INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルベット・ファントム

内モンゴル石につられるように、最近、中国産の石を手にする機会が増えました。
かの大きな国では、あっちこっちて個性的な石が出ます。

今回手にしたのはこれ。

ベルベット・ファントム

山東省産です。
レッドファントムは、レアの部類には入らない石で、どの店にも必ずあるというものでもありませんが、見かけたら買わねば!と意気込むほど珍しいものではないと思います。

私もいくつか持っていて、産地もマダガスカルやブラジル、アメリカ、南アフリカと多彩。
←南アフリカ産
←マダガスカル産

中国でもすでに四川省産などを持っています。
←四川省産。

色もにんじんレッドから真っ赤~赤というより赤黒いものまでありますが、今夏の石は、やや茶色い赤。濃いところでは赤黒く見えます。
結晶の大きさは大きすぎず小さすぎず、鉛筆2本分ぐらいの太さでしょうか。
同じときに並んでいた石には、赤黒いファントムが入ったもの、小さい結晶で全体が真っ赤に見えているもの、さらに結晶の片側の結晶の表層付近に白いファントムが入っていて、見る方向で色が異なって見えるものもありました。

その中で選んだ(一緒にいた石好き友達のおすすめもあり)この石は、画面右下のあたりにちょっと大きめな結晶が折れた……または何かに接触して成長できなかったような痕跡があります。
そのほかの結晶にも接触痕やチップ(欠け)があってダメージという点ではやや難あり。

それでもこの石を選んだ理由は、まず、写真にも写っているように水晶の透明度がよくて、ファントムがかなり端正に入っていること。

そして。

ベルベット・ファントム2

実はファントムがキラキラしていること。
写真で分かるでしょうか……。ファントムを形作る不純物のつぶつぶがさりげなくちらちら輝くのです。
ラメというほど強くない輝きは、例えるならばベルベット。

同じようなファントムでも、輝くのとそうでないのがあることを考えると、ファントムを作る不純物(鉄系の鉱物)の結晶がちょっぴり大きめだからではないでしょうか。
スポンサーサイト

透明ファントムそろばん(再録だった)

今年は、曜日の関係上、池袋ショーが例年より一週間早く感じるタイミングでやってきます。
いつもだったら12月に入ってから、そろそろだぞ……と気分を池袋に切り替えるんですが、今年はなんと7日からです。なんと来週じゃありませんか!
なんだか変な気分……。

ということで、「去年の」池袋戦利品。
※すでに取り上げていました。よって再録。

ファントムそろばん

ロシアはダルネゴルスクのそろばん型水晶です。
そろばん型水晶というのは、普通の水晶の先端部分だけが上下にくっついて、まさしくそろばん玉型の水晶のことです。



こういう形は、摂氏870度~573度という普通の水晶よりも高温で結晶した水晶(高温/βクォーツ)に見られ、そのためにダルネゴルスクのそろばん型水晶もβクォーツと呼ばれてしまうことがあります。

高温で結晶した水晶は、573度以下で結晶した普通の水晶(低温水晶/αクォーツ)とは、結晶の構造(基本パターン)がちょっと違うんですが、その後冷えていくと、形はそのままで構造(基本パターン)は低温のものに変わってしまいます。

しかし、ダルネゴルスクのそろばん型水晶は、高温の環境下で結晶したものではありません。
いわば生まれも育ちも低温。それもαクォーツの中でもさらに低温の方だと言われています。

このそろばん型、とてもユニークなので、もちろん持ってます。
単結晶も、母岩(?)付も、あるんですが、これらの水晶は、全部ヘデンベルガイトを含んでうっすら緑。
それがダルネゴルスクのそろばん水晶の特徴……ですが、何事にも例外というのはあるもので。

中には透明なのもあると聞いて、欲しいなーと思っていたので、見つけてラッキー。

ところが、この透明そろばん、ただの透明ではありませんでした。

中にファントムが入っています。
色は灰緑色、質感は緑泥っぽく見えますが、この水晶のことですから、ヘデンベルガイトかもしれません。

2~3個の結晶がくっつきあっているので、なかなか見えないんですが……ファントムになっている中の結晶……かつての結晶の形は、そろばん玉型ではありません。
細くて柱面のある普通の水晶の形(ただしDT:両錐)です。

つまり、この水晶は、最初柱面のある形として成長し、その後結晶の縦軸方向にはほとんど成長せずに横方向に成長、つまり「太って」そろばん型になったということ。
通常なら、水晶は太るより縦軸方向に伸びる方がはやいはずなんですけど。

ファントムのおかげで、この石は実はメタボ化して成長したことがバレたのでした。

ふたつのDhara

先日パルギはどこだの記事で、「Dharaの位置が違う」とのコメントをいただきました。

記事はミネラルショーでパルギの石を扱っていた業者さんに突撃して、地図で場所を教えてもらったけど、ネットのGPSマップで探したら場所が違ってた。いったいどっち!
……というものだったのですがDharaまで?

いや、DharaについてもGPSマップで検索してマークしたはずなんだけど。

コメントを下さった方にさらにお聞きし、再度調べなおしてみたら……。
なんと。

Dharaが2つ出てきました。

ふたつのDhara

これは、ネットで調べたGPSのマップです。文字は私が入れました。

私が検索したのはPalgiに近い方の「GPS Dhara」。
Dharaで検索して出てきたのがここ。

一方、コメントくださった方が見つけたのがVillage Dhara。

……2つある?

実は、私、別の地図も見ていて、そちらでもDharaはPalgiの近くの方の位置でした。
地図を信じるなら、こちらです。

でも、Dharaは水晶の産地としてマークするはずの場所。
そしてDhara水晶は最初、マニカランのアイスクリスタルの新バージョンと言いたげな感じで登場しました。
アイスクラスターとか言っていたのは最初だけで、すぐにマニカランの水晶(アイスクリスタルではないタイプ)の中に紛れ込んでしまった感があります。
つまり、(注意深く見ると特徴はあるんだけれど)Dhara水晶は、マニカランの水晶(アイスクリスタルではないタイプ)に似ているのです。

だとすると、よりマニカランに近い方が、水晶の産地としては、あり得る話。

いったいどっち!
……というより、どうして同じ名前が近くに2カ所もあるんでしょう!?

何の痕?

サーフェイス

先日の「高圧水晶」のところで、水晶らしからぬ縮緬皺のような表面を持つ水晶を登場させましたが、これもその仲間かも。

この水晶は高圧云々とは言われていませんが、表面の凹凸は、水晶らしからぬ様子。
ただし、こんな状態なのはこの一面だけなので、何か別の鉱物がくっついていた可能性もあります。

でも、こんな様子になる鉱物のくっつき方が想像できない……。

こういうの

だったら、別の鉱物(雲母とか)がくっついていたのか? と推理できますが、今回の石は、シールをはがした後というか、スポンジで塗料か何かをぺたぺた押し付けるように塗った痕っぽくも見えます。

溶けた痕……というには、他の部分に溶けた様子は全く見られません。
一面だけ溶けるということがあり得るのでしょうか。

隕石のツラ

ムニオナルスタ

隕石です。

ギベオンではなくて、スウェーデンのムオニナルスタです。
スウェーデン最北端の街キルナに落下した鉄隕石で、1906年に発見されました。

見ての通りのきれいなウィドマンシュテッテン構造を持つオクタヘドライトです。

隕石は、その構造や成分によって何種類にも分けられます。

ざっくり言うと、
ビーズではサハラ隕石などが有名な石隕石。
ギベオンやこのムオニナルスタなどの鉄隕石。
鉄隕石の中にペリドッドが混じる石鉄隕石。

それぞれがさらに構造や成分で細分化されます。

鉄隕石の場合は、まず、構造によって分けられます。
その構造は、含まれるニッケルの量によって違ってくるので、ニッケルの含有量によって分けられると考えた方がわかりやすい感じです。

●ヘキサヘドライト(ニッケル6%以下または4.5~6.5%)
●オクタヘドライド(ニッケル6~14%または6.5~13%)
●アタクサイト(アタキサイト)(ニッケル14%または13%以上)

鉄隕石は、砕けた小惑星の金属核が起源とかんがえられています。ニッケルを含む鉄合金がじっくりゆっくり冷えていくとニッケルの多いところ(テーナイト)と少ないところ(カマサイト)に分かれます。
これをスライスして酸で処理するとニッケルの少ない部分は、多い部分に比べて酸に溶けやすいので、溶け具合の差が模様となって現れます。

この模様は真ん中のオクタヘドライトで顕著に現れ、ヘキサへドライトやアタクサイト(アタキサイト)でははっきり見えません。

鉄隕石の中でも有名なギベオンは、ニッケルの割合がほぼ真ん中あたりで、ばっちりウィドマンシュテッテン構造。
ムオニナルスタのニッケル含有率はわかりませんでしたが、きっと似たような値なのでしょう。

ムニオナルスタ2

写真の石は、ムオニナルスタのスライスの端の方らしく、ウィドマンシュテッテン構造が単なる模様ではなく、金属の繊維(というには太いですが)のようなものが絡み合っているのがわかります。
ここからサビが進行しそうでこわいのですが、ほぐれたような断面が見えるのも魅力。

そういえば、当ブログに「ギベオンとムオニナルスタの違い」の検索ワードがありました。

もちろん、落下した年代や国が違います。
でも多分、この場合の「違い」は見た目での区別の付け方でしょう。

個人的にはこのようにスライスにした場合は、ムオニナルスタの方がウィドマンシュテッテン構造の「繊維」が細くて、模様が繊細な感じがすると思っています。
(ギベオンの写真はこちら

しかし。
最近、ムオニナルスタのビーズのブレスレットなどが出てきているのが、個人的にとても不思議。
というのも、ムオニナルスタ、スウェーデンの最北部……つまり北極圏あたりに堕ちたので、掘るのが大変らしく、流通量が少ないと聞きます。
実際ミネラルショーでもギベオンやカンポ・デル・シエロ、シホーテアリンはみかけても、ムオニナルスタとなると、見かける頻度が低くなります。

なのにビーズ?
各種デザインのペンダントヘッドもあります。

ギベオンは、先にミネラルショーで見かけていたのが、のちにビーズに進出した感じでしたが、ムオニナルスタに関しては、ビーズやペンダントヘッドの方が目撃頻度が高いです。
しかもメッキされていて、見た目ギベオンとうり二つ。

アイスクリスタルみたいに、昨今の温暖化で、北極圏でも採取できる期間が増えたのでしょうか?
それとも……確証もなく疑いたくはありませんが、ギベオンをムオニナルスタと呼び換え目先を変えているとか、それともフェイクとか、そんなことはないのでしょうか。

今回のようにメッキされてないスライスならば、フェイクかどうかも見た目で分かるし、慣れればギベオンとムオニナルスタを見分けることもできるでしょう。
でも、メッキされちゃうと……。

私、以前からメッキされたブレスレットを「これ、ギベオンですか?」と鑑別に持ち込まれたら、どうやって判断しているんだろうかと不思議でした。
金属なことはわかるだろうけど、メッキされているその下はわかるんだろうか?

詳しい人に聞いてみたら、ギベオンはニッケルの比率もわかっているのだから、比重などでシビアな判断をするんじゃないか。あとは、鑑別する人それぞれに判断のポイントを持っているんだと思う……とのことでしたが、中には「鑑別結果ギベオン」みたいなのもありますし。比重で鉄・ニッケル合金であることはわかっても、産地まで確定できるのか、鑑別。
※鑑別書で「鉄隕石(アイアンメテオライト)と認む」というのは、ただの金属ビーズじゃないよ、鉄隕石だよ、と入っていても、それがギベオンか別の鉄隕石かまでは判断していないはず。それを「鑑別書付ギベオン!」と言ってしまうのは実は、ちょっと宣伝が入っていると思います。

産地チェック

石については、なるべく詳しい産地を知りたいと思っているのですが、買ったときに聞きそこねたり、そもそも売っているお店の人が詳しく知らなかったりします。

そんな場合は、「残念」と引き下がるのですが、ネットなどで偶然似た石を見かけることがあり、そこからひょっとして産地はここでは?……と判明(または推理)することがあります。

そんな感じでより詳しい産地が分かり始めた石がこちら


最初は中国としかわからず、のちにGuangdong Longchuan (広東省龍川)のラベルをもらったもの。

ネットをうろうろしていたらこちら(海外サイト)に、そっくりな水晶が。
産地はLianping Co., Heyuan Prefecture, Guangdong Province, Chinaとなっている。

さらに、こちらの水晶は


これ(海外サイト)に似ていないだろうか。
こちらの産地はJinlong hill, Longchuan (Lungchuan) Co., Heyuan Prefecture, Guangdong Province, China

いずれもHeyuan Prefecture, Guangdong Province, Chinaは同じ。

よく見るとチョコレート・ウィンドウ水晶の(後でもらった)ラベルのLongchuanは、二つ目のヘマタイト付水晶の産地と同じ。
つまりLongchuan=龍川。

これらを手掛かりにいろいろ検索してみたら、
Lianping Co., Heyuan Prefecture, Guangdong Province, Chinaは
広東省河源市連平県
Jinlong hill, Longchuan (Lungchuan) Co., Heyuan Prefecture, Guangdong Province, Chinaは
広東省河源市龍川県 Jinlong
という感じになるみたい。

地図に落とすとこんな感じ

広東省地図

おそらく河源市北部で、鉄が絡むユニークな水晶が出る……ということなのだろう、きっと。


難しい緑。

スカルドゥ・グリーン


パキスタンはスカルドゥのグリーン・クォーツです。
先日のザギ水晶と一緒に、癒してぃーずで買いました。

ザギ水晶より目についたのはこちら。
同じくらいの大きさで、緑泥っぽいものが内包されて、全体がやや鈍いパステルグリーン。
結晶と結晶の境目には土っぽいのが残っています。
全体が淡いグリーンだと、繊細な感じにも見えるかもしれませんが、手前の面に見える内包物は、むしろワイルド。

スカルドゥ・グリーン2

それに……この石、錐面がおおきいせいでしょうか、写そうとすると、大きな面がまともに光を反射して真っ白!
それを避けると形も色も「のっぺり」。
なんとかそれを抑え込んで撮りました。

聞くところによると、カメラのレンズに装着して、反射光をカットするフィルターがあるそうなんですが、それは、こういう時にも有効なんでしょうか。
たとえば、ショーウィンドーを取る場合、ガラスに向かい側の風景が写ってしまってウィンドーの中が見えにくい……と言う場合にフィルターを付けると、写っていた風景が見えなくなってウィンドーの中がはっきり撮れるというような例が出ていたんですが。

私が使っているのは、コンデジですが、見た目が妙にデカくて、一眼レフと間違われる……最新の小型一眼レフよりも下手をすると大きいデジカメで、レンズの縁にもねじが切ってあるので、サイズさえ合えば着けられるはず。

さがしてみようか。

内モンゴルの覚書。



この、一見ロシアのダルネゴルスクと間違えそうな……それでいてフローライト付なところがヤオガンシャンを思わせる、内モンゴル産水晶。買った店では、産地は内モンゴル自治州の赤峰市と教えていただきました。

このたび検索しておりましたらば、海外サイトでアーティーチョーク型の水晶に八面体結晶が集合した球状フローライト付……というそっくりな水晶が出てきて、その産地は

Huanggang Mine, Hexigten Banner (Keshiketeng Co.), Ulanhad League (Chifeng Prefecture), Inner Mongolia Autonomous Region, China

となっていました。

これを訳せば

内モンゴル赤峰市ヘシグテン旗、Huanggang 鉱山

ということになるようです。
違う検索ではHuanggang 鉱山は「黄岡鉱山」らしいとわかりました。
どうやら、錫と鉄の鉱山のようです。

内モンゴルの石を扱っていた別の店では、小さいガマ(晶洞)が次々と開く感じで、それぞれ出る石が違うため、面白い石だと思っても、ちょっと出るとそれで終わりになってしまう(次の機会が期待できない)と言われました。

このフローライト付も、鉱山を掘り始めたころにちょっと出て終わってしまったようです。

地図で言うとこのあたり。
内モンゴル地図




急角度!

もしかして双晶?とおもったネパール産水晶を持ってます。
もちろん、角度からして有名な日本式双晶ではないことは明らかですが、なんとなく、ただくっついただけというより、何らかの法則性があってくっついているように思われて。

なんでも、日本式双晶以外にも、いろいろ双晶があるらしいじゃないですか。

そんなもしかして双晶、再び。

急角度

さらに急角度!

いやあ、書きながらこれは違うかも……とは思うんですが、逸れっぽい雰囲気は持っています。
残念ながら双晶なのかどうなのかを判断する部分にダメージがあるので、判断は困難。

まあ、このダメージのおかげで安かったので、いいでしょう。
本当に双晶だったらめっけもんです。

最近、これぞというネパール産ヒマラヤ水晶に出会えていないので、池袋ショーに期待を込めて。

うす茶

アルバイト・茶

クリーブランダイト第2弾!
前回と同じくブラジル産です。

クリーブランダイトというのは、ぜんかいのような薄い青か、白というイメージがあります。
若干黄ばんだようなクリーム色もありますが、それはクリーブランダイトの色というより、上に埃みたいな不純物が付着しているんだと思っていました。
でも、これはきれいな薄茶色……飴色。

クリーブランダイトに特徴的な筋模様が茶色く浮かび上がっているところを見ると、これも鉄分か何かで色づいているのでしょうか。

繊細な薄青もきれいだと思ってましたが、これもきれい!
透明度が一層際立ち、色合いゆえにアンティークなレースのようにも見えてきます。

アルバイト・茶2

今度はこういうクリーブランダイトとほかの鉱物のコラボも見てみたいです。


うすあお

アルバイトブルー

アルバイト(曹長石)です。
いろいろ複雑でややこしい長石の中で、ナトリウムが多い長石がアルバイト。
その中でも板状に結晶した変種をクリーブランダイトと呼びます。



クリーブランダイト、実はアフガニスタン、パキスタンの鉱物でちょくちょく見かけます。
……が、たいていはほかの鉱物の引き立て役みたいになってます。
主役が無事なら……!とばかりに割れたりかけたりしてることもしょっちゅうです。

でも、しみじみと見ると、この石、けっこうきれいなんですよねえ……。
と思った人は私だけではないようで、いざ、主役級クリーブランダイト!と思って探すと見かけないし、意外に高い。

それでも忘れずに「脳内お買い物(石)リスト」に入れておいた甲斐があって、やっと手に入れました、主役級!(しかも安かった)

この石、きれいだぞ?と思ったきっかけである、何とも繊細なブルー。透明感のある薄板状の結晶が幾重にも重なり、さらに繊細さアップです。

アルバイトブルー2

そういえば、変種であるクリーブランダイトは、この板状の結晶で「これか!」と記憶しているけれど、変種ではないアルバイトは?と言われると出てこない……あれえ?



バイオスフェア(ハーフ)

バイオスフェア・ハーフ

内包物の様子が楽しくて買ったルース。
かなりこんもり丸いカボションの中に、エピドートがにょきにょき。こういう「風景」のあるルースはなかなか出会えません。

エピドート入りだと、たいていは縦横無尽に内包されている場合が多くて、このようにクラスターみたいな状態で内包されているのは稀です。

よく見ると、太くはっきり見えるエピドートのほかに、緑の繊維状の内包物もあります。

……これは?

バイオスフェア・ハーフ2

色味といい、ようすといい、アクチノライトあるいはビソライト……と判断してしまいそうなんですが、どうなんだろう?

ここで引っかかっているのは、
なんだか緑の繊維状のものは、エピドートから生えているように見えることがひとつ。

そしてプレナイトでもエピドートと色違いの鉱物が内包されているものがあって、それが今回のルースに似ているのです。

↑これも、大きめのちょっと褐色がかった緑の鉱物がエピドートでしょう。それよりも細い鉱物は、色味の違う緑をしています。こういう緑の鉱物が内包されているプレナイトで、これは何かと聞いたところ「アクチノライト」と言われたこともあります。

ご存じアクチノライトは角閃石の一種。

考えてみると、エピドートは、とかく角閃石と絡みやすいような……。
たとえば、こちらこちらのエピドート入り水晶は、白くふわふわした角閃石と一緒。

コロンビア産のこちらも、エピドートがたくさんついた母岩を持つものがありますし、こちらはエピドートを内包しているうえに、細く透明な繊維状の内包を持ちます。

これは、性質としてエピドートとアクチノライトは一緒になりやすいのか。
アクチノライトに見える繊維状ものが実はエピドートだったりするのか。
持ちかしたら太い方がエピドートではないのか。

カボションに磨かれているために見えている、太い鉱物の断面を撮ってみました。

バイオスフェア・ハーフ3

小さいためにピンボケしてますが、断面が菱形であることがわかります。

エピドートって、こんな形をしてたっけ。なんだか断面が長方形のような印象があるんですけど……。

Celestita

clastita1

セレスタイトです。

文字が「Celestita」になっているのは、この石がポルトガル語のラベルを持っていたから。

ブラジルの公用語であるポルトガル語ではアメシストは「Ametista」、アパタイトは「Apatita」、フローライトは「Fluorita」……ということになるようです。
なんだか、ちょっぴりかわいさアップ。
実物を見て、すぐにわかる石ならば「こんな呼び方になるんだ~」で済むんですが、たとえばウバイトが「Uvita」、アルバイト(曹長石)が「Albita」……で、一目見ただけではとっさに石の名前が出てこないとなると、ラベルを見直し、「えーと、Uvitaだから……ウバイト?」と石とラベルの間でうろうろすることになります。

さて、Celestitaもとい、セレスタイト。
天青石です。

でもセレスタイトと言えば、
セレスタイト
マダガスカル産のブルーグレーな石が有名です。
こういう石だから、なるほどセレスタイト……ラテン語のcaelestis(空の)に由来する名前で和名も天青石なんだと納得できますが、今回の石は、密集して放射状に広がる様子が美しいんですが、色合いは天青というより曇り空な色合い。

いや、実は黄色っぽいもの、びっくり赤っぽいオレンジ(こちら:海外サイト)のもあったりするようなので、それに比べたらこういう色は悪露毒に値しないのかもしれませんが。

実は、ちょっと気になることがあります。
飯田孝一氏著の「天然石のエンサイクロペディア」の「セレスタイト バライト」の項目に、よく似た(写真の石よりは茶色っぽい)石が「含ストロンチウム重晶石」として紹介されていることです。

説明には「硫黄を伴う」とあり、実はこの石も硫黄(たぶん)付。
celestita3


ご存じ重晶石とはバライトのこと。
化学式はBaSO4
セレスタイトはSrSO4

Ba(バリウム)とSr(ストロンチウム)が違うだけであとは同じ。

この二種類の石は、混ざり合って固溶体を作ることがあり、例の50%ルールで、ストロンチウムとバリウム、どちらを多く含むかで分けられているんだそうです。
つまり、こういうこと。
celestita4

検索すると本で「含ストロンチウム重晶石」と紹介されていたのとそっくりな石がセレスタイトだったり、見た目での判断にはばらつきがある様子。
この石も、実は重晶石ということになるのか、重晶石よりのセレスタイトにとどまっているのか……さて。

BaとSr以外は、硫黄(S)と酸素(O)。
つまりセレスタイトが硫黄と一緒になっていても不思議ではないわけです。なるほど。

最後に、この石の産地はポーランド。
ポルトガル語では「Polonia」になると、検索して初めて知りました。

いつものように産地を入れると、こんな感じ。

celastita2




どうかこのままで。

昨日の『ペルー産レムリアン』つながりでこの石。

チリ・モリブデン

あ、黄色い方じゃなくて
モリブデナイト入りと紹介したこちらの方のつながりです。


今回の石も、モリブデナイト入り。
ただし、チリ産。

産地はチリとしかわかってなかったんですが、このたび検索してみたら、
Confianza Mine, Tilama, Chile
というところでモリブデナイト入り水晶が出ているようなので、一応メモ。
しかもこの産地を見つけたサイトに出ていたのは、今回の写真よりもむしろ、ペルー産の方にそっくりな石。

ペルー産はファントム状にモリブデナイトが内包され、今回の石は水晶の下の方に「沈んだ感じ」に内包されていますが、ネットで見たのはファントム状。
……もしかして産地が国境沿いで、鉱脈がつながっているのか!?
と慌てて地図を検索してみましたが、残念、どちらの産地も国境沿いではありませんでした。

チリの方の産地は、さらに
Confianza Mine, Tilama, Coquimbo Region, Chile
と出てきたので、もしかしてコキンボ石の名前の由来になった産地なんじゃないか?

私が持ってるコキンボ石はペルー産だけど。
……ということは、ペルーとチリ、似たような石が出るのだろうか。

さて、ペルー産ンおモリブデナイト入り水晶は、いつの間にかレムリアンシードにされていましたが、チリ産ではそのような話は聞きません。
そっくりだし~とか言って、しれっとレムリアンにされてしまうようなことがないよう祈ります。

最後にモリブデナイト部分のアップを。
チリ・モリブデン2

所変われば

尾平

国産、尾平鉱山の水晶です。

尾平といえば、まりも水晶が有名ですが、あれは尾平鉱山の「こうもり坑」というところで採れたもの。
こちらは千条谷となっています。

つまり、同じ鉱山内の場所違い。

それでこんなにようすの違う石が採れるとは!

(こことは違う場所ですが)実際に採集に行った人に聞くと、
「こっちは透明水晶だけど、あっちは緑水晶が取れるんだよね」
ということがあるのだといいます。
この「こっち」と「あっち」は沢を挟んだ谷の反対側くらいの距離だとか。

いやはや、所変われば品変わる?(違)

ふんわり白濁し、柱面のようすは羽毛のような鱗のような感じ。
鱗っぽい水晶好きの私には、これも大変魅力的です。

むしろまりも水晶が有名すぎて、かえってこっちのタイプを見かけないような。(気が付かなかっただけ?)
ちょっと、コロラドのメテオラ・クォーツにも似てるかも。

シトリンかイオウか

ペルー・サルファー

ペルー産の水晶です。
ごらん通りのさわやかな黄色。

知らずに見るとシトリン?……と思ってしまうんですが、これ、硫黄だそうですよ。
つまり、イオウ入りのレモンクォーツ?

イオウ入りというと

内包物であるだけに透明にはならない、透明度が上がると色が淡くなる……という印象があるんですが、これは黄色くてかなり透明度あり。

しかし、国産水晶でイオウ入りでイオウがまりもみたいにつぶつぶ内包されているのがあると聞いたことがあるので、この水晶の先端のファントム付近のこれがイオウなのか。

ペルー・サルファー2

ならば、「Quartz」の代わりに「Citrin」と書かれていてもよさそうなので、これは全体がイオウによる色……ということなのでしょう。

さて、この石、今年(2012年)の新宿ショーで買ったものですが、さかのぼることほぼ1年前、2011年の池袋ショーで同じ種類の石を見かけています。
曰く、ペルー産のインカ・レムリアンシード。
たしか、同時期にネットでもシトリンのレムリアンシードとしてちらりと見かけたような記憶があるんですが。

それを(値段が高かったのも)覚えていて、新宿ショーでこれをみかけて、「これは、あのペルーでレムリアンと言ってた石じゃないか!」と手に取ったのでした。
……で、レムリアンということではなく、この色合いと、ファントムと、つぶつぶ「白まりも」に心惹かれてしまったのです。

今回この石を登場させるに当たり、ペルーでレムリアンという説明がどのようなものだったか、と再度検索したら……きれいさっぱり出てこない。

あれえ?

池袋ショーのとき、これがシトリンとされていたのに対し、別の人が「イオウ入りだそうだよ」と言っていたので記憶にありますし、当時の日記にも書いています。
その時見たのはこんなファントムもつぶつぶ内包物もないタイプだったので、シトリンかイオウかの判別がつかず、「判断保留」にしたはずなのです。

その点については、今回の石のラベルと、内包物の具合から、硫黄説に一票。


レムリアンシードと言えば、(しつこいですが)私にとってはブラジルのカブラル山脈産のみとしたいところですが、今のところブラジルに続いてロシア、コロンビア、モザンビーク、そしてペルー産のものを見たことがあります。(横筋がついてりゃレムリアンといういい加減なものならさらにたくさん)

ペルー産で「レムリアン」と言われているものは、この黄色いものだけでなく、
モリブデナイト入りや
フローライト付
があります。
どれもペルーでレムリアンという話の影もないころに買ったもの。

気が付いたらこれがレムリアンになっている。いつの間に!
こんな風に「気が付いたらレムリアンシードになっていた(されていた)」というのが時々あります。
困ったものです。


ハイ・プレッシャー

今日は、語呂合わせで「いい(11)(14)の日」ということで。
でん。

ハイプレッシャー

実際に大きめ水晶なので、大きい画像で。
……この石の場合は、なるべく大きくしないと、特徴がよく見えないという理由もあります。

産地はブラジル、ものはスモーキー。

大きさは、手と比較するとこれくらい。
ハイプレッシャー3

この石の最大の特徴であり、魅力である点は、アップにするとわかります。

ずずいのずい。
ハイプレッシャー2

お分かりいただけるでしょうか。
この縮緬皺のような複雑で細かい凹凸。

水晶の表面、特に側面(柱面)は、平行連晶でごつごつしていたり、他の鉱物の付着や触像の影響を受けていなければ、たいていは、横筋(成長線/条線)がついています。
横筋の凹凸具合はさまざまですが、横にまっすぐ。
よこ1 よこ3

結晶の縦軸に対して横に筋が付くのが水晶の特徴でもあるので、これで横ではなくて縦だったら、水晶ではないのでは?と判断する材料になりえます。

結晶が骸晶ぎみになってくると、まっすぐな横線も若干乱れを見せますが……
よこ2
それでも横は横。

今回の石のような縮緬皺は、水晶としては変な表情なのです。

溶けた……?
溶け水晶好きの見解としては、エッジの様子から見ても溶けていないように思います。

買ったお店の人は、これは高圧水晶で、普通の水晶よりも高圧の条件下で結晶したのでこうなった……と説明してくれましたが、私の頭の中は「?????」。

高温水晶というなら、わかります。

普通の水晶は、573度以下で結晶していますが、それより高い温度、573度~870度で結晶すると高温水晶になります。
高温水晶は、柱面が発達せず、錐面が上下にくっついたような、いわゆるそろばん玉型の形になると言われています。


高温型水晶(βクォーツ)に対して573度以下で結晶した普通の水晶を低温型(αクォーツ)と言います。
高温型水晶と低温型水晶では、結晶の構造がちょっと違います。
高温の環境下で結晶した高温型水晶も、その後まわりの温度が下がっていくと、結晶の形はそのままに、中の構造が低温型に変わります。

「高温型水晶」として私たちが見る水晶は、「形は高温型の時のまま、中の構造は低温型」というわけです。
……あ、形だけでは(元)高温型かどうかを判別できません。きれいにそろばん型のロシアのダルネゴルスク産の水晶は、結晶したのも低温低温型の中でも低めだとか)です。


で、高温型は573度~870度で結晶したものですが、それ以上の高温下だったらどうなるか。
クリストバライトなどのほかの鉱物になってしまうそうです。

最初私は、高圧だったら自動的に温度も上がってしまうんじゃないかと考え、そうなると水晶(石英)にはならないんじゃないかと考え「高圧で結晶した」という説明に「????」

その後、「翡翠(ジェダイド)は低温高圧でできたんだから、温度は水晶の範囲内で圧力が高い場合もあるんじゃないか」という意見を聞いて、なるほどとは思ったものの、調べてみると温度ではなく圧力が上がると、水晶(石英)ではなくコーサイトになってしまう……とか。

ということで、再び私の頭の上には「?」の行列が戻ってきたのでした。


以前こちらの水晶も高圧水晶では?と言われたのですが、よく見るとごちゃごちゃしているものの、水晶らしい横筋のパターンは見て取れます。


このときは、このごちゃごちゃ加減は、骸晶……つまりエレスチャルだからではないかと考え、一般的なエレスチャルと違って、表面が細かくごちゃごちゃしたタイプを「高圧で結晶したみたい」と呼んだのでは?……と推測したんですが、今回の石を見ると、それとも違うような。
骸晶は結晶しやすいところがどんどん成長するため、たとえば最初は横筋がはっきりした普通の水晶として結晶したものが途中から環境が変わって、結晶しやすいところ……つまり結晶の角の部分がどんどん成長し始めた。面と面の合わせ目以外にも横線の角の部分も結晶しやすいわけで、そういうところが特に成長した結果表面が凸凹ごちゃごちゃになった、というには無理がある様子です。

というわけで、どうして縮緬皺なのかわからないけれど、そのおかげで複雑に光を反射して、ふんわり光がにじむように見える……いい石。

この縮緬皺の秘密、ご存知の方はぜひ教えてください。









違うような、違ってないような。

エピドート入り

アフガニスタン・パキスタンブーム以前に買った石。
当時はパキスタンの石に出会う機会が少なくて、なかなか買えない産地だよなーと思いながら、小さい石を買いましたっけ。(後々、個人的ブームがこようとは)

画像(これもかなり以前にまとめた画像)にあるようにクローライト入り水晶として買ったのですが、今見ると、それでいいのかなあ……と少々疑問。

少なくとも水晶に刺さっているオリーブグリーンの鉱物は、クローライトではないことは明らか。
これは……エピドート?

そういえば、パキスタンではエピドート入りの結晶が出ますが、エピドートが入るとふんわり白濁したようになったり、もわもわした角閃石を伴ったりする場合が多いように思います。

よく見ると、この石も苔っぽいクローライトというよりは繊維っぽく見える……けれど角閃石にしては絡まっていて、モスアゲートの内包物にも似ているような。

エピドートも、角閃石も、緑泥石も、鉱物の分け方では別々になっているけれど、化学式を見れば似通った成分が複雑に組み合わさった石。
結晶したその場所、その場所で存在した成分に偏りがあり、簡単に別の鉱物として結晶してしまう……そんなことになっているのかもしれないし、どっちつかずのあいまいなものもあったりするかもしれない。

ウラルでレムリアン

レムリアンシードと呼ばれる水晶があります。

「レムリアンシードとは?」と聞かれたら、私は「ブラジルのミナスジェライス、カブラル山脈で採れる、うっすらピンク、すっきり単晶の横筋付き水晶!」と答えます。
詳しくはこちらこちらをご覧いただくとして、レムリアンシードというのは、横筋がついてればレムリアンとか、ましてや店がレムリアンとして売っていたからレムリアンという代物ではなくて、こういう場所で採れた際立って美しい水晶だから、なるほどレムリア人の記憶(または魂)が宿っているのかもしれないと思わせた、イメージ的なものではあるけれど、一応筋の通った背景を持つ水晶なのです。

ところが……ブラジルのレムリアンシードに続いて、ロシアのウラル山脈で採れたという「ロシアン・レムリアン」が現れ、気が付いたらコロンビアやペルーやモザンビークなどいろんなレムリアンが続々登場しています。

すでに登場している産地から、新たなレムリアンが出ているケースもあります。
ブラジルではスモーキーやシトリン、ファントム入りなども出ました。
そして今回のネタ、ウラルからも。

私も最初は、ロシアンレムリアンと言われても違和感を覚えず、むしろ「すごい(パワーの)水晶なんだ」という説明にわくわくしていたクチですが、続々とレムリアンが出てきて、さらには「横筋がついてりゃレムリアン」のノリが蔓延してくるとさすがに納得できず、改めていろいろ調べて、「レムリアンは産地も重要だ」という見解に至っています。

考えてみると、一応筋の通った背景を持っているのはブラジルの(初期の)レムリアンだけ。
ロシアンレムリアン以降は、「レムリアンだから」で通ってしまっています。
ただし、ロシアンレムリアンは、「ウラルのブルーエンジェルで採れた」「これ以外はロシアンレムリアンじゃない」と産地を厳しく規定しています。
たしか、ブルー・エンジェルの隣(?)の鉱山で採れたものでもロシアンレムリアンを名乗るのを許さなかった……という出来事があったはずです。(その割にブルー・エンジェルがウラル山脈のどこかという情報はさっぱりでなかったんですが)

ここで、ロシアンレムリアンについてまとめてみます。
◇キャサリン・クラコリーチェ氏がリーディング。デイビット・ガイガー氏がプロデュース。
◇ウラル山脈のブルーエンジェルという場所で採れた
◇ブルーエンジェルで採れたものだけがロシアンレムリアン
◇2001年9月12日(かの9.11テロの翌日)にアメリカにもたらされた(入荷された)

このほかにも、「世界中に愛と平和のメッセージを送っている」とか、いろんな説明がありますが、今回必要なのは、ロシアンレムリアンが「産地限定」で「ここだけ!」と言い切っている水晶だということです。

アメリカには2001年、私が(国内で)見かけていたのは2003年~2004年ごろでしょうか。
かなり早い時期にすでに閉山したという話が出て、だんだん見かける機会が減りました。

……で、2009年ごろ、再びウラルからレムリアンの話が出てきました。
曰く、ウラル・レムリアン。ロシアンレムリアンロックの名前もありました。
ウラルレムリアン

出てきたのは、ご覧の通りの透明水晶のぶっかき状のかけら。

初期の情報をまとめてみると

●ロシアン・レムリアンの鉱山(現在は閉山)の数キロ先で見つかった
●産出量が少ないレアなクリスタル
●ポイントの外側(表面部分)を削り、内部のピュアな部分だけを取り出した
●販売元はキャサリン・クラコリーチェ氏、デイビット・ガイガー氏ではない
●そのために「ロシアン・レムリアン」とは呼べないので、「ウラル産レムリアン」

……でした。

これを見ていた私は、思いっきり「うさんくさい」と思いましたねえ……。
レアなクリスタルというなら、表面がどれだけきれいじゃなかろうと割ったものだけが出回る道理がありません。
ましてやレムリアンというなら「横筋付き」が特徴なのに、わざわざそれを見えないようにしてしまうのは変。
ポイントを割ったのなら、一部に結晶面が残っていてもいいのに、それが全く見られないのも変。
透明なかけらばかりということは、結晶ではなく塊(マッシブ)だった可能性が大。

ロシアンレムリアンが「隣でもダメ!」といっていたのだから、数キロ先でもダメでしょう。

……と思いながら、安いのを探してひとつ入手(2009年夏ごろ)し、買ったお店に産地を聞きました。
その産地は「Zhelannoye, Western Slopes of Pripolar Ural.」

この産地についての意見は、ちょっと待ってください。
とにかく、産地を見てげっそりし、すっかりほかの「勝手にレムリアン」の一種と片づけて、忘れていたんですが、つい先日これがまだ続いていたことを知りました。

ツイッター上でのやり取りで、「ロシレムアイス」という名称を聞いて、また、新しいレムリアン? それともロシレムのブルー・エンジェル(鉱山)再稼働?と検索してみると、出てきたのはまたもや透明ぶっかき水晶ではありませんか。

えええ? これ、ウラルレムリアンじゃないの?
とびっくりしたところで思い出しました。
そういえば、つい先日の横浜・癒してぃーずでロシアでレムリアンで、ぶっかき水晶買ったっけ。(←忘れすぎ)

これです。
ウラルアイス

ラベルはこれ。
ウラルアイス2

おもいっきり、ロシアンレムリアンて言ってるし。

一緒についてきた説明書は、クリスタルバイブルのジュディ・ホール氏による説明となっていました。
いちおう検索してみるとこちら(海外サイト)にジュディ・ホール氏の説明が出ていて、産地もZHELANNOYE, located on the western slopes of Subpolar Ural Mtsになってます。

これと最初の「ウラルレムリアン」を比べてみると、同じ。
つまりウラルレムリアンも「ロシアンレムリアンアイスクォーツ」も同じもの、少なくとも同じ産地だということです。

ありえなーい!

私はかつて、ロシアンレムリアンについて長々とツッコミをいれたことがあります。
詳細はリンク先をお読みいただくとして、この時ロシレムの産地についていろいろ調べました。

出てきた産地は、「Ushniy Southern Urals Russia」
当時はこれすら調べるのが大変だったのですが、ちょうど先ほどのジュディ・ホール氏のウラルレムリアンアイスクォーツの説明をのせていたページ(海外サイト)にブルー・エンジェルのロシアンレムリアンの説明も載っていて、産地がUshniy Quarry, Ushniy (Village), Chelyabinsk Oblast, So. Ural Mtn's, Russiaとなっていますから、間違ってはいないでしょう。

これが何を意味するかというと。
地図をご覧ください。



ブルーエンジェルのロシレムが Chelyabinsk Oblast, So. Ural Mtn's,つまり、南ウラルのチェリャビンスク州。
ロシレムアイスクォーツが Subpolar Ural Mts サブポーラーウラル。これはPripolar Uralsと同じ。
つまり、一方は南、一方は北なんです。

地図で言えば、下のピンク色で示したのがチェリャビンスク州。上の方のナロードナヤ山があるあたりがサブポーラーウラル。
ざくっと目算で1000キロ近く離れてそうな感じです。

それで、同じロシアンレムリアンを名乗るんかい!
かつて「隣でもロシレムを名乗るのは許さん!」と言ってたのに、それでいいんでしょうか。
ガイガー氏はご存じなんでしょうか。

私は(ブルーエンジェルの)ロシアンレムリアンの説明に納得してはいませんが、南と北ほど離れていながらロシレムを名乗るこのぶっかき水晶にはもっと納得できません。
名乗るなら、もっと別の名前を名乗れ。


あやしく思っていることはまだあります。
(ブルーエンジェルの)ロシアンレムリアンの産地であるUshniyはいくら検索しても地図上の位置が見つけられない(これは同じウラルの産地であるPuivaやDodoも同様ですが)んですが、一応、ZHELANNOYEを検索してみました。

すると。
ウラル山脈とは別のところがヒットしてくるんですけども……。
まあ、同じ地名が別にあってもおかしくないので、たまたまかもしれませんが。



実は大きい? 紫

万珠アメジスト

すでにペンダントつぶつぶクラスターが登場している、万珠鉱山のアメジスト。

……これは、クラスターと言えばいいのか、違うのか、ちょっと迷います。

色は前回のものよりも淡いですが、透明感は抜群。
よく見ると、白濁した結晶の上に、アメジストが群れてくっついている感じ。
小粒ではありますが、前回のクラスターよりも大きな結晶です。
結晶の大きさは平均して米粒ほど、真ん中の一番大きなのは米粒2つくらいはあるでしょうか。

ツイッター上でお聞きしたところでは、万珠鉱山のアメジストの多くはこれくらい大きくなると黒っぽくなってしまうのだそうですが、これは淡くて透明感あり。
わずかに透明な物や淡い色のものが出ていたそうで、これはそういう少数派のようです。

同じような白濁結晶の上にアメジストがくっついたものを複数見せていただいたことがあるので、たまたまこれが万珠鉱山アメジストにしては大粒めで淡色透明感ありなのではなくて、こういうタイプが出ているのでしょう。

小さいけれど、なかなかに美人なアメジストです。


あいまいな境界線

インド・ドゥルージー
インド産です。
水晶です……たぶん。

あ、成分は二酸化珪素でまず間違いはありません。
たぶん、と言っているのは、これを水晶と言うべきかカルセドニーというべきかが微妙だから。

軽くおさらいしますと、成分が二酸化珪素の鉱物で、結晶が目に見えるくらい大きいものが水晶。
顕微鏡レベルの小さな結晶が集まった構造のものがカルセドニーです。
この場合、一見そっくりに見えるビーズでも、それが大きな結晶の一部分だったら水晶/石英。ミクロな結晶の集まった構造だったらカルセドニー。いくら見た目がそっくりでも構造が違います。

この場合、結晶の大きさはゴマ粒ほどしかないとはいえ、一応肉眼で確認できる大きさ。
だったら、迷うことなく水晶と言えばいいんですけど、これをカルセドニーと表記しているところも結構あるんですよね。

こちらなんか、結晶がさらに大きく、米粒以上あるのに、ラベル表示はカルセドニーでした。(だから画像にもカルセドニーといれてあります)

そもそも見かけで分ける場合の基準というのは、意外にはっきりしていないことが多いです。
スモーキーとシトリンをどこで分けるか、とか、カーネリアンとは赤いカルセドニーですけど、どこまでを「赤い」というか、確たる基準を見かけません。

こういうものは、どちらに分けるかが微妙なグレーゾーンがあるもの。
逆に言えば、はっきりと特徴的な色や形だから細分化された特別な名前が付いたのだということです。

写真の石を拡大するとこんな具合。

インド・ドゥージー2

全体的にもこもこしているところは、カルセドニーっぽくもあるけれど、一つ一つの結晶は見えます。

Stalactiteというのは、鍾乳石のこと。
鍾乳石はたいてい石灰岩ですから、水晶/石英であるこれは違いますが、この場合は「鍾乳石状の」ということです。

ただし、この手の石は、鍾乳石状以外にも、グニャグニャ絡み合った不思議な形になっているものが多いです。
中に芯のようなものがみえるのもあります。

どうしてこんな形になったのか不思議ですし、見た目も面白いので、一つ欲しいと思っていたんですが、探すと見かけず(不思議と、探す気がないときには見かける)、あっても形が気に入らなかったり、値段が折り合わなかったり、大きすぎたり。
「これを逃すと、次はないだろう」というものではないので、その安心感のせいかずっと買いそびれていたのですが、このままでは、いつまでも買いそびれそうで一つ買ったのがこれ。

同じような石では、もっと細くにょろにょろと絡まったものや、結晶がもっと小さいものもあります。

記事の続きを読む...

光輝

クライオフェン

ブルガリア産のスファレライトです。

2012年新宿ショーの戦利品。

スファレライトはスペイン産の赤いのを持っていたんですが、緑っぽいのもあると聞いていたので、見かけてすかさずゲット。
もうちょっと大きいものが欲しかったけれど、すでにミネラルショーの魔物に財布の中身を食べられた後だったので、数百円のミニなものです。

それでも、結晶の形はちゃんとあるし、透明度も確認できます。

真っ白な母岩の上の、照りの良い結晶は、なかなかに美人♪

スファレライトの多くは、鉄を含んで黒く不透明になるものが多いです。
こちらの水晶の母岩はスファレライトですが、今回の石とは似ても似つかない、不透明。
……ただし、亜鉛を含んでいるために、見た目の割にずっしり重いのが特徴です。(そして魅力でもある)

さて、この緑色のスファレライト、赤いものが鉄分を含んでいるのに対し、ほとんど鉄分を含まないためにこんな色をしているのだそうで、クライオフェンとも呼ばれます。

色の違いは鉄分(マンガンも関係するという説も)の多少によるもの……ということなんですが、検索していて少々疑問が。
Wikipediaでは
「純粋なものは白 - 黄色透明」
「色が白→黄色→橙→赤→濃赤→黒と右に行くほど鉄の含有率が高くなる。」
とあります。

一方で今回の石と同じ産地、同じような色のものに対して、
「鉄分を含まない純粋の閃亜鉛鉱」
と説明していたところもあります。


純粋な閃亜鉛鉱は白~黄色? これは……緑に見えるんですが。
それとも、この色合いを黄色というのだろうか?
それとも、同じ産地でもうちょっと黄色っぽいものが出ているようなので、黄色いのも、緑っぽいのもややいい加減にいっしょくたにされて、赤くないからクライオフェンみたいな呼び方をしているのだろうか?

できることなら、迷うことなくクライオフェンと呼べる石を、いつか手に入れたいものです。
なんたって、見た目を裏切るずっしりとした重さ、独特の照りのある輝きが、とてもきれいな石なので。

ちなみに、スファレライトの名前は、
「方鉛鉱に似ているが鉛を含まないところから,ギリシア語のsphaleros(ごまかしの)に由来する。」
のだそうです。(参考サイトさま
なんだか、アパタイトと似たような謂れです。

方鉛鉱に似ている……ということは、最初は、黒くて不透明タイプに名前が付けられたんでしょうね。
透明感のある赤や緑の結晶タイプだったら「ごまかし」なんて名前にはならなかったでしょう。

あたたかい輝き

フランスアルプス

フランスのアルプス水晶です。

アルプス水晶というと、スモーキーや氷のような透明水晶のイメージがあるんですが、これは、透明は透明であるけれど、鉄分らしき付着があって、ところどころ黄色~黄土色に色づいています。
そのせいか氷のような冷たい感じではなく、どことなくあたたかみがある輝き。

根元にくっついている茶色の四角い鉱物はシデライト(菱鉄鉱)でしょうか。

そういえば、今日、「マリアオーラ」なる石を見ました。
オーラという名称で想像がつくように、アクアオーラの新バージョンです。(前からあったのかもしれませんが私は初めて見ました)

お店の説明曰く、「アルプス水晶に24金を蒸着させたもの」
色合いは若干青みの強いラベンダーカラー。ビーズで見かける「マリアライト」の色……ゆえに「マリアオーラ」なんじゃないかと想像してしまいました。
(マリアライト=紫じゃないんだけどな……)

油断すると、透明度の高いラベンダーアメジストにも見えそうですが、ラベンダーアメジストがどちらかというとピンクっぽくなるのに対して、アメジストにしてはわずかに青みが強いこと、蒸着オーラものに特有の照りで見分けがつきます。
母岩付きの場合は、母岩の表面もわずかに色づき、蒸着の照りが見えます。ただし、蒸着処理をしてから割って大きさを調整しているものもあるらしく、母岩の側面(割った断面)には蒸着が見られないものがありました。

ところで、この名前はアルプス水晶に加工した者だけを指すのでしょうか?
それともラベンダーカラーの蒸着の名前?
ベースの水晶コミだったら、初めてのパターンです。

ソロモンの黄金

先だっての癒してぃーずの戦利品。
ふと気が付けばIMAGE2012よりも原石度がはるかに高かった!
イベントの名前がアレですが、だからと言ってミネラル・ザ・ワールドやミネラルフェアと売られている石の傾向に大きな違いはありません。

で、先陣を切って登場いたしますは……ザギ。

ザギ・ポイント

私にとってこの名前は、水晶の産地がどこであるかという意味合いが一番大きいです。

角閃石(アストロフィライト説もあり)やエジリン(トルマリンやリーベッカイト説もあり)などを内包し、何とも魅力的な色合いや表情を備えたこの水晶の産地はどこか。それがザギであるということ。

ザギが聖地だとか、この水晶にカルマを焼き払う力がどうとか(検索したら出てきましたが)……関係ないですね。聖地というからには、何の聖地? もしかしてガンダーラ関係?……と言うのは気になりますが。
一般的にはザギマウンテンクォーツの名前が有名ですが、ザギってどこだ?と調べた結果、どうやら意外に低い山らしい(私の調べたところでは)とわかり、個人的にはマウンテンはやめて、「ザギ水晶」と呼ぶことにしていたのが、さらに違う名前で呼びたくなった……というのが今回のお話。

先だっての癒してぃーずでは、何カ所かでザギ水晶が売られていました。
ご存じの通り、キャラメル色だったり、黒い針状内包物が入っていたりと表情豊か。
私は、形の面白さはもちろん、内包物系の水晶も大好きなので、ザギ水晶ももちろん好きなのですが、「ザギマウンテンクォーツ」として有名になりすぎて、お値段がかわいくないのが玉に瑕です。

おおー、おもしろい。でも高い。
と、あれこれ見ながら会場をうろうろしていますと、アフガニスタン・パキスタン系ではないお店で、ザギ。
いろんな産地の石を扱う店……つまり、セレクトして仕入れているお店は一つ一つが高くなりがちなのに、大きさの割に良心的価格ではありませんか!

この石の大きさは、全体でこぶしよりわずかに小さい程度。
しかも、ザギ水晶は、ある程度大きくなると、きれいなポイントの形のものは少なくなる傾向にありますが、これは、珍しく錐面がかっちり現れています。(ただし、独立したポイントではなく、裏面が塊状のかけらにくっついた感じ)

しかも、しかもこんなにおいしそうな色!
ザギ・ポイント2

やっぱり、チョコレートというよりはキャラメル。
おいしそう!

お店の方が私のブログを知っていて、「見てますよ~」とおまけしてくださり、申し訳ないような値段で手に入れることができました。ありがとうございます。

さて、ザギ水晶。
鉱山がほぼ閉山したとか、聖地で立ち入りができないとかいろいろ言われている割に、見かける量は多くなっているような気がします。
閉山前に掘った分が今で回っているのか、それとも……と思っていたら、今回、ザギ水晶を見ていた店(買った店とは別)で、「ザギからバロチスタンにかけてのエリアで出る」という話を聞きました。

え、つまり、この手の水晶が広いエリアで出てるんですか?
と確認すると、そうだ、という返事。

すぐさま地名の脳内検索開始。
バロチスタン。
困ったことにこの名前、パキスタンの北と南、両方で見かけたような気がする。

たまたま、さらにほかのお店の人に頼まれて、自作のパキスタン地図をプリントアウトして持っていたので、それを取り出し、どのあたりかと聞いてみると。
その時示された場所を記したのがこの地図です。

ザギ地図2

地図の右上の方、オレンジの矢印で示したのがザギ。
お店の人はそこから南へ、アフガニスタンとの国境にそって指を動かしました。

なるほどー。
この情報がどこまで本当なのかはわかりませんが、仮に角閃石やらアストロフィライトやらエジリンやらが入ったこの手の石が示された広いエリアで採れていて、もしかしてザギ水晶として売られていても、実際採れたのはザギ以外だった……としても、不思議でもなんでもありません。

むしろ、ザギという小さな山だけで採れる、それ以外では採れない、という方が変。
ヒマラヤ水晶のガネーシュ・ヒマール産にしても、ガネーシュ・ヒマールという山のてっぺんではなく、そのふもとを含むエリアで採れた水晶のことを指します。

それに、考えてみると、
これこれはアフガニスタン産と言われたし、これもそう。

さらに。
地図の左下にKharanという地名があります。
このKharan、実はいろんな内包物入り水晶の宝庫。

この青水晶もKharan.
エピドート入り角閃石とエピドート入りふんわり角閃石入り(たぶん)レピドクロサイト入り、そのほかブロッカイト入りもKharan

このKharan、町としてのKharanはこの位置ですが、どうやら行政区の名前でもあるらしく、ここから西の方までKharanといえるようす。


こうして考えると、角閃石というのはかなり大雑把なくくりで種類はいろいろだし、エピドートやアストロフィライトはいろんな成分が複雑に混ざった石。
成分が違えば所によって違う鉱物になることもあるんじゃないか。
……つまり、パキスタンとアフガニスタンの国境ぞい一帯は、内包物水晶エリアで、ザギ水晶そっくりが出たって不思議でもなんでもないんじゃないか?

そんな気がしてきました。

そしてさらに。地図をにらんでいると、このエリアに共通するものが。
それは、山脈。

これまでヒマラヤとかヒンズークシュばかり見てきましたが、そういえばここにも山脈がありました。
その名はスレイマン(スライマンとも)。

ザギ地図3

これは、かのソロモン王のことです。
しかも、この山脈の最高峰は、タフティ・スライマーン。(ソロモン王の玉座の意味。同じ名前の場所がキルギスやイランにもあるようです)
といってもソロモン王は、古代イスラエルの王で、その勢力圏はここまで及んでいないはずですが。

インドがユーラシアにぶつかったとき、インドを真正面から受け止め、天高く持ち上げられてできたのがヒマラヤならば、この山脈はインドの縁にあたり、インドとユーラシアが激しく擦れるようにして大地を大きくたわめた場所と言えます。

地図を見ていると、反対側の端でたわめられたのは、中国の雲南省や四川省の横断山脈でしょうか。



そういえば、このあたりでも、エピドートやいろいろな鉱物を内包した水晶(アメジスト)が出てますよねえ……
こういうのこういうの

もしかしたら、こういういろいろ内包物入り水晶は、大地が激しくぶつかり、たわみ、もつれ合った場所に出るのでしょうか。
だったら、今回のキャラメル色水晶は、ザギと言わず、むしろスレイマン山脈との関係に目を向けて、ヒマラヤ水晶ならぬスレイマン水晶というべきなのかもしれません。


最後に、前回のザギと比べるとこんな感じ。
ザギ・ポイント3

コルネルップ

コーネルピン

えー、コーネルピンです。
ミネラルショーで、小さなかけらを売っているのを見かけて、名前だけは覚えがあったので「あ、持ってない」……とほかの石を買うついでに小さいのを一つ買いました。

帰ってから一応調べてみると……ええ? この石、レアだったの?(レアだけど安いという説明も)
何でも、時に鉱物辞典に載ってないこともある……とか。
じゃあ、どうして私はこの石の名前を覚えていたんだろうか。

コーネルピン……これはれっきとした鉱物名で、デンマ-クの地質学者A.N.Kornerupの名前にちなみます。

鉱物名というとラテン語で「石」を意味する~iteが付くものが多いなかで、コーネルピン(Kornerupine)とは珍しい響きの名前だな……と思っていたら、こちらのサイト様
『語尾の-ineはギリシア語源の・・・に似た、・・・の性質の、を意味する形容詞語尾で、Almandine(鉄礬柘榴石)、Spessartine(満礬柘榴石)、蛇紋岩(Serpentine)等々鉱物名や、marine,feminine等ラテン語を経由して広くヨーロッパ語に使われています。』
という説明を見かけて、なるほど~と思ったのですが、ここで疑問。

サーペンティン(Serpentine)はラテン語の蛇に由来するということなので、

サーペント(serpent)+ ~に似た(-ine) = サーペンティン(serpentine)蛇紋石

なるほど、蛇に似た模様の石ということで納得できたんですが、コーネルピンは?

Kornerup+-ineでKornerupineなことはわかるんですが、Kornerupは人名。
サーペンティンと同じ解釈をすると「コルネルップ氏に似た(石)」ということにならないでしょうか。

Almandineは今のトルコにあるAlmanda(昔、ガ-ネットの加工が行われていた)に、
Spessartineもドイツの地名にちなむようです。

地名+-ine(~に似た)って……?

~ineがわからなくなってきました。

セレスタイト→セレスティン(Celestine)はラテン語の「空の」という言葉に由来するそうなので、空に似た石、でわかるんですけど……。
こちらはセレスタイトとセレスティン、二つの名前があるのが謎。

メルト・モルガ

メルト・モルガ

色、見えるかなあ。
モルガナイトです。

もともとものすごく色が薄い……う~む水色じゃない(アクアマリンではない)、白(ゴシェナイト)……と言うよりは、ピンク?(モルガナイト)という感じの、消去法でモルガナイト。
そのうえ、溶けて表面がすりガラス状になっていて、よけいに白っぽく見えるので、パソコンのモニター次第では、色が見えないんじゃないかと心配です。

とりあえず……肉眼では水色でも白でもなくて、かろうじて暖色系だとわかる色。

ベリル系ではアクアマリンが多いのか、見かける機会は多いです。
水晶ほどではないものの、色合いや結晶の形も実はバリエーションがあり、溶けているアクアマリンも意外に人気です。

溶けてる水晶は好きなくせに、溶けてるアクアマリンはさほどでもなく、持っているのはこれこれ

対してモルガナイトは、アクアマリンよりもずっと少なく、見かける頻度はかなり下。
……なのに、溶けているのはこちらに続いて2つめ。
もっとも、去年の新宿ショーで2つ一緒に買ったのですが、何しろ溶けてるモルガナイトは見かけないので、貴重です。

ときどき、磨いたローズクォーツより結晶形ローズをたくさん持っていたとか、砂漠の薔薇は青い方が多かった、とか、少ないはずのものをスタンダードより多く持っているという逆転現象がおこるんですが、もしかしたらそのうちモルガナイトでも逆転現象が……おこってほしいかも。



「あだ名」という称号

パキアメ

昨日に続いてアメジスト。
産地はパキスタン。
形はややごつごつ……これは、アメジストエレスチャルか。

ふむ、といったん考えたうえで……私はこれをエレスチャルとは見ない。
エレスチャルっぽいとは思うけれども、エレスチャルと言えるほどの骸晶の特徴は備えていないと見る。
真ん中の結晶の錐面が一部、層状にも見えるけれども、これは、ダメージかもしくは結晶が外れた後ではないだろうか。

おそらく、見る人によって判断は違ってくるだろうし、違って当たり前だとも思う。

私は、鉱物名や宝石名ではないあだ名……パワーストーンとしての名前や流通名・現地名は、一種の「称号」だと思っている。
他とは違う。鉱物としては水晶だけれど、他とは際立って違う特徴を備えていて、「水晶」とひとくくりにしてしまうには惜しい……そんな石。
たまたまその石だけが、そういう形や色になったというのではなくて、ある程度まとまって……成長した環境によってそうなった、という量的な条件も含みます。

ただし、自然のものなので、特徴があるかないかの二つにひとつではなく、特徴がよく表れているもの、あまりはっきりとしないもの、特徴が表れていても部分的なもの……と、あいまいなものが多いのです。

たとえば、カーネリアン。
カーネリアンといえば、「赤いカルセドニー」のことです。
ビーズで見かけるカーネリアンはオレンジ色のものが多く、ためにカーネリアンはオレンジの石と思われていたり、赤からオレンジクリーム色の部分までビーズに磨かれ、色合いもばらばらに連にされ、「カーネリアン」として売られた結果、連を崩してパック売りしたために、赤くないもの《クリーム色)のビーズがカーネリアンとして売られていた……という現象も起きています。
赤とオレンジの境目は、「ここ」とくっきり引けるものではありません。
だからオレンジのものを「これだってカーネリアンでしょ」という意見があるのはわかるんですが、赤みもないようでは、カーネリアンとは言えない。

そういうと「じゃあこれ(クリーム色)は何なの?」と返ってくることが多いです。

私に言わせればそれは、カルセドニー。
カルセドニーという大きなくくりの中に含まれる全部の石が、これはカーネリアン、カーネリアンでなければ○○とすべて区分けされるのではなく、カーネリアンの中で際立って赤いものがカーネリアン。青いものがブルー・カルセドニー、美しい模様があるのがアゲート……とカルセドニーの中の特徴的な一部の石に別名が付けられているということ。

別名を持たない(ただの)カルセドニーも、普通にあるということです。

エレスチャルも同じ。水晶(原石)の中で、際立ってごつごつとした迫力ある石。それに対して「これはほかのと違うぞ」「パワーありそう」と、ヒーラーに思わせ、そのことで特別な名前が付けられた。それがエレスチャルなのだと思うのです。

残念ながら、この石には「際立ち感」が足りない。
ゆえに、「これと言って特別な形の水晶ではない」と判断。
あれもこれもとルーズに名前を適用するより、「これくらいごつごつしていなければエレスチャルではない」と厳しく判断した方が、ありがたみも増すというものです。

ところで、よく似た石を産出するネパールとパキスタンなのに、ネパールにははっきりした色のアメジストが少なくて、パキスタン(北部)にはある(これも北の方のアメジストらしいです)。
ちょっと不思議。

情報整理・アメジストエレスチャル

「アメジストエレスチャルって本物?」という検索ワードで、いらっしゃった方がいるようで。
そういえば、以前「アメジストエレスチャルって本当に存在するんですか? 」という質問も見かけたような。

結論から言えばあります。
エレスチャルで、アメジスト。

アメエル

500円玉くらいの大きさで、部分的にごつごつ、大部分は層状、結論:立派にエレスチャル。
そして色はほんのりではあるけれど紫。(右下のあたりが紫なのがわかるでしょうか?)
……てことで、アメジストエレスチャル。


しかしながら、今回のような「質問」は、一部誤解を含んでいるような気がしてならないので、情報整理。

「アメジストエレスチャルって本物?」「アメジストエレスチャルって本当に存在するんですか?」……この手の質問は、たいてい次のフレーズに続きます。

「スーパーセブンとどう違うんですか?」

これがくっつくと誤解確定です。

繰り返し繰り返し…(飽きるほどリピート)…繰り返し、言いますが、
エレスチャルは形の名前。
色や内包物は関係ありません。

スモーキーだろうと、透明だろうと、内包物があってもなくても、骸晶と呼ばれるタイプの結晶のしかたをした、ごつごつあるいは層状の水晶がエレスチャルなのです。

骸晶(がいしょう)というのは、正確に言うと、


みたいに、結晶の角の部分が特に成長して、面の真ん中あたりがへこみ、ちょっと見には骨組みっぽい結晶のこと。右側のは「骨組み」っぽさがよく出ていると思います。
こういうタイプは「スケルタル」とも呼ばれます。
スケルタルとは「骨格の」というような意味で、スケルタル・クリスタルの訳が骸晶です。

それに対して

のようなごつごつタイプは、厳密には骸晶とは言わないようなんですが、ではどういえばいいかというと不明で、でき方というかこういう形になってしまった原因はスケルタルと似ているので、ここでは、とりあえずまとめて骸晶……わかりやすくごつごつ水晶と呼びます。

これらスケルタルやごつごつ水晶がどうしてこういう形になったかというと、水晶が成長した環境が原因です。
水晶は地下深くの熱水の中で育つのですが(詳しくはこちら)、このとき、熱水の中に水晶の成分があまり含まれていないと、水晶はゆっくりじっくり成長してきれいな形になります。

逆に水晶の成分がたくさん含まれているとあっちこっちでいっせいに結晶が始まってしまったり、結晶しやすいところがどんどん成長して、ごつごつ水晶やスケルタルになってしまうんです。
なので、エレスチャル(スケルタルとごつごつ水晶)は、ときどき説明されているように「普通の水晶よりも長い時間をかけて成長した水晶の長老」ではなくて、「普通の水晶よりも急激にエネルギッシュに成長した水晶」と言えます。

水晶の成分がいっぱいということは、他の鉱物の成分もいっぱい含まれている可能性が大。
そのために水晶の成分の一部がほかの成分に置き換わったり、水晶よりも先に、あるいは同時にほかの鉱物も成長して水晶部分がスモーキーになったり、内包物をいろいろ含んでいる場合が多いのです。
でも、エレスチャルと呼ばれる条件は形。内包物は関係なし。(しつこく!)


逆にスーパーセブンの条件というのは、
◇産地がエスピリトサント(個人的にミナスジェライスを追加)
◇クリア、スモーキー、アメジストの3色が混じった水晶に、ゲーサイト、レピドクロサイト、ルチル、カコクセナイトの4種類が内包されたもの(3色+4種類で計7つ ※7種類の鉱物というのはちょっと違う)
ビーズなどにしてしまうとひとつで7つそろうのは、どう考えたって無理なので、
「一つの石の中にそろってなくても、元の鉱脈全体で7つそろっていたらOK」ということになっているようです。
個人的には、ルチルが入ったのを見たことがないし、カコクセナイトも無理っぽい(カコクセナイト入りと言われているのはたいていゲーサイト)と思っているんですが、まあ、そういう説明になってます。

このスーパーセブンの条件を良く見ていただきたいのですが、「こういう形になっていること」という規定は全くありません。
つまり、
スーパーセブンは色や内包物が問題で、形は関係なし。


結晶の形をしてない塊状の場合もあるし、すっきりした形のもあるし、ごつごつしたエレスチャルの形をしたスーパーセブンもあるけど、形は関係なし。

なんたって、エレスチャルとスーパーセブンの名付け親は別なので、形はエレスチャル、色や内包物はスーパーセブンという石があっても、片方は「エレスチャル」と呼び、もう片方の名付け親は「スーパーセブン」と呼ぶでしょう。時々目にする「エレスチャルスーパーセブン」なんて長い名前は、本来ありえない。

話をエレスチャルに戻しましょう。
結晶するときに、水晶の成分もその他の成分もたっぷりだったために、形はごつごつ・色つき・内包物ありの場合が多いエレスチャルですが、色でいうとスモーキーが多め。
透明でエレスチャルというのは少ないし、アメジストも少ないです。(スモーキーとアメジストが混じってるのはある)
なので、色合いがアメジストだと、これは珍しいということで「アメジストエレスチャル」……とちょっと特別待遇しているというわけです。
(※アメジストだけのものはもちろん、スモーキーとアメジストが混じっていてもアメジストエレスチャルと呼ばれたりします)

ちなみに、こういうごつごつ水晶を、人工的に作るのは無理……というか、ガラスでは作れないし、合成水晶ではやればできるかもしれないけれど、わざわざ作る方が手間でお金がかかるのでやらないでしょう。
水晶は、放射線を当てるとスモーキーにはしやすいんですが、放射線でアメジストというのは聞かないので加工してアメジストというのもないでしょう。

ということで、エレスチャルがごつごつ水晶であることを知っていれば、見れば「色はアメジスト、形はエレスチャル」というのは一目瞭然で、「本物?」と疑問に思われることはないはずなのです。

……が、「本物?」という疑問がでてきたということは、これはビーズの話でしょう。
なぜか、ビーズでは色混じり内包物入りが「エレスチャル」と呼ばれて久しいので。

私は、頑固にエレスチャルは形の名前である、という最初の説明を守りたい派。
ビーズではこれがエレスチャル、と認めたくはありません。
エレスチャルは形の名前。だったらエレスチャルのビーズは、ここで写真を挙げたようなスケルタルやごつごつ水晶を磨いたもののことのはずです。

しかし、原石だから、他の水晶とは見た目が違って面白いわけで(だから特別な名前がつけられた)、削っちゃったら大部分は色むらありの中途半端なスモーキーです。しかもごつごつした形なので、ビーズにすると削れなかったり削り落とす無駄な部分が多く出ます。層状タイプだったらビーズにもなりません。

だから、ビーズになっているのは、たぶん、塊状の……つまり、エレスチャルとは呼ばれない石だった可能性が大。
中にはちゃんとエレスチャルを削ったのもあるかもしれないのですべてとは言いませんが、たくさんビーズが出回っているということは、間違いなく塊状のも削っているでしょう。
(※そりゃあ、普通の水晶ビーズに比べれば少ないかもしれませんが、あちこちのショップで売られているということは、石としてはレアとはいいません。本当にレアならビーズにはならないし、特別にビーズにしても、ほとんど一般には知られない間に消えていきます)

しかもビーズを取引している卸の業者は、パワーストーンの専門家ではありません。
たくさん扱う石に商品整理を兼ねて名前を付ける際、ふと周りを見ると色混じり内包物ありのごつごつ水晶が(前述した通り、成長する環境のためそうなりやすい)エレスチャルの名前で高い値段で売れている。

彼らはエレスチャルが形の名前だとは知らないので、「内包物や色が同じじゃないか、じゃあ、このビーズはエレスチャルだ」と適当に名前を付ける。仕入れた方は「エレスチャルなんだからエレスチャルだ」と売ってしまう。

それが繰り返された結果「色混じり内包物あり=エレスチャル」の間違いが大増殖したのでしょう。

形の名前を色混じり内包物ありにしてしまったのですから、スーパーセブンとどう違う? という疑問もごもっとも。
ミネラルショーで海外の業者が「これは七つの鉱物が混じったエレスチャル」とか言って売ってたりしますから、分かってないのは明らかです。(※七つの鉱物が……と言うのは、スーパーセブンのこと。その説明でエレスチャルを売っているということ。念のため。さらにはスーパーセブンは3色の水晶+4つの鉱物なので七つの鉱物というのは実は正しくない)


エレスチャル(ビーズ)とスーパーセブンで「本物?」と疑うなら、以下の点を気にしてください。

エレスチャル
◇元の形は、エレスチャル(スケルタルかもしくはごつごつ水晶)だったか。
エレスチャルの場合は、産地や色、内包物は気にしなくてもいいです。
ひたすら元の形を気にしてください。……たぶん、削る前の形はわからないでしょうけど。

スーパーセブン
スーパーセブンの場合は、いろいろ気にしないといけません。
◇産地はエスピリトサントか。
 そっくりな石は、ミナスジェライスやバイアからも出ます。インドやマダガスカルのまで堂々とスーパーセブンで売られてますが、名付け親のヒーラー氏によると、産地はエスピリト・サント。
 ※エスピリト・サントは州の名前。鉱山の名前ではありません。
  
◇内包物のようすはどうか
 三色と四つの鉱物全部は、まずそろわないと思うので、内包物の様子が名付け親のヒーラー氏がスーパーセブンだと言っているものに似ているかどうか。
 エスピリト・サント産であってもスーパーセブンとは似ても似つかない水晶があります。→これ
 あんまり違うのは、スーパーセブンと言われた石とは別のところで出ているのでしょう。
 個人的には、(当時)今まで見たこともないような内包物たっぷり水晶を見て、「これはすごい!」と名前を付けたのが始まりだと思うので、あまりにも内包物なしのものは、スーパーセブンの名前にふさわしくないと思います。

気にしたところで分かるかどうかは不明ですが、とにかく気にするならば、エレスチャルとスーパーセブンは名前の付け方や気にする点も違うのだということは知っておきましょう。


同じ産地でしょ?

IMAGE展で買ったシェブロン・アメジスト
、産地のメモ、出てきましたー!

メモによると「Ribanee Ametista, MADAGASCAR」
これはてRibanee(リバニー)産ということでしょうか? 検索してもヒットして来ないんですけども。

前回の雑記に
「カナダのシェブロン(オーラライト)より、こっちの方が個人的好感度はかなり上。
池袋でもあったら、もう一つ買おう……」
と書いていたんですけど、池袋を待たずして買っちゃいました!

リバニー3つ

一番右がIMAGE展でかったもの。真ん中と左が新しく買ったものです。

IMAGE後は、大きいのも買っておけばよかったかな~という感じだったんですが、再度見たら、やっぱり小ぶりなのを選んでしまいました。

なぜなら「黒」が入っているのは、小さいのしかなかったからです。
大ぶりな方の、淡い色も捨てがたかったんですが……売ってる店はわかったから、再度チャレンジもありかな。

結晶形をしてない磨きで「いいわ~」と複数個買いに走るのもひさしぶりかも。
まじめな話、適度な大きさのクラスターがあればうれしいんですが。

いや、ほんと、私にとっては、磨きであってもオーラライトより好感度はずっと上。
張り合うなら、オーラライトというよりカナダ産のレッドキャップ(錐面がヘマタイトで赤)の大ぶりなシェブロンクラスでしょう。

ところで、私が二つ目、三つ目の石を買ったお店が、先日の癒してぃーずに出店していました。
そこで、ふと思い立って
「この石の産地はどこですか?」
……と聞いてみると、
「ブラジル」

……ブラジルも、シェブロンは出るし、何が出ても驚かないところではありますが、これだけ似ていて、出回ったタイミングが一緒で、大きいタイプ(色淡め)も、小さいタイプ(黒が混じる)も特徴が一致してるのに、逸れはないでしょう?

「ブラジル? マダガスカルじゃなくて?」
と粘ってみたら、お店の人もちょっと自信なさそうでした。
ということで、私は勝手にマダガスカル判定。

IMAGE展で買った石は、ペンダントに加工中。
ペンダントにするには大きくて重いけど、やってみます。
リバニー・ペンダント

3つの中で、これだけは透けるのです。
リバニー・透け

石との出会いは、気合いと運

3つ同時に買ったのだから、登場するのも連続だ!
アイスクリスタル第3弾!(ついでに、アイスクォーツとは呼ばないぞ、と意思表示しておこう)

ライトレッド・マニカラン3

最後の登場となりましたこの石は、3つの中では一番色が淡いもの。
ほんのりピンク……というか、ややオレンジ……うーん、ほんのりピーチな感じの色合いで、もともとは透明度抜群だったらしく、溶けている今でも結晶越しに指のシルエットくらいは見えます。
しかも、照りも抜群だったのか、溶け残っている結晶面がつやっつや。

同じアイスクリスタルでも、かさかさした感じに溶けているのがあるので、これはなかなか美人さんです。
思えば今回の3つは、もともとの透明度と照りが良い(良かったのだろう)、粒ぞろいの石たちでした。

上の写真は、先端部分が溶けて平らになった部分……これが時々「C面」と言われているところですが、平らではないので面と言っていいかどうかは不明……を手前にして採っています。
柱面(側面)で白く反射しているのは、溶け残った結晶面。
アイスクリスタルにしてはつやつやしているのが、お分かりいただけるでしょうか。

もちろん、トライゴーニックもしっかり。

ライトレッド・マニカラン2

この石にははっきり残っている錐面が2つ。ルーペで確認してわかる、かろうじて残った錐面が一つあり、すべてにトライゴーニックが確認できます。(浅く表れているので、要ルーペ)

検索してみると、やはりというかなんというか、アイスクリスタルでトライゴーニック付というのは、「売り」になるんですね。
トライゴーニックは何やらすごい意味があるということになっていますから(くわしくはこちら。私は実感したことはもちろんありません)それがついていれば売りになる、そのために割高になるのもわかるんですが、納得できないのは「選ばれた人だけが持てる」「資格がある人が持てる」という言い方。

石好きの個人的意見として言わせてもらえれば、石と出会うのは気合と運。

気合というのは、探すぞ、探すにはどうすればいいか、どうやれば見つかるか……好きだから、興味があるから調べる、探す、歩き回る(実際にも、ネット上も)。
石はタイミングもあって、何の気なしに覗いた店に思いがけなくあったり、行ってみたら入れ違いで売れていた、なんてこともありますが、探す熱意がなければ巡り会わないものです。

運というのは、私は今現在、石屋やミネラルショーに行くことができる場所に住んでいる。これは運でしょう。
以前は周りに石屋がない環境でしたから、今の場所に住んでいるのは、運がいい。

資格がある人だけが(どんな資格かわかりませんが)持つことができるというなら、
ミネラルショー圏内だから、石を見つけることができた→資格がある。
遠方でミネラルショーに行けない。石屋も近くにない→資格がない。
……とでも? ありえない!

それだけ特別なものだと思わせたい演出だとしても、ちょっと失礼ではありますまいか。
私は、自分で探して、見つけて出会う方が嬉しいです。

……と、話がずれました。
今回の石の全体像はこんな感じ。

ライトレッド・マニカラン

画面上に錐面が見えていますから、この状態が結晶の上下のはず。
すると、これは根元の方が細い……ということ? それとも根元の方がよけいに溶けているということ?
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。