FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

地図でシルクロード

番外編と迷ったけれど、目的は天珠だったので、天珠カテゴリで。

天珠について調べている途中で、シルクロードのルートが気になって、地図を作ってみました。
すでに作られている地図もあるけれど、山脈や砂漠との位置関係を知りたかったので、何枚もの地図を重ね、トレースし、微調整し、つじつまを合わせ。

そして出来上がったのがコレ。

シルクロードマップ

ああ、やっぱり。

当たり前といえば当たり前なんだけれど、シルクロードのルートは山脈を避け、砂漠を回り込み山々のすそ野をたどるように伸びていたのです。

天山や崑崙、ヒマラヤ、カラコルム、ヒンズークシュ、スライマーンといった険しい山々は、パミール高原を中心にするかのように集まっています。
当然東西を行き来する道は絞られ、パミールやギルギットが重要なルートになっていたわけです。

しかもここには古くに文明が栄えたインダス川の源。
インダス川流域でエッチドカーネリアンが生まれたとも言われます。

西から縞瑪瑙や邪視信仰が、インダスから瑪瑙の加工技術が。
それらがパミールやギルギットに集まって、天珠が生まれたのではないか。

チベット天珠と言われるために、何となく今のチベット(チベット自治区)をイメージしてしまうけれど、天珠の中心はチベットの西の方ではなかったか。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム