INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

最初に買ったのはこっち。

クロム雲母付

先日、小さいバージョンが出たので、今度は大きい方。
新宿ショー初日に、大きさと値段をはかりにかけて、う~ん、う~んとうなりながら選んだものです。

この石は、水晶部分は白濁していますが、よく見るとファントム入りのものがあります。
もちろん、最大のポイントは鮮やかな緑で形がしっかりしているフックサイト。

フックサイトはご存じクロム白雲母……マスコバイト(白雲母)がクロムで緑になったものです。
ところが、フックサイトと言っても雲母らしい形がしっかりしているものは意外に見かけず、見かけたとしても塊状、キラキラしているので雲母だとわかるけれど、雲母らしい六角形の形は見えない場合が多いです。

この産地のものは、それがしっかり確認できるという点でも面白い。
部分的に内包されているのも見逃せません。

ファントムとフックサイトと、もう一つはルチル。
赤みを帯びて、籠目状に絡み合って結晶しているのもポイントです。

これらの特徴と、全体的な形のまとまり。
全部が一つに備わって、手ごろな大きさ・値段であるならばそれがベストですが、そんなものがそうそうあるわけがありません。
たいていは、いいけど大きくて高い、手が届く範囲だけど、すべての特徴がそろってないものばかり。
そこで、何を選びどこを妥協するかが悩みどころです

ということで選んだのがこの石。

掌サイズ(一応死守!)、形良し、フックサイトのはっきり度、量・よし。ちょっぴり内包されている部分もありますし、 よく見るとファントムも入ってる。
……抑えられたのはそこまでで、ルチルまで手が伸びませんでした。
ルチルがきれいに入っているのは高いか、形があまりよろしくなかったので。
(でも、ルチルの特徴が忘れられず、昨日の小さいバージョンを買ったわけですが)

頑張って選んだおかげで、同じ種類の石が並んだIMAGE2011では、悩まずに済みました。


クロム雲母付2

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム