INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

アメジスト・カテドラル

マラバ・アメジスト

ででん。
いまのところ、単結晶としては我が家最大のアメジスト。
手と比べるとこれくらい。
マラバ・アメジスト2
うーん、写真ではあまり大きく見えないかもしれないけれど、150グラムを超えるので、ずっしりと重く、形もカテドラルで貫禄たっぷり。

ブラジルでアメジストというと、南部、ウルグアイとの国境近くのリオ・グランデ・ド・スル州などが有名で、柱面が発達しておらず、先端のとんがり部分だけが群れたようなクラスターが思い浮かぶと思います。


しかし、このアメジストは同じブラジルでも産地が違います。ずっと北のパラ州。アマゾン川の河口あたりに位置するところです。
パラ州

玄武岩のリオ・グランデ・ド・スル州に対して、パラ州のマラバは地質が違うのか、大きな結晶が採れることで有名で、カテドラル、あるいはキャンドル上になった大きな結晶は「マラバ・アメジスト」と呼ばれています。
色はやや淡いですが、でんとした存在感は、見慣れた「ブラジル産アメジスト」とは別物。

こちら(海外サイト)に産地の様子や晶洞の中の土をかぶったままの結晶や、掘り出した巨大なクラスターの写真が出てくるので、ぜひ!

私は、土をかぶり、アメジストの色合いも見えない写真に惹かれました。
岩肌からごつごつと生えたこのとんがりの奥に、アメジストの色合いが隠れているのかと思うと、わくわく、どきどきです。

今回の石は、一部表面に鉄分が付着しているのですが、なるほど、写真で赤っぽい土に覆われているのを見ると、納得。
土を赤く染めた鉄分が、アメジストの色合いの元にもなったのでしょうか。

「石は掌サイズ」のマイ・ルール破りに挑戦する石ですが(かろうじて片手に乗る「かも」)、やはり、大きさというのは一つの「力」なのかもしれません。
小さいより大きい方がパワーがある、という単純な話ではありませんが……。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アメジスト・カテドラル】

ででん。いまのところ、単結晶としては我が家最大のアメジスト。手と比べるとこれくらい。うーん、写真ではあまり大きく見えないかもしれないけれど、150グラムを超えるので、ずっし...

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム