INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

蜥蜴緑

内モンゴル緑
ででん。
……というほど大きくないけれど、この質感、この色。
思わず「ででん」と擬音を入れたくなる、貫録

水晶というより、植物めいた……いや、この色とこの表面の鱗具合では、思わず蜥蜴といいたくなる、水晶らしからぬ石。

こいつは、この水晶の仲間でしょう!
こんなへんてこ水晶は、ダルネゴルスク産!
……と言いたいですけど、違います。

私、ラベルなしで石だけ見せられたら、真っ先に大間違いしますね。

この産地は……そう……昨年末の池袋で、私の周りで局地的ブームとなった内モンゴル。

こっちも内モンゴル産ですが、またタイプが違います。
いずれ劣らぬ、超個性的な水晶が出るあたりもダルネゴルスクっぽさ満点。

「他から運び込んで、産地を偽ってる場合もあるらしいよ……」なんて話もありましたが、どうでしょう。そこまでして産地を偽るのは、偽った産地名でプレミアがつく場合。
例えばヒマラヤ水晶というと、それだけでほかの産地よりはややお高くなる傾向があります。
だから、余所の水晶をネパールに運び込んでネパール産だといったり、ヒマラヤ山脈の範囲を拡大解釈して「これもヒマラヤ水晶だ」というわけです。

その点、内モンゴル産は産地としてはマイナーです。
あんまり見かけない産地だ、面白い。と目を惹くかもしれませんが、余所から石を運び込んで内モンゴル産に見せかけてまで「内モンゴル産!」という理由はないのでは。
万が一、今回の水晶が内モンゴル産ではなく、他の産地のものだというなら、これだけ面白い水晶ですから、別に産地を偽らなくたって、「●●産」と正直に産地を記したとしても、何の支障もないはずではないですか。
もちろん、厳密には内モンゴル産ではなくてその周辺で採れたものが内モンゴルが集積地となっていて、ざっくりと内モンゴルにされている可能性はありますが。
この場合、「産地偽装あり、注意」という話とはちょっと別ではありますまいか。

内モンゴル緑2

うーん、見れば見るほど、ダルネゴルスクっぽい。
よほど、産状が似ていたのでしょうか。

この緑色は、やはりダルネゴルスクと同じヘデンベルガイト。
ヘデンベルガイトの結晶にくっついた石も並んでいたので、ヘデンベルガイトで間違いないと思われます。

今回の池袋ショーでは、内モンゴル産水晶を扱う店が2カ所あり、今回の石と、こっちでは買った店が違います。
しかも、今回の石を買ったのは最終日。
お値段なんと2000円。
無造作に段ボール箱に入ってました。

Comment

Secret

No title

いつも変わらず 掘り出し物ですね
友人と言っていました  KUROさんが見てけられて なぜ見つけられないんだろうって
素敵な石をたくさん見せていただいてありがとうございます

No title

えーと、理由はいくつかあると思います。
ひとつは、「お店の隅に面白い石あり」。
そっけない箱の中、重なった箱の下まで探すのがコツ。

もうひとつは、マンパワー。
石歴長いので、お店の人とも顔見知りになり、
「何かいい石ありませんか~」
……と聞いて教えてもらったり、自分で探すだけでなく、仲間の石好きさんに教えられたり、教えたり。
並んで二人で探していても2つより4つの目で探す方が見つかります。
会場で顔を合わせば
「なにかおもしろい石あった?」
あそこに、と聞けば駆けつけてチェック。
そんな繰り返しです。

もちろん、写真でバケているのもあります。

No title

いつもアドバイスありがとうございます
そうですね 石仲間    やっと顔見知りが2人ほど

これからも 情報交換したいと思っています
プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム