INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

駄洒落?

アーキマー

ハーキマー・ダイヤモンド(水晶)ではありません。

ハーキマー・ダイヤモンドはこっち。

ハーキマー

ハーキマー・ダイヤモンドは、アメリカ、ニューヨーク州ハーキマーで採れる、(たいていは)小粒で両錐(DT)、透明で(黒い内包物を含む場合もあり)、照りが良くて輝きが強い水晶のこと。
「ハーキマーで採れる、まるでダイヤモンドのようなキラキラ水晶」との意味を込めてこの名前があります。

よって、ハーキマー以外のものはいくらキラキラしていても「ハーキマー」ではないはずなんですが、いつのまにか小粒でDTなキラキラ水晶のことがハーキマーと呼ばれるようになってしまい、中国産やパキスタン産の「ハーキマー」がゴロゴロしている始末。
そりゃ、日本産でなくても「日本式双晶」というのがありますが、「ハーキマー」はそういう正規の用語ではないのですから、逆にハーキマー産だからハーキマーというルール(?)は守るべきでは。
せめて「ハーキマー(ダイヤモンド)に似た」ということで「ハーキマー・タイプ」くらいにしてほしいものです。

……そんなことを考えた人が多かったのか、最近では、ちょっと違った呼び方が出てきました。
例えば、パキスタンの小粒キラキラDTを「ダイヤモンド・クォーツ」と呼んでいたり。
ハーキマー・ダイヤモンドだって「ハーキマーで採れるダイヤモンドみたいな水晶」ということだったんですから、「ダイヤモンドみたいな」ということで「ダイヤモンド・クォーツ」と呼んだ方が、よその地名で呼ぶよりいいでしょう。
これなら納得。

と思っていたら。
予想以上に「ハーキマー」という呼び方の呪縛が強かったのか、変な名前も出てきました。

曰く、アーカンソーで採れるハーキマー・ダイヤモンドみたいな水晶だから
アーキマー・ダイヤモンド

最初に見た時、誤字か、はたまたジョークかと本気で思いました。
でもちゃんと出てきます。(こちら(海外サイト)

ハーキマー・ダイヤモンドは「地名+ダイヤモンド」なんだから、どうしてアーカンソー・ダイヤモンドにしないんだ!?

挙句の果てには、パキスタン産で「パキマー」ですって!

駄洒落反対!


Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム