INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

まりもん2

ビーズだと、あまり気が付かないかもしれませんが、原石はその時々で流通している顔ぶれが大きく違います。
同じ産地の同じ種類の石であっても、
「以前はもっと色が濃かったよね?」
とか、
「以前はもっと大きいのを見かけたのに……」
とか。
ビーズでもどんどん新しい石が出てますけど、原石の移り変わりはそれ以上に激しいのです。

それ以外に、買う方(私自身)の方も、進化というか勝手がわかってきて、欲しい石が出てきた場合、この石ならどこを探せば見つかりそうだとかわかってきて、効率よく探すことができ、結果として見る機会が増える……という場合もあります。

以前なんか、スモーキー・クォーツの単結晶を探すのに四苦八苦してた時代がありますからね~。

今回いや、昨日に続いて今日も登場のこの石もそのひとつ。
蝙蝠坑・まりも2

まりも水晶~。

まりも水晶1号を買ったときは、
「おお、これが!」
とひそかに大興奮。
それまでには、石屋をうろうろし、ネットで検索しても意外に高くてやきもきしてたので、見つけた時はまさしく「おお!」という感じでした。

でも今ならば
「まず6月の飯田橋でしょ、ミネラルショーならあそことあそこ、それ以外にもあそこら辺の店にありそうだ……」と目星が付くので、さほどウロウロしなくて済みます。

今回の石は、前回と同じときに買ったもので、前回のが生のまりもの美しさで選んだのに対し、こちらは成長干渉の具合で選びました。
まりも水晶の特徴として、まりも(クーカイト)の内包のほかに、成長干渉があります。
この特徴を示すものを持っていなかったので、これをひとつ!

もちろんまりもの内包や全体の美しさも選びまくりました。

次はまりもゴロゴロいっぱいタイプ……いや、あれは少々不気味……。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム