INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

石として

アンフィボール・ガネーシュ

ガネーシュ・ヒマール産水晶……のペンダントヘッドです。
なので、本来なら「アクセサリー(自作以外)」のカテゴリーになるはずなんですが、大きさが3センチほどと大きめで、ペンダントヘッドとして身に着けるよりも眺めていることの方が多く、何より「この石!」……とあくまでも石重視で選んだので、他の石と同じ「ネパール産」カテゴリーです。

なんたって、この内包物。

真っ白で繊細な角閃石がたっぷりゴージャス、かつきれいに内包されていて、よく見ると角閃石部分が何となくファントムになっているんです。
……これは、かつて白い角閃石びっしり水晶として成長し、水晶からはみ出た角閃石がなくなったあとに、透明な水晶として成長したということでしょうか。


このペンダントヘッドを、なかなか身に着けない理由はいくつかあります。
大きさは問題ではありません。私、大きいの好きですし。
今日も長径4センチほどのオーバル(楕円)のアイアンタイガーアイのペンダントを着けてました。

着けないのは、石として見ればこんなに魅力的な内包物入りですが、服の上だとその美しさがなかなか引き立たず、むしろくすんで見えてしまうこと

このペンダントヘッドは、写真ではちょうど切れている根元にシルバーのキャップをはめた形状になっているんですが、その金具部分がかなりシンプル。それとこの石自体の大きさもあって、チェーンとのバランスがかなり微妙。
革紐も合わない感じで、身に着けるものとしては、何となくバランスがとりにくい感じなのです。

こういう大きめ原石ペンダントヘッドをお持ちのみなさん、どうやって身に着けてます?

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム