中はほぼ平らに残っているのに、エッジの部分から溶けて「面取り」になっていきます。
面取り

成長の仕方にも個性があるように、溶け方にも個性がある。

この水晶は、どうやら面取り型溶けのさらにとけたもののようです。

なぜならば、錐面だったと思しき、比較的平らなところには、レコードキーパー(成長丘)が残っています。
エッチド・スモーキー2

さらにアップ。
エッチド・スモーキー3
黒く写ってしまったので、上向き凹状三角に見えてしまいますが、凸状です

やや下の方には、触像である下向き凹状三角形もうっすら見えています。


贅沢にファントム

リチウムファントムクラスター

ブラジル産のリチウム・クォーツです。
考えてみると、このセピアピンクの色合いやふんわりした質感は好きなのに、好きな物はいくつでも♪な私にしては、原石はあまり持ってない。

まあ、第1号がコレですから。
しっかり、セピアピンク、多重ファントム、そして大きさも十分。
「これよりも」という目で探すと、「あ、これならピンクファントム」とか、「まるで瑪瑙!」……のように特徴一点重視で磨きや丸玉などに流れてしまうというわけです。

しかも原石は、波があるというか、いつもコンスタントにみられるわけではないし、見られてもきれいなものがなかったりと、かなりタイミングを問う石。
見つけた時が買い時!……と気づいて、機会をとらえて買ったのがこれ。

原石1号よりはかなり小さいけれど、クラスター。
しっかり濃い色で、ファントムが入っているのも見える。

「よっしゃあ! これだ!」

……気合、伝わるでしょうか。

レムリアンシード、追記

ブログの不具合、続いています。
今日の昼間、一時期直っていたのに、また画像を張り付けるのがうまくいかない。
複数画像を使おうとするとややこしいので、今日もちょっとお茶を濁します。

別館サイトレムリアンシードという名前の由来のコーナーに追記しました。

これまでは、レムリアンシードが通常の水晶のようにクラスター状態ではなくて、一本一本バラバラにばらけて、純白の砂の中にうもれた状態で見つかった様子から、ヒーラーが「まるでレムリアの遺跡のようだ」というイメージを抱き、「レムリアンシード」という名前を付けた……と紹介してきました。

なるほど、産出状況が神秘的でレムリアということになったのだから、水晶の柱面に横筋がついてりゃレムリアン、ではなくてレムリアンシードというためには、産地も重要だ、ということなんですが、レムリア大陸はインド洋にあったとされています。



インド洋とブラジルでは、かなり離れている……なのになぜブラジルでレムリアンシード?
と思っていたら、ことは意外に複雑でした。

まず。レムリア大陸というのは、アフリカの傍にあるマダガスカルの生き物が、アフリカよりもインドとつながりがあるのはなぜだ……という疑問から始まります。
時は大陸移動説以前だったので、マダガスカル~インド、セイシェル諸島、スマトラなどを含む一帯に巨大な大陸(最初は陸橋と考えられた)があったのではないか……それが沈み、マダガスカルやセイシェル諸島が残ったので、つながりのある生き物がいるのでは、という仮説が生まれました。
その後、ドイツ人生物学者ヘッケル、神智学者マダム・ブラヴァツキーなどによってさまざまな説や伝説が付け加えられていき、レムリアンシードに関係するのは、このマダム・ブラヴァツキーなのです。

マダム・ブラヴァツキーは、著書「シークレット・ドクトリンで」レムリアは太平洋上にあり、崩壊した際にレムリア人の意識体は南米大陸の地下に逃げ延びた……というようなことを述べたようで、その話を下敷きに、レムリアンシードを見つけたヒーラーは、レムリア人(の意識体)が逃げ延びたのはここで、(この美しい水晶に)レムリア人の意識が宿っているのだろう……ということでレムリアンシードと名付けたというわけです。

マダム・ブラヴァツキーがなぜレムリアを太平洋上に持ってきたのかはわかりませんが(シークレット・ドクトリンを読んでみないと……ご存知の方、教えてください!)、話はブラジルにつながっていたわけで、(スピリチュアル的には)一応筋が通っているということになります。

それにしても、その後の各種レムリアンは、どんな「筋」を通しているんでしょうねえ……。
レムリアンと名前がついて売られていたからレムリアン、横筋付きは全部レムリアンでは納得できません。
石頭だから!

スリランカの月

インド産ではなくスリランカ産ですが、このカテゴリで。

スリランカ・ムーン

スリランカ産のムーンストーンです。

ムーンストーンという石は知名度の割にややこしい石。

まず、鉱物名ではなくて見た目重視の宝石名です。

一応は、「長石の中のカリ長石と呼ばれる種類で、丸く磨くとぼおっと月光のような光り方をするもの」という規定があるにはあるんですが、かつてのムーンストーンの産地からあまり産出しなくなったのと入れ替わるように、カリ長石以外でもよく似た光り方をする長石がどんどん産出してきて、見た目月光っぽく光るんだったらムーンストーンなのか、やっぱりカリ長石という長石の種類にもこだわるのか、所によっては判断もぐらついているとかいないとか。

元祖ムーンストーンともいえるのは、スリランカ産。
長年代表的な産地だったスリランカのムーンストーンは、カリ長石に属していたのだそうで、そういう点でも、ザ・ムーンストーン。

1980年代に採れなくなり、90年代に新しい産地が見つかったものの、成分的にはカリ長石より曹長石よりだったとか……ああ、ややこしい。

つべこべ言うより、スリランカ産でカリ長石なムーンストーンをじっくり見たら、何かわかるんじゃないだろうか。
と思っていて見つけた、今回の石。

さて、これはカリ長石か否か。
カリ長石とは書かれていなかったので、お店の人に聞きましたが、分かりませんでした。

長石類は、ムーンストーンに限らず、いろいろ混ざって判断がややこしい上に、見た目ラブラドライトでしょ?と思っていたのが成分分析したら別の長石に分類されてしまう値だったとか、名前が整理整頓されておなじみのラブラドライトなどの名前が正式な鉱物名でなくなっていたりと、かなりなカオス。
鑑別するにも専門家にとってもややこしいようで、いっそのことざっくり「天然フェルドスパー」ということにしておこう、という流れがあるとか。

とりあえず……スリランカ産です、長石です。ムーンストーンっぽく輝きます。
さて、どうする。

メモ出てきた!

リバニー・アメジスト

先日、メモをなくした!といっていたアメジストのメモが出てきました。

Ribanee Amethista MADAGASCAR

でした。

昨日のブログ不具合は、まだ続いているみたい。
ブログに写真を張り付けようと、編集画面のファイル挿入のボタンをクリックすると

「Page not found
 ご指定のファイルが見つかりませんでした」

の表示になってしまいます。
書きかけていた記事は、過去記事として下書き保存されません。

これは、私だけ?
他にもこのような現象が出ているのでしょうか。

ブログの調子が悪い?

写真の貼り付け、記事の編集がうまくできないけれど、不具合発生中?
テストで書き込み。

古いでしょう! (希望コミで)

正確には天珠ではないけれど、天珠に連なる(と思う)いにしえの石ビーズ。

某ネットショップでセールをしていて、十分手の届くお値段までダウンしていたので、ここぞとばかりにポチポチしました。

天珠は、現代天珠より古い時代の天珠の雰囲気が好きですが、古い天珠はとてもとても手に入らないので、「雰囲気」重視で探すか、天珠というより天珠風ビーズとして割り切って買うしかありません。
それに比べると、パムテックやエッチドカーネリアン、あるいは瑪瑙などの石ビーズでは、(天珠よりは)そこそこ古い物にもまだ手が届くチャンスありです。

……で、買ったのがこれ。

エッチドカーネリアン エッチドカーネリアン2

古代アゲート 古代アゲート2

買ってから、お店に聞いてみました。
このビーズ(買ったときの商品番号や名前を併記)が見つかった場所や年代などはわかりますか?
……と。

すると、こんな回答が返ってきました。
「お買上げ頂きました天珠の産地は、中国及びブラジル産になります。
作られたのは、ここ数年の間と思います。 」

うーん、お買い上げいただいた「天珠」って。
私、天珠買ってませんが。
赤いのはエッチドカーネリアン、そして瑪瑙です。

わかるようにと思って注文内容はメールそのままを添付したんだけれど、どうも現代作の天珠と勘違いしているようす。現代天珠なら、ブラジル産瑪瑙を使って中国でここ数年の間に作られた、というので正解だと思いますけども。

フェイクのエッチドカーネリアンは見たことあるけど、違う。

何より石の手触りというか、持っている雰囲気、形のおおらかさ、小さい瑪瑙ビーズの方は穴の大きさとのバランスが、ある程度年代を経たもののように思われます。
もちろん、こういうものの目利きはまだまだ修行中ですが、これがブラジル産瑪瑙でここ数年で作られたものではないことくらいは、分かります(わかるはす!)

その後さらにネットを見ていたら、エッチドカーネリアンは15世紀ごろ、イエメン製のもので、色・形・雰囲気がそっくりなものをオークションで発見

瑪瑙(大)は、紀元元年前後シリア産のもので型・雰囲気がそっくりなものをやはりオークションで見かけました。

似ているから同じとは言いきれないけれど可能性はあるでしょう。

古いメノウはイイ。





これは?

えーとこれは

IMAGEで買ったビーズ。
やや黄色いオフホワイトににじむように青が混じったビーズ。
くすんだ……というか、冴えてビビッドな青ではない、落ち着いた青。
それが何とも秋っぽく見えて、遠目にも目を惹いた石でした。

……で、これはいったいなんだろう?

お店の人(日本人ではない)に聞いたらば、これだ思います、と石を見せられたのですが、そこに書かれていたのは「天青石」……いや、セレスタイトじゃないでしょう、どうみても。

私がなんだろう?と迷ったのは、これがラピスラズリにもソーダライトにも見えるから。

どちらも、白い母岩(?)が混じるものがあるけれど。いったいどっち。

私の予想では、ソーダライト。
理由は、ラピスラズリで白い部分が混じるタイプの場合、逆に青の部分は色が濃かったり、白との境目がもっとくっきりしているものが多いように思うから。
今回の青は、秋をイメージしたように、ちょっと白っぽい……というか柔らかい青。
ラピスラズリでこのような青になる場合は、白と青に分かれるのではなくて、全体的に白みを帯びて柔らかくなり、デニムラピスと呼ばれるようなタイプになるのでは……。
白との混ざり具合、の様子からソーダライトの方が近いんじゃないかと推理。
パイライトも全く見られないし。

ソーダライトでもラピスラズリでも、こんなに白が混じるものは、質が低いとされるけれど、私はこれはこれで美しいと思う。
むしろ、人の手では作れない、自然の色合い、混ざり具合。
それを活かせるでサインで楽しもう……!





「効果ありますか?」

「パワーストーンに効果ってありますか?」という質問を良く見かけます。

そりゃあ、あっち見てもこっち見ても石に効果の説明はつきものと言わんばかりですから、「本当にそんな効果ってあるの?」と言いたい気持ちもわかります。

たいていは、「そんなことあるわけない」なんですけど、ちょっとここで理屈をこねてみようかと。

たとえば「金ルチル入り水晶は金運の石」ということになってます。
ここで「金ルチル入り水晶を持てば、本当に金運アップしますか?」という質問なら、持つだけで、誰でも必ず金運アップするなんてことはありえない。

ともかく、パワーストーンは薬みたいに、飲む人の体質で差はあるにせよ「痛み止め」を飲んだら普通は傷みは止まるはず。……そういうものではありません。
だから、お金がない!お金が欲しい!だから金ルチル入り水晶を持てばどこからかお金がやってくるとか、収入アップ……なんてことは、ありえない。
たまたま誰かが金ルチル入り水晶を持ったら、臨時収入があった、ラッキー♪なんてことがあっても、じゃあ、私も、と真似しても、同じことが起こるとは限らない。

だけど、今回俎上にのせたのは「パワーストーンに効果ってありますか?」です。
どんなパワーストーンともどんな効果とも言ってない。
それだとどうなるか。

私は、「パワーストーンに効果ありますか?」という質問だと、たいてい「どういうことを効果と考えてますか?」と聞き返します。(ちょっと意地悪かも)
それによって「ある」とも「ない」ともいえるからです。

「金ルチル入り水晶で金運アップみたいな……」ということなら、先述したように「ない」です。
まあ、たいていは、いろいろ説明されているような効果はありますか?という意味での質問ですけど……「効果」というだけなら、いろんなことが考えられます。

パワーストーンの効果なんてプラシーボ効果だ、という意見がありますが、それだって「効果」ではあるわけです。

私だったら、こう言いたい。
石好きなら、石を持てば楽しくてわくわくする。
これを逆に言えば、石には、石好きをわくわくさせる効果がある。
そう言えませんか?

こんな効果だったら、自信を持って「ある♪」と言っちゃいますよ。
私自身、ことあるごとに実感してますから。

この「石好きをわくわくさせる効果」というのは、「石に効果があるんだったら持とう」という人には現れない効果。何とも私好み。

むしろ「効果がある」ではなく、持つ人が石から……石を鍵として自分の中からパワーを引き出すと考えたい。
あるいは、石がもたらす「わくわく効果」をいかに膨らませ、プラスに変え、それを自らのパワーとするか。
私が考えるパワーストーンは、こういうもの。

「効果やパワーがあるかないか」とか、浄化や組み合わせに正解があって、それに合致していれば効果がある……なんて、そんな単純なものではつまらない。
いかに自分の心に響くか、好きと思えるか、持っていて楽しいか。

「楽しい」は心のパワーだと思うのです。

鎧





ラベル情報募集中!

ナントカカントカ文句を言いながら、やっぱり買ってたIMAGE。

リバニー・アメジスト

マダガスカル産のシェブロン・アメジストです。

シェブロンというのは>>のような山形のこと。
水晶として言えば、アメジストとミルキー・クォーツ(不透明白)など、はっきり違う色のファントムが多重に重なったもののことです。
普通のファントムと区別するなら、それは不透明白の層が挟まり、くっきりはっきりとシェブロン(上向き山形)が見えること。

ファントムが重なっていてもアメジストの濃淡だけでは不十分。

ビーズにするとどうしても山形(シェブロン)の模様が見えなくなり、単にはっきり縞模様になってしまうためか「ストライプ・アメジスト」と名前を変える場合があります。

さて、今回のマダガスカル産は、ちゃんとしろが入ったくっきりはっきりファントム。
紫色はやや淡めながら、逆に「黒」が入るのが特徴です。
淡い色合いになると、うっすら緑に見えているところもあって、何とも微妙な色合い。
7~8センチから15センチくらいまでの大ぶりなタンブル状磨きで売られていました。

ショーも終盤だったので、小さいものを買いましたが、これ、なかなか楽しい。
同じショーで買ったカナダのシェブロン(オーラライト)より、こっちの方が個人的好感度はかなり上。
池袋でもあったら、もう一つ買おう……というか、これの原石ないかしら、というくらいの気合です。

コレください、と買ったところ、お店の人はこれは「リバニー・アメジスト」というのだと教えてくれました。
どうやら、地名らしく、それを袋に書いてくれたのですが、不注意でそれを紛失してしまったみたい。
捨てた覚えはないんですが、入っているはずのところに、ない。

困った!

どなたか、同じ石を買った形で、産地メモをお持ちの方、教えてください!
情報お待ちいたしております。

焼きリンゴ

焼きリンゴ

いやあもう、一目瞭然。

画像と、文字で説明不要?
見たまんま、焼きリンゴ感満点石。

焼きリンゴ2

あ、ちょっぴり付け加えますと、内部には水晶っぽい結晶が見えてます。
最初、土の塊が詰まっていたんですが、水で濡らしてつついて崩してクリーニングしました。

中は赤くないところを見ると、カルセドニーを構成する石英の結晶に不純物として鉄が取り込まれているというより後から(外側から)鉄分がじわじわ染み込んだ……なんてことがあるのだろうか?

ちなみに、この石は笛になります。

蝙蝠ちゃん

ちょろりとのぞいた骨董市で見つけたもの。

蝙蝠

……蝙蝠だと思うんですが。

日本刀の柄には、柄巻きという紐で巻き込まれた「目貫」という飾り金具があるんですが、それに交じって売られていました。
よく似た……というか同じように作られた飾り金具が昔の煙草入れの飾りにも使われていたようで、両方混じって売られていたんですが、これはどっちだろう?
裏を見て。一か所ぼちっと突き出して入れば刀用、二か所、針状に突き出していたら煙草入れなどの飾り金具……と教えてもらったんですが、この「蝙蝠」の裏側はいずれとも違うので、よくわかりません。

たぶん……刀用ではないでしょう。

幅2センチちょっとという小ささなのに細い線を彫りこんだ細かさと、とぼけた表情、何となくバットマンのマークを思い浮かべるデザインに惹かれて選びました。
裏側の金具の形が、ペンダントに加工しやすそうな形状だったこともあります。

うーん、形度、ディティールと、面白さ。見ているところは石と同じかも。


さて、蝙蝠。
蝙蝠というと、夕暮れ時にパタパタ飛び回る変な奴。
あるいは、ドラキュラのお供。
今どきだとハロウィーンのキャラクターとしてたくさん見かけます。
どちらかというと、ちょっとホラー系というか、おめでたいよりは怖いとかブキミのカテゴリーに入りそう。

ところが中国では蝙蝠は幸運の象徴なんだそうです。
なんでも、中国語の蝙蝠の「蝠」と「福」が同音なのだそうで、暗闇でバタバタ飛び回る、ブキミ~どころか暗闇の魑魅魍魎にも打ち勝つ魔よけのシンボル扱いだそうですから、まさしく、所変われば品変わる。

天珠の模様に五福臨門というのがありますが、これも「五福」で五匹の蝙蝠をあしらった文様です。
「五福」長寿(長生き)、富貴(財と地位)、健寧(健康と平安)、好徳(陰徳を積む)、善終(臨終の時に心残りがない)……これらすべての福を入り口に集めてくれるという意味で、天珠のというよりはむしろ風水の言葉なんだとか。
やっぱり伝統的なというより後から加わった新しい天珠の模様ということでしょう。

柘榴石と水晶の攻防 IMAGE戦利品

まじめにIMAGE戦利品。

ごちゃ

パキスタンはスカルドゥ産のガーネット&水晶です。

大きさは500円玉より一回り大きいくらい。
やや大粒のガーネット(母岩付き)が並んでいる中で見つけました。

ごらんのとおり、小さな水晶の結晶が饅頭型に固まったあちこちにガーネットがちりばめられたようになっています。
ガーネットの結晶の中にあって、この形状は目立ちました。ちょっと毛色が違うんじゃないか?もしかして、して違う産地が混ざっていたり?(同じスカルドゥでも離れているとか)と思って手に取って、納得。
これはおそらくほかのガーネットの結晶と同じ産地。

こう見えて、このガーネットは大粒だったのです。

さて、この石、水晶である割には、やや色がおかしくありませんか?
うまく色が写しきれてないのも確かですが、やや全体的に赤黒いような。

それは、この「饅頭型石」の餡がガーネットだから。
ごちゃ2

ひっくり返すとこの通り。中はガーネットだったのです。
採るときに割れてしまったらしく内部のガーネットは割れて一部は不安定にぐらぐらしてますが、見たところ一塊のガーネット。
その上に水晶がかぶさるように結晶をはじめ……水晶とガーネットは先を争うように結晶したらしく、双方がごちゃごちゃと入りまじり、結果として外から見ると水晶を赤黒く見せ、外に「染み出し」たガーネットが水晶の上に散りばめたように見えているのでした。

色も、形も面白いし、ガーネットも艶やか。
ひっくり返すとさらに面白い。

そういえば……この石、絶対、こちらと兄弟石だ。
てことはリンク先の石もスカルドゥ産か。

カイアナイト……たぶん。

IMAGEで買った、お店表示「グリーン・カイアナイト」。カイアナイトか、それともアクチノライトか……でまだ結果が出ていないわけですが、先にこちらを。

ルビー・イン・カイアナイト

見た目、鈍い色合いの赤と青のまだら石。

検索するとルビー/カイアナイトとしてヒットするんですが、いかに。

この色合いでは、ルビーじゃなくてサファイア、コランダムでしょうという意見はありだとしても、その周りのは、青いしーカイアナイトでしょう、で納得していたんですが。

今回のグリーン・カイアナイト騒動で、いや、カイアナイトに鮮やかなグリーン、あるでしょう……と取り出したパキスタン産

にもシリマナイト?いや、フックサイトでは?……という意見が出ていたので、するとこちらはどうなんだとにわかに疑問が出てきました。

この石の青いところは、ご覧のように細かい結晶が縦横無尽に集まって点描っぽく見えているんですが、果たしてカイアナイトにこういう状態はありなのか。

パキスタンのカイアナイトも、もっと結晶は大きいですがよく似た感じに縦横無尽な感じなので、これがカイアナイトでないというなら、こっちの青も違う可能性が出て来やしないか。

パキスタンのグリーンも、青が混じったのがあるので、それを見るとカイアナイトっぽくも見えるんですが。


いずれにせよ、見た目だけで判断するのはだんだん難しくなっているような気がします。

見て触れて考える

こういうものも買っちゃったIMAGE2012.

オーラライト

ロシアンレムリアンを世に出したデイビット・ガイガー氏プロデュース(プロデュースと言っていいのかどうかはわかりませんが)のオーラライト23クリスタル。

今回のIMAGE展では、デイビット・ガイガー・ミネラルの名前で出店されていて、ご本人も来場されていたのでした。
店にはオーラライト23クリスタルがずらり。あとは、シリウス・アメシストとか2012シトリンとか、ジェフリー・ソリューション・クォーツとか、ペタライト……あと、なぜかアゼツライトも。
アゼツライトはロバート・シモンズ氏プロデュースなのに、なぜそこで売られていたのかは不明です。

さて、オーラライト23。

最近売出し中というか、あちこちで見かけるようになった石で、何やらすごいパワーがあるとかいう説明がくっついています。
なんでも、アメジスト、シトリン、ミメタクト化した(あるいはミメタクト鉱物による)緑のファントムになっており、X線解析するとAg, Au, Al, Ba, Be, Bi, Ca, Cd, Co, Cr, Cu, Fe, Hg, K, La, Mg, Mn, Mo, Na, N, P, Pd, Pb, S, Sb, Sc, Sr, Th,Ti, Tl, U, V, W, Zn, Zr.が検出されたとか(※一つの石から出たのではなく、複数のピースで検出された物のトータルらしい)、チタナイト、カコクセナイト、レピドクロサイト、アホーアイト、ヘマタイト、マグネタイト、パイライト、ゲーサイト、パイロリューサイト、金、銀、プラチナ、ニッケル、銅、鉄、褐鉄鉱、スファレライト、コーベライト、チャルコパイライト、ギラライト(※)、エピドート、ボーナイト、ルチルを含むとか、この石は12億歳であるとか説明されています。

※ギラライトについては「Gialite」と書かれていることもあり、ガイガー氏は「ガイアライトというレアなミネラルだ」とおっしゃっているとか……でも、この名前で検索してもオーラライトのページしか出てこないのが不思議。ギラライトもレアな鉱物と言えないこともないし、やっぱりギラライトの綴り間違いじゃないかと勘繰ってしまいます。
ラインナップの中にはアホーアイトもあることだし、銅の鉱物があっても不思議じゃない。
(本当にこんなに入っているかどうかも疑問)


何が何やらですが、とにかく23種類の鉱物だか成分だかが含まれている……というのがオーラライト23の由来のようす。

ただし、これまで写真で見た限りは紫の濃淡と白によるシェブロン・アメジストとしかわかりませんでした。

そして今回大小さまざまのオーラライトを見て、わかったこと。

これは、カナダはオンタリオ、サンダーベイ産の、レッドアメジスト……というか、レッドキャップのシェブロン・アメジストでしょう。
というのも、これまでネットショップで見かけていたのは、ほどほどの大きさ(手のひらサイズ)のものだけだったのですが、今回ご本人のショップには大型石も出ていて、それを見ると一目瞭然。
紫と白の層がファントムになって重なり、トップ(錐面)がヘマタイトで赤く色づいているワイルドな石なのです。

レッドアメジストというと、錐面だけが群れたようなつくつく・アメジストの表面がヘマタイトで赤くなっているもののことですが、オンタリオのアメジストは、柱面が発達していないのは同じですが、一つ一つの結晶が大きいものがあり、かつシェブロン・アメジストになっているので、結晶をばらして内部を見せていることが多いようです。
シェブロンというのは、「>>」のような山型のこと。白と紫のくっきりファントムが重なる様子が「>>」なので、シェブロンと呼ばれます。

この産地の大きいレッドキャップのシェブロン、欲しかったのよね~とは思ったものの、オーラライトなんて名前がくっついた時点で、手が出ません。
それでも小さいのが1000円だったので、一つ買ってみました。

私は、この石のパワーには興味がないのですが、この石のどういうところがすごいぞと思わせたのか、他のシェブロンと違うところはあるのか、そこらへんは気になります。
名前の由来にもなっているらしい23種類のあれこれについては、大小とりまぜて見てみたものの、目に見える形での内包物としては確認できませんでした。
成分分析して23種類というなら、さほどおどろきではありません。
……というのも、微量であるならば、いろんなものが検出されても不思議ではないと聞いているからです。

緑のファントム……というのもわかりません。
むしろ同じ会場内で見かけたマダガスカルのシェブロンの方が、黒あり、緑っぽい色合いありと、不思議で魅力的な色合いでした。

写真の石は、だいたい小指ほどの大きさ。1000円箱の中から成るべく長くてファントムの重なりがわかるのを選びました。
表面は、結晶をばらした剥離面になっていて、柱面が発達していない結晶であることがわかります。

初日にこの石を買ったら、ガイガー氏がショップカードの裏にサイン、握手もしてくださいました。

オーラライト2

下に敷いているのは、オーラライトの説明書き。
解読せねば。

小さな花火(IMAGE戦利品)

IMAGE戦利品、第2弾。
昨日のアンモナイトと同じ店で買いました。

フラワールチル・ミニ

2センチちょっとのちっちゃな石の中に、立派な「花火」ならぬ花ルチル。
こういう小さい放射状のルチルがいっぱい群れているのを「フラワー・ルチル」と言っていたりするので「花ルチル」。

ちょっと裏が削げ気味なのが惜しいところですが、石の大きさの割にルチルの放射状が大きくて、結果、なんともけなげにかわいい感じ。

この石を買ったのは、大ぶりなルースや原石を大胆に使ったインパクト大のアクセサリーを扱っている店。
普通に見ると、まずアクセサリーに目が行ってしまい、こういう原石があるとは気づかない感じです。

でも私は「まず原石」「お店の隅っこにお宝あり」のスタンスなので、しっかり隅っこをチェック。
で、この石を見つけたというわけです。

あ……なんだか、花火というよりタンポポの綿毛にも見えてきた。
何かのふわふわ綿毛を小さいガラス瓶に詰めた感じ。

あるいは石の中のケサランパサラン。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。