INFORMATION
top-red

石のパワーには全く鈍いKURO@管理人が、
写真を撮ったり、調べてみたり、日々、石を相手に奮闘しながら、
知れば知るほど、見れば見るほど深みにハマる石の世界へとご案内します。
石好きさんも、これから石好きさんになる方も、どうぞ覗いてみて下さい。

楽天ブログは更新を停止しています。 掲示板や記事へのコメント欄は開いておりますが、見落とす可能性が高いので、こちらにコメントいただくか、画像掲示板web拍手の一言メッセージ等をご利用ください。

石好きサイトを結ぶ近道リンク(別館サイト内) 


石の素材サイト         ブログの保存版別館サイト。 
  

画像掲示板です          どんどん増えてます!
  

ブレスなどハンドメイドのためのセカンド・ブログ



石好きが高じてブレスレットやワイヤーラップ・ペンダントを作ってお店に置いていただいてます。
パーフェクトストーンさん
 ※KUROのページはこちら
※当サイトの文章・画像等の無断使用・転載・直リンクは固くお断りいたします。
 使用される場合は、画像を改変せず、出典を明記、当ブログへリンクして下さい。

スリランカの月

インド産ではなくスリランカ産ですが、このカテゴリで。

スリランカ・ムーン

スリランカ産のムーンストーンです。

ムーンストーンという石は知名度の割にややこしい石。

まず、鉱物名ではなくて見た目重視の宝石名です。

一応は、「長石の中のカリ長石と呼ばれる種類で、丸く磨くとぼおっと月光のような光り方をするもの」という規定があるにはあるんですが、かつてのムーンストーンの産地からあまり産出しなくなったのと入れ替わるように、カリ長石以外でもよく似た光り方をする長石がどんどん産出してきて、見た目月光っぽく光るんだったらムーンストーンなのか、やっぱりカリ長石という長石の種類にもこだわるのか、所によっては判断もぐらついているとかいないとか。

元祖ムーンストーンともいえるのは、スリランカ産。
長年代表的な産地だったスリランカのムーンストーンは、カリ長石に属していたのだそうで、そういう点でも、ザ・ムーンストーン。

1980年代に採れなくなり、90年代に新しい産地が見つかったものの、成分的にはカリ長石より曹長石よりだったとか……ああ、ややこしい。

つべこべ言うより、スリランカ産でカリ長石なムーンストーンをじっくり見たら、何かわかるんじゃないだろうか。
と思っていて見つけた、今回の石。

さて、これはカリ長石か否か。
カリ長石とは書かれていなかったので、お店の人に聞きましたが、分かりませんでした。

長石類は、ムーンストーンに限らず、いろいろ混ざって判断がややこしい上に、見た目ラブラドライトでしょ?と思っていたのが成分分析したら別の長石に分類されてしまう値だったとか、名前が整理整頓されておなじみのラブラドライトなどの名前が正式な鉱物名でなくなっていたりと、かなりなカオス。
鑑別するにも専門家にとってもややこしいようで、いっそのことざっくり「天然フェルドスパー」ということにしておこう、という流れがあるとか。

とりあえず……スリランカ産です、長石です。ムーンストーンっぽく輝きます。
さて、どうする。

Comment

Secret

プロフィール

KURO@虚空座標

Author:KURO@虚空座標
水晶好き、ものづくり好き、石の写真好き。
石好きのきっかけはパワーストーンですが、現在は鉱物としても興味を持っている中間派。
石に関するあれこれいろいろ、気の向くままに書いてみます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム