INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

その名前。

しょくぞう・さんかく2

ブラジル産の触像水晶です。
水晶らしいシャープな形とは違い、エッジ(面と面の合わせ目)が溶け、波打ち、どこか生き物めいた姿になったその様子。
好みがが分かれるとは思いますが、私はこの生き物めいた様子が好きなのです。

ところで、この水晶は、「サラード」という名前で売られていました。

サラードとは何か。

この名前の水晶との出会いは、2007年冬の池袋ショー。
そのときは、ポルトガル語で「浄化された」という意味だと聞いたんですが、のちに綴りも違い「復活・再生」「再生された」という意味であることがわかりました。

その後も、大々的に出回ることはなく、最初に見かけたお店か、ネットショップで細々と見かける程度です。
この少なさがあだとなっているのか、サラードっていったい何、どういう水晶を指して言っているのか……という点がややあいまいです。

ネットなどで見かけた情報をざっくりまとめると、ひとこと「触像水晶である」……ということになるんですが、触像水晶ならばもっと以前からあるのに、途中からなぜ「サラード」と呼ぶことになってしまったのかがわかりません。

私は、名前がつくということは、他とは際立って違う「何か」があり、そのために、名前で区別されるのだ……と考えています。
その考えでいくと、触像水晶は以前から出回っていた。そこにサラード呼ばれるものがあらわれた。ならばサラードは触像水晶の中でも他とは際立って違う「何か」があるはずだ。ということになります。

その点、最初に見かけたサラードは溶けていることと同時にみずみずしい圧倒的な透明感が強い印象をもたらしたので、
その石の特徴
◇圧倒的な透明感
◇溶けたことによる、濡れたようなつやがある
◇蝕像水晶なのに、錐面が無傷(ふつう、溶けるなら錐面の角が溶ける)
◇柱面だけが溶けている。

……がサラードの条件ではないかと考えたのですが、その後サラードとして売られている石を見ていると、この条件に合わないものも多い……というか、合わないものがほとんど。

条件と考えてみたけれど、私の勝手な思い込みで、サラードというのは、触像水晶の別名みたいなものなのか……と残念に思っていたところに、今回の石。

抜群の透明感(そのために背景の黒が透けて見えすぎて暗く写ってしまう)、濡れたような艶。

久々に、サラードの第一印象の石!
うわーい!
……と、飛びついてみたんですが。

これは、錐面が立派に溶けている。
トライゴーニックが表れているのが、その証拠。

これをサラードと言ってしまうと、透明水晶にトライゴーニックが出ているものはすべてサラードなのか?ということになってしまう。(トライゴーニックは色や透明度にかかわらず出てもおかしくないけれど、トライゴーニックの名前で売られているのは、透明なものが多い)

悩んだ末に、画像にはサラードではなくトライゴーニックと入れました。

とはいえ、この石はこの石で素敵なのです。

しょくぞう・さんかく

迫力のトライゴーニック!

この面は程よく溶けていて、さわると何ともなめら名で手触りが抜群なのです。

これとほぼ同じ大きさ、同じようにトライゴーニックが出ている石があったのですが、あまりの気持ちよさに、

手触りがいい

という理由で選んでしまいました。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム