INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

バブル・ファントム

ブラジル産磨きポイント!

バブル・ファントム

ファントムです。
先端に小さな笠をかぶっているように見えていますが、これは面による屈折のせい。形としてはシンプルなファントムです。

これの面白いところは、普通のファントムは先日のもののように、白い埃のような内包物が重なってファントムを形作っていますが、これは、それとはちょっと違う……なんだか細かな泡がファントムになっているようなところです。

もちろん、水晶に泡が入ることはありません。

入るとしたら、まず、水晶の中に隙間があり、そこが水で(まれに水以外の液体で)満たされていて、その中に気泡がある。そういうケースです。(気泡は動く場合も動かない場合もあります)
透明な中に直接丸い気泡が入るのは、ガラスの特徴です。


ときどき、水晶の中の骸晶の隙間が泡っぽく見えることもありますが、「丸い泡」状のものばかりではないし、骸晶なので、結晶の様子を見ればだいたいわかります。

それに、今回のファントムの場合も見た目が不純物というより泡っぽいというだけで、10倍ルーペで見てもよくわかりません。
ただ、なんとなく普通のファントムとようすが違うのだけはわかります。

これ……もしかして、こちらのように、いったん水晶が溶け、表面がざらざらの縮緬状になったものが、再び結晶をはじめ、ファントムになったんじゃないだろうか。

最近、インドのアイスクリスタルとそっくりな状態まで溶けたものが再び結晶してレムリアンシード(産地もレムリアンシードです)になっているものを見ました。
こんな感じに先端のとんがりはへんてこに溶け消え、柱面が凸凹になったものが、あの端正な形に結晶していたのです。
そのアイスクリスタルのようなでこぼこごつごつの形がファントムとなって残っていたのですから、確かです。

……と、いったん溶けた水晶でも、環境が整えば再び結晶し、溶けたことなど忘れたようなきれいな形になるのですから、今回のファントムがかつての触像状態を物語るものだったとしても、おかしくはありません。

今思うとこれこれも、一度溶けた水晶が再び成長を初めて、修復し終えたものだと思います。(……ということは、一種のセルフヒールド?)
へんてこファントムを見かけたら、一度「溶け」を疑ってみてもいいかも。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【バブル・ファントム】

ブラジル産磨きポイント!ファントムです。先端に小さな笠をかぶっているように見えていますが、これは面による屈折のせい。形としてはシンプルなファントムです。これの面白いとこ...

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム