INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

まりもファントム覚書

旧ブログに登場している……って、まだ別館サイトに収録してなかったのか! ヤバい!……ブラジルのまりも・ファントム

817-marimo-phantm.jpg

磨きのポイントですが、ファントムの上にうっすら緑色のまりもっぽいインクルージョンがぽつぽつ乗っかっていて、とってもキュート。
今の季節、クリスマスツリーにも見えてきます。

この「まりも」が何であるかは不明です。

まりもといえば、日本の大分県・尾平鉱山のものが有名ですが、こちらのまりもは緑泥石の一種クーカイトであるといわれていて、見た目もまん丸、この石の内包物のようにふわふわした感じではありません。
marimo_20151224131631f79.jpg

ブラジルのまりも風・インクルージョンはもう一つ持っていて、


これは、もうちょっと緑っぽく、その色あいとネットで見かけた画像からクロム白雲母(フックサイト)ではないかと想像していました。

……がこのたび新しい説を発見。
こちらの石がとてもよく似ています。
説明を拾い読むと、「Albite balls inside. 」……つまり、ボール状のアルバイト(曹長石)。

長石か!
そういえば、ファントムの白いふわふわ(角閃石ではないもの)も長石だと聞いたことがあるし、石英と長石とくれば地殻部分に多い鉱物のトップクラス組。
紛れ込んでも不思議でもなんでもない。
うっすら緑も、ビーズで「グリーンフェルドスパー」で売られているのがあるくらいだし、長石で緑? と不思議に思うまでもないでしょう。

長石というと、ムーンストーンなど宝石扱いされるのを除くと、結晶の形としては四角っぽいというイメージがあって、クラスターなどにくっつけば「脇役」、申し訳ないけど地味なイメージだったんですが、そうか、インクルージョンになるとけっこう面白いのね。

探せば「知らずに長石」もけっこうありそう。

影のピラミッド

すっかりさぼり癖がついていますが、毎年ちょっと気合を入れる冬至なので。
先だっての池袋戦利品です。

ああもう、ここでも叫んでしまいましょう。
名古屋にもっとミネラルショーを!

池袋で補充したけど、石成分が足りないッ!
新しくどんな石が出て、どういう動きをしているか、情報がないのも切ない。

……と、愚痴はここまで。

今回の池袋は、終わってみたらアポフィライト祭りでした。

その中で、見つけて思わずニンマリしたのがこれ。

hematite-apo.jpg

そびえる黒きピラミッド。
念のために言いますが、アポフィライトです。

アポフィライトの結晶としては、(たぶん)大きめで5センチくらいあるかなあ?

それだけでも迫力なのに、アポフィライトらしからぬ色。
黒と言うよりチョコレート。

アポフィライトらしいピラミッド型なのに、色が違うだけで全く印象が変わってしまいます。
その他もろもろのアポフィライトと一緒に並んでいて、こういう色があるのも知っていて、たまたまもう一つ持っているので即座にアポフィライトとして手に取りましたが、これが初見で、単独で見ていたらすぐにはわからないかも。
←ブラウン・アポフィライト一号

そしてさらにおもしろいのは、この石がグリーンアポフィライトでもあるということです。
hematite-apo2.jpg

手前の部分が何となく緑なのがわかるでしょうか?

底面だともう少しわかるかも。

hematite-apo3.jpg

つまりこれは、一昨年あたりから見かけている、ディープグリーンとブラウンのアポフィライトの仲間ということ。
……ということは、このチョコレート色はヘマタイトの内包によるもの(グリーンはセラドナイト)ということになります。
産地はインド、マハラシュトラ州のサクル。

何とかしてネーミング。

引越ししてからと言うもの、身の回りの石密度が低いです。
……つまり、石の店が少ないぞ!

あってもパワーストーンショップばっかりなんだよねえ……。
でも、ふらふら立ち寄っちゃう私って。

そんなショップで、「ブラックファイアーアゲート」なる石のブレスレットを見ました。
見た目半分黒、半分白のツートンカラー石。
天珠みたいにかっちり半分半分にきれいに色分けされているわけではないんですが、だいたい石の表面積の半分が黒、半分が白。
しかも白い部分が天珠っぽい……というか、石本来の白と言うよりペイント(表面に色が塗ってあるわけはないんですが)っぽい白。

何より、そんな白黒半分半分石のどこが「ファイア」?

そのショップ独自のネーミング?……といちおう検索してみましたらば。


ソレかよ。
……失礼、言葉が悪くなりました。

結論から言うと、加工石です。

以前、ラリマーの偽物として売られているってホントかい?……と検索した、このビーズの黒バージョン
fire-agate-b.jpg

私が見たのは、きれいな模様が出ず、白黒半分になってしまったもののようです。
ネットで見かけたのは、この青いビーズの青の部分が黒になり、白い網目模様が出ているタイプでした。

そしてこの青いビーズも、いつの間にやら「ブルーファイアーアゲート」の名前で呼ばれているじゃありませんか。

ブラックファイアもたいがいですが、ブルーファイアってどうよ。
この色と模様でファイアを名乗るとは、神経太いなあ。

でも、青と黒、両方見たことで、この名前のつながりがわかってきました。

震源地はこれでしょう。
fire-agate.jpg

「ファイアーアゲート」で検索すれば、青いのとそっくりな赤バージョンもヒットします。
これは、加熱(染めではないと思うけど……)で赤くしたカルセドニーにひびをいれ、何らかの方法でひびを白く浮かび上がらせていると思われます。(加熱やひびの順はどうなってるかわかりませんが)

そもそもファイアーアゲートは、この名前で検索すれば一緒に出てくる、こちらのアゲートのこと。
fire-agate_201512102333397f7.jpg

なのに、後から出てきた赤に人工白ひびビーズもファイアーアゲートと呼ばれるようになって、それと同じ方法で作った青バージョンだから「ブルーファイアーアゲート」、黒バージョンだから「ブラックファイアーアゲート」と安易に名前を付けたんでしょうきっと。

なんだかブルーサードオニキスとかブラックサードオニキスと同じ、安易でむちゃくちゃなネーミングだよなあ、コレ。

それに加えて、赤い人工白ひびビーズが「メキシコ産」と説明されているのを見て思わず吹き出しました。
メキシコ産は、もこもこ虹色の、元祖ファイアーアゲートだってば!

「ファイアーアゲート」と言う名前だけで検索して、その説明をしれっとくっつけたのがバレバレです。
見た目レモン色だから……と安易に「レモンクォーツ」で出回ったために、硫黄入りじゃないのに「硫黄入り」と説明がくっついているとか、売る方は「黄色い玉(ぎょく)」のつもりで「黄玉」とつけたのに、確かめもせずに「トパーズ」にされてたり、同じ名前を持つ違う石は、説明が入りまじる危険性をはらんでいます。

ご注意あれ。



天珠話

池袋で天珠を見かけた。
もちろん、古いの。

なので、天珠好き(大)先輩に報告、一緒に再度チェック。

なにしろ天珠の目利きはいまだ修行中の身なので、「お、これは古い(だろう)」と思っても、その判断にいまいち信用が置けません。
ここは、(大)先輩にも見ていただいて、自分の目利きがあっているのかどうか確かめたいところ。

持ってきていたのはパキスタン系の店。
話を聞くと、どうやらパキスタン北部の方で見つかった物の様子。

見つかるのはアフガニスタンじゃないのかと、先輩が聞くと、パキスタンでもインドでもチベットでも見つかる。
チベットのものが評価が高いが、パキスタン北部のものは色がきれいだ。
インド(で天珠が見つかるあたり)は平地だけれど、この天珠は山岳地帯で見つかった。
気候の関係で色がきれい(または色がきれいに保たれて見つかる)とのこと。

もっとすごいのがありますけど見ますか?
……と見せていただく。確かに色がいい。
現代作の模様ははっきりだけど、はっきりしすぎと言うか……風情にかけるのとは違う。

そのお店の人も二眼の素晴らしい天珠を身に着けていて、そのクラスだと300万以上はするらしい。

うはあ。ステキ。
その時は天珠を身に着けていなかったんだけど、糸魚川翡翠と合わせたあの天珠をつけていけばよかった。

特効薬「池袋」

石成分欠乏症の症状が深刻で、辛抱たまらんと行ってきました池袋!
これがなくては年末に突入できないような気がする末期症状を呈しています。

ここでもう一度声を大にして言いたい。
名古屋にもっとミネラルショーを!
東京ではショーが増えすぎて、出店しても売り上げが伸びない……とぼやくお店の声を聞きましたので、何回かを地方に回してもいいんじゃないでしょうか。

さて、辛抱たまらん池袋。
うわーい! と飛び込んでみたら……ありゃ?

去年と顔ぶれが変わっています。
2階会場の端っこで、インド鉱物を値段別にザラリとならべ、後から後から新しい石が出てくるので、会場内を何周となく回遊しながらチェックを繰り返したあの店や、3階会場で大ぶりな石をゴロゴロ並べていたニュージーランドの店、当たりの時は素敵な石を持ってくるブラジルの店が出店していません。

一昨年、去年、いろいろ掘りまくった店は不調……?
中国ものも元気がないような気がするし。アフガニスタン・パキスタンものもいまいち&値段が超強気。
アゼルバイジャン水晶が久しぶりに会ったけど、ロシアは不調。
なんだか、「掘る楽しみ」に欠けてる感じ。

セレクトされ、きれいに並べて売られている石はもちろん目に楽しいです。
でも、石と自分の好みと財布の中身をその場でひざ詰め談判させて、「これならば」「うん、いい石買った」とにんまりするのがミネラルショーの醍醐味というもの。
玉石混交の中から「掘って」こそ。

時間は今日しかないぞ、と、焦りながら会場を回って回って……まわり終えてみると、私の池袋はアポフィライト祭りになっていました。
ピンクと赤(オレンジ)と、ディープグリーンと茶色と形変わりの透明。買いも買ったり合わせて五色。
インドの店が特別元気だったわけではないんですが、探せばヒットするものもあったのです。
水晶よりアポフィライトの方が多いかも?

東京のショーは今年になって初めて(新宿もIMAGEも行けなかった)なので、何が新しくて何が前回から継続中なのか動向がつかめてないんですが、見回ってみた印象では、企画展がフローライトの割に、フローライトが目立たない。
水晶はエンジェルラダー水晶……とあと、何だっ別の名前でも売られていた、光を透過するように当てると青白い筋が出る水晶があちこちで見られました。ものは丸玉や磨きのポイントなど。

きっちり見て選びたいなら、ペンライト持参がおすすめです。
光が広がるタイプのライトではよく見えません。
全部を見てチェックしたわけではないですが、多くはうっすらファントムのように青白い筋が……というものっぽい。
これって以前はB級扱いされていた水晶の中にもあったんだよなあ。

エンジェルラダー欲しい、でも高いという人は、ペンライトを片手に完全透明……と言うよりはなんとなく白濁してる? くらいのB級水晶玉を総まくりでチェックすると、見つけることができるかもしれません。

ghost2_20151204211058560.jpg
私は、以前にこれを一つ500円だったか1000円だったかの中から見つけました。

水晶ではこのほかにインド、ヒマチャルプラデッシュ州マニハール産のルチル入り水晶。
これは今回どっと出たわけではないとのことですが、池袋でも何カ所かが扱っていました。

今思うと……
parvati.jpg

石好き初心者の頃に買った、パルバティー渓谷産のルチル入り水晶のシバリンガム、マニハール産だったのかなあ。
パルバティー渓谷の中と言えば中だし。
表面にアナテーズが塗さっているのがあるので要チェック。

ネパール産水晶も置いている店は複数あったけど、格別目を引くものには出会えませんでした。
ちょっと残念なような、まだ見切れていない、時間が足りない、予算が足りないと嘆かなくても済んだような、複雑な気持ち。

たぶん見落としもあると思うけれど、どうしようもないので「見た!」ということに。
とりあえず、石成分の補充はできました。

ふう。



プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム