INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

いろいろルチル

先日作った12ミリアイスクリスタル・ブレス。
順調に愛用中です。
ちょっと言わせていただくと、私としてはアイスクォーツとアイスクリスタルは違います。
アイスクォーツは「氷のように透明な水晶」。もっと言えば「ちょっと溶けかけた氷のようなつるつるみずみずしい感じの水晶」を指して使いたい。産地に指定なし……というかんじ。

一方、アイスクリスタルは、インドはマニカランの溶け水晶のこと。
この名前で広まったのだから、それで統一しておきたいところです。
ちなみに名前の由来は「温暖化で氷河が溶けたその下から見つかった」という説明によります。

その後、マニカランは集積地で、産地ではないらしいことがわかって来たけれど、実際の産地がどのアタ地下がいまいち不明。
マニカランの北側には、氷河があることになっているけれど、「ここらへんで採れた」という話がちらほらするあたりは、氷河があったわけではないようす。
だから、実際に氷河が溶けた後から見つかったのかどうかは、実は不明。

最近、再び検索したら、「ぶつけると氷がふれあうような音がするから」とか、なぜかネパールのカンチェンジェンガ産水晶が「氷河がとけて……」という話と共に「アイスクリスタル」の名前で売られていました。

こういうネーミングは、しっかり決まっているわけではないから、いつの間にか変化してもおかしくないけど、売られ始めた初期から見てきた側としては、マニカランで、「氷河が溶けた下から」という話と共に売られた溶け水晶(溶けのダブルイメージ)こそがアイスクリスタルなのだといいたいです。
ちなみに、ブレスレットのビーズは、ショップが「この原石を仕入れて作りました」と写真を出していて、それがちゃんとアイスクリスタルだったので、個人的には堂々のアイスクリスタルです。

さて、私は普段、淡い色や透明感のある石のブレスレットを余り身につけません。
理由は、物足りない……せっかく身につけているのに存在感が希薄過ぎる感じ。

存在感と言っても、何も大きい石をがつんがつんと身につけたいわけではなくて、色の濃いものなら細身で、いろいろ組み合わせるなら共通項のあるもの……最近までつけていた12ミリモリオンは、大きいので極力シンプルに……という具合に、ちょうどいいアクセントが欲しいのです。
その点、12ミリアイスクリスタルは、透明だけど12ミリという大きさのインパクトがあるし、ちょっとメタルパーツをあわせたので、私としては珍しく透明石でもいい感じだったんですが、ほんのちょっぴり物足りない。

そこで、思わずあわせてしまったのがこれ。
multi.jpg

一粒一粒が微妙に色の違うルチル入り水晶のブレスレット。
淡い錦衣と、華やかな金色、若干オレンジがかったの、茶色がかったの、ブラックルチルといえそうなの……とさまざまです。
見ているのも楽しいブレスレットなんですが、これまでほとんど身につけていませんでした。

元々、ルチル入り水晶は色あい的に肌になじみすぎるような気がして、メタルパーツや他の色を加えないとバランスが悪い気がして、いつも手を加えていたんですが、このブレスレットは、ばらすには惜しいし、サイズもちょうどいいのでメタルパーツを加える余地もないし……とそのままだったのです。

これを12ミリアイスクリスタルと重ねづけすると、双方が物足りない部分を補い合っていい感じ。

……でも12ミリと8ミリ(若干大きい)の重ねづけだから、さらにボリュームアップしてしまうというわけで……。
長袖のシーズンだからいいということにしよう。

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム