INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤きミッシングリング

いいとか悪いとか、本物とか偽物とは別に、単に好みの問題で、普通に売られているいわゆる「至純」天珠では物足りない私。(至純以降の新しい作り方の天珠には、さらに食指が動きません)
古い天珠が欲しい……でも、高いし(重要)、見分ける目には自信がないし(切実)、めったにお目にかからない(現実)のでとても手に入らないから、せめて雰囲気だけでもそれっぽいものを……というのもあるし、石好き視点と同じく「変」(よく言えば個性)なのが好きなので、同一規格で作られた天珠に響かなくなっているというか。

……ということで、自分の好みにヒットする天珠を探すべく、アジアン系の雑貨店とか、たまに骨董市、最近はオークションもの覗いてみます。

繰り返しますが、石以上に天珠の目利きには自信がないので、オークションと言ったって、さほど危険は冒しません(冒せません)。
アンティークとか古いとか書かれていても、「だったらいいな。そうでなくてもこれならOK」と思えるものしか手を出さないことにしています。

そんなこんなでオークションで手に入れた天珠がこれ。

red3.jpg

……赤。

見てわかるように、素直に天珠ではありません。
技法というか、作り方としてはエッチドカーネリアン。
カーネリアン……あるいは元は赤くないカルセドニーに白い染料で模様を描き、焼きつけた……(加熱によってかるせどにーが赤くなったかもしれない)天珠と近い関係にある……あるいは天珠のルーツの一つではないかと言われているものです。

普通は、シンプルにストライプ模様とか、ジグザグ模様ですが、これは模様は天珠。
天珠では「金剛眼」と言われているダイヤ型(ひし形)の「眼」を4つ持つ、四眼天珠です。

わたしは、天珠のルーツは一つではないと考えていて、たとえば邪視信仰とかアゲートをお守りに……紡錘形のビーズにしていたものやエッチドカーネリアンの石に模様を描く技法などが、おそらく西の方からシルクロードの前身とも言うべき文化の通り道によって伝わり、地形のためにその道が集約されたパミール高原のあたり……あるいはインダス上流の方で生まれたのではないかと想像しています。

エッチドカーネリアンはインダス川流域で作られていたようなので、この技法はエッチドカーネリアン、模様は天珠というビーズは、天珠の歴史を物語る、ミッシングリングのようにも思えます。
……このビーズが、実際にそこまで古いかどうかは、全く分かりませんが。



スポンサーサイト

八角石ポーチ

ふと思い立って石用ポーチ製作。
ぽーち

以前つくった時に材料が残っていたので、思い立って……といきなり量産。
すでに作ってあった2つも足すと合計8つになりました。

型紙(前作ったのが無くなったので)を作り、布を切り、印をつけ、縫製に地震がないのでちまちましつけ縫いして、ヨレヨレとミシン掛けをし……しつけ縫いしたのになぜずれる!(型紙がくるっていたかも)

いやあ、一度に複数作ると、一つ一つがいい加減になります。
ただでさえ素人縫製なのにそれに拍車が。


広げると八角形になるこのポーチ、中にはポケットがたくさん。
hm-1.jpg hm-2.jpg

内部はキルティング。
hm-5.jpg

縫い目はきれいではないし、時々布が引きつったりしてるけど、力がかかる(と思われる)ところはしつこく二重縫いしたりして、丈夫に作ってます。
hm-6.jpg

なんたって、石を入れるのだから丈夫にしなければ。

ちまちま縫ってる時は「うきーっ」という気分になりましたが、たくさん作ってなんだか満足。



赤を宿す

shimoterashima3.jpg

栃木県の下寺島の赤水晶……として買ったけれど、紫水晶でもあります。

下寺島の赤水晶と言えばこういうの。
 


形は同じだけど、「赤水晶」がオレンジがかった赤なのに、こっちの赤はまさしく赤。
かなり内部に内包されていて、かぶさっている部分が淡い紫水晶なので、この産地の赤水晶としては変わった色合いに見えています。

ここでハタと気になった私。
この形の紫水晶といえば、万珠鉱山があるじゃないか。

 


それに、万珠鉱山も塩谷町……というか検索してみたら下寺島……とか。

この赤水晶と万珠鉱山は同じところ?
それとも赤水晶が万珠鉱山の名前を出していないのだから近くだけど別の場所?

画像に産地を入れておきながら、今まで気にしてなかった私って。
もうすぐ池袋。
会場で知ってる人に会ったら聞いてみよう。

四川だったっけ。(再録)

実はまだ続いています、地図作り。

今回は、かなり初期に登場しているこの石

mianyang.jpg

ご覧の通り、フロスト状のテクスチャを持つ細いレーザークォーツが群れたクラスターで、ミネラルショーで「ロシア石を買うぞ!」……と思っていたのに、この形状に惹かれて買ってしまった石でした。

当時は、形と、やや青みがかったグレーの色合いが印象的で、産地まで意識してなかったのですが、地図を作りはじめて過去の石を見ていたら……あれ、この石、四川省だったっけ。

四川省の石はいろいろあれこれ持っているけど、これも四川省だったとは意外……というか今ごろ気が付く私って。

さて、地図で見てみると。

sichuan_201411262148322a6.jpg

産地の「Mianyang」は綿陽市。
地図では右上の方、やや大きくオレンジに塗りつぶしてあるところです。

四川省といえばエピドート付の賑やかな水晶……

これは地図真ん中下あたりのMeigu(美姑)とか Xīchāng(西昌市)あたりで取れるようです。

四川省クラスターで知られている透明な細い結晶が群れてる水晶は、その斜め上あたりのLeshan(楽山)あたりが産地のようす。


そのほか、時々ハーキマーと一緒にされてる小粒DT(両錐)の水晶も出ているようで、それはMianyangでも見かけたので、LeshanからMianyangにかけて、透明水晶の脈が伸びているのでしょうか。

群れる贅沢

最近は、おとなしくなっちゃったかな……と思うアフガニスタン・パキスタンもの。

いや、今でもミネラルショーやイベントでは見かけるし、時には大物(注:私にとっては)に引っかかって財布と相談する羽目になる産地ではあるのですが、一時期のように「ブーム」状態ではなくて、大分落ち着いた感じというか、値段が勉強されすぎたというか……。

aqua-cluster.jpg

今回の石は、懐かしのアフガニスタン・パキスタン(個人的)ブームの最初の頃に買ったもの。

小ぶりとはいえ、色が淡いとはいえ、アクアマリンの「クラスター」。
それまでは単結晶で結構なお値段のものしか知らなかったので、
「えーと、アクアマリンのクラスター、……買えちゃうの?」
と思わずおどおどしてしまい、遠慮がちに小さいものを選んだ記憶があります。
(その後、アクアマリンでも「変なかたち―!」とやらかすのですが)

その後、いろんな石がやってきてつい、登場の機会を逃していたのでここで。

暑い季節に見るのもいいけど、だいぶん空気がひんやりしてきたこの季節がアクアマリンがきれいに見えるような気がする。

地図作り。

先日のフローライトで地図を作っていたら、どんどん作りたくなってしまい、連続で作っていました。

●福建省

スペサルティン付スモーキーの産地は福建省の通貝。地図では福建省のかなり南部。
fujian.jpg

……ところが、私が持っているスペサルティン付のひとつのラベルはSanmingになっていた。



これまで、たぶん近くの地名とか、ちょっとした表記のあやだと思っていたけれど、地図に落としてみると……Sanmingは「三明市」
ずいぶん違う。

慌てて検索してみると、mindatでは、スペサルティン付スモーキーの産地は全部Tongbei(通貝)。
GoogleでもTongbeiではヒットは山ほどあるけどSanmingではがたっと減る。

この手の石は福建省南部の広範囲で出ているのか、それとも何かの勘違い、あるいは流通の都合(たとえばおろしている店の所在地が三明市とか)でこうなってしまったのか。

地図にしてわかった産地の「変」。
こういうこともあります。




技あり!

昨日買ったフローライトを、急いで撮ってみました。
いろいろ並んでいた中で、これはどうしようか、こっちがいいかとトレイに入れたり出したり悩むんですが、これは最初からトレイの中から動きませんでした。

xiefang-fluorite.jpg

大きさはかわいく2センチくらい。
でも、この形!

八面体の紫のフローライトの上に、面取りキューブ状の薄緑の結晶が乗っかり、それだけでも面白いのに、一部分には貼り付けたようにパイライト付。
薄緑色の結晶越しにベースの八面体の先端が見えてます。

水晶で、先端のセプター部分越しに下の結晶の先端が見えているのを見つけたことがありますが。これはそのフローライトバージョン……いや、色の変化、形の変化(八面体の上にキューブ状)、パイライト付……という小技の分だけ、こっちの方が面白いかも。

お店の人が言うには、仕入れ先で前から見つけていたけど高くて買えなかったのが、仕入れ先が不注意で母岩から欠けさせてしまったので買ってきた……とか。
うーん、かけら状であるのが惜しいなあ……と思っていたんですが、そうじゃなければもっと高かったのね。(これでも大きさの割に高め)
欠けてラッキーとは言いたくないけど、気分は微妙。

やっぱり、少ない形だったんだ……と思うことにします。
八面体結晶のクラスターがあって、そのひとつひとつにキューブ状結晶がくっついていたら、面白いのになあ。

xiefang-fluorite2.jpg

さて、このフローライトの産地は江西省。
詳しい産地を聞くと、「こっちのフローライトとは産地が違うはずで……どこだっけ」
わざわざ中国まで問い合わせてくださって、分かった産地が
「Xiefang Mine, Ruijin City, Jiangxi Purovience, China」
検索すると、MIndatに
「Xiefang Mine, Ruijin Co., Ganzhou Prefecture, Jiangxi Province, China」という産地が出てきて漢字で表記すると
中国江西省 赣州市  瑞金市 谢坊鉱山 というかんじのようです。
「谢坊萤石矿」とも出てきたので、フローライトがとれることで有名な鉱山なのかも。
フローライトは緑、紫、表面が細かい結晶面でざらざらした感じの骸晶っぽいのがおおいようで、パイライト付も出てきました。
そのほかには黄色いバライトもでているようす。

場所はここ。
jiangxi.jpg

池袋前にオチた

いよいよ池袋ショーの日付が見えてきました。
なのに某研究所の即売会に出かけた私。

ここではほとんど無傷だったのですが、その後出かけて店でオチました。
だから!
池袋前なんだけど!

何が来るかわからない池袋と、今目の前にある素敵な石、どっちを取るか……悩ましい。

買ったのはフローライト(小さいの)とカルサイト(メタリック)と……おや、私にしては珍しく水晶を買ってない。
いずれも中国産です。

このお店で中国各地の鉱物を紹介した分厚い本を見せていただいたのですが(←この本が欲しい!)、そこで

970-yao3.jpg

この石とよく似た特徴の石を発見。
買った店ではヤオガンシャンと聞いたけれど、どうもシャンバオ鉱山っぽい。

お店の人の話でもヤオガンシャンではこういう水晶に見えないような水晶は出ないということなので、やっぱり産地が違ってたのか。

……ということで、修正。
970-yao3-2.jpg

ついでに別角度から。
ますます水晶に見えない。

970-yao3-3.jpg

地図でいうとここ。

hunan.jpg

同じ湖南省ではあるけれど、ちょっと離れているみたい。



セラフィナイト付と言いたいが

puiva-smoky.jpg

ウラルのプイバ産の水晶です。

本来は手前に見えているような透明度の高いスモーキーですが、奥の大きめ結晶は表面に雲母のような緑泥のようなものがびっしりくっついています。
渋い色合いだけれどキラキラ見えるこれは、聞くところによるとクリノクロア(斜緑泥石)……ということは、セラフィナイト付水晶と言えるかな……いや、セラフィナイトはたしか宝石名だったはずで、断面が羽毛のように見えるクリノクロアのことだから、これはセラフィナイトとは言えない……言いたいけど。

プイバの水晶はきれいなスモーキーが多くて、これまでにもいくつか持っているんですが、今回はこの表面が覆われた感じが良くてチョイス。
 


ことしのIMAGE展で買ったものですが、この石、お店のご主人が自分で掘りに行っているそうで、写真を見せてもらいました。
そこに写っていたのは……うずくまった人ほどもある巨大な水晶!
こんな大きな水晶、見つけても取り出せない、運べないんじゃないだろうか。
その根元あたりは、今回の水晶を覆っているクリノクロアと同じと思しきキラキラ。
同じ場所で採れたのか? と身振り手振りで尋ねると、「そうだ」とのこと。

プイバって、そんな大きい水晶が出る産地だったのか。

さて、プイバ。
これまではウラルの北の方の産地としか知らなかったけれど、これはもうちょっと詳しい場所を調べて見なければ。

ということでmindatに入り込み、プイバで検索。
ここのようです。
……といってもよくわからないので、おなじみ(?)、自作のウラルマップにマークしてみました。

ural-map-4.jpg

ありゃ?

ウラル山脈の最高峰ナロードナヤ山の西です。
これは、mindatで見た地図と自分で作った地図を、海岸線や国境などで重ねあわせたもので、今回はかなり変形させて重ねたので、厳密な場所ではないかもしれませんが、山脈本体から意外に離れた場所でした。

砂漠色

morocco-stromatolite.jpg

モロッコ産のストロマトライトです。

ぐにゃぐにゃした不思議な模様ですが、これは本来の姿ではありません。
本来は、これをぱたっと上下逆に伏せた状態です。
morocco-stromatolite3.jpg

ストロマトライトは化石です。
シアのバクテリアという生物が、昼間は光合成で生活し、夜には活動を休止する。
その時に砂粒などが降り積もり、シアのバクテリアが出す粘液などで固定される。
再び昼間になると、シアのバクテリアは積もった砂粒層の上でまた光合成を始める……。
それを繰り返し、夜の間に積もった砂粒層が年輪のように重なりもこもこと大きくなったもの。

最初の写真の不思議な模様は、ストロマトライトの断面で、層の柔らかい部分が削れ、硬い部分が残ってできたものです。
シアノバクテリアの光合成が地球に酸素をもたらしたといわれています。

このストロマトライトの産地は、モロッコ。
細かい産地を地図で見つけることができませんでしたが、Erfoudを探すと、モロッコとアルジェリアの国境近くでした。
ラベルによるとこのErfoudの東ということですから、さらに国境に近いあたりなのでしょう。

morocco6.jpg

画像検索をしてみると、かなり砂漠……岩石砂漠っぽいかんじのところのようです。

そういえば、この色は同じモロッコのデザートローズと同じ色。
desert-rose-1.jpg
こちらの産地は詳しくわかりませんが、もしかして産地が近いのでしょうか。

こちらのブログ様こちらのサイト様を拝見すると、まさにこの色をした石ゴロゴロの荒野。ブログの方の写真の左下をよく見ると、転がった石の一部が割れて層状構造が覗いています。
……もしかしてこのごろごろ全部がストロマトライト?

なんでも、あまりにたくさん採れるので安く、かえってほかの国では売られてないとか……。
去年の新宿ショーで買ったときは、「珍しい」「なかなか売られてなくて、見かけたものを全部仕入れてきた」と言ってたけど、採れなくて珍しいのではなくて「売られてなくて珍しい」だったのか。

年代については「白亜紀」も見かけるし先カンブリア時代の説明も見かけるけれど、どっちだろう?

あるようなないような

takemori-4.jpg

国産!
竹森の水晶です。

小さいものですが、角閃石またはドラバイトの針状結晶に絡むように、つぶ状の緑泥(たぶん)が内包されています。
これも、竹森らしい……と言える雰囲気。

こういう内包物だったら、ブラジルとか外国産にもあるよね。……と思いつつも、よくよく考えると間違えるほどに似ているものはないような……でもどこかで見たような。
どこからどこまでを「似ている」と思うかどうかは個人差がありますが、ここは「やっぱり竹森らしい」ということにしておきたいです。

竹森は、表情豊かな内包物入り水晶が出ますが、水晶がとれる場所が個人の所有地であるため、しかたがないといえばそうですが、好みの水晶の産地なので出会う機会があまりないのが悲しいところ。

ここは、小さい結晶にマクロで迫って楽しむとします。




昔を懐かしむ

tiffany-stone.jpg

ティファニーストーンのペンダントヘッド。
4センチくらいあるので、大きめ。

まだこの石がビーズになっているのを見かけないころ……2004年とか5年あたりに買ったもの。
当時はこういうのがいろんな石と一緒に2000円とかで売られてたっけ。

ティファニー・ストーンというのは、かのブランドのティファニーと直接かかわりはなくて、ティファニー一族ながら画家になったルイス・カムフォート・ティファニーの名前にちなむと言われています。

カルセドニー、フローライト、オパール、ロードナイトなどが混ざった石で、「オパライズド・フローライト」という名前もあるとかないとか。
当初「オパール化したフローライト」なんて説明が普通にされていて、今になって「フローライトがオパール化?」と頭をひねる始末。
オパール化というより、いろいろ混ざってます……なんだと思うんですが、どうやったら、フローライトとオパールがごちゃごちゃ混ざることができるのか、頭の中で整理できてないので、この石については意識の中で「理解半ば」のチェックマークをでかでかと付けてあります。

石そのものをじっくり眺めていると、混ざるといってもマーブル上ではなくて、ひび割れ風。

たとえば、

サンダーエッグが流紋岩の亀裂にアゲートが結晶したように、これもたとえばカルセドニーが結晶していて、何らかの原因でひび割れ、そこにフローライトが入り込んだとか(あるいは逆)とか、そんな感じで出来上がったんじゃないか。

でもフローライトとオパールとロードナイト……ふつう、一緒になりそうにないような石がごちゃ混ぜになることがあるのかどうかが疑問。いや、普通ならないのがいっしょくたになっているから珍しいのか。

穴埋め日記しました

今朝帰ってきたので、これまでの穴埋め日記しました。

水滴

大きくなってなかった

つぼ
お盆に見つけた蜂の巣。
徳利みたいだからトックリバチ? とか思っていたら、スズメバチの一種の巣の初期の形とか。
帰省ついでに見てみたら、大きくなってなくてホッとしたような残念なような。

実家中

実は所用で数日前から臨時帰省中。

実家の庭で、面白い鳴き方をする鳥を発見。

パチッと撮ったら変な角度で顔が見えない。
鳥逃げる2

もう一枚、と思ったら逃げられた。
鳥逃げる

しっぽをピコピコ上下させてるのがかわいかった。

ご当地バーガー

地元のご当地バーガーを食べた。

勝つお(鰹)バーガーだって。

勝つおバーガー2

勝つおバーガー3

鰹のカツを挟んだもので、タルタルソースのおかげか、意外にマイルドな味わい。
バンズがかなり柔らかい。

「勝つお」でカツ。
受験のみなさんゲン担ぎにいかが。

コーヒーは赤い

コーヒーは赤い……と思う。


ほら。

コーヒー

やや茶色がかった赤……ガーネットでこういう色があるよね。

この花は

実家に、私の背丈ほどもある巨大な鉢植えがででん。

こんな花が咲いていた。

パッションフルーツの花

トケイソウ?
……と思ったらパッションフルーツだって!

パッション

こんな実もなっていたけど、これから熟すのは難しそう。
青々と葉を茂らせるので、来年はゴーヤの代わりにグリーンカーテンに利用したいらしい。

ゴーヤは早々と枯れてしまうし、どんどん実がなると処理に困るので、いいかもしれない。


今年も金平糖

実家に臨時帰省していたので穴埋め日記。

金平糖

ヒメツルソバという草らしい。
今年も実家の庭で繁茂してました。

ところ変われば

third-eye-agate.jpg

ちょっとピンぼけ……意外に撮りにくいのよ、この石。
しっかり写真が撮れるまで待たずに登場したのは、ネットで面白いものを見つけてツボにはいってしまったから。

さて、このおにぎりか、色がちょっと……な富士山かと思えないこともないこれは、瑪瑙。
「サードアイ・アゲート」の名前で売られているのを見かけます。

「eye」であるのは、上から見ると一目瞭然。

third-eye-agate2.jpg

目玉♪

横から見ると目に見えないくらい富士山型にしなくてもいいような気もするんですが……上から見ると眼。
インド産なので、シヴァ神の第3の目とされているようです。
実際海外サイトでは「Shiva Eye Agate」の名前でよく見かけます。

ところがこのたびネットでいろいろ見ていたら、これと同じもの(これに金属枠を付けてペンダントヘッドにしたもの)が「悪魔ベリアルの眼」という名前で売られていました。
いや、名前なんてどうとでも好き勝手につかられるものですが、片や神様、片や悪魔とは!

ある宗教で神とされたものが、他の宗教下では悪魔にされてしまうことがあるようですが、この場合はお店の都合……?

えー、こともあろうに悪魔の目? 
……と驚いてツボにはまってしまい、しばし大笑いしてしまいました。

実は多重

battari19_2014110921232791c.jpg

バッタリ水晶!

実はこのタイプはたくさん採れたんだろうか。
切り刻んだように短い感じの角閃石がファントムの表面に降り積もっているこの様子、これまでにもいくつか登場しています。

今回の石は、その上に白いファントムらしきものがもう一つかぶっていて、実は多重ファントム。

battari19-2_201411092123290ba.jpg

決して派手とか美しいというわけではないけれど、小さくても表情豊かな内包の様子が魅力です。

二匹目のどじょう未だならず

インドからレインボー水晶が登場して、もう何年か経ちました。
出てきたときはうおお!と思いましたが、意外に産出が多かったのか、いまだにミネラルショーでは結構コンスタントに見かけるので、けっこうおなじみになってきてしまった感があります。

でも、こっちはKURO的に未だレアの域。

iris-ame.jpg

ブラジル産のレインボー水晶です。
もちろん、クラックに虹が出るレインボー水晶ではありません。

写真嫌いなのか、ちっとも写ってくれませんが、例の虹が出ます。
天然コーティングの虹にも見えていますが、よくよく見るとそうではありません。

こっちの写真だともうちょっとわかるかな?

iris-ame2.jpg

錐面と柱面の境あたりで、虹が内部にも見えています。
これは、天然コーティングの虹ではないでしょう……たぶんインドのレインボー水晶と同じ虹です。

インドのレインボー水晶が出てから、ウルグアイとかブラジル産にもあるんだってよ、という話は聞いていましたが、それがこれ?

実はこの水晶、見つけたのは2011年。
普通のアメジストクラスターがたくさんコロコロ並んでいる中で偶然見つけました。

いや、偶然というのは正しくないかもしれません。
ちょうど、インドのレインボー水晶と同じのがブラジル産にもあるんだってと聞いたころで、じゃあ、探してみないと!……と言いつつも、そんなに簡単に見つかるわけないじゃんと思っていたのでした。
その時も、見つかるわけないけど、いちおう~と、並んでいたクラスターをひとつひとつ眺めていたら。

あれ? これ、ちょっと変わってない?
……虹?

内部のクラック虹……じゃない。
天然コーティング虹……は、こういうのには少ないし、やっぱり何か変。

いやいやいや、照明の具合で、こう見えてるだけだって。
でも……レインボー水晶に見えるんだけど!

一人で否定と肯定のボケとツッコミをやりながらこの石を握りしめて店内をうろうろ、棚に戻してうろうろ、また手に取ってうろうろ。

やっぱり買おう!……と決めて……というか悩むまでもない値段だったんですが、決めたら今度は他にもあるなら全部買うぞ! という気分になり、さらに探索開始。
だって、こういうクラスターは大きなクラスターを割って小さくしているので、その時並んでいるものは同じクラスタ―の他の部分か、同じ産地のものが多いはず。
でも、残念ながら、虹が見えるのはこのひとつしかありませんでした。

ということで、私は「ブラジル産」と書かれたアメジスト色のレインボー水晶を340円で手に入れたのでした。

探していたのだから偶然ではないかもしれないけれど、あるとは思ってなかった複数のクラスターの中のただ一つを見つけたのはやっぱり偶然のたまものです。

この石を見つけて以降、思い出すと、同じ店や同じ産地のものと思われるアメジストのクラスターをチェックしていますが、二つ目にはまだ出会えていません。
残念だけど、見つからないことで、この石に出会えたラッキーがよりうれしくなる矛盾……。

そういえば、レインボーの仕組みをどこかが分析してるとかしてないとかいう話がありましたが、あれ、結果はどうなったんでしょうか。

ヘリオス

heliodor_201411072334297ff.jpg

ベリルです。
ブラジル産だそうです。

ベリルと言えば有名なのはエメラルドやアクアマリン。
emerald.jpg aquamarine4.jpg

でも意外に色彩豊かで、ピンク~オレンジのモルガナイト、
morganite_2014110800043985d.jpg

緑でもエメラルドとは発色原因が違うグリーンベリル、無色透明のゴシェナイト、
gothenite.jpg

赤……というか赤ピンクのレッドベリル(ビクスバイト)などいろいろあります。
red-beril.jpg

そして今回のような黄色いベリルも。

ところが、この黄色いベリルも分けると細かい名前が付いています。
私が知っているだけでも「イエロー・ベリル」「ヘリオドール」「ゴールデンベリル」と3つの名前があります。
困ったことに「ここからここまでの色はゴールデンベリル」という基準はしっかり決まってないようで、黄色かったらヘリオドールという呼び方をしていたり、それぞれの名前がどこまでメジャーなのかわかりません。

他の名前でも、無色のベリルにはゴシェナイトという名前があるのにホワイトベリルと呼ばれていたり、酷い時にはモルガナイトがピンクアクアマリンだったこともあります。
ビクスバイトがレッドベリルなのは、ビクスバイト(Bixbite)と見かけは全然違うのに、綴りが一文字違いのそっくり名前の石……ビクスビアイト(bixbyite:yが一つ多い)があるためじゃないかと思ってますが。

さらにはグリーンベリルで色が淡いのを「ミントベリル」という名前で呼んでいたりもするので、イエローベリルやゴールデンベリルが「ホワイトベリル」と同じレベルの名前なのかどうか心配になってきます。

さて、今回の黄色ベリル。
ラベルではヘリオドールとなっていましたが……。

聞いたところによると、ヘリオドールの黄色は、若干緑がかった「レモンイエロー」……という説があります。
つまり、こういうの?
heriodor.jpg

一方でゴールデンというなら「山吹色系イエロー」……黄金色でしょう。
golden-beryl.jpg

それに比べると、もちろん山吹色ではないし、レモンイエローというほどでもない、ごくスタンダートなイエロー。
……ということは、これこそイエローベリルということなんだろうか?


そうえば謎石

nazo

そう言えば、これも謎石。
数年前の新宿ショーかIMAGE展で買ったもの。

見るとふつうに白濁水晶か……と思いますが、実物を持てば水晶ではありえないことがわかります。

……軽い。

ということは、もしかしてカルサイトということもないでしょう。
カルサイトなら水晶以上に重いはず。

手触りもあんまり堅そうな石でもないし。

その場であちこちの石屋さんに見せて聞いてみるもわからず……。
「あそこの店の人が詳しいから聞いてあげる」と、小さいけれどレアな石を持ってくる石屋さん(海外業者)に聞いていただいたところ、
「(水を付けてみて)溶けるねえ……アルムじゃないかな?」
※ここらへんのやりとりは、英語で、聞いてあげるといってくださったお店の人を介しています。
アルム?
「アルム……ミョウバンだよ」
ミョウバン!
「そう。アルムを人工的に結晶させたものじゃないかな」
え?
この石はいろんな石に交じって一つだけ売られていて、何だろうと手にとったらものすごく軽かったので買ってしまったのですが。
人工ものだったら同じのがたくさん並んでいそうだし……。

それに、ミョウバンと言うと結晶を作る実験でよく使われるもので、フローライトの八面体みたいな形になるんじゃなかったか。

ミョウバンと聞いたけど、何か勘違いしてるんだろうか、私。

というわけでこの石の正体は今も謎。

水晶ガード

stibnite-romania.jpg

スティーブナイト入り水晶、ルーマニア産です。
いただきものです。
ありがとうございます!

小さな水晶ですが、透明な中に浮かぶスティーブナイトが浮かぶように内包されています。

ビーズではスティーブナイト入り……と書かれていながら石墨入りのものをときどき見かけますが、これはちゃんと金属光沢が見える、スティーブナイト。
金属鉱物入り♪

スティーブナイト(輝安鉱)はそのままでは表面が酸化して、せっかくの金属光沢が薄れてしまうのですが、これは水晶によってがっちりガードされているので、その心配がありません。

検索してみたら、クラスターもあるようですが、さすがのお値段……。ルーマニア以外ではネバダ州でも出ているようです。
クラスタータイプを見ると、水晶の結晶の長短にかかわらず、だいたい同じ位置に内包されているようなので、いったいどういう状況で内包されたのかをしみじみ考えたくなります。

水晶は熱水の中で結晶しますが、熱水と言っても熱いだけのさらさらのお湯とは限りません。
以前、長さに関係なく一定のラインまで緑泥が内包されている水晶について、地中の熱水の中が緑泥混じりのどろどろのかきたま汁とさらさらの湯の2層になっていて、そこに水晶が結晶したのではないかと考えたことがあります。

もしかしてスティーブナイト入り水晶も同じことがいえるのではないか。

以下は想像ですが……。

souzou.jpg

地下の熱水がその含まれる成分の沈澱(?)などによって濃い、薄いの2層に何となくわかれていて……

souzou2.jpg

ちょうどその中間あたりに針状のスティーブナイトが浮かぶように結晶したとしたら。
(そんなことが可能かどうかわかりませんが)

souzou3.jpg

スティーブナイトの層を貫くように……スティーブナイトを取り込みながら水晶が結晶し、

souzou4.jpg

その後、水晶に取り込まれなかったスティーブナイトが無くなってしまう……

こういう出来事があったとすると、水晶の長短に関係なくだいたい同じ位置にスティーブナイトが内包されている理由が説明できるような気がするのですが、どうでしょう?

だまし絵ファントム

g-phantom.jpg

ブラジル産!

グレーのファントムです。
ファントムと言いながら、面の形がくっきりわかるシャープさ。

こういうのをソリッドファントムと言ったりするようですが、この場合はどうだろう?
というのも、この写真で見ると、ファントムが手前に向かって出っ張っているように見えますが……。

違うんです。

g-phantom2.jpg

同じ石を横から写してみました。
これで分かるでしょうか。
この石は、手前に大きな面があって、そこから内部のファントムを見ています。

横からの写真でもわかるように、このファントムは今現在の石の形をそのまま縮めたような形をしています。
……ということは、最初の写真でファントムが手前に出っ張っていることはありえない。
つまり、ファントムの「面」」の内側から見ているということ。
ファントムで一番手前に見える小さい三角の面は、実は一番奥にあります。

あまりに形がシャープに出ているので、まるでだまし絵のように写ってしまいました。

もっと別の名前を希望!

最近……いや、ちょっと前から「アメトリンレッドキャップス」という石が出回っています。
ロシアンレムリアンのデイビッド・ガイガー氏のプロデュース石で、カナダ・サンダーベイ産の「オーラライト23」の姉妹石だとか説明されている、ブラジルのアメジストです。

見かけるものの多くはこういう感じ……かなり黒っぽいアメジストで先端が赤。
amethyst-p122_20141103230957518.jpg
※これはかなり赤が内部まで染みているタイプ

なるほどレッドキャップではあるけれどアメトリン? と首をかしげる感じです。

ところが、この石のスライスを手に入れる機会がありまして……
ametrine-redcaps-2.jpg

なんじゃこりゃあ!

私の場合は第一に原石、なるべく手を加えていないもの……なんですが、こればかりはスライスに食いつきました。

なるほど、アメトリンだ。
ametrine-redcaps-4.jpg

黄色と紫が混じってる。

それより、根元の黒はなんだ?
この内包の具合は?
ametrine-redcaps-3.jpg

アメジストやシトリン、レッドキャップときたら、関係しているのは鉄なので、これも鉄がらみ?
……ということはゲーサイト?
でもゲーサイトっぽい針状結晶には見えません。
水墨画のような、色もマンガンを思わせる色味のない黒。

こんな色や内包具合の水晶、見たことがないと思います。
いったいこれはなんだ?

さて、この石ガイガー氏の説明ではブラジル産としかわからないのですが、ブラジルでレッドアメジストというとパラ州のカラジャス鉱山から
amethyst-p131.jpg
こういうレッドアメジストがでているようす。
ただし、アメトリンレッドキャップスと比べると赤が明るい色合いで、かなり内部まで赤く、逆に根元の方の色合いは淡いめ。
それに大きさはちいさめ。

これではレッドアメジストといっても同じ産地かどうか分かりません。
しかし、この小さめレッドアメジストを売っていた店ではこのタイプの他に先端赤根元黒めの石も扱われていて、同じ産地だけど、色合いにばらつきがあるとうかがいました。
つまり、同じ鉱脈でもあっちとこっちでは赤の具合や内部の色合いに幅があるということ?

その先端赤根元黒めの石と同じと思われるのがこれ。
amethyst-p133.jpg
強い光で照らしてみると、根元は黒、中間部分はアメトリン……アメトリンレッドキャップスとして買ったものではありませんが、同じものだと思われます。(話を聞いたお店のも透かして確認したところ同じかんじでした)
……ということは、アメトリンレッドキャップスもカラジャス産?

それにしても、こうなると「アメトリンレッドキャップス」というネーミングに不満です。
なるほど、アメトリン(内部で紫と黄色が混じってる)でレッドキャップス(先端が赤い)ではありますが、これでは根元の正体不明の黒が置いてけぼり。
先端赤や中間部の色混じりに負けず劣らずのインパクトがある特徴なのに。

じゃあどう呼べばいいのかと言われると困るし、これ以上カタカナが行列する名前もごめんですが、この黒が無視されるのも嫌だ。
何か新しいネーミング希望。




国産白黒

国産!
いただきものです。いつもありがとうございます!

蛭川黒

国産でこの色と言ったらおなじみの、岐阜県の黒。
……いちおう、強い光では透けてしまうのと、まわりの小さ目結晶が見た目にもスモーキーなので、「煙水晶」といれましたが、気持ちは黒水晶扱いです。

手のひらにすっぽり収まるかわいいクラスターですが、長石と水晶のバランスが秀逸です。
こういう、ブロックを組み立てたような長石のようす、好きだなあ……!

雲母もついていて、長石・石英・雲母という、ザ・ペグマタイトな取り合わせ。
掌に収まる大きさなのに、石の産状を雄弁に物語ります。

ペグマタイトとは、訳せば「巨晶花崗岩」。わかりやすく言えば「つぶつぶが大きい花崗岩」。
詳しくはこちらをみていただくとして、ここではざっくり言うと、花崗岩は、地中深くから上がってきたマグマが地上にあふれることなく地下で固まってできた岩。
地中でゆっくり冷え固まっていくので、どろどろに溶けていた石の成分がくっつきあって成長して、大きな粒になることができたものです。
どろどろマグマの中には意外に水も含まれていて、徐々に冷えて岩になっていくところから押し出され、まだ固まっていないところにボコッと泡のように固まったり、まわりの岩の隙間に入り込みます。
押し出された、いわば余り物の水ですが、そこにはまだまだ石の成分が含まれていて、熱水の中でのびのび成長します。
水晶の成分だけではないので、他の鉱物も一緒に成長するし、水晶にもアルミニウムイオンなどが含まれることが多いのです。
さらに、まわりの花崗岩には放射性物質が含まれていることもあって、その天然の放射線を浴びてスモーキーやモリオンになる確率高し。

これは、そういう石なんです。

そしてこちらの石。
morion-p34.jpg
モリオンと、白いブロックのような長石の様子がよく似ています。

これは中国産。
よく中国産というだけで「加工されてる」と言われたりするんですが、ビーズにされた石ではわからないけれど、原石で比べればよく似ています。
つまり、産状……石ができた環境もよく似ているということ。
蛭川の石は、掘ったご本人からいただいたものなので、どこかで人工的に放射線を当てて黒くしたなどという懸念とは無縁です。そういう石で黒があるなら、見た目そっくりの中国産が天然黒であってもおかしくないと思います。




行列つぶつぶ

tubutubu4.jpg

インドのつぶつぶカルセドニー再び!

以前登場したこちらは、同じようにデリケートな粒つぶカルセドニーだけれど、やや大きさにばらつきがあるつぶがランダムに積み重なった感じ。

対して今回の石は、大きさのそろった粒つぶが縦一列に積み重なった感じ。
積み重なり具合もちょっと異なり、丸いというよりは重なる部分が多くてひしゃげて見える。

前にも言ったけど、いったいどうやってこんな形ができたのか。
まさか母岩から一粒一粒湧き出てきて、そのためにこんなに一列に連なったようになっている……とか、熱水の真ん中あたりで漂う砂粒みたいなものを核にカルセドニーが結晶し、ある程度の大きさになると重さで下に沈んできてつぶつぶがくっついたとか、そんなことは……ないだろうなあ。

tubutubu5.jpg

今回の石は、上から見ると、お椀のように窪んでいる。
これも、どうやってこんな形になったのか、よくわからない。

これはもう、よく見る縞模様アゲート(アゲートはカルセドニーの一種……模様のきれいなカルセドニーという位置づけ)とは、でき方が異なるとしか思えない。
微細な石英が沈殿してできたというより、熱水の中でまずどろどろゼリーとか寒天状になり、それがもこもこ固まって、それから微細な石英結晶の集まりになっていった……とか。

おなじみ石も、一つ一つ見ていくと、とても不思議で美しい。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。