INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

ちょっと青っぽい?

グリーン。アポ

グリーン・アポフィライトです。

好きなんだけど、「これはーッ!」と飛びつく石かというと、そこまでではないような……という妙な自覚がある石。
なぜなんだろう。
とかいいながら、複数個持っているわけですが、複数個持っているからわかることとというか疑問なことが。

グリーン・アポフィライトと言うけれど、色味はひとつじゃないよねえ?

例えばこちらのグリーン・アポフィライトは、どちらかと言うと黄味系緑。若草色と言いたい色合いです。

対して今回のグリーンは、どちらかと言うと若干青み系グリーン。

しかも、若草系グリーンは、全体に色づくというより根元の方が緑で先端に行くにしたがって透明になる傾向が多いです。
リンク先の石も、DTなのではっきりしませんが、根元にあたる真ん中あたりが緑で、先端が透明。

一方、今回のような青み系グリーンのアポフィライトは、全体がまんべんなく色づいている場合が多い様子。
形状も太くなったりキューブ状にならないで、細身の結晶が多い印象があります。

色味の違いは、発色原因の成分(どういうものかは知りませんが)の違いなのか。それが形状にも影響を与えているのか。
あるいは成長した環境の違いが、色と形を左右しているのか。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム