INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

すころらいと

scorolite.jpg

ちょっと前くらいから「スコロライト」と言う石を見かけます。
※私はピンクファイアー・アメジストの名前で買いました。

どんなのかというとご覧の通りの……えーと、ミルキークォーツ……いや、ふんわりジラソルのアメジストバージョンと言いたい感じ。

ラベンダーというよりはややピンクがかった色合いで、オパールと間違われることもあるのも頷ける、ぷるるんとした感じの半透明な様子は、ジラソルっぽい。

さてこの石、ルースかビーズでしか見かけないうえ、いったいどういう石なのかさっぱり説明がありません。
海外サイトで調べてみても「これはスコロダイトじゃない!」と言うような内容ばかりで、「水晶だ」「産地はブラジル(Aracuaiの名前も)」、と言うことくらいしかわかりませんでした。

それがこのたび手がかりになる記述が!
こちらのページにこんな記述が。

scorolite2.jpg
※上記ページのスクリーンショット(部分)。赤線はKUROが追加。


100% natural, treated Quartz (Scorolite) from Brazil

treated Quartz……つまり、加工された水晶。

やっぱり!

ここでやっぱり! といったのは、実は心当たりがあったからです。

さかのぼること5年前……もう5年!?……かのインドのレインボー水晶がお目見えし、天然未加工なのか、何かしらの加工がされているのかと話題になった際に調べて気になっていたものがありました。

これは「山の結晶: 水晶の鉱物学 秋月瑞彦著」にかかれていたもので、
一部引用させていただくと、
(アメジストの)紫が薄いときは、(500~600℃で加熱して室温に戻すと)淡黄色の水晶になる。不純物として含まれている(Fe)が酸化鉄(Fe2O3)となり、水晶中に分散するためと考えられている。シトリン(黄水晶)では、このような状態になっているようである。さらに淡黄色の水晶を高温に加熱してから室温に戻すと黄色は消えて乳白色の濁った水晶になり、オパールのような遊色がちらちらと見えるようになる。もともと透明な水晶や煙水晶ではこのような現象は全く見られない」(同書99~100ページ。ピンクのかっこ内はKUROが補足)

つまり淡いアメジストを二度焼きするとオパールっぽくなる……と。

それがこれだよ、と教えてもらったのがこちら。

nyuuka2.jpg

見えているのは遊色ではなくてクラックによる虹のようです。
むしろこの半透明具合はオパレッセンス(乳白色光)といえそうなので、二度加熱で遊色ではなくてオパレッセンスじゃないだろうか。

そしてこの半透明でオパレッセンスな感じは、色を別とすれば最初のスコロライトに似ているのです。
余計な事ながらアメジスト加熱のシトリンが意外に値段が高めなので2度焼きだったらさらに高くなると予想され、スコロライトが値段高めなのに合致しそうです。

問題は、二度焼きアメジストは乳白色であるということ。
もう一つは、二度焼きするためにひびが入りやすく、ほとんどはただ白濁してきれいなオパレッセンスが出るものは少なく歩留まりが悪いと聞いたことです

この点はふんわり淡い紫で、クラックのないものばかりのスコロライトとは違います。

しかし……技術は日進月歩なので、私がこの話を聞いてから今までに、アメジストの色を残したまま加熱する方法が開発された、もしくはひびが入りにくく色が残るアメジストが産出したということは考えられないでしょうか。

そしてもう一つ。
ネットで検索中に「ムーンライトクォーツ」と言うビーズを見かけました。
パキスタンのK2産といわれほんのり青白く白濁している水晶で「ムーンクォーツ」と呼ばれているのがありますが、それとは別で、先ほどの二度焼き乳白色アメジストのひびのないものをビーズにしたような……人工ガラスで「オパールオブシディアン」の名前で売られているオパルセントガラスのような、水晶ビーズがあります。
これもブラジル産だそうなので、もしかしたらスコロライトの完全色抜けバージョンだったりして。

ビーズやルースばかりで原石が出てこない石は困りものです。

レピドライト巻

lepidolite-on-muscovite.jpg

雲母です。
産地はブラジル。

雲母は、ぴらぴらはがれて脆いというイメージがあるんですが、数えると意外に持ってます。
アフガニスタン-パキスタン系の石では、雲母が一緒にくっついているものが多いという事情もありますが、雲母単独でも意外に。

綺麗に透けたり、お?と注目する形になったり、意外に「変な石」好き魂をくすぐるので、知らず知らずに買ってるみたいです。

そしてまた今回も。

写真でもすぐにわかるように、今回の雲母は二色構成です。

真ん中のやや白っぽく見えている部分が白雲母(モスコバイト)、まわりのややピンクがかっているのがリチア雲母(レピドライト)。
途中まで白雲母として成長してきたのに、途中から環境が激変してリチウムが加わり、レピドライトとして成長したもので、白雲母にリチウムが加わってピンク色になったのがリチア雲母(レピドライト)という関係が良くわかります。

それにしても、何とくっきり色別れしたものよ。
一体どんな変化があったのか、気になっちゃいますね。

さてこの石、産地はミナスジェライスとしかわからないです。
こんなに特徴的な石なので、画像検索したらもっと詳しい産地が簡単にわかるだろう……と思っていたら、ミナスジェライス内の複数産地名がヒットしてきたので、絞り込むには至りませんでした。

さて、モスコバイトというと、ビーズでは
strawberry-26_20140330234234e6e.jpg red-ave.jpg

こういう赤っぽい色合いのものが一般的です。
しかしモスコバイトの和名は「白雲母」。その名の通り白っぽい雲母なんです。
ビーズの雲母はマンガンを含んでこんな色あいになっているとか。
リチウムが含まれるとレピドライトなんだから、マンガンを含んでいるなら別の名がついてもよさそうなのに聞いたことがありません。

スギライトも同じで、名前が付けられた最初の石はウグイス色。スギライトと言われて連想する紫は、これもマンガンを含んでいるためで、スギライトとしては亜種になります。
ビーズなど装飾品にするならきれいなものが選ばれるので、必ずしもその名前(鉱物名)のスタンダードな色ではない場合があることは覚えておいた方がいいかもしれません。

最後に……モスコバイト部分はこれくらい透けてます。
lepidolite-on-muscovite-2.jpg




















たくさんできた

前から帰省のたびにちょこちょこ作っていた陶器のアクセサリーが出そろいました。

素焼き8
素焼きのペンダントヘッド。アロマオイルなどを染み込ませると、2~3日ほのかに香ってます。

素焼き11
上のペンダントヘッドと同じものを透明釉で本焼きしたもの。(一番左端のカップの形のは別)
本焼きすると硬くなって丈夫になりますが、オイルなどは染み込まなくなります。

素焼き9
別の土の素焼き。赤みが強い土です。

素焼き12
赤みのある土を焼き締め(釉薬をかけずに本焼き)したもの。
硬くなるのでオイル等は染み込みません。

素焼き10
さらに別の土。透明釉で本焼きすると土とは思えないピンクになる土の上に、白い釉薬をかけてほんのりピンク。

穴の開いているものは革紐等でペンダントに。穴が開いてないものは裏にピンを接着してブローチにする予定。

やっぱりシトリン?

ペルー・シトリン

先だっての某即売会で買いました。

ペルーのシトリンです。
ただし、ラベルは「Quartz」でした。
お店の情報によると、ベースはシトリン、濃い黄色いしみのようなものが入っているものもあり、それは塩化鉄(液体状でインクルージョンされているらしい)、やや褐色なのは鉄明ばん石の微小結晶とのこと。
私が買ったのは黄色のシミも褐色のものも入っていないので、普通にシトリンということになります。

ただし、ブラジルのシトリンに比べると、スモーキーがかってもいないし、アメジスト加熱のシトリンのように山吹色が買ってもいません。
さわやかなレモン色系という感じです。
透明度も高く、結晶面もつやつや。

ご覧の通り(パワーストーン的に言うところの)ツインでもあります。

そういえば、私、ペルーのシトリンをもう一つ持っていたはず。
こちらです。
産地を比べてみると同じ。

最初に買ったものは白いつぶつぶがファントム状に入っていますが、今回のものにはありません。
最初のものにはラベルにサルファーとあり、その白いつぶつぶが硫黄なのか、黄色い発色そのものが硫黄によるものなのかが不明でした。
レモン色っぽい色合いからサルファーによる色?
……と考えていましたが、今回の情報によると、ベースの黄色はシトリンということになります。

まあ……硫黄による黄色だったら、こんなに透明黄色になるとは考えにくいですもんね。

水晶にピンク

pink-tourmaline5.jpg

綺麗なのになかなか見かけないピンクトルマリン入り水晶。

いや、石英母岩のはたまに見かけるんですが、水晶と言えるような結晶形のものにピンクトルマリンの取り合わせは少ないです。
緑や青や黒なら見かけるのに。
もしかして見かけているのに「高くてどうせ買えない」と無意識に目がスルーしてるんだろうか。

今回の石はなんと2008年のIMAGE2008の戦利品。
過去記事に坂のぼっって数えてみたら、これが5つめ。
一番大きくて水晶が結晶の形をしているものです。
トルマリン「入り」というか、「食い込み」というか微妙なところですが……。

色はちょっと鈍い……ピンク以外の色も混じっている感じです。
いやあ、この時はこれが複数買えちゃう価格帯だったんだよなあ。今はたぶんとても無理。

よく、「○○石の相場はいくらくらいですか?」という質問を見かけますが、石に相場なんてありません。
少なくともこういう種類の石だからいくらくらい、なんて言えるはずがない。

石の大きさも質も関係するし、買う場所(ミネラルショーか、大規模仕入れの店か、個人ショップか)でも違うし、なんといってもたまたまたくさん採れて出回れば安くなるけどそうでなければ高くなる、そういうものです。

おそらく私が買ったときは、運良くたくさん採れたのでしょう。
IMAGE展というミネラルイベントで、海外業者が持ってきた石であることもあるでしょう。
どちらかというとルース主体の店で、主力商品ではなかったというのも実はポイントだったのかも。

そういう石以外の事情も値段には大きく響くのです。

レア体験再び?

minuit.jpg

2007年に作ったブレスレット(その後1回、石の並びを変更)を久しぶりに身に着けました。
「ヌーマイト」の名前で買った黒いビーズと、ブラウンというかグレーというか微妙な色合いのムーンストーンのカットビーズのゴツ黒(ごつくて黒い)ブレスです。


着けたら手首が痛くなりました。
「どこかでひねったっけ?」と思ったくらいのはっきりとした痛みです。

そういえば……このブレスレット、最初に作って身に着けた翌日に8度台の熱を出したんですよね。
私の、数少ない「石を持ったら(身に着けたら)こんなことが!」という体験談です。

同じブレスで身に着けたとたんの手首痛。
これはもしかしてもしかしたら、レアな体験パート2だったりするのか!?

こういう時に私がやることは決まっています。
前回のときに一緒に作ったヌーマイト真っ黒ブレスを取り出し、2つを装着!

これが「石でこんな出来事が!」体験だったなら、しっかりじっくり体感しなくては。
あるいは「身に着けずにずっとほったらかしなんて!(全く身に着けなかったわけではないんですが久しぶりではあります)」という石の不満表明だというのなら、どちらにしても身に着けるしかないでしょう。

私に「石でこんなことがあったんだけどどうしよう!」と心配するという選択肢はないのです。

持ち主が、自分の石を疑ったり、怖がったりしてどうする。

「パワーわからん人」と自他ともに認める私に、(痛みであっても)何かを感じさせるくらいのパワフルな石なら、気合を入れて仲良くなるべし。
何しろ、数えちゃヤバいくらい石を持っているくせに、こういうことは皆無に近いので、そんなレアな石なら見逃せないし、パワーストーン的に考えるなら、鈍い私にもわかるくらい強いという意味なら、そんなものを野放しにしてはおけません。持ち主の責任でコントロールしなきゃダメでしょう。
「たまには身に着けろ!」というアピールなら、「ごめん!」と謝る気持ちで身に着けて、石と仲直りするべし。
よって、ここぞとばかり集中的に身に着ける……一択。

ということで、昨日から真っ黒ブレスを(嬉々として)連続着用中。

ちなみに痛みはすぐになくなりました。
今回は熱も出ないようです。
私が前よりも速やかに石に順応したのか、それとも石の機嫌が直ったか。

身に着けながらじっくり確認してみたところでは……二つ着けるとちょっと重いかな?
特に比重が高いずっしり石とは思いませんが、ベースが10ミリなのでそれを2るはめるとさすがに重さが気になります。
それと、ムーンストーン入りのブレスレットはやはり楕円ビーズのあたりのデザインがいまいち。

楕円ビーズがいちばん模様がでていてきれいではあるんですが、見た目にも、身に着けた時も、ちょっと半端な感じ。
といってもこの黒ビーズ、確か使い切ってしまったか、残っているのはあまり色合いが良くないものだけだったはずで、楕円ビーズを外したとしてそのあとをどうするか。

この機会にもう一度考えてみることにしましょう。

溶けるシトリン

citrine-trigonic.jpg

シトリンの触像水晶。
トライゴーニック付です。
ブラジル産。

シトリンと言われたけれど、人によってはスモーキー・シトリンと言いそうなやや渋めな色合いです。
全体が溶けてざらりとして、柱面の一部がかなり溶けが進んでいます。

結晶し、溶ける。

この記事を書いているパソコンの隣に「天気管」というのを置いてます。ウェザー・グラスとかストームグラスとも呼ばれていて、ガラスの管の中に樟脳を溶かしたアルコールを入れて密閉したものです。

これが、天気があれる前になると中で樟脳が樹枝のような結晶になり、晴れる時には透明になる……それによって天気を予測したと言われていることからストームグラスの名前があるのだそうです。
その仕組みは気圧とか気温とかいろいろあれこれ言われているようですが、はっきりとしたことはわかっていなくて、あまり厳密なものでもありません。

現に明日は雨になるといわれているのに、我が家のストームグラスは「晴れ」と言いたいような透明状態になってます。

それはさておき、目の前に日々姿を変える結晶(ストームグラスの中の樟脳)を置いてみていると、ちょっとの環境の変化で結晶は溶けるし、成長する……水晶がそんなにペロッと溶けたりはしないと思うけれど、自然界の人の目の届かない地中の奥深くでは、水晶は成長し始めたらコンスタントに成長し続けるのではなく、成長し、時には溶け、再結晶し、休止状態になり、また成長する……意外にいろいろ姿を変えているんじゃないかと思えてきます。

この水晶は、たまたまこの状態で止まったようですが、中には溶け消えたもの、再び成長して、溶けた痕跡が残らなかったものもあるに違いありません。

決して万人受けする「きれいさ」ではありませんが、溶け水晶は、そういう生き物めいた変化を感じさせるあたりが魅力でもあります。

そのうえ、無数のトライゴーニック付。
citrine-trigonic3.jpg

別の面には数は少ないけれど深くくっきりと逆三角形。
citrine-trigonic2.jpg


おまけついてた!

nazo-makalu3.jpg

すでに登場している、「マカルー産と言われた水晶」です。

「……と言われた」と回りくどい言い方をするのは、どうもマカルー産に見えないから。
お店の人はマカルーで、他の水晶とは違った鉱山(鉱脈)で採れたみたいだよ、と言っていましたが……。

最初のときはうまく写真が撮れなかったように思ったので、今日、もう一度挑戦していたら……(挑戦の結果が↑)。

おや?

何の気なしに石をひっくり返したら、見つけました。

nazo-makalu4.jpg

なんか、付いてる。

付いてる、というか……。

これは……ガーネット?
一瞬艶の鈍いパイライトを疑いましたが、角の部分がわずかに褐色に透けたのでガーネットでしょう。

ガーネットがくっついているというより、ガーネットの上に水晶が群れているっぽい。
道理で、妙に重いはずだわ。

うわーい、おまけつきでお得!

昨年末に買って今頃気づくなんて……不覚!
さっさと気づけよ……私。


スタンダードな贅沢

green-tourmaline_20140323223846ebc.jpg

石英(水晶)母岩のトルマリンです。
水晶好きだけど、これはトルマリンが主役でしょう。

これは、ルースを扱うお店がたまたま仕入れてきていた原石で、その店にとっては主力商品ではないため、原石の店で買うより安く売られていたもの。
たまにそういうことがあるので(逆に相場がわからなくて高く売ってる場合もあるけど)、「主力商品外」は意外に穴場かもしれません。

トルマリンの色合いとしては良く見かける緑(やや青っぽい緑)、太さもそれなりに(一番太いのは鉛筆ほど)。

大きく欠けているわけでは無なさそうですが、トルマリンは頭がないようです(結晶の先端が結晶面ではない)。


このように、特に特徴がある取り合わせではないけれど、ほどよい大きさで、トルマリンにも母岩にも透明感がある、そういうものを探そうとすると、さっと探すとすっと見つかる……というほどたやすくはないかも。

変な石好きとしては、「普通だよなー」と思ってしまいがちなんですが、こういう石に出会えているのは、実は贅沢。

つぶつぶ♪

つぶつぶ

こちらに続いて、つぶつぶカルセドニー第2弾!

1号に比べて鉄分がかぶっていないのか、何ともデリケートなやわらかピンク。
そんなつぶつぶが積み重なると……たまらん!

まったく、こんな形がどうやって生まれたんだろう。

このつぶつぶは、よーく見ると中心部にほんのり半透明な「核」のようなものが見えるものがあるんだけれど、それがヒントだろうか。

魚卵状珪石といって、砂粒を核に形成されたオパールがある。
「温泉の沈殿物として産出するもので、温泉に含まれる珪酸分が集まったもの」(http://www.weblio.jp/content/%E9%AD%9A%E5%8D%B5%E7%8A%B6%E7%8F%AA%E7%9F%B3)だそうだ。
そういえば玉滴石も、ここまで丸々つぶつぶではないけれど、もこもこした形状だ。

モロッコのカルセドニーも、つぶつぶとは言えないけどもこもこ。

オパールは長年の内にカルセドニー化することもあると、どこかで書かれているのを見た記憶がある。

もしかして、このつぶつぶカルセドニーは、元はオパールだったとか、あるいはオパールとカルセドニーの微妙な境目でカルセドニーになった石だったとか?



モダンアート(風)

昨日の某即売会で買ったフローライト。
選んだ時から、こういう風に写真が撮りたかった!

purple-5.jpg

purple-4.jpg

purple-3.jpg

purple-2.jpg

purple-1.jpg

purple-6.jpg

今回、横浜の方は都合が合わなくていけないっぽい(残念)

和風水晶

バッタリ13

バッタリ水晶!

こういうのを見ると、和風だなあ……と思う。
国産と知ってみているからかもしれないけど、外国産のどこそこによく似たのがあるよね、と、思い浮かばないのでより和風に感じてしまう。

まるで、和紙の繊維をほぐして柔らかくして、水晶の中に詰め込んだような、そんな感じ。
よく似た石をもうひとつ持っていて……比べるとそっくり。
同じ場所……少なくともかなり近い場所で採れたんじゃないだろうか。
ひょっとして同じクラスターから分離したものだったりして。

光に透かすと、ほんのり透けてなお美しい……「障子越しの光」の感じです。

もっと大きいクラスターがあるなら、欲しいなんて贅沢は言わない、写真に撮りたい。
さぞかし美しいことでしょう……。








赤い破片のファントム

karur-lepidocrocite5.jpg

昨年10月のIMAGE2013で買ったカルール産。
さーて、私、いくつ買ったんでしょう!

これも赤いレピドクロサイトのファントム入り。
小さいけど……いや小さいからこそレピドクロサイトが際立ちます。

他のものと比べると、淡いめですがこれもアメジスト。

よくレピドクロサイト入りをストロベリー・クォーツと表記しているものがありますが、少なくともこのようにレピドクロサイトの形がくっきりはっきり見えているのは、ストロベリーというには不向きだと思います。
これがもっと小さくて、「赤い内包物が入ってる」というよりは「全体がふんわりかわいい赤(ピンク)」という感じならいいですけど、はっきりレピドクロサイトは見た目ごつくて「苺」っぽくありません。

なので、私は店の表記がストロベリーだからストロベリー・クォーツではなくて、自分の目で見てストロベリーと思えるかどうかで判断する派。

その視点で言うと、こういうレピドクロサイト入りは非・ストロベリー。
別の名前で呼びたいんだったらファイアー・クォーツの名前を推します。

写真でも、見えないファントムの表面からちろちろと炎が立ち上っている感じに見えませんか?







復活!

復活……と言っても体調を崩していたわけじゃないんですが。
ちょっと用事で帰省してました。
急な移動だったのでパソコンを持参しなかったので、10日間ほどのさぼりとなりました。

夜行バスで早朝に帰ってきたので、一日眠かった……。


ジャングル・クローライト再び。

ジャングル・クローライト再び。

kangchen-6.jpg

IMAGE2013でも買いましたが、これは2010年に買った、初代ジャングルクローライトです。
実は複数買っていて登場していませんでした。

透明だけど、表面がやや凸凹していて、そのために若干透明度が劣っているような……いや、透明度は十分、表面の様子がその透明感を氷のように見せているようにも感じる、そんな感じです。
その中にルチルと言われた棒状の結晶があり、そこにクローライトがまとわりついている感じです。

これがルチルなんだか、別の鉱物なのか、いまだに不明。
実はジャングルクローライト2010バージョンはもう一つあって、それを見るとルチルっぽくもあるんですが、ルチルだとするとこんな風にクローライトがまとわりつくのは珍しいようにも思います。

2013バージョンを見つけた時は「あっ、あのときの!」と思ったんですが、こうして改めて見ると若干雰囲気が違うような……いや、個体差かも。
2013バージョンでは、私のお財布範囲の大きさの石では、はっきり棒状結晶が入っていなかったので、そんな感じがしたようです。
友人が買った大きめ結晶を思い出したら、雰囲気はそっくりなようです。

そう考えると、小さくても棒状結晶がはいった2010バージョンがあって良かった。
この時は、逆に大きめ結晶がなかったんですよね……。

緑四角

アポフィライトと言ったら、透明で先端がピラミッドみたいなとんがりか、スパッと平らに切ったみたいな感じ。
 

グリーンアポフィライトだったらさわやかなミントグリーン。
 

そういうイメージをさくっと裏切ってくれるものがあります。
green-box-apo.jpg

昨年のIMAGE2013で緑ィ!? とびっくらこいた濃緑アポフィライトの続きです。
IMAGEのときのに比べるとずいぶん小さいんですが、形がきれい。
おかげで、最初の石の「本当にアポフィライト?」疑念を説いてくれました。


最初の石がこういう形↑でアポフィライトっぽくなくて、「アポフィライトとして売っていたけど、本当に?」と実はちょっぴり心配だったんですが、大丈夫、アポフィライトでした。

このアポフィライトの緑はおそらくセラドナイトであろうと思われる内包物によるものなので、同じ産地の別の石(スティルバイトなど)も同じような色合いになることが多いです。

しかし、この石はアポフィライト。
普通のアポフィライトとは似ても似つかない形ですが、こちらのアフリカ産アポフィライトとそっくりなタブレット型です。


最初の石も、このタブレット型の縁の部分だけ……しかもやや骸晶っぽくがたついた形になったものが群れた形だったのだと考えると、納得がいきます。
整った形が多いアポフィライトも、ときどき形ががたつくのは

こちら↑(※ピラミッド状の先端部分がブロックを積み上げたようになっている)で経験済。

石は毎年どこかしらで新しいタイプが出てきますが、それが妙にシンクロすることがあるのが面白いところ。
ちょっと前にはインドのアジャンタでレインボー水晶が出ましたが、そのあとを追うようにウルグアイやブラジルでも実はレインボー水晶が見つかっていました。

アポフィライトも、

この石を見つけてこういう板状結晶ってあるんだ!……と思っていたら、今回のようなのも出てくるし、
グリーンアポフィライトも

↑けっこう濃くない? と思っていたら、それをさくっと上回るこれ↓が出てくるし。


さらには昨年末の池袋では、まだブログに登場していませんが、違うタイプのグリーンで板状のものが登場。
最近、地味~にアポフィライトが面白い。

メキシコ苺

前にもひとつ登場していますが、実はまだあったメキシコ産ストロベリー。
多分、再びお目にかかる機会は限りなくないだろうと踏んで頑張りました。(小さいけど)
実際、この時の残りを目にするくらいで、いまだに新しい石を見てないんですが……かのアホーアイトですら、再びの産出があったんだから、こっちもがんばれ!

ただし、掘りつくしてしまってもうないのか、それ以外の事情で掘れない(掘ればあるかもしれないけど掘ることができない)のかはわかりませんが。

ソノラ苺

カザフスタン産のストロベリーもいいけど、メキシコ産もいい!
写真にとると違いは明らかで、このようにアメジストベースであることを物語る、何ともファンタジックな色合いに写ります。

カザフスタン産(……国名が変更されたらカザフエリ産ということになるんだろうか?)はスモーキーベースのようで、ベースの水晶の色が強く出ると、色合いがくすむ傾向にあるんですが、メキシコ産のはさらにかわいくなります。

前にも書きましたが、アメジストの色合いの原因はイオンによるカラーセンターと天然の放射線。
ストロベリーの赤の原因も、赤く細いゲーサイト(針鉱)
これは実はゲーサイトでなく、レピドクロサイト(鱗鉱)だとしても、です。

ブラジルでもインドでも水晶の中にゲーサイトやレピドクロサイトが入っているものはたくさんあります。
 
なのにどうしてストロベリー・クォーツは少ない!

※こういうの↓はストロベリー・クォーツと思えません。お店がストロベリー・クォーツとして売っていても。
 

水晶に鉄は条件としては多いんだから、頑張ってストロベリーになってくれればいいのに!
めったに赤くかわいくならないこその美しさなんでしょうか。

いろいろがんばれ、ストロベリー!



贅沢ショール

kurobira.jpg

山梨県は甲府市・黒平産の水晶です。

検索すると、アルプス水晶もかくやという透明度の高いスモーキーも出ているみたいですが、これは、色はしっかりとスモーキーではあるものの、表面はマット。
しかも、ごらんのように表面にはたっぷり鉄電気石……ショール付。

しかも10センチ近いしっかりした大きさです。
これだけたっぷりショール付で大きめ黒平水晶は、あんまり見かけないように思います。

私がこれを手に入れたのは、なんと、ありがたき頂き物だから。
本当にありがとうございます!

kurobira2.jpg

向かって右側の根元付近、別の結晶の一部がくっついているあたりを拡大すると、水晶から突き出したショールが再び水晶に刺さってブリッジ状態になってます。
表面だけでなく、内包されてもいるようです。

これ、産地を伏せてパキスタンとかブラジルと言われたら、そのまま信じてしまいそうです。

何度も言うことですが、実はすごいぞ、国産!

マクロ!

マクロ魂炸裂!

suibokuga.jpg
suibokuga2.jpg
suibokuga3.jpg
suibokuga4.jpg
suibokuga5.jpg
suibokuga6.jpg
suibokuga7.jpg

フラワー・ローズ

フラワー・アメジストがあるなら。これもフラワーと呼べないか。

フラワー・ローズ

昨年末の池袋石。
こちらのローズと同じ店で買った石。
さて、私はこの店でいくつ買ったでしょうか(汗)。
他の(ちょいお高めの)店で同じような石を一つ買う値段で全部買えちゃったりするミネラルショー(掘り出し物)価格恐るべし。

ご覧のように母岩付き、母岩に対してへばりつくように淡いめ白濁ローズの結晶がくっついています。
ドゥルージー状の結晶を縁取るように、やや大きめの結晶が生えているようすは、まさにフラワー状。
結晶が寝そべって放射状に花になるアメジストとは様子が違いますが、立派に花。しかも二重丸のようになっています。

最初のローズクォーツのところで述べたのと同じ理由で詳しい産地は不明ですが、同じ産地だとしたら、サプカイアではないかと想像しています。

ところで、ローズクォーツはご存じのように、結晶になるものは少なく、なっても普通の水晶のように柱面が発達して直立するクラスターにはなりにくく、小さく固まった感じになりがちです。
珍しく大粒になったかと思うと先端がスモーキーだったり、実は白濁水晶の表面だけピンクだったり、なかなか芯までローズで大きくなるのは見かけません。

……ということは、ローズクォーツの発色原因が大きくなることを邪魔しているのか、ローズの発色原因があるところは、水晶が大きくなれない環境なのか、どちらかではないでしょうか。

先ほど、この石をフラワーといいましたが、もう一つ、似ているフラワーがあります。



フラワー・アゲートなどと呼ばれているこの石。
私が持っているのはきくらげみたいな感じですが、中には縁に水晶が花弁のように結晶しているものもあります。

ローズクォーツとは産地は異なりますが、これがアゲート……カルセドニーであることが気になります。
というのは、カルセドニーは水晶に比べて結晶する温度が低いといわれています。
熱水の温度が低いためにミクロの結晶になり、それが集まってつぶつぶ構造の潜晶質になるのだというのです。
……だとしたら、結晶形のローズは、他の水晶よりも温度の低いところで結晶したのではあるまいか。



ルー

dalne-quartz3_20140301235048078.jpg

ロシアはダルネゴルスク産です。

キャンドル状……というにはちょっと違う感じです。
キャンドルというなら、柱面(側面)に小さい結晶(柱面あり)が主結晶と同じような方向でたくさんくっついているものですが、これはたくさんくっついているものの、ひとつ一つが小さくて、アンパンにくっついているケシの実をびっしりまぶしたみたいになってます。

小さすぎて、方向が一緒なのかさえ……それどころか、これが水晶なのか別の鉱物がくっついているのかもいまいちわかりません。

ダルネゴルスク産でキャンドルとか側面がバーナクル(フジツボの意味。米粒くらいの結晶が表面を覆ったドゥルージーよりは大粒)は見かけますが、これもその新手の一派でしょうか。
芥子粒まぶしの結晶がいろんな方向を向いてくっついているあたりが、へんてこ水晶産地のダルネゴルスクらしい感じです。

それにしても……土または鉄で渋い黄色になっているこの水晶、見ているといためたカレー・ルーを想像しちゃうんですよね。

スパイシー。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム