INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

むしろブルーの方を

ブルー・ヘミモルファイト

ヘミモルファイト(異極鉱)です。

色や形にバリエーションがある鉱物の場合、最初に手にした色・形と言うのは強く印象に残るらしく、私の場合はヘミモルファイトと言えばこちら。

ヘミモ

今回の主役である青いヘミモルファイトは、色が鮮やかで目立つためか、よく知られているタイプではあるのですが、ヘミモルファイトの本来の色は透明。
銅を含んで青くなってる……そして異極鉱の名前は結晶の両端の形が異なることに由来し、その様子がわかるのは、私が最初に見た透明なタイプの方だそうですから、まず、透明なタイプで本来の色と、形を知り、堂によって青くなったものもある……と知ることで、出会う順番としては良かったと言えます。

……というのも、この青いヘミモルファイトの方が知名度が高い……というか見かけて印象に残りやすいのか、透明タイプの方を「ホワイト・ヘミモルファイト」と呼んでいる例を見かけてしまったのです。

いやいや、逆でしょう、それ。

ヘミモルファイトはもともと透明~白なんだから、色名を冠して呼ぶなら、青い方。
透明~白の方が「ヘミモルファイト」、今回のようなのをバリエーションとして「ブルー・ヘミモルファイト」と呼んだ方がいいはず。
(ヘミモルファイトで画像検索すると、圧倒的に青い方がヒットするけど)
異極の様子も透明タイプの方がわかるし。

青いのは、厚めの皮膜状というか、あまり結晶の形がはっきりしないものが多い様子。
今回の石もそうですが、なるべく透明感があって、結晶形がありそうなものを選んでみました。

ところで、ラリマーのビーズで、「ヘミモルファイトやブルーアラゴナイトがラリマーの名前で販売されている場合があります。 」という説明を見かけることがありますが、ラリマーと間違えられそうな白地に青のマーブル模様っぽいびーずは、どうやらカルサイトかアラゴナイトの染めのようで、「これはヘミモルファイト」とはっきりしているビーズはかなり少ないようす。
ラリマーよりもレアかも。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム