INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

期待の産地

内モンゴル、内モンゴルと騒いだので、こりゃもうかの産地の石を出さないわけにはいきますまい。
それになんだかクリスマスっぽい石でもあるし。

内モンゴル・水晶・フローライト

内モンゴル・水晶・フローライト2

内モンゴル産、フローライト付水晶、方向違いで2枚。

大きさは掌に乗るくらい。

これを見た時は、
「おお、ダルネゴルスク+ヤオガンシャン!」
と思いました。

水晶部分はロシア、ダルネゴルスクの水晶の雰囲気ですし(たとえばこちらとかこちら)、ユニークな形の水晶にフローライトがくっついたりするあたりは、中国・湖南省のヤオガンシャンの感じ(たとえばこちら

産地を伏せて、何も情報なしに石だけを見せられたら、今言ったような印象で、
「ダルネ(ダルネゴルスク)……っぽいけど、フローライトがついてるからヤオガンシャン?」
……と答えて、見事に間違っているはずです。

いや、内モンゴルでこういう石が出るなんて。
内モンゴルで水晶などいろいろな鉱物が出てきているのは知っていましたが、こんなに面白いのがあるなんて、今後に大期待!

この石ではフローライトが丸い形をしているのが印象的ですが、よく見るとこれがさらに不思議。

フローライトで丸というと、インド産のようにフローライトとは思えないなめらか真ん丸。
こちらのスペイン産も何となく丸いですけど、四角い、フローライトらしい結晶の集まりです。

しかし、今回の石の丸い部分を見てみると……
丸フローライト

表面が三角形の集まり。……ということは、立方体ではなくて、ピラミッドが底面で二つくっついたような三角形の八面体フローライトが集まったもの?
八面体が集まって丸いのは初めて見ました。

見れば見るほど面白い。
期待のヘンテコ水晶産地、ここに登場!

追記:この時は、内モンゴル、赤峰市としかわかりませんでしたが、その後の検索で、
Huanggang Mine, Hexigten Banner (Keshiketeng Co.), Ulanhad League (Chifeng Prefecture), Inner Mongolia Autonomous Region, China
(内モンゴル、赤峰市、ヘシグテン旗、Huanggang 鉱山)
ということがわかりました。
詳しくはこちら。



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム