INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

青というより

新宿戦利品ではありません。

インディゴ入り

おなじみ(?)インディゴライト入り水晶です。

産地はミナスジェライスのイティンガ。
ベースはシトリンで、その先端部分だけにインディゴライトが密集して内包されています。

このインディゴライトが、もっと細く、全体にまんべんなく入っていると「青水晶」ですけれど、

この石のような状態では、「青」とは言えず、インディゴライト入りということになるでしょう。

あ、私はあくまでこれを「青ルチル」とか「藍ルチル」とは言いません。
だって、トルマリンであってルチルではないのですから。
通称だ、商品名だ、いろんなところでそう呼ばれているから……と言うのも却下。
ルチルじゃないからルチルとは言わない。単純明快!
しかも、ルチルにはこういう青に見えるものはないので、黒や赤と違って、「ルチル? それとも別?」と悩まずにすみます。

水晶には、アメジストやシトリンのようにカラーセンターなどによる、透明で青いものはないので、どうしても内包物による青になります。
その場合、どのあたりまで青ければ青水晶なのか……でやや判断にばらつきがあるような。

先ほどはインディゴライトが細くて全体にまんべんなく入っていれば……といいましたが、それはぜいたくに言った場合で、入り方にばらつきがあるとか、インディゴライトが太いとか、そういうものも多いのです。
私の場合は……まず、全体が青く見えるかどうか。
今回の石のように、一部分だけ……は青と呼びにくい。(別館サイトの青水晶のコーナーに載せてますけど)

少なくとも、その石の主要な部分が青くあって欲しいと思います。

たとえば、今回の石で言えば、先端という目につく場所じゃなくて、根元の方にちょこちょこっとインディゴライトが入っていたのだったら、さらに青水晶度、減。

たとえばクラスターで、全体にインディゴライトが入るのは難しいかもしれないけれど、目立つところ……たとえば先端だけでも、もしくは主要な結晶だけでも青く見えているなら青水晶と言えるかもしれないけれど、クラスターの一部分、わきの小さ結晶がほんのり青い程度では……、「いちおう」青水晶とか、断り書きを入れたくなりますね。

でも、青はやや少ないから、どうしても判断が甘くなりがち。




Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【青というより】

新宿戦利品ではありません。おなじみ(?)インディゴライト入り水晶です。産地はミナスジェライスのイティンガ。ベースはシトリンで、その先端部分だけにインディゴライトが密集し...

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム