FC2ブログ
INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


ブログの保存版別館サイト。 


どんどん増えてます!


石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ロシアの京にんじん色

ダルネ・レッド

しばらく前からブログのトップを飾っている、ロシアはダルネゴルスク産のレッド・クォーツです。
へんてこ水晶の一大産地であるダルネゴルスクからは、
赤~オレンジ色で細くとがった結晶が林立した、魅力的な水晶が産出します。
以前はそこそこ見かけたらしいのですが、私がロシア水晶に興味を持つようになった頃には、すっかり「レア水晶」の仲間入り。
それでも時々見かけるので、見かけるたびに買うか、買うまいかと悩むのです。

「レア水晶」なので、言うまでもなく強気のお値段。
「……ちょっと色が」
(先端が色が抜けたように白くなっているのもあります)
「いくら何でもこの大きさにこの値段は」
「カルサイトがかぶりすぎなのが惜しいな~」
(天ぷらの衣のようにカルサイトが被さっているものが多いのです)
……と、「買わない(買えない)理由」を探していたのですが、昨年末の池袋ショーで、ついつい買ってしまいました。

だって~、「赤水晶」という割に実際はオレンジ色で、「にんじん水晶」だの「かに水晶」と呼ばれているのに、今回の水晶はかっちりと赤。
これまで見てきた赤水晶が、別名の通り普通のにんじんだとすれば、これは京にんじんの赤。
先端がやや黒くなった色合いも初めて見ます。
差し渡しで4.5センチほどと小ぶりだけど、普通の水晶と比べると、やっぱり強気値段だけど。
この赤に負けました!
これでも、通常見かけるダルネゴルスクの赤水晶よりはずいぶんオトク!

実は、写真の手前真ん中に移っているようにメインとなるべき太めの結晶が折れてしまっています。
強気値段だけど、ダルネの赤にしてはお値打ちなのは、このダメージによるものと思われます。
ちょっぴり残念ですが、割れた断面を見れば、この水晶が中までしっかり真っ赤だとわかるので、それでよしとしましょう!

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム