INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

惜しい! PART2

石は石を呼ぶといいます。
つまりは石好きたるもの、なんだかんだと持っているのに買っちゃう……ということ。

よく「パワーストーンに効果はあるんですか?」という質問があります。
つい「効果ってどんな?」と返してしまったら、「説明されているような効果があるかということ!」と言われたことがあるんですが、恋愛だの金運だのという具体的な効果が実際にある、あるとはっきりしてるなら、「風邪をひいたみたい、風邪薬!」くらいのノリで、「好きな人ができたからローズクォーツ!」のようにわかりやすく石を買いに行っているはずで、「本当に効果ありますか?」と質問しなければならない事態そのものが起こりえないと思うんですけどね……。
つまり、「本当に効果あるの?」……と疑問に思うことが、誰が持っても同じような効果があるものか否かを物語っているというわけで。

ここで、「効果」というのが、「石好きをわくわくさせる」とか「持っているのに欲しくなる石貧乏効果」というなら、大きくうなずいて「ありますとも!」と断言しちゃうんですが。

さて、石は石を呼ぶ。
この「石を呼ぶ」なんですが、不思議なことに、「こういう石はないか……」と自力で探している間は不思議と見つからず、あきらめてその名前で売られている石を買ったら、その後不思議と見つけられるようになることがあります。

たとえば、トライゴーニック……ある結晶の癖を持った水晶が軽く溶かされると、錐面に凹状の逆三角形が現れるものがあり、これをトライゴーニックというのですが、まあ、レアな水晶とされ、なにやらすごいパワーを持っているとかいうことになっていて、「トライゴーニック」として売られているものは、その分お高くなる傾向にあります。
でも、探せば普通の水晶の中に交じっていることもあって、それを探せばおトク。
だったら自分で探してみよう……!
……と探すも、見つからず。
あきらめて一つ「トライゴーニック」を買ってみたら、その後、不思議と自分で探して見つける機会が増えました。

偶然、そういう水晶が出回るタイミングだったのかもしれないし、実物を手にすることで、トライゴーニックが現れそうな水晶の雰囲気を理解できたのかもしれませんが。

そんな、買ったら見つけやすくなった……そんなことがもう一つ増えたようです。

それは、ジェネレーター・クリスタル(ブラジル産)。

コリント・ジェネレーター

ジェネレーター・クリスタルとは、簡単に言えば6つの錐面がほぼ等しい大きさの三角形で、かつ頂点が一点でまじわっているもの。詳しくはこちら


そんなの、あるでしょう?……と思われるかもしれませんが、意外にないんですよ。
まあ、探せば中国産の小型のとかキャンドルクォーツならというのはあるんですが、最初にヒーラーが名づけたのは、おそらくアメリカないしはブラジル産で、そのあたりで探すと……確かに少ない。

ないねえ……と思い続け、とうとうこれ(あと一歩でジェネレーター!)を買ったのですが、どうやらこの石が呼び水になったらしく、自力で見つけたのが今回の石。

もっとも完全ジェネレーターとはいかず、「惜しい!」ではあるのですが。

コリント・ジェネレーター2


私は、ジェネレーター・クリスタルの条件を錐面の形としましたが、ジェネレーター・クリスタルで検索すると、錐面の形ではなく、全体的にどっしりとした大きく太めで透明な水晶もヒットしてくると思います。
ジェネレーター・クリスタル考でも述べましたが、クリスタルヒーリングのグリッドにおいて、中心に配置されることが多いらしいジェネレーター・クリスタルは「透明で生き生きした水晶」であると考える人もいるようなのです。

さて、今回の石は、ジェネレーター・クリスタルとして買った前回の石が淡いスモーキーだったのに対し、透明。照りもよく、内部にちょっぴり虹も出ます。

形(あともうちょっと)と、透明で生き生きという両方の条件をなかなか満たしていると言えるのではないでしょうか。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【惜しい! PART2】

石は石を呼ぶといいます。つまりは石好きたるもの、なんだかんだと持っているのに買っちゃう……ということ。よく「パワーストーンに効果はあるんですか?」という質問があります。...

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム