INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

レムリアの雷

ライトニング・レムリアン

ライトニング・クォーツで、かつ、レムリアンシードです。
「横筋がついていたらレムリアン」なんて、いい加減なものではなくて、ちゃんとレムリアンシードの産地から仕入れられてきたものです。

さて、おさらい。

レムリアンシードといいますのは、まあ、パワーストーンとして「レムリア人の記憶(または魂)が宿る水晶」という設定になっている水晶で、
外見的特徴は、ふんわりマットで、表面が(おそらく鉄分によって)淡いピンクに色づき、一面置きの柱面(側面)にレムリアンリッジと呼ばれる横筋がついています。


最近はタンジェリン(表面がオレンジ色)だの、シトリンだの、ルチル入り、ヘマタイト入り、ファントム入り……といろんなバリエーションが出てきて、挙句の果てにはブラジル以外、世界各地あちこちで○○レムリアンと名前が付けられた水晶が出ていますが、ちょっと待った。

レムリアンシードというのは、側面に横筋がついてたらそうだという単純なものではないのです。

そもそもはクリスタルヒーラーがブラジルのある産地の水晶の採掘状況を見た時、真っ白な砂が固まったような中から、普通はクラスター状態で出るはずの水晶が、一本一本ばらけて何者かが並べて埋めたような状態で見つかったのを見て、「まるで伝説のレムリアの遺跡のようだ。この様子はレムリア人が埋めたのかもしれない」……というようなインスピレーションを受けて名づけたもの。
もちろん、水晶自体がとても美しく特徴的なものだった……というのが最大の理由でしょうが、レムリアンシード……レムリア人が後の世の「種」となるように埋めた水晶……というこの名前は、見つかった場所の様子も大きくかかわっているのです。

逆に言えば、そういう場所から見つかった水晶だからこそ、レムリアンシード。
しつこく繰り返しますが、レムリアンシードは、いわば地域限定水晶なのです。

その場所とは、ブラジル、ミナスジェライス州の中のカブラル山脈というところ。

このカブラル山脈でレムリアンシードが見つかって以降、ロシアのウラル山脈やマダガスカル、コロンビア、モザンビーク、ペルーなどの「レムリアン」が世に出てきていますが、ウラルのロシアン・レムリアンはかろうじてウラルの女神が……とかいう理由が述べられていますが、それ以後の各地の「レムリアン」は誰がどういう理由でレムリアンと呼んだのか、さっぱり情報が出てきません。

所詮パワーストーンじゃないか……といったって、「見かけが似てるからレムリアン」なんていい加減なのはごめんです。
いちおうは、何かしらの理由が欲しいもの。
……というわけで、個人的にはブラジル、カブラル山脈以外(ロシレムを含めて)のレムリアンシードは、水晶としてはきれいと思っても「レムリアンシード」とは思えません。
レムリアンシードと呼ぶなら、納得できる理由……物語を持って来い。

さて、ライトニング・クォーツ
ご存じのとおり、落雷による電流の痕跡が刻まれた水晶です。
写真でも、先端からやや下のあたりから根元にかけてがっちりと「傷跡」が見えると思います。

ただ、水晶に直接どーんと落雷したわけではありません。そんなことをしたらさすがの水晶も木端微塵です。
直接ではなく、地面に落雷した雷の電流が、地中の水晶に流れて痕跡を残したのです。
水晶は、世界各地で採れ、多くは地中に埋まっているわけですから、だったら、あちこちで見つかってもいいはずですが、ライトニング・クォーツはブラジルの一定の産地で見つかるのがほとんどです。

なぜか。
それはこの産地では水晶が砂状の地層に埋もれていて、地層が適当な水分を含んでいるため、落雷すると、水分が電流を地中に伝えるからだそうです。
地層の厚みや質、水分量など微妙な条件が重なり合って、生まれるのがライトニング・クォーツというわけ。

その産地とは、ブラジル・ミナスジェライスのエスピニャッソ山脈

どちらもミナスジェライス州。
……ということで、カブラル山脈とエスピニャッソ山脈を地図で見てみると。

espinhaco3.jpg

カブラル山脈はエスピニャッソ山脈の一部。
レムリアンシードを包み込んでいた白い砂が固まったような地層は、ライトニング・クォーツの条件に当てはまっているようで、ライトニング、かつ、レムリアンシードという石が出ても不思議ではないのでした。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム