INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

惜しい!?

パワーストーン……というか、もともとはクリスタルヒーリングの分野で付けられた、水晶のいろいろな形を表す名称の中に「ジェネレーター・クリスタル」というのがあります。

どういう形のことを言うのかというと、
「6つある錐面(水晶の先端の斜めの面)が等しく大きさのそろった三角形で、各面が1点で交わっている透明水晶」
この場合はもちろん、磨きではなく天然でこういう形のものが望ましいです。
発電機

……と、私はこのように覚えました。

ところが、ジェネレーター・クリスタルには別の解釈もあるようで、透明ぴかぴか、どっしりと均整のとれた形の水晶を指していることも多いです。

これは、ジェネレーター(発電機)・クリスタルという名前と、クリスタル・グリッド(石を床や体の上に規則的な模様を描くように並べて、石の相互関係で力を発揮させようとするもの)において中心に置かれる………という役割から考えると、面の形と均整がとれてどっしり……もどちらもなるほどと思えるんですが(詳しくはこちら、やっぱり、最初に覚えたものの印象が強いのか、「先端がダウになってるジェネレーターです」というような説明には違和感

削って整えた形は違うと思うし、水晶以外の石には、ジェネレーターやダウなどの名前は使いません。

やっぱり、ジェネレーターって、錐面の形が三角形で同じ形、頂点が一点で交わっているものだよな。
とはいうものの、おそらく最初にジェネレーターの名前が付けられたであろうブラジル産の水晶では、なかなかジェネレーターを見つけられないジレンマ。
(アメリカのクリスタルヒーラーは、最初、手に入りやすい国内の水晶を使っていたものが、のちにブラジルの業者から水晶が持ちこまれ、そのバリエーションの豊かさにびっくりして、どんどん名前を付けたのだとか……)

ここまでは頑張ってみました。

generator

上から見ると。

generator3

あとちょっとー!

でも、最初に挙げたジェネレーターの条件、錐面がすべて三角形(に近い)で、大きさがほぼ同じ、頂点が一点で交わる……を満たすと、このように上から見るときれいに六角形、すっきり、どっしりした姿になるわけで、ジェネレーターのもう一つの解釈、ぐりっとの真ん中にゆるぎなく位置するパワフルな水晶にふさわしい安定感を持つことになるんだと思います。

でも、どうしてこういう形が少ないんだろう……。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム