INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

表面デンドライト風

赤峰蛍石

昨年末の池袋ショーでは仲間内で局地的ブームだった内モンゴルの石です。
フローライトの上に水晶がちょこちょこ生えています。

私は、基本水晶好きなので、この産地の水晶に惹かれていたんですが、この石の場合は、ちょこちょこ生えている水晶ではなくて、フローライトの方が主役。
すでにこの産地の石にいくつか「落ちた」あと、またもや最終日に見つけてしまいました。

……これを。

フローライトは、よく立方体の結晶が集まった感じになりますが、これはピラミッドが底面で二つくっついたような形……八面体タイプのようです。

八面体というだけで、フローライトの中ではちょっぴり少数派にカウントしてしまうんですが、この石にはさらに見逃せない特徴がありました。

ではアップにします。

赤峰蛍石2
ずい。

赤峰蛍石3
ずずい。

赤峰蛍石4
ずい。

なんだろう、このデンドライトっぽい模様。

デンドライトというのは、石灰岩の表面とか、水晶のひび割れの中にマンガンがしみ込んで木の枝のようになっているもののこと。
デンドライト小

似ているけどデンドライトはいえないような……でも、フローライトでこんな模様、見たことない。
3枚目の写真でもわかるように、これはフローライトの表面あるいは薄皮一枚内部についているようす。隣り合っている面にはありません。
写真でアップにした面にだけみえているものでもなくて、いくつかの面で見えています。
やはり隣り合った面には見えていません。

フローライトは成長の途中で色が変わることがあり、水晶で言うところのファントムみたいにかつての結晶の形が色の変化で分かる場合もあります。
(フローライトの場合はファントムと言わず、ゾーニングとか塁帯構造とかよばれているようです)
この色変化の初期段階、濃い色が付き始めた、ちょうどその時ってこんなかんじになってるんだろうか、もしかして。
でもそうだったらもっと結晶に由来するような模様になりそうですけど、このデンドライト風模様は、八面体の結晶とあんまりかかわりがないようにも見えます。

とにかく、こんな模様は初めてだ!
……ということで。

アップにしないと気が付きにくいのが玉に瑕。



Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム