INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ふたたび

数日前に再び引越ししました。(同じ市内の移動ですが)ただ今、荷解きした段ボールと格闘中です。
それにしても、一年に2回も引越しすることになろうとは!
でも、もう引越しすることはないでしょう。(切実に希望)

3月に引っ越ししてから、再び引越しすることはわかっていたので(…でも、来年なかば以降と思ってた)、何でいつまでも箱があふれているんだとぶつくさ文句を言われながら、半分荷解きせずにいたので、今回の箱詰めは半分で済んだはず……なのにやっぱり大変でした。

最初の引っ越しはアート引越センター、2回目はアリさんマークの引っ越し社。
どちらも引越し見積もりサイトを通じてお願いしましたが、どちらも真っ先に連絡してきたのは引越しのサカイ。
今回、夜中に見積もりサイトに登録したら、決定ボタンを押してものの10分ほどでCメールで「見積もり依頼ありがとうございます。よろしければこれから少し打ち合わせをお願いできませんか」。
……いやその、いくらなんでも夜中の12時過ぎは。

見積金額もサカイが一番安い。(1回目も2回目も)
でも1回目はややせっぱつまった状態で、希望日に引っ越し可能と確定してくれたアートに決定。(サカイはいの一番に見積もりにやって来て、今ここで決断してくれるなら希望日可能とのことでした。)
2回目は、引っ越し先の事情でアリさんに決定。
2回目だったので、最後に見積もりに来たので、サカイの見積もりをちらちらさせて安くしてもらいました。

ここで引っ越し会社のサービスを簡単に比べてみると……

ついてくる箱の数は大体同じ。大きさは会社によって違います。利用した2社では、アートの箱よりアリさんの箱の方が深め。

どの会社も引き出しに服を入れたままで運んでくれます。
植物も運んでもらえます。
ハンガーにかかった服をそのまま運べるハンガーボックスもあり。

スピーカーや家電、テレビなど梱包が難しいものは梱包してもらえます。
つまり基本のサービスは大体同じ。
忙しいのか何なのか「○日に箱を持っていきます」なのに、なかなか来ないので電話で催促すると、「今ドライバーが回ってます!」(←実は忘れてたんじゃないのか?)と言うところはどちらも同じでした。
こまめに催促しましょう。

違うのは細かいところ。
たとえばアートは「エコ楽ボックス」という折り畳みの食器用ボックスがあって、いちいち紙で包まなくてもそれに直接放り込めばいいのでとても楽。
いちおう、食器を包む用の薄紙も一束ついてきます。
ただし、引っ越し当日に返却なので、食器棚の位置、食器を入れる場所をあらかじめ決めておいて、運び込んでもらったら、他の箱を運び入れてもらっている間に片づけなくてはなりません。
同じような仕組みのシューズボックスもあります。(なぜか最初の引っ越しでは貸してもらえませんでした。プランによる?)

一方アリさんには同じような専用ケースはなくて、、食器は自分で包んで箱に入れなければなりません。
包装用資材は別売りとのことだったので、新聞紙で包みました(後で洗わなければならないという手間発生)。
靴も自分で箱詰めです。(ただし、専用シューズボックスは匂いや衛生的に気になるから、箱詰めが良いという意見もあり)

布団袋の素材も違います。
アートのは、ブルーシートみたいな素材で、紐は別。
ごわごわしたブルーシート袋に紐をかけるのはけっこう面倒でした。
アリさんのは不織布でひも付き。布団を入れて紐を縛るだけなので楽。
いざとなったら不織布なのでそのまま収納にも利用できそうな感じです(汚れちゃうので無理かな)。
使い勝手は不織布のアリさんに軍配ですが、引っ越し日が雨とかだとアートの素材はちょっと安心。
引っ越し後、アリさん袋は一部破れていました。

あと、アートは、割れもの箱は赤いテープ、すぐ使うものは黄色いテープで封をするシステム。
箱側面に内容や運ぶ部屋を書き込むのはどちらも同じですが、色テープだと、箱がたくさん運び込まれて積まれた後も、荷ほどきする本人にわかりやすくて便利。(箱詰めするときは少々めんどくさかったですが)

アートには「家具安定マット7」という商品があって、これがいい感じ。
ぶ厚めのフェルトみたいな素材で、「家具安定効果」「調湿効果」「抗菌効果」「防カビ効果」「防ダニ効果」「消臭効果」「フローリングのキズ防止効果」があり、一部が折り曲げられる構造で、手前側の余った分を折り曲げて厚みを出すことで、家具を微妙に奥側に傾斜させ、地震のときに耐震性を出すこともできます(奥行きのある家具はできませんが。

……ということで、見積金額は安くないし、あんまり値引きもしてくれないけど、細かなツールや商品などでアートが一歩リードでしょうか。
ちなみに、引越し見積もり依頼をすると、サカイは米1キロ、アリさんは掃除用洗剤などの粗品がついてきます。

違う引越し業者を短期間に比較できる機会なんてそうはないと思うので記念にまとめてみました。


おっと、追加でこれもメモ。
引越しすると郵便物の転送届を出します。一年以内は旧住所に届いた郵便物が新住所に転送されてきます。
今回のように最初の引っ越しの転送期間内に再び引越しした場合。

A→B→Cと引越ししたわけですが、このとき、A→C、B→Cと二通転送届を出しておくとスムーズに転送されるそうです。
郵便局の人にそう教えてもらい、後日、たまたま用事があったので窓口で転送届を提出すると、怪訝な顔をされたので「かくかくしかじかと教えていただいたんですが?」と説明する羽目になりました(教えてもらったのと同じ郵便局だったのに!)。
A→Bの住所変更がわかる証明(免許証など)がありますか? といわれ、見せると、転送届にチェックした旨の判を押し、「この方が手続きがはやくなります」とのこと。

つまり、
◇一年以内に2回引越しをしたらA→C、B→Cと二通転送届を出す。
◇ポスト投函より、窓口に出して免許証(住所の変更がわかるもの)を見せるとさらにスムーズ
……ということです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム