INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ゴースト・ブルー

最近、山東省産のモリオンに浮かれています。
8月に丸玉を買い、マルチスターが出ることを知り、10月にブレスレットでも確認して、一気にヒートアップ。

「そういえばあの店に丸玉おいてた」
と思いだし、昨日はふらふら石屋を二軒はしごしてきました。

結果、片方の店は山東省産で、マルチスターを確認。通常スターのモリオンも発見。
もちろん両方ゲット。だってセール中だし。
もう一方の店は「内モンゴル産」。マイ・ライトで照らさせてもらいましたが、マルチスター(スターというよりスポットだけど)は確認できず。

やっぱり山東省産か。

内モンゴル産モリオンの店では、別の戦利品をゲットしました。
いわゆるパワーストーンショップ(原石多め)なので、丸玉やタンブルなどもおいているんですが、この丸玉コーナーのアメジストの中に、しれっとアメトリン。

さらに、その下にひびだらけ、よく見るとぶつかった傷跡もあるような、いわゆる「B級水晶玉」がトレイに入れられごろごろ並んでいます。
白濁して透明度がないというのではなくて、透明は透明なんだけど、傷、多すぎです。

でも、こういう所こそ掘り甲斐があるのです。
「すみませーん、ライトで照らしてみていいですか?」
と、とりあえず許可を得て、ここでも登場、マイ・ライト。

まずは、ざっとトレイに並んだ状態で照らしてみながら、石の白濁具合を見ます。
目当てはうっすら白濁したミルキー・クォーツ。

そんなに時間もかけられないので、真っ先に目をつけた、他に比べるとほんのり白濁している丸玉を手に取り、ライトでぐりぐり照らし(透かし)てみます。
透かすというより、斜め奥から玉の内部を照らす感じ。

すると……ほーら、いたよ、ゴースト

最近「クレパスキュラー・クォーツ」とか「エンジェル・ラダー」と呼ばれている、青白い光が浮かびあがる水晶。
私は「ブルーゴースト・インクルージョン」の名前で知りました。

希少な水晶だと宣伝されてるけど、見え方が派手でないなら、こういう所で見つかります。
もちろん、普通B級水晶玉価格(ラッキーなことにこっちもセール中!)。

これなら、もっとあるかも? と結局ちょっと居座って水晶玉チェック(他にお客さんはいませんでした)
お店の人も「これ、使いますか?」と黒いトレイを貸してくださり……でも見つかったのは最初のひとつだけ。

「これ(アメトリン)とこれ(水晶玉)ください」
「熱心にご覧になってましたけど、何か入ってましたか?」
「えーと、こんな風に(照らして見せて)青く光るのがあるんです。それを探してて」
「えー、知らなかった。別の鉱物でしょうか」
「これ、ちょっとだけにごったミルキー・クォーツなんです。部分的にミルキーの成分が偏ってることでこうなるんだそうですよ」

……ということでやってきた水晶玉。
家に帰ってじっくり照らしてみたところ、思ったより広範囲に青い輝きが見えました。ラッキー。

これは、太陽光では採れないので、LEDのライトで照らして撮影。
カメラでは全部青く写ってしまうので、見た目に近く加工しました。

最初に見えたのは、こんな光の筋。
crepuscular-rays.jpg

慎重に光を動かすと、こんな輝き方も。
crepuscular-rays2.jpg

広範囲にまるでオーロラのような、薄膜のような輝きも。
crepuscular-rays3.jpg

こういうのは、クレパスキュラー・クォーツ、別名を「エンジェルラダー」と呼ばれているようです。
クレパスキュラーってどういう意味? と思って調べてみたら綴りは「crepuscular」
「薄暗い」というような意味のようです。

これが「crepuscular rays (クレパスキュラー・レイズ)」になると、雲の隙間から降り注ぐ光の筋……いわゆる「天使のはしご」の意味になります。エンジェルラダーはまさにこれ。(ラダー:はしご)
だから、これはクレパスキュラー・クォーツじゃなくて、クレパスキュラー・レイズ・クォーツと呼ばないと、意図する名前にならないんじゃないのか。

それはさておき、クレパスキュラー(レイズ)クォーツは、最近見つかった、とても希少……と紹介されてますが、私がブルー・ゴーストとして知ったのは、2012年の池袋ショーだし、そのときの記事のコメントによると、前から知っている人は知っていたみたい。

最近見つかったというより、最近知られるようになった(名前をつけて売られるようになった)、希少というより、、きれいなのは少ないかもしれない、みつけるのがめんどくさい……ということでしょう。

山東省のモリオンのスターもそうだけど、その名前で売られると高いのに、自力で探せば安く買える。
しかも「やったぜ」という満足感付き。
はまります。

だまして動かせ

7月にホームページビルダーが動かない!……といってましたが、ただいまぼちぼちやってます。

ホームページビルダーは(以前のデータを受け継ぐ場合)データから一度ソフト内でサイトのつながりを組み立ててから編集できるようになるのですが、どうもページ数が多すぎるらしくて、最初の組み立て作業で止まってしまう感じでした。

……ということで、ホームページのデータをまとめてあるフォルダからトップページ、目次系、画像データを残して、それ以外を別フォルダに一時移動。
そこで「サイトを開く」(これが例の組み立て作業)。

すると……開くじゃないか。
ソフトが機能し始めてから、一時移動させていたのを元のフォルダに戻すと、問題なく編集できてます。
ちょっとめんどくさいけど、サイトをばらして作り直すよりは断然マシ。

すでに出会っていた。

名古屋の石フリマに行ってきました。

東京のイベントに比べたらさすがに小粒ですが、こちらではありがたい石イベントです。
ただし、私の事情で一日中入り浸ることもできず、一時間ちょっとで撤収することに……とりあえず、秋田県の荒川鉱山の緑水晶のクラスターと、長野県の水晶を買いました。
なんでか、こっちに引っ越してから国産水晶率が高いです。

おっと、もう帰らなきゃ……と会場を後にして、外へ出てみると、そこでは別のイベントが行われていました。
食べ物系イベントでしたが、なぜかそこに石屋さん。
東京のイベントでお邪魔したことがあるお店でした。
時間は迫っていたけど覗いてみると……あ、モリオン。

先日のミネラルショーで買ったマルチスターの丸玉モリオンのことが頭にあったので、モリオンとなれば興味津々。

すると、お店の方が声をかけてくださいました。
「あれ? よくお見かけしますよね」
……はい、東京のイベントでは毎回。顔を覚えられていたようです。
「はい、石好きなのでー。実はこれこれこういうモリオンがあると聞いていて、こちらのお店にモリオンがあったのでのぞいてみました」
「へー、マルチスター? 原石でもわかるかもしれないの?」
と、わざわざ在庫まで出してくださいました。

残念ながら、原石でもちょっと変わった光の感じが出るようすは、実物を見たことがないので見分けられず。
「丸玉は持っているのでわかるんですけど、原石はやっぱりわからないですねー」
「丸玉かぁ。今日は持ってきてないんだよね。ブレスレットなら持ってきてるんだけど」
とまたもや在庫をざらり。

「マルチスターって、僕も最近知ったんだよね。以前、メタモルフォーゼスを黄色くしたのの丸玉で、いろんな場所にスターが出たり、普通の倍の12条のがあったりして、別の業者にまとめて売ったことがある」
「12条、ありますね」
お店の人がおっしゃる「マルチスター」は、私が「どこでもスター」と呼ぶタイプで、マルチスターとは違う気がするけど。

「丸玉でそういうのが出るなら、ブレスレットで出てもおかしくないよねえ?」
「そうですよね! 実は探してるんです」
「丸玉とかビーズって、いちいち気にしないから、まとめて買うと、たまに変なのが混じっていたりするんだよねー。このブレスレットにもあったりして」
と、ライトで照らしてくださいましたが、見えません……というより、探すにはもっと強力なライトじゃないと無理だ。

ここで登場、マイ・ライト! 先だってのマルチスター丸玉モリオンを楽しむために買いました!
他の石を楽しむには少々明るすぎるライトが、ここで活躍!
「お、それ、強力だねえ」
といわれながら、ライトを使わせていただくと……。

あった! 丸玉より遙かに小さいビーズだけど、密やかな光のスポット。 位置をずらせばもう一つ。
この現れ方は、マルチスター! 
探せば何粒が混じってる感じ。

「あります、ありますよ-!」
「え、どれどれどれ?」
店頭でお店の人と盛り上がり。

こうなったら一番たくさん混じってるのを買おう! と、二つ目三つ目のブレスレットを確認し始めたところで、電話がかかってきてタイムアップ!

「うう~っ! ファーストインプレッション! これください」
と、一番最初にマルチスターを3粒まで確認したブレスレットを購入。

用事を済ませて帰ってきて、さっそくじっくり確認。
店頭で確認できたのは3粒でしたが、何の何の、そんなものではありませんでした。

17粒中、確認できなかったのが3粒、スポットと言うより光の筋が現れたのが5粒、残り9粒でマルチスター(スポット)が確認できました(不明瞭なものを含む)。
なんだこの確率。

そういえば、以前買ったモリオンブレスレットも山東省産だった。
ごそごそ取り出して確認してみると。

さらにビーズが小さくて確認しにくいものの、マルチスター!

私は、何年も前にすでに出会っていたのか。

ということで、山東省モリオンは、マルチスターの確率高し!
確認するには、ペンライトでは暗すぎます。
かなり明るめで光を絞れるライトを使いましょう。
100均のLEDのペンライトも使ってみましたが、これでは無理です。かなりはっきり現れるタイプか、光の筋が見えるタイプなら何とかわかります。
そして、とにもかくにも「これがマルチスターだ」とわかっているものの実物を見て知っておいた方が断然有利。
ビーズのように小さいものでは、「これか!」という経験がないと難しいと思われます。

機会を捉えて、ぜひ、チャレンジ!

さて、お店での話の続きですが、モリオンではなく「どこでもスター」のミルキー・クォーツでどうしてこうなるかと調べてもらったそうなんですが、「圧力などを受けてC軸がずれた」とのこと……。
C軸といえば、結晶の縦軸のことです。
これがずれる?

劈開がないはずの石英がまるで劈開があるかのように割れる……それが塊状の石英が地下で変成作用を受けたためだという話とおなじでしょうか。

軸がずれてマルチスターやどこでもスターになるメカニズムに見当がつきません。
それが原因なら、結晶形を残したモリオンにスターに似た輝きが出るとは思えないし。

マルチスターの謎は深そうです。
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム