INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

勾玉らしさ

まがたま

勾玉です。
翡翠です。
ラベンダーと言ってもいいような色合いなのに、取っても安かったので喜んで選んでしまったもの。
よく見ると手磨きなのか、表面がほんのわずか凸凹していて、そのあたりが安かった所以でしょうか。
私はこれも手作りっぽい「味」だと思いますけど。

勾玉は、パワーストーンとしても人気ですが……ふと疑問。
パワーストーンとしての説明を拾い読んでみると。

◇古代より災難やあらゆる悪霊を払う魔除けのお守りとして、呪術に用いられた
◇太陽と月、陰と陽。 相対する二つのエネルギーの重なり合いを意味します。
◇(形の由来は諸説あるといいながら)胎児の形を象徴していて生命の賛歌を表しています。 
 月の形を表し、大いなる宇宙を崇拝することを象徴しています。
 風水的には、勾玉は「動くエネルギー」を表しています。

……などとあります。

う~ん
勾玉は、何を由来に作られたのかも、「これ」とは決まっていないといわれています。
発掘された様子や神社のご神宝になっている、沖縄のノロが使っている……ということから、呪術に用いられたのだろう……とは想像がついても、何を模して、何をイメージして作ったのかもわからないなら、勾玉を作った当時の人が、勾玉に何を願い、何の意味があって作ったのかも、本当のところはわからない、ということではないでしょうか。
それを、エネルギーの重なりとか、生命の参加とか、「風水的には?」……その意味は、勾玉本来のものなんでしょうか。


それよりもう~んと思ってしまうのが、パワーストーンとして売られている勾玉の形。

勾玉は曲玉とも書くように、基本Cの字、コの字のように曲がっているものでしょう。
時代によって獣型とか、二つの勾玉が背中合わせにくっつか「X」型みたいなのもあるようですが、基本は「C」。
なのに、売られているのを見ると、頭(穴の開いている方)でっかちでしっぽ(穴の開いてない方の先端)が細いのはまだいい方で、頭でっかちすぎて「」(コンマ)みたいなのも多いです。

なかには、「にょろ」というか、その、「……曲がってないんじゃないか?」とおもいたくなるようなものも。
勾玉を作っていた昔なら、元の石の形のために曲がった形にできなかったとか、欠けたのを磨きなおしたとかで、まがってないものもあるかもしれませんが、現代、原料の石は選び放題で、機械もあって、作ろうと思えばちゃんとした形のものを大量生産できる時代に、「ほとんど曲がってない勾玉」は……ちょっと。

私は、いったい昔の人がこの形にどんな思いを込めたのか……、というそのあたりが面白いとおもっているので、やっぱり勾玉らしい形が好み。



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム